トラック・メイカーのimaiとMCのcpからなるユニット、group_inou。ユニット始動以来、国内の大型フェスを総ナメにするなど破竹の快進撃を続けている彼が、ロング・セールスを記録している2ndアルバム『_』から約2年ぶりとなる新曲を含む両A面シングル『MONKEY / JUDGE』をリリース! 「JUDGE」は、テレビ東京のバラエティ番組『モヤモヤさまぁ〜ず2』のエンディング・テーマに決定ということでこの快進撃も全く止まる気配なし。5月には東京は恵比寿リキッドルーム、大阪は梅田シャングリラでのレコ発ワンマンも決定し、ますます加速する彼らにご注目ください。


group_inou『MONKEY / JUDGE』

【配信形態 / 価格】
mp3、WAVともに単曲 200円 / まとめ購入 600円

【Track List】
01. MONKEY
02. JUDGE
03. MYSTERY(INA BAUWER VERSION)

灯台なき時代に人々を照らすただ一つの明かり

とにかく断片的なフレーズを吐き出して吐き出して、吐き出し終わった後に、何かモヤモヤしたものを残していく。結局全体として何を言っているかよくつかめないままでも、そこには説得力がある。説得力の理由は様々だ。本質を捉えたハッとさせられるものだったり、言葉の組み合わせが単純に面白かったり。だが、少なくとも一つ言えるのは、MCのcpは大量の言葉を吐き出し続けてきたということだ。鍛錬することで、言葉の表現力が鍛えられるなら、cpは既に十分すぎるほどの表現力を身につけてきたと言えるだろう。その表現力こそが、今回のシングル曲の一つ、「MONKEY」の歌詞を特別にした。

自分にとっての「わくわく」を探すのがどれだけ難しいことか。この歌詞はそこに向き合っている。今の時代、「わくわく」に焦点を置いた歌詞はとても多い。情報の流れが速く、世の価値観がコロコロ変わってしまう中、どう生きていくかを他人に教えてもらうことはできない。自分の判断で生き方を決める必要がある。だから、自分だけの「わくわく」を目指そうと、大声で言うことは圧倒的に正しい。

group_inou

でも、言葉で言われても実行するのは中々難しいもの。自分にとって何が正しいかなんてわからない場合がほとんどだし、ともすれば情報の海に流されてしまう可能性もある。自分にとって本当にわくわくすることを「勘違い」してしまう場合だってある。「わくわく」だけでは、現実に立ち向かうには不十分だ。

だが、cpはその前、「わくわく」までの困難さと正直に向き合っている。困難さに対して彼が発するメッセージは「結局静かに帰る/そんで冷めても、冷静になっていこう」というもの。一時の感情に身を任せず、常にしたたかでいなければならないというタフなメッセージだ。この二行に込められた表現は生半可なものではないと思う。あるいは、このメッセージこそが、この灯台なき時代に人々を照らすただ一つの明かりであるのかもしれない。

正直、group_inouの歌詞を見て、こんな感想を抱くとはおもわなかった(笑)。まあ、この歌詞にしたって、リフレインのあとにエロ歌詞が入っていて全てをぶち壊しにしてはいるのだけど、そうだとしても今回はやっぱり面白がるわけにはいかない。(ちなみに両A面シングルのもう一曲目である「JUDGE」はcp節が全開だ。サビの歌詞で爆笑すること間違いなし。)これも最初から、「売れるに決まってる」と豪語していた彼らの想定範囲内なのか。だとしたらやっぱり底が知れない。(text by 上野山 純平)

2ndアルバム『_』からのリミックス集とシングルも配信中

group_inou / HEART

2nd album「_」収録のHEARTを、エンジニアにmatsu & takeを迎え、繊細かつダイナミックに再構築! トレンディドラマのようにきらびやかな世界と突き刺さる現実の両面を見事に描いた名曲がここに完成! imai、matsu & take、zatorによる渾身のリミックスも収録。全5曲、28分を越える大ボリューム!PVはイルカで話題沸騰中のTHERAPYに引き続き、AC部が制作! オリジナリティーを追求する両者のコラボレーションが再度炸裂する!!

group_inou / HALF

2ndアルバム「_」からの第2弾シングル『HALF』を緊急リリース! エンジニアに「HEART」で抜群のスキルを見せつけたmatsu & takeを迎え、トラックを新たに録音、再構築! matsu & takeによるリミックスも収録!

INFORMATION

『MONKEY / JUDGE』レコ発ワンマン・ライヴ開催決定!

日時 : 2012年5月12日(土)
会場 : 梅田Shangri-la
open 18:00 / start 19:00
前売り : 3,000円

日時 : 2012年5月13日(日)
会場 : 恵比寿LIQUIDROOM
open 18:00 / start 19:00
前売り : 3,000円

PROFILE

group_inou
トラック・メイカーのimaiとMCのcpからなるユニット。自らのレーベルGAL(ギャル)を立ち上げ、ポップかつ破壊的な唯一無二のライヴ・パフォーマンスで破竹の快進撃を展開中。国内外を問わず、あらゆるミュージシャンと共演し、世界規模のコンテストDiesel-U-Music Awards 2006でJAPAN WINNERを獲得。METAMORPHOSE、FUJI ROCK FESTIVAL、RUSH BALL、朝霧JAM、TAICOCLUB、ARABAKI ROCK FEST、RISING SUN ROCK FESTIVAL、COUNTDOWN JAPAN等の大型フェスに出演。これまでに2枚のフル・アルバムを発表。いずれもロング・セールスを続けている。2012年4月、約2年ぶりとなる新曲を含む両A面シングル『MONKEY / JUDGE』をリリース。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
プラニメ『Plastic 2 Mercy』をハイレゾ配信開始!! カミヤサキへのインタヴューを掲載!!
[POWERPUSH]・2014年09月24日・プラニメ say Hello!!ーーカミヤサキ(元BiS)とミズタマリ(いずこねこ 茉里)からなる2人組ユニットのデビュー作を先行ハイレゾ配信!! 2014年7月8日、横浜アリーナで行なわれたBiS解散ライヴ。すべての曲が演奏し終わった後、マネージャーである渡辺淳之介が、メンバーそれぞれの進路を発表した。そのなかで、一際歓声の大きかったのが、カミヤサキの進路であった。「いずこねことして活動を続けてきたミズタマリとプラニメというユニットを組み、T-Palette Recordsからデビューします」。カミヤサキさきの連載でコスプレをした2人の写真が掲載されていたことを考えれば、これは自然な流れと言ってもいいだろう。TIF2014の舞台で初披露した楽曲は、ブリブリのEDM。BiSの楽曲をプロデュースしてきた松隈ケンタによる新機軸だ。マネージメントは、新会社WACKを立ち上げた渡辺淳之介。OTOTOYでは、デビュー作となる本シングルをハイレゾで配信するとともに、カミヤサキにインタヴューを行なった。BiS製作陣が心機一転作り上げる新しい物語。この波に乗って、また夢を観ないかい? カミヤサキ(元BiS)とミズタマリ(
by JJ
【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4
[POWERPUSH]・2014年09月25日・仮面とベースと、その先のSBTRKT――連載 : More Beats + Pieces Vol.4 と、言うことで早くも第4回目の『More Beats + Peacs』。こちら、OTOTOYにて配信されているクラブ系の洋楽を中心に、いま、なにがそちら方面で流行っているのかがわかる10枚+αを紹介しつつ、毎月これを読むとなんとなくその手の流れがわかってしまうというようなコーナー! 編集部のボンクラ・メガネ2人、河村祐介(太くて古いの)と浜公氣(細くて新しいの)が雑談形式でお届けします。今月は新作をリリースするSBTRKTをフィーチャーしつつ、10枚をお届け! そして連載4回目にしてプレゼントのお知らせが!! SBTRKTの新作『Wonder Where We Land (Deluxe Version)』をご購入いただいたかたに、抽選で2名様に〈Young Turks〉のロゴTシャツをプレゼント!!! これを着れば、気分はSBTRKT、FKA twigsとレーベル・メイト!? 詳しくは下枠をご覧ください。 〈Young Turks〉Tシャツ・プレゼント・コーナー9月24日(水)0時から10月2日(木)23時
by 河村 祐介
Negicco、限定40名の公開ライヴ・レコーディングを旧・体育の日に元・中学校で開催
[POWERPUSH]・2014年09月21日・【※定員に達したため予約を締め切らせていただきました】Negicco、公開ライヴ・レコーディングを旧・体育の日に元・中学校で開催!! Negiccoが、旧・体育の日に、秋葉原にあるアート・スペース3331にて、限定40名のお客さんとともに、公開ライヴ・レコーディングを開催。 これは、OTOTOYが主催する「Special Place Recordings シリーズ」の一環。これまでに、キセルが銭湯で、大森靖子が教会で、曽我部恵一が氷の洞窟でと、様々なアーティストが普段演奏しないような場所で演奏、レコーディングし、ハイレゾ音源としてリリースしてきました。 今回Negiccoが挑戦するのは、旧練成中学校を改修して作られた“21世紀型オルタナティブ・アートスペース”、3331。もともと図工室だった教室を使い、Negiccoが先生、お客さんが生徒という構図のなかでライヴを行い、学校ならではの演出のなかレコーディングされた音源をリリースします。 収録日は旧・体育の日で、学校の授業さながら平日の昼間。なお、ライヴ中に発した参加者の声援も収録され、Negiccoの公式ライヴ音源として配信される予定です。また、この日の参
シンガー・ソングライター、suzumokuによるフリー・ライヴをレポート! 独占ライヴ音源も配信中!!
[POWERPUSH]・2014年09月20日・suzumoku、エレキをかき鳴らし次のステップを提示したライヴ——OTOTOYライヴ・レポート デビュー当初のアコーティスティック・サウンドから一転、近年エレクトリック・ギターでの演奏を取り入れ、アグレッシヴで焦燥感に満ちたバンド・グルーヴを生み出しているシンガーソングライター、suzumoku。彼が今年の7月から行った3ヶ月連続シングル・リリースの最終作『泥雲』が完成した。今までと同じくOTOTOYのみ1週間先行、しかも24bit/48kHzのハイレゾ音源でお届け! さらに今シリーズを締めくくるかような3曲収録の8月19日のライヴ音源をOTOTOY独占で配信!! 会場の空気感と彼の熱意が生々しく封じ込められた今作は、足を運んだかたはもちろん必聴の音源であろう。 またこのライヴ音源、3ヶ月連続シングル・リリースを通して、suzumokuがライヴで具体的になにを訴えかけ、どのような立ち振る舞いで音を紡ぎ出しているかがどうしても気になり、9月17日に行われたライヴのレポートを敢行。足を運んだ方はもちろん、行けなかった方もこのライヴ音源と先行発売中のシングルとともに今レポートを楽しんでいただきたい。 >>3ヶ月
by 鶯巣 大介
夏期講座&秋期講座申し込み受付中!!
[POWERPUSH]・2013年08月21日・サカモト教授が帰ってきた!! 本格ゲーム音楽を創ってみませんか? 学びの秋がやってきましたね。オトトイの学校では9月からの新規講座の募集中。オトトイの学校HPにてぜひチェックを! さて、今週おすすめしたい講座は、9月27日(土)に初回を迎える「サカモト教授の超ゲーム音楽塾~作曲ソフト『大合奏!バンドブラザーズP』を使って、本格ゲーム音楽を創ろう~」!! 頭に装着したファミコンにカセットを挿すとそのゲーム曲を完全に再現することで有名なファミコンの中の人、サカモト教授。そんな超絶技能を持ち、数々のゲーム音楽製作を手がける教授の講座が約3年ぶりにオトトイに帰ってきた! 復活第1弾となる今回は、ニンテンドー3DSの作曲ソフト『大合奏! バンドブラザーズP』を使って、サカモト教授の指導のもと、全5回にわたり本格的なゲーム音楽の制作を行います。作った音楽は随時3DSソフト『大合奏! バンドブラザーズ』内で、世界中の人にシェアしていきます!! 受講生でチームを組んで、ハイレベルなオリジナル・ゲーム音楽を創ってみませんか? そのほか、先週に引き続き9月20日(土)に第3回を迎える「オトトイの学校×尚美ミュージックカレッジ専
OTOTOYで配信中のアイドルをまとめてチェック!! 大プッシュ・アーティストをアーカイヴしました
[POWERPUSH]・2014年09月11日・これぞ、OTOTOY系アイドル!?ーーOTOTOYが大プッシュしているアイドルをまとめてみた OTOTOYが追いかけてきたアイドルの音源をまとめてみました。一部では「OTOTOY系アイドル」なんて呼ばれることもありますが、強烈な個性と芯のあるアイドルたちばかり。そして、どれも楽曲が素晴らしいものばかりです。アイドルのハイレゾを積極的に推し進めてきたことを誇らしく思います。あ、全部がハイレゾ配信ではないので、そこはご注意を。あなたに新しい出会いを!! BELLRING少女 どんなグループ?怖いもの知らずで好奇心旺盛な若い女の子たちによる、ベルベット・アンダーグラウンド、そして、シャッグスに対する返答? 楽曲にメロトロンを使ったり、高くて出せないキー設定をするなど、普通には達成できない高みを追いかけるなか生まれる美学とともに、完全独自の道を進むアイドル・グループ、BELLRING少女ハート。2014年には渋谷クアトロでのワンマンをSOLD OUTさせ、2015年には赤坂BLITZの舞台に立つ。なにが起きるかわからないパルプンテみたいなグループ。特選・特集ページ「田中紘治(BELLRING少女ハート ディレクタ
by 西澤 裕郎
祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!
[POWERPUSH]・2014年09月11日・祝・月見ル君想フ10周年!!ーーセカイイチ × bananafishの2マン・ライヴは9月25日(木)!! 開催直前座談会を掲載!! 東京は青山のひっそりとしたビルの地下にあるライヴハウス、月見ル君想フ。そこはロマンチックな空間である。ステージの後ろには大きな丸い月が備え付けられ、ライヴの最中には満月になったり三日月になったりと、音楽に幻想的な景色を与えてくれる。ビールやカクテルなどとともに食事もできて、ゆったりとした時間を過ごすこともできる。そんな月見ル君想フが、2014年10月をもって、10周年を迎える。それを祝って、10月は毎日アニヴァーサリー企画が行なわれることが発表された。どれもこれもワクワクする企画ばかりだが、その前夜祭として先陣を切るイベントが、自主レーベル「Anaheim Records」を立ち上げたロック・バンド、セカイイチと、今年1月に赤坂BLITZでのワンマンを行なったbananafishの2マン・ライヴである。なぜこの2組が? そして、どんなイベントが行なわれるの? 両バンドのメンバーに、月見ル君想フの店長・寺尾ブッタを交えて、2組の関係や本イベントについて座談会を行なった。さらに
by 岡本 貴之
Blonde Redheadによる4年ぶりのニュー・アルバム
[POWERPUSH]・2014年09月04日・ネオ・ゴシックなデイドリーム・ポップスーーアート・ロック・シーンの中核、ブロンド・レッドヘッドによる4年ぶりのアルバムが完成 1993年から現在に至るまで、いわばニューヨーク・アート・ロック、オルタナ・シーンの中核を担ってきたブロンド・レッドヘッド。日本人女性ヴォーカル、カズ・マキノと双子兄弟アメデオ(Gt)とシモーネ(Dr)の3人によって生み出されるのは、郷愁にかられるようなメロディーと、ノイジーな音選びが同居する、まるで白昼夢のようなサウンド。そんな彼らによる4年ぶりのフル・アルバム『Barragán』をこのたびリリース。結成当初のノー・ウェイヴ・サウンドをちらつかせながら紡がれる、いびつで、ナードなデイドリーム・ポップスを、レヴューとともにお楽しみください。 Blonde Redhead / Barragán'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / mp3 : 単曲 205円 まとめ購入 1,543円【Track List】''01. Barragán 02. Lady M03. Dripping04. Cat On Tin Roof05. The One I Love06. No Mo
by 吉野 敬一郎