Frogman Records / U.S.B. プロフィール

まだ日本にはパーティもDJもレーベルも、なにもないという状況だった93年に設立後、独自の手法でシーンを切りひらいた老舗であり、激動の90年代のテクノの歴史を担ったレーベルのひとつ。デモから発掘し世界へと羽ばたいたKAGAMIはじめ、Riow Arai、Kaito名義で知られるHiroshi Watanabe、DJ TASAKA、Mexico、Hitoshi Ohishiなど現在では人気者になったアーティストが作品を発表。また、リミックスや企画モノでMijk Van Dijk、Ken Ishii、Black Dog、田中フミヤ、Thomas Schumacher、Hakan Lidbo、TOKTOK、Sound Associatesなど世界的なアーティストと交流を持ち、ドイツはじめ国外にも多くのファンを持つ。

02年にはU.S.B. (United Sounds of Blue)というテックハウス/クリック系のサブ・レーベルを設立。こちらはクラブ音楽の枠を越え、リスニングや幅広い生活スタイルに対応した作品をだす。世界的にリスペクトされるSusumu Yokotaのアルバムや、Steve Bugにも絶賛されたHulotの作品などをリリース。

2007年12月にFrogman Recordsの活動歴史14年のあいだに生まれた傑作・話題曲を完全パッケージングした最初で最後(?)のベスト・アルバム『FINE: The Best of Frogman』をリリース。冬眠を発表。

更新日: 2009-01-27 16:35

配信アルバムと曲