after the greenroom、1stアルバムを販売開始

2006年結成の千葉出身3ピース・ロック・バンドafter the greenroom。2011年にはSEBASTIAN X、[Champagne]や東京カランコロン等とコンピレーション・アルバムに参加、最近では残響recordsのイベントや土と平和の祭典などにも呼ばれるなど、各方面からの注目を集めている彼らが、ファースト・アルバム『Like a Blanket』をリリース! しなやかに強く歌い上げられる歌が、バンドの作り出す世界を感情豊かに彩ります。一貫して飾らないことの素晴らしさを物語に交えて歌う彼ら。どうぞ彼らの物語の世界を体験してみてください!



after the greenroom / Like a Blanket

【収録曲】
1. ようこそ / 2. 大行進 / 3. 魔女の夢 / 4. 夜の番人 / 5. おうちへ帰ろう / 6. 鈍行列車 / 7. ピクニック / 8. 最初の晩餐

販売形式 : mp3 / wav
販売価格 : mp3 1200円 / wav 1600円

after the greenroom INTERVIEW

どことなく所在なさげだが、実際は芯の通った清々しい歌と演奏を聴かせるのが面白い。After The Greenroomはこのデビュー・アルバム『Like a Blanket』のリリースを起点に、無理に周辺の同世代と足並みを合わせずとも、着実に存在感を強めていくだろう。メロディを基軸にした実直な演奏も好印象だが、彼らの魅力はなにをおいてもこの声だ。山田真未の低音域がよく響く芯の太い歌声には、聴き手の背筋をぴんと伸ばすような力強さがある。結成からここまでの集大成を形にしたという彼らに、その道のりを語ってもらった。

インタビュ―&文 : 渡辺裕也

歌詞で人を感動させられるようなものを自分でも作れたら

――楽曲のストーリー性が非常に高いので、実はけっこうコンセプチュアルなバンドなのかなと思って。結成した時点から決めていたことってなにかありましたか。

山田真未(Vo、G) : 結成時からのメンバーは私と亜由子だけなんですけど、このバンドの前にもうひとつ別のバンドをやっていたことがあって。そのバンドの方向性が自分達のやりたいものとはちょっと違ったので、それでこのバンドを組んだんです。

――その前身バンドは山田さんが仕切っていたわけではなかったんですか。

山田 : ギター・ヴォーカルがもうひとりいたんです。私と彼女のふたりがそれぞれ自分で作ってきた曲を歌うっていう形をとっていたんですけど、あまりに音楽性がかけ離れていて。言ってしまえばギャルバンだったんですよ(笑)。ちょっとキャピキャピした感じの。
日置亜由子(B) : 女の子4人で色違いのツナギを着たりするような感じのね(笑)。
山田 : そうそう(笑)。そのもうひとりのメンバーがやろうとしていたのが、そういう女の子らしさを強く出したバンドで。それに最初は私達も合わせていたんですけど、続けていくうちに「私がやりたいのはこういうのじゃないよなぁ」という気持ちが強くなっていって(笑)。

――新しいバンドに向けて動き出そうと。

日置 : 水面下でね(笑)。私達は高校の時からずっと一緒にやってきたし、私は真未の作る曲が好きだったから、それをもっとやっちゃおうよって。

――女の子バンドとして見られることに抵抗があったんですか。細根さんが加入する前はドラマーも女性だったんですよね。

山田 : 抵抗はないんですけど、それとはまた違った形で私達のアイデンティティを見せたかったというか。でも、確かに女の子3人でやっていた頃は、対バンも女の子バンドと組まれることが多くて、多少は違和感もありました(笑)。
日置 : 3月3日のひな祭りに女子バンドばかりを集めたブッキングに呼ばれたり (笑)。対等に見られていないと言ったら語弊があるけど、「女の子3人なのにこういう曲をやってるなんて、すごいね」みたいな言い方もよくされたから。

山田真未(Vo&Gt)

――たしかに山田さんの歌唱もフェミニンな感じを前に出しているわけではないですよね。

山田 : 地声が低くて(笑)。あと、高校生の時はバンプ・オブ・チキンとかレミオロメンなんかをよくカラオケで歌っていたから、それに似せていたところはあったかもしれません。それがこうしてバンドで歌っていくうちに、自分の声がちょっと特殊なんだなと気づいて。最初はコンプレックスにも感じたんですけど、だんだん声を褒めてくれる人もでてきて、少しずつ自信が持てるようにはなりました。もともと小学校1年生の頃から合唱団で歌ってきたので、高い声も出せるんですよ。だからそのあたりを上手く使って、自分だけのうたを歌えるようになったらいいなと思っていて。

――おふたりは山田さんのヴォーカルにどんな印象を持っていたんでしょう。

細根雄一(Dr)(以下、細根) : 「声が低いなぁ」くらいですね。深く考えたことはなかったです。もともと僕らは高校の同級生で、そのときに入っていたギター部でもよく歌声は聴いていたので。
日置 : 彼女のうたの魅力に気がついたのは、たぶんこのバンドを組んでからのことで。最初の頃は、とにかくバンドがやりたいっていう気持ちだけが強かったから、印象もあんまり覚えてないかな。最初にやったコピー・バンドでも、真未は男性の曲を歌っていたから。
山田 : 曲づくりは手探りで始めたんですけど、曲数を重ねてそれを並べてみたら「あ、私こういうことを歌にしていたんだ! 」と気づく瞬間があって。

――というのは?

山田 : さきほどおっしゃっていたように、自然と物語があるものを書いていたことに気がついたんです。

――そのストーリー性のある楽曲のルーツはどんなところにあるんですか。

山田 : 多分それはバンプ・オブ・チキンになると思います。高校の頃、藤原さんの詞にすごく感動したことがあって。こうやって歌詞で人を感動させられるようなものを自分でも作れたら、と思ったのがきっかけになったと思う。

――音楽以外からの影響は特になかったのかな。

山田 : 人並みに読書や映画も好きですけど、やっぱり歌に乗っている言葉に私はすごく魅力を感じます。

――その歌詞に対する意識の高さをメンバー間ではどこまで共有しているんでしょうか。

細根 : 任せちゃってるかな。
日置 : これってすごく傲慢な考え方かもしれないけど、私は高校時代からずっと真未と仲がよくて、けっこうな時間をふたりで共有してるんです。大学も別々だったけど、それでもずっと一緒にいた(笑)。だからか、いい意味で私達は感覚が似てきているし、きっと私の考え方なんかもどこかで彼女に影響を与えてるんだなって、私自身も感じていて。なんとなくわかるんですよ。きっとこんな気持ちで書いたんだろうなって。

――日置さんからすれば、その時々の山田さんの興味や精神状態が、ある程度は曲を通してわかっちゃうということ?

日置 : わかります。「あれっしょ? 」みたいな(笑)。でも、長く続けてきたことでだんだんとわからなくなってきたこともあるんです。「こんなことを歌うようになったんだ」って思わされるのが今は面白くて。自分も知らないところで彼女の感性が大きくなってるということを最近は感じます。

――基本的に山田さんの歌詞はそれだけでも成立するようなものになっていますよね。こういう言葉をメロディに乗せるのはすごく難しいと思うんです。きっと試行錯誤された時期もあったんじゃないかと思うんですが。

山田 : “魔女の夢”ができたのはひとつの転機だったのかもしれない。あの曲が出来る前に、しばらく曲がぜんぜん書けなくなってしまった時期があって。私は人に弱みをさらけ出すことがあまりないんですけど、なんかその時は溜め込みすぎちゃって、唯一の相談相手でもある亜由子に、公園で「曲が出来なくてつらいんだ」って泣きついたんです。そうしたら「私もいるよ」と言ってくれて。それで、自分一人の問題だと思いこんでいたことがなんかすごく恥ずかしくなって。そうやって支えてくれるメンバーがそばにいると気づいたら、気持ちが楽になった。“魔女の夢”は、まさにそのことを歌っている曲で。
日置 : それ、初めて知ったよ(笑)。
山田 : 亜由子の誕生日に「この曲が誕生日プレゼントだから」って言った覚えがあるよ(笑)。
日置 : なんかすごい恥ずかしいんだけど(笑)。

――素敵な話じゃないですか。笑っちゃダメですよ(笑)。

細根 : (笑)。いやいや、なんかエモいなと思ってさ。

ほっと心があたたかくなるような音楽を

――じゃあ、ここで細根さんが加入するまでの変遷も伺おうかな。

山田 : ライヴ活動を始めて間もない頃に、前のドラマーからすぐ「辞めたい」と言われて(笑)。
日置 : その子は真未の大学の後輩だったんですけど、ちょっと窮屈だったみたいで。私もよく話は聞いていたし、辞めないでとお願いしたんですけど、「スタジオが楽しくない」と言われちゃったから、それはしょうがないな、と(笑)。でも、すでにライヴもやってたから、なんとかドラムを探さなきゃっていうときに、別のバンドをやっていた彼に電話で「ドラムが辞めることになっちゃってさ」と話したら、手伝うよと言ってくれて。
山田 : だから最初はサポートとして参加してくれていたんですけど、その彼がやっていたもうひとつのバンドが休止になったので。
細根 : そっちはみんな、やる気があんまりなかったんです(笑)。曲を用意するのもすごく遅くて。あと、ギタリストがなぜか絶対にエフェクターは踏まないというこだわりを持つ人間だったんですけど、それは僕としてはあまり楽しくなかったんです。でも、こっちはたくさんエフェクターがあって楽しそうだなと思って。
日置 : そこだったの(笑)。

細根雄一(Dr)

――音色で遊んだりする方が、細根さん的には好みなんだ。

細根 : 前のバンドではやれなかった「ガシャーン! 」としたやつがやれそうだったし、ライヴを観に行ったときも「俺だったらこういう風に叩くけどな」みたいなことも考えてたから。こうすればもっとバンド・サウンドが綺麗になるのにっていう気持ちがすごくあったんで。

――演奏面での志向性は一致しているんですか。

細根 : そこはばらけてます。
山田 : まず聴く音楽がけっこう違うよね。私はシンガー・ソングライターの弾き語りとかが好きなので、アレンジも極力シンプルにしたがるんですよ。
細根 : 僕はその時々で「これ、新しい」みたいなものが好きだったりするんで。パンクを聴いたあとに「あ、ヒップ・ホップってすげえかっこいいな」と思ったり、「フリー・ジャズって楽しそうだな」みたいな感じでいろいろ広げていきつつ、それを自分自身のドラムにも反映したいんです。最近だと、少し前にthe act we actっていうバンドを見たんですけど、そのライヴがホントにすごくて。あと、元ビイドロの方がやっている“はなし”っていうバンドにも感動しました。なんというか、音楽って楽しいなと思って。

――お、やっと細根さんもエモいことを言いましたね (笑)。

細根 : (苦笑)。あと、俺はギターが弾けないんだけど、メンバーの中で一番ギターのフレーズにうるさいのは俺かもしれなくて。(山田は)わりと無頓着というか、うたを歌いたいからギターのことはそこまで考えてないって言うから、「じゃあこういう風に弾いてみてよ」って俺から提案してみることはけっこうあって。
山田 : 自分でこう弾きたいというのがないときは、私からもどうすればいいか聞くこともあるんです。

――そのやりとりは面白いですね。じゃあ次は日置さん。

日置 : うーん。バンドをやってるとこういう質問ってけっこうされると思うんですけど、私はうまく答えられないんですよねぇ。まったく音楽を聴かない人よりは聴くんですけど。すごくかっこいいと思ったバンドに対しての熱はものすごいんですけどね。
細根 : 亜由子はライヴが好きなんだよね。
日置 : 確かにライヴはめっちゃ行ってる。ライブ・ハウスの現場ですごくよかったと思ったときの感動の方が、CDを聴いたときよりも私はずっと大きくて。私にとっての音楽が好きっていうのは、その感動を指しているのかもしれない。

――これまでいくつか自主音源を重ねてきて、今回こうしてアルバムを完成させたみなさんにとって、音源制作へのモチヴェーションはどこにあるんでしょう。あくまでもライヴ活動に付随するものと考えているのか。それとも作品としての独立した価値を求めるのか。

日置 : 私は完全にライヴありきですね。やっぱりライヴが好きだし、私のスタンスとしてはそれが一番だと思ってるから。その流れでレコーディングしようという話になれば、じゃあしましょうっていう気持ちになるというか。
山田 : 私はそのふたつがどちらもあると思う。ライヴ・バンドとしての熱を作品に注ぎ込みたいという気持ちもあるのと同時に、そことは別でひとつの作品でもありたいというか。で、今回のアルバムがどっちかと言われたら、ライヴでの熱量をつぎ込んだ内容になっていると思うんですけど、一方でポンゴやアコーディオンなんかもレコーディングでは使っていて。音源制作では編成にこだわらないことができるので、もっとそこは突き詰めてみたいです。

日置亜由子(Ba)

――アルバム・タイトルになっている『Like a Blanket』は、自主企画のタイトルとしてもずっと使ってきた名前ですよね。きっとみなさんにとって思い入れの深い言葉なんだろうと思うんですが。

山田 : 初めて企画をやることが決まって、メンツや内容を考えながら、お客さんにどんな気持ちになってもらいたいかを考えた時に、毛布でくるんだような、見に来てくれた人の心があたたまる企画にしたいと思って。それが企画を重ねるごとに、だんだんバンドとしてのテーマにも近づいていったんです。その最初の企画から6年間活動してきた集大成的な意味を込めて、今回のタイトルにしました。

――バンドのテーマに近づいていったというところをもう少し知りたいです。

山田 : 企画を始める頃は自分達の音楽にテーマみたいなものがあるかどうかも自覚してなかったんですけど、ライヴ・ハウスの人から「どういう企画にしたいの? 」と質問された時に、初めて「私達って何がしたいんだろう」と考えて。その時に出会った言葉だったから、バンドもそういう方向に導かれていったような気がします。
日置 : タイトルを『Like a Blanket』に決めた時に、私はようやくこの8曲を並べることに納得できた感じがあって。初めて企画をやったときからずっとこの名前を使ってきて、それから培ってきたものを一気に詰め込んであるから。今までの集大成っていうのは私も感じたかな。

――では、今回の制作で見えた課題がなにかあれば教えてもらえますか。

細根 : 作業的な面で詰めの甘さはやっぱりあって。プリプロも何度も重ねてきたんですけど、レコーディング当日に予期してないことがけっこうあった。だから、8曲ってけっこう長いんだなと思った(笑)。
日置 : 私は持ち曲の少なさを改めて感じたかな。単純に曲の数がもっとあれば、いろんな作品の形もイメージ出来るんだろうなと思って。たとえば、いざアルバムを作るとなった時に「2曲目にこういうのがあったらいいな」と思っても、なかなかそれって出来ないもので(笑)。だから、今度は作品をつくることを目標に曲づくりを進められたら、また新しいものが作れそう。
山田 : 今回のアルバムを六角形グラフにしたら、けっこうバランスのとれた感じになったと思ってて。だから、また次にアルバムを作るときは、サウンド的にも歌詞でも、もっと振り切れたところに行けたらいいなと思ってます。

――それこそ物語ありきで楽曲を作っていくのも面白そうですよね。

山田 : このバンドでここまでたくさん喧嘩もしながらゆっくり歩んできたけど、ちゃんと前を向いていれば目的地に辿り着けるんだなと思って。このアルバムで一番新しい“鈍行列車”は、そういう思いで書いた曲なんです。私達は今まで自信が持てないところもあったから。
日置 : 3人ともちょっと卑屈なんですよね(笑)。だから、人からいいねと言ってもらえると「でしょ! 」とはなかなか言えないんです。なんか私達って、暗いバンドよりは明るいけど、明るいバンドよりは暗いっていうか(笑)。

――それは音楽の寓意性が強いからじゃない? このバンド名にもどことなく含みと影は感じますよ。それってすごくいいと思うけど。

山田 : グリーンルームは「楽屋」という意味で。あと、グリーンには新鮮さっていう意味もあるから、お客さんが日常では感じられない特別ななにかを持ち帰って、ほっと心があたたかくなるような音楽を演奏できるバンドになれたらいいなと思って名づけたんです。でも、私達はみんな感覚的なんですよ。それゆえに、「私達はこういうバンドです」とはっきりと言い表せない部分が多すぎるから、受け入れてもらえるのかどうかいつも不安で。もちろんいい作品ができたと思ってるんだけど、それがちゃんと伝わるかなって。まだ他の人の感覚に変換できなくて。

――このアルバムの気を衒わない感じ、すごくいいですよ。もっと自信を持ってください!

山田 : ありがとうございます(笑)。

RECOMMEND

SEBASTIAN X / ひなぎくと怪獣

SEBASTIAN Xの最新ミニ・アルバム。10代の若者たち、かつて10代だった者たちへ向けて放たれる、SEBASTIAN Xの2度目の初期衝動。勢いに満ちた本作には、新たなサウンド・アレンジ/メッセージが散りばめられている。

Rie fu & the fu / BIGGER PICTURE

メジャー・レーベルを飛び出し、新たなフェーズへと進む彼女が新作で挑んだのは、なんと新名義『Rie fu & the fu』での活動。音づくりに、zAk( fishmans, UA, BOREDOMS, etc.)、ベースに鹿島達也(the pillows, ORIGINAL LOVE,etc)、ドラマー菅沼雄太(ego wrappin’,etc.),ギターにコーヘー(delofamilia, ex.hoi festa)と、Rie fuが信頼をおく唯一無二のセンスを持つミュージシャンを迎え、シンプルかつ立体的な音を作り出しています。より強くしなやかになったRie fu。骨太なリズム隊と共に飄々と切り替わるカラフルな彼女の世界観をどうぞ。

空気公団 / 夜はそのまなざしの先に流れる

本作は、2012年7月6日に日本橋公会堂にて行なわれたライヴ・イベントで、演劇ユニット「バストリオ」による演劇が繰り広げられる中で、同ステージ上で演奏されたアルバム収録曲の録音をベースに、スタジオ録音を重ねた、ライヴ盤でもスタジオ盤でもないもの。緊張感と温かな雰囲気が入り混じった作品となりました。奥田健介(NONA REEVES)、山口とも、tico moon、山本精一がゲスト参加しています。

LIVE SCHEDULE

''LIVE SCHEDULE

2012年12月3日(月)吉祥寺Warp
2012年12月9日(日)新宿Motion
2012年12月23日(日)恵比寿BATICA
2012年12月27日(木)小岩BUSHBASH
2012年12月29日(土)下北沢ERA

2013年2月3日(日)@下北沢ERA【Like a Blanket "リリース・パーティ】
w/ タテタカコ / はなし

2013年2月9日(土)@アメリカ村CLAPPER
2013年2月16日(土)@横浜BBstreet
2013年3月2日(土)@稲毛K'sDream
2013年3月9日(土)@宇都宮HELLO DOLLY
2013年3月10日(日)@郡山PEAK ACTION
2013年3月23日(土)@熊谷BLUE・FOREST
2013年4月13日(土)@福井CHOP
2013年6月8日(土)@大阪para-dice

after the greenroom PROFILE

Vo&Gt / 山田真未
Ba / 日置亜由子
Dr / 細根雄一

高校の同級生で2006年に千葉で結成した3ピース・ロック・バンド。過去3枚の自主制作音源はそれぞれ500枚ずつ完売。前作『命のなまえ』は、手売と委託販売で約1000枚をセールス。2011年にコンピレーション『wild gun crazy vol.4』(w/ SEBASTIAN X、[Champagne]、東京カランコロン)や『BEARS' BANQUET』に参加。自主企画や教会イベントでは毎回100人を超える動員を記録。最近では残響のイベントや土と平和の祭典などのイベントにも呼ばれ、ライヴ・シーンでの注目度は急上昇。ユニークでシンプルなポップ・センスに彩られたサウンドは、女性ボーカルとしてはびっくりするほど低音に艶がある山田の超個性的な歌をしなやかに包み込む。想像を超える展開力で一つ一つの曲に物語があり、大人と子供に捧げるロックな子守唄を歌う。この秋、きのこ帝国とのカップリング・ツアーを開催。

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
Yun*chi、ミニ・アルバム『Canvas*』リリース記念リミックス・コンテスト開催!
[INTERVIEW]・2017年08月02日・未来を自由な色で描こう! Yun*chi、『Canvas*』リリース記念リミックス・コンテスト開催 2年ぶりのミニ・アルバム「Canvas*」をリリースしたYun*chi。ナチュラルな雰囲気を身にまとった新ビジュアルにも注目です。OTOTOYでは本作のリリースを記念してリード曲「今僕のいる場所が理想と違っても」のリミックス・コンテストを開催! 本日から8月30日(水)まで作品を募集します。グランプリはOTOTOYで期間限定フリーDLをおこないます。詳しくは応募要項をチェック! 2年ぶりのミニ・アルバム!Yun*chi / Canvas*'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) 単曲 257円 まとめ購入 1500円【Track List】 ''01. 今僕のいる場所が理想と違っても / 02. HIMAWARI* / 03. Trendy Night* / 04. Kare Kano* / 05. Again* / 06. Seaside In Dream* / 07. Thank U* 「Canvas*」リリース記念リミックス・コンテスト応募要項応募用素材はこちらY
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事