artist image

アンドレア・バッティストーニ指揮/東京フィルハーモニー交響楽団

Classical/Soundtrack

Discography

Classical/Soundtrack
2015年から東京フィルハーモニー交響楽団の首席客演指揮者に就任したアンドレア・バッティストーニ。オーケストラ指揮者としてのスタートをロシアのサンクトペテルブルクで切った彼が臨むのは、ムソルグスキー(ラヴェル編)の組曲「展覧会の絵」。1987年生まれ、弱冠28歳の若き天才が描くロマンチックなロシア音楽に目が離せない。2015年9月録音。
Classical/Soundtrack
V.A.
リリースするアルバムが次々に高い評価を受ける若きマエストロ、バッティストーニによる待望の作品はベートーヴェンの名作「第九」。3日間に渡って都内で演奏された2015年12月の「第九」は、非常に速いテンポでありながら、崩壊的なテンポではなく、全体のバランスを捉えた理にかなった演奏となっていた。ソリストのアンドレアス・シャーガーが朗々と堂々と歌い上げソリスト陣を引っ張り、合唱団も統一感のある演奏を披露した。

Related labels