Google Play Newsstand
> ニュース一覧

2017年10月12日21時00分

 

〈夏の魔物2017 in KAWASAKI〉フォト・レポート~ブルーの魔物&MAMONO HOUSE編~

 

2017年9月10日に神奈川県川崎市東扇島東公園で開催されたロックフェスティバル「夏の魔物2017 in KAWASAKI」。初の関東開催となり、5,000人以上の観客を集めて大盛況となったこの日の模様を3回に分けてフォト・レポートでお届け!

このフォト・レポートではブルーの魔物、MAMONO HOUSEで行われたライヴ、トークショー等の模様を掲載

メインステージがあるエリアからいったんゲートをくぐり、通路を挟んだ場所に設置されたブルーの魔物ステージでは、初登場のヒトリエがトップで登場。続いてにゃんごすたーが出演するという、〈夏の魔物〉らしさはこのステージでも健在。もちろん、TheMANJI(ROLLY、佐藤研二、高橋“ロジャー"和久)、Wiennersといったロック勢も出演。共にフェスの〈夏の魔物〉にもTHE 夏の魔物にも縁深いアーティストたちだ。一方、メインステージの向かい側に位置するMAMONO HOUSEではゲームが設置され、スーパーササダンゴマシン対アントーニオ本多戦が本人操作のもと行われる様子をモニター画面で見るというなんともいえない牧歌的な光景が繰り広げられた。また、吉田豪と杉作J太郎の〈夏の魔物〉常連コンビはロマンポルシェ。の2人と共にトークを行った。ブルーの魔物では2013年にトリの1つを務めたTOMOVSKY率いるバンドTOMOVSKYが出演したのに続き、初出演となるONIGAWARAがステージに上がり盛り上げる。こうした世代の違うアーティストを続けて観ることができるのはこのフェスならではだ。ここからはアイドルが続き、The Idol Formerly Known As LADYBABYが先陣を切って登場。西日が射す中、汗だくの全力ライヴを見せた。続いて3B junior内のユニット、奥澤村、さく ちゃんとじぃじ、はちみつロケット、マジェスティックセブン、リーフシトロンが出演。最後は全員で30分間のステージを終えた。MAMONO HOUSEのヘッドライナーは急遽出演が発表された女子総合格闘家・KINGレイナ。オクタゴンでの試合を約1週間後に控える中、ゆるめるモ!のあのちゃんと2ショットを撮ったこと、直前にライヴを観て感激したことなどを話すと共に、途中トークに加わったスーパーササダンゴマシンとアントーニオ本多との異次元遭遇を見せた。ブルーの魔物では意外にも初出演のガガガSPから、〈夏の魔物〉最多出演を誇る曽我部恵一が尾崎友直(Gt)オータコージ(Dr)と共にステージ上がり、「キラキラ!」「STARS」「シモーヌ」を3連発。その後、今年の各ステージのヘッドライナーはすべて女性で統一されていることもあり、新星・CHAIが最後に登場してブルーの魔物ステージを締めくくった。

・「夏の魔物2017 in KAWASAKI」グッズ通販ページ
https://natsunomamono.stores. jp/
・夏の魔物オフィシャル・ウェブサイト
http://natsunomamono.com/

●取材・文:岡本貴之
●カメラマン:
・岸田哲平(レッド、ホワイト、イエロー、グリーン、ピンクの魔物、MAMONO HOUSE、会場風景、フィナーレ)
・タイコウクニヨシ(グリーン、ピンクの魔物、フィナーレ)
・Jumpei Yamada(ブルーの魔物)


〈夏の魔物201... ⇤ 前 最新のニュース ⇥ 次 〈夏の魔物201...
編集