『Play for Japan Vol.10』参加アーティストのコメント

◎音源のダウンロードはこちら◎

sominica

東京で活動しておりますsominicaの橋本裕弥です。
震災の影響でバンドでのレコーディングは困難となりましたので弾き語りでの参加と相成りました。
私が現在住む福島県二本松市は幸いにも地震の被害は少なく、多くの被災者の方々の避難場所が設けられております。
しかし、原発の問題、放射線とその風評被害によりまだまだ予断を許さない状況です。
街灯、表札、店々の看板、そして沢山の人たちの生活が溢れる街の暮らしが、一日でも早く戻るのを心から願っております。
スペシャルサンクス 二本松に避難している浪江の子供たちの笑い声 「元気?」 「元気。」

PADOK

たった3週間前の平穏な暮らしに戻るためにあと何週間かかるかはわかりませんが戻ることを願う他ありません。

有明け

僕は被災地の事を語るに足りません。
だから、一生懸命自分のために自分のやるべき事をやって、一生懸命誰かのために自分のやるべき事をしていこうと思います。

中村好伸

音楽によって、皆様の心が少しでも休まり平穏な時が過せるのであれば、僕は何時間でも何日でも奏で続けようと思います。一刻も早い復興を祈るばかりです。

Shinsaku Moriyama from PETSET

少しでも被災地の方の力になれればと、ギターを手に取りました。1日でも早い復興を心よりお祈りします。

4 bonjour's parties

このコンピに参加するにあたり、メンバーで伝えたい想いや願いを出し合いましたが、いろいろな気持ちが溢れすぎて、なかなかまとまりません。。。自分たちが今出来る事を模索していた中、機会を与えてくださったOTOTOYと、義援に参加してくださった音楽を愛する方々に本当に感謝します。一刻も早く、被災地の方々が、笑顔や元気や安らぎを取り戻せますように。。。

Harp On Mouth Sextet

言葉にできない思いを音で表現しました。少しでもお力になればと。

Gak Sato

こんな音を楽しめる小さな余裕が生まれれば本当に良いなと思います。

グリンフィールドのアフターダーク

被災地の皆様のもとへ一日も早く心の平穏と暮らしの安定が訪れますように。

imaginion + Tyme.

家も無く、食事も無く、夜を明かす術も無い方々にとって、恐らく音楽は無力だと思います。
ですから、今はそれをお金に替えることで、一日でも早く、最低限の安心を取り戻して頂けるよう、その手助けの一つになれたらと思い、微力ながら参加させて頂きました。

minamo

前に進む力と、時に立ち止まり耐える勇気のために。様々な支援のあり方を考え、長く実行していきたいと思います。

monocism

僕らに出来る何かを探して頑張ります。
少しでも早く平穏な日々が訪れますように。

uka

震災から数日間、イギリスで日本のニュースを見ては涙が止まりませんでした。
この曲はその中で、日本や被災地のことを思いながらできた曲です。
一曲の音楽で何が変わるかは分かりませんが、一瞬でも、誰かの悲しみを和らげることができればと思います。
美しくやさしい日々が戻ってきますよう。

Polar Chalors (HATA from Dachambo & SINSUKE FUJIEDA)

1.被災地の方々へのお見舞いと、亡くなった方へのお悔やみを申し上げます。
私たちの音楽が少しでも力になる事が出来たら幸いです。
また今回の震災で明らかになった人災である原発に、我々は強く反対を訴えて行きたいと思います。
日本を子供を育てられない土地にしてはなりません。共に立ち上がろう。

夢中夢

希望と確信を。Hope

坂本美雨 with 中島ノブユキ+高田漣

あたりまえの日常が
こんなにもかけがえのない、
愛しいものだったと身に染みた今、
この曲をもう一度、歌いたくなりました。
小さいときから大好きだったこの曲を、
中島ノブユキさんと高田漣さんと一緒に
おうちで録音しました。
とても、穏やかな時間でした。
(坂本美雨)

enami Taisuke 江南泰佐

被害にあわれた方々のことを無視せず、忘れることなく微力ながらも出来ることをしていきます。

綾戸智恵

今、世界中がみなさんを見守っています。
そして、手を差し伸べています。
私のこの歌がみなさんの心に寄り添い、少しでも支えになればと願っています。

多田玲子(Kiiiiiii)

どうぞ悲しいことが少しづつでも減り、
どうぞ楽しいことが少しづつでも増えますように。
少しづつ、長く、頑張ろう。

 
 

コラム

はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておこう
[CLOSEUP]・2017年04月07日・はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし おかげさまで、OTOTOYでは女性アイドル&グループを取り上げることが増えました。きっかけになったのは新生アイドル研究会ことBiSの存在。当時、インディ・ロックのツボを押さえたエモーショナルな楽曲は新鮮で、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、Especia、Negicco、おやすみホログラムをはじめ、3776、KOTO、amiinAなど、バラエティ豊かなアイドルたちを特集してきました。いまなお、ヤなことそっとミュートや新しいアイドルたちが登場しており、ワクワクした状況が続いています。 そんな折、OTOTOYでは男性アイドル&グループをほとんど取り上げていないことに気がつきました。BiSをきっかけにいろいろなグループに魅了されたように、男性アイドルやグループにも、たくさんの魅力があるんじゃないか。そう思い立ち、一度男性アイドル&グループ特集を組んでみることにしました。男性アイドル・グループを愛してやまない音楽関係者Mr.Kに話を聴きながら、これは押さえておいたほうがいいというグループをまとめてみました。こんなの常識でしょ? と思われる方もい
by 西澤 裕郎
特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド
[CLOSEUP]・2017年02月03日・特集 : 選ばれたグルーヴ──この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド ここ数年の、この国のインディ・ロックのシーンにインディR&Bやネオ・ソウル、現代ジャズといった音楽のグルーヴを援用したバンドたちが人気を集めている。本特集では、「選ばれたグルーヴ」と題して、現在OTOTOYでは配信中で、こうしたサウンドへと接続する音源を紹介するとともに、『Jazz The New Chapter』監修者 / ライターの柳樂光隆と、OTOTOYプロデューサー、高橋健太郎のふたりの識者の対談なども交えてお届けしよう。また、ここで、こうした流れの注目のバンドで昨年リリースされ話題を呼んだ、WONKの『Sphere』も配信開始する。文・選盤・構成 : 河村祐介 イントロ──選ばれたグルーヴ 2015年から、そして2016年にかけて、この国のインディ・ロック・シーンのサウンド面で新たにキーワードとして出てきたのは、インディR&B、ロバート・グラスパー以降の現代ジャズやアシッド・ジャズ……ざっくりと言ってこういったものだろう。こうした見方で言えば、さきほどリリースされたSuchmosのアルバム『THE KIDS』は、そう
by 河村 祐介
女子高生「OTOTOY」知ってる人0人説ーー新人スタッフ鈴木雄希が渋谷のJKに実際に訊いてみた
[CLOSEUP]・2017年01月20日・女子高生「OTOTOY」知ってる人0人説ーー新人スタッフ鈴木雄希が渋谷のJKに実際に訊いてみた 2017年4月から新入社員としてOTOTOYに入社することになった現在大学4年生の鈴木雄希。しかし蓋を開けてみるとOTOTOYには若い社員がいない! そもそも若い人たちは「OTOTOY」のことを知っているのか…。ふと疑問に思った鈴木は渋谷のセンター街に繰り出し、女子高生をターゲットに街頭インタヴューを敢行。はたして新人スタッフ鈴木は「女子高生知ってる人0人説」を証明してしまうのか!? さまざまなドラマがうまれた今回の企画、結果はぜひみなさんのその目でご確認ください! 新人スタッフ鈴木、渋谷の街へいざ出発!! はじめまして。4月からOTOTOYに新入社員として入社する鈴木雄希です。高校まで野球部で、キャプテンでキャッチャーをしていました。尊敬する選手は古田選手です! 音楽は渋谷系が好きで、小沢健二さんを敬愛しています。OTOTOYではロックを担当する予定です。みなさん、よろしくおねがいします! さて、僕は現在アルバイトとして週3回ほど会社に出勤しています。毎日刺激的なことが多いんですけど、あるときふと気がついたこ
by ?
日本のインディー・シーンを引っ掻きまわすレーベル、KiliKiliVillaがついにOTOTOYにて配信スタート!!!
[POWERPUSH]・2017年01月20日・日本のインディー・シーンを引っ掻きまわすレーベル、KiliKiliVillaがついにOTOTOYにて配信スタート!!! 元銀杏BOYZの安孫子真哉がチーフ・プロデューサーとしてパンク、ハードコア、ギター・ポップ等アンダーグラウンドから飛び出してくる生き生きとした音楽をリリースするレーベルKiliKiliVilla。モデル・歌手のSARAと松田"CHABE"岳二によるユニットから発展した5人組ロックン・ロールバンドLearnersや、栃木・足利を拠点として活動する3人組のCAR10、北海道・苫小牧の若きトリオ、NOT WONKなどなど、現在の音楽シーンにおいてKiliKiliVillaのリリースは目が離せない状態になっている。 OTOTOYでは、すでに発売されているLearnersのファースト・アルバム、NOT WONKの2枚のアルバムを始め、1月11日リリースのSuueat.のシングル『Let's get lost EP.』や1月18日リリースのEccy『Lonely Planet feat.あるぱちかぶと』、『Blood feat.泉まくら』のシングルを配信開始。また、LEARNERS待望の2ndアルバム
OTOTOY AWARDS 2016──気になる1位は? 10位から1位を発表──
[CLOSEUP]・2016年12月09日・OTOTOY AWARD 2016──気になる1位は? 10位から1位を発表── 50位から発表してまいりました、OTOTOY AWARD 2016。アルバムやシングルなど、とにもかくにも2016年を印象付けた作品を50枚選出して発表しています。そして、こちらのページは映えある2016年の、OTOTOYが配信するさまざまなジャンルから選んだ、2016年の10枚。さて、1位は????????? >>50位から31位はコチラ>>30位から11位はコチラ>>番外編:ジャンル・トピック編 10. おやすみホログラム『2』【レヴュー】八月ちゃんとカナミルによる2人組ユニット・アイドル・ユニット、おやすみホログラムの2ndアルバム。初期衝動に満ちたガレージ・ロック調の1stから一転、プロデューサーの小川晃一が指向したのは2ndらしい2ndアルバム。キクイマホ(HOMMヨ、ex うみのて)、高石晃太郎、小林樹音(THE DHOLE)、吉嶋智仁、タカスギケイ、上野翔(毛玉、箱庭の室内楽)といった叩き上げのミュージシャンたちがアルバムに参加、八月ちゃんとカナミルのコーラスワークにも磨きがかかり録音作品としてのレベルも一気に
OTOTOY AWARD 2016──30位〜11位編──
[CLOSEUP]・2016年12月07日・OTOTOY AWARD 2016──OTOTOY特選年間ベスト作品、30位〜11位を発表! その年の音楽総決算、OTOTOY AWARD。今年はジャンルをぶち抜いて、アルバム、シングル含めて総合チャートとして、2016年にイキの良かった50枚を選出しました。こちらでは30位から11位を発表します。今年の音楽、ちゃんとチェックしてから2017年へいきましょうぞ。 >>50位から31位はコチラ>>11位から1位はコチラ 30. HIROSHI WATANABE『MULTIVERSE』【作品詳細】KAITO名義でのジャーマン・テクノ名門〈コンパクト〉からのリリースでも知られる、HIROSHI WATANABEのデトロイト・テクノの伝説的レーベル、デリック・メイの〈トランスマット〉よりリリースされたアルバム。まっすぐにエネルギッシュなテクノ・アルバム。>>本作に関する特集ページ【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【アルバム配信価格】 2,700円(税込) 29. ミツメ『A Long Day』【作品詳細】インドネシア、台湾、テキサス、ニューヨークなどでの海外公演も含
OTOTOY AWARD 2016──2016年、年間ベスト、50位〜31位
[CLOSEUP]・2016年12月05日・OTOTOY AWARD 2016──OTOTOY特選年間ベスト作品、50位〜31位を発表! 2016年もあと少し。ということで、今年もやってまいりました。その年の音楽総決算、OTOTOY AWARD。2016年のOTOTOY AWARDは、ジャンルの垣根をぶち抜いて、総合チャートとして、アルバム、シングルに関わらず50枚を選出しました。まずは50位から31位までの20作品を発表いたします! >>30位から11位はコチラ>>10位から1位はコチラ 50. Predawn『Absence』【作品詳細】Predawn (プリドーン=夜明け前)を名乗る、女性ソロ・シンガー・ソングライターの2ndアルバム。UKロック、オルタナティヴ・ロック、ルーツ・ミュージックを独自に昇華し、少々ひねくれつつもドリーミングかつヒーリング的な聴き心地が融合。初のゲスト・ミュージシャンを迎え、より奥行きのある作品に。>>本作に関する特集ページ【配信形態】24bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【アルバム配信価格】 1,650円(税込) 49. ART-SCHOOL『Hello darkness, m
ラブリーさまーちゃんの3ヶ月連載コラム vol.1
[COLUMN]・2016年07月13日・【コラム連載】ラブリーサマーちゃん、今月の1枚 OTOTOYのトップページにて、ラブリーサマーちゃんのコラム連載がはじまりました。 ラブリーサマーちゃんは、1995年生まれ、現役大学生20歳の女の子。2013年の夏ごろ、自宅で制作した音楽をインターネット上に公開。SoundcloudやTwitterを中心に話題を呼ぶなか、2014年にライヴ活動を開始。2015年には初のフル・アルバム『#ラブリーミュージック』をリリースしました。 2016年に入ってラブサマちゃんは、3ヶ月連続シングルをリリース。どれも自信の個性が光る楽曲群に。それだけでなく、3作ともカップリングにはリスペクトするアーティストの楽曲カヴァーが収録され、ラブサマちゃんの音楽的ルーツを感じる連作となりました。 もっとラブサマちゃんの聴いている音楽を教えてもらったらおもしろいのでは? ということで、ラブサマちゃんの言葉で、いま聴いている音楽を紹介してもらおうという連載です。これから3ヶ月、お楽しみください。 リリース情報 | 2016年3ヶ月連続シングル(完全生産限定盤) ラブリーサマーちゃん / LOVE♡でしょ?(Pro.by 無敵DEAD