ニンテンドーDS用ソフトKORG M01で制作された楽曲の頂点を決める世界初のグランプリ・イベント『KORG M01グランプリ』が、2012年3月31日新宿LOFT/PLUS ONEにて開催。当日は、YouTubeに集まったエントリー楽曲の中から特に優秀な作品を選出し、制作者の実演による決勝戦を行い、楽曲の完成度、独創性、そして実演の完成度を元にゲスト陣が審査をし、最優秀作品を決定。個性豊かな出演者が、思い思いのスタイルで演奏し、その度にオーディエンスは拍手喝采。会場は、かつてない熱狂に包まれたのだった。このたび、当日演奏された10名の素晴らしい楽曲を、『KORG M01 Grand Prix Compilation』としてアルバムに納め、オトトイで配信開始。当日の模様を下のライヴ・レポートでチェックしながら、是非その熱狂の渦を体感して欲しい。

KORG M01グランプリのファイナリストによる音源集!!


VA / KORG M01 Grand Prix Compilation

【Track List】
01. 無題(ナカモトマサノリ) / 02. A Blue Day(X-traX) / 03. signal(黒) / 04. Classical Bounds(...klones) / 05. 旧校舎、音楽室にゾンビ来襲す!(松久峯文) / 06. 2441(daiteng) / 07. そうれつ(カサカワ) / 08. GOOD PARTY!(ヨナオケイシ) / 09. mind of "f"(832pie(はちみつぱい)) / 10. KUCHIBUE(口笛)(TuKuRu)

【値段】
MP3、WAV共に単曲100円 / アルバム700円

2012.3.31@新宿LOFT/PLUS ONE〜その日、熱狂が起こった〜

2011年3月31日、新宿歌舞伎町はサブカルチャーの聖地として名高いロフトプラスワンにて、世界初となる“ある”グランプリ・イベントが行われた。その名は「KORG M01グランプリ」! 「KORG M01」とはニンテンドーDSの作曲ソフトのこと。ゲームと思ってあなどるなかれ。これはタッチペンひとつで、あなたの音楽の価値観を変えうる未来型ビート製造マシーンなのだ! 、ド派手な言い方をしてしまいましたが、あながち大げさでもないのです。そんな「KORG M01」で制作された楽曲の頂点を決めるべく開催された本イベント。40作品近い応募者の中からファイナリストに選ばれたのは8名、特設コーナーの出演者として2名、全部で10名のアーティストが実演にて自身の楽曲を披露すべく、ロフトプラスワンへ集まった。

左から佐野電磁、飯田仁一郎、光田康典、井上和士、サカモト教授、松武秀樹

イベントのゲスト審査員として招かれたのは、かつてYMOのレコーディングや世界ツアーにシンセサイザーのマニピュレーターとして参加し「4人目のYMO」と呼ばれ、現在は「日本シンセサイザープログラマー協会」の会長を務めている松武秀樹(LOGIC SYSTEM)。そしてその「日本シンセサイザープログラマー協会」の正式会員であり、来夏にはヨーロッパ進出も決定し、今や日本を代表するゲーム・ミュージックのアイコン的存在となっているサカモト教授。そして「クロノ・トリガー」を筆頭に、様々な名ゲーム・ミュージックを多数制作してきた作曲家、光田康典(プロキオンスタジオ)。さらには、KORGのソフト担当を務める井上和士(株式会社コルグ)。そして審査員陣の中で唯一のバンドマン、飯田仁一郎(オトトイの学校長/Limited Express (has gone?))。ゲスト審査員勢、なぜか異常なほど豪華である。私が演奏者であれば、彼らの前で演奏した途端すぐに蒸発して成仏しまうであろう。

17時、開場1時間前。イベントの説明を受けるべく早めに集合した演奏者たちはそれほど緊張していないように見えた。18時、開場。徐々に人が集まり始め、19時の開演にはほぼ満席となり、来たはいいものの席がなくて、さ迷う人々の姿も目立ち始めた(ロフトプラスワンのスタッフ様、席探しナイス対応でした! )。そして司会進行を務める男がステージ脇より登場! 大きな声で「ハイハイハイ~! 」と手を叩きながら緑のダブルスーツにギラギラのどでか蝶ネクタイ。思わず「芸人の方ですよね? 」と声をかけたくなる出で立ちだ。しかし、実は彼こそが株式会社DETUNE代表取締役であり「KORG M01」の開発者、佐野電磁。ステージに上がりゲスト審査員を紹介し、ステージから見て左にある審査員ステージへ誘導。早速ファイナリストをステージに呼び、「KORG M01グランプリ」が開幕した。

観客に紛れ座っていたファイナリストたちが順々にステージに上がる。や、いなや… あれ? ガッチガチに緊張してる! ステージの演奏者席に座り、ノリノリに揺れる佐野電磁の横で演奏開始。しかも演奏する手元は後ろのスクリーンにでかでかと投影されている。中には緊張のあまり手を震わせる人も。何せ横にはM01のオリジネーターが自分が鳴らす音楽でノリノリ、すぐ横のステージからは豪華すぎる面々が自分の手元をじっと見つめている。そりゃ震えたくもなりますよ… 心中お察しします。しかし、演奏はしっかりと。激戦となった予選を勝ち抜いただけあって、楽曲のクオリティーがかなり高く、全体的にもジャンルに富んでいて飽きることなく最後まで楽しむことができた。直球のエレクトロ、ノイズが入り混じったインダストリアルなエレクトロニカ、浮遊感あるエレクトロニカ・ポップ、テクノ、陽気なダンス・チューン、ピアノの音を用いクラシックの要素をふんだんにもりこんだ楽曲、朝の散歩を思わせる爽やかなシティー・ポップ。私の中にあった「ゲーム+音楽=ピコピコ・サウンド」の方程式は見事ぶち壊された。「M01でこんな音も出せんの!? 」というのが正直で素直な感想だ。演奏後、佐野電磁がゲスト審査員にコメントを求める。楽曲を褒めつつも、「強いて言うならもっと展開が… 」「強いて言うなら音の質が… 」などととシビアな意見も。どうやら彼らにも火が付いていたようだ。

そしてファイナリスト4名の演奏の後、「佐野電磁のナマで聴かせて! 」コーナーが始まる。ファイナリストには選出されなかったが、佐野電磁が「どうしても生演奏を聴きたい! 」とダダをこねたため特設された本コーナー。またこれがすごかった! これら楽曲を生で聴くべきだと見抜いた佐野氏に熱い拍手を送りたい。まずは、松久峯文「旧校舎、音楽室にゾンビ来襲す!」。開場前の集合時に「あの… ゾンビの者ですけど」と声をかけてきたあの彼だ。M01の演奏そっちの気で音楽室にゾンビが来襲してきた様を、身振り手振りで表現した。それも、演奏者席に座ったままで。ゾンビに驚く、逃げる、安堵する、再びゾンビに驚く、ゾンビを殴る。私は彼の背後にゾンビを見た! 他の方にも見えていたに違いない。続く演奏者はdaiteng。彼の名前をネットで検索してみると「KORG M01ノイズ界の巨匠、daiteng」という検索が出てきた。大物じゃないか! しかも「第一志望(大学)合格おめでとう! 」と続く。え、高校生だったの!? 演奏楽曲はもちろんのこと、出演陣の中でもっともM01の操作が激しく、その操作の効果が顕著に音に表れ、最もM01の遊び方を見ている者に伝えることが出来た演者だった。そして演奏中、M01の画面に「OTOTOYカード ホシイ」という文字を残し、ステージ上から去っていった… 。

その後休憩を挟み、残りのファイナリストの演奏を終え、ゲスト審査員たちは上位3名を決めるべく別室に移動した。緊張をほぐすためか単に飲みたかったのか、ビール片手に壇上へ上がったファイナリストもいた。審査員の光田康典のファンであるファイナリストは、光田康典からコメントをもらい、震えていた。演奏後、「いやー、勝ちに来ましたね! 」と佐野電磁に言われ、「そんなことないですよ」と言いながら目が最優秀賞受賞者への賞品、シーケンサー内蔵のキーボードになっているファイナリストもいた。この1時間で様々な人間ドラマを見た… と感傷に浸る間もないまま、サプライズで佐野電磁特別賞の4作品が発表され、M01界のファンク・マスターことサイモンガーモバイルによるライヴが行われた。そして私は彼に夢中になった。おかっぱのヅラ、黄色いTシャツには「GO! GO! CURRY」。ライヴが始まれば、このファンキーさ… まさに和製JB! しかし曲の歌詞は「母親のパンチラは死んでも見たくない」「ノーブラでセーター着てる女の子が好き」という内容ばかり。どうやらここ最近、青少年が集まる会場や結婚式の余興でのライヴが続いていたため、下ネタを叫びたくて仕方がなかったらしい。しかも彼の後ろにはリリーフランキーが描いた全裸の女性が(ロフトプラスワンの壁画)! 今日はもう思う存分叫んでよ、サイモンガー! と、私も全力でコール&レスポンスに乗っかった。ライヴ終了後、サイモンガーモバイルが実際に演奏に使用していた、KORGから出たばかりの新作シンセサイザーを紹介&その場で即興演奏披露。「kaossilator2 」「mini kaoss pad2」、これはかなり欲しくなった。もうKORGさんは製品イメージ・キャラクターとして、サイモンガーモバイルを登用した方がいいと思う。

そして21時半、遂に上位3名の演奏者を発表する時間がやってきた。3位に選ばれたのは、...klones「Classical Bounds」。選出理由は「M01で音を鳴らすことを楽しんでいるのが伝わってきた」とのこと。2位は唯一の女性アーティスト、832pie(はちみつぱい)の「mind of "f"」。審査員コメントでは「女性ならではの大胆な音使い」と評価されていた。また、「これからの可能性を強く感じた」とのこと。この2人には、KORGから多重録音可能のレコーダー「SOUND on SOUND」、OTOTOYからは音楽配信サイトOTOTOYで自由に買い物ができる「OTOTOY CARD 5000円分」と賞状が手渡された。そして1位=最優秀賞に選ばれたのは、ヨナオケイシの「GOOD PARTY!」。そう、佐野電磁に「勝ちに来ましたね」と言わせた男だ。まるでそこにDJがいるかのようなキメキメでキラキラのダンス・チューンを聴かせた彼。演奏後に起こった盛大な拍手。その瞬間、全身に鳥肌を立たせていたのは私だけではないだろう。そして、彼が狙っていたであろう賞品「microSTATION Music Workstation」は、無事、彼の腕の中に届いた。そして佐野電磁とおそろいの緑のダブル・スーツも進呈! 審査員長の松武秀樹より、賞状を授与! 最後にもう一度最優秀楽曲を演奏し、大円満の中、「KORG M01グランプリ」は幕を閉じた。果たして彼は緑のダブル・スーツを着たまま帰ったのか、どこかのタイミングでこっそり脱いだのか… その答えは新宿歌舞伎町の夜の闇の中だ。

そんなM01グランプリ最優秀賞に選ばれたヨナオケイシさんに、4月12日より3カ月連続で行われる「ニンテンドーDS用ソフトKORG M01作曲塾 最上級編」のどこかの回でゲスト講師として出演して頂きます! いきなり最上級編だけど、きっと大丈夫。根拠はないけど絶対大丈夫。今からでも遅くない! あなたもKORG M01で新しい音楽の扉をノックしてみてはいかが?

text by 水嶋美和
photo by 輪千希美

ゲスト審査員の音源はこちら

Logic System

サカモト教授

Limited Express (has gone?)

KORG M01はまだまだ熱い! 作曲塾最上級編、開講します!

講師 : 佐野電磁
期間 : 2012年4月~6月(1クール全3回)
受講料 : 9,000円(税込、全3回分) / 3,300円(税込、一回のみ)
定員 : 30人
募集期間 : 受付中 >>申し込みフォームはこちら
開催場所 : OTOTOY (東京都渋谷区代々木5丁目59番5号 東信代々木ビル 2F)

<開催日時>
2012年4月12日(木)20:00-22:00
2012年5月10日(木)20:00-22:00
2012年6月14日(木)20:00-22:00

KORG M01とは!?

KORG M01はニンテンドーDSを今までにない全く新しい音楽ツールに変えるソフトです。DSをアナログ・シンセに変えるソフトとして話題となったKORG DS-10開発スタッフが再び集結。342種のPCM音源や8トラック・シーケンサーなどのプロの現場で使われる機能も装備し、カオス・モードにより和音やドラム・パターンを簡単に入力や演奏ができるほか、全く音楽制作の経験や知識のない方でもタッチ・ペン一つで曲作りができます。


●KORG M01でどんな曲が作れるの?
KORG M01で作られたおすすめ楽曲紹介シリーズをぜひご覧ください。その他にもたくさんのKORG M01楽曲があります。

KORG M01「本日はこの曲」はこちらから

●どうやって曲をつくるの?
可愛いイラスト入りで楽しくKORG M01での作曲方法を教えてくれる、ぽらこさん(ポジモ)のブログ。パンダでもわかるKORG M01-目次- / ポジモのブログ

パンダでもわかるKORG M01 / ポジモのブログ

●曲を作ったことも無いし、楽器の経験も無いんですが・・・
超初心者の方に一ヶ月間で曲を作っていただきました。さてその成果は・・・?

KORG M01音楽塾?ニンテンドーDSで始める音楽作り?

●どこで買えるの?
KORG M01はAmazon.co.jp限定販売です。

AMAZON KORG M01購入ページ

商品仕様

商品名 : KORG M01(コルグ エム ゼロワン)
希望小売価格 : 5,980円(税込)
販売元 : 株式会社DETUNE

ニンテンドーDS用ミュージック・ワークステーション

  • オリジナルKORG M1の全PCM波形データを含む342種類の音色を搭載した8パート・マルチティンバー音源(最大同時発音数12音/一曲につき7700音までメモリ可能)
  • 8トラック・ステップ・シーケンサー(1シーンにつき最大64ステップ)
  • マスター・リバーブ/ディレイ・エフェクト搭載
  • トラック・オーバービュー、サウンド・ブラウザ、シーケンス・エディット、ミキサー、キーボードから成るシンプルかつ機能的な画面構成
  • タッチコントロール画面による感覚的なノート/コード/ドラム入力モード
  • ワイヤレス通信による楽曲データの交換

(C)2010 KORG Inc. All rights reserved.
(C)2010 PROCYON STUDIO CO., LTD. All rights reserved.
(C)2010 DETUNE ltd. Game Design, Game System and Game Engine by DETUNE ltd.
Music Workstation Design and Sound Engine by KORG Inc.
※この製品を楽しむにはニンテンドーDS本体が必要です。

ニンテンドーDSは任天堂株式会社の登録商標です。

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
黒光りするグルーヴの本質に迫るWHITE ASHの最新フル・アルバム、ハイレゾ配信開始!
[CLOSEUP]・2015年03月04日・そうだ、ロックは格好良さだけあればいい!——快作、WHITE ASH最新アルバムがハイレゾ配信開始! 「踊る」や「泣ける」への機能がなくても、ロックはただひたすらに格好良い、それだけで満たしてくれる。WHITE ASHは今作をもってそれを証明した。 今作の走りとなった「Hopes Bright」を含め、余計な音を削ぎ落とし、シンプルながらも研ぎ澄まされたグルーヴィーなロックンロールが鳴る33分間を収録したフル・アルバム『THE DARK BLACK GROOVE』が完成。OTOTOYではその一音一音の鮮明さ、そして音の奥行きが堪能できるハイレゾ音源で配信がスタートした。それでは小野島大に紹介していただこう。その一言目から、全てを語っている。 WHITE ASH / THE DARK BLACK GROOVE'【配信価格】WAV / FLAC / ALAC(24bit/96kHz) : 単曲 257円(税込) / まとめ購入 3000円(税込)【Track List】''01. Orpheus / 02. Just Give Me The Rock 'N' Roll Music / 03. King Wit
by 小野島 大
Youthが挑むクラウドファンディング「Rockin’ Cheer」プロジェクトとは? 第1弾プロジェクト・非常階段のJOJO広重と語る夢の実現
[CLOSEUP]・2015年02月22日・クラウドファンディングは音楽活動を救うのか?ーーYouth代表がノイズ・バンド非常階段と挑む夢の実現 2010年すぎくらいから日本でも話題になり、クリエイターが資金調達をする手法として定着しつつあるクラウドファンディング。達成したいプロジェクトの目標金額を設定し、それを支援したい人たちからお金を集め、目標額が集まったら実行、支援金額に対してお礼としてリターンをお返しする。アーティストとリスナーが透明性を持って一つのプロジェクトに向かっていけるというこの仕組み。でも実際どうやるの? と躊躇している人もいるかと思います。そんな方たちのために、株式会社Youthがはじめたサービスが「Rockin’ Cheer」。プロジェクトの企画立案、プロット制作、サクセスまで全面サポートしてくれます。 その第一弾として「Rockin’ Cheer」を使い公開されたのが、非常階段のプロジェクト。非常階段のドキュメンタリー映画を制作すべく375万円を目指し目標を設定。達成した暁には、これまで知られなかった非常階段が劇場にて公開されます。世界初のノイズ・バンドとして1979年に非常階段をはじめ、自身のレーベル・アルケミーレコードを
by 西澤 裕郎
Babi、DSD一発録りに挑戦した奇跡のアンサンブルを独占配信!!
[CLOSEUP]・2015年02月26日・Babi Quintet誕生!! Babi × 実力派プレイヤー4人による奇跡のアンサンブルを独占DSDで配信!! 2歳からピアノを弾きはじめ、音大時代にはプログラミングやエンジニアリングの技術を修得。そのスキルを活かしつつ、生楽器を緻密に配置したチェンバー・ポップを奏でるBabiが、自身初の一発録りDSD録音に挑んだ。今回の編成は、シンセ&ヴォーカルのBabiを中心に、サックス、ヴァイオリン、ベース、パーカッションからなる五重奏、クインテットだ。バックを固める大石俊太郎(Sax)、吉田篤貴(Vio)、佐藤優介(Ba)、Bun Imai(Per)は、それぞれがクラシックやジャズ、ポップスの領域で活躍する実力派のプレイヤーたち。Babiはこの編成について、「演奏を通して、それぞれが持つ音がキャラクターのように生命を帯びて、みんなで一斉に行進するような感覚でした」と話してくれた。 『Botanical Quintet』(=植物的な五重奏)と名付けられたこの作品は、2014年11月の「YEBISU MUSIC WEEKEND」で公開録音されるはずだったが、機材トラブルにより断念。その後、同年12月に下高井戸G-R
日本アニメ(ーター)見本市作品のサウンド・トラックを一挙ハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2015年02月27日・ハイレゾで”聴く”日本アニメ(ーター)見本市――注目のTeddyLoid x daokoコラボなどを含むサントラ第1弾4作品 2014月10月26日からはじまった、かの庵野秀明率いるスタジオカラーと、ニコ動などでおなじみのドワンゴによる共同企画「日本アニメ(ーター)見本市」。様々なクリエイターによる短編アニメを毎週1本、サイトで公開。その自由な発想と、多様なアニメの表現をプレゼンする場所として話題を呼んでいます。あっと驚くビッグ・タイトルの関連作やスピンアウト作(例えば『機動戦士ガンダム』や『エヴァンゲリオン』なども)から、アニメ業界の未来を担う新たな才能までが参加。この国のアニメのクラシックから、新たな才能までを一挙に見渡すことができる、短編アニメの「見本市」というわけだ。 OTOTOYではこの「日本アニメ(ーター)見本市」の各サウンド・トラックのなかから第1弾としての4作品分の独占ハイレゾ配信を開始。EDMマスター、TeddyLoidとメジャー・デビューの決まった話題の女子高生ラッパー、daokoのコラボなど、音楽的な視点から見ても注目の作品が盛りだくさん。 今回はそれぞれの監督と音楽を担当したアーテ
話題のボンジュール鈴木が歌う、TVアニメ『ユリ熊嵐』OPテーマがハイレゾ配信スタート!
[CLOSEUP]・2015年02月25日・TVアニメ『ユリ熊嵐』OPテーマがハイレゾ配信開始! そしてスペシャル企画スタート!!『気になるあの娘、ボンジュール鈴木とLINEしてみた』 「少女革命ウテナ」「輪るピングドラム」の幾原邦彦による新作アニメ『ユリ熊嵐』。幾原監督が描く"究極の百合アニメ"に注目が集まるなか、主題歌に抜擢された無名の新人アーティストがいました。その名も"ボンジュール鈴木"…。ね、もう気にならざるを得ないでしょう!? その正体は下記レビューまで引っ張りまして、そんな話題の主題歌「あの森で待ってる」を収録したシングルがこの度ハイレゾで登場!! その甘い声で紡ぐラップに、ストリングスの美しい耽美なサウンド。カップリングには「森のくまさん」の英語ヴァージョンを百合城銀子、百合ヶ咲るる、椿輝紅羽がの3キャラクターが歌うキャラクター・ソングを収録。 さて、この曲がイチオシなことはもちろんですが、私たちはどうしてもベールに包まれた"ボンジュール鈴木"の存在に興味が湧いて仕方がないのです…。ということで、こんな企画を始めます。「気になるあの娘。ボンジュール鈴木とLINEしてみた」! 詳細はページ下部にて。彼女、想像以上の魅力を秘めてます!!
by 純三
分島花音による、セルフ・プロデュースで作り上げたニュー・アルバムをハイレゾで
[CLOSEUP]・2015年02月25日・絢爛華麗にストリングスを操る乙女のドラマチック・ポップス——J-POP初のチェロ・ヴォーカリスト、分島花音の新作をハイレゾで 『ヴァンパイア騎士』や『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』など、多くのアニメ主題歌を担当し、日本国内はもちろん、海外でもスポットを浴びているシンガー・ソングライター、分島花音。彼女による、初のセルフ・プロデュースで作り上げたサード・アルバム『ツキナミ』(24bit/48kHz)の予約受付を開始! 3歳の頃からチェロを始め、クラシック音楽に触れ続けてきた彼女だけにしか描けない楽曲の魅力は、主題曲である「ツキナミ」を聴けば一目瞭然。また、『フェイト/エクストラ CCC』、『ストライク・ザ・ブラッド』といった話題のTVアニメやゲームのタイアップ曲が5曲も収録されており、聴き応えは抜群だ。2014年からリリースされてきたシングル曲たちは、圧倒的な人気を博し、これから先、日本の代表的なシンガー・ソングライターとして成長していくであろう彼女のニュー・アルバムは、アニメ・ファンでなくとも聴き逃せない。そんな分島花音の、伸び伸びと遠くまで届く歌声と弦楽器の迫力ある旋律を、ぜひハイレゾで体感
kitiからガールズ・デュオ、その他の短編ズがフル・アルバムをリリース!
[CLOSEUP]・2015年02月18日・女の子ふたりの、密やかで自然で少し不吉な音遊び――kitiからガールズ・デュオ、その他の短編ズがフル・アルバムをリリース ポエトリー・リーディングともラップともつかない特徴的なヴォーカル・コーラスの間に、そっと現れる美しいメロディ。アコギとキーボードをベースとした、シンプルで精錬されたクールなサウンド・プロダクションの卓越したバランス感覚。2014年は「シブカル祭」にも出演し話題を集める森脇ひとみと板村瞳によるガールズ・デュオ、その他の短編ズがインディ・レーベル"kiti"からファースト・フル・アルバム『13』をリリース。同年8月には、今回もインタヴューを担当したライター・田中亮太の連載「隣の騒音 ~2014年の関西インディ・ミュージック・ガイド」第3回にてOTOTOY初登場。そこでご紹介した過去3作より選ばれた13曲の新録音源が、今作に収録されています。新録にあたってレコーディングとミックスを林谷英昭が、マスタリングを木村健太郎 (KIMKEN STUDIO)が担当。より鮮やかに色づいたサウンドは、これまで以上に聴く人の胸をざわつかせるに違いありません。再びのインタヴューとともに、どうぞお楽しみください。
Polaris、9年ぶりのフル・アルバムを独占ハイレゾで配信!!
[CLOSEUP]・2015年02月18日・ハイレゾで鳴り響く9年ぶりの"Music"——Polaris、待ちに待ったフル・アルバムを配信開始!! 2012年に再始動を果たしたPolarisが、ついに9年ぶりのフル・アルバム『Music』をリリース。シングル「光る音」を含む11曲(うち2曲はメドレー形式で収録)がハイレゾで届けられた。溜めをたっぷり効かせた柏原譲ならではのベース、まさに"光る音"を紡ぎ出すような大谷友介のギター。どれだけ月日が経とうと、やっぱりPolarisはPolarisだ。OTOTOYでは、この作品を24bit/96kHzおよび5.6MHz dsdで配信。収録された音の粒、そのひとつひとつをぜひハイレゾで味わっていただきたい。さらに、購入特典としてデジタル・ブックレット(pdf)とサイン入り壁紙(jpg)を同梱。Polarisの2人のユニークな制作過程、そして柏原譲の独特な再生環境などに迫ったインタヴューとともにどうぞ。 ハイレゾ / DSDで買えるのはOTOTOYだけ!!!Polarisの9年ぶり新作をブックレット & サイン入り壁紙つきで配信!!!Polaris / Music 【配信形態】[左] 24bit/96kHz (
by JJ
 
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事