artist image

ヒナタとアシュリー

Pop

Discography

Pop
2016年2月の結成後、わずか1年で初のホールワンマンライブを成功させ、2017年3月には1stフルアルバム「ベッドサイドリップ」を全国リリース。 とてもさみしくて、あまくて、つよい。 センチメンタル&ノスタルジックな「泣き声」を持つ歌姫 ヒナタミユと、あらゆる楽器をこなすマルチクリエイター トヨシからなる栃木発の注目ユニット「ヒナタとアシュリー」。 普段の演奏は、アコースティックギター2本のデュオ編成、ドラム×アコースティックギター編成、サポートピアノを迎えたトリオ編成、バンド編成の4つの形態の中で行う。 月1~2本ペースで都内でのライブをする傍ら、舞台への楽曲提供や多ジャンルなイベントの主催、地元イベントへの出演や各地での路上ライブなど精力的に活動中。 栃木に自分たちのスタジオを作り、制作~レコーディングまでを行なっている。 ポップでキャッチーながらも優しさを感じさせるメロディ、リリカルで映画的な詞に、日々の生活~ファンタジーまで様々な情景を浮かばせる編曲を加えた幅広い楽曲が並ぶ。 本作は、「longing E.P.」というタイトルの通り’憧れ’をテーマにした3曲を収録。各曲それぞれのテーマで、音には遊び心を含んだ憧れを散りばめている。ヒナタとアシュリーの飛躍を予感させる1枚と、今回はOTOTOY限定「虹(demo ver.)」も配信。
4 tracks

News

エルスウェア紀行、本日9/11(金)1stデジタルSG「スローアウェイ」リリース

エルスウェア紀行、本日9/11(金)1stデジタルSG「スローアウェイ」リリース

“ヒナタとアシュリー”からの改名後初となる、エルスウェア紀行のファースト・デジタル・シングル「スローアウェイ」の配信がスタート。 柔らかくも強い芯を持つポップサウンドと叙情的なリリックはヒナタとアシュリー時代から継承するだけでなく高品質にアップデートされ

“ヒナタとアシュリー”が「エルスウェア紀行」へと改名し始動

“ヒナタとアシュリー”が「エルスウェア紀行」へと改名し始動

前身ユニット“ヒナタとアシュリー”から名前を新たにスタートする「エルスウェア紀行」は、メンバーのヒナタミユ(Vo.Gt)トヨシ(Gt.Cho)を中心にした音楽プロジェクト。 「さみしくて、あまくて、つよい。」リリカルな歌詞世界と、ロック・フォーク・パンク

ヒナタとアシュリーとねぇカルチャー共同制作による音楽劇「Spooning Spooning」上演

ヒナタとアシュリーとねぇカルチャー共同制作による音楽劇「Spooning Spooning」上演

栃木県出身の二人組バンドヒナタとアシュリーとテオ・ポー主宰の劇レーベル「ねぇカルチャー」の共同制作による一夜限りの音楽劇「Spooning Spooning」を上演される。 この公演は ヒナタとアシュリーのメンバー、ヒナタミユ、トヨシの両名とねぇカルチャ

ヒナタとアシュリー、レコ発&3周年ワンマン東京編を週末に控え最新ライヴ映像公開

ヒナタとアシュリー、レコ発&3周年ワンマン東京編を週末に控え最新ライヴ映像公開

栃木県出身の二人組バンド、ヒナタとアシュリーが最新ライブ映像を公開した。 ヒナタとアシュリーは人々の琴線に触れる歌声を持つボーカルのヒナタミユ、ドラムを中心に様々な楽器を操るマルチプレイヤーのトヨシからなるバンド。 最近はトヨシが足だけでドラムを叩き(通

泉谷しげる、曽我部恵一ら8組を撮り下ろしーー写真家Jumpei Yamada、初個展「Immanent」開催

泉谷しげる、曽我部恵一ら8組を撮り下ろしーー写真家Jumpei Yamada、初個展「Immanent」開催

写真家・Jumpei Yamadaの初めての個展〈Immanent〉が、2018年2月2日から2月12日にかけて高円寺FAITHにて開催される。 Jumpei Yamadaは富山県出身の写真家で、ミュージシャンのポートレートを中心に活躍。2015年には女

Articles

ヒナタとアシュリー、ボーナストラック付きEP『longing E.P.』配信開始&インタヴュー掲載

インタヴュー

ヒナタとアシュリー、ボーナストラック付きEP『longing E.P.』配信開始&インタヴュー掲載

センチメンタルかつノスタルジックな「泣き声」を持つヒナタミユと、ドラムを中心にあらゆる楽器をこなすマルチ・クリエイター・トヨシからなる栃木発のユニット、ヒナタとアシュリー。彼女たちが3曲入りEP『longing E.P.』を10月1日より枚数限定でCDリリ…