Pick Up

Google Play Newsstand

News

  1. リリスク、新体制第2弾シングルのビジュアル公開!対バン企画にSUSHIBOYSの出演決定

    リリスク、新体制第2弾シングルのビジュアル公開!対バン企画にSUSHIBOYSの出演決定

  2. 【11/9恵比寿BATICA】PURRE GOOHN主催イベントにUtae、神様クラブ、ZVIZMO、異色肌ギャル ∴ソルティ∴ら出演

    【11/9恵比寿BATICA】PURRE GOOHN主催イベントにUtae、神様クラブ、ZVIZMO、異色肌ギャル ∴ソルティ∴ら出演

  3. ドミコ、2ndアルバム『hey hey,my my?』ツアー追加でXmasイブに新代田FEVER公演

    ドミコ、2ndアルバム『hey hey,my my?』ツアー追加でXmasイブに新代田FEVER公演

  4. BiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiREがシャッフルで各グループの代表曲を歌うアルバム発売

    BiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiREがシャッフルで各グループの代表曲を歌うアルバム発売

  5. 青葉市子とphonolite strings、自由学園明日館での公演決定

    青葉市子とphonolite strings、自由学園明日館での公演決定

  6. 筋肉少女帯 新アルバム「Future!」から「エニグマ」MV公開 メンバー全員生出演のニコ生特番&前夜祭放送も決定

    筋肉少女帯 新アルバム「Future!」から「エニグマ」MV公開 メンバー全員生出演のニコ生特番&前夜祭放送も決定

  7. THE ANDS、2年ぶり台湾ツアー決定!渋谷club乙ワンマンには山岡トモタケが参加

    THE ANDS、2年ぶり台湾ツアー決定!渋谷club乙ワンマンには山岡トモタケが参加

  8. キセル、3年振り待望のニュー・アルバム『The Blue Hour』リリース決定

    キセル、3年振り待望のニュー・アルバム『The Blue Hour』リリース決定

  9. 中央大学白門祭『- Kyo -POP FES 2017』ラインナップ第2弾にRHYMEBERRYら

    中央大学白門祭『- Kyo -POP FES 2017』ラインナップ第2弾にRHYMEBERRYら

  10. ミムラス内藤彰子、オランダ人シンガーを迎えた2ndアルバム『SQUAME』を10/25発売

    ミムラス内藤彰子、オランダ人シンガーを迎えた2ndアルバム『SQUAME』を10/25発売

New Releases

20/20

20/20

スカート

カクバリズム所属の澤部渡によるソロプロジェクト“スカート”のメジャー初アルバム。スマッシュヒットを記録した前作『CALL』から約1年半ぶりの作品。2016年11月に発売されたシングル「静かな夜がいい」、2017年1月クールで放送されたテレビ東京ドラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』エンディングテーマ「ランプトン」、2017年4月に公開された映画『PARKSパークス』の挿入歌となった「離れて暮らす二人のために」他、収録。

Dawn On(24bit/48kHz)

Dawn On(24bit/48kHz)

8otto

8ottoがついに本格再始動!圧倒的なグルーブ感、ドラムボーカル・4ピースという個性的な編成から繰り出される圧巻のライブ・パフォーマンスと洋邦の垣根を超えたサウンドでロック・シーンに独特の存在感を放ち続ける8otto。FUJI ROCK FESTIVAL、NANO-MUGEN FES、RISING SUN ROCK FES、ROCK IN JAPAN、SUMER SONIC等の大型フェスで話題をさらい、OASIS、The RAPTURE、BEADY EYEなど海外アーティストとも多数共演。海外ツアーも勢力的にこなすなど、日本のロック・シーンの最前線を走り続けてきた彼らが、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文全面プロデュースの元、6年ぶりとなる超強力なカムバック・アルバムをドロップ!

Pavlov City

Pavlov City

Emerald

「日常」を表現したアルバム。ぼんやりと過ごす日々は、良く覗き込むと繊密さを持っているように、一見穏やかに思えるその楽曲らは、耳を澄ませると相変わらず手が込んでいて、聞く人に様々な気付きをもたらす。Jazzy-popとも言うべき新境地に到達したEmeraldの最新作にして最高傑作。

忘らんないよ (24bit/48kHz)

忘らんないよ (24bit/48kHz)

岡村靖幸

映画『We Love Television?』主題歌

カルアミルク

カルアミルク

DAOKO

岡村靖幸の楽曲「カルアミルク」をDAOKO がカバー

ほれちゃった(24bit/96kHz)

ほれちゃった(24bit/96kHz)

CHAI

双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組、『NEO -ニュー・エキサイト・オンナバンド』、CHAI。ある日突然SpotifyUKチャートにランクインし、2017年SXSW出演し全米ツアーも敢行し、くるり岸田氏、ASIAN KUNG-FU GENERATION後藤氏など数々の著名アーティストも大プッシュ。さらに8月に行われる初の東名阪ツアーのチケットは即完売、FUJI ROCK FESTIVAL "ROOKIE A GO-GO"では前代未聞の超満員となり、話題急上昇中の彼女たち。そんなCHAIがついに、自身初となるFull Albumを完成させた。代表曲である「ぎゃらんぶー」「ボーイズ・セコ・メン」「sayonaracomplex」を含む、世界へCHAIの「NEOかわいい」を提案する最高にキュートな計11曲収録。 

NEW (24bit/48kHz)

NEW (24bit/48kHz)

つしまみれ

つしまみれ、およそ2年ぶりのニューアルバムの発売が決定した。タイトルは「NEW」。キャリア18年中、17年半をともにしたオリジナルメンバーみずえの脱退を乗り越え、新ドラム、まいこが加入して初のアルバムとなる本作は、その名の通り、新しい「つしまみれ」の始まりを告げる一枚。中村宗一郎プロデュースによる全11曲は、色とりどりの個性を放つ楽曲が揃った。持ち味であるロックサウンドを基盤に、ニューウェイブを感じさせる楽曲は、伸びやかな発声のボーカル、突き刺さる毒をもつ歌詞、耳にこびりつくギターリフ、うねるメロディアスでエロティックなベースが更に新しい世界を追求し、新メンバー、まいこのタイトで喜びに満ちたドラムがフレッシュな風を吹き込む。つしまみれ、実に13枚目のアルバムは、1年以上の月日をかけて、悩んで乗り越えてブレイクスルーして、やっとたどり着いた新境地の大傑作!新メンバーとして加入したドラムまいこは、キャリアほぼ0、未知の存在でありながら、運命的に出会い、2月10日みずえ脱退ライブから、たったの4日後である2月14日からサポートメンバーとして加入。なにがあろうと前に進もうとするつしまみれの背中を強く押した重要な存在であった。その後、5月のヨーロッパツアー17本のライブを経て、7月7日渋谷での凱旋ワンマンの際、観客の承認を得て正式メンバーとして加入が決定。叩く喜びに満ちたタイトでシンプルかつ独特なドラムセンスは新しいつしまみれの世界観を作る重要な役割を担っている。

つしまげる

つしまげる

つしまげる

新しいドラマーを正式メンバーとして迎えた新生「つしまみれ」のスタートに華を添えるべく誕生した、遊び心満載の新バンド「つしまげる」のデビューアルバム!メンバーは、まり(Vo & Gt)とやよい(Ba)と、元・嘘つきバービー しげる(Drs)。全曲テーマを「しげる」に絞った、どこまでも「しげる」本位の4曲は、あまりにもニッチで、逆に可能性を感じる謎の中毒性を持った楽曲。そこに、「つしまげる」初ライブの貴重なライブ音源3曲を加えた、計7曲を収録。まり、やよいがしげるへの愛を歌と演奏で、ひたすら爆発させ、それを受けたしげるが、力強く荒々しく変態性のあるドラムを炸裂させて、その愛に応える。そもそも、つしまげる」の誕生はみずえの脱退にともない、「つしまみれ」のサポートメンバーとして、しげるが1本のライブに参加したことがきっかけである。全ての出逢いも別れも決して無駄にしない、面白いこと新しいことを貪欲に追求し続けるつしまみれとしげるの素敵なコラボレーション!

いざよい(「柴咲 神宮」Live ver.)

いざよい(「柴咲 神宮」Live ver.)

柴咲コウ

柴咲コウ、新曲「いざよい」のライブ音源を配信限定リリース!

トリック・オア・ドリーム

トリック・オア・ドリーム

ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZ、配信限定シングル 「トリック・オア・ドリーム」

LIFE

LIFE

AAA

2017年2月にリリースしたオリジナルアルバム『WAY OF GLORY』は119,746ポイントでオリコン月間ランキング1位を獲得し、同時期雑誌6誌の表紙を飾り、全て完売。夏にはa-nationで初のヘッドライナーを務めるなど話題の絶えないAAAが通算55枚目のシングルをリリース!

パラドックス ワールド

パラドックス ワールド

わーすた

世界へKAWAIIを発信!台湾、上海、タイ、シンガポール、フランス、海外公演大成功!わーすたのシングル+自身の全国ツアー、2017年のアイドルFES等でお披露目された楽曲などを収録したセカンド・アルバム!

TOGENKYO

TOGENKYO

フレデリック

三原健司(Vo./Gt.)、三原康司(Ba.)の双子の兄弟と、赤頭隆児(Gt.)、高橋武(Dr.)で編成されるロックバンド、フレデリックのミニ・アルバム!

桃源郷

桃源郷

吉田省念

くるり脱退後、さらなる才能が開花。京都という街で吉田省念が培ったポストフォーク大名盤の誕生!! 瑞々しくも煌びやかなサウンドで衝撃を与え、正統ロック〜ルーツサウンド〜フォーク/ブルースに根差し、アヴァンギャルドサウンドまで、京都ならではのゆったりとしつつも濃密な温かい空気を凝縮〜熟成させた、メロディアスで爽快な傑作ポップ・アルバム『黄金の館』に続く等身大、吉田省念待望のニューアルバム完成!

帰ってきたホフディラン

帰ってきたホフディラン

ホフディラン

古巣・ポニーキャニオンからのメジャー復帰!ポップデュオ、ホフディランがオリジナル・アルバムとして実に5年ぶりとなる作品をリリース!

hey hey,my my?

hey hey,my my?

ドミコ

昨年11月に1stフル・アルバム「soo coo?」をリリースして以来、快進撃を続けるドミコ。年頭にSPACE SHOWER TVのの10組に選出され、初の全国ツアーを大成功させストレイテナーのホリエ氏も彼らのサウンドに魅せられ5月にentと対バンを果たす等、ミュージシャン界隈でのドミコ人気には目を見張るものがある。6月、配信限定リリースの「くじらの巣」は札幌NORTH WAVE/SAPPORO HOT100で最高位8位を獲得。7月末、FUJIROCK FESTIVAL'17に初出演、苗場食堂は人であふれかえりその注目度の高さを証明した確実にステップ・アップをしてきた2017年、早くも2ndフル・アルバムのリリースが決定。その個性的で孤高とも言える独特なサウンドの世界はそのままに、予想を裏切り、更に一歩先に進化したドミコ・サウンドが炸裂する新作である。言葉で説明する事が困難なほど「カッコよすぎてわけがわからない」アルバム。2017年名盤登場。

The Beginnings / The Prophecy

The Beginnings / The Prophecy

mouse on the keys

建築 x 音楽の新たなる挑戦「安藤忠雄展」インスタレーションの音楽担当に mouse on the keys が抜擢!元プロボクサー、独学で建築を学ぶ—という異色の経歴で知られる建築家 安藤忠雄。1969 年より「都市ゲリラ」として建築設計活動をスタート。以来、既成概念を打ち破るような斬新な建築作品を次々と世に送り出し、1990 年代以降はその活躍の舞台をアジア、ヨーロッパ、アメリカなど各国に広げた。その安藤忠雄の半世紀に及ぶ挑戦の軌跡と未来への展望を紹介する国立新美術館開催 10 周年「安藤忠雄展 —挑戦—」が2017年9月27日より開催される。展覧会のハイライトの一つである『直島の一連のプロジェクト』インスタレーションの音楽担当に、日本を代表するインストゥルメンタルバンド、mouse on the keys が抜擢された。mouse on the keys は、ポスト・ハードコア、テクノ、現代音楽などをミックスした全く新しいサウンドを作り出し、ミニマルで幾何学的抽象を思わせる映像演出によるライブパフォーマンスで、国内のみならず、海外でも多大な人気を誇っている。これまで北米、南米、ヨーロッパ、アジアの各国を勢力的にツアーし、2016〜2017 年にかけての北米ツアーでは、ロサンゼルス、シアトル、フィラデルフィアなどの都市でソールドアウトとなり、その勢いはとどまるところを知らない。展示会にて使用される楽曲は「The Beginnings / The Prophecy (TADAO ANDO: ENDEAVORS version)」と名付けられた。「都市ゲリラ」として建築の既成概念を打ち破る安藤忠雄、「音楽ゲリラ」として音楽の既成概念を打ち破るmouse on the keys。異例のコラボレーションは無限の可能性を再確認できる場となるだろう。

みにくいいきもの

みにくいいきもの

goodtimes

せめて自分を自分で抱きしめるくらいはいいじゃないか。(井上朝陽)

今後の配信予定

10/25 CHAI / PINK(ハイレゾ)

10/25 GOING UNDER GROUND / 真夏の目撃者

10/25 VIDEOTAPEMUSIC / ON THE AIR

10/25 高野寛 / EVERYTHING IG GOOD(ハイレゾ)

10/25 TOSHIKI HAYASHI (%C) / THREE(ハイレゾ)

配信予定日、配信タイトルは予告なく変更される場合がございます。あらかじめご了承ください

Features

再起動した東京カランコロン、1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリース&インタヴュー掲載

インタヴュー

再起動した東京カランコロン、1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリース&インタヴュー掲載

新たな風吹く、再起動──東京カランコロン、“ポップなのに泣ける”ニュー・アルバムをリリース!! 男女ツイン・ヴォーカルと個性的な楽曲で中毒者を…

『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース

レヴュー

『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース

【REVIEW】『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース メンバーの大幅な更新を経て昨年リリースされたア…

【LIVEREPORT】感動と笑いの緩急の渦! Sundayカミデ、2時間のピアノ・ソロ・ライヴ

ライヴレポート

【LIVEREPORT】感動と笑いの緩急の渦! Sundayカミデ、2時間のピアノ・ソロ・ライヴ

【ライヴ・レポート】感動と笑いの緩急の渦! Sundayカミデが2時間のピアノ・ソロ・ライヴで見せたもの ワンダフルボーイズのヴォーカルや、…

原稿ライオット2017結果発表!!ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信

レヴュー

原稿ライオット2017結果発表!!ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信

原稿ライオット2017結果発表ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CU…

どこまでも貪欲に、自由にジャズを更新し続けるーーfox capture plan、6作目のフル・アルバムを語る

インタヴュー

どこまでも貪欲に、自由にジャズを更新し続けるーーfox capture plan、6作目のフル・アルバムを語る

どこまでも貪欲に、自由にジャズを更新し続けるーーfox capture plan、6作目のフル・アルバムを語る “現代版ジャズ・ロック”をコン…

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回

連載

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回 今年も残り3ヶ月、気がつくとあっという間に年末が…

ハイレゾ音源大賞201707グランプリ発表
峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!

レヴュー

峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!

青春に別れを告げた峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZの3ヶ月連続リリースを…

eastern youth、最強伝説継続中! 『SONGentoJIYU』をハイレゾ配信開始

eastern youth、最強伝説継続中! 『SONGentoJIYU』をハイレゾ配信開始

eastern youth、最強伝説継続中! ──生存の実感は誰かの手に委ねちゃいけねえ…

【REVIEW】生活を彩る音楽隊、フィクションに誘い込むトイ・ポップ──Ribet towns『フラッシュフィクション』

レヴュー

【REVIEW】生活を彩る音楽隊、フィクションに誘い込むトイ・ポップ──Ribet towns『フラッシュフィクション』

フィクションに誘い込むトイ・ポップ──生活を彩る音楽隊・Ribet townsの『フラッ…

【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)

インタヴュー

【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)

【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUM…

ヒナタとアシュリー、ボーナストラック付きEP『longing E.P.』配信開始&インタヴュー掲載

インタヴュー

ヒナタとアシュリー、ボーナストラック付きEP『longing E.P.』配信開始&インタヴュー掲載

栃木で出会った感覚と理論の幸せな結晶ーーヒナタとアシュリー、初インタヴューで語る2人のル…

【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始

レヴュー

【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始

【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の鮮明な登場──1stソ…

渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源がマンスリーで続々配信開始

インタヴュー

渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源がマンスリーで続々配信開始

渋谷慶一郎、ATAK過去作品をマンスリーで配信! 渋谷慶一郎主宰レーベル、ATAK。2…

しずくだうみプロデュース“眠いふたり”のsommeil sommeil──初のリリース作品を配信開始

インタヴュー

しずくだうみプロデュース“眠いふたり”のsommeil sommeil──初のリリース作品を配信開始

しずくだうみプロデュース“眠いふたり”ユニットsommeil sommeil──初のリリ…

【REVIEW】最高傑作の呼び声高い、ホラーズの新作をハイレゾ配信

レヴュー

【REVIEW】最高傑作の呼び声高い、ホラーズの新作をハイレゾ配信

【REVIEW】バンドの実験性の歴史を内包、そして新たなる質感も備えたホラーズの新作──…

【1週間先行配信】中川敬、通算4枚目のソロをリリース

インタヴュー

【1週間先行配信】中川敬、通算4枚目のソロをリリース

中川敬4thソロ、1週間先行&独占配信──新たな表現の幅へとたどり着いた奥深きバラッド集…


Top Charts

Recommends

Search By Tags

ページトップへ