タルトタタン、初ライヴの音源をOTOTOY限定配信!!

今年デビュー・アルバムをリリースし、話題急上昇中のガールズ・ユニット、タルトタタンが、2012年9月1日に行われた自身初ライヴの高音質音源をOTOTOY限定で配信リリース。タルトタタンは今年6月にデビュー・アルバムをリリースした亀高綾乃と有井優による女子2人組ユニットで、収録時のライヴは、 西浦謙助(アゼル&バイジャン、進行方向別通行区分 etc)、田渕ひさ子(bloodthirsty butchers、LAMA etc / ex ナンバーガール)、田中貴(サニーデイサービス)という異色の編成で行われました。今回配信される音源は、初々しいMCや2人がキーボードを弾いた楽曲など、ライヴで披露された全7曲を余すところなく収録したものとなります。ブレイク必至の彼女たちの貴重な初ライヴの模様を、是非とも高音質でご堪能ください。


タルトタタン / 1st LIVE @ SHIBUYA WWW

【配信形態】
1) HQD(24bit/48kHzのWAV)
2) mp3
★まとめ購入のお客様には、当日のMC音源付き!!

【価格】
HQD : 単曲250円 / アルバム1,600円
mp3 : 単曲200円 / アルバム1,200円



【Track List】
1. 恋するカレンダー
2. 入り鉄砲に出女
3. 鳴門
4. MC
5. シンキングインザレイン
6. epoch making love
7. MC
8. ランララン
9. しょうがないマイラブ
10. MC

【CREDIT】
TARTETATIN : Ayano Kametaka / Yuu Arii
Guitar : Hisako Tabuchi
Bass : Takashi Tanaka
Drums : Kensuke Nishiura

Producer / Management : Masakazu Iwata (EMISSION ENTERTAINMENT)
Art Director : Yukihiro Nemoto
Photo : Yukitaka Amemiya

Mixing : Toshiyuki Abe
Live Recording Engineer : Kenta Tani
Assistant Engineer : Daishi Iiba
Director : Taiga Fujimori (GAKA / DJ MISOSHIRU & MC GOHAN)

Special Thanks :
Shiho Nanba / Toshiyasu Naruse(HORIPRO) / Takeomi Sugawara(Horipro) / bandojanaimon / Rina Sumioka / Sayuri Miyakawa / Bar Kateikyoushi crue / Shibuya WWW crue / Emission entertainment crue


【ダウンロードに関して】
windowsをご利用のお客さまは、標準の解凍設定、もしくは解凍ソフトによっては正常にファイルを解凍できない可能性がございます。その場合、お手数ですが別の解凍ツールを使用し、再度解凍をお試しくださるようお願い致します。7-zip(フリー・ソフト)での解凍を推奨しています。
※7-zip http://sevenzip.sourceforge.jp/
また、ファイル名が長く操作出来ない場合や、ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。

解凍ソフト7-zipの詳しい使い方はこちらから

INTERVIEW : タルトタタン

タルトタタンの初ライヴは、超満員の渋谷WWWで行われた。サポート・メンバーに、西浦謙助(アゼル&バイジャン、進行方向別通行区分 etc)、田渕ひさ子(bloodthirsty butchers、LAMA etc / ex ナンバーガール)、田中貴(サニーデイ・サービス)という強力な三者を迎え、まさにこれ以上ないという舞台に登場した亀高綾乃と有井優。少し緊張した面持ちで「こんにちは、タルトタタンです」という言葉とともに始まったライヴは、新しい音楽の夜明けとも言える非常に初々しいものだった。ゼロ年代を通過したメロディを、オルタナティヴ・バンドとして活動してきた経験豊富なプレイヤーたちが奏でることで、まだあどけない2人のユニゾンが浮かび上がっていく。もちろん舞台慣れしていない分の不安定さはあったけれど、それを差し引いても充分に可能性を感じるライヴであった。そんな初ライヴ直後に、タルトタタンの2人と、今回のサポート・メンバーである3人に話を訊いた。新たなサウンドはここから始まる。

インタビュー&文 : 西澤裕郎
写真 : 雨宮透貴

成長していく様子をそばで観れるというのはなんて幸せなことなんだろう

――初ライヴを終えて、率直な感想を教えてもらえますか?

有井優(以下、有井) : 本当に初めてのことばかりで緊張して…。でも、がむしゃらに精一杯頑張りました。できる限りのことをやらせていただきました。

――そうですよね。初めてだから緊張しますよね。

有井 : はい、すっごく緊張しました。

左から、亀高綾乃、有井優

――いつも練習でやっているのとは違った感じでした?

有井 : また違った緊張感でした。

――亀高さんはいかがでした?

亀高綾乃(以下、亀高) : 私もすごく緊張しました。でも演奏陣の方々が暖かい声をたくさんかけてくれて。そういう一つ一つにすごく支えられました。緊張はしたけど、リラックスしてできたと思います。

――根本的なお話なんですけど、タルトタタンというグループは、この5人のことではないんですよね?

田中貴(以下、田中) : 歌っている2人(※亀高と有井)のことですね。あとの3人はサポートです。
西浦謙助(以下、西浦) : だからこれは、今日のタルトタタンということになります。
田中 : それ、わかりにくいから(笑)。今日のサポート・メンバーですね。

――西浦さんは彼女たちのプロデュースもしながら、プレイヤーもしているんですよね。どういう経緯で、今日の3人がサポートをすることになったんですか?

西浦 : タルトタタンのチーフ・プロデューサー(エミシオンエンタテインメント)の人選ですね。出来すぎたコメントに聴こえちゃうかもしれませんけど、日頃からリスペクトしていて、昔から音楽を聴いてる人にサポートしてもらえて、プロデューサーとしてこんなに素晴らしいことはないという気持ちですね。
田中・田渕ひさ子(以下、田渕) : (笑)。

左から、田中貴、西浦謙助、田渕ひさ子

――田渕さんはサポートしてくれと言われたときどう思われました?

田渕 : CDを頂いて、曲はすごく好き!! って思ったんですけど、ギター超難しい!! と思って、焦りました…(笑)。ギターのプレイとかも自分とはタイプが違ったんですけど、好きな感じで。

――今日、実際演奏してみた感じはどうでしたか?

田渕 : 緊張しました~。すみません(笑)。

――あははは。田中さんはいかがでしたか?

田中 : 『なめこのCD』に入っている「恋の湿度100 パーセント」でレコーディングに参加させてもらって、そのままライヴをやってくれって言われたんです。でも、聴くとやるとでは大違いでした。すごく大変な曲で、こんなに練習するなんて思わなかったですよ(笑)。
西浦 : 全くライヴを想定せずに好き放題作っていたので、手グセと言いますか、そういう部分が多くて「しまった! 」という後悔は非常にありました…。

――初ライヴで、こんなに豪華なサポートで歌えることって、なかなかないと思うんですけれども、2人は歌ってみてどうでした?

有井 : もう本当に3人の方が支えてくださって… とても感謝しています。嬉しいです。

――ちなみに、3人それぞれのバンドの楽曲は聴いたことはありました?

有井 : (笑顔で)はいっ! 聴かせて頂いておりました!

――本当にほんわかした感じのお2人ですよね。すごく柔らかい印象のお2人ですけども、普段練習のときとかもこんな感じなんですか。

西浦 : そうですね。2人は人間ができていると言いますか。
有井・亀高 : うわ~(笑)。
西浦 : こんなに良い子たちが成長していく様子をそばで観れるというのはなんて幸せなことなんだろうと。親心的な感情ですね。

――(笑)。ライヴにおける、ステージ前列のヴォーカル2人と後列の演奏陣の経験値のコントラストは見ていて面白かったです。

田中 : いや、僕すごいグラグラでしたよ(笑)。
西浦 : 結構グラグラですよ、僕も(笑)。
田渕 : もっと支えたいんですけどね。
田中 : 緊張してるって言うけど2人は顔に出ないから、逆にコッチがね(笑)。
西浦 : 2人はたくさん練習してきてたんで、こっちがちょっと恐縮するっていう。

有井は小学校の頃仲良かったことを忘れていたんです…

――そんな謙遜し合わなくても(笑)。そもそも、2人はタルトタタンを始める前からのお知り合いなんですか?

有井 : はいっ! 幼馴染なんです!
亀高 : 小学校のときからのお友達です。

――小学校からの友達とステージで歌を歌うのはどういう気持ちなんですか?

亀高 : 有井は切り替えが上手い子なんで、私はそれについていく感じで、やりやすいし勉強になることもあります。
有井 : 友達としての状態と、仕事としての状態の切り替えは、亀ちゃんはすごくできる子なんです。だから、友達としての関係がなぁなぁにならない、良い関係を築けてるなぁと。パートナーとして、最高だと思います。
西浦・田中・田渕 : (笑)。

――じゃあ、元々2人で一緒に音楽をやられてたんですか?

亀高 : いえ、違います。小学校の頃、すごく仲良くしていた親友だったんですけど、中学が別になって会わなくなっちゃって。でも、高校に入って始めたバイト先がたまたま一緒になって!

――それは運命的な巡り合わせですね!

亀高 : でも、有井は小学校の頃仲良かったことを忘れていたんです…。
一同 : (爆笑)
有井 : ホント、すいません…。
亀高 : でも、高校時代からは友達としてずっと仲良くさせてもらっています。

――バイト先で衝撃の再開を果たして、一緒に歌を歌うようになったのは、どういう経緯があってのことなんですか?

亀高 : タルトタタンのメンバーを探している時に、有井をエミシオンエンタテインメントのプロデューサーさんのところへ連れて行ったんです。「この子しかいないんです!」って言って。それで後日、西浦さんの前でアカペラで歌って、OKを頂いて。
西浦 : 正直、幼馴染を連れてくるなんていうドラマみたいなことあんの!? って思っていたら本当に可愛らしい子が来て…。
田中 : 合格!! バンッ!! みたいな感じでね!
西浦 : ちょっと… こんな出来過ぎた話! と思いながらも… 「合格!」って言ってました(笑)。

――あはははは。即決だったんですか?

西浦 : そうですね。特に否定するような理由も見つからなかったので、とりあえず「仲悪くならないでください」ということだけお伝えしましたけれども。
一同 : (笑)。
亀高 : 連れて来たときに、幼馴染だからそういうフワフワした気持ちで連れて来たって思われたらどうしようと思ってたんですよ。でも、「生きている中で仲良くなる人って本当にわずかだから大事だよ!」って西浦さんに言われて。
田中 : 西浦君に言われたんだ(笑)。
西浦 : 俺そんなこと言ったんだ!? いやでも本当そうだと思います、はい(笑)。
亀高 : だから、本当ありがたいなぁと思いました。
西浦 : 多分、僕に友達がすごく少ないからそういうことを言ったんだと思います(笑)。

――逆にそれだけ仲の良い2人をプロデュースするのも大変なんじゃないですか?

西浦 : なんだかんだ昔からの知り合いって言い合いが出来る関係なので、面白いことできるんじゃないかと思っていましたね。

――そもそもタルトタタンを始めるにあたって、何人かの子を見て選んだってことですか?

西浦 : 実は僕はそこはタッチしてなくて、「どうですか? この子?」と聞かれたので、「じゃあやってみましょうか!」ぐらいの本当軽い感じだったんです。むしろ僕はサウンド・プロデュースという立場なんで、しめしめという感じでしたよ(笑)。最初は浅はかな気持ちもなきにしも有らずでしたけど、今はそんなことないです、はい。2人を包み込んでいこうかと… あぁ、全然下品な意味ではなく!
一同 : (笑)。

――じゃあ演奏陣の3人が2人のどこに魅力を感じているのかをお訊きしたいんですけれども、田中さんいかがですか?

田中 : そもそも僕は、若い娘さんと一緒にやることがないので… もう可愛くてしょうがないですね!!
一同 : (爆笑)。
有井 : あははは。嬉しいです~、もう! ありがとうございます。
田中 : リハも楽しくてしょうがないですよ。ライヴも。ヒゲのおっさんとかと普段やってるんですから、そりゃ楽しいですよ(笑)!
西浦 : ハハハ! それ問題発言ですよ!!!
有井・亀高 : (笑)。

――(笑)。この二人ならではのよさっていうのはどこにあるんでしょうか?

田中 : 仲がいいってのは良いことですね。小学校のときに仲良かった記憶を失ってまで、またこうなれるっていうのはね。エターナル・サンシャイン(2004年 / アメリカ映画 / 記憶を失った男女の物語)みたいないい話ですよ! また記憶を失うんでしょうけど(笑)。なにがあっても仲のいい2人なんですよ。素晴らしいです。

――田渕さんはいかがですか?

田渕 : CDを頂いてジャケットを見たんですけど、写真の100倍可愛くてワォ! って感じでした(笑)。リハとかも2人で同一の空気が流れてて、それがすごく可愛いくて。歌ってるときのフリもすっごい可愛くて。やっちゃいけない部類の人もいると思うんですよ(笑)。
一同 : (爆笑)。
田渕 : でも本当にピッタリでよくできてるなぁと思って。もっと私のプレイに余裕があればガン見したいんですけど(笑)。
有井・亀高 : 本当にありがとうございます!
田渕 : リハとかも楽しいですよ。2人がキャッキャッキャッ♪ ってやってるのを、 んふっふっふっ♪ って見てるんです。おっさんみたいですけど。
一同 : (爆笑)。
西浦 : 僕も若いむすめさんと触れ合うことがないので(笑)。最初はドギマギしちゃったんですけど、2人はいい意味でピュアなので、こんな娘が欲しいと心から思いました。本当心が洗われると言いますか、なんて俺は淀んだ池で生きてきたのかと思い知らされるんです(笑)。

東京ドームを目指しています(笑)!

――3人とも親戚の大人みたいですね(笑)。2人はステージに立ってみて、人気者になりたいとか、もっと大きいところでやりたいとかそういう欲はありますか?

有井 : あまりそういう欲はないですね。ただ、2人でたくさんライヴとかやっていきたいとは思います。そういう機会をちゃんとひとつひとつしっかりこなしていきたいと思います。
西浦 : これ台本とかないですよね? 答えが完ぺきすぎる(笑)。
田中・田渕 : 素晴らしい。

――では2人がタルトタタンをやる上で一番モチベーションになってることってなんなのでしょう?

有井 : 歌が好き! っていうのが一番です。
亀高 : タルトタタンの雰囲気が、自分たちの空気感にあっていて、歌っていて本当に幸せです。自分自身も有井と似た空気感を感じているので、空気を大事にしたいです。

――タルトタタンはどういうところを目指しているんでしょう?

エミシオンエンタテインメント : 東京ドームでしょ(笑)?
有井・亀高 : 東京ドームを目指しています(笑)! その第一歩を今日踏み出しました!

――目標が大きくていいですね! そのときはこのメンバーで出演してほしいです。

西浦 : あぁ、もう是非呼んでいただければ!
田中 : とか言って、全然違う人呼んだりとかね~!
有井・亀高 : (笑)。
西浦 : うわ~、それ絶対いやだな~! 全然違うメンバーで「この5人でやるのが夢でした!」とか言われたら最悪だよね(笑)。

――あははは。お2人はこの先どういうシンガーになりたいと思いますか?

亀高 : 私たちがイメージしているのはPerfumeさんやPUFFYさんのような感じだけど、そこにはないタルトタタンっぽさが出せればいいなと思っています。
有井 : それはよく2人で話しています。今日はお客さんがすごく暖かくて、即興で振付とかも踊ってくれて、それがすごく嬉しかったです!

――じゃあ最後に、東京ドームより近い未来の目標を教えてください。

亀高 : 今日、初ライヴを終えて全力を出し切ったんですけど、課題もたくさんみつかったのでそれを踏まえて一歩ずつ前進して行ければと思います!
有井 : 初ライヴでガチガチに緊張しちゃったんですけど、こういう経験をさせていただけるってことは本当にありがたくて幸せなことなので、私たちにできることは全て全力でやっていきたいと思います!

RECOMMEND

DJみそしるとMCごはん / Mother's Food

ちょーやばい。なんでしょう、この丁度いい塩梅。割と“まんま”使いのトラックは主張し過ぎないけどツボを外さない。字余り字足らず上等のリリックは、リズムの揺れも含めて、クセになるようなグルーヴ生み出しまくり。フロウだのライムだのっていうヒップホップめいた要素も、まとめて絞ってハイOKてな具合。

DJみそしるとMCごはんの特集はこちら

パスピエ / わたし開花したわ

2009年、東京藝大出身の成田ハネダを中心に結成され、全くの無名、姿形も不明。しかしながら、卓越した音楽理論とテクニック、独自のポップ・センスやアートワークが話題を呼んだパスピエ。デビュー・アルバムである本作は、ノン・プロモーションにも関わらず、異例のロング・セラーを続ける名盤。タルトタタンにも通じる絶妙なバランス感覚をお楽しみ下さい。

宇宙人 / お部屋でミステリーサークル

高知より突如現れた、正体不明の4人組、1stフル・アルバム。ミドリやあふりらんぽを輩出した関西の老舗インディーレーベル「GYUNNE CASETTE」から発売された本作では、独自の言語感と一筋縄ではいかないポップ・サウンドが融合した、唯一無二の宇宙人ワールドが展開されている。今年メジャー・デビューを果たし、活動の幅を広げていくであろう彼ら。未知との遭遇は、そう遠くはない。

宇宙人特集はこちら

LIVE SCHEDULE

Panasonic presents MINAMI WHEEL 2012
2012年10月12日(金)13日(土)14(日)@大阪・ミナミエリア ライヴ・ハウス

PROFILE

2012年6月にアゼル&バイジャン(西浦謙助/真部脩一)プロデュースでデビューした「Twitter/Facebook 時代のシンデレラガール」! デビュー前にゲリラ的にヴィレッジ・バンガードで発売されたシングル「しょうがないマイラブ」、7inchアナログ盤とも即完売。その後巨匠青山真治監督とのphoto dvd book(河出書房新社)が発売された。西浦謙助 / 田中貴 / 田渕ひさ子 / ナガイケジョー / 大村達身らのサポートで行われているバンド編成で行われるライヴも話題沸騰中。

>>Emission Entertainment official web

o

 
 

"notable"の最新アーカイヴ

大森靖子『大森靖子黒歴史 EP』を配信開始 & インタビュー
[NOTABLE]・2013年08月16日・ 2013年3月に1stフル・アルバム『魔法が使えないなら死にたい』をリリースした女性シンガー・ソングライター、大森靖子。同アルバムのツアー・ファイナルを渋谷クアトロで開催、レーベル無所属のままソールド・アウトさせ、関係者をはじめ、さまざまな場所で話題をさらった。また、ジャンルの垣根を簡単に飛び越え、BiSやアップアップガールズ(仮)などアイドルとの共演もするなど、いま最も注目を集めるアーティストといえる。そんな大森晴子の黒歴史を暴きだす音源をOTOTOY独占で配信スタート。活動初期に録り溜めた楽曲、いまでは入手困難な楽曲など、全11曲を収録。初期音源のため音が悪いという理由からmp3配信のみだが、大森を知る上では聴かずに通れない作品集となっている。また、9月には教会にてDSDでレコーディングした音源の配信も決定!! アナログ・レコードのような滑らかさと、デジタルならではの透明度を合わせ持つDSDでの音質でお届けする。過去と現在、それぞれを聴き比べて、本人へのインタビューを読んで、大森靖子をより深く知っていただきたい。 いまでは入手困難な初期音源をOTOTOY限定で配信スタート!!大森靖子 / 大森靖子黒歴
by 純三
空気公団と倉本美津留の音楽ユニット、くうきにみつるのファースト・ミニ・アルバムを先行配信&フル視聴スタート!
[NOTABLE]・2013年11月08日・ 空気公団と、放送作家であり、ミュージシャンとしても活動する倉本美津留。この2組が新たな音楽ユニット"くうきにみつる"を結成した。 「なぜこの2組が?」その疑問は少し置いておいて、まずはこの2組が惹かれあい、音楽ユニットを結成した喜びを分かち合いたい。なのでOTOTOYでは今回、アルバムから2曲、フル視聴を行います! フル視聴曲は、倉本が作詞作曲したM2「いっぱい」と、空気公団の山崎ゆかりが作詞作曲したM4「ほんとうの街につもる」をお届け。アルバムでも倉本と山崎が、半々で作詞作曲を担当しています。 さらにはCDより2週間早く、配信をスタート! サウンド・プロダクツにはキセルの辻村豪文、GREAT3の白根賢一、山口ともを迎え完成したファースト・ミニ・アルバム「いろはにほへと」。ぜひいちはやく、あなたの手元に置いてもらいたい。 「いっぱい」と「ほんとうの街につもる」をフル視聴にてお届け!(〜12/10まで)iPhone、iPod touchなどに対応のOTOTOYアプリでも同時に全曲フル視聴を実施中!! OTOTOYアプリについてはこちらをご覧ください。 2週間先行配信もスタート!くうきにみつる(空気公団×
by 西澤 裕郎
埼玉音楽シーン大特集!『SAITAMA LOCAL MUSIC RECONSTRUCTION』
[NOTABLE]・2012年02月16日・ OTOTOYローカル・コンピレーション・シリーズ第3弾は、埼玉!!s-explodeの今井君から、熊谷に在るBLUE FORESTというライヴ・ハウスの店長が急に辞めてしまって非常に困っていると言う旨の連絡をもらう。 飯田「えっ! じゃぁBLUE FORESTは今どうなっているの?」今井「僕と山崎さん(MORTAR RECORD)が無給でブッキングとかしてなんとかまわしているんです。」飯田「えっ! なんでそこまで... 」今井「だって、熊谷が、埼玉が好きなんすよね! 」こんなエモい言葉を言われたらOTOTOY編集長も黙ってはいられません。「今の話、もっと詳しく教えて! ってか、熊谷のこと、埼玉のことをもっと教えてよ! 」 京都、名古屋と続くOTOTOYローカル・コンピレーション・シリーズ第3弾は、埼玉。埼玉のキーパーソン、熊谷から今井(s-explode)と山崎やすひろ(MORTAR RECORD)、大宮からkussy(Fragment)、秩父からヒキマ(ladderladder / HOCKLE HOCK)と共に伝える『埼玉の今』。彼らが集めた27バンドのコンピ『SAITAMA LOCAL MUSIC
by JJ
大森靖子、教会でDSDネイティヴ録音&ネイティヴ・ミックスした音源を26歳誕生日にリリース!
[NOTABLE]・2013年09月18日・ 「なんでもない日おめでとう!」なんて言葉もあるが、本日9月18日は特別な人の誕生日である。そしてその特別な人の誕生日を、もっと特別にするために、OTOTOYから新たな音楽をリリースする。 『大森靖子 at 富士見丘教会』。そう、9月18日は大森靖子の生誕日なのだ。 ギター一本で、あらゆるライヴハウスに行き、時にはアイドル・シーンにも切り込んで、やわらかな歌声で歌ったかと思えば、突き飛ばすようにギターをかきむしる。激情的なようで非常に冷静にも見える。簡単に理解できないからこそ心奪われるシンガー・ソング・ライター、大森靖子。OTOTOYではDISK UNIONとの共同企画「NEW SENSATION」からはじまり、度重なるライヴ・レポート、そして『黒歴史音源』のリリースと、彼女に注目し続けてきた。 そんな彼女と、楽器/音響機器メーカーKORG社の協力によって、今回、世武裕子のピアノ聴き比べ、キセルの「お風呂でキセル」と続く、DSD5.6MHzネイティヴ録音&ネイティヴ・ミックスによる音源制作を行った。 場所は下北沢、富士見丘教会。蝉の声が鳴り止まない夏の日、教会のやわらかな反響。詳しくは下記レコーディング・
by 純三
2013年、OTOTOYが取り組んできたDSD関連の活動を総まとめ!!
[NOTABLE]・2013年12月27日・ 2013年もいよいよ大詰め。今年もいろんなことがありましたね。音楽業界に限って言えば、2013年はSONYが"ハイレゾ音源"対応の再生機器を一挙に発表したことで、CD以上の音質で音楽を聴くということが、かなり一般的になった一年だったと思います。そして、そんな"ハイレゾ音源"の最高峰に位置しているのがDSDです。DSDとは、一般的なCDとはまったく違うレコーディング形式を採用し、アナログ・レコードのように滑らかな音質と、デジタルならではの透明度を両立させた高音質フォーマットのこと。OTOTOYでは、2010年からDSD配信を進めてきましたが、今年に入ってようやく、その魅力が多くの人に伝わってきたな、という手ごたえを感じているのです。そこで、2013年、OTOTOYがどのようなDSD音源をリリースし、どのような活動を展開してきたか、簡単に歩みを振り返ってみたいと思います。OTOTOYによる2013年のDSD総まとめ、ぜひご覧ください。 OTOTOYによる独自レコーディング音源、売れてます何と言っても、OTOTOYが最も力を入れて取り組んできたのは、OTOTOY独自のDSD音源のリリースです。銭湯、教会、キャ
湯川潮音、大倉山記念館で行ったDSD録音をリリース
[NOTABLE]・2013年12月13日・ まさにDSDの真価を発揮する、そんな音源に仕上がりました。〈DSD SHOP 2013〉とのコラボの一貫として生まれた『湯川潮音 at 大倉山記念館』。最新アルバム『濡れない音符』から「にじみ」、2010年の3rdアルバム『クレッシェンド』から「ロンリー」、この2曲に加えて、なんと、ライヴ以外ではいまはここでしか聴けない、チャーミングな新曲「お客様故障サポートセンター」を演奏しています。豊潤なチェロの響き、ピアノはときに優しく語りかけ、ときにダイナミックにスウィングする、湯川のギターとヴォーカルは楽曲ごとに、いや楽曲のなかでも豊かに表情を変えていく――それらはすべてこの音源データのなかへと封じ込められているかのようだ。再生をすると、楽器の配置や、部屋の奥行き、空気の振動、アーティストの息遣いすらもそこに立ち現れる。この音源は、できればDSDで、そしてハイレゾ音源(24bit/48kHzのWAV)で、音と音の間、その余韻も含めてじっくりと楽しんで欲しい。そんな音楽となりました。 会場として選ばれたのは、神奈川県大倉山にある大倉山記念館。北海道銀行本店、横浜正金銀行東京支店など重厚で格調高い建築を数多く手が
by 浜 公氣
平賀さち枝、天命反転住宅で行ったDSD録音音源をリリース!
[NOTABLE]・2013年12月06日・ キセルとお風呂、大森靖子と教会、バンバンバザールと森などなど、OTOTOYは特別な場所の響きを"DSD"という最高音質で録音し、お届けしてきました。しかし、その"DSD"は、なかなか一般的に聴ける環境ではないことも事実。そこで、その音を絶対に体感してほしいという想いのもとはじまったのが《OTOTOY DSD SHOP》。その《OTOTOY DSD SHOP 2013》が開催することを祝してDSDレコーディングを決定! それが今回リリースとなる『平賀さち枝と天命反転住宅』。不思議な地場を持つ住宅で、アコースティック・ギターの弾き語りの録音をじっくりと行ってきました。 三鷹天命反転住宅は、2005年に芸術家、建築家の荒川修作+マドリン・ギンズにより建てられた「死なないための住宅」。「In Memory of Helen Keller ~ヘレン・ケラーのために~」とも謳われている。一見不自然である特殊な空間ゆえに、さまざまな身体能力の違いを越えて住む人それぞれに合った使用の方法があり、それは自由である。与えられた環境・条件をあたりまえと思わずにちょっと過ごしてみるだけで、今まで不可能と思われていたことが可能に
by 純三
クラムボン原田郁子が手掛けた、舞台「cocoon」のサウンドトラックをOTOTOYで独占配信!!
[NOTABLE]・2013年11月21日・ マンガ家、今日マチ子の描いた「cocoon」。第二次世界大戦末期・沖縄戦に動員された少女たちから着想を得た代表作である。この作品が2013年夏、藤田貴大が主催する演劇団体「マームとジプシー」によって舞台化。原作にそのまま取り組むだけではなく、今日自身が書き下ろした新しいイラストや、藤田の独特な身体感覚・立体感覚、役者たちの瑞々しい存在感、そしてSEを交えた音空間により、新たな解釈、息吹が与えられた。 舞台の音楽を手掛けたのはクラムボン、原田郁子。「彼女たちにとってのcocoon(繭)とは?」を手がかりに「聴きたかった音、声は?」「海とは?」などの問いを、藤田貴大、そしてレコーディング・エンジニアのzAkとともに丁寧に見つめ、舞台の閉幕まで試行錯誤をつづけ、そしていま、ここに集約された。 舞台のために書き下ろされた新曲「とぅ まぁ でぃ」をはじめ、ソロ曲「青い闇をまっさかさまにおちてゆく流れ星を知っている」や「風色夏恋」の新録、フィッシュマンズやbloodthirsty butchers、ニール・ヤングなどのカヴァー曲を含む、全32曲。ほぼ劇中で使われた時系列のまま並んでおり、教室での無邪気なシーンから、ガ
by JJ
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事