沢村満

ディスコグラフィー

  • 澄んだ音たちが、宇宙のしずくのように降ってくる。沢村満の音楽は不思議な浄化装置のようです。独特の透明感に満たされて、心はただ安らかな音の海に浮遊する。サックスプレイヤー沢村満を中心に、ピアノ、ギターを加えた実力派3人組。胸にしみる繊細なサックスの調べにのせて、聴こえてくるのは波の音たち。ゲスト参加は細野晴臣。眠りの前の優しいひと時にも似た珠玉の一枚です。沢村満(as) 斉藤玲子(p) 衣川恵章(g) 仙波清彦(perc)
  • 都市生活者のための音楽装置「EQUIPMENT」。「アートと生活の融合」をテーマに独自の文化活動を展開するスパイラルが、1987年にスタートさせたオリジナルCDレーベル<NEWSIC>。NEWSICは既成の音楽ジャンルを超え、一過性の流行にとらわれることなく、音楽の持つ生命=スピリットを見つめながら、音楽を真に愛する優れたミュージシャンとともにCDの出版活動を行ってきました。この5年間の活動によって蓄積された多くの音源を元に、スパイラルが初めて取り組んだコンピレーション・アルバム。それが、「EQUPMENT」です。このアルバムには、サブタイトル<Selection from The Ambient Works of NEWSIC>にもあるように「人が生活する空間と音楽の新しい在り方」を探るNEWSICのひとつのテーマに沿って、濱瀬元彦、沢村満、越智義朗、柴野さつき、尾島由郎のアルバムの中から、都市に暮らす人々のそれぞれの空間の中で、瑞々しいゆとりと陽光のような色彩をもたらすインストゥルメンタル・ナンバー10曲がセレクトされています。めまぐるしく移ろう都市生活の中で、あなた自身に向き合う貴重な時間。いつもの生活に帰り、自分のリズム取り戻していくひとときに、この1枚のアルバムが生活環境を形づくる一つの装置=イクイップメントとして自然に溶け込み。あなたをリラックスさせるとともに、新たな生命の息吹を発見する美しい刺激であればと願っています。1992年12月。
  • スパイラルの音楽レーベル、「Newsic」から1988年に発売されたアルバム「MICH LIVE / PLANT PLANET’S」からのシングル配信です。独特の透明感に満たされた沢村満のサックスの調べに、心はただ安らかかな音の海に浮遊します。1991年「コム・デ・ギャルソン」パリ・コレにも選曲された珠玉の1曲。>>
  • 演奏する彼らの呼吸に合わせて、楽器は脈を打ちはじめた。空の下、風の中、草の上。 生命感あふれるメロディは、いつしか心象風景のスクリーンとなって、思い思いのイマジ ネーションを映し出す。すべてがアコースティック、すべてがホールでのー発録り。うれしいほどに、何の細工もない音です。清らかなその音色が、あなたのリラッ クスを心地よく刺激します。今作は1990年発売(現在は廃盤)。 沢村満 Mitsuru Sawamura (as), 斎藤玲子 Reiko Saito(p), 加々美淳 Jun Kagami (g), 斎藤順 Jun Saito (b), 石井空太郎 Kotaro Ishii (perc), 三島一洋 Kazuhiro Mishima (perc), 斎藤葉 Yo Saito (hp)Produced by Masahiro HondaRecorded and Mixed : Naoto ShibuyaAssociate Producer : Etsuo Oshime, Yoshio OjimaArt Direction by Tomohiro Itami