トラック・メイカーのimaiとMCのcpからなるユニット、group_inou。ユニット始動以来、国内の大型フェスを総ナメにするなど破竹の快進撃を続けている彼が、ロング・セールスを記録している2ndアルバム『_』から約2年ぶりとなる新曲を含む両A面シングル『MONKEY / JUDGE』をリリース! 「JUDGE」は、テレビ東京のバラエティ番組『モヤモヤさまぁ〜ず2』のエンディング・テーマに決定ということでこの快進撃も全く止まる気配なし。5月には東京は恵比寿リキッドルーム、大阪は梅田シャングリラでのレコ発ワンマンも決定し、ますます加速する彼らにご注目ください。


group_inou『MONKEY / JUDGE』

【配信形態 / 価格】
mp3、WAVともに単曲 200円 / まとめ購入 600円

【Track List】
01. MONKEY
02. JUDGE
03. MYSTERY(INA BAUWER VERSION)

灯台なき時代に人々を照らすただ一つの明かり

とにかく断片的なフレーズを吐き出して吐き出して、吐き出し終わった後に、何かモヤモヤしたものを残していく。結局全体として何を言っているかよくつかめないままでも、そこには説得力がある。説得力の理由は様々だ。本質を捉えたハッとさせられるものだったり、言葉の組み合わせが単純に面白かったり。だが、少なくとも一つ言えるのは、MCのcpは大量の言葉を吐き出し続けてきたということだ。鍛錬することで、言葉の表現力が鍛えられるなら、cpは既に十分すぎるほどの表現力を身につけてきたと言えるだろう。その表現力こそが、今回のシングル曲の一つ、「MONKEY」の歌詞を特別にした。

自分にとっての「わくわく」を探すのがどれだけ難しいことか。この歌詞はそこに向き合っている。今の時代、「わくわく」に焦点を置いた歌詞はとても多い。情報の流れが速く、世の価値観がコロコロ変わってしまう中、どう生きていくかを他人に教えてもらうことはできない。自分の判断で生き方を決める必要がある。だから、自分だけの「わくわく」を目指そうと、大声で言うことは圧倒的に正しい。

group_inou

でも、言葉で言われても実行するのは中々難しいもの。自分にとって何が正しいかなんてわからない場合がほとんどだし、ともすれば情報の海に流されてしまう可能性もある。自分にとって本当にわくわくすることを「勘違い」してしまう場合だってある。「わくわく」だけでは、現実に立ち向かうには不十分だ。

だが、cpはその前、「わくわく」までの困難さと正直に向き合っている。困難さに対して彼が発するメッセージは「結局静かに帰る/そんで冷めても、冷静になっていこう」というもの。一時の感情に身を任せず、常にしたたかでいなければならないというタフなメッセージだ。この二行に込められた表現は生半可なものではないと思う。あるいは、このメッセージこそが、この灯台なき時代に人々を照らすただ一つの明かりであるのかもしれない。

正直、group_inouの歌詞を見て、こんな感想を抱くとはおもわなかった(笑)。まあ、この歌詞にしたって、リフレインのあとにエロ歌詞が入っていて全てをぶち壊しにしてはいるのだけど、そうだとしても今回はやっぱり面白がるわけにはいかない。(ちなみに両A面シングルのもう一曲目である「JUDGE」はcp節が全開だ。サビの歌詞で爆笑すること間違いなし。)これも最初から、「売れるに決まってる」と豪語していた彼らの想定範囲内なのか。だとしたらやっぱり底が知れない。(text by 上野山 純平)

2ndアルバム『_』からのリミックス集とシングルも配信中

group_inou / HEART

2nd album「_」収録のHEARTを、エンジニアにmatsu & takeを迎え、繊細かつダイナミックに再構築! トレンディドラマのようにきらびやかな世界と突き刺さる現実の両面を見事に描いた名曲がここに完成! imai、matsu & take、zatorによる渾身のリミックスも収録。全5曲、28分を越える大ボリューム!PVはイルカで話題沸騰中のTHERAPYに引き続き、AC部が制作! オリジナリティーを追求する両者のコラボレーションが再度炸裂する!!

group_inou / HALF

2ndアルバム「_」からの第2弾シングル『HALF』を緊急リリース! エンジニアに「HEART」で抜群のスキルを見せつけたmatsu & takeを迎え、トラックを新たに録音、再構築! matsu & takeによるリミックスも収録!

INFORMATION

『MONKEY / JUDGE』レコ発ワンマン・ライヴ開催決定!

日時 : 2012年5月12日(土)
会場 : 梅田Shangri-la
open 18:00 / start 19:00
前売り : 3,000円

日時 : 2012年5月13日(日)
会場 : 恵比寿LIQUIDROOM
open 18:00 / start 19:00
前売り : 3,000円

PROFILE

group_inou
トラック・メイカーのimaiとMCのcpからなるユニット。自らのレーベルGAL(ギャル)を立ち上げ、ポップかつ破壊的な唯一無二のライヴ・パフォーマンスで破竹の快進撃を展開中。国内外を問わず、あらゆるミュージシャンと共演し、世界規模のコンテストDiesel-U-Music Awards 2006でJAPAN WINNERを獲得。METAMORPHOSE、FUJI ROCK FESTIVAL、RUSH BALL、朝霧JAM、TAICOCLUB、ARABAKI ROCK FEST、RISING SUN ROCK FESTIVAL、COUNTDOWN JAPAN等の大型フェスに出演。これまでに2枚のフル・アルバムを発表。いずれもロング・セールスを続けている。2012年4月、約2年ぶりとなる新曲を含む両A面シングル『MONKEY / JUDGE』をリリース。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
NegiccoとEspeciaによるユニット、Negipecia『Girl's Life』をハイレゾ配信!!
[POWERPUSH]・2014年08月26日・一夏限定の嬉しすぎるコラボーーNegiccoとEspeciaによるユニット、Negipeciaのハイレゾが買えるのはOTOTOYだけ!! 新潟在住の3人組アイドル・ユニットNegiccoと大阪堀江系ガールズ・グループEspeciaが、一夏限りのコラボレーション!! その名は、Negipecia!! 実はこの2組、2013〜2014年のカウントダウン・パーティや横浜港客船を使った「Fiesta.2013」「Fiesta2013-14」で共演するなど、公私ともに交流が深いのです。そんな2者による初シングルのリード曲「Girl's Life」は、おニャン子クラブや野猿などの楽曲も手掛ける後藤次利が、作曲・編曲・プロデュースを担当。あまりに豪華すぎる本作をOTOTOYではハイレゾ配信にてお送りいたします!! 贅沢な夏をお過ごしください。 NegiccoとEspeciaによるコラボ作をハイレゾ配信Negipecia / Girl's Life(24bit/48kHz)【配信価格】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48Hz) 単曲 249円 / まとめ購入 2,000円【Track List】1. Girl’s
by 西澤 裕郎
〈ぐるぐる回る 2014〉が2014年9月15日に開催決定!! わくわくを抑えきれず、会場下見に同行して写真とってきちゃいました!!
[POWERPUSH]・2014年08月20日・〈ぐるぐる回る 2014〉が2014年9月15日に開催決定!! わくわくを抑えきれず、会場下見に同行して写真とってきちゃいました!! 待ってました!! 埼玉スタジアム2002のコンコースを使って開催されるD.I.Yフェス〈ぐるぐる回る 2014〉の開催が決定しました!! サッカーの試合が行なわれるスタジアムのコンコースにライヴのステージが作られ、担当キュレーターがブッキング、そして演出を行う手作り感溢れる大型フェス。〈ぐるぐるTOIRO〉〈ぐるぐるコエド〉など、ぐるぐるシリーズは定期的に行なわれてきたものの、本祭である〈ぐるぐる回る〉の開催は2012年以来2年ぶりなのです。といっても、行ったことのない人は想像しづらいのでは? ということで、埼玉スタジアム2002へ下見に訪れるというぐるぐるスタッフに混じって、会場に行って写真を撮ってきました。ナビゲーターは、キュレーターのひとり、しあわせさん!! まだステージセッティング前の会場と、以前のステージを見比べてイメージを膨らませてみてください!! そして9月15日は、会場でぐるぐる周りながら祝杯をあげましょう!! 埼玉スタジアム2002を会場にしてしまった、
もるも もる、『ベトナムコーヒー』を独占ハイレゾ・リリース!!
[POWERPUSH]・2014年08月22日・目指すはアイドル界のウータンクラン?ーー3.5次元アイドル・ラッパー“もるも もる”、未発表楽曲をハイレゾ配信スタート!! 「普通のかわいい女の子が韻を踏みまくる本格的なラップをする」というスタンスで、3.5次元アイドル・ラッパーと名乗る女の子、“もるも もる”がOTOTOYに初登場です!! というか、全媒体通して初お披露目です!! というのも彼女、ノン・プロモーションながら、サウンドクラウドにアップした音源が噂を呼び、耳の早いリスナーを中心に話題になっているアイドルなのです!! たまたま“もるも もる”の存在を知ったOTOTOYは猛アピール。粘ったのですが、ライヴ会場限定のEPの発売には至りませんでした…。ごめんなさい。しか〜し!! サウンドクラウドでショート・バージョンが公開されている未発表曲「ベトナムコーヒー」のハイレゾ配信をゲットしました!! どこかPerfumeを思い起こさせるようなEDMで畳み掛けるラップが気持ちいい楽曲です。 そういえば、交渉の際、彼女をプロデュースしている亜良陽人にコンセプトを訊いたところ、「ソロで成り立つ個性的なアイドル・ラッパーをリリースしていって、メンバーが集まってき
by 西澤 裕郎
OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3
[POWERPUSH]・2014年08月19日・いま、最もカッティング・エッジな歌姫、FKAツイッグス登場――More Beats + Peaces Vol.3 ということで、毎月、OTOTOYにて配信中の洋楽クラブものを中心にセレクト、紹介しているこの連載ですが、今回は海外でかなーーーりの話題になっている歌姫、FKAツイッグスのアルバム『LP1』リリースを記念して、その魅力に迫りますです。彼女の作品、なぜそんなに話題になっているかと言いますと、まぁ、まさに昨今のカッティング・エッジな音楽シーンの、さまざまなトピックをまとめたような存在なんですよ。なので、そんな彼女の音楽性を構成する要素を、OTOTOYで配信中の音源もからめつつ、紹介しちゃいます。というか、逆に言えば『LP1』1作を聴けば、様々な最新の音楽事情にも肉薄することができるってことです! まぁ、ひとことで言ってしまえば“今年の1作”なのです。後半には通常の毎月オススメの10選もございます。 FKA twigs / LP1【配信フォーマット / 価格】alac / flac / wav / mp3 : 単曲 257円 / まとめ購入 1,543円【Track List】01. Preface /
by 河村 祐介
OTOTOYフジロック・レポート2014
[POWERPUSH]・2014年08月14日・今年も苗場はアツかった!! 現場の感動、伝えます——OTOTOYフジロック・レポート2014 フジロック、今年も終わっちゃったなぁ… なんて気が抜けちゃってるみなさま! そんなみなさまに、あのアツい3日間を思い出させてくれるレポートをお届けします! ついついお酒が進んじゃって見逃したあのシンガー、やっと生で見られたあのグループ、たまたま通りかかって好きになっちゃった、そんな数々の出会いをライターの渡辺裕也のレポートとともに思い出しつつ、またアツくなっちゃいましょう。今年のラインナップは少し派手さに欠ける、なんて言われていましたが、終わってみれば結局感動しちゃうのがフジロック。早く来年になれ〜! FUJI ROCK FESTIVAL '14 '2014年7月25日(金)、26日(土)、27日(日) @新潟県 湯沢町 苗場スキー場'出演 国内外約200アーティスト詳細 http://www.fujirockfestival.com/ (オフィシャル・サイト) 渡辺裕也と一緒に今年のフジロックをおさらいしよう2014年の〈FUJI ROCK FESTIVAL〉が終了してから、早いものでもう2週間が経ちました。参加
by 渡辺 裕也
パズルガールズ×OTOTOY「パズルガールズ team.? 新メンバー募集」
[POWERPUSH]・2014年08月13日・「パズルガールズ team.? 新メンバー募集」延長します!!! 「パズルを解かないと曲が聴けない」という特異なライヴで、2012年8月より活動しているアイドル・グループ、パズルガールズの新メンバー募集(既に面談が始まっています!)を8月28日24時まで延長します。サウンド・プロデューサーに松隈ケンタを迎え制作された2ndシングル『?』も好調な彼女たちが、さらなる高みを目指して飛び出そうとしています。われこそはという方は、応募要項を読んで、ぜひ応募してみてください。走り出したパズルガールズとともに、本気で日本武道館を目指しませんか? プロデューサーからのご挨拶 パズルガールズは、ちょっぴり特殊なアイドルグループです。 歌って踊るだけでなく、急に事件に襲われたり 謎を出したり出されたり、非日常がステージにやってきます。 何が起こるか解らない未来を楽しめる 冒険することが大好きだ そんな好奇心旺盛な女の子だったら 一緒に誰も見た事がない世界をつくっていけると思います。 現在、8月20日にまでにご応募くださった皆様は 書類・面接審査を進めさせていただいております。 (沢山のご応募、ありがとうございました!)
花泥棒のメン募に関する100の条件――花泥棒、新作リリースとともにメンバー募集
[POWERPUSH]・2014年08月07日・君も一緒に花泥棒しないか?――京都から東京へ移住した花泥棒、新作リリースとともにメンバー募集 京都発ポップス生まれオルタナ育ちのバンド、花泥棒が2014年初夏、京都を離れ東京にやってきた。というのも本年のはじまりにギターとベースが脱退。新たな正式メンバーを探しに歩みを東に向けたわけなのだ。そして、新作の発売を機に大々的にOTOTOYでメンバーを募集。ヴォーカル&ギターの稲本裕太に「100の条件」を挙げてもらった。このなかから20個当てはまった人は、十分に花泥棒としてやっていく素質があるというわけだ。本気でメンバーを募集しているので、気になった方は条件下のメールアドレスにぜひ連絡してほしい。というか、本気でなければ、OTOTOYでメンバー募集などしないだろうし。 そしてくしくもこの「100の条件」が、花泥棒がどんなパーソナリティを持ち、どんなサウンドを鳴らすのかを端的に表すキーワードとなった。メンバー募集に少しでも心が揺れたあなたも、ただ少し気になって見にきたあなたも、まずは「100の条件」を目に通してみてはいかがだろうか。そして彼と一緒に、クアトロよりも大きなステージを目指さないか!? 花泥棒 / da
33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第23弾をリリース&金子泰介、金子祐二、アレックス・ケレハー、インタヴュー!!
[POWERPUSH]・2014年08月05日・カナダと日本、国境なきレコーディング・セッションーー33週連続リリース企画「Biff Sound」6ヶ月目突入、インタヴュー・セッション 都会に住んでいても、季節は変わっていくんだな。のっけから、感傷的な気持ちになった。基本的に部屋にこもって原稿を書いているような人間としては、季節がいつの間にか過ぎさっていたなんてことなんてざらで、季節に想いを馳せるなんてことはそんなにないのだけど、毎月、浦安の外れの倉庫街に来ていると、いやでも季節が変わっていることを感じさせられる。なんてったって倉庫の中にあるスタジオ。初めてきたときは寒くて仕方なかったのだけど、いまでは暑くてたまらない。もちろん、クーラーなんてない。虫除けスプレーを吹きかけて、薄暗いスタジオのなかに機材をセットして、深夜にかけて集中してレコーディング・セッションをはじめる。こんな週末もすでに6ヶ月目を迎える。3月から休むことなく毎週末レコーディング・セッションを続け、音源をリリースし続けてきた33RECORDの面々。さすがにときたま疲弊している姿も見えるけれど、クリエイティヴの果てのやりきった姿。本当にいいものを作ることで頭が一杯の連中で頭がさがる。
by 西澤 裕郎