SA.RI.NA INTERVIEW

母親への想いを綴った「シングルマザー」が、2010年の有線放送でJ-POP年間リクエストの1位を獲得した女性シンガー、SA.RI.NA。自身も一児の母親である彼女は、地元横浜で自然と音楽に目覚め、レゲエをベースにしつつも、R&B、ソウル、ジャズなどを織り交ぜた楽曲で、様々な心の結びつきを歌い続けてきた。新作『光 –HIKARI-』からのリード・トラック「赤い糸 feat.ハジ→」も、すでにレコチョクの「クラブうたチャート」で1位を獲得し、女性を中心とした高い人気を実証している。

とはいえ、着うたや有線などとの接点が少ないリスナーにとって、まだまだ彼女の認知度は十分とは言えないかもしれない。僕自身、彼女のようなタイプのアーティストの取材をするのは初めてで、その内容は非常に新鮮なものだった。印象的だったのは、母親であるためライヴの回数が少なく、アーティスト写真を全面に出すタイプでもない彼女は、だからこそ自分自身に偽りのない音楽を作ることで、リスナーとの絆を作り上げてきたということ。また、取材中に“勉強”という言葉を何度も繰り返し、自身がプロの作家であるという意識が非常に高いということも、同時に強く感じられた。この2点があるからこそ、今のSA.RI.NAの高い人気が築かれているのだろう。

インタビュー&文 : 金子厚武

SA.RI.NA / 光-HIKARI-

SA.RI.NAの新たなスタートを告げるアルバムが完成! ソフト・レゲエ的なテイストに“声”と“歌詞”を全面に出した、心地良いサウンドに身をゆだねられること必死。ハジ→とのデュエット曲「赤い糸」などを始め、充実した楽曲が並ぶ作品!!

【収録曲】
1.赤い糸 feat.ハジ→ / 2.あなたに恋してるよ / 3.Wedding Song / 4.きっとできるよ / 5.願いが叶いますように / 6.あなたの勇気に / 7.サヨナラ / 8.ママの日記

私の性格がそのまま出ている音楽をしたい

――OTOTOYでSA.RI.NAさんを紹介させていただくのは初めてなので、まずはこれまでの活動について聞かせてください。そもそも人前で歌うようになったのはいつ頃からですか?

SA.RI.NA : 一番始めは高校生のときですね。横浜に高校があったので、音楽が周りに溢れていたんです。当時はHIP HOPが流行っていたり、ダンスをしている子や、サウンド・マンも結構いる中で、自然と「私は歌おう」と思いました。

――影響を受けたミュージシャンというとどんな名前が挙がりますか?

SA.RI.NA : 小さい頃の記憶ですが、父親はレコードが好きな人で、父のレコードの中でベレス・ハモンドが一番好きでした。今はもうおじいちゃんだけど、内容も心に響くものがいっぱいあって、今でも素敵な曲ばかりで、強い影響を受けましたね。ただ、そんなにレゲエを意識していたわけじゃなくて、自分の歌いたいインストを拾ってきて、それをかけて歌っていました。他にもグレゴリー・アイザックスやルトリシア・マクニール、日本人だったらTinaさんとか、かっこいいなって思ってましたね。

――クラブとライヴ・ハウスだとどっちで歌うことが多かったんですか?

SA.RI.NA : クラブの方が多かったですね。この頃はクラブ・イベントが遊びの場でもあったし、ライヴ・ハウスはバンド! という感じだった気がします。当時は、イベントに出演をする際に、お客さんを呼ぶ事が大変でした。全然見てくれる人がいなくて、自分がみじめで、辛かった時代を経験しているからこそ、今もこうして歌えている事に感謝の気持ちでいっぱいです。

――今はお子さんもいらっしゃるし、ライヴはあまりやられてないようですね。

SA.RI.NA : そうですね。今は、フィーチャリングでお声をかけて頂いたライヴにしか出演していません。私一人でできるならいいのですが、サポートをしてくれるスタッフがいないとできないことですからね。ただ、地元でずっと音楽をやってきてる子たちと、またライヴをしていこうと話してます。その際、お客さんにはお金を払ってきて頂くわけだから、それに応えるライヴがしたいと思っているし、自分のためにも深夜、頑張ってライヴを見にいったり、常に勉強させて貰っています。

――ライヴはできていなくても、SA.RI.NAさんの楽曲は着うたや有線などでとても人気があります。現在の状況をどのように考えていますか?

SA.RI.NA : サポートしてくれているスタッフの皆がいてくれるということは、私にとって、とてもありがたいことなんです。今の環境はこれ以上望まないぐらい幸せだし、その中で自分がどれだけ音楽に一生懸命になれるかっていうのが大事だと思うんです。一生懸命さが伝わらないと、リスナーの人も「ん?」ってなると思うし、嘘くさいリリックを書いたら、それはSA.RI.NAの音楽ではなくなってしまうので、浮き沈みはあるんですけど、なるべくポジティヴに作れるようにしています。

――最近はどんな音楽に興味がありますか?

SA.RI.NA : 最近、かっこいいなと思うのは、韓国の音楽ですね。ビートやベース・ラインが、すごくかっこいいんですよね。さすがに私には歌いこなせませんが、特にビートは勉強になるものばかりです。

――「願いが叶いますように」のシンセの感じとかは今のエレクトロとかにも通じるものがあるように思いました。

SA.RI.NA : 特に、エレクトロを意識したわけではないのですが、ジャンルが違うだけで、やはり、音楽には共通点が沢山あるから、そう感じるのかも知れませんね。この曲のアレンジャー(M.Kamishiro)さんは、昔からレゲエ・アーティストさん達をプロデュースしている人で、日本のレゲエ・シーンを築き上げてきたアーティストさん達と音楽をやっている方なんです。どんどんサウンドが進化していく中で、どうやったらSA.RI.NAらしく作っていけるか、自分自身、ホント、勉強しかないって感じで(笑)。でも、私以上に、私の曲のサウンド・プロデュースをして下さっているアレンジャーさん達全員が、より「SA.RI.NAらしく」を追及しながら進めて下さっているので、とても心強いです。

――今おっしゃった「SA.RI.NAらしさ」って、ご自身ではどう捉えていますか?

SA.RI.NA : 全部自分の実体験だったり、自分の考えは全面に出していきたいっていう気持ちはあります。「私の性格がそのまま出てる音楽をしたい」みたいな。例え一線を退いたとしても、そのスタンスでいれば、ずっと音楽をやっていけると思うし、歳を取っても音楽には携わっていきたいですね。横浜は、私の親の世代の方たちも、まだまだ現役で音楽をやっていますからね。ほんとにカッコイイですよ、大人の音楽っていいな、自分もこうなれたらいいなって、憧れの気持ちが湧いてきます。私は曲を書くのがすごく楽しいし、書いてないといられないので、この先も常に曲は作っていると思います。

失恋から立ち直るには新しい恋が必要

――新しいアルバムには『光-HIKARI-』というタイトルが付けられていますが、SA.RI.NAさんにとっては音楽がずっと光だったと思うし、今はお子さんも光でしょうし、いろんな意味が込められていると思うんですけど、なぜこのタイトルにしたのですか?

SA.RI.NA : 今まで『絆-キズナ-』、『心-ココロ-』って漢字3文字を選んできて、それにつながる言葉を探していたときに、このタイトルが出てきたんです。去年の震災のこともあったし、希望が持てるタイトルがいいなって。

――「あなたの勇気に」や「願いが叶いますように」の歌詞の中にも「光」という言葉は出てきていますよね。

SA.RI.NA : 「光」っていう言葉は元々私の歌詞に結構出てくる言葉なんですけど、「あなたの勇気に」は去年の震災の後すぐに書いた曲なんです。 悩み事があったり、前に進めずにいる方たちに、SA.RI.NAっていうアーティストが自分の背中を押してくれてるって思ってもらえたらいいなって。ただ、震災について直接書いているのではなくて、「あの日の出来事」という歌詞は、それぞれ、その方の環境にあてはめてくれればいいなって思ってます。

――個人的に面白いなって思ったのが「サヨナラ」で、失恋の歌かと思いきや、1曲の中で次の恋愛が始まってるんですよね。こういう曲って珍しいなって。

SA.RI.NA : そうですよね。私もそう思ってます(笑)。

――いわゆる「泣ける歌」みたいなものって、悲しいまま終わるじゃないですか? でも、意外とすぐ次の恋愛に行ったりもするもので、逆にリアリティがあるなって思いました。

SA.RI.NA : 実は、失恋ソングを沢山聴いてきました。でも、私は一曲の中で完結したい派なので、「何で失恋したまま終わるんだろう?」って思ってしまい、失恋してため息をつくような感じで終わりたくはなくて。プラスの未来が予想できる終わり方にしました。実際、これも私の実体験で、立ち直るには、やはり新しい恋が必要なんですよね。このアルバム自体、ポジティヴな事を書いている事が多いです。

――失恋ソングを沢山聴いたっていうのも、途中でおっしゃってたのは勉強の一環ですか?

SA.RI.NA : そういうことは常にやってます。ただ、流行りのものを取り入れて作っていても、またそれは難しいのかもしれなくて、「今これが流行ってるなら、逆にこっちをしよう」みたいな発想で制作していますね。歌詞を見ていると、「同じようなフレーズがたくさんあるな」って思うけど、でも人それぞれ、その人がおかれている環境にハマって聴いてるんだと思うし、今は配信の時代だから、最初の視聴で心に響くかで決まると思うんです。それに見合うメロディーも歌詞も作らなきゃっていうのは常に思っていますね。

――SA.RI.NAさん自身はCDの世代でしょうから、CDで聴いてもらいたい気持ちも強いですか?

SA.RI.NA : それはもちろん、そうですね。アルバムのブックレットも制作チームで力を合わせて作ったものだから、絶対に見てほしいし、アーティストはみんなそうだと思います。インディーズの最初のアルバムとか、今聴くと、自分のレコーディングのクオリティは低いかもしれないけれど、初めてそれを手に取ったときの喜びは今も覚えてるし、自分の曲がアレンジャーさんに渡って、初めて聴いたときは感動して涙が止まらなくなったりした事もあるんです。そういう感動は常に忘れないようにしたい。自分の置かれてる状況を当たり前に思わないようにしないといけない。そうなると、いい曲も書けなくなっちゃうと思うんで、初心は絶対に忘れないようにしたいですね。

SA.RI.NA PROFILE

1982年9月7日 横浜生まれのママ・シンガー。あらゆる形の愛、命のメッセージを歌う。2009年6月17日、インディーズ1stアルバム「絆 -キズナ-」をリリースし、同時に妊娠、出産を経験する。母親となり、優しい音、強い想いが更に込められた、メジャー・デビュー・シングル「シングルマザー」、メジャー・デビュー・アルバム「愛・絆」を、2010年4月14日、ソニー・ミュージックダイレクトよりリリース。「シングルマザー」は、2010 USEN J-POP 年間リクエスト・ランキング1位となった。2011年2月9日、mini Album「心 -ココロ-」をリリース。

SA.RI.NA HP

SA.RI.NAを聴くならこちらもオススメ!

Tico&Icchie / 青春レゲエ

豪華・最高のアーティストと黄金の名曲が勢揃い!まるで王道の娯楽映画のように、誰もが楽しめる『青春レゲエ』! EGO-WRAPPINの中納良恵をはじめ豪華アーティストが勢ぞろい!

ACO / LUCK

ACOプロデュースによる新作『LUCK』は、オールド/ニューの感覚が同居した「2010年代版クラシカル」をテーマに生楽器を用いてシンプルな構造を意識して創られている。シンプルな中にもACOの現在が詰まった作品となっている。

Wyolica / Castle of wind

99年のデビュー以来知名度、人気ともに音楽リスナーのみならず、アーティスト達への人気も高く、ここまでスネオヘアー、MOOMIN、SOFFet、 FLOW、Steady & Coなどとコラボレーションを果たし、多くの人の心と耳を掴んでいる彼女。フル・アルバムとしては6枚目の今作は7年振りとなる。昨年リリースしたミニ・アルバムもロングセラー中、2009年12月に東京グローブ座でのライヴのチケットも即完するなどその健在ぶりをアピール。今作は特有の優しくも切ない路線はそのままに更にバラエティに富んだ楽曲が揃っており、ゲストの椎名純平と唄うバラードの完成度は鳥肌モノ。

o

 
 

インタヴュー

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが新体制初となる音源を先行配信 & インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月26日・自分たちだけで完結しない「+何か」──東京のハードコア・バンド“V/ACATION”、新体制初音源をリリース! 東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが2年ぶりとなる音源『Your Name Here』をドロップ。2010年に〈Less Than TV〉より1stアルバム『with vacation』、2015年に自主でカセットテープ『Vacant or Action』をリリースしてきた彼らですが、その間に2度のメンバー・チェンジを経て現在はメロディック・パンク・バンド、Shipyardsでギター / ヴォーカルを務める篠沢がベースで加入し、今作はその体制で初となる音源。リリースは彼らとも古くから親交があり、海外バンドの招聘なども手がける〈imakinn records〉。OTOTOYでは11月に7インチで発売予定の今作を発売に先駆けて配信開始するとともに、メンバー・チェンジなどを経た今のV/ACATIONに話を訊いた。 11月のリリースに先駆け、先行配信開始!!V/ACATION / Your Name Here'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
筆者について
同じ筆者による他の記事