上原彩子

Discography

V.A.
ショパン国際コンクール、エリザベート王妃国際コンクールと並び、世界でも最難関とされるチャイコフスキー国際コンクールで2002年に日本人として初めて、また同部門で女性として初めての優勝の快挙を成し遂げた上原彩子。彼女のチャイコフスキー国際コンクールでの白熱した演奏を収録したライブ盤です。優勝を決定的なものにした本選でのラフマニノフ、二次予選で圧倒的な集中力を見せたショスタコーヴィチのソナタなど、コンクールでの上原のベストの演奏を選りすぐった内容となっています。