Anrietta from Novel Sounds INTERVIEW

荘厳なアンサンブルの中にフレッシュな感性を持ち込む新世代がまたひとつ登場した。彼らの名はアンリエッタ。エレクトロニクスも取り入れたアンサンブルによる、シガー・ロスの『Takk…』あたりを思わせる重厚な音作りと、女性ヴォーカルがじっくりと歌い上げていく様は、ヨーロッパ及び日本のポスト・ロックからの素直な反響を感じさせるものだが、それをたとえばアニメなどの視覚的なメディアを意識して鳴らそうとする感覚は、まさに今の世代ならではのものだろうし、実際に彼らのデビュー作『Memoraphonica』は明確な情景描写を備えた作品に仕上がっている。今回はこの気鋭のバンドからリーダーの板谷元気とヴォーカルのkokkoをお招きし、話を聞いてみた。

インタビュー&文 : 渡辺裕也

>>>「Grassky」のフリー・ダウンロードはこちらから(4/26〜5/2迄)

デビュー・アルバムの発売に先駆けて1曲先行フリー・ダウンロード!

Anrietta / Memoraphonica

透き通った歌声と幾重にも重なる音ので、美しい光景を浮かび上がらせる楽曲が特徴のAnrietta。造語によって紡がれた物語は聞く者を魅了し、平均年齢23歳と若いながらも、その確立された世界観が様々な方面から評価されています。5月2日のファースト・アルバムから1曲先行フリー配信開始。

【Track List】
01. Aqua / 02. lost seasons / 03. On the way across the rainbow / 04. Latency / 05. amaranthine / 06. Heart sound travels / 07. Grassky / 08.thaw / 09. Story of circle


作る才能とは別で、聴く才能っていうのもあるんでしょうね(kokko)

——ジャケットのイラストがサウンドのイメージとすごくマッチしているように感じましたが、このイラストを描かれたのは?

kokko : これは伏臣武さんという方に描いていただいたものなんです。わたしがCD屋さんで見かけたジャケットにすごく気に入ったものがあって、それが伏臣さんの手がけたものだったんです。それ以外にも私が写真や絵で気に入った作品を10枚くらい集めてメンバーに見せたんですけど、みんな伏臣さんのものがいいと言って。それで連絡してお願いしてみようということになったんです。
板谷元気(以下、板谷) : 画面の情報量が多くて、色彩豊かなところがすごくいいと思ったんですよね。それに僕らの音楽も情景描写的な部分があるので、そことも合うんじゃないかなと思って。
kokko : でも、このジャケットができたのはもうすごく前なんですよ。去年の6月だっけ?
板谷 : レコーディングを始める前にもう頼んじゃったんだよね(笑)。音はデモ状態のものを聴いてもらって。だからずいぶんお待たせしてしまったんです。

左から、yuuki nemoto、itaya genki、kokko、JP、kawasaki maiku

——その最初のデモ楽曲はどのようなものだったのでしょう。その当時から現在の音楽性と繋がるものを作っていたんですか。

板谷 : 僕がDTMを使ってレコーディングなり打ち込みなりをやっていたのもあって、バンドとしての方向性はその時からぼんやりとありました。ただ、僕が歌モノの音楽に取り組みだしたのはこのバンドが初めてなんです。その前はちょっと即興音楽っぽくて、いまよりずっとアンビエントな感じのバンドをやっていたので、しっかりとデモから曲を作るようになったのはこのバンドからですね。現在は最初に想定していたものよりうたが前面に出たものになってきています。ちょこちょことメンバー・チェンジもあったんです。最初からいたのは僕とドラムの根本で、その当時は別の女性ヴォーカルがいて。その3人でまずデモ音源を1曲作って、そこからメンバーを募集し始めたんです。
kokko : 私は元々お客さんとしてアンリエッタのライヴによく行ってたんです。JPくんが高校の先輩だったので、そういうつながりで。前に歌っていた方はもう少しふわっとした声をしていたんですけど、私は輪郭がはっきりした歌い方をするので、徐々に歌がはっきりと聴こえる感じになっていったと思う。

——作品を聴かせて頂いて、目指したい音楽性が明確にあるバンドだなと感じたのですが、実際のところはどうでしょうか。

板谷 : 好きな音楽からの影響は沢山あると思います。あと、ライヴの後にお客さんや対バン相手から「あれ好きでしょ? 」みたいなことをよく言われるんですよね。たとえばシガー・ロス、モグワイ、マトリョーシカ、ワールズエンド・ガールフレンド、スパングル・コール・リリラインなんかがそうですね。あとは菅野よう子とか。

——菅野よう子とも言われるんだ?

板谷 : はい(笑)。僕がもう大好きなんですよ。特にメロディ作りにおいてはすごく影響を受けていると思います。世界観にも通じるものがあると思う。

——菅野よう子さんの作品にはアニメと密接に絡んだものも多いですよね。その辺はどうですか。

板谷 : 確かにアニメは僕の得意分野ですね(笑)。ただ、アニメからインスピレーションを受けて音楽を作ることはそんなにないかな。具体的なものから影響を受けるということ自体がそんなにないですね。そこから得た感動が創作のモチベーションに繋がることはあるかもしれないけど。ただ、僕らがやっている音楽は、アニメや映像の中で使われても違和感のないものだと思うし、実際にそういうものにしたいと思っています。あと僕にとって最初に大きかったのが、中3の時に聴いたバンプ・オブ・チキンだったんです。そこからの流れにスーパーカーがあって、そこからシガー・ロスを経て、エレクトロニカなんかを聴くようになって。だから、聴いてきた音楽の変遷はけっこう自然な感じだと思う。あえて聴くものを絞り込んでいたところはあって。
kokko : 逆に私は、シガー・ロスと同時にメロコアとかを聴いてたんですけど(笑)。あまり沢山の音楽を聴かず、ひとつのアルバムを買ったらそれをずっと聴いているようなタイプです。だから音楽のことはあまり詳しくない(笑)。

——気に入った音楽にとことんのめり込むタイプなんだ。

kokko : そうですね。自分のなかに取り込んじゃうまで聞き込む感じです。たとえば椎名林檎の『加爾基 精液 栗ノ花』がそういうアルバムで。あのごちゃっとした感じをちゃんと消化させるのって、実際すごく時間かかると思うんです。YUKIの『PRISMIC』とかもそうかな。そう考えるとエレクトロニックな音楽が好きみたいですね。今やってる音楽に通じているものもあるのかもしれない。

——一方の板谷さんは、クリエイターになりたいという気持ちがもともと強かったから、そのために聴いていた部分もあるということなのかな?

板谷 : そうですね。影響を受けたい音楽を絞って聴いてきたというか。めちゃくちゃいいんだろうなと思うものでも、聴いたら自分がぶれるなと思ったものは避けてきたところがあって。

バンドをやる上での共通点は持っている(板谷)

——けっこう潔癖な方?

板谷 : そうですね(笑)。最近はむしろ取り入れたい要素が増えてきた感じはあるんですけど、その前の軸を固めるための時期にいっぱい聴いても、きっと消化できないだろうなと思ってたので。それで自分の進みたい方向のライン上にあるものをチョイスしてきたところはあります。

——では、その板谷さんの軸にある音楽がどういうものなのか、教えていただきたいです。

板谷 : ちょっと質問の意図とは違うのかもしれないですけど、僕はなによりもメロディのセンスを養っていきたかったんです。というのも、いい曲の根本ってそこにあるんじゃないかなと思ってて。少なくとも僕が曲を作る上ではそこが一番重要で。
kokko : 私たちも彼のそこを信頼してやっていますね。そういえば私がバンドに入ったばかりの時、元気さんがとにかく沢山の音源を渡してくれたんですけど、実は2年経った今でもまだ聴ききれていなくて(笑)。だから、私たちの音楽を聴いて「~ぽいね」と言われても、私はそれを知らないことが多いんですよね(笑)。きっと音楽って、作る才能とは別で、聴く才能っていうのもあるんでしょうね。
板谷 : (笑)。そういうそれぞれの聴き方なんかも含めて、やっぱり僕はバンドでやりたいという気持ちがすごく大きかったんですよね。最初はインストのポスト・ロックを聴いて、ここに歌が入ってきたらもっと楽しいなっていう発想から始まったんですけど、例えばそこに「新しいジャンルを自分たちで作っていこう」みたいな考えはなくて、それよりも普遍的でありたいという気持ちの方が強いんです。いい意味での大衆性がほしいというか。いわゆる名曲と呼ばれるものって、やっぱりメロディがすごくいいし、わざとらしいこともやってない。きっとそういうものだったら、たとえばJポップしか普段は聴かない人にでも引っかかるものを感じてもらえるんじゃないかなと思って。

——メロディもそうですが、みなさんの楽曲はすごく厚みのあるアレンジが加えられているので、そっちへのこだわりもきっと強いのだろうと思っていたんですが。

板谷 : 自分にとってのサウンドとメロディのバランス感覚があって。メロディがポップすぎると質感的にJポップ寄りになるし、かといってサウンドが濃すぎるとコアな音楽ファン向けになってしまう。できれば僕は自分が作ったものを、自分が通過してきた音楽と同じように聴いてもらいたいんです。

——では、板谷さんから見て普遍性を持っていると感じる作品をなにかひとつ教えてもらえますか。

板谷 : そうだな。たとえばシガー・ロスなんかは、サウンドがすごく壮大でアンビエントだけど、一発聴いただけでいいなと思えるものがある。そういうものを目指したいなと思って。

——じゃあ、そのシガー・ロスの中でも最も好きなアルバムは?

板谷 : 『アゲイティス・ビリュン』かな。

——あ、そうなんですね。僕はきっと『Takk…』なんだろうと思ってました。

板谷 : 確かに今回のアルバムはかなり『Takk…』寄りなサウンドですよね(笑)。僕が最初に聴いたシガー・ロスのアルバムは『Takk…』です。個人的にあのアルバムはものすごくポップだと思っていて。
kokko : 私は『Takk…』が一番だけど、それと並行して私もメロコアと聴いてたからなぁ(笑)。

——今の音楽活動のなかで、そのメロコア的なものから引き継いでいる部分はなにかありますか。

kokko : ないですねぇ(笑)。とは言っても、やっぱりその中でもハワイアン6みたいな、ちょっとダウナーな雰囲気のものが好きだったから、ちょっとそこはつながってるのかもしれないです。
板谷 : だから、メンバーはみんな音楽の好みもバラバラなんですけど、このバンドをやる上での共通点は持っているんですよね。

——今日のお話を聞いて、現在のアンリエッタは板谷さんの指向性がかなり強く出ているように感じました。今後それが他のメンバーによって大きく変わっていく可能性はありますか。

板谷 : どうだろうなぁ。今後挑戦していきたいと思っていることは沢山あるんですけど、やっぱり楽曲にとって一番大切なメロディやコード感のセンスがきちんとあることは前提だと思ってて。そこさえしっかりしていれば、どんな音楽をやっても自分たちのものにできると思うんです。まだそういう域に達しているとは思っていないので。

——まずはもっと根本のソングライティング・スキルを高めていきたいということですね。

板谷 : そうですね。かといってあんまりごちゃごちゃしたものにはならないと思いますけど(笑)。
kokko : 私ももっといろんな歌い方に挑戦していきたいし、そういう曲を元気さんに沢山作ってもらいたいです(笑)。
板谷 : 今回のアルバムは一貫した質感をもたせたかったし、実際にそうできたと思うんです。だからここからはもっと歌を前に出して、バラエティのあるものを目指したいですね。それに、今回の1枚目を経て次に取り組むものは、最初からアルバムを作るという目標を持って臨むことになりますよね。僕らが目指したいのはやっぱりそこにあるので。

LIVE INFORMATION

『The Sound Of Fury Tour 2012』
Novel Sounds インストア・イベント
2012年4月27日(金)@HMV大宮ロフト
Live : Bertoia(小編成) / Anrietta / us
OPEN / START : 18:30

RECOMMEND

Sigur Rós / INNI

2008年11月、突如発表された活動休止宣言の直前に、ロンドンの伝説的会場アレクサンドラ・パレスで行われた2公演のライヴを音源化! ここ日本へも複数来日し、絶大な人気を得るも、08年末にバンドは無期限活動休止を発表した。

>>>Sigur Rósの特集ページはこちら

Meme / alku ringo

茨城の3人組バンド、Meme(ミーム)のデビュー作にしてとてつもない大傑作。これほど空気を変える力のある音楽は、そうそうお目にはかかれない。サウンドも歌声も全てが破格の美しさ。アルバムの冒頭を飾る「poploop」で見せる、歌ものとしての素晴らしさと遊び心溢れるカラフルなサウンド。

>>>Memeのインタビュー特集はこちら

Bertoia / Snow Slide / Under Water

ロングセラー・デビュー・アルバム『MODERN SYNTHESIS』より人気曲「Snow Slide」と、1年ぶり待望の新曲「Under Water」をカップリングした配信限定ダブルA面シングル。

>>>Bertoiaの特集はこちら

PROFILE

Anrietta
2009年結成。kokko(Vo.)、genki itaya(Gt./other)、maiku kawasaki(Gt.)、JP(Ba.)、yuuki nemoto(Dr.)の5人によるドリーム・ポップ・バンド。透き通った歌声と幾重にも重なる音の層で、美しい光景を浮かび上がらせる楽曲が特徴。造語によって紡がれた物語は聞く者を魅了し、平均年齢23歳と若いながらも、その確立された世界観が様々な方面から評価されている。

Anrietta official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて
[CLOSEUP]・2017年03月10日・Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて 2012年4月より大阪・堀江を拠点に活動をはじめたEspeciaが、2017年3月26日(日)、新宿BLAZEのワンマン・ライヴをもって解散する。サウンド・プロデューサーSchtein & Longerこと横山佑輝の作る、80年代後半のバブル期をテーマにしたディスコやブラコン、シティ・ポップは高い評価を得た。船上ライヴやNegiccoとのコラボレーションNegipecia、メジャー・デビューなどを経験し、メンバーが卒業。冨永悠香、森絵莉加は東京に拠点を移し、Mia Nascimentoを加え3人体制で活動を行い最後まで走り抜ける。そんな彼女たちの歴史の一部を切り取り網羅したベスト・アルバム『Wizard』をリリースし、その活動に幕を下ろすEspeciaの歴史をマネージャーの清水大充とともに振り返る。 ファイナル・ベスト・アルバムを配信スタートEspecia / Wizard'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 2,400円(税込)【
by 西澤 裕郎
strange world's end、渾身の2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年03月23日・心の闇を突き破る、現代のエモーショナルロックーーstrange world's end、渾身の2ndアルバムに迫る 2017年に結成10周年を迎えたオルタナティヴ・ロック・バンド、strange world's end。オリジナル・メンバーである飯田カヅキ(Vo,Gt)、平マサト(Ba)の2人に、不遣ノ雨のフルカワリュウイチ(Dr)をサポート・メンバーとして迎え、2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』を完成させた。現代に生きる様々な人間の生々しい感情をストレートに表現した歌詞世界と、瑞々しいロック・サウンドで、リスナーの心の闇を揺さぶる問題作。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、そしてメンバーへのインタヴューを敢行した。 渾身の2ndアルバムをハイレゾ配信スタートstrange world's end / やっぱり、お前が死ねばいい。(24bit/96kHz)'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 324円(税込) アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''1. 敗北2.接触3.無知の感染4.カレイドスコープ5.残念6.喪失7.終了8.コロニー9.発狂の渦10.
by 西澤 裕郎
成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月20日・成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー 昨年2016年に20歳を迎えたタグチハナは、同年3月29日に渋谷クラブクアトロという自身最大規模でのワンマン・ライヴを敢行。そのライヴは素晴らしいものだったが、それ以降、ライヴの回数は以前より目に見えて減ってしまっていた。実はあの大きなステージに立つ少し前から、彼女はあるわだかまりを感じ、結果として歌うことも楽しめなくなってしまっていたという。 あのクアトロ公演から約1年。当時所属していたレーベルを離れ、3rdミニ・アルバム『Vividness & The Naked』を完成させた。さらにあの日以来となるワンマン・ライヴも実施。アルバムはタイトル通り、生まれ変わったように鮮やかで、まっすぐに愛を歌ったラヴ・ソングが詰まっていた。タグチはいかにして"壁"を乗り越えたのか。その間、どのような心境の変化があったのか。インタビューで紐解いた。 またタグチは、叔父の布袋寅泰をはじめ、両親がともに過去にメジャーを経験しているなど、ミュージシャンに囲まれた環境で育っている。そんな身近にいる"先輩"たちが、彼女の音楽活動をどう見ている
冨田勲:ドクター・コッペリウス、ハイレゾ配信スタート
[CLOSEUP]・2017年03月22日・冨田勲の遺言ともいえる舞台作品ーードクター・コッペリウスをハイレゾ配信 2016年11月11日、12日、渋谷のBunkamuraオーチャードホールで冨田勲の追悼特別公演として開催された「ドクター・コッペリウス」は、冨田が他界前に上演を夢見て、亡くなる1時間前まで創作を続けてきたまさに遺言ともいえる舞台作品。冨田が長年追い求めてきた「宇宙への夢と希望」に満ち溢れた壮大なストーリーが、オーケストラとシンセサイザー、そして冨田の遺したオリジナルのエレクトロニックサウンド、さらにバレエと3DCGを伴いながら展開。終演後は大きな歓声と鳴り止まない拍手で幕を閉じた公演のライヴ・レコーディング。冨田の遺した電子音とオーケストラ・サウンド、そして初音ミクの歌が三位一体となった、これまでにない音楽の全貌がハイレゾ音源にて世に解き放たれる。 待望のライヴ音源をハイレゾ配信V.A. / 冨田勲:ドクター・コッペリウス (96kHz/24bit)【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 3,000円(税込)【収録曲】1. 第0楽章 飛翔する生命体 (96kHz/24bit
*祝! 高校卒業! KOTOが新シングルをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月17日・祝! 高校卒業! KOTOの新シングル&シャオチャイポン1stシングルをハイレゾ配信開始 この3月に無事高校を卒業したKOTOが3曲入りシングル『JK卒業PACK』をリリース。さらに、”ゆり丸”の愛称で親しまれる平野友里とのユニット、シャオチャイポンの1stシングルもリリース。OTOTOYでは、この記念すべきタイミングでKOTOへのインタヴューを敢行。これまでの芸能生活を振り返ってもらうとともに、今後の活動についても語ってくれた。 KTOTO高校卒業記念シングルがハイレゾで登場! KOTO / JK卒業PACK(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 540円(税込)【収録曲】1. PoisonGirl2. るっぱっぱ3. 甘い果実の物語 シャオチャイポン初となるシングル シャオチャイポン / URAHARAろまんちっく'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 500円
ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』
[CLOSEUP]・2017年03月09日・ニヤつくほど中毒性高しなシンセポップ——もう、あなたはZOMBIE-CHANGの音から逃れられない! モデルとしても活躍しているメイリンのプロジェクト、ZOMBIE-CHANG。80年代のニューウェイヴ・シンセ・ポップを彷彿とさせるローファイ・エレクトロ・サウンドと、脱力ラップ、歌謡曲などなど、声色の表現もゆたかな彼女の歌声がのる……、いやはやなんだかこれではその音楽のおもしろさをちょっとも語っていない。とにかく、これがなんだか、とてもとても中毒性のあるメロディと言葉のセンス、そして音色も含めてそのサウンドが頭をぐるぐると駆け回っていくのだ。1年ぶりにリリースした彼女の新作『GANG!』もまた、そんな彼女の音楽の魅力がしっかりとつまった作品となっている。OTOTOYは『GANG!』を配信するとともに、インタヴューを行った。 ZOMBIE-CHANG / GANG!'【Track List】01. I CAN’T GET TO SLEEP02. TARINAI03. TOKIDOKI04. KOURAKUEN05. KABENOMUKOU06. WEEKEND07. KAWAII BABY【配信形態 / 価格
by 河村 祐介
浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース
[CLOSEUP]・2017年03月16日・浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース 昨年11月に『The Manual (How to Sell My Shit)』をリリースしたHave a Nice Day! 。その勢いを止めることなく新作『Fallin Down』がリリースされる。今作は新曲「Fallin Down」に加え、「スカーフェイス」と「巨大なパーティー」の新録音、さらにリミックス・ヴァージョンという6曲収録。さらに今回は、 安孫子真哉(ex.銀杏BOYZ)がチーフ・プロデューサーを務めるレーベル〈KiliKiliVilla〉からのリリースとなる。なぜ〈KiliKiliVilla〉からのリリースに至ったのか、そしてHave a Nice Day! 、さらに言えば音楽シーンの現状ついて、浅見北斗の考えを訊いた。 勢いが止まらないハバナイ、新シングルを予約受付中! Have a Nice Day! / Fallin Down(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム 1,080円
京都発ギリシャラブ、初のフル・アルバム・リリース&インタビュー
[CLOSEUP]・2017年03月15日・より一層多様に花開いた音楽性──ギリシャラブが初のフル・アルバムをリリース 多くのアーティスト、クリエイターたちが活躍する京都の音楽シーン。そんな京都インディー・シーンの新星「ギリシャラブ」が1stフル・アルバムをリリース。本作にはプロデューサーとして、同じく京都の音楽シーンで活躍をしている、本日休演の岩出拓十郎を迎えた。今回はリリースにあたって峯大貴による、天川悠雅(ヴォーカル、パーカッション)へのメール・インタビューを敢行。バンド結成から現在までの活動、彼らが活躍する京都という街について語ってくれた。 ギリシャラブの1stフル・アルバム ギリシャラブ / イッツ・オンリー・ア・ジョーク'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC、MP3>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 162円(税込) / アルバム 1782円(税込)【収録曲】1. 竜骨の上で2. つつじの蜜 3. 夜の太陽4. セックス5. 機械 6. ヒモ7. パリ、フランス8. よろこびのうた9. パリ、兵庫 10. イッツ・オンリー・ア・ジョーク11. ギリシャより愛をこめて INTERVIEW : ギリ
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事