<![CDATA[OTOTOY NEWS]]> urn:uuid:895fe985-7722-34b9-a5bc-44cf2af5e87b OTOTOY Incorporated 2017-03-24T18:36:22+09:00 <![CDATA[ショバリーダー・ワン、スクエアプッシャーの名曲をド迫力で魅せた!]]> urn:uuid:127cdf27-bda8-fdeb-a929-081c5a694036 2017-03-24T19:10:00+09:00

ライヴ・バンドのコンセプトを根底から改革すべくスクエアプッシャーが招集した凄腕ミュージシャンたち:STROBE NAZARD(Key)、COMPANY LASER(Dr)、ARG NUTION(Gt)を擁するショバリーダー・ワンが、衝撃のパフォーマンス映像を公開した。

これは3月23日(木)の夜、ライヴ・ストリーミング・メディア「BOILER ROOM」に登場したときのもので、スクエアプッシャーの名曲「Hello Meow」「Journey To Reedham」「E8 Boogie」のライヴ・パフォーマンスを披露! 向かい合うように演奏するメンバーをクレーン撮影で捉えた映像は超迫力満点だ。

東京公演が即日完売で大きな注目を集めるショバリーダー・ワンのジャパン・ツアーはまもなく! 大阪公演も完売ペースとなっている。東京公演のチケットをゲットできなかったファンは、名古屋まで足を運んでみるのもアリかも?(田山雄士)

〈ショバリーダー・ワン 来日公演 SUPPORT ACT にせんねんもんだい〉
4月12日(水) 東京 渋谷 O-EAST ※ソールドアウト!
4月13日(木) 愛知 名古屋CLUB QUATTRO
4月14日(金) 大阪 梅田CLUB QUATTRO

Shobaleader One - Boiler Room In Stereo




https://youtu.be/d-j_D-O1vwM


]]>
<![CDATA[三浦大知、本日放送の日本テレビ系「NEWS ZERO」で密着特集オンエア]]> urn:uuid:757e0571-9137-6860-ea95-dd985e6a82e9 2017-03-24T18:50:00+09:00

本日3月24日(金)23時55分より放送される「NEWS ZERO」(日本テレビ系)にて、三浦大知の特集映像が公開される。

“和製マイケル・ジャクソン”と称されるハイレベルな歌とダンスで幅広い層を魅了する三浦大知。3月22日にリリースされたばかりの6thアルバム『HIT』が各方面より高評価を受けるなど、現在最もホットなポップ・ミュージシャンと言えるアーティストだ。

今回の特集では、三浦大知の故郷である沖縄で初めて開催した単独公演の様子や、沖縄での原風景をたどり、1997年にFolderとしてデビューする以前から20年以上にわたって歌とダンスに真摯に向き合ってきた三浦大知に迫る。

自身も作詞作曲振付するなか、DJ/トラックメイカーの Seiho を起用した「Cry & Fight」、〈TREKKIE TRAX〉の中心メンバーである Carpainter を作編曲に迎え初週オリコン・ウィークリー・チャートにて初の1位を獲得した「EXCITE」など収録されるニュー・アルバム『HIT』はOTOTOYでハイレゾ配信中。

とりわけてダンス・ミュージック路線でエッジな展開を見せる三浦大知に今こそ注目したい。(椿)

■三浦大知の作品はOTOTOYで配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/25210

■三浦大知 official HP
http://avex.jp/daichi/

■放送情報
日本テレビ系「NEWS ZERO」
2017年3月24日(金)23:55~
*放送内容は変更の可能性あり

■リリース情報
6thアルバム『HIT』
2017年3月22日(水)

01. Darkest Before Dawn
02. EXCITE
03. (RE)PLAY
04. Neon Dive
05. Body Kills
06. Darkroom
07. Can’t Stop Won’t Stop Loving You
08. Rise Up feat. SOIL&”PIMP”SESSIONS
09. Star
10. 誰もがダンサー
11. Cry & Fight
12. Hang In There
]]>

<![CDATA[2017年7月スタートのNHKアニメ「ザ・リフレクション」に9nine登場&EDテーマを担当]]> urn:uuid:9bc5780c-dc18-19e1-8634-520c2f2417f3 2017-03-24T18:30:00+09:00

パフォーマンスガールズユニットの9nineが、本人役でアニメキャラクターとしても活躍する「ザ・リフレクション」が2017年7月からNHK総合テレビでの放送されることと、エンディングテーマを9nineが担当することが発表された。

 「アイアンマン」「スパイダーマン」「X―メン」「ファンタスティック・フォー」など数々のヒット作を手がけてきた、アメコミの巨匠スタン・リー。「蟲師」「惡の華」「デトロイト・メタル・シティ」など独創性の高い作品でアニメファンを魅了する長濱博史。日米の2大クリエイターがタッグを組んだ本作品。アメコミとジャパンアニメーションがコラボレーションした全く新しいヒーローアニメーションとして注目されている。

9nineは、4月2日(日)より地上波レギュラー番組「浅草ベビ9」がスタートする他、5月3日(水)にはニューシングルが発売されることも決定している。(た)

【RELEASE】
9nineニューシングル「RELAX(仮タイトル)」
2017年5月3日(水)リリース
初回生産限定盤(CD+DVD) 1,500円(税込)
(SECL-2149~2150)
通常盤(CDのみ)1,300円(税込)(SECL-2151)

【LIVE/EVENT】
「FicZone 2017」(スペイン)
公演日:2017年4月1日(土),2日(日)
会場:FERMASA (Feria de Muestras de Armilla)
(スペインのコンベンションセンター)
※9nineは、スペイン時間4月1日19:30(日本時間4月2日3:30頃)より、メインステージにてライブを予定詳細:https://www.ficzone.com/

【MEDIA】
「ザ・リフレクション」
2017年7月スタート  毎週(土)午後11:00~11:25
放送局: NHK総合テレビ
放送日時:2017年7月スタート 毎週土曜 23:00〜23:25(全12回)
【原 作】スタン・リー/長濱博史
【監 督】長濱博史
【脚 本】鈴木やすゆき
【音楽プロデューサー】トレヴァー・ホーン
【キャラクターデザイン】馬越嘉彦
【EDテーマ】9nine
【アニメーション制作】スタジオディーン
【制作・著作】THE REFLECTION製作委員会
公式サイト:http://thereflection-anime.net

9nine OFFICIAL SITE
https://9nine-fan.lespros.co.jp/
]]>

<![CDATA[ザ・マックショウとザ・ニートビーツが激突! 〈キャノンボール・フェスティバル広島2017〉今週末開催 THE MODS森山達也も登場]]> urn:uuid:3eb2817d-f196-1913-5341-bc397023f7ae 2017-03-24T12:30:00+09:00

今年で3回目を迎える音楽・車・バイク愛好者が集う一大イベント〈キャノンボール・フェスティバル 広島2017〉が広島・元広島西飛行場敷地で今週末3月26日(日)に開催される。

今回は、日本の2大ロックンロールバンド、ザ・マックショウTHE NEATBEATSが激突。スペシャル・ゲストとして森山達也(THE MODS)も出演する。また、地元・広島のバンドやダンスユニットDANCE STUDIO PROPSなども出演。さらに当日会場にて、ザ・マックショウのノントップ・ミックスCD『DRIVE ME CRAZY4』(4/12発売)の先行販売も行われる。

飲食・雑貨・音楽・カスタムパーツ・アパレルショップなども出店され、様々なカルチャーが融合するイベント。松方弘樹、渡瀬恒彦、そしてチャック・ベリー亡き今。悲しみをぶっ飛ばす仁義ある俺たちの祭りがここにある。詳細はFacebookページまで。(岡)

・イベント詳細
https://goo.gl/PFBxNN

〈キャノンボール・フェスティバル広島2017〉
2017年3月26日(日)広島・元広島西飛行場敷地 
OPEN10:00~16:00 (予定)
場所:広島・元広島西飛行場敷地
   広島県広島市西区観音新町4丁目2874
出演:ザ・マックショウ
    THE NEATBEATS 他
スペシャルゲスト:森山達也(THE MODS)
司会:西田篤史
チケット:前売り 3,000円/当日4,000円 小学生以下無料
※二輪・四輪で来場のお客様
・展示車両につきましては、当日スタッフが案内いたしますので
 一般チケット(前3,000円/当4,000円)を購入の上ご来場下さい。
・会場(西空港跡地)へはAM8:00~入場可能ですが、イベント会場
 への入場・誘導はAM10:00~とさせていただきます。
【チケット協力店】
HOUSE OF THE COLTS:082-240-5189
LATINO MOTORCYCLE:082-920-5880
アルバトロス:0823-24-4444
QUADROPHENIA:0829-30-3007
イープラスhttp://eplus.jp/
お問合せ:キャノンボール・フェスティバル実行委員会広島

★3/26キャノンボールフェスティバル タワーレコード物販コーナーにて先行販売
商品内容
THE MACKSHOW 
『DRIVE ME CRAZY 4』
全19曲収録
品番:SPACE-003 価格:¥1,900(税抜)
発売日:2017/4/12
発売元:株式会社スペースエイジ 
レーベル : B.A.D RECORDS UNITED


]]>
<![CDATA[やくしまるえつこ、“ドーパミン大放出!”な音楽&テーマソングを担当]]> urn:uuid:67937f0b-1a00-fafe-1790-b64724afa7c2 2017-03-24T12:23:00+09:00

やくしまるえつこが、3月25日(土)11:20~11:45にフジテレビで放送されるキッズバラエティ『コドンパミン』の音楽を担当することがわかった。

『コドンパミン』は、『ポンキッキ』以来10年ぶりとなるフジテレビの新キッズバラエティ。“子ども×ドーパミン=コドンパミン”“子どもの脳にドーパミン大放出!”をコンセプトにした、子どもも大人も楽しめる超刺激的なバラエティとなっている。

番組放送日の3月25日(土)からは各音楽配信サイトで、やくしまるえつこによる『コドンパミン』テーマソング「フラッシュ オブ ドーパミン」が配信される。

また、やくしまるえつこ描き下ろしジャケット仕様で「フラッシュ オブ ドーパミン」off vocalヴァージョンも配信となる。(田山雄士)

やくしまるえつこ「フラッシュ オブ ドーパミン」
01.フラッシュ オブ ドーパミン
02.フラッシュ オブ ドーパミン(off vocal)
各音楽配信サイトで3月25日(土)から配信開始

『コドンパミン』
放送日時:3月25日(土)11:20~11:45
音楽:やくしまるえつこ
テーマソング:やくしまるえつこ「フラッシュ オブ ドーパミン」
キャラクターデザイン/アニメーション:木村タカヒロ
出演:
秋山竜次(ロバート)
ドーパお兄さん:梶裕貴
コドンくん/パミンちゃん:戸松遥

・『コドンパミン』 オフィシャルサイト
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/170325kodon/

・やくしまるえつこ オフィシャルサイト
http://yakushimaruetsuko.com/

「フラッシュ オブ ドーパミン」

『コドンパミン』メインビジュアル

『コドンパミン』ロゴ

]]>
<![CDATA[ゲイアイドル、ニ丁ハロが改名!新グループ名は「二丁目の魁(さきがけ)カミングアウト」新メンバー追加も発表]]> urn:uuid:48861763-293f-c423-8edd-da3c00ebc3e2 2017-03-23T21:00:00+09:00

先日、初のミニ・アルバム「Good As Yesterday」をリリースし、入場無料でおこなれたリリース記念パーティーも大盛況だったゲイアイドル、二丁ハロが新メンバー追加とグループ名の改名を発表した。

新メンバーは約半年に渡り募集していた「白鳥白鳥オーディション」でグランプリに選ばれた、その名も白鳥白鳥(しらとりはくちょう)。3期メンバーオーディションに落選したものの、再度オーディションを受けその熱意が決め手となり新メンバーとなった。

そして新メンバー加入に伴い6年間に渡り共に歩んできたグループ名「二丁ハロ」の名に別れを告げ、「二丁目の魁(さきがけ)カミングアウト」に改名が決定。名前の由来は「ゲイアイドル」というジャンルを誰よりも先駆けて新宿二丁目から世の中に発信していくという意味が込められている。

二丁ハロとしてのラストライブ、そして新メンバーを加え「二丁目の魁カミングアウト」としての初ステージは5月1日に渋谷WWWにて開催される「二丁ハロ FINAL LIVE ×二丁目の魁カミングアウト FIRST LIVE」となる。

二丁ハロ3人でのラスト・ライヴ、二丁目の魁カミングアウトとなった4人での初ライブ、どちらも見れるワンマンは見逃せない内容となりそうだ。チケットは絶賛発売中。(た)

【ライヴ情報】

「二丁ハロ FINAL LIVE ×二丁目の魁カミングアウトFIRST LIVE」

2017年5月1日(月)
渋谷WWW
open 19:00 start 19:30

peatixにてチケット発売中
http://nichohalo0501.peatix.com

【CD情報】
二丁ハロ 「Good As Yesterday」

収録曲
1.青春は何度でもやり直せるなんて嘘だ
2.耳をすませば
3.マイノリティーサイレン
4.三原色カタルシス
5.人を好きなれる君は何度でもやり直せるんだ
6.The frog in the well knows nothing of the great ocean ~カエルのうた~
7.言いたいことも言えないこんな世の中じゃん

2017.3.1 リリース ¥2.000- (税込)
https://nichohalo.stores.jp/

二丁ハロ オフィシャルホームページ 
https://nichohalo.officialsite.co/
 



]]>
<![CDATA[【このあと23時からストリーミング・ライヴ】スクエアプッシャー率いるショバリーダー・ワン、ボイラールームでライヴを配信]]> urn:uuid:ef846fb0-d7c9-2199-b4d6-2d462e06c5ac 2017-03-23T20:36:00+09:00

スクエアプッシャーによるバンド・プロジェクト、ショバリーダー・ワン

スクエアプッシャーといえば、唯一無二のエレクトロニクスと自身の超絶ベースによるトラックが真骨頂と言えるのだが、生演奏不可能と思われていた彼のトラックをバンドにて生演奏にて再現するというショバリーダー・ワン。

つい先日、ショバリーダー・ワン名義のアルバム『Elektrac』をリリースしたばかり(OTOTOYではライナーノーツPDF付きでハイレゾ配信中)。ライヴの凄まじい演奏がしっかりと収められた作品で、すでに話題となっている。

そんな彼らのライヴがこのあとすぐ、3月23日(木)日本時間の23時より、ダンス・ミュージックを中心としたライヴ・ストリーミング・メディア〈ボイラー・ルーム〉にて、ライヴが公開される。

4月12日からの東名阪ツアーを控えている、敏腕ミュージシャン4人による、彼らの超絶ライヴを確かめるチャンスだ。なお、すでに東京公演はソールドアウト、現在13日名古屋〈QUATTRO〉と14日の梅田〈QUATTRO〉を残すのみとなっている模様。こちらもいつまであるかわからないので、お早めに!
(河村)

・ショバリーダー・ワン『Elektrac』、ハイレゾ配信中
http://ototoy.jp/_/default/p/71855/

・3月23日(木)23時よりこちらのURLにて配信予定
https://boilerroom.tv/session/shobaleader-one/

・ライヴのチケット情報などはこちらへ
http://www.beatink.com/Labels/Warp-Records/Squarepusher/BRC-540/
]]>

<![CDATA[jizue、メジャーデビュー決定 LUCKY TAPES、MOROHA、Kan Sanoらを招き対バン企画「Library」開催]]> urn:uuid:928604cc-ad11-fe85-e303-709954cb3116 2017-03-23T19:07:00+09:00

昨年10周年を迎え、今秋にビクターよりメジャーデビューが決定した京都の4人組インストゥルメンタル・バンドjizue

6月に東京、京都、名古屋でLUCKY TAPES、MOROHA、Kan Sanoを招いてバンド主催の対バン企画「Library」を開催することを発表した。

会場では、メジャーデビューに先駆けて新曲を収録した限定プロモアナログ盤もリリースされるとのこと。各地チケットオフィシャル先行受付は本日3月23日(水)21時からとなっているので、お見逃しなく。

jizueの5作品『Bookshelf』『novel』『journal』『shiori』『story』はOTOTOYから配信されているので今すぐチェックしてみよう。(岡本)

・jizue オフィシャル・サイト
http://www.jizue.com
・jizueの作品はOTOTOYにて配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/72049

〈jizue presents Library vol.2〉
2017年6月10日(土) 東京 代官山UNIT
17:00開場 / 18:00開演
前売3,300円
Guest : LUCKY TAPES

2017年6月23日(金) 京都 MUSE
18:30開場 / 19:00開演
前売3,300円
Guest : MOROHA

2017年6月30日(金) 愛知 名古屋UPSET
18:30開場 / 19:00開演
前売3,300円
Guest : Kan Sano

■各会場チケットオフィシャルHP先行受付
受付URL : http://eplus.jp/jizue-l2/ (PC&モバイル)
受付期間 : 3/23(木)21:00~4/13(木)22:00


]]>
<![CDATA[スカート、3rdアルバム『CALL』をアナログ化!アニメMVも完成]]> urn:uuid:f092a842-d4e9-2798-2944-7f9016f6ab7a 2017-03-22T20:00:00+09:00

スカートが3rdアルバム『CALL』のアナログ盤を4月20日に発売する。

また収録曲「アンダーカレント」のMVをYouTubeに公開した。

『CALL』は本人の強い希望もあり、96khz / 24bitでアナログカッティング。CD盤の発売からちょうど一年越しとなる4月20日にリリースする。アナログ盤発売を前に、「アンダーカレント」のMVを公開。queによるアニメーションMVとなっている。(前田)

スカート「アンダーカレント」

https://youtu.be/F0WWHQ7XW6I

・スカート 3rd Album『CALL』
発売日:4月20日
品番:KAKU-080
価格:2593円+税 (税込2800円)

SIDE A
01. ワルツがきこえる / 02. CALL / 03. いい夜 / 04. 暗礁
05. どうしてこんなに晴れているのに / 06. アンダーカレント

SIDE B
01. ストーリーテラーになりたい / 02. 想い(はどうだろうか)
03. ひびよひばりよ / 04. 回想 / 05. はじまるならば / 06. シリウス

・スカート オフィシャルサイト
http://skirtskirtskirt.com/
・スカートの作品はOTOTOYで配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/144468


]]>
<![CDATA[Maison book girl〈夜明けの月と煙 vol.8〉のライヴを生配信決定]]> urn:uuid:dcb9e925-a932-847f-6e4b-c5e865124f66 2017-03-22T19:00:00+09:00

Maison book girlが3月30日に東京・月見ル君想フで行われるイベント〈ekoms presents “夜明けの月と煙 vol.8”〉に出演。

このライヴのもようをLINE LIVEで生配信することが決定した。

同イベントはMaison book girlが所属する〈ekoms〉主催のイベント。当日はスカート、RYUKYU IDOLも出演するが、配信はMaison book girlの出演部分のみとなる。

なおMaison book girlは、4月5日にメジャー1stアルバム『image』をリリースする。さらに4〜5月に同作のリリース・ツアーを開催。ファイナルは5月9日に東京・赤坂BLITZで行う。(前田)

・Maison book girl 夜明けの月と煙ライブ生配信
日程:3月30日(木)
時間:20:50予定〜
出演:Maison book girl
番組URL:https://live.line.me/channels/24/upcoming/1839041
※番組内容は変更となる可能性がございます。
※LINE MUSICの公式アカウント及び、 LINE株式会社が運営するライブ配信サービス
「LINE LIVE(ラインライブ)」での配信となります。

〈夜明けの月と煙 vol.8〉
2017年3月30日(木)青山月見ル君想フ
OPEN/START 18:00/19:00
出演:Maison book girl / スカート / RYUKYU IDOL

・Maison book girl 1stアルバム『image』
2017年4月5日リリース
1.ending
2.sin morning
3. end of Summer dream 4.veranda
5.faithlessness
6.int
7.townscape
8.karma
9.screen
10.blue light
11.opening
アルバム特設サイト
http://www.maisonbookgirl.com/imagespecial/index.html

〈major 1st album『image』release tour 2017」〉
4月2日(日) 新潟 LiveHouse柳都SHOW!CASE!!
4月15日(土) 名古屋 ell.FITS ALL
4月23日(日) 福岡 DRUM SON
4月29日(土) 札幌 DUCE
5月4日(木・祝) 大阪 AMERICA-MURA FANJ-TWICE
5月9日(火) 東京 赤坂BLITZ

・Maison book girl オフィシャルサイト
http://www.maisonbookgirl.com
・Maison book girlの作品はOTOTOYで配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/131159


]]>
<![CDATA[アート・リンゼイ、来日ツアー開催決定]]> urn:uuid:e91b1e5e-3499-d6dd-0bfe-6050aaf897b3 2017-03-22T18:00:00+09:00

奇才・アート・リンゼイ、6月に待望の来日公演開催決定。

今回は、13年ぶりの新作『Cuidado Madame』のレコーディング・メンバーを率いてのバンドセットでのライヴとなる。

世界中に熱狂的なファンを生んできた真の奇才音楽家アート・リンゼイ。NO WAVE以来のパンク精神と近年のコスモポリタニズムが最高次元で融合した13年ぶりの新作『Cuidado Madame(邦題:ケアフル・マダム)』のレコーディング・メンバーを率いたバンドセットでの来日公演が実現する。

公演は6月23日(金)東京・渋谷WWW X、24日(土)京都メトロ、26日(月)梅田シャングリラで行われる。一般プレイガイド発売は4月8日(土)より開始。今回のライヴで新作のサウンドがどのように再現されるのか注目しよう。なお、アート・リンゼイの最新作『Cuidado Madame』(16bit/44.1kHz)はOTOTOYから配信中。また、アート・リンゼイ・プロデュースによるTONOの新作『Aquario』も配信開始。ぜひ聴いてみてほしい。(岡本)

・アート・リンゼイ『Cuidado Madame』(16bit/44.1kHz)はOTOTOYから配信中
http://ototoy.jp/_/default/p/69507
・アート・リンゼイ プロデュースによるTONO『Aquario』配信中
http://ototoy.jp/_/default/p/72334

〈ARTO LINDSAY Japan Tour 2017〉
2017年6月23日(金)WWW X
OPEN 18:30/ START 19:30
TICKET オールスタンディング¥8,000(税込/別途1ドリンク)
※未就学児入場不可
一般プレイガイド発売日:4/8(土)
<問>クリエイティブマン 03-3499-6669

京都 6月24日(土)京都メトロ
OPEN 17:00/ START 18:00
TICKET オールスタンディング¥8,000(税込/別途1ドリンク)
※未就学児入場不可
一般プレイガイド発売日:4/8(土)
<問>京都メトロ 075-752-2787

大阪 6月26日(月) 梅田シャングリラ
OPEN 18:30/ START 19:30
TICKET オールスタンディング¥8,000(税込/別途1ドリンク)
※未就学児入場不可
一般プレイガイド発売日:4/8(土)
<問>キョードーインフォメーション 0570-200-888

企画・制作・招聘:クリエイティブマン https://www .creativeman.co.jp/
協力:P-VINE RECORDS


]]>
<![CDATA[SuiseiNoboAz 4thアルバム『liquid rainbow』を携えレコ発ツアー開催]]> urn:uuid:4b294f8c-641a-2454-a0cf-a99a924c9919 2017-03-22T18:00:00+09:00

3年9ヵ月ぶりとなる4枚目のアルバム『liquid rainbow』を本日リリースしたSuiseiNoboAz

レコ発ツアーとして既に発表されている5月までのスケジュールに加え、6月7月のライヴ・スケジュールが発表となった。

共演にはMOROHAWienners、avengers in sci-fi、GEZAN呂布カルマなど、唯一無二のアーティストが名を連ねている。SuiseiNoboAz 4thアルバム『liquid rainbow』はOTOTOYから配信開始。今すぐ下記URLから聴いてみよう。(岡本)

・SuiseiNoboAz 4thアルバム『liquid rainbow』OTOTOY配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/16115

〈SuiseiNoboAz”liquid rainbow”release tour〉
2017年3月26日(日) 京都・京都nano
w/my letter / スーパーノア
2017年5月5日(金祝) 東京・下北沢SHELTER
w/Andare / Rega
2017年5月14日(日) 茨城・水戸SONIC
w/MOROHA
2017年5月21日(日) 福岡・福岡UTERO
w/マクマナマン / よあけ / 他
2017年6月2日(金)埼玉・北浦和KYARA
w/Wienners / avengers in sci-fi
DJ:松本誠治(We Come One)
2017年7月9日(日) 神奈川・横浜B.B.STREET
tba...
2017年7月14日(金) 愛知・名古屋CLUB ROCK'N'ROLL
w/GEZAN / 呂布カルマ
2017年7月15日(土) 大阪・十三FANDANGO
tba...
and more!!!


]]>
<![CDATA[ベイビーレイズJAPAN、新曲「バキバキ」初披露 & 新衣装初公開]]> urn:uuid:41d81f3a-1a51-4785-e989-52d9d9e1c4e6 2017-03-22T15:30:00+09:00

5人組アイドル・グループのベイビーレイズJAPANが、3月18日(土)に東京ドームシティ ラクーアガーデンステージでのフリーライヴにて、5月10日に発売する13thシングル「バキバキ」を初披露した。

野外ワンマン3連戦開幕直前スペシャルライブとして行われたフリーライヴ。メンバーは、新曲披露に併せて新衣装をまとって登場。新たなベイビーレイズJAPANを一目見ようと約2000人のファンがラクーアに集まった。「暦の上ではディセンバー」、「Ride On IDOROCK」、そしてタイトル通りの激しいロック・サウンドと印象的なサビが特徴の新曲「バキバキ」が演奏され、会場は瞬く間にヒートアップ。ラストに「虎虎タイガー!!」、「シンデレラじゃいられない」とアッパーなロック・チューンを歌い上げ、終始オーディエンスを盛り上げた。

新衣装をデザインしたのは、数々の人気アーティストのCDジャケットを手掛け注目を集めているイラストレーター秋赤音(あきあかね)。ベイビーレイズJAPANが指針として掲げる「エモーショナル・アイドロック」のイメージがハードかつカラフルでかわいい衣装に落とし込まれている。

4月2日からレギュラー番組「浅草ベビ9」(テレビ東京)がスタートするほか、4月9日から日比谷野外音楽堂を皮切りに野外ワンマンライブ3連戦を敢行するベイビーレイズJAPAN。まだまだ勢いは止まらない。(椿)

■ベイビーレイズJAPANの楽曲はOTOTOYで配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/115651

■ベイビーレイズJAPAN オフィシャルファンクラブ「吾輩は虎である」
http://babyraids.lespros.co.jp/

■定情報
『ベイビーレイズJAPAN 野外ワンマン3連戦 "晴れも!雨も!大好き!!" 日比谷でクレイジーピクニック』
2017年4月9日(日)
会場 : 日比谷野外音楽堂
時間 : OPEN / START : 16:00 / 17:00
出演 : ベイビーレイズJAPAN
料金 : 3,900円
http://www.lespros.co.jp/special/babyraids/yaon/2017/

         
]]>

<![CDATA["エイガサントラー・アイドル"電影と少年CQ、初MV「列車の到着」公開]]> urn:uuid:5f03c623-9454-8d3a-8d5e-e8bac3c8f6c5 2017-03-21T22:00:00+09:00

「電影と少年CQ」が、初のMV「列車の到着」をYouTubeに公開した。

電影と少年CQは、元時効国家のルアンと「ミスiD 2017」ファイナリストのユッキュンによるアイドル・ユニット。

活動休止中のアイドル・グループ「少女閣下のインターナショナル」の運営・長田左右吉らが中心となって立ち上げ、史上初の「エイガサントラー」として歴代の映画のサウンドトラックをオリジナル曲で表現している。長田が生みだす独特な世界観と2人の個性が交錯する芝居仕立てのライヴは必見。

「列車の到着」は、フランス映画「ラ・シオタ駅への列車の到着」(1895年)をモチーフとした楽曲。作・編曲を灘藍、作詞を長田が担当した。ライヴ会場では同曲の「パイロット盤」を販売中。

ユニットは今夏、初の流通盤シングルを発売予定。4月と6月には主催イベントの開催を予定している。(純三)

電影と少年CQ#01『列車の到着』MV

https://youtu.be/IaSFq6nbR5A

・電影と少年CQ オフィシャルTwitter
https://twitter.com/cinemaboycq
・長田左右吉 オフィシャルnote (ライヴ予定なども掲載)
https://note.mu/skcosd

〈ライヴ・スケジュール〉
【CQ#22 a Missing Friday】
会場:新宿Motion
3/24(金)
開場10:00/開演10:30
「遅れてゴメンネ!vol.37」
前売2000/当日2400(+1d)
出演:Summer Rocket/O'CHAWANZ/SAKA-SAMA/xoxo(Kiss&Hug)EXTREME/みんなのこどもちゃん/スーパー転校生/バーバ∴ヤーガ/すこやか健康クラブ/SE$IMON DIAZ/電影と少年CQ

【CQ#26 ハロー、ブエノスアイレス】
会場:新宿ロフト(BAR ROUNGE)
3/28(火)
「ごはんができたよ」
op18:00 /st18:30
adv1500- /door2000-(+1D)
出演:三宅遥/イシタミ(ariel makes gloomy)/岬たん/電影と少年CQほか

【CQ#24 Triffid】
会場:小岩BUSHBASH **
4/9(日曜)
「謡(うたげ)」
出演:工藤ちゃん/おかありな/エレファントノイズカシマシ/神の国へようこそ‼︎/川嶋志乃舞/武井麻里子/CAMISAMA/大島健夫/角森隆浩/電少

【CQ#23 時間旅行の文学】
会場:今池リフレクトスタジオ **
「春のカスガイ祭AID7 〜ガーリニアVSプランタン」
5/7(日)
開場12:00〜
前売¥3000/登場¥3500(ドリンクなし、持ち込み可)
出演者:ガーリニア(復活ライブ)/プランタン(限定復活)/ひよっこアイドルびす子/3776/963/SAKA-SAMA/PSS/鏡星/飛騨せりな/O’CHAWANZ/SE$IMON DIAZ/電影と少年CQ
]]>

<![CDATA[パクスプエラ、結成1周年記念ライヴ〈パクス”1周年”プエラ〉開催]]> urn:uuid:4e011a79-f2de-5f88-eadb-080ea90c7f14 2017-03-21T21:30:00+09:00

仙台発アイドル・ユニット、pax puella(パクスプエラ)が結成1周年を記念したライヴ・イベント〈パクス”1周年”プエラ〉を東京ヤマハ銀座スタジオと仙台Rensaの2会場で開催した。

パクスプエラは2016年5月にメジャー1stシングル『1! 2! 3!』でデビューを果たし、これまでに2ndシングル『リンクを駆けろ!』や3rd Single『冬のヒミツ』をリリースしている。

東京公演は2公演37曲、仙台公演では2公演39曲というボリュームあるライヴを披露。セットリストにはデビュー曲「1! 2! 3!」をはじめ、オリジナル曲「青・蒼・蒼」、「冬のヒミツ」、「Speed of love」、「DDDD」のほか、東京女子流「おんなじキモチ」やDorothy Little Happy「デモサヨナラ」などカバー曲も選曲された。

リーダーであるYURIKAは「これからも5人の夢を追いかけたい。(ファンの皆さん、)CDリリースを楽しみにしてください。」と今後の飛躍を誓った。

仙台ではこれから毎月、単独の定期公演が開催されるという新情報も発表したパクスプエラ。これからの活躍が期待される。(椿)

■パクスプエラの楽曲はOTOTOYで配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/160941

■パクスプエラ HP
http://paxpuella.com

■定期公演情報
pax puella 定期公演「パクス“定期”プエラ」
・4月2日(日) 仙台MACANA
・5月21日(日) 仙台space zero
・6月25日(日) 仙台 space zero


]]>

<![CDATA[THE 夏の魔物、初の東名阪ツアー完走!未公開ライヴ写真公開 7/12にWWWワンマンも大決定―OTOTOYライヴレポ]]> urn:uuid:0480cf94-d9b1-3ea4-7b00-8649eec3b367 2017-03-21T21:00:00+09:00

THE 夏の魔物がワンマン・ライヴ〈THE 夏の魔物TOUR FINAL 6 人体制 初ワンマン シン・マモノ BAND GIG〉を3月18日(土)新宿 MARZで行い、バンド、観客一体となる盛り上がりでツアー・ファイナルを締めくくった。

この日が初お目見えとなるTHE 夏の魔物公式ペンライトがフロアを埋め尽くす中、SEにザ・ハイロウズ「Too Late To Die」が流れ、シン・マモノ BANDがステージに登場。メンバーはギターに町田昌弘(100s)、ベースに大塚Kenny謙一郎(曽我部恵一BAND)、ドラムは佐藤栄太郎(indigo la End)、そしてキーボードにハジメタルという4人編成だ。おもむろにハジメタルがピアノで静かに哀愁漂う旋律を弾きだすと、ゆっくりと成田大致がセンターに歩を進め、静かに歌い出したのは「爆裂レボリューション」。“こんばんはTHE 夏の魔物です!”との第一声から、一斉に激しいバンド・サウンドが奏でられライヴがスタートした。

衣装はこの日初披露となる「戦闘スタイル」で、成田、大内雷電、アントーニオ本多の男性トリオは揃いのライダーズに右腕がイメージ・カラーとなったもの、泉茉里、鏡るびい、麻宮みずほは揃いのセーラー服姿にそれぞれのカラーのリボンを纏っている。全体的に黒を基調とした引き締まったイメージが、メンバーの気合を物語っている。センターに女性陣が勢ぞろいすると、成田がメンバーの名を叫び、オープニングにして会場の沸点は頂点に達したかのような盛り上がりぶり。佐藤とケニーのリズム隊が叩き出す太いビートが中心にどっしりと据えられたサウンドが圧倒的な音圧で観客に迫り、それを押し返すように魔物チルドレンがペンライトを振りつつ声援を上げている。他のライヴではなかなか見ることのできない光景だ。

「リングの魔物」では成田単独のボーカルの見せ場にハジメタルがゴシック調の音色を重ねて緊張感を演出。バンドの生音で聴く「リングの魔物」は完全にTHE 夏の魔物の曲として新しい生命を吹き込まれているようだ。バンドの強烈なビートに押し出されるように6人はモニターに足をかけて観客を煽る。艶やかさ華やかさをかなぐり捨てたかのようなパフォーマンスは破壊的ですらある。まるで60年代のビート・グループが何組も同時に演奏しているかのような印象を受けた。とくに「バイバイトレイン」「SUNSET HEART ATTACK」と続く流れは迫力満点。バンドのパワフルな音にも負けない声で歌い上げる2トップ、成田と泉茉里のボーカルも力強さを増している。

“今日来てくれた魔物チルドレンのみなさん、愛してます。”

マイクを取った成田がMCでそう叫ぶと、「over the hill」ではみずほの歌声が響き渡り、会場中がシンガロング。るびいがドラムの佐藤に合図を送って曲を締めると、すかさず「僕と君のロックンロール」へと突入、THE 夏の魔物結成後に生まれたアンセムが続く。ギターの町田が間奏で前に出てギター・ソロを弾くと、パワー・コードに合わせて茉里が熱いソロ歌唱を聴かせた。茉里は「東京妄想フォーエバーヤング」でも高音パートを見事に歌い上げるなど、バンドを引っ張る頼もしい歌声を披露した。ラップパートをみずほが担当しているところも聴きどころだ。

これまで以上にパワーポップ色を強くしている感のある「恋の天国はケモマモハート」は、生音のロックと華やかなダンスが融合したパフォーマンスで、打ち込み期と生バンド結成をつなぐグラデーションのような役割を果たしている曲といえる。続いて歌われたのは、ワンダフルボーイズのセルフ・カバーも話題の「ダーリン no cry!!!」。まっすぐ前を見据えて包み込むような旋律を熱唱した成田は、歌い終わると満足げに客席に向かって微笑んでいた。本編ラストは「どきめきライブ・ラリ」。明るくストレートなようでいて奇抜な展開を見せるアレンジを淀みない演奏で聴かせる百戦錬磨のプレイヤーたち、成田と茉里のツインボーカル、ガールズ3人によるハーモニー、大内&アントンの掛け合いからのハグと、見せ場の多い曲の中でも圧巻だったのが茉里のセンターに立ってのソロ・パート。エモーショナル爆発のシャウトでエースの存在感を存分に見せつけた。

観客たちの「魔物!ボンバイエ!」コールに応えて流れ出したovertureに乗せてメンバーがステージにあがると、みずほが曲名をコールして「サマーロマンサー」でアンコールへ。茉里、るびい、みずほがセンターで肩を組んで新生・魔物ガールズをアピールしてみせた。ここで告知があり、6月から7月にかけて再び東名阪ワンマン・ツアーを開催、ツアー・ファイナルの東京公演は初の渋谷WWWワンマン・ライヴとなることが発表された。最後は再び「僕と君のロックンロール」で会場一体となる大合唱となった。

「東名阪ツアー、ありがとうございました! 1つひとつ、前に進みます。今日が本当の始まりです!」

成田がそう叫ぶと、「3,2,1,魔物、ファイヤー!」でツアー・ファイナルは大団円となった。2017年に入り怒涛の展開を見せてきたTHE 夏の魔物。次回ライヴは4月10日(月)新代田FEVERにて行われる新たなイベント・シリーズ〈対バンの魔物〉。BiSを迎えての、バンド編成でのツーマン・ライヴとなる。6人編成となり新たなスタートを切った彼らの活動に期待しよう。(岡本)

ライヴ写真:岸田哲平、本田裕二

【THE 夏の魔物】2017.03.18 THE 夏の魔物登場!!!TOUR FINAL 6人体制初ワンマンGIG


https://www.youtube.com/watch?v=ObHKYotkSj4

〈THE 夏の魔物TOUR FINAL 6 人体制 初ワンマン シン・マモノ BAND GIG〉
3月18日(土)新宿 MARZ
出演:THE 夏の魔物
〈セットリスト〉
1. 爆裂レボリューション
2. リングの魔物
3. バイバイトレイン
4. SUNSET HEART ATTACK
5. over the hill
6. 僕と君のロックンロール
7. 東京妄想フォーエバーヤング
8. 恋の天国はケモマモハート
9. ダーリン no cry!!!
10. どきめきライブ・ラリ
EN1. サマーロマンサー
EN2. 僕と君のロックンロール

●ライヴ情報

〈THE 夏の魔物 presents “MAMONO HOUSE 2”〉
2017年4月4日(火)阿佐ヶ谷ロフトA
開場/開演18:30/19:30
出演:THE 夏の魔物
チケット:e+にて発売中

〈対バンの魔物〉
2017年4月10日(月)新代田FEVER
開場/開演19:00/19:30
出演:THE 夏の魔物 / BiS
※バンド編成でのツーマンライブ
Gt. 越川和磨 / Ba. えらめぐみ / Dr. 中畑大樹(syrup16g) / Key. ハジメタル
チケット:各プレイガイドにて販売中

〈対バンの魔物〉
2017年5月18日(木)新代田FEVER
開場/開演19:00/19:30
出演:THE 夏の魔物、後日発表
※バンド編成でのツーマンライブ
Gt. 越川和磨 / Ba. えらめぐみ / Dr. 中畑大樹(syrup16g) / Key. ハジメタル
チケット:後日発表

〈対バンの魔物〉
2017年6月12日(月)新代田FEVER
開場/開演19:00/19:30
出演:THE 夏の魔物、後日発表
※バンド編成でのツーマンライブ
Gt. 越川和磨 / Ba. えらめぐみ / Dr. 中畑大樹(syrup16g) / Key. ハジメタル
チケット:後日発表

〈シン・マモノボンバイエ TOUR〉
2017年6月23日(金)名古屋 CLUB UPSET
開場/開演19:00/19:30
出演:THE 夏の魔物
チケット:後日発表

〈シン・マモノボンバイエ TOUR〉
2017年6月29日(木)大阪 東心斎橋CONPASS
開場/開演19:00/19:30
出演:THE 夏の魔物
チケット:後日発表

〈シン・マモノボンバイエ TOUR FINAL〉
2017年7月12日(水)渋谷WWW
開場/開演18:30/19:30
出演:THE 夏の魔物
※バンド編成でのワンマンライブ
Gt. 越川和磨 / Ba. えらめぐみ / Dr. 中畑大樹(syrup16g) / Key. ハジメタル
チケット:後日発表

・THE 夏の魔物オフィシャル・ウェブサイト
http://thenatsunomamono.com/


]]>
<![CDATA[BiS、BiSH、GANG PARADEーーWACK合同オーディション完全生中継決定]]> urn:uuid:c15a28b1-d89d-c74e-562c-1e023284a66a 2017-03-21T20:00:00+09:00

BiSBiSHGANG PARADEの合同オーディション最終審査が5泊6日にわたって行わる。その様子がニコニコ生放送にて完全生中継されることが発表された。



合宿オーディションには、オーディション参加者に加え、
BiSから、プー・ルイ、アヤ・エイトプリンスが、
BiSHから、アイナ・ジ・エンド、ハシヤスメ・アツコが、
GANG PARADEから、ユメノユア、テラシマユウカが
審査員として参加する。



また、合宿最終日の4月2日(日)、横浜赤レンガ倉庫イベント広場にて行われる合格発表と、BiS、BiSH、GANG PARADEのフリー・ライヴ〈WACK EXHiBiTiON〉の詳細も発表された。


BiS、BiSH、GANG PARADE、それぞれのグループにどのようなメンバーが加入するのか、ぜひリアルタイムでチェックしてみてはいかがだろう。(西澤裕郎)



■WACK合宿オーディション ニコニコ生放送 URL
http://live.nicovideo.jp/watch/lv293167805

■WACK EXHiBiTiON 詳細
〈WACK EXHiBiTiON〉
2017年4月2日(日)横浜赤レンガ倉庫 イベント広場
料金 : 観覧フリー
時間 :
13時 開場

14時 開演

16時 終演予定

16時より BiS、BiSH、GANG PARADE特典会開始



10時よりイベント開場入り口付近にて番号ランダムにて整理券を配布

12時30分より番号順に整列。

13時より入場開始となります。



○注意事項 
・ダイヴ・リフト・サーフ行為は禁止となります。発見された場合、即公演中止となります。
・イベント中は動画撮影 / 録音は一切禁止となります。
・会場周辺での徹夜等の行為は固くお断りしております。
・会場での泥酔行為は禁止、即退場となります。
・イベント当日は係員の指示に必ず従ってください。係員の指示に従っていただけない場合、イベントへのご参加をお断りすることがございます。
・都合によりイベントの内容変更や中止がある場合がございます。予めご了承ください。
・イベント中はスタッフがお客様の肩や腕などに触れて誘導する場合がございます。この事をご了承いただけるお客様のみイベントへご参加ください。
・イベント会場内外で発生した事故・盗難等には主催者・会場・出演者は一切責任を負いません。貴重品は各自で管理をお願いいたします。
・安全面・防犯面・警備強化の為、特典会にご参加の際は手荷物置き場を設置させて頂く場合がございます。手荷物は所定の場所に預けて頂きご参加頂きます様お願いします。
・イベント会場のスペースの関係上、大きいお荷物は事前にコインロッカー等にお預けくださいますようお願いいたします。
・脚立や台を使用しての観覧はご遠慮下さい。
・整理券を紛失、盗難、破損された場合、再発行は致しませんのでご注意ください。
・イベント会場にはロッカー、クロークはございませんのでお手荷物の管理は自己責任にてお願い致します。


・株式会社WACK official web site
http://www.wack.jp//


]]>
<![CDATA[シバノソウ、超重大発表&豪華特典ありの初ワンマン開催「17歳の本気を見て!」]]> urn:uuid:677bead7-2885-9439-e804-fcdfe951f718 2017-03-21T20:00:00+09:00

アイドルオタクとしても精力的に活動する現役女子高生のシンガー・ソングライター、シバノソウが3月30日に東京・渋谷Milkywayで、自身初のワンマン・ライヴ〈非日常に連れてってあげるよ〉を開催する。

このワンマンは、同日発売される音源『ポップ、ロック、セブンティーン。』のレコ発ライヴでもある。

シバノソウはこの日、弾き語りスタイルのほか、バンド編成でも演奏。「超超超超超重大発表」と、現在17歳で高校2年生の彼女がこの春に無事進級できるかの報告も行われる。またワンマンを記念して作られるTシャツのデザインは、小鳥こたお(あヴぁんだんど)が担当した。

チケットはTwitterや公式サイトで予約を受け付けているほか、手売りやイープラスで販売中。前売券での入場者には、『ポップ、ロック、セブンティーン。』の弾き語り版のデモCD-R、直筆お手紙、ぼく脳(NATURE DANGER GANG)のイラスト入りの缶バッジがプレゼントされる。

シバノソウはライブに向け「全ての人に楽しんでもらえるようなワンマンライブにします!」「後悔させません!17歳の本気と全てを、見てほしいです」と切実にコメント。現在、ワンマンの損益分岐点まであとチケット約60枚の売り上げが必要とのことなので、彼女を応援したい方は無心でチケットを購入しよう。がんばれシバノソウ! (純三)

■シバノソウ コメント
青春ができなかった人、青春ができてた人、アイドル好き、シンガーソングライター好き、バンド好き、女子クリエイター好き、音楽好き、サブカル、メジャー、学生、おじさん、お兄さん、お母さん、おばあちゃん、お姉さん、同級生、全ての人に楽しんでもらえるようなワンマンライブにします!予約特典盛りだくさんだし、重大発表はびっくりするやつだし、進級は…… ぜひ来てください!後悔させません! 17歳の本気と全てを、見てほしいです。

〈非日常に連れてってあげるよ〉
2017年3月30日(木)渋谷Milkyway
売り 2500円+1D 当日 3000円+1D
会場18時 開演19時
予約は手売り、イープラス、Twitterのリプライ、ホームページのコンタクト、など全方位対応しています!

・シバノソウ オフィシャルツイッター
https://twitter.com/soshibano
・シバノソウ オフィシャルサイト
http://shibanoso.wix.com/shibanoso
]]>

<![CDATA[【結成25周年】THE COLTS 11年ぶり新作アルバム『BASTARD!』発売]]> urn:uuid:ac459b65-ccd9-ba9b-d8c2-aa701335758e 2017-03-21T19:00:00+09:00

囚人服に身を包み、唯一無二のごった煮ロックンロールを体現し続けるイカれたバンド、THE COLTS。

KOZZY IWAKAWA(岩川浩二)(KOZZY MACKとしてのザ・マックショウやソロでも並行活動)を中心に1991年結成され25周年を迎えた彼らが、じつに11年ぶりとなる新作アルバム『BASTARD!』を発売する。

ROOTS・ROCK・SKA・SWING・DIXIE・JUG…あらゆる音楽ジャンルすべてをブチ込んでクソッタレな世界に放つ『BASTARD!』は、誰にも真似できないコルツ・ワールド・ミュージックの真髄が詰まった全14曲を収録。アコースティック・ギターを中心としたサウンドで奏でられる愉快痛快な楽曲たちが次々飛び出してくる、無国籍ロードムービーを見ているかのようなアルバムだ。

12曲目には、THE COLTSの名付け親でもある森山達也率いるTHE MODSの名曲「ブルースに溢れて」のカバーを収録。さらに今は無きあのスカーフェイス・レーベルからのサバイバー、THE MODSとTHE COLTSがガッチリと手を組んだスプリットCD『SCAR-FACE A GO-GO』もリリース。THE MODS x THE COLTS カップリング・ツアーのライヴ会場&通販限定で発売されている。3月30日(木)には東京・赤坂 BLITZでライヴが行われるのでお見逃しなく。(岡本)

・オフィシャル・ウェブサイト
http://bad-rec.com

●作品情報

THE COLTS
『BASTARD!』
品番:SPACE-002 価格:¥3、000(税抜)
発売日:2017/3/22
発売元:株式会社スペースエイジ レーベル : B.A.D RECORDS UNITED
〈収録楽曲〉
1. Pistolero
2. Mr. Bastard!
3. Boys From The County Jail
4. Diablo
5. Old Maid
6. No Way Out
7. King Of Comedy
8. Loteria
9. トリックスターのテーマ
10. Wrong Way
11.パーティやろうぜ
12. ブルースに溢れて
13. Beautiful Days
14. Bye Bye Blackbird

★『SCARFACE A GO GO』
品番:RHR-12
価格:1,500円(tax in)
発売元、販売元:ROCKAHOLIC Inc.
〈収録曲〉
01. SCARFACE A GO GO / THE MODS feat. KOZZY IWAKAWA 作詞・作曲:森山達也
02. HEY! DILLINGER / THE COLTS 作詞・作曲:THE COLTS   
03. 裏切りにkissを / THE MODS 作詞:森山達也 作曲:苣木寛之
04. CRACKER / THE COLTS feat. HIROYUKI CHISAKI 作詞:森山達也 作曲:森山達也
05. BLACK DICE / THE MODS×THE COLTS 作詞:森山達也 作曲:THE MODS

●ライヴ情報
〈THE COLTS Tour 2017 「BASTARD!」結成25周年追加公演ツアー〉

★2017年 3月21日(火)唐津ROCK BAR THE ROOTS “THE COLTS JAIL HOUSE PARTY”
DJ : YAMA-CHANG / JOHNNY 他 THE COLTSミニライブ&DJパーティ
19:00 /20:00 ¥4,500 ¥5,000 (D別)問)ジュリア原 090-4344-2016 脇山住建 090-8764-1969
会場 : 佐賀県唐津市本町1943 古藤ビル1階
THE COLTS BASTARD!! IN HIROSHIMA

★2017年 3月23日(木)広島CLUB QUATTRO
18:30 /19:00 ¥4,000 ¥4,500 (D別)出演 : THE COLTS / SODA POPS
問)CLUB QUATTRO 082-542-2280 チケット取扱店 QUADROPHENIA 0829-30-3007
チケットぴあ P-コード 320-224 ローソンチケット L-コード 61317 イープラス http://eplus.jp
THE COLTS BASTARD!! IN SAPPORO
★2017年 4月2日(日)札幌PIGSTY 18:00 /18:30 ¥4,000 ¥4,500 (D別)
問)PIGSTY 011-868-8658 RANSKY 011-688-5161 ローソンチケット L-コード 12018

〈THE MODS × THE COLTS カップリングツアー “LITTLE SCARFACE FESTA 2017”〉
★2017年3月22日(水)福岡 DRUM LOGOS
18:00/19:00 ¥6,900 問)BEA 092-712-4221
出演:THE MODS / THE COLTS
チケットぴあP-コード 318-345 ローソンチケットL-コード 82370 

★2017年3月24日(金)名古屋 BOTTOM LINE
18:00/19:00 ¥6,900 問)クロスロードミュージック 052-732-1822
出演:THE MODS / THE COLTS
チケットぴあP-コード 318-913 ローソンチケットL-コード 42761

★2017年3月30日(木)東京 赤坂 BLITZ
18:00/19:00 ¥6,900 問)DISK GARAGE 050-5533-0888
出演:THE MODS / THE COLTS
チケットぴあP-コード 319-203 ローソンチケットL-コード 73602
チケット販売協力店 : 原宿カウンターアクション 03-3423-8227

THE COLTS / NO WAY OUT (20th Anniversary ver.)


https://youtu.be/trBAeQxN9rI


]]>
<![CDATA[DAOKO 4/15リリースの配信sg「拝啓グッバイさようなら」スマホ向けタテ型MV公開]]> urn:uuid:0464420c-cd05-a432-27dd-f0f2800f3643 2017-03-21T19:00:00+09:00

4月15日にリリースする配信シングル「拝啓グッバイさようなら」が、4月からTVアニメ『神撃のバハムートVIRGIN SOUL』のエンディングテーマに決定したDAOKO

LINE LIVEでの“タテ型”ミュージックビデオの完成が発表された。

同時に新アーティスト写真、配信シングルのジャケットも公開。

今回の作品は、「LINE LIVE」にて始動した、スマートフォンで体験する映像クリエイティブの追求をする企画「Portrait Film Project」とコラボレーションしたもので、クリエイティブ・ディレクター川村元気氏×映像ディレクター関和亮監督によって手がけられた。

今回の映像はとあるフォトシューティングの1日を舞台に展開されていく。恋愛をテーマにしつつも、内面の葛藤を表現した妖艶な映像が完成した。プライベートから非日常へ、これまでにないDAOKOを感じられる映像が完成した。

映像は、LINE株式会社が運営するライブ配信サービス「LINE LIVE」にて、3月21日19時より公開される。

「拝啓グッバイさようなら」ミュージック・ビデオ

公開日時:3 月21 日(火)19:00
URL: https://live.line.me/channels/21/upcoming/1682109
クリエイティブ・ディレクター 川村元気
制作:監督 関和亮

DAOKO 配信リリース情報
「拝啓グッバイさようなら」
2017年4月15日配信リリース

・daoko オフィシャル・サイト
http://daoko.jp

・daokoの作品はOTOTOYでも配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/80010


]]>

<![CDATA[Limited Express (has gone?) 主催『LIVE JUNK』開催決定 PANICSMILEやDMBQら出演アーティスト発表]]> urn:uuid:46225bb0-ed14-04c3-843e-99e4d81ffdb4 2017-03-21T19:00:00+09:00

2017年5月5日(金・祝)〈TSUTAYA O-nest〉にて、Limited Express (has gone?)が音楽イベント『LIVE JUNK』を開催する。

出演ラインナップには、昨年秋にアルバムをリリースし2017年のワンマンライヴで強烈なスタートを切ったLimited Express (has gone?)、新たにベースに二宮(ex.eastern youth)が加入したPANICSMILE、サイケデリックでヘヴィーなサウンドでフロアを圧倒させるDMBQらが決定。さらに、転換アクトとして黄金未来を迎え、オルタナティヴな出演陣で〈O-nest〉を隙なくカオスに、そして”JUNK”に染め上げる。

チケットはイープラスにて前売り券(2,800円)を購入できるほか、Limited Express (has gone?)へのメールにて取り置きが可能となっている。

ゴールデンウィークという連休は、なんとなく過ごしてしまいどこかぬるく感じることもある。しかし、このオルタナティヴでパンクでハードコアな夜はきっとあなたをアツくさせるに違いない。(椿)

■Limited Express (has gone?)の作品はOTOTOYでハイレゾ配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/112

■Limited Express (has gone?) HP
http://www.limited-ex.com/infos.htm

■イベント情報
〈Limited Express (has gone?) presents『LIVE JUNK』〉
2017年5月5日(金・祝)
会場 : Shibuya O-nest
時間 : OPEN / START : 18:30 / 19:00
出演 : Limited Express (has gone?) / PANICSMILE / DMBQ / 黄倉未来
料金 : 前売 2,800円 / 当日 3,300円

■チケット
・eplus : http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002218984P0050001P006001P0030001

・Limited Express (has gone?)WEB予約 :
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002218984P0050001P006001P0030001


]]>

<![CDATA[THE GROOVERS藤井一彦 50歳記念イベントに佐野元春、仲井戸“CHABO”麗市、PANTA、SIONら超豪華ゲスト出演]]> urn:uuid:71b84eed-649e-cdec-075a-3c702f96cdd4 2017-03-21T18:00:00+09:00

日本屈指のスリーピース・ロックバンド、THE GROOVERSのギター・ボーカルであり、数々のロック系ビッグネームとのセッションでも知られるギタリスト、藤井一彦。

今年の6月18日(日)で50歳の誕生日を迎えるのを記念して、同日18時より東京・下北沢GARDENにてライヴイベント〈藤井一彦 生誕半世紀大感謝祭 KAZ’S HALF CENTURY BLUES SHOW〉が開催されることが発表された。

2015年にリリースした6年ぶりのオリジナル・アルバム『Groovism』(OTOTOYから配信中)が各方面から絶賛され、昨年は3ピースとなった初ライヴから25周年という節目を記念したワンマン・ライヴを大盛況に導いたTHE GROOVERS。加えて、藤井一彦は近年、ソロでの弾き語りライヴを日常的に行うなど非常に精力的な活動を見せている。生誕半世紀という記念すべき日に行われるこのイベントは、藤井一彦の華々しいキャリアの中で共にライヴやレコーディングを経験したアーティストの中から、錚々たるゲスト陣が参加。

石橋凌、伊東ミキオ、ウエノコウジ、うつみようこ、梅津和時、エマーソン北村、佐藤タイジ(シアターブルック)、佐野元春、SION 、白根賢一、土屋公平、仲井戸“CHABO”麗市、PANTA、細海魚(HEATWAVE)、武藤昭平(勝手にしやがれ)、山口洋(HEATWAVE)。ここにTHE GROOVERSの高橋BOB、藤井ヤスチカが加わるという、ロックフェスでも実現はなかなか難しいであろうロックミュージシャンたちが集う一夜をお見逃しなく。チケットは3月24日(金)12時よりイープラスによる抽選先行販売がスタート。一般販売は4月16日(日)10時からとなる。

THE GROOVERS『Groovism』はOTOTOYから配信中。また、特集ページで藤井一彦のインタビューも掲載されているのでぜひ読んでみてほしい。(岡本)

・特設サイト
http://www.breast.co.jp/kaz50th/
・OTOTOY THE GROOVERS特集ページ
http://ototoy.jp/feature/20150715001

〈藤井一彦 生誕半世紀大感謝祭 KAZ’S HALF CENTURY BLUES SHOW〉
2017年6月18日(日) 東京 下北沢GARDEN
OPEN 17:30 / START 18:00

出演:石橋凌、伊東ミキオ、ウエノコウジ、うつみようこ、梅津和時、エマーソン北村、THE GROOVERS(藤井一彦 / 高橋BOB / 藤井ヤスチカ)、佐藤タイジ(シアターブルック)、佐野元春、SION 、白根賢一、土屋公平、仲井戸“CHABO”麗市、PANTA、細海魚(HEATWAVE)、武藤昭平(勝手にしやがれ)、山口洋(HEATWAVE)

チケット:
前売 5,000円 / 当日券 5,500円(別途ドリンク代 600円 、整理番号有り)
※イープラス抽選先行
受付URL:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002219174P0030001
(準備中)
受付期間:3月24日(金) 12:00~3月31日(金) 18:00
チケット一般販売:4月16日(日) 10時~

主催:下北沢GARDEN
企画・制作:ブレスト音楽出版 / FAITH CREW 協力:SOGO TOKYO
お問合わせ:下北沢GARDEN 03-3410-3431 (13:00~21:00)


]]>
<![CDATA[山﨑彩音とグレートロングコンビ〈THE WORDS TOWN WEDNESDAY〉で共演]]> urn:uuid:d7dde52a-2bf1-332a-fead-a714a68535bc 2017-03-21T10:00:00+09:00

毎月第4水曜日に神田錦町テラススクエア2Fのフードコート テラステーブルにて開催しているシンガーソングライターのイベント〈THE WORDS TOWN WEDNESDAY〉。

4月は「BEAT GOES ON!RADIO DAY」をテーマに、イベント全体をひとつのラジオ番組のように演出する。

出演者は、開催当日の4月26日に1stミニ・アルバム『キキ』をリリースする18才のシンガーソングライター山﨑彩音と、同じく4月14日に1stミニ・アルバム『FIVE SOUL ROLL EP+1』をリリースするTHE BOHEMIANSより、ヴォーカリスト 平田ぱんだとギタリストのビートりょうによるユニット、グレートロングコンビ(from THE BOHEMIANS)。

山﨑彩音とTHE BOHEMIANSは過去に3回共演しているが、いずれも山﨑彩音はオープニングアクトとしての出演だったが、今回は正式にラインナップされた。そして、THE BOHEMIANSも、バンドセットではなく、フロントマンふたりによるユニットとして出演する。他にも3月26日に新宿紅布で解散するヘンリーヘンリーズのヴォーカル/ギターの村瀬 湊のソロプロジェクト ハイエナカー、大阪のギター女子 番匠谷紗衣、さらにはイベントのディスクジョッキーとして森内 淳(DONUT副編集長)&高橋ROCK ME BABYの出演が決まっている。

これだけのメンバーで行われるイベントで、入場無料(出入り自由)。気軽に訪れてみてほしい。(岡本)

・イベントオフィシャル・ウェブサイト
http://me-and-baby-music.com/artist/the-words-town-wednesday

〈THE WORDS TOWN WEDNESDAY#4~BEAT GOES ON!RADIO DAY~〉
2017年4月26日(水)
テラステーブル(神田錦町テラススクエア2F )
東京都千代田区神田錦町三丁目22番地
http://terrace-square.jp/access.html
18:00 open/start
【出演】
グレートロングコンビ(from THE BOHEMIANS) / 山﨑彩音 / ハイエナカー / 番匠谷紗衣
【ディスクジョッキー】
森内 淳(DONUT副編集長)& 高橋ROCK ME BABY
入場無料 (出入り自由)
※ 会場がフードコートの為、ワンオーダー以上のご飲食をお願いいたします。
【主催】
フォーライフミュージックエンタテイメント
【企画制作】
フォーライフミュージックエンタテイメント&ハッピーヘッズミュージック


]]>
<![CDATA[高橋英明チームラボ10曲がOTOTOYからハイレゾ配信開始]]> urn:uuid:feac1de1-96a4-573f-cb69-cefc4c3485d9 2017-03-20T12:33:00+09:00

音楽家・高橋英明が音楽を担当し、シンガポール、パリ、台北、他、国内外各地のアート展で展示されたチームラボ作品の楽曲のOTOTOYハイレゾ配信がスタートした。

今回は、新たなマスタリングでのフル尺で10曲が配信されている。

チームラボとは、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、絵師、数学者、建築家、ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、編集者など、デジタル社会の様々な分野のスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。

アート、サイエンス、テクノロジー、クリエイティビティの境界を越えて、集団的創造をコンセプトに活動している。47万人が訪れた「チームラボ 踊る!アート展と、 学ぶ!未来の遊園地」などアート展を国内外で開催している他、「ミラノ万博2015」の日本館、ロンドン「Saatchi Gallery」、パリ「Maison & Objet」、5時間待ち以上となった「DMM.プラネッツ Art by teamLab」、シリコンバレー、台湾での個展、シンガポール、韓国での巨大な常設展、 PACE LONDON (ロンドン)にて個展「teamLab: Transcending Boundaries」等を行っている。

3月20日から徳島にて「チームラボ 徳島県文化の森」を開催、3月25日から横浜にて「人と木々とクリスタル花火」開催、3月26日から福井県永平寺町にて「鳥道, 永平寺」常設。 今後、 北京などで展覧会開催予定。

今回、各地のアート展で展示された作品の10曲が配信。配信楽曲は以下の通り。OTOTOYからはCD音質(16bit/44.1kHz)及びハイレゾ配信(PCM 48kHz/24bit)中。下記URLからまずは試聴してみてほしい。(岡本)

・高橋英明チームラボ作品10曲をOTOTOYから配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/165076

「百年海図巻 アニメーションのジオラマ/ 100 Years Sea Animation Diorama」

「世界はこんなにもやさしく、 うつくしい / What a Loving, and Beautiful World」

「秩序がなくともピースは成り立つ / Peace can be Realized Even without Order」

「花と人、 コントロールできないけれども、 共に生きる / Flowers and People, Cannot be Controlled but Live Together - Kunisaki Peninsula」

「追われるカラス、 追うカラスも追われるカラス、 そして衝突して咲いていく / Crows are Chased and the Chasing Crows are Destined to be Chased as well, Blossoming on Collision - Light in Space」

「Floating Flower Garden; 花と我と同根、 庭と我と一体 / Floating Flower Garden; Flowers and I are of the same root, the Garden and I are one」

「Universe of Water Particles on the Grand Palais」

「小舟とともに踊る鯉によって描かれる水面のドローイングと蓮の花 - Mifuneyama Rakuen Pond / Drawing on the water surface with Lotus Flowers, Created by the Dance of Koi and small boats - Mifuneyama Rakuen Pond」

「Black Waves」

「The Tale of the Heike waterscreen scrolls: Genpei Yashima battle - 瀬戸内海 / The Tale of the Heike waterscreen scrolls: Genpei Yashima battle - Seto Inland Sea」


]]>
<![CDATA[BiSH ZEPP TOKYO即日レポート!「幕張メッセを最高の一日にすることをプロミスします」]]> urn:uuid:6c994555-2d7a-5c05-5d02-c92dfa19f700 2017-03-20T01:06:00+09:00

BiSHが、2017年1月8日のZEPP NAGOYA公演を皮切りにスタートした全国ツアー「BiSH NEVERMiND TOUR」のファイナル公演をZEPP TOKYOで行った。チケットはソールドアウト。会場では開演前から2700人の清掃員(ファンの名称)の手拍子が止まず、期待と熱気が充満していた。

本ツアーの見所はなんと言ってもバンドを従えて演奏することだ。”鬼バンド”とともに、メジャー・ファースト・アルバム収録の「Am I FRENZY??」から「DEADMAN」「OTNK」とヘビーなサウンドを聴かせる。ツアー前半よりバンドとメンバーの絡みは格段に良くなっており、特にメンバーの動きはヘビーなバンド・サウンドに全く負けていなかった。

メンバー紹介のMCを挟み、「ウォント」「本当本気」「Hey gate」「ファーストキッチンライフ」「デパーチャーズ」「DA DANCE!!」「Primitive」「My distinction」「サラバかな」と一気に9曲を駆け抜ける。「本当本気」で鬼バンドの鬼のダウンピッキングに合わせてアイナ・ジ・エンドが自由に踊る姿、「ファーストキッチンライフ」でセントチヒロ・チッチが煽る姿、「サラバかな」のモモコグミカンパニーのダンスがとても印象的だった。「デパーチャーズ」では''運命なんて変えていける気がするんだ''と歌い、「Primitive」ではBiSの「primal.」にリスペクトを込めたという全員が後ろを向いて手を挙げるダンスを披露する。メンバー全員の堂々としたその姿は、彼女たちが確実に運命を変えていることを物語っていた。とりわけ昨夏に加入したアユニ・Dの立ち姿は圧巻だった。

MCでは、このツアーで何度繰り返しただろうハシヤスメ・アツコがアユニをいじりたおす寸劇で会場を沸かし、そのままの流れで代表曲でありミドルテンポの「スパーク」に入るのだから、なかなか思いきったことをする。そしてアコギから始まる「Stairway to me」。後半はメンバーが袖にはけ、Led Zeppelin炸裂の鬼バンドのソロタイムへ。ちなみに鬼バンドとは、BiSHのサウンドプロデューサーである松隈ケンタ(g)、清春や藍井エイルのバンド・メンバーとしてもお馴染みの楠瀬タクヤ(dr)、LUI FRONTiC 赤羽JAPANの小原just begun(b)。それぞれ実力は申し分ないだけに、清掃員もバンドメンバーもとにかく盛り上がる。もはや会場は大人のロックンロール・ショウと化した。このツアーの中でも特に長かった大人のロックンロール・ショウの後に、衣装替えを行ったメンバーが再登場し「ヒーローワナビー」を繰り広げた。

鬼バンドを紹介後、「MONSTERS」から一気にラスト・スパートをかける。''どんな とげとげの道も僕らは乗り越えていくんだし''と歌う「beautiful さ」では会場全員でとげとげダンスを、「ぴらぴろ」ではぴらぴろダンスを踊り、リンリンの絶叫とともに会場は最高潮の盛り上がりをみせた。本編ラストは「オーケストラ」。この1曲が今のBiSHの勢いを作ったと言っても過言ではなく、今まで演奏されたどの曲とも似て否なる名曲であることは、清掃員の大合唱が証明していた。

アンコールでは、メンバーと共にマネージャーの渡辺淳之介が登場し、「皆さんに大切なお知らせがあります...... 幕張メッセイベントホールでのワンマン公演を7月22日に開催します」と発表すると会場は大歓声、間髪入れずにチッチが「幕張メッセを最高の一日にすることをプロミスします」と言い、3月22日発売のニューシングル「プロミスザスター」を初披露した。本楽曲も「オーケストラ」に続く超名曲。特にサビのアイナからチッチへのボーカル・チェンジには鳥肌が止まらなかった。そして「ALL YOU NEED IS LOVE」では会場の全員が肩を組んで合唱し、最後は「BiSH-星が瞬く夜に-」を2回連続で披露。演奏中にモモコが楽しそうに言った「おまえらもっとかかってこいやー」、ハシヤスメの「私たちはBiSHです。BiSH最高」、アイナの「幕張メッセで絶対会おうな」、そしてリンリンの奇声までもが感動を誘った、素晴らしい、そして彼女たちの成長を見事に証明したワンマンライヴだった。

本公演は、10月に行われた日比谷野外音楽堂でのライブと比べるとダイブもないし、極端な煽りも少なかった。それでも感動の量は格段に増えた。なぜBiSHはこうも人を感動させるのだろうか? アイナのもの凄く特徴のある歌声は、チッチの歌声と繋がることで、重なることで、その良さが倍増する。リンリンやモモコ、アユニ、ハシヤスメもとにかく個性的だが、その個性を打ち消し合うことはなく、BiSHというグループの中で素晴らしく輝く。そんな化学反応が起こっている。またBiSHのメンバーは存在がとても身近だ。別にMCが上手いわけでもないし、御礼も「ありがとう」ばかりで気の利いたことも言えないし、協調性があるようにも見えないし、もちろん歌や踊りが強烈に上手いわけでもない。けれど彼女たちからは、ただただひたむきに前を信じて、努力している姿が見えてくる。そんな彼女たちが''運命なんて変えていける気がするんだ''、''どんな とげとげの道も僕らは乗り越えていく''、''みんなが僕を馬鹿にする、なめんな''などと歌えば、自分たちだって乗り越えられる気がするし、明日も頑張ろうと思える。そして彼女たちが大きなステージに立てば立つ程、その説得力は増し続けるのだ。

彼女たちはまた全国を一生懸命回る。そして7月22日に幕張メッセイベントホールのステージにたつ。彼女たちに感動のパワーを、明日を生きるパワーをもらいにいってみてはいかがだろうか。(飯田仁一郎)

〈BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS〉
2017年7月22日(土) 幕張メッセ 幕張イベントホール
時間 : 開場 17:00 開演 18:00

BiSH NEVERMiND TOUR FiNAL セットリスト
1. Am I FRENZY??
2. DEADMAN
3. OTNK
4. ウォント
5. 本当本気
6. Hey gate
7. ファーストキッチンライフ
8. デパーチャーズ
9. DA DANCE!!
10. Primitive
11. My distinction
12. サラバかな
13. スパーク
14. Stairway to me
15. ヒーローワナビー
16. MONSTERS
17. beautiful さ
18. ぴらぴろ
19. オーケストラ

ENCORE
1. プロミスザスター
2. ALL YOU NEED IS LOVE
3. BiSH- 星が瞬く夜に-
4. BiSH- 星が瞬く夜に-


]]>
<![CDATA[THE 夏の魔物 東名阪ワンマン「シン・マモノボンバイエ TOUR」決定]]> urn:uuid:e3636876-3226-3c56-0ea7-08950e93a980 2017-03-19T19:30:00+09:00

3月18日(土)東京・新宿MARZにて、THE 夏の魔物が主催ライブ「THE 夏の魔物登場!!!TOUR FINAL 6人体制初ワンマンGIG」を開催。

シン・マモノBANDと共に会場を熱気の渦で包んだ。

初の新宿MARZツーデイズワンマンの二日目となったこの日はバンド編成でのライブとなり、メンバーはギターに100sの町田昌弘、ベースに曽我部恵一BANDの大塚謙一郎、ドラムにindigo la Endの佐藤栄太郎、キーボードにハジメタルといった猛者たちが集結。一曲目の「爆裂レボリューション」のイントロがハジメタルのピアノによって鳴らされると、メンバー6人がステージに登場。その姿は本日初公開となる「戦闘スタイル」コスチューム。黒のライダースで、男子メンバーは右腕がメンバーカラーとなっており、女子メンバーは黒のセーラー服をベースにそれぞれのカラーのリボンが巻かれている。

そこからはTHE 夏の魔物の今の勢いを象徴するかのように「リングの魔物」「バイバイトレイン」「SUNSET HEART ATTACK」といったハイテンポの楽曲が次々と繰り出され、熱気は急激にヒートアップ。MCを挟み今回のシングル曲の「over the hill」、「僕と君のロックンロール」が演奏。メンバーの煽りに呼応するようにフロア一面の6色のペンライトがカラフルに振られ、「ペンライトをふれるロックンロールバンド」と言われるがゆえんの、激しくも多幸感に満ちたパフォーマンスが広がるのだった。ライブ終盤、バンドきっての壮大なバラード曲である「ダーリン no cry!!!」、大森靖子作曲の「どきめきライブ・ラリ」を畳み掛け、ライブ本編を締めくくった。

本編終了後は会場を包む「魔物!ボンバイエ!」のコールに応えメンバーが再度登場。アンコールでは「サマーロマンサー」、そして「僕と君のロックンロール」が再び演奏され大合唱を巻き起こした。

また、THE 夏の魔物の新たな動きとして、「シン・マモノボンバイエ TOUR」と題されたワンマンツアーが東名阪で開催されることが発表。6/23(金)に愛知・名古屋CLUB UPSET、6/29(木)に大阪・心斎橋CONPASSで行われ、ツアーファイナルのワンマンライブが渋谷WWWで7月12日に行われることが決定。ツアーファイナルはバンドスタイルでのライブとなり、ギターに越川和磨(ex.毛皮のマリーズ、THE STARBEMS)、ベースにえらめぐみ(theMADRAS、股下89)、ドラムに中畑大樹(syrup16g)、キーボードにハジメタル(ex.ミドリ)が、参加することも発表された。新作の制作も進んでいることが報告され、次の情報に期待したいところだ。

・THE 夏の魔物オフィシャル・ウェブサイト
http://thenatsunomamono.com/

●ライヴ情報
シン・マモノボンバイエ TOUR
6/23(金)名古屋CLUB UPSET

シン・マモノボンバイエ TOUR
6/29(木)大阪心斎橋CONPASS

シン・マモノボンバイエ TOUR FINAL
7/12(水)東京 shibuya WWW
※バンド編成での出演
Gt.越川和磨
Ba.えらめぐみ
Dr.中畑大樹(syrup16g)
Key.ハジメタル
]]>

<![CDATA[ロックンロールの代名詞 チャック・ベリー死去 ]]> urn:uuid:50742f62-bf54-b369-76bd-27775a3e2678 2017-03-19T16:10:00+09:00

ロックンロールの創始者の1人、チャック・ベリーが中西部ミズーリ州の自宅で死去した。90歳だった。

「ジョニー・B.グッド」「ロール・オーバー・ベートーヴェン」等のヒット曲で知られるチャック・ベリーは、1955年にチェス・レコード「メイベリーン」でデビュー。以降、ロックンロールの代名詞として世界中のミュージシャンに影響を与え続けた。

彼のことを知る上で観て欲しいのが、映像作品『チャック・ベリー ヘイル!ヘイル!ロックンロール』。1986年10月16日にセントルイスで開催された、チャックの60歳バースデイ・コンサートを中心としたドキュメンタリー&コンサート記録だ。

ローリング・ストーンズのキース・リチャーズがバンマスを務め、エリック・クラプトン、ロバート・クレイ、リンダ・ロンシュタットら錚々たるミュージシャンが登場する華々しいステージの模様だけでなく、インタヴュー、リハーサルの風景も収録された同作では、リハーサルでキースがフレーズについてチャックに駄目だしされる姿が印象的。天下のローリング・ストーンズのギタリストもチャックの前ではまだまだ若造扱いといった感じで、ロックンロールの創始者のプライドを感じさせると共に、伝承されていく音楽文化の姿を見ることができる名シーンだ。

チャックは1981年に初来日、その後もたびたび来日公演を行っており、2003年のツアーでは日本から奥田民生率いるO.P.KING、THE HIGH-LOWSがサポートを務めた。

今年、38年ぶりとなるニュー・アルバムを発表する予定だったというチャック・ベリー。ストーンズのメンバーをはじめ、世界中のミュージシャンから追悼の言葉が寄せられている。合掌。(岡本)


]]>
<![CDATA[「セックスを呼び起こすと、獣性がかきたてられる」― アルカが新たなMV「REVERIE」を公開]]> urn:uuid:a128f5aa-d7af-87fe-ebaa-f7056532de0e 2017-03-18T20:04:00+09:00

アルカが、新曲「Reverie」をMVと共に解禁した。

XL Recordingsとの契約。そして、4月7日にリリースされるセルフ・タイトル作の最新アルバム『Arca』を、『Pitchfork』が「我々の期待を完全に超えている」と賞賛するなど、注目を集めるアルカ。

そんなアルカが、このたび「Piel」「Anoche」に続く新曲「Reverie」を、MVと共に新たに解禁した。今回も映像を手がけたのは、長年にわたってアルカのコラボレーターを務め、“ポスト・クリス・カニンガム”とも評されるヴィジュアル・アーティスト、ジェシー・カンダ。

アルカはMVについて、下記のようにコメントしている。「闘牛は最高のメタファーだ。対峙している雄牛は自分自身かもしれない。誰だって被害者でも迫害者でもなく、その両方だ。獣性と残忍性は結びつく」「セックスを呼び起こすと、ぼくらの獣性がかきたてられる」「獣性がかきたてられた結果、高い精神性が呼び覚まされるんだ」。

早くからカニエ・ウェストビョークらがその才能を絶賛し、FKAツイッグスケレラディーン・ブラントといった新世代アーティストからも絶大な指示を集めるアルカ。セルフ・タイトルの新作『Arca』は、2014年の『Xen』、2015年の『Mutant』に続くサード・アルバムで、XL Recordingsからの初作品となる。国内盤CDにはボーナス・トラックが追加収録、さらに解説書が封入される。(田山雄士)

「Reverie」MV




https://youtu.be/0WKWZ9y-dvU

『Arca』

]]>
<![CDATA[いち早く新作が聴ける!? IO(KANDYTOWN / BCDMG)がアートワーク・エキシビション開催]]> urn:uuid:409f9728-9a5a-e41e-33cf-38b9bec53fb3 2017-03-18T19:10:00+09:00

ラッパー/ヴィジュアル・クリエイターのIO(イオ)が、4月19日にリリースするニュー・アルバム『Mood Blue』のリリースを記念して、アートワーク・エキシビションを開催することがわかった。

IOは総勢16名のヒップホップ・クルーKANDYTOWNのメンバーであり、JASHWON率いる日本語ラップ・シーン最高峰のクリエイター集団BCDMGにも名を連ねるラッパー/ヴィジュアル・クリエイター。

そんな彼のニュー・アルバム『Mood Blue』のリリースを記念して、同作のアートワーク用に描かれた上岡拓也による油絵作品の原画展示をメインとするアートワーク・エキシビションが、原宿に新たにオープンしたギャラリーSO1で行なわれる。開催期間は3月31日(金)~4月2日(日)。(※3月31日(金)18:00からのリスニング・パーティは招待客のみ)

今回のエキシビションの会場デザインはIOも所属するクリエイター・チームTAXi FLIMSが手がけ、KANDYTOWNによるオフィシャルZINE「EMARCY」を先行で限定販売する予定。そのTAXi FLIMS制作によるエキシビションのトレーラーも公開となった。

また、エキシビションの期間中、会場では『Mood Blue』がリリースに先駆けて聴ける可能性もあるとか。ぜひ、足を運んでみよう。(田山雄士)

3月31日(金)~4月2日(日)
Listening party:3月31日(金)18:00~21:00(※Invitation Only)
Artwork Exhibition:3月31日(金)12:00~18:00、4月1日(土)~4月2日(日)12:00~19:00
Venue:SO1
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目14-5
Listening Party DJ:Masato、Minnesotah、Weelow from KANDYTOWN

トレーラー映像




https://youtu.be/c81qsvaspkw


]]>
<![CDATA[! 小島みなみ・紗倉まなの音楽ユニット「乙女フラペチーノ」が改名!? 新ユニット名は「おとといフライデー」!]]> urn:uuid:df29da9d-d2b2-ea5c-55a9-40c2e0ba98b8 2017-03-17T23:43:00+09:00

独創的セクシーアイドル、小島みなみ、紗倉まなの音楽ユニット、筆者一押しの「乙女フラペチーノ」が記者会見を行うとのことでどきどきしながら会場に向かった。

発表されたことは、以下の4つ。

1、なんと「乙女フラペチーノ」を「おとといフライデー」に改名するとのこと。「金曜の夜」のトキメキや憧れ、また永遠に続くことのない儚さ、切なさを込めているとのことで、OTOTOYは関係ないようだ(笑)。「プレミアムフライデーは関係あるのか?」との記者の質問には「そう、そのドキドキした楽しい感じです!」とのこと。命名したのは、昨年8月にリリースされたシングル収録の「私ほとんどスカイフィッシュ」の作詞を手掛けたバンド「トリプルファイヤー」の吉田靖直。

2、そして改名後第一弾シングルとして今夏、TRASH-UP!! RECORDSより「もしやこいつはロマンチックのしっぽ」のリリースが決定。作詞/作曲は柴田聡子、プロデュース/マニピュレート/エンジニアリングは石田ショーキチとのことで、本日歌録りをしてきたと言うほやほやの音源は、柴田聡子と石田ショーキチという世代を超えたミュージシャンの音楽ファンにはたまらない邂逅を、そんなことなど全く知らない2人の歌声を乗せることで、音楽ファンだけにとどまらず、多くの人に届くJ-POPとして見事に成立させていた。なお本楽曲は、3月25日に出演が決定している「NEXT歌謡フェス 2017」(会場:新宿LOFT)での初披露も予定されているそうだ。

3、また、2017年1月よりTOKYOMX・BSフジ・AT-Xにて放送中のTVアニメ『AKIBA.FN"STRIP-THEANIMATION-』の最終話(TOKYOMX 3月29日放送)に、「おとといフライデー」の「みなみ」「まな」(本人役)として声優初挑戦が決定。役どころは、主人公の最大の敵〝謎の女”の側近として登場、どのような活躍をするのかは乞うご期待とのこと。小島みなみは「声が向いていると言われたことがあるので、ずっとやりたかったことでした。その独特の世界が新しくて楽しかった」。紗倉まなは「可愛い声を出したことがなかったので、めちゃくちゃ緊張したし、実はぜんぜん覚えてないんです」と笑いを誘った。

4、そして今後音源をリリースしていくにあたり、クラウドファンディングの実施を発表。支援の額によってはシングルにとどまらず東京以外でのイベント実施も検討されているとのこと。リターン内容は、「レコーディング見学プラン」「シークレットライブご招待プラン」といった貴重な体験型プランも盛り込んだ内容。なお「CDに名前がクレジットされるプラン」は0円のため、気軽に参加可能だ。すでにプラン内容は公開となっており、申し込みは3月21日20時開始予定。クラウドファンディングの発表時に、アルバムの制作も視野にいれている嬉しいトピックも伝えてくれた。

最後に小島みなみは「次なるステップを目指したい!」、紗倉まなは「温かい目で見守って欲しい」とそれぞれの思いを伝え会見は終了した。「おとといフライデー」としての新たなる旅立ち、そしてどんどん活発化する彼女たちの活動を決して見逃してはいけない。(飯田仁一郎)

*PROFILE*
おとといフライデー
小島みなみ  
生年月日 : 1992年12月14日
趣味・特技 : 散歩、テニス
「恵比寿★マスカッツ」 「SEXY-J」メンバー。テレビ東京 「ゴッドタン」「マスカットナイト」、映画「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2」、NOTTV「もう!バカリズムさんのドH」等に出演、各種バラエティにて活躍中。最近では、香港のTVCM出演や台湾での写真集発売等アジアでの活動も目立っている。
twitterアカウント : @kojima373

紗倉まな     
生年月日 : 1993年3月23日
趣味・特技 : コラム執筆、絵を描くこと  
「SEXY-J」メンバー。ドラマ「闇金ウシジマくん Season2」、映画「ゴッドタン THE MOVIE」「エターナルマリア」 「KARATE KILL」などに出演。エッセイ「高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職」(宝島社)および小説「最低。」「凹凸」(KADOKAWA)の出版等、執筆活動を積極的におこなっている。「最低。」は2017年秋に映画化が決定。
twitterアカウント : @sakuramanaTeee

・おとといフライデー レーベル公式サイト
http://www.otmfotmf.com/

・おとといフライデー twitterアカウント
@otome_f
]]>

<![CDATA[BiSプー・ルイ、ライザップ企画第2弾動画公開]]> urn:uuid:bc976d02-8526-cd56-e665-a10489469010 2017-03-17T22:00:00+09:00

BiSのプー・ルイがダイエットに挑戦する企画〈DiET or DiE〉の第2弾動画が公開された。

かねてからダイエットに失敗していたプー・ルイが、汚名を晴らすべくライザップに通い体重を落とす企画〈DiET or DiE〉。ライザップ代は事務所社長である渡辺淳之介のポケットマネーから支払われ、失敗した場合、プー・ルイは渡辺淳之介に即返金しなければならない。

今回の動画では、ライザップで筋肉トレーニングをはじめたプー・ルイの姿を見ることができる。今後も逐一動画にて報告されることになっており、ツアーやライヴ会場で抜きうちの体重測定も行われる。

果たしてプー・ルイはダイエットに成功できるのか? その動向を見守ろう。(西澤裕郎)

プー・ルイ DiET or DiE episode 2

https://youtu.be/W8kETM0c7QI

■ツアー詳細
〈BiS BAD SOCiAL TOUR〉
2017年5月30日(火)[東京]LIQUID ROOM 17:30/18:30
2017年6月4日(日)[沖縄]output 14:00/15:00
2017年6月11日(日)[静岡]SUNASH 15:00/16:00
2017年7月1日(土)[広島]BAck Beat 16:00/17:00
2017年7月15日(土)[札幌]BESSIE HALL 16:00/17:00
2017年7月16日(日)[仙台]CLUB JUNKBOX
2017年7月17日(月・祝)[石巻]BLUE RESISTANCE
2017年7月22日(土)[大阪]味園ユニバース
2017年7月23日(日)[高松]DIME
2017年7月27日(木)[名古屋]CLUB QUATTRO
2017年7月29日(土)[熊本]Be.9 V2
2017年7月30日(日) [福岡]DRUM Be-1

チケット料金 :
「CAPiTALチケット」10,000円(税込)
「通常チケット」3,000円(税込) / 当日 3,500円(税込)
※オールスタンディング
※入場整理番号付
※入場時にドリンク代別途必要
※未就学児童入場不可

■newシングル詳細
BiS「SOCiALiSM(仮)」
品番 : XQJZ-1059/60 CD+DVD
品番 : XQJZ-1061 
通常盤 1,080円 / DVD付き盤 4,320円

・BiSオフィシャルTwitte : @BiSidol

・BiS公式HP : http://www.brandnewidolsociety.tokyo/


]]>
<![CDATA[WiLL、1stシングル「サクラリフレイン」MV公開]]> urn:uuid:b8196257-dd5c-2417-9d81-9ce631a4899d 2017-03-17T21:00:00+09:00

WiLLが、3月28日に発売する初の全国流通音源『サクラリフレイン/Let It Out』より「サクラリフレイン」のMVを公開した。

まったく異なったタイプの2曲が収録されている両A面シングルであるが、「サクラリフレイン」は”初恋からの卒業”をテーマにしている。MVではメンバー個々にスポットを当てたソロ・ショットが淡いパステル調のカラーでまとめられており、新たな卒業ソングを予感させる仕上がりとなっている。

また、同楽曲がテレビ東京の音楽番組「音流 ~ONRYU~」の4月エンディング・テーマに決定。

4月には東名阪ワンマンツアーを控え、勢いに乗るWiLLから目が離せない。(西澤裕郎)

WiLL「サクラリフレイン」[OFFICIAL MUSIC VIDEO]


https://youtu.be/cBd_OTs71zM

■リリース情報
【初回盤A】
品番 : MDR-1029
価格 : 1,667円(税抜)+税
1. サクラリフレイン
2. Let It Out
3. サクラリフレイン -inst-
4. Let It Out -init-
DVD : 「サクラリフレイン」 MV

【初回盤B】
品番 : MDR-1030
価格 : 1,667円(税抜)+税
1. サクラリフレイン
2. Let It Out
3. サクラリフレイン -inst-
4. Let It Out -inst-
DVD :「 Let It Out」 MV

【通常盤】
品番 : MDR-1031
価格 : 926円(税抜)+税
1. サクラリフレイン
2. Let It Out
3. fallin'
4. fallin' -inst-

■スケジュール
『サクラリフレイン / Let It Out』発売記念インストアイベント
2017年3月4日(土)ヴィレッジヴァンガード高円寺店
2017年3月19日(日)タワーレコード八王子店
2017年3月25日(土)タワーレコード浦和店
2017年3月27日(月)タワーレコード新宿店
2017年3月28日(火)ポニーキャニオン本社1F
2017年3月29日(水)タワーレコード川崎店
2017年3月30日(木)タワーレコード渋谷店
2017年3月31日(金)タワーレコード川崎店
2017年4月1日(土)アキバ☆ソフマップ1号店
2017年4月1日(土)HMV BOOKS渋谷
2017年4月2日(日)タワーレコード錦糸町店

〈WiLL tour2017 「Let It ALL Out」〉
2017年4月15日(土)大阪 日本橋CLUB COCHLEA.
2017年4月16日(日)名古屋 大須Dt.BLD
2017年4月22日(土)東京 渋谷WWW X

・WiLL 特集ページ
http://ototoy.jp/feature/2016122808
]]>

<![CDATA[BiSH〈MONSTER biSH〉に地元バンドLONGMANが参戦決定]]> urn:uuid:e1e742e0-31d5-a19c-dbe3-9011922fc822 2017-03-17T20:00:00+09:00

BiSHがモンバスに出たすぎて高松festhalleにて開催する〈MONSTER biSH 2017〉。

その出演アーティストに四国、愛媛発の男女ツイン・ボーカル・メロディック・パンクバンド、LONGMANが決定した。

東京でのBiSHとのツーマンも即日完売しており、今回は地元バンドとして迎え撃つ形となる。

BiSHはこのイベントの盛り上がり次第で、中・四国最大級の野外ロックフェスティバル〈MONSTER baSH 2017〉に出演することができるのだろうか? 今後も目が離せない。チケット一般発売は3月25日(土)AM10:00からとなっている。(岡本)

・BiSHの作品はOTOTOYから発売中
http://ototoy.jp/_/default/a/114516

〈MONSTER biSH 2017 ~絶対出たいぞモンバス!!~〉
supported by MONSTER baSH
2017年4月29日(土)高松festhalle
16:30open/17:00start
出演
BiSH / LONGMAN and more!!!

チケット代
オールスタンディング ¥3,800(税込)
※MONSTER biSH特製ラバーバンド付き
※入場時にドリンク代別途必要
※モンバス割 当日、MONSTER baSH 2017の入場チケット持参で¥1000キャッシュバック

一般発売日
2017年3月25日(土)AM10:00~

お問合せ
デューク高松 087-822-2520 (平日10:00~18:00)
http://www.duke.co.jp/


]]>
<![CDATA[今年も開催〈第6回パンダ音楽祭〉MOROHA、曽我部、DJみそしる、奇妙ら出演 司会は藤岡みなみ]]> urn:uuid:6385db3c-b451-822a-bc1e-3256ca1c6329 2017-03-17T19:00:00+09:00

2012年のスタートから毎年5月に開催、大人気のフェスとなっている〈パンダ音楽祭〉。

今年も5月13日(土)に上野公園野外ステージで開催が決定、出演者が発表された。

「都会の音楽ピクニック」を掲げ、全席自由、途中入退場自由、飲食物持ち込み自由という、ゆるいスタイルは例年同様。今回の出演者は曽我部恵一、奇妙礼太郎らパンダ音楽祭の常連アーティストに加え、女性シンガー・ソングライター関取花が初参加。また、DJみそしるとMCごはんと第1回以来の参加となるMOROHAという異色の取り合わせにも注目。それぞれ過去の出演でも存在感を見せた松崎ナオ、Reiの再登場も楽しみだ。外で音楽を聴くにはまさに最高の季節。お弁当やおやつを持って、上野公園へ行ってみよう。

OTOTOYでは第2回から第5回までのレポートが掲載されているので、雰囲気を知りたい人はぜひ。(岡本)

・パンダ音楽祭オフィシャルサイト
http://www.pandaongakusai.com
・第5回パンダ音楽祭レポート(OTOTOY)
http://ototoy.jp/news/83706

〈第6回パンダ音楽祭〉
2017年5月13日(土)
会場:上野恩賜公園 野外ステージ
時間:13時開場 13時30分開演(19時終演予定)
出演:曽我部恵一/奇妙礼太郎/DJみそしるとMCごはん / 松崎ナオ/Rei/MOROHA/関取花
司会・藤岡みなみ
全席自由・途中入退場自由・飲食物持ち込み自由
チケット:前売券3000円 ちびっこ券(未就学児)1000円
チケットぴあ・イープラスで4月8日(土)発売開始
]]>

<![CDATA[DÉ DÉ MOUSE 全国ツアー詳細発表、主催イベント”not”も4年振り復活]]> urn:uuid:3f1367d4-723d-873d-e8fc-f684c275655a 2017-03-17T17:34:00+09:00

4月12日にニュー・アルバム『dream you up』をリリースするDÉ DÉ MOUSE

新作を携えて行われる全国ツアーの詳細が発表された。

全国12カ所+フランスの音楽フェス「マニフィックソサイエティ」に参戦を含んだ自身最長のツアーとなる今回は、国内については全箇所、ギターに観音(SAWAGI), ベースに雲丹亀 卓人(SAWAGI), ドラムに山本晃紀(LITE)をサポートに迎えた新バンドセットで挑む。さらに、ツアーの皮切りとなる4/28の代官山UNITワンマンの深夜には、主催イベント"not"の一夜限りの復活開催も決定。ワンマン公演の来場者は1,500円で入場可能となる。notの出演者ラインナップ、ツアーのゲスト・アクトについては近日発表されるので期待しよう。現在、ツアー告知動画も公開されている。(岡本)

・DÉ DÉ MOUSEの作品はOTOTOYから配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/8781
・DÉ DÉ MOUSEオフィシャル・ウェブサイト
http://dedemouse.com/

DÉ DÉ MOUSE
2017年4月12日
6th フルアルバム
『dream you up』
〈収録曲〉
including 12 tracks
01 get you back
02 face to face
03 bent
04 dream you up
05 chase after chase
06 rock you up
07 as you like it
08 flesh! + blood
09 whimsy love
10 hand on your hand
11 pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)

〈DÉ DÉ MOUSE dream you up tour 2017〉
・4月28日(金) 東京・代官山UNIT
前売りチケット 3,800円(D別) / (問) SMASH 03-3444-6751
※同日同会場、代官山UNIT & SALOONにて主催CLUBイベント「not」開催!

・5月01日(月) 仙台enn
前売りチケット 3,500円(D別) / (問) enn 022-212-2678

・5月05日(金) 札幌DUCE
前売りチケット 3,500円(D別) / (問) WESS 011-614-9999

・5月11日(木) 広島Club Quattro
前売りチケット 3,000円(D別) / (問) 広島Club Quattro 082-542-2280

・5月12日(金) 大阪・心斎橋CONPASS
前売りチケット 3,500円(D別) / (問) グリーンズ 06-6882-1224

・5月13日(土) 名古屋 Club Rock’n Roll
前売りチケット 3,500円(D別) / (問) ジェイルハウス 052-936-6041

・5月14日(日) 横浜 LANDMARK HALL
前売りチケット 3,500円(D別) / (問) MICE ENTERTAINMENT 03-4296-2143

・5月19日 (金)~21日(日) フランス「マニフィックソサイエティ」出演(solo set)

・5月26日(金) 京都 CLUB METRO
前売りチケット 3,500円(D別) / (問) 京都メトロ 075-752-4765

・5月27日(土) 岡山 hoshioto 2017 出演

・5月28日(日) 富山 MAIRO
前売りチケット 3,000円(D別) / (問) 富山MAIRO 076-445-1181

・6月02日(金) 福岡 VOODOO LOUNGE
前売りチケット 3,500円(D別) / (問) BEA 092-712-4221

・6月03日(土) 沖縄 OUTPUT
前売りチケット 3,000円(D別) / (問) Output 098-943-7031

DÉ DÉ MOUSE dream you up tour 2017 ready!!


https://www.youtube.com/watch?v=fXAoNWpxZ4o&feature=youtu.be


]]>
<![CDATA[結婚記念!? 笹口騒音、2枚目のベスト盤が発売決定!ジャケットは山本直樹の書き下ろし]]> urn:uuid:d7f4b989-38c1-de4a-c356-677c7aec3147 2017-03-16T22:30:00+09:00

先日ライヴ中に結婚を発表するも、その後お茶を濁している笹口騒音が、2枚目のベスト盤『わたしのうたはどこいった』を発売する。

5月6日に上野野音で開催する自主企画〈笹フォークジャンボリー2017〉で先行発売する。

2011年に発売した20曲80分入りの大ヴォリュームのベスト盤『うるう年に生まれて』以来、2枚目のベストとなる本作。これまで発売した12枚のオリジナル・アルバムからファン投票や自薦他薦によって選ばれた12曲+新曲1曲を新録で収録予定。溝渕匠良(Ba、TOURS)、高橋アフィ(Dr、TAMTAM)、小森清貴(Gt、壊れかけのテープレコーダーズ)、遊佐春菜(Org、壊れかけのテープレコーダーズ、ミチノヒ)といった豪華なミュージシャンが参加する。アルバム完成を前に、同作のCM映像も公開中。

ジャケットは、漫画家の山本直樹による書き下ろし。笹口の代表曲「SAYONARA BABY BLUE」をモチーフにした、憂いを帯びた少女が海辺にたたずむ印象深い仕上がりとなっている。

先行販売以降は、全国のレコード店でも発売予定。〈笹フォークジャンボリー〉も豪華出演者となっているので、いち早く入手したい方はイベントに参加しよう。(純三)

笹口騒音オールタイムベスト『わたしのうたはどこいった』鋭意制作中!

https://youtu.be/CuKh6pMAuSs

・笹口騒音オールタイムベスト
『わたしのうたはどこいった』
価格:2500円+税
NEW MUSIC.NEW LIFE RECORDS
NMNL-001
1.わたしのうたはどこいった
2.柳川下り
3.海おやじとオレ
4.百合ヶ浜
5.SAYONARA BABY BLUE
6.うるう年に生まれて
7.おんがくのじかん
8.僕の家
9.ぐるぐる回る
10.プロポーズ
11. NEW MUSIC , NEW LIFE
12.たとえば僕が売れたら
13.わたしのうたはどこいった(reprise)
※収録曲、順は変更の可能性もあります。

〈笹フォークジャンボリー2017〉
2017年5月6日(土)
上野恩賜公園野外音楽堂
open12:00/ start12:30
チケット:2800円(別ドリンク500円)
(小学生以下、保護者同伴によりドリンク代(500円)のみで入場可)
出演:笹口騒音ハーモニカ小山田壮平(AL)、SACOYAN、呂布カルマ andmore!!
主催:HAPPY RICE RECORDS/¥anagawarecords
協力:DISK GARAGE
問い合わせ先:DISK GARAGE 050-5533-0888(平日12:00~17:00)

・笹口騒音が結婚発表も「するわけないじゃないですか笑」
http://ototoy.jp/news/85396
笹口騒音オーケストラ1stアルバム『TOMORROWISLAND』OTOTOY配信ページ(24bit/48kHz)
http://ototoy.jp/_/default/p/62006
・笹口騒音ハーモニカ オフィシャルサイト
http://yanagawarecords.com
]]>

<![CDATA[「あ、ピンチ。」が新映像を公開、ミスiD2017牛乳寒天なつみんをフィーチャー]]> urn:uuid:8ccc80c3-3e78-7895-d348-8a31ff36a00f 2017-03-16T22:00:00+09:00

4人組音楽ユニットの「あ、ピンチ。」が、「かわいいもの feat. WM」の新PVを公開した。

同ユニットは、里咲りさと音楽作家・灘藍-NadaAi-が企画&プロデュースを担当。ほかに講談社主催オーディション「ミスiD2017」で特別賞を受賞した牛乳寒天なつみんと、ブスiDのプロデューサーなどを行っているベズ柴崎が参加している。

今回公開された映像は、乃木坂46の個人PVやアイドルネッサンスの作品などを手掛ける頃安祐良が監督を担当。牛乳寒天なつみんがフューチャーされた個人PVとなっており、デート当日の彼女を追った胸キュン必至の作品。楽曲に乗せて、なつみんの心の機微が描かれた映像となっている。

また、PVの公開にあわせて新しく牛乳寒天なつみん版のアーティスト写真も発表されている。(純三)

あ、ピンチ。 - かわいいもの feat. WM(牛乳寒天なつみん個人PV)

https://youtu.be/Qc1JL6z15YA

・あ、ピンチ。公式Twitter
https://twitter.com/apinchtokyo
・牛乳寒天なつみんTwitter
https://twitter.com/milkan10_

・アイドル兼社長として一躍注目を集めた里咲りさ、ソロ・アーティストとして共鳴する大森靖子との相思相愛対談!! (OTOTOY特集ページ)
http://ototoy.jp/feature/20161203
]]>

<![CDATA[Special Favorite Music 初シングル『Ceremony』MV公開]]> urn:uuid:ad665ad4-545b-b581-511f-458ee1b9adeb 2017-03-16T21:16:00+09:00

Special Favorite Musicが3月29日(水)に発売する1stシングル『Ceremony』のミュージック・ビデオが公開された。

Special Favorite Musicは、バイオリン、サックスなどの管弦楽メンバーを含む7人編成の大所帯ポップ・バンド。

バンド初のシングル・リリースの表題曲となる「Ceremony」は「はじまり」を祝福した春のポップ・チューン。「何かが始まる・何かを始めよう」自然とそんな気分になってしまう彼ららしい鮮やかなポップ・ミュージックでありながら、サウンド面ではロングセラーを続ける前作『World's Magic』より更にバンドらしさを強調し、ストリングスとフルートの舞う華やかなサウンドとダンサブルなビートを追求したバンドの新たな魅力と広がりをテーマにした作品だ。

MVの映像は関山雄太がディレクションを手がけ、夜の街で雨に濡れながらも遊び踊るメンバーの映像と、7人でのスタジオ演奏シーンを組み合わせたポップなものとなっている。

また、このシングルの発売を祝福して大阪、東京でのリリースパーティーを開催することも決定。チケットは各プレイガイドで発売中。オフィシャル・ウェブサイトからも購入可能。

なお、Special Favorite Musicの作品はOTOTOYからも配信中。まずはお気軽に試聴してみてほしい。(岡本)

・Special Favorite Musicオフィシャル・ウェブサイト
http://specialfavoritemusic.com/
・Special Favorite Musicの作品はOTOTOYでも配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/136007

Special Favorite Music
「Ceremony」
2017年3月29日発売
〈収録曲〉
1. Ceremony
2. Goodnight
3. Ceremony(Soleil Soleil Remix)
4. Ceremony(MARQUEE BEACH CLUB Remix)

●ライヴ情報
〈1st Single『Ceremony』 Release Party OSAKA〉
2017年4月5日(水)心斎橋 Pangea
Open 19:00 Start:19:30
チケット代:前売2,500円 / 当日3,000円
(入場時に別途ドリンク代が必要となります)

LIVE
Special Favorite Music
The Wisely Brothers
プププランド

チケット予約方法:
e+、ローソン(Lコード:58154)、ぴあ(Pコード:32 5-677)
各プレイガイドで発売中

〈1st Single『Ceremony』 Release Party TOKYO〉
2017年4月26日(水)新代田 FEVER
Open 19:00 Start:19:30
チケット代:前売3,000円 / 当日3,500円
(入場時に別途ドリンク代が必要となります)

LIVE
Special Favorite Music
MARQUEE BEACH CLUB
向井太一

チケット予約方法:
e+、ローソン(Lコード:77343)、ぴあ(Pコード:32 5-676)
各プレイガイド、FEVER店頭にて発売中

Special Favorite Music - Ceremony(Official Video)


https://youtu.be/hcfapTWLPg4


]]>
<![CDATA[カネコアヤノ、新EP『ひかれあい』特設ページ公開&ツアー日程も発表]]> urn:uuid:6f609c4a-b5b3-6374-66ca-e589b48a7f71 2017-03-16T21:00:00+09:00

カネコアヤノが4月26日にリリースする新作EP『ひかれあい』の特設サイトをオープン。

リードトラック「とがる」のイントロ部分をトリミングしたティーザー映像も公開。リリース後に行われる全国ツアーの日程も発表された。

特設サイトで公開になったアート・ワークには、梅の花に囲まれて走るカネコアヤノが登場。本人がジャケットに登場するのは、2015年11月に発売されたアルバム『恋する惑星』以来、実に1年半ぶりとのこと。

EPのティーザー映像はわずか16秒ではあるが、彼女が新たなモードであることが伺える。ジャケットやアーティスト写真の撮影、MVのディレクションは、ラッキーオールドサンや坂本美雨などを手掛けるフォトグラファー木村和平が担当した。

リリース後に行なわれる全国ツアーは、5月に浜松からスタート。高松、島根、岡山、仙台、新潟、沖縄、苫小牧、札幌をまわり、7月には東名阪ツアーが開催される。ツアー・ファイナルとなる7月9日の代官山・晴れたら空に豆まいてでの公演はワンマン・ライヴとなっている。

また本作のリリースに先駆けて、ライヴ会場とオフィシャル通販で弾き語りライヴCD『LIVE AT ZAMZA ASAGAYA JAN.31,2017』がリリース。彼女にとって初のライヴ盤でもあるこちらは、1月30日〜31日にザムザ阿佐ヶ谷で行なわれた単独公演2Daysの2日目、弾き語りライヴの模様を収めたものとなっている。(前田)

撮影:木村和平

カネコアヤノ「とがる」ティーザー from 2nd EP『ひかれあい』4/26/2017 Release

https://youtu.be/A6oCCT4-r5c

・カネコアヤノ「ひかれあい」特設サイト
http://kanekoayano.net/special/hikareai/
・カネコアヤノ×林宏敏(ex.踊ってばかりの国)対談──可能性を広げた幸せな邂逅の産物 (OTOTOY特集ページ)
http://ototoy.jp/feature/2016120701

・カネコアヤノNew EP(生産数量限定盤)『ひかれあい』
2017/4/26 全国発売
¥1400(tax-in)/¥1296(tax-out)
収録曲
M-1:とがる
M-2:天使とスーパーカー
M-3:朝になって夢からさめて
M-4:とがる(弾き語り) 
M-5:天使とスーパーカー(弾き語り)
M-6:朝になって夢からさめて(弾き語り)

・カネコアヤノ LIVE ALBUM『LIVE AT ZAMZA ASAGAYA JAN.31,2017』
2017.03.08 Release
¥1389(tax-out)/¥1500(tax-in)
WRCA-13生産数量限定盤
ライヴ会場/オフィシャルオンラインショップ「カネコ商店」のみでの販売
・カネコ商店
https://kanekoayano.theshop.jp/items/5682085

〈ツアー情報〉
5/6(土) 浜松FORCE
出演:カネコアヤノ(バンドセット) / UNIDOTS / the equal lights / グッドトリップ / Atria /他
5/13(土)高松モモの広場
出演:カネコアヤノ/原田茶飯事、Saigenji、柴田聡子、樽木栄一郎
5/14(日)島根・松江BAR E.A.D
出演:カネコアヤノ/他 ※弾き語り
6/4(日)岡山・奉還町4丁目ラウンジカド
出演:カネコアヤノ
※弾き語りのワンマンライブになります
※会場は定員40名
6 /10 (土)仙台・紅茶とお酒の店teato
出演:カネコアヤノ
※弾き語りのワンマンライブになります
※完全生音ライブになります
※会場は定員25名となります(一部立ち見)
6/11(日)新潟EDITORS CAFE
出演:カネコアヤノ/他
※弾き語りでの出演です
6/17(土)沖縄・那覇G-shelter
出演:カネコアヤノ(バンドセット)/他
※バンドセットでの出演です
6/18(日)沖縄・那覇 BABY BABY HAMBURGER & BOOKS
出演:カネコアヤノ/他
※弾き語りでの出演になります
※会場は定員25名となります
6/24(土)苫小牧ELLCUBE
出演:カネコアヤノ/THE HUNGRY RUGRAT /いむいぱぴ子/あの空によろしく/SOSO/他
※弾き語りでの出演になります
6/25(日)札幌キノカフェ
出演:カネコアヤノ/他
※弾き語りでの出演になります

■東名阪ツアー
〈カネコアヤノ ツアー2017 "ひかれあい" in名古屋〉
7/1(土)名古屋K.Dハポン
18:00 OPEN/18:30 START
adv¥2500(+1d)/door¥未定
出演:カネコアヤノ(バンドセット)/他
※2マンライブです
※バンドセットでの出演になります

〈カネコアヤノ ツアー2017 "ひかれあい" in大阪〉
7/7(金)大阪・心斎橋Live House Pangea
18:30 OPEN/19:00 START
adv¥2500(+1d)/door¥未定
出演:カネコアヤノ(バンドセット)/他
※2マンライブです
※バンドセットでの出演になります

〈カネコアヤノ ツアー2017 "ひかれあい" in東京〉(ツアーファイナル)
7/9(日)東京・代官山 晴れたら空に豆まいて
18:00 OPEN/18:30 START
adv¥3000(+1d)/door¥未定
出演:カネコアヤノ(バンドセット)
※ワンマンライブです
※バンドセットでの出演になります

東名阪公演オフィシャルHP先行
受付期間:2017/3/16(木)19:00-2017/3/26(日)23:59
受付URL:http://w.pia.jp/t/kanekoayano-of/


]]>
<![CDATA[4/8〈SYNCHRONICITY’17〉& 4/9〈After Hours’17〉最終でBO NINGEN、eastern youth決定 タイムテーブルも発表]]> urn:uuid:47b3936d-351b-4292-298e-9ef55582a830 2017-03-16T19:00:00+09:00

2017年4月に開催される2DAYSコラボレーションフェスティバル〈SYNCHRONICITY’17〉& 4/9〈After Hours’17〉。

その最終ラインナップ、及びタイムテーブルが発表となった。

最終で追加されたのは、4/8(土)〈SYNCHRONICITY’17〉にBO NINGEN、4/9(日)〈After Hours’17〉にeastern youthのそれぞれ一組。また、最終出演アーティストの発表とともに会場割、タイムテーブルも発表された。

4/8(土)開催の〈SYNCHRONICITY’17〉は、開演時間が変更となり、TSUTAYA O-EASTは渋さ知らズオーケストラ、duo MUSIC EXCHANGEは天才バンド、TSUTAYA O-WESTはJojo Mayer & NERVE (USA)、TSUTAYA O-nestはNew Action!とのコラボレーションステージとなりJABBA DA HUTT FOOTBALL CLUBがそれぞれトリを務める。

4/9(日)開催の〈After Hours’17〉は、TSUTAYA O-EASTはtoe、duo MUSIC EXCHANGEはeastern youth、TSUTAYA O-WESTはBoris、TSUTAYA O-nestはCrypt Cityがそれぞれトリを務めることが決定した。

チケットは現在、イープラス、TSUTAYA O-EAST店頭、クラベリアにて発売中。1日券は5800 円、2日券は11000円となっており、それぞれのフェスを楽しめる限定のコラボレーション2日券も販売している。タイムテーブルはオフィシャル・ウェブサイトにて確認してほしい。タイムテーブルを見ながら当日の計画を練っておこう。(岡本)

・SYNCHRONICITYオフィシャルウェブサイト
https://synchronicity.tv/festival/
・After Hours』オフィシャルウェブサイト
http://www.afterhours.live/

〈SYNCHRONICITY’17〉
2017年4月8日(土) open 12:00 / start 12:30
〈After Hours’17〉
2017年4月9日(日) open 12:00 / start 13:00
開催場所:
TSUTAYA O-EAST、duo MUSIC EXCHANGE、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-nest

チケット情報:
前売チケット
1日券 5800円 / 2日券(4月8日&4月9日分)11000円
イープラス前売チケットリンク先:http://eplus.jp/synchronicity17/
TSUTAYA O-EAST店頭
クラベリア
※前売券完売の際は、当日券の発行はございません。

●発表アーティスト(全アーティスト):
〈SYNCHRONICITY’17〉
MANNISH BOYS(斉藤和義 / 中村達也) / 浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS(Kenichi Asai &THE INTERCHANGE KILLS) / 渋さ知らズオーケストラ(Shibusashirazu Orchestra) / ZAZEN BOYS / モーモールルギャバン(MowMowLuLuGyaban) / OGRE YOU ASSHOLE / Jojo Mayer & NERVE (USA) / 天才バンド / シャムキャッツ(Siamese Cats) / BO NINGEN / cro-magnon / Polaris / Nabowa / Rega / fox capture plan / toconoma / DOTAMA / Awesome City Club / Yogee New Waves / Nulbarich / yahyel / WONK / Homecomings / フレンズ / ササノマリイ / DYGL / STUTS / chelmico / CHAI / PAELLAS / Orland / iri / JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB / Magic, Drums & Love / Wanna-Gonna / Group2 / RIDDIMATES / DJ Ko Umehara(-kikyu-) / DJ New Action!

〈After Hours’17〉
toe / THA BLUE HERB / DJ KRUSH / envy / MONO / downy / Boris / eastern youth / mouse on the keys / LITE / world‘s end girlfriend / jizue / Klan Aileen / ART-SCHOOL / People In The Box / THE NOVEMBERS / tricot / MOROHA / LOSTAGE / Crypt City / ROTH BART BARON / UHNELLYS / Limited Express(has gone?) / heaven in her arms / ENDON / COHOL / Killie / STORM OF VOID / Tomy Wealth / Wang Wen / Ray Yamada


]]>
<![CDATA[シャオチャイポン、1stシングル表題曲「URAHARAろまんちっく」のライヴMV公開]]> urn:uuid:649f12d8-9ef0-adf3-e3a9-7dcb96de2b5a 2017-03-15T22:00:00+09:00

本日3月15日に発売されたシャオチャイポンの1stシングル『URAHARAろまんちっく』。

そのリード曲「URAHARAろまんちっく」のライヴMVが公開された。MVは2016年11月26日に行われた平野友里の1stワンマン・ライヴで収録したもの。

シャオチャイポンはソロ・アイドルとして活躍するKOTOと平野友里(ゆり丸)の2人によるユニット。「陰」をKOTO、「陽」を平野が担当しており、女の子版陰陽師がテーマとなっている。2人の真逆とも思える性格が絡み合い、未体験の化学反応を巻き起こしている。

OTOTOYでは『URAHARAろまんちっく』を24bit/48kHzのハイレゾで配信中。各地でシングル発売を記念したリリース・イベントも開催されるので、詳細は公式ツイッターなどをチェックしよう。

なおKOTOは高校卒業を記念したワンマン・ライヴを4月2日に渋谷Gladで開催。平野は7月に1stシングルを発売する予定。(前田)

【MV】シャオチャイポン「URAHARAろまんちっく」

https://youtu.be/rDi3gzEuRVU

・シャオチャイポン『URAHARAろまんちっく』
価格:1,080円(税込)
発売日:2017年3月15日(水)
レーベル:ギザギザレコード
品番:XCPN -1
JAN: 4988044905382
<収録曲>
M1.URAHARAろまんちっく
M2.それが愛だ!
M3.シャオ!チャイ!ポン!
・OTOTOY配信ページ(24bit/48kHz)
http://ototoy.jp/_/default/p/72783

〈シャオチャイポンライブ情報〉
3/23(木)HMV record shop 新宿ALTAイベントスペース<インストアイベント>
3/24(金)渋谷WWW KOTOプレゼンツ「明日は土曜日」w/KOTO、BiS、じゅじゅ、偶想Drop
3/31(金)タワーレコード渋谷店4F イベントスペース<インストアイベント>
4/6(木)dues新宿

・シャオチャイポン 公式ツイッター
https://twitter.com/xiaochaipon
・KOTOと平野友里の新ユニット「シャオチャイポン」結成! デビュー曲配信開始 (OTOTOY特集ページ)
http://ototoy.jp/feature/2016092609


]]>
<![CDATA[【今週末開催】ススムヨコタの三回忌イベントを3月18日に青山VENTで開催]]> urn:uuid:2259f6ca-8d37-7ee7-f014-a5931dac9be4 2017-03-15T21:07:00+09:00

もっとも早くから海外のテクノ・シーンでも高い評価を受けていたアーティスト、横田進

その後もコンスタントに作品をリリースし続け、海外、そして国内の多数のレーベルから名作をリリースし続けてきた。その作品は、現在でも高値で取引される作品が多数ある。

しかし残念ながら、この類い稀なアーティストは、2015年3月27日、長い病気療養の末、永眠した。

今週末3月18日(金)に〈青山VENT〉にて、三回忌イベントが開催される。当日は生前、ススムヨコタとレーベルメイトだったケンイシイやDJ YAMA、DJ MIKU、TOBY、MDOODMAN、HIDEO KOBAYAHSIといった国内テクノ・シーンの重鎮たちが出演する。日本ハウスのヨーロッパでの再評価の流れを作った新進気鋭のレーベルJazzyConsiousのALIKUKUN、KLODIOがヨコタのディープ・ハウスの流れを組んで、ゲストで出演。会場では入場者に当日限定のダウンロードカードを配布、さらには、Prism名義の1st『Metromone Melody』を販売する模様だ。

3月27日、命日となるこの日では、ヨコタの別名義、名作の誉れ高い『Ringo』のリマスター盤再発もリリース、4月19日には、12インチのみでリリースされた幻の名義246の未発表音源をLPとCDの両方で再発する予定。(河)

・青山VENT、イベント公式ページ
http://vent-tokyo.net/schedule/a-tribute-to-susumu-yokota/
]]>

<![CDATA[ワンダフルボーイズ、夏の魔物に提供した「ダーリンno cry!!!」セルフカバーMV公開]]> urn:uuid:a4394921-4a62-c269-1ae6-080f3e140321 2017-03-15T21:00:00+09:00

ワンダフルボーイズが「ロックロックロックジェネレーション!!!」収録の中から、「ダーリンno cry!!!」のMVを公開した。

この曲は、夏の魔物(現・THE 夏の魔物)にSundayカミデが提供した曲のセルフ・カバー。

天才バンドなどでも評価を受ける、Sundayカミデのソングライティングが光る詞曲にワンダフルボーイズ特有のピースフルで哀愁も漂うアレンジが聴く人の心をつかむ仕上がりとなっている。さらにMVは『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』が大人気の漫画家、宮川サトシの書き下ろし漫画によるMVとなっており、楽曲の世界観をよりぐっと身近に感じることのできる内容となっている。

なお、こちらが収録されている、ワンダフルボーイズ3枚目のアルバム「ロックロックロックジェネレーション!!!」はライブ会場とWaikikiRecordの通販のみでリリースされており、現在ツアー中の残す、名古屋・東京公演で是非ゲットしたいところ。現在チケットは一般発売中。

夏の魔物「ダーリンno cry!!!」収録のアルバム『夏の魔物』はOTOTOYから配信中なので、今回のワンダフルボーイズ・バージョンと聴き比べてみては?(岡本)

・ワンダフルボーイズの作品はOTOTOYから配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/58434
・夏の魔物「ダーリンno cry!!!」収録のアルバム『夏の魔物』はOTOTOYから配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/128753

ワンダフルボーイズ
『ロックロックロックジェネレーション!!!』
〈収録曲〉
1.One music all right!
2.ロックジェネレーション!!!
3.僕らParty in the sun
4.FUNKYMICのラップ予言(Skit feat. FUNKYMIC)
5.Are you underground?
6.惑星メイビー
7.birthday(Skit feat.AZ.CATALPA)
8.ダーリンno cry!!!
9.夜のベイビーSpecial(feat. 田中幸輝from空きっ腹に酒/FUNKYMIC)

●ライヴ情報
〈ワンダフルボーイズ ワンマンライブツアー "THIS IS PARTY!!!"〉
名古屋公演
2017年03月17日(金)名古屋 Live&Lounge Vio
OPEN 18:30 / START 19:00 info:JAILHOUSE

東京公演
2017年03月20日(月・祝)代官山UNIT
OPEN 17:00 / START 18:00 info:ADN STATE
*両公演ともに前売 3000円(税込・ドリンク代別途要)
 一般プレイガイド発売中 e+/ぴあ/ローソンチケット

ワンダフルボーイズ - ダーリン no cry!!!


https://youtu.be/KHM1Ev5-45w


]]>
<![CDATA[デトロイト・テクノの最重要アーティスト、カール・クレイグの楽曲がオーケストラ・アレンジで蘇る]]> urn:uuid:95ea2bce-613b-5858-8ffc-528bbbbb13aa 2017-03-15T20:49:00+09:00

かのデリック・メイに見初められ、デビュー。その後の、ヨーロッパのテクノ・シーンに多大な影響を与えたアーティスト、カール・クレイグ。

ピュアなデトロイト・テクノ・サウンドから、ディープ・ハウス、さらにはエレクトロニック・ミュージックとジャズとの新たな出会いを用意したインナーゾーン・オーケストラやザ・デトロイト・エクスペリメントといったプロジェクトなどなど、テクノの領域を広げてきたアーティストのひとりだ。

そんなカール・クレイグの楽曲をオーケストラで蘇らせるプロジェクト『Versus』がリリースされることが決定した。

本プロジェクトには、新進気鋭の指揮者、フランソワ=グザヴィエ・ロト率いるレ・シエクル・オーケストラとフランチェスコ・トリスティアーノが参加している他、世界で最も長い歴史を持つクラシック・レーベル〈ドイツ・グラモフォン〉の『ReComposed』シリーズでも、カール・クレイグとの強力なタッグを見せたモーリッツ・フォン・オズワルドがスピリチュアル・アドバイザーとして名を連ねている。

2008年にパリで行われたコンサートを発端にスタートしたプロジェクトで、「At Les」「Desire」「Domina」といった往年の名曲たちがオーケストラ・アレンジで蘇る模様だ。つい先ごろデリック・メイとの共演アルバムもリリースするなど、これまでもテクノとクラシックの架け橋となってきたフランチェスコ・トリスティアーノがアレンジを手がけている。ドラマティックな楽曲の多いC2の音源だけに、クラシックとの相性は良さそうだ。

リリースは4月28日(金)、OTOTOYでも配信予定。
(河)
]]>

<![CDATA[【今週末開催】MONKEY TIMERS、okadadaレジンデントのパーティ〈LESS〉——ゲストにsauce81、Gonno]]> urn:uuid:3e9c3e77-1a1b-f10c-6e12-70b47286b5ef 2017-03-15T20:24:00+09:00

MONKEY TIMERS、okadadaがレジデントDJを務めるパーティ〈LESS〉が今週末3月17日(金)に昨年夏の開催から半年ぶりに開催。

今回はゲストにGonnosauce81が出演。

テクノ〜ハウス・シーンにて、ヨーロッパを中心に海外でのDJ活動も多く、その作品も高い評価を受けるGonno、そしてフローティング・ポイントの〈Eglo〉からもリリース、最近ではceroの作品にも参加、そのソウルフルなマシン・グルーヴがこちらも高い評価を受けるsauce81が登場する。MONKEY TIMERS、okadadaのハウス〜ディスコ・グルーヴとどのようなフロアを作るのか?

またロゴ、フライヤーなどのビジュアルをYOSHIROTTEN、Vj/Space Designには、Life ForceからMixcer、PAにはceroや、電気グルーヴ、Crue-L Records等の数々の作品のサウンドエンジニアを担当する、Naoya Tokunouが参加する。

また第1回のokadadaの「LESS at daikanyama UNIT,2016.8.19 live mix」も公開されているので、ぜひともそのパーティの熱狂の一部を味わってみては?
(河村)

・UNITのパーティ公式ページ
http://www.unit-tokyo.com/schedule/2017/03/17/170317_less.php

・okadada / LESS at daikanyama UNIT,2016.8.19 live mix
https://www.mixcloud.com/okadada/less-at-daikanyama-unit2016819-live-mix/

LESS
2017年3月17日(金)
@UNIT
OPEN/START : 23:30
W/F 3,000yen (YOSHIROTTENがデザインした、ロゴ型抜きフライヤーをご持参の方は、500YEN OFFになります。)
DOOR 3,500yen
LINE UP :
LIVE :sauce81
DJ : Gonno, MONKEY TIMERS, okadada
VISUAL : YOSHIROTTEN
VJ : Mixer
PA : Naoya Tokunou
]]>

<![CDATA[\C.C.F/主催音楽イベント『#LGTM』に仮谷せいら、Lolica Tonica、ホワドル、963ら出演]]> urn:uuid:7f55d1a5-d00e-3ed7-2f6e-42b5439fba15 2017-03-15T20:00:00+09:00

2017年4月29日(土)、ポップユニット\C.C.F/主催音楽イベント『#LGTM 02』が開催される。

\C.C.F/は、2016年7月に活動開始した、女性ボーカルNOZOMIと男性ラッパーU.S.A.G.Iによるポップ・ユニット。楽曲をUSAGI DISCOが手掛ける。京都・名古屋・東京を中心に、バンドやDJイベントなど幅を広げながらライヴ活動を重ねている。

\C.C.F/主催の音楽イベント『#LGTM』の第2回目の開催となる今回は、アソビシステム所属の女性歌手・モデルのYun*chiや〈PUMP!〉所属の仮谷せいらSugar’s Campaignのサポート・ボーカルとしても活動するボーカリスト あきお、〈TREKKIE TRAX〉からリリースしたEP「Make me Feel EP」で話題になった2人組のFuture Bass/Jersey Clubプロデューサー・ユニットLolica Tonica、北海道札幌出身のオーガニック・ガールズ・ユニットWHY@DOLL、福岡県久留米市のご当地アイドル963といった、計7組の出演者が発表された。

エレクトロを中心に、とても精錬されたポップなラインナップが目をひく『#LGTM』。チケットはPeatixにて前売り3,000円で購入可能。学生は数量限定で学割チケットがあるため早めにチェックしておきたい。(椿)

■\C.C.F/ official Twitter
https://twitter.com/c_c_f_p

■イベント情報
『\C.C.F/presents「#LGTM 02」』
2017年4月29日(土)
会場 : 渋谷 no style
時間 : OPEN / START : 16:30 / 17:00
出演 : \C.C.F/ / Yun*chi / 仮谷せいら / あきお / Lolica Tonica / WHY@DOLL / 963

■チケット
・一般 前売 3,000円 / 当日 3,500円 (各1D別)
・学生 前売 2,000円 / 当日 2,500円(各1D別/要学生証/枚数限定)
http://170429.peatix.com
※前売りチケットはPeatix限定販売


]]>

<![CDATA[テキサコ、2マッチ&ソイビーンズの3アーティストによる大阪 / 伊勢ツアー]]> urn:uuid:df06ce20-7f31-4ff9-b4ec-1ec0dfad037f 2017-03-15T19:59:00+09:00

一筋縄ではいかない濃すぎる3アーティストによる関西方面3公演が決定。

昨年、Limited Express(has gone?)とのコラボで、ひさびさの音源をリリースした2 MUCH CREW。ブッチリギリの演奏で駆け抜ける東京ガレージ・パンク・シーンの生ける伝説、TEXCO LEATHER MAN。現在のアンダーグラウンドを、そのメガネ裏に隠された情熱で回遊するDJ SOYBEANS。

この3アーティストによる、大阪2公演、そして伊勢でのライヴが決定! スカミーな3アーティストによるドリーム・マッチ・イン関西なラインナップで、ハードコアからハウス、電子音響などなど、共演DJやアーティストもアンダーグラウンドで話題のメンツが勢ぞろいの3公演!
(河)

BOTTOM TOWER TOUR ~2都市3公演~
BOTTOM TOWER
2017年4月7日(金)
@東心斎橋 Club STOMP
START/19:00-
ENTRANCE :2,000Yen +1DRINK
LIVE : 2 MUCH CREW, odd eyes, DJ SOYBEANS
DJ : Nobuyo, oboco. ディナミシャイスケ

Isn't it?
2017年4月7日(金)
@東心斎橋 atmosphäre
START/24:00- 
ENTRANCE:1DRINK 1,000Yen
LIVE : KOPY
DJ : DNT, MADEGG, S-LEE, FUCK MASTER FUCK, DJ SOYBEANS

ten-gallon 38Litter
2017年4月8日(土)
@伊勢 2NICHYOUME PARADAISE
START/13:00-
ENTRANCE:2,000yen +1DRINK
LIVE : TEXCO LEATHER MAN, 2 MUCH CREW
DJ : Aspara, PPTV, 威力, Mari Sakurai, DJ SOYBEANS
food:chillin
]]>

<![CDATA[鳴ル銅鑼、『文明開化』で「CDショップ大賞2017」東海ブロック賞を受賞]]> urn:uuid:78e3b873-26a4-304e-dc71-075d29058590 2017-03-15T19:17:00+09:00

3月13日(月)「第9回CDショップ大賞2017」の授賞式が東京・Future SEVENにて行われ、東海ブロック賞に鳴ル銅鑼の『文明開化』が選出された。

鳴ル銅鑼のオフィシャルTwitterでは今回の受賞について、「『文明開化』が、CDショップ大賞2017 東海ブロック賞 授賞致しました。皆様のお陰様です。これからも素敵な作品を作り続けます。よろしくお願いします。」と感謝のツイートをしている。

現在、鳴ル銅鑼は結成4周年記念ツアー中。19日下北沢SHELTERではホロ、LONEとの対バンで行われる。鳴ル銅鑼『文明開化』はOTOTOYから配信中なので早速聴いてみてほしい。(岡本)

・鳴ル銅鑼オフィシャル・ウェブサイト
http://www.narudora.jp/
・鳴ル銅鑼『文明開化』はOTOTOYから配信中。
http://ototoy.jp/_/default/p/66060

〈鳴ル銅鑼 4th Anniversary tour〉
3月19日(日)@東京・下北沢SHELTER(w/ホロ、LONE)
3月25日(土)@京都・GROWLY(w/ 真空ホロウ)
3月26日(日)@名古屋・APOLLO BASE(w/ THE BOY MEETS GIRLS)
]]>

<![CDATA[ウクレレ×ヒューマンビートボックスによる異色ユニットninja beats、期待のワンマンを明日WWWにて開催]]> urn:uuid:3ce15b41-0876-28e5-b4a1-e0cdee4a91bc 2017-03-15T17:33:00+09:00

SHIN(ウクレレ)とYUYA(ヒューマンビートボックス)による異色の2人組音楽ユニットninja beatsが3月16日(木) 〈Shibuya WWW〉にて期待のワンマン・ライヴを開催する。

ninja beatsは、ウクレレ原産地サイパンからの帰国子女SHINと、幼少期よりヒューマンビートボックスのパフォーマンスを行ってきたYUYAが出会い、2014年早稲田大学にて結成。「CREATING 変化(henka) & BREAKING STEREOTYPES」という標語を掲げ、楽器やパフォーマンスの固定概念を覆し、観るもの聴くものの感情や思考にポジティブな変化を生み出すことをコンセプトに活動している。loopstationやkaosspadなどのDJ機材を駆使した独創的なサウンド・パフォーマンスが特徴だ。

パフォーマンスを磨き続け、2015年には34か国5万組以上が参加する世界最大のバンドコンテスト『EMERGENZA Music Festival 2015』に出場し、見事総合優勝を飾った。さらに、2016年5月にはヨーロッパ・ツアーやパリでのツーマン・ライヴを成功させ、海外での評価を高めると在日ドイツ大使直々の指名を受けドイツのガウク大統領に演奏を披露するなど、逆輸入ユニットのような活躍を見せている。

そのninja beatsが、ユニット初の全国流通盤『"RINNÉ" E.P.』の発売に先駆け、リリース・パーティとしてワンマン・ライヴ『"RINNÉ" E.P. [PRE RELEASE SHOW]』を開催する。本公演では彼らの新たな挑戦として、気鋭映像クリエイター永田諒の映像ライヴとコラボしたメディア・アート的パフォーマンスが披露される。

先日、Red Bull Studios Tokyoにて新曲のレコーディングを行うなど、様々な方面から期待されるninja beats。レーベル未契約ながら、彼らは着実に成長のステップを歩んできた。彼らの挑戦は今後あらゆる場面でフィーチャーされるにちがいない。そんな期待を込めて、3月16日(木)のワンマン・ライヴを皮切りに彼らをチェックすることをオススメする。(椿)

■ninja beats official HP
http://www.ninjabeatsofficial.com

■ninja beats official twitter
https://twitter.com/ninjabeats_jpn

■ライヴ情報
『"RINNÉ" E.P. [PRE RELEASE SHOW]』
2017年3月16日(木)
会場 : Shibuya WWW
時間 : OPEN / START : 18:30 / 19:00
出演 : ninja beats / Eidy (OPENING ACT) / cook look happening! (OPENING ACT)
料金 : 前売 3,000円 / 当日 3,500円

■チケット
・チケットぴあ : 【Pコード:321-680】 http://t.pia.jp/
・ローソンチケット : 【Lコード:75895】http://l-tike.com/
・e+ : http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002213496P0030001

【ninja beats】Road To Germany, TAUBERTAL FESTIVAL 2015
https://youtu.be/Lyaxpv6c-MA

]]>
<![CDATA[坂本龍一、自身の公式サイトで新作のジャケット写真&タイトルを公開]]> urn:uuid:fb7870c6-a9f5-b8cc-4a9f-06e133ab63d1 2017-03-15T12:22:00+09:00

3月29日に新作をリリースする坂本龍一

自身のサイトで、これまで『タイトル未定』となっていた新作のタイトル、そしてジャケット写真を自らのサイトで公開した。

タイトルは『async』となった模様。

公式サイトに行くと、すでに公開されているリリースまでのカウントダウンとならんで、「async」の文字が出現。この文字をクリックするとジャケット写真とみられるアートワークが表示される。

本人曰く「あまりに好きすぎて、誰にも聴かせたくない」という新作、内容についてはいまだ伏せられている。そんななかで特設サイトでは、細野晴臣や七尾旅人といったアーティストたちによる「予想」と、過去のソロ作のレヴュー「予習」という記事が展開されている。

坂本龍一の『async』は、3月29日より、OTOTOYでもハイレゾ配信予定。
(河村)

・坂本龍一公式サイト
http://www.sitesakamoto.com/

・async「予習」「予想」
http://www.skmtcommmons.com/quest/
]]>