LIVE REPORT「WONDER RAIN TOUR 2014」@渋谷WWW

2014年5月21日(水)、渋谷WWW。この日の主役は正真正銘、音楽だった。

START OF THE DAYが主催をつとめるツアー「WONDER RAIN TOUR 2014」の東京公演。バー・スペースでは「音ノ怪 絵ノ怪」によるライヴ・ペインティングが行なわれたり、「PASAR KITCHEN」によるオリジナル・フードが出されたりと、音楽を楽しむために余念のない空間作りがなされていた。入り口にはkilk recordsの森大地から、この日を祝う花が贈られ飾られており、関東近郊のポストロック、アンビエント・ミュージックに造形のあるバンドマンや関係者の姿も数多く見られた。

元映画館ということもあり、客席が段々になっている同会場。ステージがよく見渡せる会場で、この日のトップバッターを務めたのは、シンガポールの5人組バンド、ANECHOIS(アンエコイズ)。START OF THE DAYが主宰しているレーベル・WONDER RAIN RECORDSより、2013年12月にリリースされたコンピレーション・ミニ・アルバム『Yggdrasill 1』に収録されているバンドで、今回が初めての日本公演となる。ほぼ無名というなかで行なわれたライヴは度肝を抜くような内容であった。

2000年代中旬の日本でポストロックが盛り上がっていたころの勢いをそのまま取込んでしまったかのような音楽的冒険に溢れた音楽。なにより、それをひたむきに演奏している5人により、そのエネルギーは増幅されて会場になり響く。リスニング・ミュージックではなく血の通った肉体的なサウンド。ダンス・ミュージックさながらの演奏に客席の身体は自然と揺れていく。エネルギッシュで、自然と浮かぶ楽しそうな表情は、全力を出し切ったうえに自然と浮かぶ表情であった。ステージ上で写真を撮るなどリラックスした瞬間も見せつつ、締まったライヴで会場にどよめきを与えライヴは終了した。

ANECHOIS

2組目は、北海道のバンド、sleepy.ab。もはや安定のステージといってもいいが、確実に自分たちで課題を持ち、それを乗り越えようとしている姿勢が好印象であった。この日は、90年代レディオヘッドさながらの耽美的なメロディと、シューゲイザー・テイストのギター・サウンドで、会場を音の渦に包み込んだ。黙々と職人のように刻み付けるギター・ロックのポップ・ミュージック。もはや北海道を代表する孤高のバンドとしての存在感を見せつけた。

sleepy.ab

そしてトリを務めたのは、主催者であるSTART OF THE DAYだ。長い転換時間をへて、ステージにかかっている黒幕があくと、ステージから溢れんばかりの楽器と、白装束を着飾ったメンバーの姿が広がった。Aureoleやkaninaのメンバーなど、繋がりのあるバンドのなかから、自分たちの音楽を補完するために必要な楽器とミュージシャンがこの日のために招集されたのである。ホーン隊やコーラスの男女など、その構成を観ているだけでも、START OF THE DAYがやりたいことは、自分たちの主張ではなく、音楽そのものを生み出すことということが伝わってくる。

START OF THE DAY

第一音がなる。圧倒的なハーモニー。ギター、ベースの音は数多くの楽器に混ざり込み、はっきり輪郭を見せることはないが、アンサンブルによって、16人のオーケストラは信じられないくらい壮大で清らかなサウンドを生み出していく。逆にアンプを通していないフルートなどの楽器が音の洪水を突き破り耳に入ってくる。その音を解析しようと耳をすませているだけでも楽しいが、メロディは美しく、時間も大河のようにながれていってしまう。誰も帰ろうとしないなかでの、アンコールはこのイベントの集大成にふさわしいくらいの多幸感が会場を包んだ。

最初に述べたように、この日の主役は音楽だった。仮にSTART OF THE DAYのメンバーを知らずにこのライヴを観たら、誰がメンバーなのかはわからなかったと思う。全員白装束を着て、立ち位置も楽器を主体に置かれており、誰が誰なのかの説明も大々的に行なわれたわけでもない。あくまで演者の感心は、このメンバーでどのような音を奏でられるか、そこに尽きていた。それにより導かれた音楽はとても美しく、とても大きな渦を描くものであった。この日出演した3組は、どのバンドともに余計な説明なしに、音楽に魂を宿すことに全力を賭けているように見えた。このような祝祭感溢れるイベントが開催されたことを喜ぶとともに、来年もまたこのアンサンブルが見られることを心より願っている。(text by 西澤裕郎)

写真 : megu(サンガツ) (会場写真、ライヴ・ペインティング)
写真 : yuka jonishi (ライヴ写真)

>>「START OF THE DAY × ANECHOIS」の対談ページはこちら<<


WONDER RAIN TOUR 2014 Tokyo
2014年5月21日(水)@渋谷WWW
出演 : ANECHOIS (from Singapore) / START OF THE DAY / sleepy.ab
Live painting & exhibition : 音ノ怪 絵ノ怪
FOOD : PASAR KITCHEN
OPEN / START : 18:00 / 19:00

 
 

レヴュー

現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
【REVIEW】地に足がついていない!?──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース
[CLOSEUP]・2017年11月15日・【REVIEW】地に足がついていない!? ──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース OTOTOYとレコード・プレス・メーカーの東洋化成によるコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉から初のアナログ盤となる『銀ギラ』のリリースや、自主企画イベント〈アメ村天国〉の開催など、今年は飛躍の年であることがうかがえる、愛はズボーン。そんな彼らがこのたび満を持して、1stフル・アルバム『どれじんてえぜ』をリリースした。本作のジャケットは世界的画家・黒田征太郎が手掛けている。黒田は愛はズボーンのメンバーたちが敬愛している画家で、まさに細部にまで強い想いが込められた作品に仕上がったと言えるだろう。そんな彼らの活躍を良質なハイレゾ音質で感じることができるのは、OTOTOYだけ! 本作をさらに楽しむテキストとして、レヴューも掲載! 未来の音楽濃縮盤をとくとご堪能いただきたい! ハイレゾはOTOTOYだけ! 未来の音楽が濃縮された、1stフル・アルバム愛はズボーン / どれじんてえぜ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 2
by 宮尾茉実
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実
【REVIEW】映画『この世界の片隅に』の音楽を手がけ、多くの話題を呼んだコトリンゴが約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリース!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・『雨の箱庭』は私たちにどんな世界のすばらしさを見せる?──約3年半ぶりコトリンゴのオリジナル・アルバム 卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くコトリンゴ。そんな彼女が約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『雨の箱庭』をリリースする。前作からこれまで、アニメ映画『この世界の片隅に』の全ての音楽を担当し数々の賞を受賞する等、音楽家としての評価を高めた彼女。映画同様、今作でも作詞作曲編曲(ストリングス、ホーン含む)、サウンド・プロデュースのすべてを手掛けている。そんな今作は、のちにドキュメンタリー映画となった企画「LIGHT UP NIPPON」のために書きおろした楽曲のほか、RADWIMPS・野田洋次郎主演ドラマ「100万円の女たち」の主題歌等、色とりどりの音楽たちがぎゅっと詰め込まれた鮮やかなアルバムが完成。歌のように響くピアノの音色と、そっと優しいコトリンゴの歌声と共に生み出されるカラフルな音世界を、レヴューと共におたのしみください。 約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムコトリンゴ / 雨の箱庭'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
by ai
つりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年11月06日・5人が挑む、新たな海原への決意をこめてーーつりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信 5人組アイドル・ユニットのつりビットがニュー・シングル『1010〜とと〜』をリリースした。今年の春にリリースされた2ndアルバム『Blue Ocean Fishing Cruise』も好評な中、彼女たちの成長と主張が感じられる新曲が到着。その理由を、宗像明将のレヴューで紐解いてみよう。 ハイレゾver.のアルバム購入者から抽選でサイン入りポスタープレゼント!つりビット / 1010~とと~(初回生産限定盤)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 750円(税込)【Track List】01.1010~とと~02.A Color Summer!! ポスタープレゼントの詳細は、こちらからご確認ください。'' REVIEW : 『1010~とと~』 つりビットが大きく変化する瞬間を私たちは目にしようとしている。彼女たちのニュー・シングル「1010〜とと〜」は、サウンド面ではこれまでのイメージを大きく変え、歌詞の面ではつりビットらしさを追求した
【REVIEW】芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』
[CLOSEUP]・2017年11月02日・芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』 インターネット次世代シューゲ・ポップ・バンドFor Tracy Hydeが新作『he(r)art』をリリース。90年代から00年代にシーンを支えたSLOWDIVE、Ride、The Pains of Being Pure at Heartが次々と今年新作をリリースしたことで巻き起こったシューゲイザー復興の潮流。日本のライヴシーンでもシューゲイザー / ドリーム・ポップが中心となりつつあるなか、そのまさに最前線に立っている彼らが新作をリリースすることは、来たる2018年の音楽シーンの大局のための礎を築いたといえるはずである。OTOTOYではそんな未来のシーンを占う逸材の新作をレヴューと共にお届けする。 都会の生活をモチーフにした次世代ドリームポップ・バンドの2nd! For Tracy Hyde / he(r)art'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】 単曲 257円(税込) / アルバム 1697円(税込)【収録曲】''01.Openin
by 中の人
インディR&B? フューチャー・ソウル?──世界規模で盛り上がる音楽シーン、そして連動する日本のバンドたち
[CLOSEUP]・2017年11月01日・インディR&B? フューチャー・ソウル?──世界規模で盛り上がる音楽シーン、そして連動する日本のバンドたち 森大地(ex-Aureole)、萩原朋学(KAGERO / SaraGrace'sOneHotNight)、tsubatics(ex-Aureole / MUSQIS / suthpire)、松本一輝(THE ROAMERS / リリカ リリス)、桑原渉(WINDOWZ)の5人によって結成されたバンド、Temple of Kahn(テンプル・オブ・カーン)。この錚々たるメンバーの集結により音源発表前から注目を集める彼らが、初のEP『Good Luck EP』を11月8日にリリースする。OTOTOYでは待望のデビューEPを期間限定でフル試聴を行い、Temple of Kahnを読み解くヒントとなるインディR&B、フューチャー・ソウルのアーティストをまとめた記事を掲載。海外だけでなく、日本でも連動するその音楽シーンとともに、その楽曲を聴いてみてはいかがだろう? Temple of Kahnの初EPを期間限定フル視聴Good Luck EP / Temple of Kahn【収録曲】1. Always H
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事