LIVE REPORT「WONDER RAIN TOUR 2014」@渋谷WWW

2014年5月21日(水)、渋谷WWW。この日の主役は正真正銘、音楽だった。

START OF THE DAYが主催をつとめるツアー「WONDER RAIN TOUR 2014」の東京公演。バー・スペースでは「音ノ怪 絵ノ怪」によるライヴ・ペインティングが行なわれたり、「PASAR KITCHEN」によるオリジナル・フードが出されたりと、音楽を楽しむために余念のない空間作りがなされていた。入り口にはkilk recordsの森大地から、この日を祝う花が贈られ飾られており、関東近郊のポストロック、アンビエント・ミュージックに造形のあるバンドマンや関係者の姿も数多く見られた。

元映画館ということもあり、客席が段々になっている同会場。ステージがよく見渡せる会場で、この日のトップバッターを務めたのは、シンガポールの5人組バンド、ANECHOIS(アンエコイズ)。START OF THE DAYが主宰しているレーベル・WONDER RAIN RECORDSより、2013年12月にリリースされたコンピレーション・ミニ・アルバム『Yggdrasill 1』に収録されているバンドで、今回が初めての日本公演となる。ほぼ無名というなかで行なわれたライヴは度肝を抜くような内容であった。

2000年代中旬の日本でポストロックが盛り上がっていたころの勢いをそのまま取込んでしまったかのような音楽的冒険に溢れた音楽。なにより、それをひたむきに演奏している5人により、そのエネルギーは増幅されて会場になり響く。リスニング・ミュージックではなく血の通った肉体的なサウンド。ダンス・ミュージックさながらの演奏に客席の身体は自然と揺れていく。エネルギッシュで、自然と浮かぶ楽しそうな表情は、全力を出し切ったうえに自然と浮かぶ表情であった。ステージ上で写真を撮るなどリラックスした瞬間も見せつつ、締まったライヴで会場にどよめきを与えライヴは終了した。

ANECHOIS

2組目は、北海道のバンド、sleepy.ab。もはや安定のステージといってもいいが、確実に自分たちで課題を持ち、それを乗り越えようとしている姿勢が好印象であった。この日は、90年代レディオヘッドさながらの耽美的なメロディと、シューゲイザー・テイストのギター・サウンドで、会場を音の渦に包み込んだ。黙々と職人のように刻み付けるギター・ロックのポップ・ミュージック。もはや北海道を代表する孤高のバンドとしての存在感を見せつけた。

sleepy.ab

そしてトリを務めたのは、主催者であるSTART OF THE DAYだ。長い転換時間をへて、ステージにかかっている黒幕があくと、ステージから溢れんばかりの楽器と、白装束を着飾ったメンバーの姿が広がった。Aureoleやkaninaのメンバーなど、繋がりのあるバンドのなかから、自分たちの音楽を補完するために必要な楽器とミュージシャンがこの日のために招集されたのである。ホーン隊やコーラスの男女など、その構成を観ているだけでも、START OF THE DAYがやりたいことは、自分たちの主張ではなく、音楽そのものを生み出すことということが伝わってくる。

START OF THE DAY

第一音がなる。圧倒的なハーモニー。ギター、ベースの音は数多くの楽器に混ざり込み、はっきり輪郭を見せることはないが、アンサンブルによって、16人のオーケストラは信じられないくらい壮大で清らかなサウンドを生み出していく。逆にアンプを通していないフルートなどの楽器が音の洪水を突き破り耳に入ってくる。その音を解析しようと耳をすませているだけでも楽しいが、メロディは美しく、時間も大河のようにながれていってしまう。誰も帰ろうとしないなかでの、アンコールはこのイベントの集大成にふさわしいくらいの多幸感が会場を包んだ。

最初に述べたように、この日の主役は音楽だった。仮にSTART OF THE DAYのメンバーを知らずにこのライヴを観たら、誰がメンバーなのかはわからなかったと思う。全員白装束を着て、立ち位置も楽器を主体に置かれており、誰が誰なのかの説明も大々的に行なわれたわけでもない。あくまで演者の感心は、このメンバーでどのような音を奏でられるか、そこに尽きていた。それにより導かれた音楽はとても美しく、とても大きな渦を描くものであった。この日出演した3組は、どのバンドともに余計な説明なしに、音楽に魂を宿すことに全力を賭けているように見えた。このような祝祭感溢れるイベントが開催されたことを喜ぶとともに、来年もまたこのアンサンブルが見られることを心より願っている。(text by 西澤裕郎)

写真 : megu(サンガツ) (会場写真、ライヴ・ペインティング)
写真 : yuka jonishi (ライヴ写真)

>>「START OF THE DAY × ANECHOIS」の対談ページはこちら<<


WONDER RAIN TOUR 2014 Tokyo
2014年5月21日(水)@渋谷WWW
出演 : ANECHOIS (from Singapore) / START OF THE DAY / sleepy.ab
Live painting & exhibition : 音ノ怪 絵ノ怪
FOOD : PASAR KITCHEN
OPEN / START : 18:00 / 19:00

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

オーラル、フレデリックに続く期待の新人! MASH A&Rグランプリ獲得のSaucy Dogが目指す大きな夢
[CLOSEUP]・2017年05月24日・オーラル、フレデリックに続く期待の新人! MASH A&Rグランプリ獲得のSaucy Dogが目指す大きな夢 これまでTHE ORAL CIGARETTESやフレデリックを輩出してきたオーディションMASH A&Rが再び新たな原石を発見した。大阪を中心に活動し、2016年度のMASH A&Rにてグランプリを獲得した3人組ロックバンド“Saucy Dog”。最大の特徴としてヴォーカル石原慎也の発する「言葉・メロディ・声」がある。その魅力を最大限に生かすバンド・アレンジにはSaucy Dogのバンドとしてのポテンシャルを感じずにはいられない! そんな彼ら初の全国流通作品となる、1stミニ・アルバム『カントリーロード』の配信がスタート。OTOTOYではアルバム購入者特典として、2017年6月23日までの期間限定でボーナス・トラック「カントリーロード(Cover)」の音源をプレゼントします! オーディションでは「負ける気はしなかった」と語る彼らの自信の根元、そして今後の活動で目指すべき大きな目標について語ってくれたインタヴューと共にお楽しみください。 Saucy Dog初の全国流通作品を配信中!Saucy Dog
by JJ
底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年05月24日・底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信 ニューウェイヴ・アイドル・グループ、ゆるめるモ! が、2017年3月26日にTSUTAYA O-EASTにて開催した東名阪ワンマン・ツアー〈孤独と逆襲 ~てえへんだ!底辺だ~ ツアー」〉の東京編をライヴ・レコーディング、OTOTOYにて独占ハイレゾ配信スタート。3月15日に発売されたシングル『孤独と逆襲EP』を携え、新バンドを従えて全公演生バンド編成で行ったタイトなツアーを生々しくパッケージ。当日のライヴレポートも掲載して当日を振り返る。6月にはミニ・アルバムのリリース、同作を携えた全国ツアー(ファイナルは赤坂BLITZ)も決まっているゆるめるモ! の熱い夏から目が離せない!! 新バンド従えた東京ワンマンの音源を独占ハイレゾ配信ゆるめるモ! / 孤独と逆襲〜てえへんだ! 底辺だ〜ツアー at TSUTAYA O-EAST(24bit/48kHz)'【Track List】1. idアイドル2. Hamidasumo!3. 不意打て!!4. 私の話、これでおしまい5. アントニオ6. 人間は少し不真面
「シャボン・タイムマシン」解体新書ーー制作者、SAWAとTomgggにより楽曲ができるまで全て語る
[CLOSEUP]・2017年05月23日・曲ができるまでの過程、全部明かします!!ーーSAWAとTomgggによる「シャボン・タイムマシン」解体新書 SAWAの新曲「シャボン・タイムマシン」が5月24日(水)よりOTOTOY独占でハイレゾ配信開始。同曲は、Hauptharmonieの結成1周年ワンマン・コンサートの限定シングルとしてSAWAが作曲・編曲し提供した「Searching,Afraid,Wandering,Acutes」のセルフカバーで、リアレンジのサウンド・プロデューサーとしてTomgggが参加。ドリーミーなキラキラワールドがSAWAの声と出会い、新たな楽曲として生まれ変わっている。5月27日に上野恩賜公園で行われるSAWA主催のイベント〈サワソニ25〉で本曲を初披露、会場限定シングルとしても発売する。本作のリリースに伴い、SAWAとTomgggの対談を敢行。「シャボン・タイムマシン」がどのように完成したか、実際のデモ音源とともに丸裸にする!! サウンド・プロデュースにTomgggを迎えたSAWAの新曲を先行ハイレゾ配信SAWA / シャボン・タイムマシン【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 単
by 西澤 裕郎
6人で変えていくんだよーーエレクトリックリボン、新体制初シングルを1週間先行ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年05月22日・6人で変えていくんだよーーエレクトリックリボン、新体制初シングルを1週間先行ハイレゾ配信 yu、aoi、airiの新メンバー3人を迎え、6人体制で活動をスタートしたエレクトリックリボン。そんな彼女たちが5月30日にニュー・シングル『Twinkle in you』を箱レコォズよりリリースする。表題曲「Twinkle in you」、およびカップリングの「春色ドロップ」は、前作「アイライン」に引き続き、女の子のための女の子のレーベル「花とポップス」のあーたが作詞・作曲を担当。また、3曲目には現在のメンバー6人でレコーディングし直した「アイライン」の新バージョンを収録。「変えていくんだよ」と決意を歌う同シングルをOTOTOYでは1週間先行配信するとともに、6人へのインタヴューを掲載。新たなエレクトリックリボンをどこよりも早く感じてみてはいかがだろう。 箱レコォズよりリリースされる最新シングルを1週間先行配信エレクトリックリボン / Twinkle in you(24bit/48kHz)【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC 単曲 250円 / まとめ 1,000円【Track List】1. Twi
by 西澤 裕郎
新編成で送りだすYogee New Wavesの新たな“波”の響き
[CLOSEUP]・2017年05月18日・新編成で送りだすYogee New Wavesの2nd──やつらの新たな“波”をとらえろ 1st『PARAISO』で高い評価を受けたのち、メンバーの脱退や加入などを経て、ついにYogee New Wavesが2ndアルバム『WAVES』を完成させた。約2年半振りのフル・アルバムは、そう、とにかく2017年の夏、この国のインディ・ロックを象徴をアルバムのひとつになるだろう。これまでシングル・カットされてきた楽曲も含めて、全曲捨て曲なしの11曲が詰まったアルバムだ。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、アルバムまとめ買いで歌詞PDFが付属する。ということで、また記事では、Yogee New Wavesのことが好きすぎるOTOTOYスタッフ、23歳、鈴木雄希による熱血のロング・レヴューをお送りしよう。 アルバムまとめ買いで歌詞PDF付きYogee New Waves / WAVES(24bit/96kHz)'【Track List】01. Ride on Wave02. Fantasic Show03. World is Mine04. Dive Into the Honeytime05. Unders
by ?
内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン
[CLOSEUP]・2017年05月17日・2つの顔をもったミュージックスペースーー神楽坂に誕生した「神楽音(カグラネ) / KGR(n)」の全貌に迫る 自らの音楽活動のみならず、インディーズ・レーベル「kilk records」、ライヴハウス「ヒソミネ」、カフェ「bekkan」を立ち上げ、次々と新たなチャレンジを行っている森大地。昨年秋にAureoleを解散して新バンド「Temple of Kahn」を結成した彼が、時を同じくしてオープンさせるのが音楽スペース「神楽音」/「KGR(n)」だ。神楽坂という街、駅から徒歩1分という好アクセス、クオリティを追求した音響システム、洒落た内装と、既存のライヴハウスやクラブとは一線を画すこのライヴスペースは、“新たな音楽シーンを生み出したい”という強い意志を持った仲間たちによって誕生したようだ。今回、立上げに参画した4人ーー森大地、音響システムを担当し株式会社キルクと共同経営であるアソルハーモニクス株式会社代表・森堅一、「神楽音」/「KGR(n)」の店長を務める田中一臣、「KGR(n)」のブランディングを手掛けるmergrimの光森貴久(※ベルリン在住のためSkypeで参加)にお集まり頂き、妥協を一切にしなか
by 岡本 貴之
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.1 アヤ・エイトプリンス&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」スタート!!
[CLOSEUP]・2017年05月19日・GANG PARADE 連続インタヴュー、アヤ・エイトプリンス編「今までで1番のギャンパレを絶対に作る」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタルトレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第1回は、アヤ・エイトプリンス編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」がスタート!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェックだ!! >>新連載!! GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.1 はこち
by 西澤 裕郎
エレクトロ〜R&Bを行き来する、この国のメロウなポップ・マエストロ
[CLOSEUP]・2017年05月10日・【独占ハイレゾ】ポスト・インディR&B時代の、この国のメロウなポップ・マエストロ、City Your City ベース・ミュージック〜インディR&Bのポップへの侵食は、海外のみならず、ここ日本にもさまざまなレベルで行われている。〈術ノ穴〉からアルバム『N/S』をリリースする、このCity Your Cityもそんな存在とも言えるだろう。TPSOUNDによるクールなエレクトロ・トラックと、メロウなk-overのヴォーカルが渾然一体となったソフトなポップ・サウンドを奏でる。その実力は、まずは話題となったデジタル・シングル「choice」「neon」「share」「shy」を含む全10曲を収録したアルバム『N/S』を聴いてたしかめていただきたい。OTOTOYでは本作を独占のハイレゾ配信を行うとともにインタヴューを行なった。 ハイレゾ版を独占配信City Your City / N/S(24bit/48kHz)'【Track List】01. choice02. insomnia03. shy04. night05. share06. □△○07. card 08. neon【配信形態 / 価格】''24bit/4
by ?
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事