タルトタタン、初ライヴの音源をOTOTOY限定配信!!

今年デビュー・アルバムをリリースし、話題急上昇中のガールズ・ユニット、タルトタタンが、2012年9月1日に行われた自身初ライヴの高音質音源をOTOTOY限定で配信リリース。タルトタタンは今年6月にデビュー・アルバムをリリースした亀高綾乃と有井優による女子2人組ユニットで、収録時のライヴは、 西浦謙助(アゼル&バイジャン、進行方向別通行区分 etc)、田渕ひさ子(bloodthirsty butchers、LAMA etc / ex ナンバーガール)、田中貴(サニーデイサービス)という異色の編成で行われました。今回配信される音源は、初々しいMCや2人がキーボードを弾いた楽曲など、ライヴで披露された全7曲を余すところなく収録したものとなります。ブレイク必至の彼女たちの貴重な初ライヴの模様を、是非とも高音質でご堪能ください。


タルトタタン / 1st LIVE @ SHIBUYA WWW

【配信形態】
1) HQD(24bit/48kHzのWAV)
2) mp3
★まとめ購入のお客様には、当日のMC音源付き!!

【価格】
HQD : 単曲250円 / アルバム1,600円
mp3 : 単曲200円 / アルバム1,200円



【Track List】
1. 恋するカレンダー
2. 入り鉄砲に出女
3. 鳴門
4. MC
5. シンキングインザレイン
6. epoch making love
7. MC
8. ランララン
9. しょうがないマイラブ
10. MC

【CREDIT】
TARTETATIN : Ayano Kametaka / Yuu Arii
Guitar : Hisako Tabuchi
Bass : Takashi Tanaka
Drums : Kensuke Nishiura

Producer / Management : Masakazu Iwata (EMISSION ENTERTAINMENT)
Art Director : Yukihiro Nemoto
Photo : Yukitaka Amemiya

Mixing : Toshiyuki Abe
Live Recording Engineer : Kenta Tani
Assistant Engineer : Daishi Iiba
Director : Taiga Fujimori (GAKA / DJ MISOSHIRU & MC GOHAN)

Special Thanks :
Shiho Nanba / Toshiyasu Naruse(HORIPRO) / Takeomi Sugawara(Horipro) / bandojanaimon / Rina Sumioka / Sayuri Miyakawa / Bar Kateikyoushi crue / Shibuya WWW crue / Emission entertainment crue


【ダウンロードに関して】
windowsをご利用のお客さまは、標準の解凍設定、もしくは解凍ソフトによっては正常にファイルを解凍できない可能性がございます。その場合、お手数ですが別の解凍ツールを使用し、再度解凍をお試しくださるようお願い致します。7-zip(フリー・ソフト)での解凍を推奨しています。
※7-zip http://sevenzip.sourceforge.jp/
また、ファイル名が長く操作出来ない場合や、ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。

解凍ソフト7-zipの詳しい使い方はこちらから

INTERVIEW : タルトタタン

タルトタタンの初ライヴは、超満員の渋谷WWWで行われた。サポート・メンバーに、西浦謙助(アゼル&バイジャン、進行方向別通行区分 etc)、田渕ひさ子(bloodthirsty butchers、LAMA etc / ex ナンバーガール)、田中貴(サニーデイ・サービス)という強力な三者を迎え、まさにこれ以上ないという舞台に登場した亀高綾乃と有井優。少し緊張した面持ちで「こんにちは、タルトタタンです」という言葉とともに始まったライヴは、新しい音楽の夜明けとも言える非常に初々しいものだった。ゼロ年代を通過したメロディを、オルタナティヴ・バンドとして活動してきた経験豊富なプレイヤーたちが奏でることで、まだあどけない2人のユニゾンが浮かび上がっていく。もちろん舞台慣れしていない分の不安定さはあったけれど、それを差し引いても充分に可能性を感じるライヴであった。そんな初ライヴ直後に、タルトタタンの2人と、今回のサポート・メンバーである3人に話を訊いた。新たなサウンドはここから始まる。

インタビュー&文 : 西澤裕郎
写真 : 雨宮透貴

成長していく様子をそばで観れるというのはなんて幸せなことなんだろう

――初ライヴを終えて、率直な感想を教えてもらえますか?

有井優(以下、有井) : 本当に初めてのことばかりで緊張して…。でも、がむしゃらに精一杯頑張りました。できる限りのことをやらせていただきました。

――そうですよね。初めてだから緊張しますよね。

有井 : はい、すっごく緊張しました。

左から、亀高綾乃、有井優

――いつも練習でやっているのとは違った感じでした?

有井 : また違った緊張感でした。

――亀高さんはいかがでした?

亀高綾乃(以下、亀高) : 私もすごく緊張しました。でも演奏陣の方々が暖かい声をたくさんかけてくれて。そういう一つ一つにすごく支えられました。緊張はしたけど、リラックスしてできたと思います。

――根本的なお話なんですけど、タルトタタンというグループは、この5人のことではないんですよね?

田中貴(以下、田中) : 歌っている2人(※亀高と有井)のことですね。あとの3人はサポートです。
西浦謙助(以下、西浦) : だからこれは、今日のタルトタタンということになります。
田中 : それ、わかりにくいから(笑)。今日のサポート・メンバーですね。

――西浦さんは彼女たちのプロデュースもしながら、プレイヤーもしているんですよね。どういう経緯で、今日の3人がサポートをすることになったんですか?

西浦 : タルトタタンのチーフ・プロデューサー(エミシオンエンタテインメント)の人選ですね。出来すぎたコメントに聴こえちゃうかもしれませんけど、日頃からリスペクトしていて、昔から音楽を聴いてる人にサポートしてもらえて、プロデューサーとしてこんなに素晴らしいことはないという気持ちですね。
田中・田渕ひさ子(以下、田渕) : (笑)。

左から、田中貴、西浦謙助、田渕ひさ子

――田渕さんはサポートしてくれと言われたときどう思われました?

田渕 : CDを頂いて、曲はすごく好き!! って思ったんですけど、ギター超難しい!! と思って、焦りました…(笑)。ギターのプレイとかも自分とはタイプが違ったんですけど、好きな感じで。

――今日、実際演奏してみた感じはどうでしたか?

田渕 : 緊張しました~。すみません(笑)。

――あははは。田中さんはいかがでしたか?

田中 : 『なめこのCD』に入っている「恋の湿度100 パーセント」でレコーディングに参加させてもらって、そのままライヴをやってくれって言われたんです。でも、聴くとやるとでは大違いでした。すごく大変な曲で、こんなに練習するなんて思わなかったですよ(笑)。
西浦 : 全くライヴを想定せずに好き放題作っていたので、手グセと言いますか、そういう部分が多くて「しまった! 」という後悔は非常にありました…。

――初ライヴで、こんなに豪華なサポートで歌えることって、なかなかないと思うんですけれども、2人は歌ってみてどうでした?

有井 : もう本当に3人の方が支えてくださって… とても感謝しています。嬉しいです。

――ちなみに、3人それぞれのバンドの楽曲は聴いたことはありました?

有井 : (笑顔で)はいっ! 聴かせて頂いておりました!

――本当にほんわかした感じのお2人ですよね。すごく柔らかい印象のお2人ですけども、普段練習のときとかもこんな感じなんですか。

西浦 : そうですね。2人は人間ができていると言いますか。
有井・亀高 : うわ~(笑)。
西浦 : こんなに良い子たちが成長していく様子をそばで観れるというのはなんて幸せなことなんだろうと。親心的な感情ですね。

――(笑)。ライヴにおける、ステージ前列のヴォーカル2人と後列の演奏陣の経験値のコントラストは見ていて面白かったです。

田中 : いや、僕すごいグラグラでしたよ(笑)。
西浦 : 結構グラグラですよ、僕も(笑)。
田渕 : もっと支えたいんですけどね。
田中 : 緊張してるって言うけど2人は顔に出ないから、逆にコッチがね(笑)。
西浦 : 2人はたくさん練習してきてたんで、こっちがちょっと恐縮するっていう。

有井は小学校の頃仲良かったことを忘れていたんです…

――そんな謙遜し合わなくても(笑)。そもそも、2人はタルトタタンを始める前からのお知り合いなんですか?

有井 : はいっ! 幼馴染なんです!
亀高 : 小学校のときからのお友達です。

――小学校からの友達とステージで歌を歌うのはどういう気持ちなんですか?

亀高 : 有井は切り替えが上手い子なんで、私はそれについていく感じで、やりやすいし勉強になることもあります。
有井 : 友達としての状態と、仕事としての状態の切り替えは、亀ちゃんはすごくできる子なんです。だから、友達としての関係がなぁなぁにならない、良い関係を築けてるなぁと。パートナーとして、最高だと思います。
西浦・田中・田渕 : (笑)。

――じゃあ、元々2人で一緒に音楽をやられてたんですか?

亀高 : いえ、違います。小学校の頃、すごく仲良くしていた親友だったんですけど、中学が別になって会わなくなっちゃって。でも、高校に入って始めたバイト先がたまたま一緒になって!

――それは運命的な巡り合わせですね!

亀高 : でも、有井は小学校の頃仲良かったことを忘れていたんです…。
一同 : (爆笑)
有井 : ホント、すいません…。
亀高 : でも、高校時代からは友達としてずっと仲良くさせてもらっています。

――バイト先で衝撃の再開を果たして、一緒に歌を歌うようになったのは、どういう経緯があってのことなんですか?

亀高 : タルトタタンのメンバーを探している時に、有井をエミシオンエンタテインメントのプロデューサーさんのところへ連れて行ったんです。「この子しかいないんです!」って言って。それで後日、西浦さんの前でアカペラで歌って、OKを頂いて。
西浦 : 正直、幼馴染を連れてくるなんていうドラマみたいなことあんの!? って思っていたら本当に可愛らしい子が来て…。
田中 : 合格!! バンッ!! みたいな感じでね!
西浦 : ちょっと… こんな出来過ぎた話! と思いながらも… 「合格!」って言ってました(笑)。

――あはははは。即決だったんですか?

西浦 : そうですね。特に否定するような理由も見つからなかったので、とりあえず「仲悪くならないでください」ということだけお伝えしましたけれども。
一同 : (笑)。
亀高 : 連れて来たときに、幼馴染だからそういうフワフワした気持ちで連れて来たって思われたらどうしようと思ってたんですよ。でも、「生きている中で仲良くなる人って本当にわずかだから大事だよ!」って西浦さんに言われて。
田中 : 西浦君に言われたんだ(笑)。
西浦 : 俺そんなこと言ったんだ!? いやでも本当そうだと思います、はい(笑)。
亀高 : だから、本当ありがたいなぁと思いました。
西浦 : 多分、僕に友達がすごく少ないからそういうことを言ったんだと思います(笑)。

――逆にそれだけ仲の良い2人をプロデュースするのも大変なんじゃないですか?

西浦 : なんだかんだ昔からの知り合いって言い合いが出来る関係なので、面白いことできるんじゃないかと思っていましたね。

――そもそもタルトタタンを始めるにあたって、何人かの子を見て選んだってことですか?

西浦 : 実は僕はそこはタッチしてなくて、「どうですか? この子?」と聞かれたので、「じゃあやってみましょうか!」ぐらいの本当軽い感じだったんです。むしろ僕はサウンド・プロデュースという立場なんで、しめしめという感じでしたよ(笑)。最初は浅はかな気持ちもなきにしも有らずでしたけど、今はそんなことないです、はい。2人を包み込んでいこうかと… あぁ、全然下品な意味ではなく!
一同 : (笑)。

――じゃあ演奏陣の3人が2人のどこに魅力を感じているのかをお訊きしたいんですけれども、田中さんいかがですか?

田中 : そもそも僕は、若い娘さんと一緒にやることがないので… もう可愛くてしょうがないですね!!
一同 : (爆笑)。
有井 : あははは。嬉しいです~、もう! ありがとうございます。
田中 : リハも楽しくてしょうがないですよ。ライヴも。ヒゲのおっさんとかと普段やってるんですから、そりゃ楽しいですよ(笑)!
西浦 : ハハハ! それ問題発言ですよ!!!
有井・亀高 : (笑)。

――(笑)。この二人ならではのよさっていうのはどこにあるんでしょうか?

田中 : 仲がいいってのは良いことですね。小学校のときに仲良かった記憶を失ってまで、またこうなれるっていうのはね。エターナル・サンシャイン(2004年 / アメリカ映画 / 記憶を失った男女の物語)みたいないい話ですよ! また記憶を失うんでしょうけど(笑)。なにがあっても仲のいい2人なんですよ。素晴らしいです。

――田渕さんはいかがですか?

田渕 : CDを頂いてジャケットを見たんですけど、写真の100倍可愛くてワォ! って感じでした(笑)。リハとかも2人で同一の空気が流れてて、それがすごく可愛いくて。歌ってるときのフリもすっごい可愛くて。やっちゃいけない部類の人もいると思うんですよ(笑)。
一同 : (爆笑)。
田渕 : でも本当にピッタリでよくできてるなぁと思って。もっと私のプレイに余裕があればガン見したいんですけど(笑)。
有井・亀高 : 本当にありがとうございます!
田渕 : リハとかも楽しいですよ。2人がキャッキャッキャッ♪ ってやってるのを、 んふっふっふっ♪ って見てるんです。おっさんみたいですけど。
一同 : (爆笑)。
西浦 : 僕も若いむすめさんと触れ合うことがないので(笑)。最初はドギマギしちゃったんですけど、2人はいい意味でピュアなので、こんな娘が欲しいと心から思いました。本当心が洗われると言いますか、なんて俺は淀んだ池で生きてきたのかと思い知らされるんです(笑)。

東京ドームを目指しています(笑)!

――3人とも親戚の大人みたいですね(笑)。2人はステージに立ってみて、人気者になりたいとか、もっと大きいところでやりたいとかそういう欲はありますか?

有井 : あまりそういう欲はないですね。ただ、2人でたくさんライヴとかやっていきたいとは思います。そういう機会をちゃんとひとつひとつしっかりこなしていきたいと思います。
西浦 : これ台本とかないですよね? 答えが完ぺきすぎる(笑)。
田中・田渕 : 素晴らしい。

――では2人がタルトタタンをやる上で一番モチベーションになってることってなんなのでしょう?

有井 : 歌が好き! っていうのが一番です。
亀高 : タルトタタンの雰囲気が、自分たちの空気感にあっていて、歌っていて本当に幸せです。自分自身も有井と似た空気感を感じているので、空気を大事にしたいです。

――タルトタタンはどういうところを目指しているんでしょう?

エミシオンエンタテインメント : 東京ドームでしょ(笑)?
有井・亀高 : 東京ドームを目指しています(笑)! その第一歩を今日踏み出しました!

――目標が大きくていいですね! そのときはこのメンバーで出演してほしいです。

西浦 : あぁ、もう是非呼んでいただければ!
田中 : とか言って、全然違う人呼んだりとかね~!
有井・亀高 : (笑)。
西浦 : うわ~、それ絶対いやだな~! 全然違うメンバーで「この5人でやるのが夢でした!」とか言われたら最悪だよね(笑)。

――あははは。お2人はこの先どういうシンガーになりたいと思いますか?

亀高 : 私たちがイメージしているのはPerfumeさんやPUFFYさんのような感じだけど、そこにはないタルトタタンっぽさが出せればいいなと思っています。
有井 : それはよく2人で話しています。今日はお客さんがすごく暖かくて、即興で振付とかも踊ってくれて、それがすごく嬉しかったです!

――じゃあ最後に、東京ドームより近い未来の目標を教えてください。

亀高 : 今日、初ライヴを終えて全力を出し切ったんですけど、課題もたくさんみつかったのでそれを踏まえて一歩ずつ前進して行ければと思います!
有井 : 初ライヴでガチガチに緊張しちゃったんですけど、こういう経験をさせていただけるってことは本当にありがたくて幸せなことなので、私たちにできることは全て全力でやっていきたいと思います!

RECOMMEND

DJみそしるとMCごはん / Mother's Food

ちょーやばい。なんでしょう、この丁度いい塩梅。割と“まんま”使いのトラックは主張し過ぎないけどツボを外さない。字余り字足らず上等のリリックは、リズムの揺れも含めて、クセになるようなグルーヴ生み出しまくり。フロウだのライムだのっていうヒップホップめいた要素も、まとめて絞ってハイOKてな具合。

DJみそしるとMCごはんの特集はこちら

パスピエ / わたし開花したわ

2009年、東京藝大出身の成田ハネダを中心に結成され、全くの無名、姿形も不明。しかしながら、卓越した音楽理論とテクニック、独自のポップ・センスやアートワークが話題を呼んだパスピエ。デビュー・アルバムである本作は、ノン・プロモーションにも関わらず、異例のロング・セラーを続ける名盤。タルトタタンにも通じる絶妙なバランス感覚をお楽しみ下さい。

宇宙人 / お部屋でミステリーサークル

高知より突如現れた、正体不明の4人組、1stフル・アルバム。ミドリやあふりらんぽを輩出した関西の老舗インディーレーベル「GYUNNE CASETTE」から発売された本作では、独自の言語感と一筋縄ではいかないポップ・サウンドが融合した、唯一無二の宇宙人ワールドが展開されている。今年メジャー・デビューを果たし、活動の幅を広げていくであろう彼ら。未知との遭遇は、そう遠くはない。

宇宙人特集はこちら

LIVE SCHEDULE

Panasonic presents MINAMI WHEEL 2012
2012年10月12日(金)13日(土)14(日)@大阪・ミナミエリア ライヴ・ハウス

PROFILE

2012年6月にアゼル&バイジャン(西浦謙助/真部脩一)プロデュースでデビューした「Twitter/Facebook 時代のシンデレラガール」! デビュー前にゲリラ的にヴィレッジ・バンガードで発売されたシングル「しょうがないマイラブ」、7inchアナログ盤とも即完売。その後巨匠青山真治監督とのphoto dvd book(河出書房新社)が発売された。西浦謙助 / 田中貴 / 田渕ひさ子 / ナガイケジョー / 大村達身らのサポートで行われているバンド編成で行われるライヴも話題沸騰中。

>>Emission Entertainment official web

o

 
 

インタヴュー

桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! ロング・インタヴュー掲載
・2017年07月17日・マリー・アントワネットが2017年に転生したら?ーー桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! 声優、作詞・作曲・編曲・歌唱をこなすシンガー・ソングライターであり、秋葉原をはじめとした日本のサブカルチャーにも造形の深い、桃井はるこ。彼女が2017年6月7日にリリースしたシングル『純愛マリオネット』を遂にOTOTOYで配信開始!! tokyo toricoへレーベル移籍し初めて発表した本作の表題曲「純愛マリオネット」は、アニマックスにて放送中の番組「アニカル部!」のオープニング・テーマとなっている。桃井は、アニソン、コスプレ、声優、ダンス、聖地巡礼など​日本が世界に誇るアニメ・カルチャーを毎回ゲストを招いて紹介していく同番組の顧問として出演もしており、まさに大活躍中。OTOTOYでは配信を記念し、桃井はるこへのロング・インタヴューを掲載する。 アニカル部! のオープニング・テーマを配信スタート!!桃井はるこ / 純愛マリオネット'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / まとめ 500円(税込)【収録曲】''1. 純愛マリオ
by 西澤 裕郎
【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!!artist=173725
・2017年07月12日・【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!! 1992年より活動開始。つまり結成25周年! 海外での評価が恐ろしく高く、ドゥームの重鎮サン O)))との共作、ナイン・インチ・ネイルズの全米アリーナツアーをサポート、オール・トゥモローズ・パーティー等の大規模フェスへの出演、幾度となるヘッドライン・ツアー、日本ではメジャー・レコード会社、エイベックスからのリリース経験もあるBoris。ヘヴィーな作品では大文字BORIS、実験的な作品では小文字borisと名義を使い分けていたが、近年ではその双方を盛り込んだ形態としてBoris名義で作品をリリースしている。そして彼らは2017年7月12日に、アルバム『DEAR』をリリース。ぶっちゃけ、じっくり聴かなくたって良い。これがなんなのかなんて考えなくていい。ただただ爆音で、音の渦にのまれてほしい。この音源がなんなのかは、あなたが音の渦に呑み込まれて乾涸びたあとに、じっくり以下のインタビューを読めば良いのだから。 ってことで、乾涸びた皆様のために、OTOTOY編集長でありバンド・Limited Express
by JJ
90年代USグランジ難破船が時代を辿り着いた先──新時代を告げるグランジ大型船、ニトロデイが横浜から出港
[CLOSEUP]・2017年07月12日・90年代USグランジ難破船が辿り着いた先は──新時代を告げる“ニトロデイ”という名の大型船が出港 新時代の到来だ。昨年の12月に〈RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN〉で他のバンドとは明らかな異彩を放ち優勝を果たしたロック・バンド、ニトロデイ。結成わずか1年足らずでの優勝という実績からもバンドの非凡な才能がひしひしと感じられる。なによりもこのバンドの最大の特徴はその若さと、いまの時代や流行を無視した音楽性だ。メンバーは現役高校生が主で、その高校生たちが鳴らす音楽は90年代のUSオルタナをルーツにした、いわゆるグランジである。現役高校生がグランジというだけでも興味を持っていただけるはずだが、インタヴューを通じてバンドの頭脳であるヴォーカル、小室ぺいのルーツや現況が見えてきた。大型新人、ニトロデイのインタヴューをぜひお楽しみください。 Nirvana meets NUMBER GIRLな国産グランジ! ニトロデイ / 青年ナイフEP'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 600円(税込)【
by JJ
サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、1stシングルをハイレゾ配信&メンバー個別インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月08日・サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、メンバー個別インタヴュー掲載 BELLRING少女ハートの後継グループ・There There Theres、“柳沢あやの”のソロ・プロジェクト・CLOCK & BOTANなど、挑戦的なグループを輩出している事務所AqbiRecが手がける“サイケデリック・トランスで踊り狂える”6人組アイドル・ユニット、MIGMA SHELTER(ミグマ・シェルター)。エスニックな楽曲でライヴ会場をざわざわさせている彼女たちの初音源を、OTOTOYでは7月8日(土)よりハイレゾ配信。前回のメンバー初インタヴューに続き、今回はメンバーの個別インタヴューをお届けします! 2017年台風の目となるか? 要注目です!! >>メンバー全員への初インタヴューはこちら>ヨネコ「神になりたいと思いながらやっています」>アマリ「燃え尽きて終わりたい」>コテジュン「ライヴ・アイドルの頂点を目指したい」>ミミミユ「武道館でライヴをしたい」>セイセイ「サイケデリック・トランスに限らず取り入れたい」>コマチ「明るく盛り上げていきたい」>>初インタヴューはこちら'' BELL
by 西澤 裕郎
遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出したアイドル・HAMIDASYSTEM
・2017年07月07日・遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出すアイドル、それが、HAMIDASYSTEM 「今の自分からはみ出すために、新しいシステムを作ろう。」という想いから結成された3人組アイドル・グループ、HAMIDASYSTEM。内気で自信が持てないメンバーのアイドルらしからぬ性格と、ポップな楽曲・激しいダンスが絶妙なギャップを生み出している。そんな彼女たちが、結成から半年の集大成となる1st mini album『START THIS SYSTEM!』をリリース。7月15日リリースの今作を、OTOTOYでは一足お先にハイレゾ音質で聴けちゃいます! さらにMP3音源は無料配信! こちらは1ヶ月の期間限定配信なので、ダウンロードはお早めに! 今回のインタヴューではネガティヴな言葉の中からも、結成に至るまでの経緯や直近の目標、そして遠い未来のことまで語ってもらった。ぜひ『START THIS SYSTEM!』と共にお楽しみください。 デビューから半年間の集大成! HAMIDASYSTEM / START THIS SYSTEM!'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) /
by JJ
祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!
・2017年07月07日・フジロックいく人も、行かない人、これぐらい聴かなきゃ! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始! え、エイフェックス・ツインったら、コレでコレもんでしょう、え、聴いたことないの? とか言われちゃうマスト音源満載の過去音源が一挙OTOTOYでも配信開始です。具体的に言うと名門〈WARP〉に残してきたエイフェックス・ツイン名義の1990年代から2000年代初頭にかけての作品群。しかも、7月に行われるフジロックでは、2日目、7月29日(土)のヘッドライナーとしてひさびさの来日ライヴ! ということで、この作品群とともに、かなりの駆け足でそのキャリアでおさらいします。また今回の過去作配信開始に合わせて、これまでOTOTOYで配信していた2010年代の作品(ハイレゾ配信)にライナーPDFが付属するようになりました(すでに購入済みという方はアプリや再ダウンロードでどうぞ)。そして今回配信を開始した過去アルバム4作品もライナーPDF付きでお届けします。またアルバム未収録の、1990年代のシングルたちもロスレス形式で配信開始です。 WARP移籍までのエイフェックス・ツイン(面倒なら読み飛ばしちゃっても!)とりあえず抑えて
by 河村 祐介
【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP
[CLOSEUP]・2017年07月05日・【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成されたペンライトをふれるロックンロール・バンド、THE 夏の魔物が、7月12日にVAPより『シン・ マモノボンバイエ EP』をリリース。前山田健一作曲による「シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~」、DOTAMAがラップで参加した「RNRッッッ!!!」、麻宮みずほ作詞の「ハジメまして」など全5曲を収録。シン・マモノBAND(Gt.越川和磨、Ba. えらめぐみ、Dr.中畑大樹、Key.ハジメタル)によるバンド・スタイルでレコーディングされた本作に迫るべく、2週に渡り特集を敢行!! 第1週目は、メンバーの泉茉里と麻宮みずほへのインタヴューをお届けする。 THE 夏の魔物、メジャー・シングルを7月12日より配信開始THE 夏の魔物 / シン・マモノボンバイエ EP'【Track List】''1. シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~2. RNRッッッ!!!3. マモノ・アラウンド・ザ・ワールド4. ハジメまして5. 恋しちゃいなびびっど
by 岡本 貴之
宮良牧子の約9年ぶりソロ・アルバムをハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年07月05日・沖縄県石垣島出身のシンガー・ソングライター、宮良牧子の約9年ぶりソロ・アルバムをハイレゾ配信 沖縄県石垣島出身のシンガー・ソングライター、宮良牧子。2005年のデビュー以降、日本郵政の第1弾コンピレーションCDのテーマソングや、NHK連続ドラマ小説「ゲゲゲの女房」サウンドトラックへの参加、そして、 ’12年秋公開映画『ペンギン夫婦の作りかた』では主題歌を担当するなど活動の場を広げている。約9年ぶりにリリースされたソロ・アルバム『シチヌウムイデ』は、新録曲に加え、タイアップ曲、カヴァーなど12曲が収録。金子飛鳥、富岡"GRICO"義広、窪田ミナら豪華な参加ミュージシャンも本アルバムに華を添え、ハイレゾ音質で聴くべき名盤に仕上がった。 宮良牧子 / シチヌウムイデ'【収録曲】01. あん美らさ / 02. 月酔唄 / 03. MOTHER / 04. 赤い爪 / 05. 夏の思い出 / 06. 手紙日和 / 07. 虹の彼方に~Over The Rainbow / 08. ヌチグスイ / 09. MOTHER ~夕焼けの庭 ver.~ / 10. あがろーざ / 11. 花筏 ~Shetland Air~ /
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事