LIVE REPORT「WONDER RAIN TOUR 2014」@渋谷WWW

2014年5月21日(水)、渋谷WWW。この日の主役は正真正銘、音楽だった。

START OF THE DAYが主催をつとめるツアー「WONDER RAIN TOUR 2014」の東京公演。バー・スペースでは「音ノ怪 絵ノ怪」によるライヴ・ペインティングが行なわれたり、「PASAR KITCHEN」によるオリジナル・フードが出されたりと、音楽を楽しむために余念のない空間作りがなされていた。入り口にはkilk recordsの森大地から、この日を祝う花が贈られ飾られており、関東近郊のポストロック、アンビエント・ミュージックに造形のあるバンドマンや関係者の姿も数多く見られた。

元映画館ということもあり、客席が段々になっている同会場。ステージがよく見渡せる会場で、この日のトップバッターを務めたのは、シンガポールの5人組バンド、ANECHOIS(アンエコイズ)。START OF THE DAYが主宰しているレーベル・WONDER RAIN RECORDSより、2013年12月にリリースされたコンピレーション・ミニ・アルバム『Yggdrasill 1』に収録されているバンドで、今回が初めての日本公演となる。ほぼ無名というなかで行なわれたライヴは度肝を抜くような内容であった。

2000年代中旬の日本でポストロックが盛り上がっていたころの勢いをそのまま取込んでしまったかのような音楽的冒険に溢れた音楽。なにより、それをひたむきに演奏している5人により、そのエネルギーは増幅されて会場になり響く。リスニング・ミュージックではなく血の通った肉体的なサウンド。ダンス・ミュージックさながらの演奏に客席の身体は自然と揺れていく。エネルギッシュで、自然と浮かぶ楽しそうな表情は、全力を出し切ったうえに自然と浮かぶ表情であった。ステージ上で写真を撮るなどリラックスした瞬間も見せつつ、締まったライヴで会場にどよめきを与えライヴは終了した。

ANECHOIS

2組目は、北海道のバンド、sleepy.ab。もはや安定のステージといってもいいが、確実に自分たちで課題を持ち、それを乗り越えようとしている姿勢が好印象であった。この日は、90年代レディオヘッドさながらの耽美的なメロディと、シューゲイザー・テイストのギター・サウンドで、会場を音の渦に包み込んだ。黙々と職人のように刻み付けるギター・ロックのポップ・ミュージック。もはや北海道を代表する孤高のバンドとしての存在感を見せつけた。

sleepy.ab

そしてトリを務めたのは、主催者であるSTART OF THE DAYだ。長い転換時間をへて、ステージにかかっている黒幕があくと、ステージから溢れんばかりの楽器と、白装束を着飾ったメンバーの姿が広がった。Aureoleやkaninaのメンバーなど、繋がりのあるバンドのなかから、自分たちの音楽を補完するために必要な楽器とミュージシャンがこの日のために招集されたのである。ホーン隊やコーラスの男女など、その構成を観ているだけでも、START OF THE DAYがやりたいことは、自分たちの主張ではなく、音楽そのものを生み出すことということが伝わってくる。

START OF THE DAY

第一音がなる。圧倒的なハーモニー。ギター、ベースの音は数多くの楽器に混ざり込み、はっきり輪郭を見せることはないが、アンサンブルによって、16人のオーケストラは信じられないくらい壮大で清らかなサウンドを生み出していく。逆にアンプを通していないフルートなどの楽器が音の洪水を突き破り耳に入ってくる。その音を解析しようと耳をすませているだけでも楽しいが、メロディは美しく、時間も大河のようにながれていってしまう。誰も帰ろうとしないなかでの、アンコールはこのイベントの集大成にふさわしいくらいの多幸感が会場を包んだ。

最初に述べたように、この日の主役は音楽だった。仮にSTART OF THE DAYのメンバーを知らずにこのライヴを観たら、誰がメンバーなのかはわからなかったと思う。全員白装束を着て、立ち位置も楽器を主体に置かれており、誰が誰なのかの説明も大々的に行なわれたわけでもない。あくまで演者の感心は、このメンバーでどのような音を奏でられるか、そこに尽きていた。それにより導かれた音楽はとても美しく、とても大きな渦を描くものであった。この日出演した3組は、どのバンドともに余計な説明なしに、音楽に魂を宿すことに全力を賭けているように見えた。このような祝祭感溢れるイベントが開催されたことを喜ぶとともに、来年もまたこのアンサンブルが見られることを心より願っている。(text by 西澤裕郎)

写真 : megu(サンガツ) (会場写真、ライヴ・ペインティング)
写真 : yuka jonishi (ライヴ写真)

>>「START OF THE DAY × ANECHOIS」の対談ページはこちら<<


WONDER RAIN TOUR 2014 Tokyo
2014年5月21日(水)@渋谷WWW
出演 : ANECHOIS (from Singapore) / START OF THE DAY / sleepy.ab
Live painting & exhibition : 音ノ怪 絵ノ怪
FOOD : PASAR KITCHEN
OPEN / START : 18:00 / 19:00

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

どついたるねん、9作目のアルバム『COLOR LIFE』をリリース&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年02月15日・どついたるねん、一本糞あり!!ーー僕たちはロックンローラーとしてのスタート地点に立つことを許された 6008曲入りのアルバムをリリースしたり、AVメーカーHMJMとタッグを組んだ映画を公開するなど、常に話題を振りまき続けるバンド“どついたるねん”。昨年は47都道府県をまわる全国ツアーを約2ヶ月間で達成、ファイナルのリキッドルームは満員の中ライヴを行いました。そんな彼らが通算9作目のアルバム『COLOR LIFE』をリリース。タワーレコード限定発売のシングル曲「緊張の糸」、新たな彼らの代表曲「わたちゃん2」などを含む全11曲を収録。同作発売とともに全国ツアー〈彦龍〉を開催、ファイナルにバンド最大規模の赤坂BLITZワンマンも発表した、どついたるねんの現在を見逃さないよう!! 通算9作目のフル・アルバムを配信スタートどついたるねん / COLOR LIFE'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 216円(税込) まとめ価格 1,944円(税込)【Track List】1. Hello never mind2. Human 3. ミッドナイト デジャヴ4. freedom5. 緊
by 西澤 裕郎
24組のアイドルが名古屋に集結! 年に一度開催の「東海アイドル万博2017」 PHOTO REPORT
[CLOSEUP]・2017年02月17日・【PHOTO REPORT】24組のアイドルが名古屋に集結! 「東海アイドル万博2017」 関東・東海地方のアイドル・イベント制作会社、アイドル侍が主催する、年に一度行われているアイドル・イベント「東海アイドル万博2017」が2017年2月11日に愛知県名古屋市のダイアモンドホールにて開催された。 メジャーからインディーズまで、全24組のアイドルが名古屋に集合。その中からピックアップしたアイドル達のライヴの模様を写真で紹介する。 イベント名 : 東海アイドル万博2017日程 : 2017年2月11日(土)会場 : DIAMOND HALL出演 : 虹のコンキスタドール(東京)、マジカルパンチライン(東京)、天晴れ!原宿(東京)、Pimm's(東京)、強がりセンセーション(東京)、POP UP(大阪)、ICE CREAM SUICIDE(東京)、PREDIANNA(愛知)、*ココロモヨヲ*(愛知)、オレンジみるふぃ~ゆ(山口)、全力少女R(東京)、MilkShake(長崎) 、煌めき☆アンフォレント(三重)、ゆるめるモ!(東京)、P.IDL(東京)、Star☆T(愛知)、てのひらえる(兵庫)、ナト☆カン
2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【ツアー・ファイナル開催間近!】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表 昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信予定です。そして『Pressure』のリリース・ツアーのファイナルも2月13日(月)に渋谷Club Asiaで開催。アルバム制作を終えてさまざまな面で変化を迎えた彼らのライヴもぜひとも! 2月13日(月)、アルバム『Pressure』リリース・ツアー・フィナル開催PAELLAS "Pressure" Release Tour Final2月13日(月)@渋谷 Club AsiaOPEN 19:00 / START 19:30LIVE : PAELLAS、ヤシの木フラミンゴVJ : chao
by 河村 祐介
7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【2ヶ月連続特集】7人組ロックンロール・バンドーーTHE 夏の魔物、スタジオ潜入レポート&インタヴュー 2017年1月6日、ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成された7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物。3月15日リリース予定の1stシングルより浅野尚志作曲、只野菜摘作詞による「僕と君のロックンロール」を現在無料先行配信中だ。同楽曲は2月16日に新代田FEVERで開催されるワンマン・ライヴ〈THE 夏の魔物登場!!! TOUR特別編~麻宮みずほ20才おめでとう歓迎会スペシャル~〉にて初披露される。ギターに越川和磨と林宏敏(ex.踊ってばかりの国)、キーボードにハジメタル、ベースにえらめぐみ(theMADRAS、股下89)、ドラムにBOBOが参加し行われる同ワンマンのリハーサルに潜入、レポートとインタヴューを掲載。2ヶ月連続でTHE 夏の魔物をフィーチャーする。 1stシングルより期間限定フリー・ダウンロード中THE 夏の魔物 / 僕と君のロックンロール'【配信形態】''mp3 【配信価格】0円新世代ロックンロール・アンセム!! 21世紀の『リンダリンダ』がここにある! 3月1
by 岡本 貴之
水曜日のカンパネラ、メジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年02月08日・【REVIEW】水曜日のカンパネラ、待望のメジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信中 水曜日のカンパネラのメジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信スタート。全曲ケンモチヒデフミによる作詞・作曲による本作は、2016年11月にリリースされたシングル『SUPERKID』より「アラジン」、「カメハメハ大王」を含む全10曲入り。2017年3月8日(水)には日本武道館でワンマン・ライヴを行うことも発表し、さらなる水曜日のカンパネラ旋風が吹き荒れること間違いなし。OTOTOYでは過去作もすべてハイレゾ配信中。この機会にあわせて揃えてみてはいかがでしょう? メジャー1stフル・アルバムをハイレゾ配信水曜日のカンパネラ / SUPERMAN'【配信形態 / 価格】24bit/96kHz(WAV / ALAC / FLAC)まとめ購入のみ 3,859円(税込)>>ハイレゾとは?【Track List】''1. アラジン2. 坂本龍馬3. 一休さん4. オニャンコポン5. チンギス・ハン6. チャップリン7. オードリー8. カメハメハ大王9. 世阿弥10. アマノウズメ REVIEW : 水
by 西澤 裕郎
特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド
[CLOSEUP]・2017年02月03日・特集 : 選ばれたグルーヴ──この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド ここ数年の、この国のインディ・ロックのシーンにインディR&Bやネオ・ソウル、現代ジャズといった音楽のグルーヴを援用したバンドたちが人気を集めている。本特集では、「選ばれたグルーヴ」と題して、現在OTOTOYでは配信中で、こうしたサウンドへと接続する音源を紹介するとともに、『Jazz The New Chapter』監修者 / ライターの柳樂光隆と、OTOTOYプロデューサー、高橋健太郎のふたりの識者の対談なども交えてお届けしよう。また、ここで、こうした流れの注目のバンドで昨年リリースされ話題を呼んだ、WONKの『Sphere』も配信開始する。文・選盤・構成 : 河村祐介 イントロ──選ばれたグルーヴ 2015年から、そして2016年にかけて、この国のインディ・ロック・シーンのサウンド面で新たにキーワードとして出てきたのは、インディR&B、ロバート・グラスパー以降の現代ジャズやアシッド・ジャズ……ざっくりと言ってこういったものだろう。こうした見方で言えば、さきほどリリースされたSuchmosのアルバム『THE KIDS』は、そう
by 河村 祐介
声優・楠田亜衣奈、カレンダーをコンセプトにした3rdアルバムをハイレゾ配信ーーレヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年02月01日・【REVIEW】声優・楠田亜衣奈、カレンダーをコンセプトにした3rdアルバムをハイレゾ配信 「ラブライブ!」の東條希役として声優デビュー、μ’sのメンバーとしても活躍した楠田亜衣奈が3rdアルバム『カレンダーのコイビト』をリリース。ソロアーティストとして3作目のアルバムとなる同作のコンセプトはなんと「カレンダー」! 彼女の誕生月である2月を筆頭に1年間を月ごとに彩る12曲、ボーナス・トラック2曲を含め、全14曲を収録。前作に引き続き、作詞はこだまさおりがメインで担当、楠田自身も2曲作詞を手がけています。OTOTOYではハイレゾで配信開始。レビューと共にお届けします! 3rdアルバムをハイレゾ配信!楠田亜衣奈 / カレンダーのコイビト (24bit/48kHz)【配信形態】24bit / 48kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC【価格】単曲 540円(税込) / アルバム 3,500円(税込)【収録曲】1. まいにち誰かのハッピーデイ / 2. spring heart / 3. ハルイロレジュメ / 4. JUMP UP / 5. レイニーマーメイド / 6. 夏ハジメマシタ☆ /
by 純三
校庭カメラガールツヴァイ、解散ライヴの音源をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年01月20日・校庭カメラガールツヴァイ、伝説の解散ライヴ音源を独占ハイレゾ配信 コウテカ2こと校庭カメラガールツヴァイが、2017年1月13日に渋谷WWWXにてラスト・ライヴ〈Dazed and Confused〉を開催、解散した。本格的でディープなクラブ・ミュージックに女性メンバーたちのラップが乗ったサウンドは、ディープな音楽ファンを魅了し続けた。そんな彼女たちの最後のライヴをレコーディングしたライヴ音源をOTOTOY独占でハイレゾ配信。ほぼノンストップの約2時間半。この日、世界のどこよりも踊れる現場を再体験してみてはいかがだろう。 校庭カメラガールツヴァイ解散ライヴをハイレゾ配信校庭カメラガールツヴァイ / Dazed and Confused@渋谷WWW X'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV、AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】まとめ購入 2,700円(税込)【トラック・リスト】1. タペスチュア2. Tyranno3. Post office Crusher4. Wedge Sole Eskimo5. Puppet Rapper ~ Star flat Wonder Last6. Happy Ma
by 西澤 裕郎
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事