Seiho プロフィール

1987年生。トラックメーカー、DJ、VJ と音楽や映像など媒体の垣根を越え表現をし続けるマルチアーティスト。
小学生の時携帯の着メロの作成や家にあったパソコンでDTMに目覚める。その後中学、高校とジャズトロンボーンやギターを演奏する傍ら自宅録音を中心に「心地の良いノイズ」と「ミニマル」をテーマに作品 を制作しインターネットを通し定期的に発表してきた。現在は絵画、写真、映像、小説、朗読等、様々な表現を自らの楽曲に取り入れ、ライヴ 以外にも映画・舞台のサウンドトラックやギャラリーの空間デザイン等多岐に渡る活動をしている。
DUBSTEP,URBANSOUL,4 つ打ち等あらゆるビートを駆使しながら畳み掛ける彼のLIVEは必見。”今”の音を刻む数少ないアーティストの1人。

DJ, VJ, producer in his young twenties—his music visions first appear in elementary school making cell phone ringtones like any nerdy kid, and then moving on to a laptop. Next—young middle school student Seiho picks up the trombone and guitar, first playing jazz, and then delving deeper into noise and minimalism. Now his musical experiments have merged into the field of visual art. He’s doing all sorts of cool stuff as a VJ, sound track composer, and gallery space/sound designer. In so many words—he’s the boss.

更新日: 2012-03-08 16:22