Google Play Newsstand
> ニュース一覧

2013年02月20日02時00分

 

大森靖子、満員の会場で目を逸らすことの出来ない鋭いライヴ——OTOTOY最速レポ

 

2013年2月19日、高円寺・円盤にて、大森靖子の月例イベントが行われた。普段はCD屋として営業している店内には、立ち見も多数出るほどの観客が詰めかけ、決して広いとは言えない店内は、開演前から満員となった。

真っ黒いワンピースに身を包んだ大森靖子が抱える、アコースティック・ギターから伸びた、ピンク色のシールドが目立つ。ギターに触れ、音を鳴らすと、上目遣いで客席を見渡しながら、歌い始めた。

1曲目は「キラキラ」。時折、はにかんだような笑顔を見せる。客席は張り詰めたように、静まりかえっている。「こんばんは、大森靖子です」と笑顔で挨拶すると、「あれそれ」「新宿」と続けて演奏する。観客一人一人と目を合わせるように、視線を移動させながら歌う。あどけない少女のように、無邪気な表情を覗かせた「ぱるるの小包」とは裏腹に、次の「コーヒータイム」では、悲痛に絞り出すような表情を浮かべる。

曲中たまに見せる笑顔も、どことなく孤独に見える。彼女はどうして、こんなにもいろんな表情を見せることが出来るのだろうか。〈人違いでリンチされた少年を、一目みて恋におちた少女〉から始まる「あたし天使の堪忍袋」、〈キティちゃんの白いところ、6Bで塗りつぶす〉から始まる「KITTY'S BLUES」を続けて演奏。どちらも歌い出しから、ハッとさせられ、強く胸ぐらを掴まれたような気分になる。苦しいと言うよりも、たまらなくせつなくなった。

ここでMC。3月20日に発売する1stアルバム『魔法が使えないなら死にたい』と、5月13日に行われる渋谷CLUB QUATTROでのワンマン・ライヴの告知をする。なお、大森靖子から直接このライヴのチケットを買うと、彼女との2ショット・チェキがもらえるとのこと。是非、こちらでの購入をお勧めしたい。

「魔法が使えないなら」から、演奏は再開した。〈魔法が使えないなら死にたい〉〈つまらん夜はもうやめた〉と、感情をぶつけるように吐き出す。一段と強くギターを掻き鳴らし、「音楽を捨てよ、そして音楽へ」が始まる。〈音楽は魔法ではない〉と繰り返し、苛立つように叫ぶ。これは音楽への絶望なのか、それとも自らの中にある幻想を、打ち砕こうとしているのか。大森靖子が発する言葉の断片に込められた感情が、次々に突き刺さってくる。

感情が頂点に達したところで、〈でも音楽は〉と歌う。やっと、少しだけ解放されたような気分になった。この日のライヴ前に受けて来たというインタビューの話を挟みつつ、「プリクラにて」「ハンドメイドホーム」を続けて演奏。どちらの曲も、大森靖子が度々口にする〈アイドル〉という言葉が出てくる。その後、彼女の中の暖かさと優しさを強く感じる「君と映画」を演奏した。

ライヴは終盤に入る。静かに目をつむると、「高円寺」を歌う。噛みしめるように、目の前に景色を浮かべるかのように。曲の終わりに、窓の外から見える高円寺の雑然とした風景に、視線を移した。「夏果て」は、美しいメロディに乗せられた言葉が、心を侵食していく。<さいごの言葉、さいごのごはん、噛みしめる暇はない〉。曲が抱えている痛みの、ほんの一部とシンクロしたかのような感覚になった。心が痛かった。「展覧会の絵」を演奏すると、「ありがとうございました」と深くお辞儀をして、本編は終了した。

アンコールに応え、静かに再び歌い出す。ラストは「歌謡曲」。客席に語りかけるように、自分にも言い聞かせているかのように、ゆっくりと感情を込めて歌う。最後は笑顔で、もう一度挨拶すると、今まで彼女の歌を聴き入っていた客席から、大きな拍手が上がった。約1時間のライヴは終了した。

大森靖子は、時に涙を堪えるように、時に怨念を込めるように、時にアイドルのような笑顔で、様々な声色と表情を使い分けて歌う。どんな表情の時も、歌のリアルさと鋭さは変わらない。彼女が歌を放った瞬間、決して目を逸らす事が許されないような緊張感が場を支配し、歌が心の奥底まで入り込んで来る。それはたまらなく痛く、ある時は優しさに包まれたような感覚にもなった。ライヴを重ねるごとに、その歌は鋭さを増している。1stアルバムが世に放たれ、渋谷CLUB QUATTROでワンマン・ライヴを行うとき、それがいったいどれ程のものになっているのだろうか。今後も彼女の歌から、目を逸らすことは出来ない。(前田将博)

写真 : 木村泰之

〈大森靖子円盤月例企画vol.11〉
2013年2月19日(火)@高円寺・円盤

〈セットリスト〉
1. キラキラ
2. あれそれ
3. 新宿
4. ぱるるの小包
5. コーヒータイム
6. あたし天使の堪忍袋
7. KITTY'S BLUES
8. お茶碗
9. 魔法が使えないなら
10. 音楽を捨てよ、そして音楽へ
11. パーティードレス
12. プリクラにて
13. ハンドメイドホーム
14. 君と映画
15. 高円寺
16. さようなら
17. 夏果て
18. 展覧会の絵
アンコール
19. 歌謡曲

・LIVE INFORMATION

2013年3月4日(月)渋谷O-nest
来来来チーム×大森靖子 2マン+コラボ! アルバム先行販売開始!!!

2013年3月19日(火)高円寺円盤
大森靖子 月例イベント「祝! 魔法が使えないなら死にたい発売前夜祭!」

2013年3月22日(金)野方区民ホール
TOKONATSU主催 どついたるねん×大森靖子Wレコ発「野方にて」

2013年5月13日(月)渋谷CLUB QUATTRO
大森靖子 ワンマン・ライヴ「『魔法が使えないなら死にたい』リリース・ツアー・ファイナル! ~つまらん夜はもうやめた~」

HP(ブログ) : http://blog.livedoor.jp/omorimorimori/
Twitter : @oomoriseiko

・リリース予定
2013年3月20日(水)
1stアルバム『魔法が使えないなら死にたい』発売

オルケスタ・リブ... ⇤ 前 最新のニュース ⇥ 次 kilk rec...

ニュース 関連記事

編集