非常階段のライヴ・アルバムを、DSD 5.6MHzでOTOTOY限定配信開始!

先日、OTOTOYで始まったDSD 5.6MHz配信に、キング・オブ・ノイズと称される、世界初のノイズ・バンド、非常階段が登場! ゲストに坂田明、白波多カミン、初音ミク(!?)を迎え、秋葉原で行われた狂乱の一夜をDSD録音致しました。ノイズというジャンルのDSD 5.6MHzの音源は、恐らく世界でも初ではないでしょうか。その場でしか起こり得ない「ライヴ」の生々しさ。至高のノイズを極上の音質で。「聴く」というよりも「浴びる」、「音楽」というよりも「体験」。77分間、めくるめく音の洪水を、肌で感じていただきたい。

左から、T.美川、坂田明、JOJO広重


非常階段 / Live at Akihabara Goodman,Tokyo,February 2nd,2013

【配信価格】
・DSD(1bit/5.6MHz)+mp3 : アルバム 2,000円(アルバム購入のみ)
・DSD(1bit/2.8MHz)+mp3 : アルバム 1,500円(アルバム購入のみ)
・HQD(WAV 24bit/48KHz) : 単曲 250円 / アルバム 1,500円
※全て、ダウンロード特典として、30枚のデジタル・フォト・ブックレット付き
※DSD音源には、楽曲のDSFファイルとdppファイルが同梱されております。

【メンバー】
JOJO広重 : el-g / T.美川 : electronics / コサカイフミオ : electronics / JUNKO : vo / 岡野太 : ds

<ゲスト>
坂田明 : clarinet、sax / 白波多カミン : vo、ac-g

【Track List】
01. 初音階段/タンゴ
JOJO広重 : el-g / T.美川 : electronics / 白波多カミン : vo / 初音ミク : vo

02. 初音階段/やさしいにっぽん人
JOJO広重 : el-g / T.美川 : electronics / 白波多カミン : vo / 初音ミク : vo

03. Copper Median Co.
T.美川 : electronics / コサカイフミオ : electronics / 坂田明 : clarinet & sax

04. Uroboros in a Klein Bottle
JUNKO : vo / 岡野太 : ds / 坂田明 : sax

05. 白波多カミンwith非常階段/お墓の歌
白波多カミン:vo、ac-g / JUNKO : vo / JOJO広重 : el-g

06. auto-noda-fe
JOJO広重 : el-g / T.美川 : electronics、 / サカイフミオ : electronics / JUNKO : vo / 岡野太 : ds / 坂田明 : clarinet、sax & vo

07. encore
JOJO広重 : el-g / T.美川 : electronics / コサカイフミオ : electronics / JUNKO : vo / 岡野太 : ds / 坂田明 : clarinet & sax / 白波多カミン : vo & ac-g


Photo : 雨宮透貴(http://yukitaka-amemiya.com/)
Recording & Mixing : 徳永宏
Director : 藤森大河(画家 / DJみそしるとMCごはん)

録音日時 : 2013年2月2日
録音場所 : 秋葉原 CLUB GOODMAN
レコーダー : MR-2000S

>>DSDの聞き方はこちら
※ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。

【ダウンロードに関して】
・windowsをご利用のお客さまは、標準の解凍設定、もしくは解凍ソフトによっては正常にファイルを解凍できない可能性がございます。その場合、お手数ですが別の解凍ツールを使用し、再度解凍をお試しくださるようお願い致します。7-Zip(フリー・ソフト)での解凍を推奨しています。
※7-zip http://sevenzip.sourceforge.jp/

コサカイフミオ

LIVE REPORT

ステージを覆う幕が上がり、姿を現したのは、初音ミクのコスプレをした白波多カミン(以下、白波多)。そのサイドをJOJO広重(以下、JOJO)とT.美川が固めるという異様な光景が広がる。この3人の演奏により、『初音階段』収録の「タンゴ」「やさしいにっぽん人」が披露された。初音ミクの声に重ねて、白波多の歌が乗り、そこに痛烈なノイズが突き刺さる。終盤、白波多が「キャアアアアア!!!」と叫び声をあげる場面も見られた。演奏後、白波多の横に並んだJOJOが「こんなショットが撮れるのは今のうちだけです」と話すと、客は一斉にカメラや携帯電話をステージに向けた。アイドルの撮影会さながらの光景が、まさか非常階段のワンマン・ライヴで見られるとは。

初音ミクに扮した白波多カミン

初音階段が終わると、坂田明(サックス / 以下、坂田)がステージに登場。T.美川と小堺文雄によるインキャパシタンツとのセッション、そして岡野太(ドラム)とJUNKO(ヴォイス)とのJAZZセッションが行われた。その後、アコースティック・ギターを抱えた白波多と、JOJO、JUNKOにより「お墓の歌」が演奏され、しばしの休憩を挟む。

JOJOのギターの轟音を合図に、狂気は再び幕を開ける。非常階段の5人を坂田が従え、スタートから演奏のテンションは全開。JOJOが拳を振り上げると、それを合図に客は解き放たれ、ダイブし暴れ狂う。坂田も渾身の表情で腕を振り上げ、マイクを握り「ウォオオオー!!! 」と叫ぶ。セッション開始から30分以上経った頃、赤く染まるステージ上でJOJOがネックを掴みギターを天高く振りかざすと、演奏はフィナーレを迎えた。アンコールでは、全出演者によるセッションが行われた。これまでとは打って変わり、メロディアスで情緒的な音を奏でるサックス。そこにドラム、スクリーム、電子音のノイズが次々に加わり、演奏は徐々に激しさを増していく。白波多もJOJOと向き合いながら、ギターを掻き乱し叫ぶと、場内は再び絶頂に達した。演奏が終わると、場内からは大きな拍手が上がり、坂田は最前列の客と固く握手を交わす。最後にJOJOが満足そうな笑顔で客席に挨拶すると、怒濤のライヴは終了した。(text by 前田将博)

DSD 5.6MHz配信開始!

2009年にHQD配信(24bit/48KHz、24bit/96KHzのWAVデータなど)を開始し、2010年にはDSDの配信をスタート。その後、「サウンド&レコーディング・マガジン」とのコラボレーションや独自のライヴ録音など、OTOTOYでは、ジャンルを問わず、数々のオリジナルDSD音源をリリースして参りました。更に、シブヤヒカリエにて期間限定でオープンしたDSD音源体感スペース「OTOTOY DSD SHOP」や、オトトイの学校、企画記事など、配信のみならず、様々な形で「DSD」の普及、音楽を聴く形の一つとしての提案に取り組んでおります。そして、DSD対応PC周辺機器やオーディオ・コンポーネントの相次ぐリリースや各媒体での特集など、DSDの再生環境も整いつつある今、満を持して、「5.6MHz」の配信を解禁致します! これまでOTOTOYで配信していた「2.8MHz」も十分に素晴らしいものでしたが、「5.6MHz」は新しい音楽体験になること請け合いです。素晴らしい作品を素晴らしい音質で。配信第一弾は「サウンド&レコーディング・マガジン」主催のPremium Studio Liveシリーズより、「Cojok+徳澤青弦カルテット / QUANT(5.6MHz Ver.)」。昨年配信された「2.8MHz Ver.」も好評を博した彼らの音楽をご堪能下さい。

>>特集ページはこちら

RECOMMEND

非常階段 starring 初音ミク / 初音階段

世界に誇るキング・オブ・ノイズ、非常階段が、遂に初音ミクと夢のコラボレーション!! その名も”初音階段”として作品をリリース。ボーカロイド作品でも初のノイズとのコラボ、これは音楽史にも残る歴史的作品の登場!! 収録曲には、映画「やさしいにっぽん人」の挿入歌で”緑魔子”が歌った「やさしいにっぽん人」や、江戸アケミを中心に80年代に活動したファンク / アフロビートバンド”JAGATARA”の名曲「タンゴ」のカバー、そして、初音ミクが非常階段のメンバーとして取り込まれていくノイズテイクなど含めた全4曲を収録。非常階段のノイズと初音ミクが完璧に融合した歴史的な作品です!

>>>JOJO広重インタビューはこちら

白波多カミン / ランドセルカバーのゆくえ

1988年京都市生まれ。シンガー・ソングライターであり、巫女でもある。小5でギターを触る。高校時代、名簿ひとつ後ろの女の子とユニット「衝突ランドセル」を組み、合作で曲を作る。楽器はチェロとギター。大学で組んだ3ピース・バンド「つのかくし」でギター・ボーカルを担当。京都学生祭典'08に出場し、2位入賞。2009年ソロ活動開始。京都、大阪を中心にギター、ピアノ、ドラムなどで弾き語りライヴを精力的に行なう。同年、宅録音源「empreinte」を発表。2011年巫女になる。2011年11月1stアルバム『ランドセルカバーの行方』を発表。バンド・サウンドを中心にピアノ弾き語りや、ギターとバイオリンの楽曲など多彩な楽曲を収録。巫女シンガー・ソングライター現る。

>>>インタビューはこちら

Merzbow / OAT(DSD+mp3 ver.)

日本が世界に誇るノイズの帝王、Merzbowのライヴ音源をDSDで録音し、OTOTOY限定配信が決定!! ループするフレーズの中に、ランダムにうねる轟音。まるで人間の叫び声のような、轟音を突き抜けるファズ。ベース・アンプを使った重低音は、聴く者の身体の芯まで響き、狂気のように思える高音は、脳に新たな価値観を吹き込むような、圧倒的な音楽体験。肌で感じる極上のノイズを、DSDならではの音質でご堪能下さい。

>>>特集ページはこちら

PROFILE

非常階段

日本が世界に誇るノイズ・バンド。1979年にJOJO広重、頭士奈生樹によって京都で結成。轟音と即興演奏というコンセプトで世界初のノイズ・バンドとしてスタート。頭士脱退後はT.美川など大勢のメンバーが参加し、80年代にその過激なライヴ・パフォーマンスでインディーズ・シーンの歴史に名を残すバンドとなる。「キング・オブ・ノイズ」という呼称を受けるほどのその爆音とワイルドなステージングは日本国内のみならず、世界中にそのノイズ音楽を広める結果となった。ソニック・ユースのサーストン・ムーアなど、海外のアーティストからも強烈なリスペクトを帯びている。海外公演、坂田明などフリー・ジャズの面々との セッション、スターリンからBiSまで幅広い合体ユニットなど、ノイズを最大限に活用した音楽活動は結成30年余を過ぎてもまだまだ留まることがない。30枚組CDBOX、メジャーや海外からのアルバム・リリースなど作品も多数発売されている。

o

 
 

レヴュー

愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのニューシングル独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年08月15日・愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 7人組アイドル・グループの愛乙女☆DOLL(らぶりーどーる)が約1年ぶりのシングル『夜明け前、虹が差す』『光のシンフォニー』の2タイトルを同時リリース、OTOTOY独占ハイレゾ配信がスタートした。グループ新体制後初の作品をひっさげて、夏恒例でもあるアイドルイベント / フェスに続々出演中のらぶどる。もう夏も終わりに近づいてますが… メンバー全員から夏フェスへの意気込みコメントをもらいました! 2タイトル同時リリース!愛乙女☆DOLL / 夜明け前、虹が差す'【収録曲】1. 夜明け前、虹が差す2. Brand-New-World 3. 夜明け前、虹が差す (Instrumental)4. Brand-New-World (Instrumental) 【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ価格 1,000円(税込)愛乙女☆DOLL / 光のシンフォニー'【収録曲】1. 光のシンフォニー2. Lion〜孤高の騎士〜3. 光のシンフォニー (
OPNによる映画『Good Time』のサウンドトラック・アルバムをハイレゾ配信開始!
・2017年08月15日・REVIEW : 鬼才、OPNが手がけた本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞OSTをハイレゾ配信 もはや2010年代の電子音楽を象徴する存在といっても過言ではない、ダニエル・ロパティンによるプロジェクト、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー(以下、OPN)。2015年のアルバム『Garden Of Delete』リリース以降の2年間も、オリジナルのアルバム・リリースはないものの、アノーニのアルバムをハドソン・モホークと手がけたり、FKAツイッグスとのコラボの噂などなど、その話題には事欠かない。そんなOPNの新作は、映画『Good Time』(日本は11月公開)のOSTとなっている。映画はNYで銀行強盗を企てる兄弟、その弟が逮捕され…… という、1文の映画紹介と、すでに公開されているトレイラーから伺い知ることしかできないものの、映画自体はおそらくかなりスリリング&物騒な内容ではないかと。またOSTとしての本作はすでに、本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞。すでにOSTとして高い評価を受けて話題になっている作品。さて鬼才OPNが手がけたOSTとは? OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、CDと同内容
by 八木 皓平
【REVIEW】色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』
[REVIEW]・2017年08月08日・色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』 過去にはNujabesとも共作を果たし、ポストクラシカル・シーンのみならず多彩な活躍を続けるharuka nakamura。4th『音楽のある風景』(‘14)、LP+CD『CURTAIN CALL』(‘16)に続き、haruka nakamura PIANO ENSEMBLEの飽くなき挑戦の最高到達点ともいえるライヴ録音集がリリース。夕暮れを切り取ってきたこれまでのアルバムから、光そのものに焦点を当てた新作。静謐な序盤からクライマックスに向けて荘厳で壮大になっていく崇高な展開には息を呑むことだろう。そんなポストクラシカルの新たな名盤をOTOTOYでは独占ハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 ポストクラシカルの新たな名盤をハイレゾ配信! haruka nakamura PIANO ENSEMBLE / 光'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 432円(税込) / アルバム 2,700円(税込)【収録曲】''01.
by 中の人
【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!
[REVIEW]・2017年08月07日・ハイレゾで生々しく蘇る、どんと活動初期の歌声──ローザ・ルクセンブルグの過去作リマスタリング再発!! どんと(Vo.Gt)、玉城宏志(Gt)、永井利充(Ba)、三原重夫(Dr)からなる伝説のロック・バンド、ローザ・ルクセンブルグ。短い活動期間ながら強烈なインパクトを残したそのバンドは後にボ・ガンボスをはじめとしたバンドへと枝分かれしていく。そんな彼らが残したオリジナル・アルバム2枚とラスト・ライヴを収録したライブ盤がこの度ハイレゾ配信用にオリジナルのアナログ・マスター・テープからリマスタリングが施された。中でもラスト・ライヴを収録した『LIVE AUGUST』に関しては、アナログLP3枚組の当時の構成を完全再現するため、CD再発以降の同タイトルのものと比較するとフェードアウトのタイミングなどの変更が施されるなど、今までこのアルバムを楽しんで来た人も改めてこのアルバムの魅力に気付けるような仕様となっている。OTOTOYでは今作を24bit/96kHz及びDSD 5.6MHz/1bitの2つのフォーマットで配信がスタート。レヴューと共に改めて、彼らが残したそのサウンドに触れてみてください。 86年リリースのデビ
by 岡本 貴之
【REVIEW】fhánaがTVアニメ「ナイツ&マジック」のOP曲を収録した12枚目となるシングル『Hello!My World!!』をリリース!!
[REVIEW]・2017年08月02日・自らの手で作り出す、「新しい世界」──fhána12枚目となるシングルのハイレゾ配信がスタート!! 4月にリリースしたシングル『ムーンリバー』の話題も冷めやらぬまま、fhánaが早くもニュー・シングル『Hello!My World!!』を発売。今回のシングルは7月より放送が始まったアニメ「ナイツ&マジック」のオープニング・テーマとして放送中。今回もアーティスト盤、アニメ盤の2つの仕様でリリースされており、それぞれ異なるカップリング曲を収録。OTOTOYでは今回のシングルも、もちろんハイレゾで配信開始! レヴューと共にお楽しみください。 2つの仕様で異なるカップリング曲を収録!!fhána / Hello!My World!!'【Track List】01. Hello!My World!!02. 君の住む街(アーティスト盤)reaching for the cities(アニメ盤)03. Hello!My World!! -Instrumental-04. 君の住む街 -Instrumental-(アーティスト盤)reaching for the cities-Instrumental-(アニメ盤)【配信形
by 純三
アイドル界にセンセーションを巻きおこせ! つばきファクトリー2ndシングルをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年07月26日・アイドル界にセンセーションを巻きおこせ!つばきファクトリー2ndシングルをハイレゾ配信 モーニング娘。'17やアンジュルムなどが所属するハロー! プロジェクト(ハロプロ)から、ハロプロ研修生内新ユニットとして2015年4月に結成、今年2017年2月にメジャー・デビューした9人組ユニット、つばきファクトリーの2ndシングルがハイレゾで到着! つばきファクトリーの「たくましさ・かわいさ・せつなさ」が注入された3曲は、この夏大注目の作品です! 最新シングルをハイレゾ配信!「就活センセーション/笑って/ハナモヨウ」つばきファクトリー'【配信形態】(24bit/96kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) 単曲 540円 【Track List】 ''01. 就活センセーション02. 笑って03. ハナモヨウ REVIEW : 就活センセーション/笑って/ハナモヨウ 今年2017年2月22日に、メジャー1stシングル「初恋サンライズ/Just Try!/うるわしのカメリア」のトリプルA面シングルでメジャー・デビューを果たしたつばきファクトリー。それから5ヶ月、待望の2ndシングルは
【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信
・2017年07月20日・【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信 新潟在住の3人組アイドル・ユニットNegiccoが、キャリア15年目に突入した2017年7月20日、2作目となるベスト・アルバム『Negicco 2011~2017 -BEST- 2』をリリース。「光のシュプール」「ねぇバーディア」といったシングル曲はもちろん、作詞・作曲堀に堀込高樹、編曲にKIRINJIを迎えた書き下ろしの新曲「愛は光」、Homecomingsのギタリスト・福富優樹作詞の「ともだちがいない!」、《SIDE B楽曲から1曲を選ぶTwitterファン投票企画》にて圧倒的票数で選ばれた「さよならMusic」も収録。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信!! 大人のしなやかさと可愛らしさを持ち合わせたNegiccoの現在をお楽しみください。 2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信Negicco / Negicco 2011~2017 -BEST- 2【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 201円(税込) / まとめ 2,401円(税込) 【収録曲】1. 愛は光
by 鈴木 雄希
【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画》──goodtimes、十人十色は時に人を傷つける
[CLOSEUP]・2017年07月17日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第5弾》──goodtimes、十人十色は時に人を傷つける 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第5弾音源「灰色」を配信、レヴューを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第5弾goodtimes / 灰色 '【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>ハイレゾとは? '【配信価格】価格 250円【収録曲】1. 灰色 REVIEW : 自分の立ち位置が不明瞭なものになってゆく 誰とでも仲良くなれて、周囲にも認められるあなたが憎たらしくてたまらない。何かを極めていたり、何かに振り切ることができる人が羨ましい。性格や容姿の系統、カースト、周りからの評価。様々な要素がその人の色を決定付ける。しかし、それを考えれば考えるほど、自分の立ち位置がむしろ不明瞭なものに思えてくる。鮮やかな
by 宮尾茉実