artist image

春ねむり

Rock

Discography

Rock
2016年のデビューから間断なくリリースを続け、今年4月には待望のファースト・フル・アルバム「春と修羅」、そして先月8月には 映画「; the eternal / spring」に主題歌として書き下ろした楽曲「kick in the world」をリリースしたばかりの春ねむりだが、早くもニュー・シングル「i wanna」を配信リリースする。 「kick in the world」は"FM NACK5"のリスナー参加型音楽番組[Hit Hit Hit!]で月間 No.1ソングに選ばれ、9月は同局でのパワープレイが決定!また、アメリカの音楽メディア[Stereogum]がウィークリーベストミュージックで1位にピックアップするなど、純然たる楽曲の力のみで国内外問わず大きな反響を呼び、高い評価を得ている。 そんな新作「kick in the world」のリリースパーティを皮切りに、10月には初となる東名阪ツアーを行う彼女だが、その最中に発表されたさらなる新作は、配信でのリリースとなる「i wanna(アイワナ)」。エッジーかつ壮大なバンドサウンドをメインとした前二作とはうって変わって、こちらは 打ち込みドラム・打ち込みギターで制作した無機質なバックトラックで構成されており、トラックメーカーとしての幅の広さを感じさせる。 ボーカリストとしては、激しいシャウトからウィスパーボイスまで様々な声質を使い分け、サビでもメロディを排したポエトリー調の歌がのる独自の実験的なスタイルで、独創性に磨きをかけている。今作ではどのような歌唱法で楽曲が展開されているのか楽しみだ。 ジャケットは「繭」をモチーフとしたデザインになっており、以前から親交のあるデザイナー“NORIROH(graphic factory KALPA)”が担当した。 また、春ねむりは今年3度目となる台湾での野外ロックフェスティバル“巨獸搖滾音樂祭8.0 BEASTIE ROCK”(淡水文化園區殼牌倉庫)への出演も決定している。 「i wanna」は、そんな新世代のジェイポップとして歩みを止めない彼女が、全世界へ放つ最新作。
Rock
「あなたがこのユートピアの存在を証明する最後のワンピース」 “うたう最終兵器”春ねむり、映画主題歌「kick in the world」をシングルリリース! 2016年のデビューから間断なくリリースを続け、今年4月には待望のファースト・フル・アルバム「春と修羅」をリリースしたばかりの春ねむりだが、早くもニュー・シングル「kick in the world」をリリース。 同楽曲は、映画祭「MOOSIC LAB 2017」の出品作品「; the eternal /spring」に主題歌として書き下ろした曲で、これまで映画の予告編やライブでしか聴くことができず、音源化が待望されていた!昨年リリースしたミニアルバム「アトム・ハート・マザー」では、メロディレスながらメインストリームにも通用することを証明し、タワレコメンへ選出。そして、間髪いれずリリースした後藤まりことの衝撃的な共作シングル「はろー@にゅーわーるど / とりこぼされた 街から愛をこめて」によって新たなトゲを芽生えさせただけではなく、今年4月にリリースされた渾身のフル・アルバム「春と修羅」は既に日本国内のみならず海外でも取り上げられ、早くも名盤と言われ始めている。 その評判通り、昨夏はBAYCAMPや国内最大規模のロックフェスROCK IN JAPAN FESTIVALなどに出演した彼女だが、今夏は国内にはとどまらず海外で行われる野外ロックフェスへも出演し、規模を広げ勢いは増す一方。 自身のアーティスト活動の傍ら 作家として、東京女子流「ラストロマンス」「キスひとつで」に作詞/作曲/編曲での参加や、ラジオDJ、蝶野正洋とCM共演をするなど幅広い分野で活躍をみせている中でリリースされる今作は、シンガーソングライター/ポエトリーラッパー/トラックメイカーとしての自分を、よりダイナミックに伝える事のできる楽曲となっている。 起伏の激しい音像から放たれる激しいエネルギー、彼女の持ち味となるメロディーを極限まで排しながら詩としても成り立つリリック等が、ファンからの人気も高く、既にライブ定番曲として会場が沸きあがるキラーチューンとなっている!全ての作詞・作曲・トラック制作を自身で 担当した前作「春と修羅」はシューゲイザー・ロックサウンドをメインにしたサウンドだったが、今作は、エレクトロニックかつ壮大なバンド サウンド、そしてハードコアライクな展開をし、"壊しては始める"との言葉通り、新世代のジェイポップとして歩みを止めない春ねむりの、攻めのモードを表している。 その表題曲 M1.「kick in the world」の他には、同曲のアコースティック・バージョンやリミックスを加えた全6曲入り。 「kick in the world」、あなたがこのユートピアの存在を証明する最後のワンピース!
Rock
2016年10月にデビューを果たした春ねむり。そのデビュー作「さよなら、ユースフォビア」から1年半。新世代のジェイポップを吹き荒らす、春ねむりファーストフルアルバム『春と修羅』の発売が決定!昨年リリースしたミニアルバム「アトム・ハート・マザー」では、メロディレスながらメインストリームにも通用することを証明し、タワレコメンへ選出。そして前作、後藤まりことの衝撃的な共作シングル「はろー@にゅーわーるど / とりこぼされた街から愛をこめて」によって新たなトゲを芽生えさせただけではなく、東京女子流のリニューアル第1弾シングル「ラストロマンス」に作詞/作曲/編曲で参加するなど、ポエトリーラップ曲以外の楽曲制作でも新しい才能を開花!その中でのリリースとなる今作も、作詞/作曲は全トラック自身が担当した。M4.アルバムタイトル曲「春と修羅」は宮沢賢治の文学作品からインスパイアされた入魂の1曲。激しくうねりを魅せ、静かでどこか不気味なシューゲイザー&ロックのサウンドに、心の内側を引っ張り出されるような言葉の数多は、最後まで聴きいってしまう まさに芸術作品。M7.「せかいをとりかえしておくれ」では自分自身を受け入れて力強く“生きている”と叫んで欲しい!という熱いメッセージを彼女の独特な表現と印象的なシンセサウンドに包んだ至高の1曲。今アルバム唯一の編曲を担当した“蓮尾理之”(siraph)のノイジー&エッジーなアレンジとも相性抜群!また、ロングヒットになっているデビューミニアルバム「さよなら、ユースフォビア」からライブでの人気ナンバー「ロックンロールは死なない」を自身初の生音バンドサウンドで再録音。永遠の初期衝動で現在のライブハウスシーンを駆け回っている希代のオルタナティブバンド“突然少年”とのバンドアレンジで、一発録りでのレコーディングを敢行し、後世まで残る名曲を極限のエモーショナルと心骨のシャウトで再構築。更にはお家芸となっているポエトリーでのSKITやREMIXも収録され、全17トラックとボリューム感のある作品に仕上がった。REMIXでは若くしてその才能が既に認められ、ネットミュージックシーンでもひときわ異彩を放つ気鋭のSSW“長谷川白紙”が参加。別ベクトルのアティチュードと多角的な解釈で化学反応を起こし、まさに春ねむりとは別宇宙を鳴らした「鳴らして(長谷川白紙 remix)」を制作。そして、日本でいちばんラップが上手いと言われ、その確かなスキルとクレイジーなノリで好事家達を唸らせて来た、名古屋アンダーグラウンドa.k.a.NEO TOKAIのラッパー“NERO IMAI”が客演参加したHIPHOP全開な「アンダーグラウンド feat.NERO IMAI(shnkuti remix)」を収録するなど、彼女の持つ様々なバックグラウンドが詰め込まれた。まさに、春ねむりが目覚めのシャウトを打ち鳴らす【名盤アルバム】が完成! CD初回限定盤には、2017.10.26@武蔵公会堂にて開催された初ホールワンマンライブ「ぼくを最終兵器にしたのはきみさ」のライブ映像をダイジェスト収録したDVDが付属。ライブでしか見せない千変万化の表情、表現が記録された見ごたえたっぷりのライブ映像を堪能できる。
Rock
2017年大注目の新人、SSW・ポエトリーラッパーとして活動する“うたう最終兵器”春ねむりが、後藤まりこ(ex.ミドリ)とのコラボ楽曲を急遽リリース! (
Rock
2017年大注目の新人、SSW・ポエトリーラッパーとして活動する“うたう最終兵器”春ねむりが、後藤まりこ(ex.ミドリ)とのコラボ楽曲を急遽リリース!
Rock
デビュー2周年記念日となる2018年10月12日に、デビューアルバム『さよなら、ユースフォビア』から、リード曲「東京」を再録音し配信リリース! 2016年10月にリリースした1stミニアルバム『さよなら、ユースフォビア』からキャリアをスタートした春ねむり。 その後、作家として東京女子流「ラストロマンス」「キスひとつで」に作詞/作曲/編曲での参加や、ラジオパーソナリティ、複数のCMへ出演など、幅広い分野で精力的な活動を行いながら、自身のアーティスト活動では大型野外フェスや海外公演を経験し、これまでにシングル5枚、アルバム3枚(配信、リミックス含む)というスピード感でリリースを続けてきた。 そんな中発表された新作は、彼女が最初に制作をしたというデビュー作からの再構築作品。 中毒性のある不穏なトラックはリアレンジも施され、感情剥き出しの声と叫びによる言葉の波は、デビュー当時との表現の変化も楽しめそうだ。 今作の正式タイトルは「東京 (Ewig Wiederkehren)」。ドイツ語で“永劫回帰”を意味する“Ewig Wiederkehren(エーヴィヒ ヴィーダーケーレン)”の副題が付く。永劫回帰とは、ドイツの哲学者ニーチェの根本思想で、[宇宙は永遠に循環運動を繰り返すものであるから、人間は今の一瞬一瞬を大切に生きるべきである]とする思想。 アートワークは、彼女の古巣であるLOW HIGH WHO? PRODUCTIONより、2018年にNEW ARTISTとして所属をしたラッパーの「ra_to」が担当した。
Rock
デビュー2周年記念日となる2018年10月12日に、デビューアルバム『さよなら、ユースフォビア』から、リード曲「東京」を再録音し配信リリース! 2016年10月にリリースした1stミニアルバム『さよなら、ユースフォビア』からキャリアをスタートした春ねむり。 その後、作家として東京女子流「ラストロマンス」「キスひとつで」に作詞/作曲/編曲での参加や、ラジオパーソナリティ、複数のCMへ出演など、幅広い分野で精力的な活動を行いながら、自身のアーティスト活動では大型野外フェスや海外公演を経験し、これまでにシングル5枚、アルバム3枚(配信、リミックス含む)というスピード感でリリースを続けてきた。 そんな中発表された新作は、彼女が最初に制作をしたというデビュー作からの再構築作品。 中毒性のある不穏なトラックはリアレンジも施され、感情剥き出しの声と叫びによる言葉の波は、デビュー当時との表現の変化も楽しめそうだ。 今作の正式タイトルは「東京 (Ewig Wiederkehren)」。ドイツ語で“永劫回帰”を意味する“Ewig Wiederkehren(エーヴィヒ ヴィーダーケーレン)”の副題が付く。永劫回帰とは、ドイツの哲学者ニーチェの根本思想で、[宇宙は永遠に循環運動を繰り返すものであるから、人間は今の一瞬一瞬を大切に生きるべきである]とする思想。 アートワークは、彼女の古巣であるLOW HIGH WHO? PRODUCTIONより、2018年にNEW ARTISTとして所属をしたラッパーの「ra_to」が担当した。

News

春ねむり、沖縄で自主企画「愛と怒りのファンファーレ」開催

春ねむり、沖縄で自主企画「愛と怒りのファンファーレ」開催

春ねむりが12月6日(金)に・沖縄・安里fanfareにて、自主企画「愛と怒りのファンファーレ」を行う。 このイベントはツーマン企画として、東京から春ねむりと沖縄からワンチャイコネクションが出演する。 東京・沖縄と離れた場所での活動ながら、以前から親交の

春ねむり、「kick in the hell(HELLZAVIELERJP remix)」MV公開

春ねむり、「kick in the hell(HELLZAVIELERJP remix)」MV公開

春ねむりが、2018年8月29日に発売したシングル『kick in the world』から“kick in the hell(HELLZAVIELERJP remix)”のミュージックビデオを公開した。 「kick in the world」「Utop

奮酉、8/14リリースの2nd EP『エモーション-モーション』アートワークを公開

奮酉、8/14リリースの2nd EP『エモーション-モーション』アートワークを公開

今年、アメリカ オースティンで開催されたSXSW 2019に初出演し、そのパフォーマンスが海外オーディエンスからも熱狂的に支持された話題の2ピース・ツインヴォーカルバンド奮酉(FURUTORI)。 2人が8月14日にリリースする待望の2nd EP『エモー

春ねむりは“うたいたい” 香港のポストロック・バンド「話梅鹿」新作に参加&ワンマン開催決定

春ねむりは“うたいたい” 香港のポストロック・バンド「話梅鹿」新作に参加&ワンマン開催決定

香港のインストゥルメンタル・ポストロック・バンド「話梅鹿 (Prune Deer)」の新作に日本から春ねむりがゲスト参加したことが分かった。 そして今回、そのミュージック・ビデオ「Return 返信 ft.春ねむり」が公開された。撮影はすべて香港で行われ

「Output」下北沢SHELTER 3DaysイベントにGANG PARADE、BILLIE IDLE、どついたるねん、トリプルファイヤーら出演

「Output」下北沢SHELTER 3DaysイベントにGANG PARADE、BILLIE IDLE、どついたるねん、トリプルファイヤーら出演

下北沢SHELTERに3日間、那覇の空気がやってくる。 沖縄のライブハウス「Output」店長(ex.下北沢SHELTER店長)上江洲修の新企画〈I Rashiku〉が7月2日~4日の3日間、下北沢SHELTERで開催されることが決定した。 出演は、GA

春ねむり『春と修羅』、ヨーロッパでアナログ盤リリース決定、さらにヨーロッパ・ツアーの日程を発表

春ねむり『春と修羅』、ヨーロッパでアナログ盤リリース決定、さらにヨーロッパ・ツアーの日程を発表

春ねむりが2018年にリリースしたフル・アルバム『春と修羅』が、フランスのレーベル〈Specific Recording〉より、4月26日(金)にアナログ・リリースされることが決定した。 『春と修羅』は2018年のリリース直後から"The Needle

View More News Collapse
ヨネコ、春ねむり提供曲「火星の恋人」のMV公開 のむらなおが監督

ヨネコ、春ねむり提供曲「火星の恋人」のMV公開 のむらなおが監督

無所属セルフプロデュース・ソロアイドルのヨネコが「火星の恋人」のMVを公開した。 同曲はシンガーソングライターの春ねむりが提供したもので、1月に配信リリースして以来、好評を得ている。 のむらなおが監督を務めたMVは、アイドル・ヨネコと大天使・ヨネコが歌い

春ねむり×DJ後藤まりこ、アジア・ツアーの日本凱旋公演で〈ノンストップ・ツーマンライブ〉を開催

春ねむり×DJ後藤まりこ、アジア・ツアーの日本凱旋公演で〈ノンストップ・ツーマンライブ〉を開催

春ねむりとDJ後藤まりこが3月より行うスプリット・ツアー〈Hello!你好!こんにちは!〉の追加公演として、台湾・日本でのライヴ開催が新たに決定した。凱旋公演は国内での開催を望む声が多く上がっていた中で、待望の追加公演となる。 同ツアーは、

春ねむり × DJ後藤まりこ、3月に中国3都市を回るスプリット・ツアー開催決定

春ねむり × DJ後藤まりこ、3月に中国3都市を回るスプリット・ツアー開催決定

春ねむりとDJ後藤まりこが3月3日(日)~3月5日(火)の3日間で、香港・上海・北京の中国3都市を回るスプリット・ツアー〈“Hello!你好!こんにちは!”CHINA TOUR 2019〉を開催する。 それに伴い本日サブスクリプション配信が

春ねむりがヨーロッパ・ツアー開催、スペイン最大級の音楽フェス〈Primavera Sound〉出演も

春ねむりがヨーロッパ・ツアー開催、スペイン最大級の音楽フェス〈Primavera Sound〉出演も

春ねむりが5月から6月にかけてヨーロッパ・ツアー〈HARU NEMURI 'Haru to Shura' European Tour 2019〉を開催する。 現在発表されている公演は、ヨーロッパを代表する20万人級の巨大フェスティバル〈Primavera

ヨネコ、春ねむり提供の新曲「火星の恋人」を配信リリース

ヨネコ、春ねむり提供の新曲「火星の恋人」を配信リリース

無所属セルフプロデュースソロアイドル・ヨネコが、新曲「火星の恋人」を2019年1月8日より配信リリースする。 同曲は、シンガーソングライターの春ねむりが作詞・作曲・編曲を手がけたスペイシーなムード漂うポップチューン。 春ねむりのディレクションによるエモー

〈秋のYOIMACHI〉タイムテーブル公開!最終発表で堕落モーションFOLK2、Koochewsen、バナモンら追加

〈秋のYOIMACHI〉タイムテーブル公開!最終発表で堕落モーションFOLK2、Koochewsen、バナモンら追加

11月4日に開催される、東京・大塚のライブハウス、銭湯、走るバスの車内を舞台にしたサーキット・イベント〈秋のYOIMACHI〉。 そのタイムテーブルおよび最終追加出演者が発表された。 新たにアナウンスされたのは、堕落モーションFOLK2、Koochews

〈秋のYOIMACHI〉にグーグールル、BRATS、弱虫倶楽部、ハザマリツシら9組追加 第5弾出演者を発表

〈秋のYOIMACHI〉にグーグールル、BRATS、弱虫倶楽部、ハザマリツシら9組追加 第5弾出演者を発表

11月4日に開催される、東京・大塚のライブハウス、銭湯、走るバスの車内を舞台にしたサーキット・イベント〈秋のYOIMACHI〉。 その出演アーティスト第5弾が発表された。 今回新たに発表されたのは、グーグールル、弱虫倶楽部、BRATS、Genius P.

〈秋のYOIMACHI〉第4弾でRHYMEBERRY、虎の子ラミー、HOMMヨ、xoxo(Kiss&Hug) EXTREMEら14組

〈秋のYOIMACHI〉第4弾でRHYMEBERRY、虎の子ラミー、HOMMヨ、xoxo(Kiss&Hug) EXTREMEら14組

11月4日に開催される、東京・大塚のライブハウス、銭湯、走るバスの車内を舞台にしたサーキットイベント〈秋のYOIMACHI〉。 その出演アーティスト第4弾が発表された。 今回新たに発表されたのは、RHYMEBERRY、虎の子ラミー、HOMMヨ、ナツノムジ

〈秋のYOIMACHI〉に里咲りさ、ギリシャラブ、ニトロデイ、新しい学校のリーダーズ、じゅじゅら9組追加

〈秋のYOIMACHI〉に里咲りさ、ギリシャラブ、ニトロデイ、新しい学校のリーダーズ、じゅじゅら9組追加

11月4日に開催される、東京・大塚のライブハウス、銭湯、走るバスの車内を舞台にしたサーキットイベント〈秋のYOIMACHI〉。 その出演アーティスト第3弾が発表された。 今回新たに発表されたのは、ギリシャラブ、ニトロデイ、新しい学校のリーダーズ、じゅじゅ

〈秋のYOIMACHI〉第2弾で眉村ちあき、春ねむり、KAGERO、・・・・・・・・・、HAMIDASYSTEMら12組

〈秋のYOIMACHI〉第2弾で眉村ちあき、春ねむり、KAGERO、・・・・・・・・・、HAMIDASYSTEMら12組

11月4日に開催される、東京・大塚のライブハウス、銭湯、走るバスの車内を舞台にしたサーキットイベント〈秋のYOIMACHI〉。 その出演アーティスト第2弾が発表された。 今回新たに発表されたのは、KAGERO、眉村ちあき、・・・・・・・・・、HAMIDA

春ねむり、女優・芋生悠主演MVを公開&初の東名阪ツアーにGOMESSら

春ねむり、女優・芋生悠主演MVを公開&初の東名阪ツアーにGOMESSら

8月29日に新シングル『kick in the world』をリリースする春ねむり。 収録曲「Utopia(Acoustic ver.)」のミュージック・ビデオを公開した。 MVにはジャケットアートワーク同様、同曲が主題歌になっている映画「;

春ねむり、思わず最後まで見入ってしまう「春と修羅」のMV公開! 自主企画にはWalkingsが出演決定

春ねむり、思わず最後まで見入ってしまう「春と修羅」のMV公開! 自主企画にはWalkingsが出演決定

春ねむりが、4月11日にリリースした1stフル・アルバム『春と修羅』よりリード兼タイトル曲である「春と修羅」のMVを公開。 静かでどこか不気味なシューゲイザー&ロック・サウンドと彼女の言葉によって紡がれて導き出されたこの映像作品は、思わず最後まで見入って

春ねむり、1stアルバム『春と修羅』発売決定

春ねむり、1stアルバム『春と修羅』発売決定

春ねむりが、2018年4月11日(水)に1st Full Album『春と修羅』を発売することが決定致した。 春ねむりは、横浜出身のシンガーソングライター、ポエトリーラッパー、トラックメーカー。17歳からバンドを始め、シンセを担当。21歳、突如マイクを握

春ねむり、J-POPをぶっ壊してあたらしく生まれ変わる

春ねむり、J-POPをぶっ壊してあたらしく生まれ変わる

“うたう最終兵器”こと春ねむりが、特効演出を使った爆発MV「さよならぼくのシンデレラ」を公開した。 今回公開された映像は、現在のJ-POPを壊し、そしてあたらしく生まれ変わるということを念頭に置き、CGではなく“現実で爆発”を為した大規模なMVになってい

MIGMA SHELTER 新リーダー「予想戦」開催、正解者に〈ミシェル改造計画会議〉参加権

MIGMA SHELTER 新リーダー「予想戦」開催、正解者に〈ミシェル改造計画会議〉参加権

これまでグループのリーダーを務めていたヨネコが降格となったMIGMA SHELTER。 新リーダーが指名され、11月25日に開催されるイベント〈PERFECTION!〉で発表される。 発表を前に、新リーダーが誰になるか予想する施策を実施。見事新リーダーを

〈PERFECT MUSIC presents PERFECTION!〉に春ねむり追加、タイテ公開&ニコ生中継も決定

〈PERFECT MUSIC presents PERFECTION!〉に春ねむり追加、タイテ公開&ニコ生中継も決定

来週末11月25日に開催が迫ったPERFECT MUSIC主催イベント〈PERFECTION!〉。 春ねむりの追加出演が発表された。 当日のタイムテーブルも公開。ぱいぱいでか美のライヴから幕を開け、バンドじゃないもん!の恋汐りんごがトリを務める。イベント

〈秋のYOIMACHI〉最終発表で宇佐蔵べに(あヴぁんだんど)、クマリデパートら追加 全60組が出演へ

〈秋のYOIMACHI〉最終発表で宇佐蔵べに(あヴぁんだんど)、クマリデパートら追加 全60組が出演へ

11月5日に東京・大塚で開催されるサーキット・イベント〈秋のYOIMACHI〉。 その最終追加出演者が発表された。 新たにアナウンスされたのは、宇佐蔵べに (あヴぁんだんど)、クマリデパートの2組。さらに「1曲入魂アクト」として、ぼっちぼろまる、追憶のモ

〈秋のYOIMACHI〉タイムテーブル発表!大トリは絶叫する60度×I love you Orchestra、都電ステージは・・・・・・・・・と巻上公一

〈秋のYOIMACHI〉タイムテーブル発表!大トリは絶叫する60度×I love you Orchestra、都電ステージは・・・・・・・・・と巻上公一

11月5日に東京・大塚で開催されるサーキット・イベント〈秋のYOIMACHI〉。 そのタイム・テーブルが発表された。 大塚Hearts+が主催するこのイベントでは、大塚にある4カ所のライヴハウスと都電荒川線の車両内を使用した"都電ステージ"が会場として使

Collapse

Articles

【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース

レヴュー

【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース

【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース横浜出身のポエトリー・ラッパー、春ねむり。2016年10月に1stミニ・アルバム『さよなら、ユースフォビア』でデビュー、昨年6月に2ndミニ・アルバム『…

映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース

インタヴュー

映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース

映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュース…

【REVIEW】衝動 × 衝動! 春ねむり、後藤まりことの共作シングルをハイレゾ配信

レヴュー

【REVIEW】衝動 × 衝動! 春ねむり、後藤まりことの共作シングルをハイレゾ配信

衝動 × 衝動! 感情を増幅させるドーピング──春ねむり、後藤まりことの共作シングルをハイレゾ配信シンガー・ソングライター、ポエトリー・ラッパー、トラックメーカーと、多才さを発揮し、今年の夏にはオーディション優勝を経て〈ROCK IN JAPAN FEST…