INTERVIEW : SAWA (前編)

2013年6月21日にデビュー5周年を迎えた、女性シンガー SAWA。そのプロフィールは、かなりスマートだ。幼少期にバイオリンとピアノを習い絶対音感を身に付けたところで、音楽人生をスタートさせた。そして本格的な活動は、FreeTEMPOの全面プロデュース作『COLORS』でのCDデビューから。現在では自ら楽曲制作もおこない、佐々木希やアイドル・グループ、ワンリルキスの楽曲プロデュースしたり、活動の幅を広げている。さらにいうと、アーティスト活動をはじめる前は、高校で英語教師をしていたという。まさに音楽にとどまらない多彩な才能の持ち主なのである。

しかし、そのプロフィールを読んで、楽曲を聴いて、ライヴを見て、彼女を理解しようとすればするほど、SAWAというアーティストの中心にはなにがあるのか気になって仕方がなくなってしまった。なんでもできるからこそ、その中心になにがあるのかも見えづらい。日常生活をそのまま歌にしているわけでもなさそうだし、完全なフィクションの世界を描いているわけでもない。そしてサウンドはクラブ・ミュージックを基軸としたり、最近では独唱もしたりしている。一体SAWAとは、どんなアーティストなのか? デビューから5年を迎えた彼女の魅力をつかむべく、2回にわたるインタヴューでじっくりと迫った。

取材 & 文 : 西澤裕郎

最終形は、デーモン小暮さんや掟ポルシェさんのような立ち位置に憧れます

ーーSAWAさんは、ヴァイオリンもピアノも弾けて、楽曲制作もできる、歌もうたえる、英語教師をしていたことがある… と、実に器用な方だと思うんですね。その反面、一番コアな部分が見えづらいなと思って…。

SAWA : あはははは。器用貧乏ってことですか?

ーーいやいや(汗)。その核にある部分ってなんだろうと思って。プロフィールも、出身地のこととか必要以上に公表していないですよね。

SAWA : そのへんはあまり押し出してきていなくて。っていうのも、どこか宙に浮いたような存在でありたい気持ちがあって。最終形は、デーモン小暮さんや掟ポルシェさんのような立ち位置に憧れます。ファンタジーを持っていたいなって。

ーー要するに「私語り」のような形は出したくないってことですか?

SAWA : そうですね。共感してほしいとか、切ないラヴ・ソングを書きたいわけではなく、宇宙との共鳴とかを目指しているので、あまり現実感がないようにしているんですよね。共感型というよりかは現実逃避型なので、いかに現実を忘れてもらうかに重きを置いていたり。

ーーそれってSAWAさんが触れてきた音楽に、そういうものが多かったんですか。

SAWA : そうですね。m-floやFree TEMPOなどの、うまく現実逃避をさせてくれるアーティストが好きだから、おのずとそういう方向になってきたのかなと。

ーーちなみに、小さいころは友人関係も距離を置くような感じだったんですか。

SAWA : 距離を置いていたわけではないんですけど、どこかドライだったかもしれないですよね。そういえば、中学校くらいのときもプロデュースをしていた記憶があって、文化祭でダンスの振り付けを友だちのグループにつけて、自分は「文化祭は見にいけないから」とか言って行かなかったり(笑)。

ーーあははは。他のインタヴューを読むと「前に出たいタイプ」だとおっしゃられていましたが、自分が出るというよりかは監督的な視点の方があるんですね。

SAWA : どっちもあるんでしょうね。前に出たいけれど、誰かを後ろから支えることによって前に出ることもしたいっていう。

ーーあと、小さいころヴァイオリンを習っていたそうですが、自分からやりたいといったわけじゃない習いごとだったから、すごくイヤだったみたいですね。

SAWA : イヤでしたね。「なんでやっているんだろう?」と思ってましたし、反抗期だったり子供だったりしたこともあって、「なんでこんなに課せられているんだろう?」と思っていました。ヴァイオリンがイヤすぎてその衝動をピアノを習うことで抑えたりしていました。

ーーそれもすごい話ですけど(笑)。

SAWA : 楽器が嫌いというよりも、やらされていたこととか、ヴァイオリンを弾くにあたって求められることが子供には難しいことだったりして。私は抽象的に言われるのがすごく嫌いで、「ススキの野原を思い浮かべて」とか言われると、「めんどくさいなぁー」と。

ーーあははははは。

SAWA : 「そんなの、思い浮かべられないよ!」って。だから、「もうちょっと感情豊かに弾いて」って幼少期に言われたとき、「感情豊かって、なんだろう?」って。それまでの人生の感情を集めてみても、「そんなふうにならない!」って(笑)。

非現実感や宇宙感を出せているんじゃないかなと思う

ーー今もそういう感覚はありますか?

SAWA : 制作する上で、ざっくりしたことを言われるのは苦手かもしれないです。

ーー譜面どおりに弾けることにプラスして、抽象的な部分もピアノを弾くに当たって求められる部分だと思いますが。

SAWA : 求められていたんでしょうね。自分でアレンジを効かせて好きに出していくのは好きなんだけど、それをやれって言われたらイヤだったりして。

ーーだったら具体的に指示を出されたほうがいい?

SAWA : そうですね。音に関しても譜面を見て音を出してきたから、音が目に見えたほうがよかったりして。最初は作曲するときは無音の状態で紙に書いて、全部の音のラインを決めてから打ち込んでたし。楽器を鳴らしながらなんとなく作曲していくというタイプではなく、譜面を書いていたから、目に見えたほうが安心するんでしょうね。歌詞を聴くタイプの人間と聴かないタイプの人間がいて、私はまったく聴かないタイプ。なんとなくなにを言ったかは覚えているけれど、「この歌詞やこの曲にすごい思い入れがあったから、こういうときにこの曲をすごい聴いた」っていうメモリーはないんです。そういう意味で、ドライな目線で詞が書けているのかもしれないですね。

ーー歌を作ることは、言葉を使って手紙を書くという作業に似ているんですか。

SAWA : そうですね。エレクトロニカやダンス・ミュージックは、いかに音に合った言葉をチョイスするかということが優先されるので、詞は第2、第3くらいの優先度のところで、非現実感や宇宙感を出せているんじゃないかなと思うんです。

人が見てどれだけおもしろいかを考えます

ーーSAWAさんを語るにあたってもうひとつのポイントは、実際に高校で英語を教えていたという経歴をお持ちなんですよね。昔からなりたい職業だったんですか?

SAWA : そうですね。教師になるか、アーティストになるかって夢があって。結局どちらもやることができたんですけど、小さな頃から「安定しておこう」みたいなところがあって、中高の教員免許を取ったんです。教壇に立つこととライヴをすることは実は似ていて、やっていることは同じだったり重なる部分はあると思います。

ーー一自分1人が生徒全員と対面するっていうのはライヴと似ているかもしれないですね。ただ、ライヴと違って、勉強に興味のない生徒の目を自分に向けさせたりするのはライヴより大変なんじゃないですか。

SAWA : そうですね。ほとんど話術が勝負なんだと思います。話術と空気感で授業の空気を作り込むしかないので、集中させるような間の取り方とかを考えますよね。

ーーそのときの話術がライヴに活かされているのかもしれませんね。MCのトークが達者でおもしろいですもんね。

SAWA : いやいや(笑)。

ーーどれくらいの間、教師をされていたんですか。

SAWA : 期間は全然短くて、3ヶ月程です。

ーーずっと憧れだった教師になってみたときは、このままずっとやっていきたいと思いませんでしたか?

SAWA : もちろん思ったんですけど、教員はいつでもできるので、将来やるためにとっておこうと思って、アーティストに挑戦したんです。

ーーオーディションで、生徒さんとなにかしたんでしたっけ?

SAWA : いや、「生徒役」というシチュエーションを選択しただけで、私が教師役で、後ろで2名の女の子のダンサーに男子高校生の格好をしてもらって。踊るという点がフックになるんじゃないかと思ってやりました。実際の生徒とは絡んでないですよ。

ーーそこに教師と生徒という設定を持ち込んだのは、やはり教師経験からですか?

SAWA : そうですね。せっかくやったので活かそうかなと。

ーーそのときも「こういう見せ方をすれば」という一歩引いた視点から、考えていたんですか?

SAWA : そうですね。私は教員として教壇に立っていたわけだから、教師役としてライヴをすればフックにはなるだろうとか、歌がそこまでうまいとは思わなかったから、他のところで色を付けて目立たせようとかプロデュース目線はありましたね。

ーー例えば、「ミュージシャンになるのが夢でした」っていうのわわかりやすいんですけど、SAWAさんの場合は大きく違いますよね。SAWAさんにとってアーティストというのはどういうものなんでしょう。

SAWA : 自分を表現する場所ではあるんですけど、プロデュースして自分を出していくというところが大きいかもしれないですね。

ーーそれって、ざっくり言えばエンターテイメント性に着眼しているということですか?

SAWA : そうですね。エンターテイメント性がどれだけあるかはすごく考えますね。仮に歌がすごく上手かったとしても、それだけじゃ無理だと思うし。そういうところで、人が見てどれだけおもしろいかを考えますね。

ーーSAWAさんにとってのアーティスト評価の基準があるとすれば、「いかに楽しませるか」だと。

SAWA : そうですね。現実感がないほうがいいので、現実逃避とかいかに楽しませるかってとこですかね。

5周年を迎え、これからに向かうSAWAへのインタビュー後半は7月上旬公開予定

「SAWA☆Debut 5th Anniversary バシバシ!!ワイワイ!!SAWAのカム着火祭」のライヴ音源配信は7月1日(月)!!

 
 

インタヴュー

fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月13日・fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載! 雑多な音楽性をポップにまとめあげ、耳にする人の心と体を踊らせる4人組、fula。2016年にギター・石川、ベース・安本、ドラム・髙木が脱退し、それまでのメンバーと作りあげた「楽しい音楽」「踊れる演奏」「情熱」を受け継ぎ、新たにドラム・遠藤、ベース・馬場、ギター・ピギーが加入し。再出発を始めた彼らの新体制1発目となるアルバム『ノート』の発売を記念し、インタヴューを敢行。新譜とともにお楽しみ下さい。 新体制初となるアルバムをドロップfula / ノート'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit / 44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''01. Circle of Flame02. スターショア03. のあ 04. Catwalk 05. 航海日誌06. グレイヴダンス 07. よあけ08. クラップユアハンズ09. 散歩道10. 夕焼け 11. 恋のスーパーケイデンス INTERVIEW : fula 突然メンバー3人の脱退
【INTERVIEW】朝も夜も、あなたの心にドッコイセ──Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ
[CLOSEUP]・2017年10月11日・Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ──先行&フリー曲配信開始 cero、そしてSuchmosらの登場によってシティ・ポップの一大ムーブメントが巻き起こった2015~16年。その隆盛を経て、一旦落ち着きつつあるライヴ・シーンのなかで、一層際立つバンドがいる。それがDokkoise House。シティ・ポップを都市から郊外に移したグッド・ミュージックは、都会的な側面と土着性を兼ね備え、HOLIDAY!RECORDSやモナレコードから一気に火が着いた。早耳のリスナーを虜にするその音楽性は、果たしてどこが源流となっているか。また、そのユニークなバンド名の由来は? ジャケットに込められた意味とは? バンド初となるインタヴュー。結成から音楽的なルーツ、そして現状と未来。Dokkoise Houseのそのすべてを露わにする。OTOTOYでは本作を1週間先行で配信するとともに、まずは最初の名刺とも言える彼らのリード曲「Trolly」をなんとフリーで期間限定配信。 毎日の生活にそっと寄り添う郊外型シティ・ポップを1週間先行配信!Dokkoise House / Pilotis Grow'【配
by 中の人
祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!
[CLOSEUP]・2017年10月11日・祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜にする! いま日本で1番ソウルフルでファンクなロック・バンドといえば…… そう、BRADIO! 今年の夏には〈ROCK IN JAPAN FES〉をはじめ、〈SUMMER SONIC〉、〈SWEET LOVE SHOWER〉など数多くのフェスに出演、さらに4月に行われた中野サンプラザワンマン公演をソールドアウトさせるなどその勢いはとどまることを知らない! そして〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たし、その勢いはさらに加速するばかり。メジャー1作目となる今作『LA PA PARADISE』は、桑田佳祐や、玉置浩二、布袋寅泰を手掛けた藤井丈司をプロデューサーに起用し、BRADIOの力を最大まで引き出した作品となっている。OTOTOYでは今作の配信開始とともに、メンバー4人へのインタヴューを掲載。メジャー・デビューを果たした、いまの彼らに迫った。 祝! メジャー・デビュー! 初シングルをハイレゾ配信開始 BRADIO / LA PA PARADISE(24bit/96kHz)'【配信形
by 岡本 貴之
コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年10月09日・コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載 2017年6月、Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来11年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースした。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作をハイレゾ配信開始する。それを記念し、22歳でフリッパーズ・ギターのレコーディング・エンジニアを務め、今作でもミックス、マスタリングを担当しているエンジニア・高山徹にインタヴューを敢行した。本インタヴューとともに、この大傑作をハイレゾでご堪能ください。 2017年を代表する作品を待望のハイレゾ配信スタートCornelius / Mellow Waves (24bit/96kHz)【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】アルバム価格 : 2,571円【収録曲】1. あなたがい
「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年10月04日・さぁ、やつらの復讐劇のはじまりだ! ──エピソード「2」の幕開けを告げる『VIRGIN』を配信開始! 現在無期限活動休止中のThe SALOVERSのヴォーカリスト、そして最近では俳優として連続テレビ小説『ひよっこ』への出演など、多岐にわたって活躍をする古舘佑太郎。そして銀杏BOYZとしても活動をしている加藤綾太。このふたりを中心に結成された4人組ロック・バンド「2」が〈Youth Records〉より1stアルバム『VIRGIN』をリリース。初期衝動的でありながらストーリーテリングな古舘の歌と、それを彩る、加藤綾太(Gt.)、yucco(dr.)、赤坂真之介(ba.)が織りなすキレ味抜群のオルタナティヴかつ疾走感満載のサウンドは、聴いたものの心にストレートに突き刺さるだろう。さまざまなことがあった過去はもう振り返らない! 4人の若者が紡ぎ出す新たな物語のはじまりを見逃すな! 2(ツー)として初の音源を配信中! 2 / VIRGIN'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 207円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. A
by ?
【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)
[EMPIRE]・2017年10月06日・【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生した。 その名は、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれたEMPiREは、BiSHを手がけているチームが担当を行うという。当初はTwitter“10,000フォロワーで顔の公開”という条件で活動が始まったが、謎のフォロワーの買収などにも見舞われつつ、9月28日、ついに全員の顔が公開された。 少しずつ見え始めたEMPiREの動向に迫る連載第2回目は、EMPiREの衣装制作、そしてアーティスト写真などの撮影・デザインを手がける外林健太へのインタヴューを行なった。BiSHでの衣装制作、撮影を通してクリエイティヴ欲求が高まり、次のステップへと向かう外林はEMPiREでどのような活躍を見せ、どのような役割を担うのか。EMPiREへの期待は高まるばかりだ。 インタヴュー&文 : 西澤裕郎 Epsode0.1 :
by 西澤 裕郎
【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談
[CLOSEUP]・2017年10月06日・【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談 2017年10月20日(金)から22日(日)にかけて、京都KBSホールとMETROの2つの会場にて開催される〈ボロフェスタ2017〉。 〈ボロフェスタ〉は、知名度の有無やジャンルに関係なく主催者が「観たい! 呼びたい!」と思うアーティストのみをブッキングし、ボランティア・スタッフと主催者が一緒になって、会場設営から一切のイベント運営までを行う、いわゆる“D.I.Y”の精神でつくりあげられている。 16年目を迎える今年は、ヘッドライナーを務める大森靖子やクリープハイプをはじめ、ペトロールズ、H ZETTRIO、BiSH、yahyelをはじめ、ほかにも注目の若手バンドも多数出演。まさにジャンルや世代、シーンをも越えた新しい出会いがあるだろう。OTOTOYでは〈ボロフェスタ2017〉開催を目前に控えたこのタイミングで、主催者のひとりである飯田仁一郎(Limited Express (has gone?))と、数々の伝説的なエピソードを生んできたロック・フェス〈夏の魔物〉を主催する成田大致(THE 夏の魔物)の対
by 西澤 裕郎
再起動した東京カランコロン、1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリース&インタヴュー掲載
[INTERVIEW]・2017年10月04日・新たな風吹く、再起動──東京カランコロン、“ポップなのに泣ける”ニュー・アルバムをリリース!! 男女ツイン・ヴォーカルと個性的な楽曲で中毒者を増やし続けるバンド、東京カランコロンが1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリースした。2016年に開催したツアーではファイナル公演を日比谷野外音楽堂で開催し、大盛況のうちに終えた彼らは、今年2017年からライヴハウス・Shibuya eggmanのレーベルである「murffin discs」内に発足した新レーベル「TALTO」に移籍。気持ちと環境を新たにした今作は、タイトルに自らのバンド名に「01」を加えた、まさに再起動を告げるような痛快なポップ作となっている。OTOTOYでは今作のリリースを記念し、ヴォーカリストであるいちろー(Vo.Gt)、せんせい(Vo.Key)を迎えたインタヴューを掲載。再起動し、新たなフェイズに進むカランコロンの今とは!? 新レーベル移籍後初、1年9か月ぶりとなるフル・アルバム東京カランコロン / 東京カランコロン01'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】01
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事