Okada Takuro

Pop

プロフィール

東京を拠点にギター、ペダルスティール、マンドリン、エレクトロニクスなどを扱うマルチ楽器奏者/ 作曲家。2012 年にバンド「森は生きている」を結成。P-VINE RECORDS より『森は生きている』、自身がミキ シングを手がけた『グッド・ナイト』をリリース。両アルバムとも、ジャケット写真も手がける。2015 年 に解散。個人活動としては、Daniel Kwon、James Blackshaw などのレコーディング、ライブに参加。 2015 年には菊地健雄監督作品、映画『ディアーディアー 』の音楽を担当している。近年は映画『PARKS パークス』への楽曲提供や South Penguin の作品プロデュース、okada takuro+duenn としてコラボ盤リリースを行う一方、『レコード・コレクターズ』や『MUSIC MAGAZINE』などにて執筆も行う。2017 年 7 月、ソロ名義 Okada Takuro として新曲「硝子瓶のアイロニー」を Hostess Entertainment から配信リリース。

ディスコグラフィー

  • Okada Takuro(ex.森は生きている)がソロ名義として、デビュー・アルバム『ノスタルジア』をリリース!マスタリングはボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビが手掛け、プロデュースやミックスはOkada Takuro本人が行っています。そしてアルバム内では、増村和彦(ex.森は生きている)、谷口雄(ex.森は生きている)、大久保淳也(ex.森は生きている)、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno他)、優河、石若駿等が参加!
  • Okada Takuro(ex.森は生きている)がソロ名義として、デビュー・アルバム『ノスタルジア』をリリース!マスタリングはボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビが手掛け、プロデュースやミックスはOkada Takuro本人が行っています。そしてアルバム内では、増村和彦(ex.森は生きている)、谷口雄(ex.森は生きている)、大久保淳也(ex.森は生きている)、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno他)、優河、石若駿等が参加!
  • 2枚のアルバムを発表して2015年に突如解散をした森は生きているのリーダー、Okada Takuroがソロとして新曲を発表!吉田ヨウヘイgroupのギタリスト西田修大や森は生きているの鍵盤奏者の谷口雄がプレイヤーとして参加。マスタリングは、ジョン・レノンにボブ・ディラン~ボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、Greg Calbiが手掛けた。バンド解散以降映画「ディアーディアー」の劇中音楽を担当したり、South PenguinのEPのプロデュースを行う等、その才能をマルチに発揮してきた彼が、ソロ名義として楽曲を発表、本格活動を開始する!
  • 2枚のアルバムを発表して2015年に突如解散をした森は生きているのリーダー、Okada Takuroがソロとして新曲を発表!吉田ヨウヘイgroupのギタリスト西田修大や森は生きているの鍵盤奏者の谷口雄がプレイヤーとして参加。マスタリングは、ジョン・レノンにボブ・ディラン~ボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、Greg Calbiが手掛けた。バンド解散以降映画「ディアーディアー」の劇中音楽を担当したり、South PenguinのEPのプロデュースを行う等、その才能をマルチに発揮してきた彼が、ソロ名義として楽曲を発表、本格活動を開始する!