artist image

世界ブルー

Discography

クリスマスの夜。オレ達はこのリズムにノッて踊るのさ。So hot でshootyなリズムに合わせて踊るのさ。いつもの夜と違って、神様が微笑んでくれるぜ、嬉しいんだ。今宵は楽しく尽きるまで踊り明かそう。パーティーは終わらない。オレ達は終わらないんだ。
弱さをひねり出してみた。遺伝子がうずく。どうしようもないもどかしさは、時として滑稽とさえ映る。そこにスポットライトが当たり、ショーが始まる。決して終わりではなく。歌うのだ。踊るのだ。エレクトロニック・サウンドにのせて。
弱さをひねり出してみた。遺伝子がうずく。どうしようもないもどかしさは、時として滑稽とさえ映る。そこにスポットライトが当たり、ショーが始まる。決して終わりではなく。歌うのだ。踊るのだ。エレクトロニック・サウンドにのせて。
恋に恋する青年の甘酸っぱい気持ち。うぶな男心がメルヘン世界を膨らませていく。
言葉遊び。弾みのあるポップス。スッキリと耳当たりがよい。すがすがしい春の朝、シャワーを浴びるように。
雨遊びという名の組曲。梅雨が明けて青空が高く広がる夏の一瞬の静けさ。のびやかさ。空、光、水の動きをメロディーで表現してみました。
夏の高く青い空が好きです。解放的な青空の下には、希望が、未来が、楽園が開けています。「青い街」という夢が咲く光景を是非ご一緒に。
沖縄作曲旅行で生まれました。北谷町から海を眺めながら。解放的な空の下で自由に謳い上げました。どこまでも伸びてゆく道のり。その向こうにもあるはずの空。「土曜の朝のドライブ」の伸びやかなメロディーに委ねて、過ぎゆく景色をお愉しみください。
旅の始まり。南国の気運を肌に感じて。 夏の高い空。沖縄。そこは僕らのパラダイス。
除夜の鐘が鳴る前に君を。抱きしめる。あったかいね。年越しの蕎麦は君と。食べたいね。あったかいね。
ほろにがい青春の一ページに思いをめぐらしたくなる。窓から差し込む木洩れ日を背に受けながら。
真冬の表参道。夜空に想いを馳せる青年の求愛ソング。
タバコを吸うのはやめてくれよ、と彼は言う。文句を言える程、二人の関係はラブラブなんである。曲想からしてもほのぼのとしている。きっと同棲でもしているのだ。二人は決して別れるなんてことはなく、まぁ、お互い文句を言いつつも、これからも一緒に暮らしていく。
メルヘン。線路沿いを歩くカップル。もどかしかったり。甘酸っぱかったり。
空は広すぎて 多くを包んでしまう。優しさに甘えてしまおうか。今はただ 雨を降らそう。
涼しい光さへ 君の頬を照らす。夏の水を青に 夏の気持ち青に Blue。
君は最後まで柔らかすぎたね。君は最後まで温かすぎたね。空の奥で支えてくれたね。空の奥で笑っていてくれたね。
View More Discography Collapse
Collapse

Related labels