in-d

HipHop/R&B

Discography

HipHop/R&B
THE OTOGIBANASHI’S、CreativeDrugStoreのメンバーであり、ラッパー。1993年生まれ。先月7/22にEP “outdoor”をリリースしたばかりのin-dが早くも新作をリリース。2019年にEP “indoor”を配信リリースをし、盟友VaVaのプロデュースによる収録曲「On My Way」はMusic Videoもヒットし、代表曲となった。前作”outdoor”は2019年に主に楽曲制作されたこともあり、文字通り「内から外へ」というin-dの心境を表したものであったが、今作は今年の2月〜完成に至った作品であり、この混沌とした時代、取り巻く環境でもどかしくも葛藤し、この時期だからこそできることを追求した内容となっている。特にM2”weekday”, M6“Breath”は今後の自らを鼓舞し、支えていくであろう代表曲になるはずだ。参加プロデューサー:VaVa, Rascal, doooo
6 tracks
HipHop/R&B
1 track
HipHop/R&B
THE OTOGIBANASHI’S、CreativeDrugStoreのメンバーであり、ラッパー。 1993年生まれ。2019年にEP “indoor”を配信リリースをし、盟友VaVaのプロデュースによる収録曲「On My Way」はMusic Videoもヒットし、代表曲となった。その後、自問を繰り返し、今作は文字通り外に向けた自分を綴った”outdoor”というタイトルに。作品のイントロダクションであり、今作の肝となるタイトル曲”outdoor”、地元藤沢らしい夏の匂いが漂う”Broken Silence”、”One Day”、そして三度目の共演となるPSGのGAPPERをゲストに迎えた”Deadline”(他2曲は限定音源)、ライブDJも務めるCreativeDrugStoreのメンバーdooooが手がけた”Journey”、”Determination”の全6曲収録。参加プロデューサー:Devin Morrison, Rascal, JUBEE, doooo  
6 tracks
HipHop/R&B
THE OTOGIBANASHI'S、CreativeDrugStoreのメンバーとして活動してきたin-dが、配信EP “indoor”をリリースする。今作には、BIM “Bonita”やKID FRESINO “Retarted”のプロデュース、そして自身の作品でもオリジナリティを発揮し続けているVaVaに加え、盟友JUBEEがCDSから参加。そして海外からはKendrick Lamar、Chance The Rapper等の楽曲プロデュース、BIM “BUDDY feat. PUNPEE”も手がけたRascal、Yung Leanのプロデュースなどで知られるHoly Beatsが名を連ねる。グループで見せてきたラッパーとしての顔とはまた雰囲気が一変した、自身を見つめ直す内容になっている。これはin-dによる「狭い部屋の中」で綴られたメモである。
6 tracks
HipHop/R&B
CreativeDrugStore所属のプロデューサー/DJのdooooが様々なラッパー・シンガーを迎えたセカンド・アルバム『COLORFUL』を配信リリース
11 tracks
HipHop/R&B
CreativeDrugStore所属のプロデューサー/DJのdooooが様々なラッパー・シンガーを迎えたセカンド・アルバム『COLORFUL』を配信リリース
11 tracks
HipHop/R&B
BIM
昨年2021年は3 月に VaVa とタッグを組んで発表した “Fruit Juice” 、そしてシングル “吐露ノート” とリリースし、STUTS プロデュースのテレビドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」主題歌への参加や、「Apple Vinegar Music Awards 2021」大賞受賞、朝の情報番組「スッキリ」に出演するなど要所で目立った動きを見せていたBIM。 秋にリリースしたYearnも収録された今作は7曲入りのミニアルバムで、BAD HOPからBenjazzyや、どんぐりず、Daichi Yamamotoが参加し、加えて同胞CreativeDrugStoreのin-dも久々の共演となった。プロデュースは前作同様Rascalを中心に、Cwondo、Astronote、OMSBが名を連ね、どんぐりずを客演に迎えた"Anchovy"ではメンバーのチョモが楽曲を手がけた。昨今のライブにも定評があり、着実に力をつけてきたBIMの「Because He's Kind」はバラエティに富んだ力作。
7 tracks
HipHop/R&B
BIM
昨年2021年は3 月に VaVa とタッグを組んで発表した “Fruit Juice” 、そしてシングル “吐露ノート” とリリースし、STUTS プロデュースのテレビドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」主題歌への参加や、「Apple Vinegar Music Awards 2021」大賞受賞、朝の情報番組「スッキリ」に出演するなど要所で目立った動きを見せていたBIM。 秋にリリースしたYearnも収録された今作は7曲入りのミニアルバムで、BAD HOPからBenjazzyや、どんぐりず、Daichi Yamamotoが参加し、加えて同胞CreativeDrugStoreのin-dも久々の共演となった。プロデュースは前作同様Rascalを中心に、Cwondo、Astronote、OMSBが名を連ね、どんぐりずを客演に迎えた"Anchovy"ではメンバーのチョモが楽曲を手がけた。昨今のライブにも定評があり、着実に力をつけてきたBIMの「Because He's Kind」はバラエティに富んだ力作。
7 tracks
HipHop/R&B
今年1月に急逝したSHAKKAZOMBIEのBIG-Oに捧げるトリビュートEP、『BIG-O DA ULTIMATE』。BIG-O DA ULTIMATEは、ジャンルの垣根や世代を超えたアーティストがSHAKKAZOMBIEの代表曲を新たにリメイクした計6曲を収録。
GOOD PRICE!
6 tracks
V.A.
People sleeping in Shibuya
10 tracks
V.A.
People sleeping in Shibuya
10 tracks

News

〈夏の魔物2019〉第2弾でスチャダラパー、in-d、OGRE YOU ASSHOLE、GOMA meets U-zhaan、2、キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、ザ50回転ズ、ザ・たこさんら決定

〈夏の魔物2019〉第2弾でスチャダラパー、in-d、OGRE YOU ASSHOLE、GOMA meets U-zhaan、2、キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、ザ50回転ズ、ザ・たこさんら決定

9月に大阪・埼玉で開催されるロックフェスティバル「夏の魔物」の第2弾出演アーティストが発表となった。 2019年9月1日(日)大阪・味園ユニバース〈夏の魔物2019 in OSAKA〉にはHermann H.&The Pacemakers、HUSKING