Anrietta from Novel Sounds INTERVIEW

荘厳なアンサンブルの中にフレッシュな感性を持ち込む新世代がまたひとつ登場した。彼らの名はアンリエッタ。エレクトロニクスも取り入れたアンサンブルによる、シガー・ロスの『Takk…』あたりを思わせる重厚な音作りと、女性ヴォーカルがじっくりと歌い上げていく様は、ヨーロッパ及び日本のポスト・ロックからの素直な反響を感じさせるものだが、それをたとえばアニメなどの視覚的なメディアを意識して鳴らそうとする感覚は、まさに今の世代ならではのものだろうし、実際に彼らのデビュー作『Memoraphonica』は明確な情景描写を備えた作品に仕上がっている。今回はこの気鋭のバンドからリーダーの板谷元気とヴォーカルのkokkoをお招きし、話を聞いてみた。

インタビュー&文 : 渡辺裕也

>>>「Grassky」のフリー・ダウンロードはこちらから(4/26〜5/2迄)

デビュー・アルバムの発売に先駆けて1曲先行フリー・ダウンロード!

Anrietta / Memoraphonica

透き通った歌声と幾重にも重なる音ので、美しい光景を浮かび上がらせる楽曲が特徴のAnrietta。造語によって紡がれた物語は聞く者を魅了し、平均年齢23歳と若いながらも、その確立された世界観が様々な方面から評価されています。5月2日のファースト・アルバムから1曲先行フリー配信開始。

【Track List】
01. Aqua / 02. lost seasons / 03. On the way across the rainbow / 04. Latency / 05. amaranthine / 06. Heart sound travels / 07. Grassky / 08.thaw / 09. Story of circle


作る才能とは別で、聴く才能っていうのもあるんでしょうね(kokko)

——ジャケットのイラストがサウンドのイメージとすごくマッチしているように感じましたが、このイラストを描かれたのは?

kokko : これは伏臣武さんという方に描いていただいたものなんです。わたしがCD屋さんで見かけたジャケットにすごく気に入ったものがあって、それが伏臣さんの手がけたものだったんです。それ以外にも私が写真や絵で気に入った作品を10枚くらい集めてメンバーに見せたんですけど、みんな伏臣さんのものがいいと言って。それで連絡してお願いしてみようということになったんです。
板谷元気(以下、板谷) : 画面の情報量が多くて、色彩豊かなところがすごくいいと思ったんですよね。それに僕らの音楽も情景描写的な部分があるので、そことも合うんじゃないかなと思って。
kokko : でも、このジャケットができたのはもうすごく前なんですよ。去年の6月だっけ?
板谷 : レコーディングを始める前にもう頼んじゃったんだよね(笑)。音はデモ状態のものを聴いてもらって。だからずいぶんお待たせしてしまったんです。

左から、yuuki nemoto、itaya genki、kokko、JP、kawasaki maiku

——その最初のデモ楽曲はどのようなものだったのでしょう。その当時から現在の音楽性と繋がるものを作っていたんですか。

板谷 : 僕がDTMを使ってレコーディングなり打ち込みなりをやっていたのもあって、バンドとしての方向性はその時からぼんやりとありました。ただ、僕が歌モノの音楽に取り組みだしたのはこのバンドが初めてなんです。その前はちょっと即興音楽っぽくて、いまよりずっとアンビエントな感じのバンドをやっていたので、しっかりとデモから曲を作るようになったのはこのバンドからですね。現在は最初に想定していたものよりうたが前面に出たものになってきています。ちょこちょことメンバー・チェンジもあったんです。最初からいたのは僕とドラムの根本で、その当時は別の女性ヴォーカルがいて。その3人でまずデモ音源を1曲作って、そこからメンバーを募集し始めたんです。
kokko : 私は元々お客さんとしてアンリエッタのライヴによく行ってたんです。JPくんが高校の先輩だったので、そういうつながりで。前に歌っていた方はもう少しふわっとした声をしていたんですけど、私は輪郭がはっきりした歌い方をするので、徐々に歌がはっきりと聴こえる感じになっていったと思う。

——作品を聴かせて頂いて、目指したい音楽性が明確にあるバンドだなと感じたのですが、実際のところはどうでしょうか。

板谷 : 好きな音楽からの影響は沢山あると思います。あと、ライヴの後にお客さんや対バン相手から「あれ好きでしょ? 」みたいなことをよく言われるんですよね。たとえばシガー・ロス、モグワイ、マトリョーシカ、ワールズエンド・ガールフレンド、スパングル・コール・リリラインなんかがそうですね。あとは菅野よう子とか。

——菅野よう子とも言われるんだ?

板谷 : はい(笑)。僕がもう大好きなんですよ。特にメロディ作りにおいてはすごく影響を受けていると思います。世界観にも通じるものがあると思う。

——菅野よう子さんの作品にはアニメと密接に絡んだものも多いですよね。その辺はどうですか。

板谷 : 確かにアニメは僕の得意分野ですね(笑)。ただ、アニメからインスピレーションを受けて音楽を作ることはそんなにないかな。具体的なものから影響を受けるということ自体がそんなにないですね。そこから得た感動が創作のモチベーションに繋がることはあるかもしれないけど。ただ、僕らがやっている音楽は、アニメや映像の中で使われても違和感のないものだと思うし、実際にそういうものにしたいと思っています。あと僕にとって最初に大きかったのが、中3の時に聴いたバンプ・オブ・チキンだったんです。そこからの流れにスーパーカーがあって、そこからシガー・ロスを経て、エレクトロニカなんかを聴くようになって。だから、聴いてきた音楽の変遷はけっこう自然な感じだと思う。あえて聴くものを絞り込んでいたところはあって。
kokko : 逆に私は、シガー・ロスと同時にメロコアとかを聴いてたんですけど(笑)。あまり沢山の音楽を聴かず、ひとつのアルバムを買ったらそれをずっと聴いているようなタイプです。だから音楽のことはあまり詳しくない(笑)。

——気に入った音楽にとことんのめり込むタイプなんだ。

kokko : そうですね。自分のなかに取り込んじゃうまで聞き込む感じです。たとえば椎名林檎の『加爾基 精液 栗ノ花』がそういうアルバムで。あのごちゃっとした感じをちゃんと消化させるのって、実際すごく時間かかると思うんです。YUKIの『PRISMIC』とかもそうかな。そう考えるとエレクトロニックな音楽が好きみたいですね。今やってる音楽に通じているものもあるのかもしれない。

——一方の板谷さんは、クリエイターになりたいという気持ちがもともと強かったから、そのために聴いていた部分もあるということなのかな?

板谷 : そうですね。影響を受けたい音楽を絞って聴いてきたというか。めちゃくちゃいいんだろうなと思うものでも、聴いたら自分がぶれるなと思ったものは避けてきたところがあって。

バンドをやる上での共通点は持っている(板谷)

——けっこう潔癖な方?

板谷 : そうですね(笑)。最近はむしろ取り入れたい要素が増えてきた感じはあるんですけど、その前の軸を固めるための時期にいっぱい聴いても、きっと消化できないだろうなと思ってたので。それで自分の進みたい方向のライン上にあるものをチョイスしてきたところはあります。

——では、その板谷さんの軸にある音楽がどういうものなのか、教えていただきたいです。

板谷 : ちょっと質問の意図とは違うのかもしれないですけど、僕はなによりもメロディのセンスを養っていきたかったんです。というのも、いい曲の根本ってそこにあるんじゃないかなと思ってて。少なくとも僕が曲を作る上ではそこが一番重要で。
kokko : 私たちも彼のそこを信頼してやっていますね。そういえば私がバンドに入ったばかりの時、元気さんがとにかく沢山の音源を渡してくれたんですけど、実は2年経った今でもまだ聴ききれていなくて(笑)。だから、私たちの音楽を聴いて「~ぽいね」と言われても、私はそれを知らないことが多いんですよね(笑)。きっと音楽って、作る才能とは別で、聴く才能っていうのもあるんでしょうね。
板谷 : (笑)。そういうそれぞれの聴き方なんかも含めて、やっぱり僕はバンドでやりたいという気持ちがすごく大きかったんですよね。最初はインストのポスト・ロックを聴いて、ここに歌が入ってきたらもっと楽しいなっていう発想から始まったんですけど、例えばそこに「新しいジャンルを自分たちで作っていこう」みたいな考えはなくて、それよりも普遍的でありたいという気持ちの方が強いんです。いい意味での大衆性がほしいというか。いわゆる名曲と呼ばれるものって、やっぱりメロディがすごくいいし、わざとらしいこともやってない。きっとそういうものだったら、たとえばJポップしか普段は聴かない人にでも引っかかるものを感じてもらえるんじゃないかなと思って。

——メロディもそうですが、みなさんの楽曲はすごく厚みのあるアレンジが加えられているので、そっちへのこだわりもきっと強いのだろうと思っていたんですが。

板谷 : 自分にとってのサウンドとメロディのバランス感覚があって。メロディがポップすぎると質感的にJポップ寄りになるし、かといってサウンドが濃すぎるとコアな音楽ファン向けになってしまう。できれば僕は自分が作ったものを、自分が通過してきた音楽と同じように聴いてもらいたいんです。

——では、板谷さんから見て普遍性を持っていると感じる作品をなにかひとつ教えてもらえますか。

板谷 : そうだな。たとえばシガー・ロスなんかは、サウンドがすごく壮大でアンビエントだけど、一発聴いただけでいいなと思えるものがある。そういうものを目指したいなと思って。

——じゃあ、そのシガー・ロスの中でも最も好きなアルバムは?

板谷 : 『アゲイティス・ビリュン』かな。

——あ、そうなんですね。僕はきっと『Takk…』なんだろうと思ってました。

板谷 : 確かに今回のアルバムはかなり『Takk…』寄りなサウンドですよね(笑)。僕が最初に聴いたシガー・ロスのアルバムは『Takk…』です。個人的にあのアルバムはものすごくポップだと思っていて。
kokko : 私は『Takk…』が一番だけど、それと並行して私もメロコアと聴いてたからなぁ(笑)。

——今の音楽活動のなかで、そのメロコア的なものから引き継いでいる部分はなにかありますか。

kokko : ないですねぇ(笑)。とは言っても、やっぱりその中でもハワイアン6みたいな、ちょっとダウナーな雰囲気のものが好きだったから、ちょっとそこはつながってるのかもしれないです。
板谷 : だから、メンバーはみんな音楽の好みもバラバラなんですけど、このバンドをやる上での共通点は持っているんですよね。

——今日のお話を聞いて、現在のアンリエッタは板谷さんの指向性がかなり強く出ているように感じました。今後それが他のメンバーによって大きく変わっていく可能性はありますか。

板谷 : どうだろうなぁ。今後挑戦していきたいと思っていることは沢山あるんですけど、やっぱり楽曲にとって一番大切なメロディやコード感のセンスがきちんとあることは前提だと思ってて。そこさえしっかりしていれば、どんな音楽をやっても自分たちのものにできると思うんです。まだそういう域に達しているとは思っていないので。

——まずはもっと根本のソングライティング・スキルを高めていきたいということですね。

板谷 : そうですね。かといってあんまりごちゃごちゃしたものにはならないと思いますけど(笑)。
kokko : 私ももっといろんな歌い方に挑戦していきたいし、そういう曲を元気さんに沢山作ってもらいたいです(笑)。
板谷 : 今回のアルバムは一貫した質感をもたせたかったし、実際にそうできたと思うんです。だからここからはもっと歌を前に出して、バラエティのあるものを目指したいですね。それに、今回の1枚目を経て次に取り組むものは、最初からアルバムを作るという目標を持って臨むことになりますよね。僕らが目指したいのはやっぱりそこにあるので。

LIVE INFORMATION

『The Sound Of Fury Tour 2012』
Novel Sounds インストア・イベント
2012年4月27日(金)@HMV大宮ロフト
Live : Bertoia(小編成) / Anrietta / us
OPEN / START : 18:30

RECOMMEND

Sigur Rós / INNI

2008年11月、突如発表された活動休止宣言の直前に、ロンドンの伝説的会場アレクサンドラ・パレスで行われた2公演のライヴを音源化! ここ日本へも複数来日し、絶大な人気を得るも、08年末にバンドは無期限活動休止を発表した。

>>>Sigur Rósの特集ページはこちら

Meme / alku ringo

茨城の3人組バンド、Meme(ミーム)のデビュー作にしてとてつもない大傑作。これほど空気を変える力のある音楽は、そうそうお目にはかかれない。サウンドも歌声も全てが破格の美しさ。アルバムの冒頭を飾る「poploop」で見せる、歌ものとしての素晴らしさと遊び心溢れるカラフルなサウンド。

>>>Memeのインタビュー特集はこちら

Bertoia / Snow Slide / Under Water

ロングセラー・デビュー・アルバム『MODERN SYNTHESIS』より人気曲「Snow Slide」と、1年ぶり待望の新曲「Under Water」をカップリングした配信限定ダブルA面シングル。

>>>Bertoiaの特集はこちら

PROFILE

Anrietta
2009年結成。kokko(Vo.)、genki itaya(Gt./other)、maiku kawasaki(Gt.)、JP(Ba.)、yuuki nemoto(Dr.)の5人によるドリーム・ポップ・バンド。透き通った歌声と幾重にも重なる音の層で、美しい光景を浮かび上がらせる楽曲が特徴。造語によって紡がれた物語は聞く者を魅了し、平均年齢23歳と若いながらも、その確立された世界観が様々な方面から評価されている。

Anrietta official HP

o

 
 

インタヴュー

ベイビーレイズJAPAN、初のミニ・アルバム『THE BRJ』をリリース
[INTERVIEW]・2017年09月20日・『THE BRJ』は、5人の新たな始まりーーベイビーレイズJAPAN、初のミニ・アルバムをリリース 5人組アイドル・グループ、ベイビーレイズJAPANがグループ初となるミニ・アルバム『THE BRJ』をリリースした。結成から5周年を迎えてもなお、期待値と加速度を上げ続けるメンバー全員にメール・インタビューを敢行。まっすぐで素敵な言葉の数々、心してお読みください。ベイビーレイズJAPAN / THE BRJ'【収録曲】1. 何度でも2. くびったけエンジョイサマー! 3. スパイラル 4. アンチヒーロー 5. 僕らはここにいる【配信形態】WAV / FLAC / ALAC 【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ価格 1,234円(税込)アルバム購入者から抽選で3名にメンバー全員サイン入り色紙プレゼント!【応募方法】こちら''からプレゼントの応募を選択し、・購入した際のOTOTOYに登録してあるメールアドレス、もしくはOTOTOYに登録のTwitterアカウント名・購入時のキュー番号・お名前・ご住所・連絡先・ご意見、ご感想をご記入の上お申し込みください。※締切 : 2017年9月30日(土)23時5
すべてにフラットに向き合った1stアルバム──CHIIO『toc toc』を先行配信
[CLOSEUP]・2017年09月20日・すべてにフラットに向き合った1stアルバム──オルタナ界の新星、CHIIO『toc toc』を先行配信 男女混成4人組オルタナティヴ・ロック・バンド、CHIIOが、初の全国流通盤として〈3P3B〉より1stアルバム『toc toc』をリリースした。曲にひろがりと深みをもたせるメンバー全員でのコーラスと、オルタナ、シューゲイザー、そしてUSインディ・シーンをも取り入れる幅広い音楽性を独自のポップ・センスで昇華した楽曲が魅力の彼ら。このたびOTOTOYでは新作『toc toc』の1週間配信の開始とともに、フロントマンである中村太勇(Tao Nakamura)へのインタヴューを掲載。バンドの成り立ちや楽曲へのこだわりを訊いた。 1stアルバムを1週間先行配信開始! CHIIO / toc toc'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 1,994円(税込)【収録曲】''1. 077342. who3. safari4. march5. chapter 26. pupils7. hibi8. child9. blue10
by ?
“スロウタッチ”と標榜された音楽──STEPHENSMITHの1stアルバムをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年09月20日・“スロウタッチ”と標榜された音楽──STEPHENSMITHのメロウ&グルーヴィーな佇まい 2014、15年〈りんご音楽祭〉への出演や、2016年の福岡県開催〈CIRCLE〉にニューカマー枠として初の出演を果たすなど、いまじわじわと人気を博しつつある3ピース・バンド、STEPHENSMITH(スティーヴン・スミス)。インディR&Bやファンク、ソウルなどの要素からヒップホップなど、さまざまな音楽を吸収しつくりあげられた、スロウでメロウな雰囲気を醸し出す。昨年10月19日にリリースした1stアルバム『sexperiment』をこのたびOTOTOYでハイレゾ配信が開始。こちらの配信開始を記念してメンバー3人にインタヴューを行った。 1stアルバムのハイレゾ配信が開始! STEPHENSMITH / sexperiment'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 350円(税込) / アルバム 1,500円(税込)【収録曲】1. D.S.D.2. 微温湯の雨3. イエロータウン4. 夜釣5. 無題6. スロウタッチ7. 皺寄せ INTE
eastern youth『SONGentoJIYU』を予約開始&新ベーシスト村岡ゆか単独インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年09月20日・eastern youth、最強伝説継続中! 遂に実現、新ベーシスト・村岡ゆかへ単独インタヴュー!!! 2017年9月27日にeastern youthが新アルバム『SONGentoJIYU』をリリースする。来年迎える結成30周年を目前にリリースされる今作『SONGentoJIYU』は、2015年の二宮友和の脱退、そして新ベーシスト・村岡ゆかの加入後、初のアルバムとなる。OTOTOYでは9月27日より『SONGentoJIYU』のハイレゾ独占配信を予定。今回、本作の予約受付の開始とともに、新ベーシスト・村岡ゆかへの単独インタヴューを掲載する。もともとeastern youthの大ファンだったという彼女がeastern youthに加入し、改めて吉野寿、田森篤哉、そして元ベーシストの二宮友和の偉大さに気付きながらも、新メンバーとしてしっかりと3点で立ちながら制作に力を尽くした新アルバム。この熱い作品を聴いて走り出す準備はできているか!!! うずうずしながらこのインタヴューを読むべし!!! 最新アルバムの予約受付中! eastern youth / SONGentoJIYU'【配信形態】ALAC、FLAC、
by JJ
【EMPiRE】Epsode0 渡辺淳之介×篠崎純也×赤窄諒「EMPiREは、かっこいいものになると思います」
[EMPIRE]・2017年09月19日・【EMPiRE】Epsode0 渡辺淳之介×篠崎純也×赤窄諒「EMPiREは、かっこいいものになると思います」 BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生した。 その名は、EMPiRE!! 2017年4月2日、横浜赤レンガ倉庫イベント広場で開催された〈WACK EXHiBiTiON〉にて、エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクトとして突如発表された「Project aW」。3月28日(火)より5泊6日にわたって開催されたWACK合宿オーディションに参加した2名が合格、追加オーディションを経て3名が合格を果たした。驚いたことに、BiSHを手がけているチームがEMPiREも手がけるという。 そんな万全の体制が整った状態でお披露目のステージに立ったものの、顔を覆った衣装に身を包み、発信方法は未だTwitterのみ、まだまだベールに包まれている彼女たち。果たしてどのようなグループになるのか? 楽曲は? なんでその衣装なの? そんな最初の疑問に対するヒントを探るべく、WACK代表の渡辺淳之介と、avexより篠崎純也、
by 西澤 裕郎
FINLANDSにとっての「LOVE」とは? 最新作『LOVE』をハイレゾ独占配信!
・2017年09月15日・バンドはサービス業じゃない──FINLANDSにとっての「LOVE」は? 最新作『LOVE』をハイレゾ独占配信 オリコン・インディーズ・チャート2位ランクインや、数々のサーキット・イベントやフェスに出演し、着々と全国にリスナーを増やしているFINLANDS。そんな彼女たちから1年ぶり最新アルバムが届いた。塩入冬湖(Vo. / Gt.)の1度聴いたら忘れない、一瞬で空気を支配するような歌声に、コシミズカヨ(Ba.)を筆頭につくり出す骨太なサウンド。そして言葉選びが秀逸でまるで小説を読んでいるような、塩入の作り出す歌詞がFINLANDSの魅力だろう。今作『LOVE』にはどのような思いが込められたのか。塩入にインタビューを敢行し語ってもらった。『LOVE』のハイレゾ配信はOTOTOYのみ! インタビューと共にFINLANDSの音楽に堕ちてみませんか? FINLANDSの1年ぶり新作。OTOTOYでハイレゾ配信スタート!FINLANDS / LOVE (24bit/96kHz)'【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】単曲:25
by 渡辺 裕也
ゆるくキャッチーな音に潜むトゲ──キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、現在絶版の1st EPを配信開始
[CLOSEUP]・2017年09月14日・ゆるくキャッチーな音に潜むトゲ──キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、現在絶版の1st EPを配信開始 フェスのオーディション枠を勝ち取り〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017〉や〈SUMMER SONIC 2017〉に出演を果たすなど、耳の早い音楽好きから大きな注目を集めているバンド、キイチビール&ザ・ホーリーティッツ。そんな彼らが1000枚限定でリリースし、現在は絶版となっている1st EP『俺もハイライト』が待望の配信スタート。さらに、OTOTOYではアルバム購入でボーナス・トラック「レガエ」がダウンロード可能!! 同作の配信を記念し、ヴォーカルのキイチビールにインタヴューを敢行。バンドの結成から楽曲制作の裏側についてまで、メディア初となるロング・インタヴューを掲載する。 現在絶版中の1st EPがボーナストラック付きで配信スタートキイチビール&ザ・ホーリーティッツ / 俺もハイライト【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 900円(税込) 【収録曲】1. キイチビールのテーマ2. ホーリーティッツ
by 西澤 裕郎
暗闇を照らす、温かみのあるひかり──Nozomi Nobodyが「歌」にこだわった新作をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年09月13日・暗闇を照らす、温かみのあるひかり──Nozomi Nobodyが「歌」にこだわった新作をハイレゾ配信 透明な歌声と、ループステーションを巧みに用いたコーラス・ワーク、そして様々な情景が浮かぶ楽曲が魅力のシンガー・ソングライター、Nozomi Nobody。昨年アレンジ、演奏、録音、ミックスまでを自身で手がけ、細部までこだわり抜いたセルフ・プロデュース作品『We Are Always a Bit Lonely』をつくりだした。全国流通盤としては第2弾のリリースとなる今作は、レコーディング、ミックスにGEZANや柴田聡子を手がける君島結が、そしてマスタリングにU2やザ・ローリングストーンズなどを手がけるピート・マーハーが参加。前作よりもアレンジ面での幅が広がり、彼女の歌声がより際立って耳に入ってくるように思う。OTOTOYでは本作『Everything Goes Back to You』のハイレゾ配信をスタートするとともに1ヶ月の期間限定で全曲フル視聴を実施。ぜひ楽曲を聴きながらテキストをおたのしみください。 新作をハイレゾ配信&期間限定全曲フル視聴 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44
by 鈴木 雄希
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事