FROITO

ディスコグラフィー

  • 結成12年目になる、1990年後半に精力的に活動していたdrumkan ・えがおドラミ・boat ・catch up・旅団といったジャンルレスなメンバーからなるインストバンド、FROITOが、セルフタイトル『FROITO』を自身のレーベルである<ちくわ>からリリース。シンプルでありながらも綿密に練られたリズム構成に、複雑に絡み合うドラマチックなギターが 同居して楽曲全体に程良い緊張感を与えている。また、再録音された「tokyo waltz」はゲストボーカルに“minakumari”を迎え、 透明感ある歌声との融合によって更なる進化を遂げている。
  • 結成12年目になる、1990年後半に精力的に活動していたdrumkan ・えがおドラミ・boat ・catch up・旅団といったジャンルレスなメンバーからなるインストバンド、FROITOが、セルフタイトル『FROITO』を自身のレーベルである<ちくわ>からリリース。シンプルでありながらも綿密に練られたリズム構成に、複雑に絡み合うドラマチックなギターが 同居して楽曲全体に程良い緊張感を与えている。また、再録音された「tokyo waltz」はゲストボーカルに“minakumari”を迎え、 透明感ある歌声との融合によって更なる進化を遂げている。
  • 『 変拍子を駆使しながら、各楽器の印象深いフレーズの絡みを最大限に生かす事』にこだわり、じっくり時間をかけて作った楽曲の完成度は高いです。また、アルバムジャケットのデザインは、コミック.イラストレーションで知られる河野哲郎氏が担当。