artist image

Okada Takuro

Pop

東京を拠点にギター、ペダルスティール、マンドリン、エレクトロニクスなどを扱うマルチ楽器奏者/ 作曲家。2012 年にバンド「森は生きている」を結成。P-VINE RECORDS より『森は生きている』、自身がミキ シングを手がけた『グッド・ナイト』をリリース。両アルバムとも、ジャケット写真も手がける。2015 年 に解散。個人活動としては、Daniel Kwon、James Blackshaw などのレコーディング、ライブに参加。 2015 年には菊地健雄監督作品、映画『ディアーディアー 』の音楽を担当している。近年は映画『PARKS パークス』への楽曲提供や South Penguin の作品プロデュース、okada takuro+duenn としてコラボ盤リリースを行う一方、『レコード・コレクターズ』や『MUSIC MAGAZINE』などにて執筆も行う。2017 年 7 月、ソロ名義 Okada Takuro として新曲「硝子瓶のアイロニー」を Hostess Entertainment から配信リリース。

Discography

Pop
現代インディー・ロックの最高到達点ともいうべき前作アルバム『ノスタルジア』を経て、孤高の天才音楽家Okada Takuro が新たに放つ「2018年、夏のAOR」。レコーディングには ex.森は生きている の 増村和彦 と 谷口雄 が参加し、M1 「Shore」は増村が作詞を担当。綿密なアレンジ/サウンドデザインが敷かれ、岡田自らの艷やか且つグルーミーなハイトーン・ボイスが夏の喧騒と和らぎを伝えるM1「Shore」。予てから親交を結ぶ盟友・英SSWジェームス・ブラックショウがボーカルで参加し、伝説的フォトグラファーでありギタリストのスティーブ・ハイエットによる楽曲をカバーした「By The Pool」(M2)。うって変わってミニマルなシンセサイザーが主導するバレアリック〜アンビエントなトラックM3「After The Rain」。長らく培ってきたエクスペリメンタル・ミュージックへの探求を軽やかな夏風に放っていくようなM4 「Mizu No Yukue」。
Pop
現代インディー・ロックの最高到達点ともいうべき前作アルバム『ノスタルジア』を経て、孤高の天才音楽家Okada Takuro が新たに放つ「2018年、夏のAOR」。レコーディングには ex.森は生きている の 増村和彦 と 谷口雄 が参加し、M1 「Shore」は増村が作詞を担当。綿密なアレンジ/サウンドデザインが敷かれ、岡田自らの艷やか且つグルーミーなハイトーン・ボイスが夏の喧騒と和らぎを伝えるM1「Shore」。予てから親交を結ぶ盟友・英SSWジェームス・ブラックショウがボーカルで参加し、伝説的フォトグラファーでありギタリストのスティーブ・ハイエットによる楽曲をカバーした「By The Pool」(M2)。うって変わってミニマルなシンセサイザーが主導するバレアリック〜アンビエントなトラックM3「After The Rain」。長らく培ってきたエクスペリメンタル・ミュージックへの探求を軽やかな夏風に放っていくようなM4 「Mizu No Yukue」。

News

Okada Takuro、2017年発表のデビュー・アルバム『ノスタルジア』がアナログ化

Okada Takuro、2017年発表のデビュー・アルバム『ノスタルジア』がアナログ化

2015年に解散したバンド、森は生きているのリーダー、岡田拓郎がソロ名義Okada Takuroとして発表した名盤『ノスタルジア』。多くのメディアで2017年のベスト・アルバムにも挙げられた、10年代ジャパニーズ・オルタナティヴ・ポップの金字塔だ。 昨年

岡田拓郎(ex森は生きている)、岡村詩野音楽ライター講座への登壇が決定!葛西敏彦ワークスと録音へのこだわりを語る!

岡田拓郎(ex森は生きている)、岡村詩野音楽ライター講座への登壇が決定!葛西敏彦ワークスと録音へのこだわりを語る!

音楽評論家として活躍する岡村詩野が講師を務める『岡村詩野音楽ライター講座』。現在開講している2019年1月期のゲスト講師第2弾として、「森は生きている」での活動を経て、現在はソロとして活躍中のミュージシャン、岡田拓郎を迎えることが決定しました! すでに開

Poor Vacation、1stアルバムリリパにOrangeade、pavilion xool ×パソコン音楽クラブ柴田の特別ユニット出演が決定

Poor Vacation、1stアルバムリリパにOrangeade、pavilion xool ×パソコン音楽クラブ柴田の特別ユニット出演が決定

昨年11月28日に1stフル・アルバムをリリースした"次世代シティポップ・グループ"Poor Vacationが、アルバムのリリース・パーティーを2019年2月24日(日)、渋谷・7th Floorで開催する。 共演にはすでに発表されているOkada T

Poor Vacation、大比良瑞希や柳澤豊(MONO NO AWARE)らを迎えた特別編成での1stアルバム・リリースパーティー開催、
共演にOkada Takuro(band set)

Poor Vacation、大比良瑞希や柳澤豊(MONO NO AWARE)らを迎えた特別編成での1stアルバム・リリースパーティー開催、 共演にOkada Takuro(band set)

11月28日に1stフル・アルバムをリリースした"次世代シティポップ・グループ"Poor Vacationが、アルバムのリリースパーティーを2019年2月24日(日)、渋谷・7th Floorにて開催することが分かった。 共演にはOkada Takuro

佐藤タイジ&華純連、10/27(土) 代々木公園〈earth garden〉に出演

佐藤タイジ&華純連、10/27(土) 代々木公園〈earth garden〉に出演

シアターブルックの佐藤タイジと高円寺・阿波おどり華純連がガッチリと組んだ佐藤タイジ&華純連。 10月27日(土)代々木公園イベント広場で行なわれるオーガニック&エコロジカルなライフ・スタイルを提案するフリー・イベント『earth garden ”秋” 2

Okada Takuro(ex.森は生きている)、4曲入りの配信限定EP『The Beach』を本日リリース & OTOTOYではハイレゾ配信も!

Okada Takuro(ex.森は生きている)、4曲入りの配信限定EP『The Beach』を本日リリース & OTOTOYではハイレゾ配信も!

昨年10月にリリースされた初のソロ・アルバム『ノスタルジア』が高い評価を得た、マルチ楽器奏者/ 作曲家、Okada Takuro(ex.森は生きている)が4曲入り配信限定EP『The Beach』を本日8月17日(金)にリリースした。 今作では綿密なアレ

View More News Collapse
Okada Takuro、「遠い街角(Feat. 優河)」のミュージック・ビデオ公開

Okada Takuro、「遠い街角(Feat. 優河)」のミュージック・ビデオ公開

Okada Takuroが、「遠い街角(Feat. 優河)」のミュージック・ビデオを公開した。 「遠い街角(Feat. 優河)」は昨年リリースしたデビュー・アルバム『ノスタルジア』に収録され、ヴォーカルにシンガー・ソングライターの優河を迎えた楽曲。 デビ

Gotch創設の音楽アワードに折坂悠太、CHAI、PUNPEEら10作品ノミネート

Gotch創設の音楽アワードに折坂悠太、CHAI、PUNPEEら10作品ノミネート

GotchことASIAN KUNG-FU GENERATIONのVo.Gt後藤正文が創設した音楽の新人賞「Apple Vinegar Award」の特設サイトがオープンし、2017年のノミネート10作品が発表された。 Apple Vinegar Awar

Okada Takuro、ソロ初ライヴが決定 Mitskiの来日公演にゲスト出演

Okada Takuro、ソロ初ライヴが決定 Mitskiの来日公演にゲスト出演

ソロ名義でのデビュー・アルバム『ノスタルジア』をリリースしたOkada Takuro(ex. 森は生きている)。 ニューヨークを拠点に活動する日米ハーフ女性SSW・Mitskiの来日ツアーの東京公演に、ゲスト・アクトとして出演することが決定した。 11月

Okada Takuro(ex. 森は生きている)、デビュー・アルバム全曲試聴スタート 後藤正文からコメントも

Okada Takuro(ex. 森は生きている)、デビュー・アルバム全曲試聴スタート 後藤正文からコメントも

10月4日にデビュー・アルバム『ノスタルジア』をリリースするOkada Takuro(ex. 森は生きている)。 同アルバムの期間限定全曲試聴がスタートした。 増村和彦(ex. 森は生きている)、谷口雄(ex. 森は生きている)、大久保淳也(ex. 森は

Okada Takuro(ex. 森は生きている)、デビュー・アルバムのリリースが決定&予約受付スタート

Okada Takuro(ex. 森は生きている)、デビュー・アルバムのリリースが決定&予約受付スタート

先日新曲「硝子瓶のアイロニー」を発表し、話題となっていた元・森は生きているのリーダー、Okada Takuro。 そしてこの度、ソロ名義としてのデビュー・アルバム『ノスタルジア』を10月4日にリリースする事が決定。 また同アルバムより、ボーカ

Okada Takuro(ex. 森は生きている)がソロ名義として新曲を発表、OTOTOYではハイレゾ配信開始

Okada Takuro(ex. 森は生きている)がソロ名義として新曲を発表、OTOTOYではハイレゾ配信開始

2枚のアルバムをリリースし、2015年に突如解散をした森は生きているのリーダー、岡田拓郎がソロ名義Okada Takuroとして新曲「硝子瓶のアイロニー」を発表。 本日より、OTOTOYでもその新曲のハイレゾ配信がスタートした。 2015年に森は生

Collapse

Articles

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

ライヴレポート

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

【ライヴ・レポート】「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平〈パタミュージッキング〉@WWWクラシックや現代音楽の作曲家 / アレンジャーとして活動を開始し、ポップミュージックから現代美術まで様々なシーンに音楽で携わる作曲家、網守将平。2018…

【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始

レヴュー

【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始

【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の鮮明な登場──1stソロをハイレゾ配信開始2枚のアルバムをリリースし、2015年に突如解散をした“森は生きている”の岡田拓郎が、2017年10月4日、ソロ名義“Okada Takuro”と…