LIVE REPORT「WONDER RAIN TOUR 2014」@渋谷WWW

2014年5月21日(水)、渋谷WWW。この日の主役は正真正銘、音楽だった。

START OF THE DAYが主催をつとめるツアー「WONDER RAIN TOUR 2014」の東京公演。バー・スペースでは「音ノ怪 絵ノ怪」によるライヴ・ペインティングが行なわれたり、「PASAR KITCHEN」によるオリジナル・フードが出されたりと、音楽を楽しむために余念のない空間作りがなされていた。入り口にはkilk recordsの森大地から、この日を祝う花が贈られ飾られており、関東近郊のポストロック、アンビエント・ミュージックに造形のあるバンドマンや関係者の姿も数多く見られた。

元映画館ということもあり、客席が段々になっている同会場。ステージがよく見渡せる会場で、この日のトップバッターを務めたのは、シンガポールの5人組バンド、ANECHOIS(アンエコイズ)。START OF THE DAYが主宰しているレーベル・WONDER RAIN RECORDSより、2013年12月にリリースされたコンピレーション・ミニ・アルバム『Yggdrasill 1』に収録されているバンドで、今回が初めての日本公演となる。ほぼ無名というなかで行なわれたライヴは度肝を抜くような内容であった。

2000年代中旬の日本でポストロックが盛り上がっていたころの勢いをそのまま取込んでしまったかのような音楽的冒険に溢れた音楽。なにより、それをひたむきに演奏している5人により、そのエネルギーは増幅されて会場になり響く。リスニング・ミュージックではなく血の通った肉体的なサウンド。ダンス・ミュージックさながらの演奏に客席の身体は自然と揺れていく。エネルギッシュで、自然と浮かぶ楽しそうな表情は、全力を出し切ったうえに自然と浮かぶ表情であった。ステージ上で写真を撮るなどリラックスした瞬間も見せつつ、締まったライヴで会場にどよめきを与えライヴは終了した。

ANECHOIS

2組目は、北海道のバンド、sleepy.ab。もはや安定のステージといってもいいが、確実に自分たちで課題を持ち、それを乗り越えようとしている姿勢が好印象であった。この日は、90年代レディオヘッドさながらの耽美的なメロディと、シューゲイザー・テイストのギター・サウンドで、会場を音の渦に包み込んだ。黙々と職人のように刻み付けるギター・ロックのポップ・ミュージック。もはや北海道を代表する孤高のバンドとしての存在感を見せつけた。

sleepy.ab

そしてトリを務めたのは、主催者であるSTART OF THE DAYだ。長い転換時間をへて、ステージにかかっている黒幕があくと、ステージから溢れんばかりの楽器と、白装束を着飾ったメンバーの姿が広がった。Aureoleやkaninaのメンバーなど、繋がりのあるバンドのなかから、自分たちの音楽を補完するために必要な楽器とミュージシャンがこの日のために招集されたのである。ホーン隊やコーラスの男女など、その構成を観ているだけでも、START OF THE DAYがやりたいことは、自分たちの主張ではなく、音楽そのものを生み出すことということが伝わってくる。

START OF THE DAY

第一音がなる。圧倒的なハーモニー。ギター、ベースの音は数多くの楽器に混ざり込み、はっきり輪郭を見せることはないが、アンサンブルによって、16人のオーケストラは信じられないくらい壮大で清らかなサウンドを生み出していく。逆にアンプを通していないフルートなどの楽器が音の洪水を突き破り耳に入ってくる。その音を解析しようと耳をすませているだけでも楽しいが、メロディは美しく、時間も大河のようにながれていってしまう。誰も帰ろうとしないなかでの、アンコールはこのイベントの集大成にふさわしいくらいの多幸感が会場を包んだ。

最初に述べたように、この日の主役は音楽だった。仮にSTART OF THE DAYのメンバーを知らずにこのライヴを観たら、誰がメンバーなのかはわからなかったと思う。全員白装束を着て、立ち位置も楽器を主体に置かれており、誰が誰なのかの説明も大々的に行なわれたわけでもない。あくまで演者の感心は、このメンバーでどのような音を奏でられるか、そこに尽きていた。それにより導かれた音楽はとても美しく、とても大きな渦を描くものであった。この日出演した3組は、どのバンドともに余計な説明なしに、音楽に魂を宿すことに全力を賭けているように見えた。このような祝祭感溢れるイベントが開催されたことを喜ぶとともに、来年もまたこのアンサンブルが見られることを心より願っている。(text by 西澤裕郎)

写真 : megu(サンガツ) (会場写真、ライヴ・ペインティング)
写真 : yuka jonishi (ライヴ写真)

>>「START OF THE DAY × ANECHOIS」の対談ページはこちら<<


WONDER RAIN TOUR 2014 Tokyo
2014年5月21日(水)@渋谷WWW
出演 : ANECHOIS (from Singapore) / START OF THE DAY / sleepy.ab
Live painting & exhibition : 音ノ怪 絵ノ怪
FOOD : PASAR KITCHEN
OPEN / START : 18:00 / 19:00

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

WHITE ASH解散、"愛"に溢れた10年の歴史を飾るベスト・アルバムをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年03月29日・WHITE ASH解散、"愛"に溢れた10年の歴史を飾るベスト・アルバムをハイレゾ配信 2016年末に突如解散を発表したWHITE ASH。解散ライブなどはおこなわず、このベスト・アルバムで10年間に渡る活動が終了となる。メンバーがセレクトした24曲には、最後の新曲「Stealth」や未発表曲も収録され、タイトルどおり"愛"に溢れた内容となっている。OTOTOYでは本作をアルバム購入されたかたから抽選で3名様に、メンバー全員のサイン入りポスターをプレゼント。後世まで残るその音をハイレゾで味わってもらいたい。 アルバム購入者の中から抽選で3名にメンバー全員サイン入りポスタープレゼント!WHITE ASH / LOVE'【Track List】DISC 101.Stealth / 02.Ray / 03.Thunderous / 04.Crowds / 05.Ledger / 06.Night Song / 07.Casablanca / 08.Number Ninety Nine / 09.Insight / 10.Kiddie / 11.Hello, Afternoon / 12.VelocityDISC
by 小野島 大
Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて
[CLOSEUP]・2017年03月10日・Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて 2012年4月より大阪・堀江を拠点に活動をはじめたEspeciaが、2017年3月26日(日)、新宿BLAZEのワンマン・ライヴをもって解散する。サウンド・プロデューサーSchtein & Longerこと横山佑輝の作る、80年代後半のバブル期をテーマにしたディスコやブラコン、シティ・ポップは高い評価を得た。船上ライヴやNegiccoとのコラボレーションNegipecia、メジャー・デビューなどを経験し、メンバーが卒業。冨永悠香、森絵莉加は東京に拠点を移し、Mia Nascimentoを加え3人体制で活動を行い最後まで走り抜ける。そんな彼女たちの歴史の一部を切り取り網羅したベスト・アルバム『Wizard』をリリースし、その活動に幕を下ろすEspeciaの歴史をマネージャーの清水大充とともに振り返る。 ファイナル・ベスト・アルバムを配信スタートEspecia / Wizard'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 2,400円(税込)【
by 西澤 裕郎
strange world's end、渾身の2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年03月23日・心の闇を突き破る、現代のエモーショナルロックーーstrange world's end、渾身の2ndアルバムに迫る 2017年に結成10周年を迎えたオルタナティヴ・ロック・バンド、strange world's end。オリジナル・メンバーである飯田カヅキ(Vo,Gt)、平マサト(Ba)の2人に、不遣ノ雨のフルカワリュウイチ(Dr)をサポート・メンバーとして迎え、2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』を完成させた。現代に生きる様々な人間の生々しい感情をストレートに表現した歌詞世界と、瑞々しいロック・サウンドで、リスナーの心の闇を揺さぶる問題作。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、そしてメンバーへのインタヴューを敢行した。 渾身の2ndアルバムをハイレゾ配信スタートstrange world's end / やっぱり、お前が死ねばいい。(24bit/96kHz)'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 324円(税込) アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''1. 敗北2.接触3.無知の感染4.カレイドスコープ5.残念6.喪失7.終了8.コロニー9.発狂の渦10.
by 西澤 裕郎
成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月20日・成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー 昨年2016年に20歳を迎えたタグチハナは、同年3月29日に渋谷クラブクアトロという自身最大規模でのワンマン・ライヴを敢行。そのライヴは素晴らしいものだったが、それ以降、ライヴの回数は以前より目に見えて減ってしまっていた。実はあの大きなステージに立つ少し前から、彼女はあるわだかまりを感じ、結果として歌うことも楽しめなくなってしまっていたという。 あのクアトロ公演から約1年。当時所属していたレーベルを離れ、3rdミニ・アルバム『Vividness & The Naked』を完成させた。さらにあの日以来となるワンマン・ライヴも実施。アルバムはタイトル通り、生まれ変わったように鮮やかで、まっすぐに愛を歌ったラヴ・ソングが詰まっていた。タグチはいかにして"壁"を乗り越えたのか。その間、どのような心境の変化があったのか。インタビューで紐解いた。 またタグチは、叔父の布袋寅泰をはじめ、両親がともに過去にメジャーを経験しているなど、ミュージシャンに囲まれた環境で育っている。そんな身近にいる"先輩"たちが、彼女の音楽活動をどう見ている
冨田勲:ドクター・コッペリウス、ハイレゾ配信スタート
[CLOSEUP]・2017年03月22日・冨田勲の遺言ともいえる舞台作品ーードクター・コッペリウスをハイレゾ配信 2016年11月11日、12日、渋谷のBunkamuraオーチャードホールで冨田勲の追悼特別公演として開催された「ドクター・コッペリウス」は、冨田が他界前に上演を夢見て、亡くなる1時間前まで創作を続けてきたまさに遺言ともいえる舞台作品。冨田が長年追い求めてきた「宇宙への夢と希望」に満ち溢れた壮大なストーリーが、オーケストラとシンセサイザー、そして冨田の遺したオリジナルのエレクトロニックサウンド、さらにバレエと3DCGを伴いながら展開。終演後は大きな歓声と鳴り止まない拍手で幕を閉じた公演のライヴ・レコーディング。冨田の遺した電子音とオーケストラ・サウンド、そして初音ミクの歌が三位一体となった、これまでにない音楽の全貌がハイレゾ音源にて世に解き放たれる。 待望のライヴ音源をハイレゾ配信V.A. / 冨田勲:ドクター・コッペリウス (96kHz/24bit)【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 3,000円(税込)【収録曲】1. 第0楽章 飛翔する生命体 (96kHz/24bit
*祝! 高校卒業! KOTOが新シングルをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月17日・祝! 高校卒業! KOTOの新シングル&シャオチャイポン1stシングルをハイレゾ配信開始 この3月に無事高校を卒業したKOTOが3曲入りシングル『JK卒業PACK』をリリース。さらに、”ゆり丸”の愛称で親しまれる平野友里とのユニット、シャオチャイポンの1stシングルもリリース。OTOTOYでは、この記念すべきタイミングでKOTOへのインタヴューを敢行。これまでの芸能生活を振り返ってもらうとともに、今後の活動についても語ってくれた。 KTOTO高校卒業記念シングルがハイレゾで登場! KOTO / JK卒業PACK(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 540円(税込)【収録曲】1. PoisonGirl2. るっぱっぱ3. 甘い果実の物語 シャオチャイポン初となるシングル シャオチャイポン / URAHARAろまんちっく'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 500円
ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』
[CLOSEUP]・2017年03月09日・ニヤつくほど中毒性高しなシンセポップ——もう、あなたはZOMBIE-CHANGの音から逃れられない! モデルとしても活躍しているメイリンのプロジェクト、ZOMBIE-CHANG。80年代のニューウェイヴ・シンセ・ポップを彷彿とさせるローファイ・エレクトロ・サウンドと、脱力ラップ、歌謡曲などなど、声色の表現もゆたかな彼女の歌声がのる……、いやはやなんだかこれではその音楽のおもしろさをちょっとも語っていない。とにかく、これがなんだか、とてもとても中毒性のあるメロディと言葉のセンス、そして音色も含めてそのサウンドが頭をぐるぐると駆け回っていくのだ。1年ぶりにリリースした彼女の新作『GANG!』もまた、そんな彼女の音楽の魅力がしっかりとつまった作品となっている。OTOTOYは『GANG!』を配信するとともに、インタヴューを行った。 ZOMBIE-CHANG / GANG!'【Track List】01. I CAN’T GET TO SLEEP02. TARINAI03. TOKIDOKI04. KOURAKUEN05. KABENOMUKOU06. WEEKEND07. KAWAII BABY【配信形態 / 価格
by 河村 祐介
浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース
[CLOSEUP]・2017年03月16日・浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース 昨年11月に『The Manual (How to Sell My Shit)』をリリースしたHave a Nice Day! 。その勢いを止めることなく新作『Fallin Down』がリリースした。今作は新曲「Fallin Down」に加え、「スカーフェイス」と「巨大なパーティー」の新録音、さらにリミックス・ヴァージョンという6曲収録。さらに今回は、 安孫子真哉(ex.銀杏BOYZ)がチーフ・プロデューサーを務めるレーベル〈KiliKiliVilla〉からのリリースとなる。なぜ〈KiliKiliVilla〉からのリリースに至ったのか、そしてHave a Nice Day! 、さらに言えば音楽シーンの現状ついて、浅見北斗の考えを訊いた。 勢いが止まらないハバナイの新シングル! Have a Nice Day! / Fallin Down(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事