Google Play Newsstand
> ニュース一覧

2014年01月07日17時52分

 

ジャイルズも認めた日本人キーボーディスト、アルバム収録曲ミックス音源公開&100人限定ダウンロード

 

Ovallなどの作品にて、流麗なキーボードさばきを聴かせるキーボーディスト、Kan Sano。彼のニュー・アルバム『2.0.1.1.』のリリースが2月5日に決定した。このリリースに先駆けて、アルバム収録楽曲を使った新たな試みを行う。

朋友、Ovallmabanuaの作品をはじめ、ソロでの活動、そして最近ではクラブ・ジャズ・シーンの重鎮、松浦俊夫によるブルーノート 75 周年プロジェクト HEXに参加、またその楽曲はジャイルス・ピーターソンのラジオにて複数回プレイされるなど、世界レベルでも活動が注目されている、Kan Sano。そして、もう一方では佐野観名義でソロ・ピアノ・アーティストとしても活動し、まさに「2つの顔を持つ」キーボーディストとして活躍している。

そんな彼のアルバム『2.0.1.1.』がリリースされる。本作には、ヴォーカリストとして、オランダのクラブ・ジャズ・シーンからは、Benny Sings、ベテラン女性シンガー、Monday 満ちる、Jazzy Sportからはそのシルキーで艶やかな歌声で話題のシンガー、Marter、ロン・カーターとの共演も果たしたジャズ・シンガー、Maya Hatch、またジャズ・シーン以外からも、後藤正文 (ASIAN KUNG-FU GENERATION) がディレクションしたカヴァー・アルバム『my favorite things』が話題の長谷川健一が参加。豪華で多彩なシンガーを迎えてのアルバムとなっている。もちろん、こちらはOTOTOYでも配信予定!

このアルバムに先駆けて、サウンドクラウドにてKan Sano本人によるアルバム収録曲のミックス音源を公開する。しかも、この音源は先着100人に限ってダウンロードもできるという(その後もサウンドクラウド上のストリーミング再生は可能)。アルバムのトレイラーとも言うべき、この音源でぜひとも手に入れるorストリーミングにて楽しんで欲しい。ダウンロードと試聴は下記サウンドクラウドにて。(河村)

〈サマソニ201... ⇤ 前 最新のニュース ⇥ 次 渋さ、沖縄最古の...

ニュース 関連記事

編集