INTERVIEW : SAWA (後編)

ーーSAWAさんが表現されているものは、日常で経験したものとは、遠いところにあるものですか?

SAWA : MCでしゃべる分には、普段のSAWAとそんなにかけ離れてはいないんですけど、どこかで線引きをしているだろうし、プロデュースしているんだろうなと思います。

ーーそういう考えでやってらっしゃる方と、なかなかお会いしたことがないからおもしろいです。

SAWA : デビュー当時はそんなに考えなかったんですけど、曲を作るようになると自分の中で、自分の株が一個上がるんですよね。それまでは作家さんがからデモとかを貰っていたんですけど、自分で作るようになると「これじゃ駄目なんだ。ここをこうしたら良いんだ」っていう細かいディレクションができるようになるので、「これはSAWAに歌ってほしいのか」「SAWAじゃないと駄目なのか」とか「SAWAに歌わせるとしたら、こういう風に歌ってほしい」という目線が自分の中に出てきて。そうすると歌い方も変わってきたりとか。

ーーそれって、SAWAを演じているということですか?

SAWA : というところは少しはあると思いますね。「完全に作っているのか?」と言われれば違うんですけど。

ーー変な質問になりますけど、アーティストとしてのSAWAは、SAWAさんにとってどういうアーティストなんですか?

SAWA : 軽いっていうのはひとつのテーマかも。アーティストそれぞれの思いがあるし私にもあるんですけど、それを押し付けない。というか宙に浮かせて「取りたい人は取っていいよ」くらいの軽さのほうが私がライヴにいったら楽しいと思うので、そういうふうにしているかもしれないです。

ーー「私」を強く出さないのは歌詞を見てもわかるんですけど、もっとスピリチュアルで宇宙的な内容、ファンタジーやSF的にすることもできるのにそこまではいってないですよね。

SAWA : 完全によくわからない部分までいくこともできるとは思うんですけど、「ちょっと人間らしい部分も出た宇宙」を目指しているのかもしれないです。

ーー現実逃避とはいっても、全然関係ないところにぶっ飛ぶというより、少し現実離れしたところへ誘導する、という感じなんですね。

SAWA : ちょっとだけエスケープするくらいの気持ちでやっていますね。

ーーデビューしたてのころは、自分で曲を作ったりはしていなかったんですよね。

SAWA : 曲も作ってなかったし詩も書いていなかったです。本当に歌っているだけで、「ケースに入ったSAWA」みたいな状態でデビューしたんじゃないかなって。

ーーそれこそ、曲も歌詞もない「箱に入ったSAWA」状態のときは、かつてヴァイオリンを課せられていたときに近いのかなと思ったのですが。

SAWA : でも、Free TEMPOのプロデュースだったり、好きな音楽に基づいてやっていたので、「何でヴァイオリン弾かなきゃいけないの?」っていうのとは根本的に違いますね。

ーー作詞作曲を手がけるようになって、自分の自由度が増した感じはありますか?

SAWA : そうですね。作り始めのころは自由度が低かったですけど、慣れてきたら書き分けもできるようになってきたし、歌ってほしいアーティストも変わってくるので、そうなると別人格で「SAWAに歌ってほしい、ほしくない」という発想が生じてきたりして不思議な感覚に陥りました。「私は歌いたいけれど、作家のSAWAは歌ってほしくないというからSAWAは歌いません」みたいな(笑)。

求められているものを作る思考なんでしょうね

ーーあははは。5周年を迎えましたけど、どうですか? 短かった?

SAWA : いや、長かったですよ(笑)。あっという間のようで、いろいろなことがあったなと。思い返すと色々なことがあって、自分の成長が自分の中で見れました。

ーー変化はありましたか?

SAWA : そうですね。ライヴも少しは慣れてきたし、人前に立つ上でどうしたらいいのかをちゃんと考えられるようになって、あと音を作り出すと耳は育つんだなって。最初の頃はミックスもそんなに言うことはなかったんですけど、ここをこうしたいとかこの音はもっとクリアな方がいいといった感じで、耳を使った脳が育ったなと、そういうところがありますね。

ーーやっていきたい部分はまだまだあるという感じですね。

SAWA : そうですね。もっといろいろ曲を作っていかなきゃと思うし、自分を育てていかないといけないなと思います。

ーーSAWAをプロデュースするということはもちろんですが、他のアーティストへの楽曲提供や、アイドルをプロデュースといった、プロデュース・ワークも増えてきましたね。

SAWA : そうですね。初めての曲提供したのが佐々木希さんで、あんなに素敵なかわいらしい方に曲提供できたことで自信になったし、それによっていろいろと作っていこうという気持ちが芽生えたので、もっといろんな曲を作ったり、アーティストに捧げたりしたいですね。

ーーちなみに、SAWAさんはどういうシチュエーションで曲を作ることが多いんですか?

SAWA : 一番活性化するのは風呂上がりですけど、お風呂に入る前になにかをやってその延長で風呂に入って風呂上がりにまとめるという流れがわりといいかなと。

ーーお風呂って割と皆さんキーワードに出すんですが、なんなんでしょうね。

SAWA : なにもできない環境だからですかね。お風呂は自分の身体くらいしか見ることはないじゃないですか(笑)。マイナス・イオンが出てるようなそんな環境で、頭の中のことと向き合えるのかな。

ーーなかには楽曲提供するのが辛くて泣きながら作ったというアーティストもいたりしますけど、そういうことはないですか。

SAWA : えー。わからないなそれは。私は、たぶんアーティスト・アーティストしたアーティストじゃないんだと思います。どこかドライというか。例えば「売れる曲を書け」って言われたら「ハイ」って言って書くと思うし(笑)。売れるかどうかはおいといて。商業的に音楽を作ることができるんじゃないかなって思います。

ーーそこまで、音楽が自分の生き写し的な感じではないんですね。

SAWA : もちろんこだわりもあるし、自分の中でここはこうしたい、というのもあるんですけど、周囲に受け入れられたいというほうがはるかに大きいから、求められているものを作る思考なんでしょうね。

ーーかなり職人的な、サウンド・プロデューサーとしての視点が強いですよね。

SAWA : そうですね。だから、「これはSAWAじゃないから書けない」とかするつもりはなくて、可能な限りなんでも書きたいなと思います。

ーー今の話を聞くと、音楽じゃなくてもいい、というわけではないんですよね。だから音楽であることは絶対条件だと思います。

SAWA : なんでもいいわけじゃないんですよ。

ーーやっぱり、SAWAさんは掴めるようで掴めないですね。

SAWA : そこが売りなんじゃないですかね(笑)。

ーーうまくまとめられてしまいました(笑)。じゃあ、SAWAさんの音楽への信頼感は一体なんなんでしょうね。

SAWA : 多分、音楽をやりたくてやっている、あるいは自分を表現したくて音楽をやっている人がアーティストに多いと思うんですけれど、私には音楽がもともとあったから。やりたいからそれを結びつける動機が必要なのではなくて、音楽がすでにあったから動機は必要なかったのかもしれませんね。

「SAWA」というツールを通して繋がってイベントなどになっていければ

ーー音楽活動5周年という節目を迎え、先日のMCでも「次は10周年だ」とも仰っていたじゃないですか。プロデュ―スしたりと活動の幅が広がっていますが、5年以降のSAWAさんはどういったヴィジョンを持っていらっしゃるんでしょう。

SAWA : 5周年と10周年はまったく変わっていなければいけないと思っていて。やっとプロデュースという所にまで辿り着いているので、そこから第二ステージみたいな感じで、そこからはプロデュースとか曲づくりを頑張った上でのSAWAを10周年では見せていけたらと思います。

ーー今回のDSD録音もそうでしたが、7月1日の音霊ではバンド・セットで出演されますよね。打ち込みじゃない部分も見せて行くご予定ですか?

SAWA : そうですね。最近はオケ・ライヴ、バンドもしくはアコースティック編成、DJ、とそのときによってSAWAの形態はさまざまです。月に3本ライヴがあったら1本アコースティックくらいの割合だったりもして、ニーズに合わせていこうかなと思っています。

ーー常にそういった視点を忘れないんですね。

SAWA : 外から見ていい状態でいたいんですよね。

ーーこれからはどういうプロデュースをしていきたいですか?

SAWA : 自分ができないことをしてもらうっていうのがひとつの要素ですね。曲を書く側としてどこまでできるのかを試させてもらうわけではないですけど、実現させてもらう、というのがありますね。

ーーアイドルという面ではどういったアイドルを作りたいと思いますか。

SAWA : アイドルの魅力って不完全さだと思うんですよ。隙があるとか抜けてるとか。そういう意味で、最近プロデュースしたワンリルキスは本当に隙があると思って。完璧を求めるのではなく、隙があって癒されて自分も頑張れるなと思われるアーティスト、アイドルを作れたらいいなと思います。

ーーちょっとした現実逃避というか、日常から少し浮いているという感覚は他の人をプロデュースする場合でも変わらないですか。

SAWA : そうですね。曲の中にも、自分が意図していないSAWAらしさがあるようで、自分ではそんなに出しているつもりじゃなくてもどこか癖が出るようなので、そこを生かしながらSAWAらしさも出していきたいなと。

ーー音楽を使ってひとつのプロジェクトやアーティストを作り出して世の中に出していくということで、どういう効果や反応をSAWAさんは期待していますか?

SAWA : 全部のアーティストを通して見れるようなイベントってすごくいいイベントだと思うのでそんなイベントをするとか。こないだの5周年のイベントはそれを目指していた訳ですが。私がアイドルやアーティストのプロデュースをさせてもらうことで好き嫌いをなくすとまでは言わなくても、、“SAWA”というツールを通して繋がってイベントなどになっていければもっと楽しいだろうなあと思います。

ーーいわゆる「ちょっとした現実逃避」だとしても最終的には現実で結びつく、みたいな部分があるんですね。

SAWA : そうですね。大きく言えば、みんなで集まってワイワイしたいくらいのことなんです。意外と簡単そうに見えて難しかったり、ワイワイできないということもあるので、ワイワイできるようなツールを作りたいです。

>>SAWAの5年を辿るインタビュー(前編)はこちら

第1弾ライヴ音源が絶賛配信中

第1弾配信開始「SAWA☆Debut 5th Anniversary バシバシ!!ワイワイ!!SAWAのカム着火祭」


SAWA☆Debut 5th Anniversary Live at SHIBUYA Glad

【配信形態】
DSD 5.6MHz+mp3 ver. まとめ購入のみ 900円
HQD(24bit/48kHzのwav) ver. 単曲 200円 / まとめ 900円

【Track List】
1. Blue / 2. Mr.Brown / 3. StarlightPavilion / 4. ハッピーバースデイ / 5. Good day Sunshine


music & performed by SAWA

Recorded & Mixed & Mastered by 高橋健太郎
Recorded at SHIBUYA Glad

All photos by norico
Movie by 藤井伸

Artist Management 高橋亜矢子
Project Director 西澤裕郎(OTOTOY)

>>DSDの聴き方はこちら

※DSD 5.6MHz+mp3 ver.には、楽曲のDSFファイルとDPPファイル、全曲のmp3トラックが同梱されております。5.6MHz DSDの音源は、ご使用の再生環境によっては再生できない可能性もあります。ご購入の前にご確認ください。DSD DISCでお聴きになる場合は、DSD(2.8MHz)にダウン・コンバートしてご使用ください。

※ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。

>>「SAWA☆Debut 5th Anniversary バシバシ!!ワイワイ!!SAWAのカム着火祭」のLIVE REPORTはこちら

配信第3弾 : 新曲(オリジナル楽曲)

【配信形態】
HQD(24bit/48kHzのwav)

【配信予定日】
2013年8月上旬

 
 

インタヴュー

fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月13日・fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載! 雑多な音楽性をポップにまとめあげ、耳にする人の心と体を踊らせる4人組、fula。2016年にギター・石川、ベース・安本、ドラム・髙木が脱退し、それまでのメンバーと作りあげた「楽しい音楽」「踊れる演奏」「情熱」を受け継ぎ、新たにドラム・遠藤、ベース・馬場、ギター・ピギーが加入し。再出発を始めた彼らの新体制1発目となるアルバム『ノート』の発売を記念し、インタヴューを敢行。新譜とともにお楽しみ下さい。 新体制初となるアルバムをドロップfula / ノート'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit / 44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''01. Circle of Flame02. スターショア03. のあ 04. Catwalk 05. 航海日誌06. グレイヴダンス 07. よあけ08. クラップユアハンズ09. 散歩道10. 夕焼け 11. 恋のスーパーケイデンス INTERVIEW : fula 突然メンバー3人の脱退
【INTERVIEW】朝も夜も、あなたの心にドッコイセ──Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ
[CLOSEUP]・2017年10月11日・Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ──先行&フリー曲配信開始 cero、そしてSuchmosらの登場によってシティ・ポップの一大ムーブメントが巻き起こった2015~16年。その隆盛を経て、一旦落ち着きつつあるライヴ・シーンのなかで、一層際立つバンドがいる。それがDokkoise House。シティ・ポップを都市から郊外に移したグッド・ミュージックは、都会的な側面と土着性を兼ね備え、HOLIDAY!RECORDSやモナレコードから一気に火が着いた。早耳のリスナーを虜にするその音楽性は、果たしてどこが源流となっているか。また、そのユニークなバンド名の由来は? ジャケットに込められた意味とは? バンド初となるインタヴュー。結成から音楽的なルーツ、そして現状と未来。Dokkoise Houseのそのすべてを露わにする。OTOTOYでは本作を1週間先行で配信するとともに、まずは最初の名刺とも言える彼らのリード曲「Trolly」をなんとフリーで期間限定配信。 毎日の生活にそっと寄り添う郊外型シティ・ポップを1週間先行配信!Dokkoise House / Pilotis Grow'【配
by 中の人
祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!
[CLOSEUP]・2017年10月11日・祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜にする! いま日本で1番ソウルフルでファンクなロック・バンドといえば…… そう、BRADIO! 今年の夏には〈ROCK IN JAPAN FES〉をはじめ、〈SUMMER SONIC〉、〈SWEET LOVE SHOWER〉など数多くのフェスに出演、さらに4月に行われた中野サンプラザワンマン公演をソールドアウトさせるなどその勢いはとどまることを知らない! そして〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たし、その勢いはさらに加速するばかり。メジャー1作目となる今作『LA PA PARADISE』は、桑田佳祐や、玉置浩二、布袋寅泰を手掛けた藤井丈司をプロデューサーに起用し、BRADIOの力を最大まで引き出した作品となっている。OTOTOYでは今作の配信開始とともに、メンバー4人へのインタヴューを掲載。メジャー・デビューを果たした、いまの彼らに迫った。 祝! メジャー・デビュー! 初シングルをハイレゾ配信開始 BRADIO / LA PA PARADISE(24bit/96kHz)'【配信形
by 岡本 貴之
コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年10月09日・コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載 2017年6月、Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来11年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースした。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作をハイレゾ配信開始する。それを記念し、22歳でフリッパーズ・ギターのレコーディング・エンジニアを務め、今作でもミックス、マスタリングを担当しているエンジニア・高山徹にインタヴューを敢行した。本インタヴューとともに、この大傑作をハイレゾでご堪能ください。 2017年を代表する作品を待望のハイレゾ配信スタートCornelius / Mellow Waves (24bit/96kHz)【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】アルバム価格 : 2,571円【収録曲】1. あなたがい
「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年10月04日・さぁ、やつらの復讐劇のはじまりだ! ──エピソード「2」の幕開けを告げる『VIRGIN』を配信開始! 現在無期限活動休止中のThe SALOVERSのヴォーカリスト、そして最近では俳優として連続テレビ小説『ひよっこ』への出演など、多岐にわたって活躍をする古舘佑太郎。そして銀杏BOYZとしても活動をしている加藤綾太。このふたりを中心に結成された4人組ロック・バンド「2」が〈Youth Records〉より1stアルバム『VIRGIN』をリリース。初期衝動的でありながらストーリーテリングな古舘の歌と、それを彩る、加藤綾太(Gt.)、yucco(dr.)、赤坂真之介(ba.)が織りなすキレ味抜群のオルタナティヴかつ疾走感満載のサウンドは、聴いたものの心にストレートに突き刺さるだろう。さまざまなことがあった過去はもう振り返らない! 4人の若者が紡ぎ出す新たな物語のはじまりを見逃すな! 2(ツー)として初の音源を配信中! 2 / VIRGIN'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 207円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. A
by ?
【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)
[EMPIRE]・2017年10月06日・【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生した。 その名は、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれたEMPiREは、BiSHを手がけているチームが担当を行うという。当初はTwitter“10,000フォロワーで顔の公開”という条件で活動が始まったが、謎のフォロワーの買収などにも見舞われつつ、9月28日、ついに全員の顔が公開された。 少しずつ見え始めたEMPiREの動向に迫る連載第2回目は、EMPiREの衣装制作、そしてアーティスト写真などの撮影・デザインを手がける外林健太へのインタヴューを行なった。BiSHでの衣装制作、撮影を通してクリエイティヴ欲求が高まり、次のステップへと向かう外林はEMPiREでどのような活躍を見せ、どのような役割を担うのか。EMPiREへの期待は高まるばかりだ。 インタヴュー&文 : 西澤裕郎 Epsode0.1 :
by 西澤 裕郎
【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談
[CLOSEUP]・2017年10月06日・【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談 2017年10月20日(金)から22日(日)にかけて、京都KBSホールとMETROの2つの会場にて開催される〈ボロフェスタ2017〉。 〈ボロフェスタ〉は、知名度の有無やジャンルに関係なく主催者が「観たい! 呼びたい!」と思うアーティストのみをブッキングし、ボランティア・スタッフと主催者が一緒になって、会場設営から一切のイベント運営までを行う、いわゆる“D.I.Y”の精神でつくりあげられている。 16年目を迎える今年は、ヘッドライナーを務める大森靖子やクリープハイプをはじめ、ペトロールズ、H ZETTRIO、BiSH、yahyelをはじめ、ほかにも注目の若手バンドも多数出演。まさにジャンルや世代、シーンをも越えた新しい出会いがあるだろう。OTOTOYでは〈ボロフェスタ2017〉開催を目前に控えたこのタイミングで、主催者のひとりである飯田仁一郎(Limited Express (has gone?))と、数々の伝説的なエピソードを生んできたロック・フェス〈夏の魔物〉を主催する成田大致(THE 夏の魔物)の対
by 西澤 裕郎
再起動した東京カランコロン、1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリース&インタヴュー掲載
[INTERVIEW]・2017年10月04日・新たな風吹く、再起動──東京カランコロン、“ポップなのに泣ける”ニュー・アルバムをリリース!! 男女ツイン・ヴォーカルと個性的な楽曲で中毒者を増やし続けるバンド、東京カランコロンが1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリースした。2016年に開催したツアーではファイナル公演を日比谷野外音楽堂で開催し、大盛況のうちに終えた彼らは、今年2017年からライヴハウス・Shibuya eggmanのレーベルである「murffin discs」内に発足した新レーベル「TALTO」に移籍。気持ちと環境を新たにした今作は、タイトルに自らのバンド名に「01」を加えた、まさに再起動を告げるような痛快なポップ作となっている。OTOTOYでは今作のリリースを記念し、ヴォーカリストであるいちろー(Vo.Gt)、せんせい(Vo.Key)を迎えたインタヴューを掲載。再起動し、新たなフェイズに進むカランコロンの今とは!? 新レーベル移籍後初、1年9か月ぶりとなるフル・アルバム東京カランコロン / 東京カランコロン01'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】01
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事