Honeyboold

Discography

2012年初頭にスコットランド・グラスゴーで結成されたスティナ・トウィーデイル(ヴィーカル/ギター)とショナ・マクヴィカー(ドラム)によるガールズ・ロックデュオHoneyblood。彼女たちのキャリアは自宅のバスルームでレコーディングしたカセットテープのリリースや地元でのゲリラライブなどDIYな活動から始まったが、2013年イギリスの老舗インディーレーベルFatCat Recordsからのファーストシングル「Bud」、2014年5月にはフルアルバムに先駆けたセカンドシングル「Killer Bangs」をリリースし、そのバンド名のようにスウィートながらも堂々としたグランジ・ポップサウンドがNME、MOJO、Gardian、Fader、Pitchforkなど数多くのメディアで話題に。さらに、Palma VioletsやSleigh BellsのサポートアクトやThe Great Escape、T in The Park、SXSW等のフェスティヴバルへの出演など、バンド結成からわずか2年足らずの間に、急速にグラスゴーのインディーミュージックシーンで注目を浴びる存在に成長していった。そして待望の1stフルアルバムとなる『Honeyblood』が完成。The NationalやInterpol、そしてFatCat Recordsの多くのアーティストも手掛ける名プロデューサーPeter Katisと共に、2013年11月に米コネティカットで10日間でレコーディングされたという本作は、清々しいワイルドさとピュアなスウィートさが混在する、完成度の高いインディーポップ・アルバムへ仕上がった。自由で疾走感のあるローファイ・パンク〜インディーポップの中にルーツ音楽的な要素を取り入れたソングライティングによる、キャッチーなフック満載のメロディーラインが魅力的なハニーブラッドの楽曲たち。スティナの強さと美しさを併せ持つ魅惑的な歌声と、スリリングなギターと迫力のあるドラムがタイトに絡み合うガレージ〜グランジポップ・サウンドは、短い活動歴や最小限の楽器編成など微塵も感じさせず、素晴らしく構成され自信に満ち溢れている。Best Coast、Haim、Frankie Roseなどのガールズロック〜インディーポップバンドと比較されているが、Honeybloodが影響が受けたというバンドにはThe Breeders、PJ Harvey、Throwing Musesらの名前を上がっており、90年代オルタナティブ〜グランジ色が前途のバンドよりも濃く出ているのも大きな特徴。すでにイギリスのトップ音楽メディアNME が”2014年に聴くべき40枚”の1枚に選出し、アルバムレビューでも(10点中)9点と高得点をつけている、グラスゴーのベストニューバンドHoneybloodから目が離せない!!

Related labels