トラック・メイカーのimaiとMCのcpからなるユニット、group_inou。ユニット始動以来、国内の大型フェスを総ナメにするなど破竹の快進撃を続けている彼が、ロング・セールスを記録している2ndアルバム『_』から約2年ぶりとなる新曲を含む両A面シングル『MONKEY / JUDGE』をリリース! 「JUDGE」は、テレビ東京のバラエティ番組『モヤモヤさまぁ〜ず2』のエンディング・テーマに決定ということでこの快進撃も全く止まる気配なし。5月には東京は恵比寿リキッドルーム、大阪は梅田シャングリラでのレコ発ワンマンも決定し、ますます加速する彼らにご注目ください。


group_inou『MONKEY / JUDGE』

【配信形態 / 価格】
mp3、WAVともに単曲 200円 / まとめ購入 600円

【Track List】
01. MONKEY
02. JUDGE
03. MYSTERY(INA BAUWER VERSION)

灯台なき時代に人々を照らすただ一つの明かり

とにかく断片的なフレーズを吐き出して吐き出して、吐き出し終わった後に、何かモヤモヤしたものを残していく。結局全体として何を言っているかよくつかめないままでも、そこには説得力がある。説得力の理由は様々だ。本質を捉えたハッとさせられるものだったり、言葉の組み合わせが単純に面白かったり。だが、少なくとも一つ言えるのは、MCのcpは大量の言葉を吐き出し続けてきたということだ。鍛錬することで、言葉の表現力が鍛えられるなら、cpは既に十分すぎるほどの表現力を身につけてきたと言えるだろう。その表現力こそが、今回のシングル曲の一つ、「MONKEY」の歌詞を特別にした。

自分にとっての「わくわく」を探すのがどれだけ難しいことか。この歌詞はそこに向き合っている。今の時代、「わくわく」に焦点を置いた歌詞はとても多い。情報の流れが速く、世の価値観がコロコロ変わってしまう中、どう生きていくかを他人に教えてもらうことはできない。自分の判断で生き方を決める必要がある。だから、自分だけの「わくわく」を目指そうと、大声で言うことは圧倒的に正しい。

group_inou

でも、言葉で言われても実行するのは中々難しいもの。自分にとって何が正しいかなんてわからない場合がほとんどだし、ともすれば情報の海に流されてしまう可能性もある。自分にとって本当にわくわくすることを「勘違い」してしまう場合だってある。「わくわく」だけでは、現実に立ち向かうには不十分だ。

だが、cpはその前、「わくわく」までの困難さと正直に向き合っている。困難さに対して彼が発するメッセージは「結局静かに帰る/そんで冷めても、冷静になっていこう」というもの。一時の感情に身を任せず、常にしたたかでいなければならないというタフなメッセージだ。この二行に込められた表現は生半可なものではないと思う。あるいは、このメッセージこそが、この灯台なき時代に人々を照らすただ一つの明かりであるのかもしれない。

正直、group_inouの歌詞を見て、こんな感想を抱くとはおもわなかった(笑)。まあ、この歌詞にしたって、リフレインのあとにエロ歌詞が入っていて全てをぶち壊しにしてはいるのだけど、そうだとしても今回はやっぱり面白がるわけにはいかない。(ちなみに両A面シングルのもう一曲目である「JUDGE」はcp節が全開だ。サビの歌詞で爆笑すること間違いなし。)これも最初から、「売れるに決まってる」と豪語していた彼らの想定範囲内なのか。だとしたらやっぱり底が知れない。(text by 上野山 純平)

2ndアルバム『_』からのリミックス集とシングルも配信中

group_inou / HEART

2nd album「_」収録のHEARTを、エンジニアにmatsu & takeを迎え、繊細かつダイナミックに再構築! トレンディドラマのようにきらびやかな世界と突き刺さる現実の両面を見事に描いた名曲がここに完成! imai、matsu & take、zatorによる渾身のリミックスも収録。全5曲、28分を越える大ボリューム!PVはイルカで話題沸騰中のTHERAPYに引き続き、AC部が制作! オリジナリティーを追求する両者のコラボレーションが再度炸裂する!!

group_inou / HALF

2ndアルバム「_」からの第2弾シングル『HALF』を緊急リリース! エンジニアに「HEART」で抜群のスキルを見せつけたmatsu & takeを迎え、トラックを新たに録音、再構築! matsu & takeによるリミックスも収録!

INFORMATION

『MONKEY / JUDGE』レコ発ワンマン・ライヴ開催決定!

日時 : 2012年5月12日(土)
会場 : 梅田Shangri-la
open 18:00 / start 19:00
前売り : 3,000円

日時 : 2012年5月13日(日)
会場 : 恵比寿LIQUIDROOM
open 18:00 / start 19:00
前売り : 3,000円

PROFILE

group_inou
トラック・メイカーのimaiとMCのcpからなるユニット。自らのレーベルGAL(ギャル)を立ち上げ、ポップかつ破壊的な唯一無二のライヴ・パフォーマンスで破竹の快進撃を展開中。国内外を問わず、あらゆるミュージシャンと共演し、世界規模のコンテストDiesel-U-Music Awards 2006でJAPAN WINNERを獲得。METAMORPHOSE、FUJI ROCK FESTIVAL、RUSH BALL、朝霧JAM、TAICOCLUB、ARABAKI ROCK FEST、RISING SUN ROCK FESTIVAL、COUNTDOWN JAPAN等の大型フェスに出演。これまでに2枚のフル・アルバムを発表。いずれもロング・セールスを続けている。2012年4月、約2年ぶりとなる新曲を含む両A面シングル『MONKEY / JUDGE』をリリース。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
あの名画のサントラをDSDリマスタンリングされたハイレゾで!
[POWERPUSH]・2014年11月19日・名画に彩りを添える音楽たちをハイレゾで!「DSDリマスタリング」 で生まれ変わった映画サウンド・トラック一挙配信開始! 有名な映画には、代表的な音楽がつきもの。その映画を見た事がなくても映画音楽は耳にしたことのある人や、タイトルを見ただけで頭の中にテーマ曲が鳴ってしまう人… それぞれの思いとともにある名画のサウンド・トラックが「DSDマスタリング」という手法を使い、最高音質で生まれ変わりました。 不朽の名作『ペイネ 愛の世界旅行』『死亡遊戯 / ナイト・ゲーム』『ランボー / 怒りの脱出』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『ターミネーター2』から、『LOST』『ゼロ・グラビティ』『シュレック』まで、年代もジャンルも様々な音の物語が揃いました。各パッケージのページには、リマスタリングでよみがえった部分などの聴きどころも掲載しています。 映像ではなく音から入ってみるのもよし、もう一度名作を堪能してみるのもよし。この機会に、極上のサウンド・トラックをお楽しみください! ランブリング・レコーズ 代表 佐渡和広氏 コメント市場ではサウンド・トラックの名盤を廉価で再発する、という流れが起こりました。そんな中、以前よ
OGRE YOU ASSHOLE 『ペーパークラフト』リリース記念、メンバー・インタヴュー
[POWERPUSH]・2014年11月17日・無表情になろうとしながら描いた欠落感ーーOGRE YOU ASSHOLEに訊くミニマル・メロウをテーマにした最新アルバム もはや誰にも追いつけないロックの在り処をみつけだし、さらなる深淵に潜り込もうとしているバンド、OGRE YOU ASSHOLE(オウガ・ユー・アスホール)が、『homely』『100年後』に続く3部作最終章とも言えるアルバム『ペーパークラフト』を完成させた。彼らが産み出したワード「ミニマル・メロウ」をテーマに、ポストパンク、サイケ、プログレ、AOR、ノイズ・エクスペリメンタルなど、様々なモードを咀嚼した末にみつけた、叙情的でクールでデカダンな新境地。本作のリリースを記念し、メンバー4人にインタヴューを行なった。また、TV♭でお馴染みのUstream番組『RECORD YOU ASSHOLE』を、11月23日(日)にタワーレコード新宿店で公開生放送!! OGRE YOU ASSHOLEという現在進行形の音楽史に直接触れる機会をお見逃しのないように!! ミニマル・メロウをテーマに制作された最新作!!OGRE YOU ASSHOLE / ペーパークラフト1. 他人の夢2. 見えないルール3.
by 西澤 裕郎
しゅがしゅ らら『フランソワーズをとめないで』を独占ハイレゾ・リリース & アイドル・ラップ・クルーのメンバー募集!!
[POWERPUSH]・2014年11月16日・モエ・ヴォイス・アイドル・ラッパーは王国民!?ーー“しゅがしゅ らら”独占ハイレゾ配信!! & アイドル・ラップ・クルーのメンバー募集!! 局地的に話題を呼んでいるアイドル・ラッパー、もるも もるを輩出した新進気鋭のアイドル・レーベル、tapestok recordsより第2のアイドル・ラッパーの刺客が登場!! その名は、しゅがしゅ らら。クールなEDMトラックのもるも もるとは対照的に、声優顔負けの破壊力抜群な声を生かしたキュートでアニソンライクな楽曲で、聴いたものを一発ノックアウト必至!! そして、「目指すはアイドル界のウータンクラン」というtapestok recordsによる、アイドル・ラップ・ユニット結成プロジェクトが本格始動。ラップ・クルーの名前は、”校庭カメラガール”、略して“コウテカ”(笑)!! (笑)と書きましたが、ヤツらは本気です。われこそは!! という女の子、ふるってご応募ください!! 日本のアイドルに新しい風をぶちこみましょう!! tapestok recordsより第2の刺客しゅがしゅ らら、ハイレゾ配信スタート!!しゅがしゅ らら / フランソワーズをとめないで(24bit/
by 西澤 裕郎
秋期講座申し込み受付中!!
[POWERPUSH]・2014年11月13日・パート別解析でアレンジをモノにしてみましょう! 今週おすすめしたい講座は、11月15日(土)に開催されるぺぺろんPのアレンジ学園です!! コンピュータで作曲したいというすべての作曲者に向けて、必要な知識や役立つテクニックを、確かな教授法でお伝えしてきたぺぺろんPこと虹原ぺぺろん。今回は受講生からのリクエストが多かった、楽曲のアレンジ術、リミックス術をテーマに講座を開講! 例えば、ギター、ピアノ、ドラムやベースなど、パート別に、どのパートをどういじると、どのように曲は変わるのか、伴奏づくりのテクニックや考え方を、ヒット曲などを題材に分かりやすく解説します。また、“アレンジする”という視点から楽曲をとらえ、その上で役立つ音楽の基礎理論や楽器の知識も解説。講座内容は既存曲のリミックスにももちろん応用可能。曲の表情を大きく変えるアレンジ(=伴奏)を制覇し、この秋もまた1つ、コンポーザーとしての階段を登りましょう。
【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5
[POWERPUSH]・2014年11月07日・カニエやビョークをプロデュースする若き異才、アルカをハイレゾで――クラブものまとめ連載、Beats & Pieces Vol.5 さて、OTOTOYで配信中のクラブ~レフトフィールドもの1ヶ月まとめ連載、そろそろはじまって半年がたちました! ぜひとも今後もご贔屓に。今回はエイフェックス・ツイン、フライング・ロータスときて、まさに祭状態でハイレゾが盛り上がりつつあるのですが、ここにきて脅威の新人がリリース。しかもハイレゾ配信です! その正体はカニエ・ウェストとビョークにプロデューサーとして抜擢されたアルカ。そして彼による待望の新作『Xen』には、ザ・サイン・マガジン・ドットコム監修のデジタル・ブックレットが付属。今回はそんなアルカを中心に、10月リリースの作品をまとめてドンです! デジタル・ライナーノーツ「THE SIGN BOOK VOL.2」付き音源がリリース Arca / Xen(24bit/44.1kHz)+THE SIGN BOOK VOL.2【配信フォーマット / 価格】ALAC / FLAC / WAV(24bit/44.1kHz) : 単曲 250円 / まとめ購入 2,571円【Track
by 河村 祐介
秋期講座申し込み受付中!!
[POWERPUSH]・2013年08月21日・サカモト教授直伝のコード進行を教わろう! 今週おすすめしたい講座は、11月22日(土)に第3回目が開催されるサカモト教授の超ゲーム音楽塾~作曲ソフト『大合奏!バンドブラザーズP』を使って、本格ゲーム音楽を創ろう~です!! 頭に装着したファミコンにカセットを挿すとそのゲーム曲を完全に再現することで有名なファミコンの中の人、サカモト教授。そんな超絶技能を持ち数々のゲーム音楽製作を手がける教授の講座、ついに第3回目を迎えます。 一貫した内容は、ニンテンドー3DSの作曲ソフト『大合奏! バンドブラザーズP』を使って、サカモト教授の指導のもと、全5回にわたり本格的なゲーム音楽の制作を行う、ということ。作った音楽は随時3DSソフト『大合奏! バンドブラザーズ』内で、世界中の人にシェアしていきますよ〜! そして第3回目の主な内容は曲の構成、コード進行、そしてギター打ち込みについて学び、最後は受講生でギターを使って1曲作曲! 「コードがわからない人にはサカモト教授がオススメ・コード進行を伝授します」とのことなので、これはサカモト教授のコードを解明するチャンスでもあるかも!? 単発のみ、途中参加もOKです。あなただけのゲーム
33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』も大団円!! セレクション作品第7弾「Biff Sound Selection 07」フリー配信&インタヴュー!!
[POWERPUSH]・2014年10月31日・「感じる数学」で音楽を産み出し続けた33週間ーー33週連続リリース企画「Biff Sound」最終章インタヴュー・セッション 33週間にわたり、浦安にある倉庫を改造したスタジオ・Ice Cream Studioでレコーディング・セッションを行い、その音源を毎週リリースしていく企画「Biff Sound」も無事33週を走り抜けた。思えば、この企画がはじまったのは大雪が降る冬のことだった。そこから、桜の季節、スタジオ内に蚊取り線香の匂いが充満する季節、涼しく過ごしやすい季節を経て、また寒い季節を迎えようとしている。寝静まった工場地帯にある秘密基地のようなスタジオに毎週末10人以上が集まり、夜な夜なレコーディング・セッションをするという小説のような物語が本当に実在したのか? 夢のような気持ちにもなるが、それは33週間しっかりレコーディングされ、すべてが配信されている。この軌跡は、決して失われない。そして新たな萌芽につながっていくことを確信している。 毎月のようにお送りしてきたインタヴュー・セッションも、おそらくこれが最後となる。今回のメンバーは4人。Ice Cream Studioを設計したバンド、hydran
by 西澤 裕郎
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第6回 M2TECH「YOUNG DSD」
[POWERPUSH]・2014年10月29日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第6回】M2TECH「YOUNG DSD」 しばらく連載の間が空いてしまったが、そのあいだにスタジオのメインのAD / DAコンバータを替えた。PRO TOOLS HD用のインターフェイスをAPOGEE SYMPHONYに替えたのだ。APOGEEのコンバータはスタジオではAD8000SEやTRAK2、デスクトップではMINI DACを使っていた時期もあるので、親しみ深い。SYMPHONYはDACチップにESSサブレのES9018を使っているせいか、音場の見渡しが良く、音色的には少しクールになった気はするが、ゾクっとするような艶やかさも秘めている感じで、すごく気に入っている。 加えて、SYMPHONYには音質面以外でも、非常に好都合なことがある。PRO TOOLS HDのインターフェイスであると同時に、USB DACにもなってくれるのだ。だから、PRO TOOLS HDで作業していた曲を2ミックスにバウンスした後、別のアプリケーションで聴こうというときも、前面パネルでUSB DACモードに切り替えるだけで、同じAPOGEE SYMPH