Google Play Newsstand
> ニュース一覧

2017年01月08日00時35分

 

THE 夏の魔物、シン・マモノBANDと共にロックンロールな2017年をスタート-OTOTOYライヴレポ

 

1月6日(金)東京・新宿MARZにて、夏の魔物改めTHE 夏の魔物がライヴを行い、シン・マモノBANDをバックに従えたソリッドなロック・サウンドで新年の活動をスタート。

アンコールでは元BELLRING少女ハートの朝倉みずほが「麻宮みずほ」として加入することが明かされ会場が騒然となるなど、波乱の2017年幕開けとなった。

〈夏の魔物後夜祭シリーズ アントーニオ本多生誕記念ワンマン ~シン・マモノBAND爆誕~〉と題されていた通り、この日は1月2日に39歳の誕生日を迎えたアントーニオ本多が主役。ちなみに彼が生まれた1978年はセックス・ピストルズが解散した年というのを知ってか知らずか、成田大致は革ジャンの下にジョニー・ロットン(ジョン・ライドン)のTシャツを着ていた(大内はアントンリスペクトなイエローTシャツ)。また、この日は越川和磨(Gt)林宏敏(Gt)ハジメタル(Key)えらめぐみ(B)城戸紘志(Dr)による「シン・マモノBAND」が初登場、黒で統一された衣装も凛々しい5人をバックに歌う夏の魔物メンバー、成田大致、大内雷電、アントーニオ本多、塚本舞、ケンドー・チャン、鏡るびいにも緊張感が漂っていた。

ライヴは2曲目に早くもアントーニオ本多が作詞した激アツロックチューン「SUNSET HEART ATTACK」がヒット。明るいパワーポップ「恋の天国はケモマモハート」での夏の魔物メンバーの楽しいダンス・パフォーマンスから間奏で越川がステージ前に出てギターソロを弾いたシーンは、このグループが目指してきたあらゆるエンタメのクロスオーバーが完成に至ったことを感じさせるものだった。シン・マモノBANDの荒々しくもタイトな演奏でより楽曲の良さが伝わってきたのは、激しい曲ばかりではない。ハジメタルが弾くピアノに導かれ始まったバラード「ダーリン no cry!!!」は、生演奏でイキイキと歌う成田のヴォーカルによって詞が明瞭に聴こえて、曲の世界観を改めて感じることができる名演だった。

「どきめきライブ・ラリ」の掛け合いパートでは、大内だけでなくそばにいたメンバー全員の肩に手をかけて輪になろうとするアントーニオ本多の姿も。ここで早くも本編は終了。ステージを降りたメンバーに「アントン・ボンバイエ」の大コールがかかると、Overtureから「魔物ボンバイエ」コールに乗せてチャンを先頭に魔物ガールズの3人が勢いよく飛び出してきてアンコールへ。チャンの「後半戦いくよー!」の号令のもと、「未来は僕等の風が吹く」でバンド抜きの打ち込みでライヴがスタート。チャンが間奏で激しいダンスを見せて盛り上げる。ここで、先日発表された塚本舞のグループ卒業について本人から改めて告げられ、卒業公演が行われることが発表された。さらに、初の東名阪ワンマン・ツアー決定のお知らせも。さらにこの日の主役、アントーニオ本多の誕生日を祝うべくケーキがステージに運ばれ、観客と一緒にハッピーバースデーの大合唱となった。

ケーキのローソクを吹き消したアントーニオ本多は、「このローソクのように自分に火が点いたのはいつだったか、フランク・ザッパ率いるマザーズ・オブ・インヴェンションの作品をきっかけに大学の入学祝いで買ってもらったフランツ・カフカ全集を大学時代に読んでいたあの頃、ローソクに火が点いたのかもしれない……」とMC。「我々の人生はローソクの火がともってネガティブな面もありつつ、何かが同時に満ち溢れてくるものなんだそうです。だから、安心してください。THE 夏の魔物もそのロウソクと同じように満ちあふれていきます」と、グループの精神的支柱として心強い宣言。

「2017年は、夏の魔物の黄金期になる! それを目撃できるのはあなたたちだ!」との大内の前口上から「リングの魔物」が始まると、観客から掲げられた黄色いサイリウムでフロアは一面アントンカラーに。続く「魔物、BOM-BA-YE ~魂ノ覚醒編~」が終わりシン・マモノBANDを呼び込んで各プレイヤーがスタンバイしたところで、チャンがすべての活動の名前を本名の泉茉里に統一することを発表。また、夏の魔物もTHE 夏の魔物に改名することを正式に発表した。さらに3月15日にシングルを発売、レコ発ライヴを行うことも告知。

一気に色々な情報が告知される中、最後の最後にビッグサプライズが待っていた。「新メンバーがいます。みずほちゃん!」と成田が叫ぶと、その名前にフロアのあちこちから「えっ?」という戸惑いの声が上がる中、元BELLRING少女ハートの朝倉みずほがセーラー服でステージに登場。「サマーロマンサー!」と曲名を叫んで、みずほを加えた7人で「サマーロマンサー」をパフォーマンス。成田とアントーニオ本多の間に入り、笑顔で歌い踊るみずほの姿に戸惑いながらも、生バンドで迫力を増した魔物アンセムに会場が一体となる盛り上がり。曲が終わるとすかさず成田が「みなさんが1人でもいる限り、THE夏の魔物は永遠に不滅だ! いくぞー! 3、2、1魔物ファイヤー!」と締めくくり。みずほは「よろしくお願いします」と一言だけ言い残し、会場中が騒然とする中ステージから去って行った。

大きな余韻を残してワンマン・ライヴを終えたTHE夏の魔物の次回のライヴは、1月22日(日)代々木zher the ZOOで行われる〈KILL YOUR IDOLS~MAIPUNI FINAL COUNT DOWN~〉。リンダ&マーヤ、KETTLESを迎えた3マンライヴで、THE 夏の魔物はバンド編成での出演となる。

取材・文:岡本貴之
写真:二宮ユーキ

・THE夏の魔物 新オフィシャル・ウェブサイト
http://thenatsunomamono.com/
・麻宮みずほインタビュー
http://thenatsunomamono.com/kaitai01.html

〈夏の魔物後夜祭シリーズ アントーニオ本多生誕記念ワンマン ~シン・マモノBAND爆誕~〉
2017年1月6日(金)東京・新宿MARZ
〈セットリスト〉
1.バイバイトレイン
2.SUNSET HEART ATTACK
3.爆裂レボリューション
4.恋の天国はケモマモハート
5.東京妄想フォーエバーヤング
6.ダーリン no cry!!!
7.どきめきライブ・ラリ
アンコール
8.未来は僕等の風が吹く
9.リングの魔物
10.魔物、BOM-BA-YE ~魂ノ覚醒編~
11.サマーロマンサー

※8,9,10以外はすべてバンドセット


+/- {PLU... ⇤ 前 最新のニュース ⇥ 次 〈THE WOR...

ニュース 関連記事

編集