『Play for Japan 2012 vol.1』参加アーティストのコメント

◎音源のダウンロードはこちら◎

Produits Exotiques

それぞれの想いが、月まで届きますように。 (Kazuma Yano)

俺はこんなもんじゃない

「Play for JAPAN」が毎年続いていけば良いと思います!!! うちらも毎年参加させていただきます!!!!!

egoistic 4 leaves

初めてバンドで行った宮城で、すぐに仲良くなった友達が沢山いて、いつの間にかソロでも訪れる土地になった。
無名の僕を応援してくれた故郷の様な街。
直接演奏にも行ったけど、今回も少しでも力になれるなら音楽を続けていた意味があります。
まだまだこれから!!
堀嵜ヒロキ(パーカッション)

ソウル・フラワー・ユニオン

ソウルフラワー震災基金 http://www.breast.co.jp/soulflower/sfu20110328.html
「満月の夕べ」リンク http://www.breast.co.jp/soulflower/sfu20110314.html

寺尾ブッタ(泰山に遊ぶ) feat. 仲宗根忍(Orange Clover)

中国から沖縄への定期便、唐船が運んでくる春をイメージしました。
カラオケでみんなで歌えると良いな、と思います。
僕らは1人じゃないのです。PLAY FOR JAPAN

他力本願寺

「太陽」を録音したのは2011年3月13日。メンバーはそれぞれの心配を抱えてスタジオで音を出しました。歌詞の内容は前からあったものなのに、録音後には全く違ううたになってました。一年前も、今も、ずっと祈ってるのです。

他力本願寺 vog. 須原敬三 / ba.高野陽子 / dr.ズンダスまさを / g.長濱礼香 / vil.岡本千明

エポケー/歌川暁仙

やり場のない怒りの歌です。福島県民の僕が歌います。「マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや」束の間に変わるのは自然? 右か左か、アナログか?はたまた大衆か政治家か? 事の真相をえぐる意志のために。

唐川真

西の端、長崎から、新しい未来への希望を込めて。

エコツミ

2011年3月14日。続く余震の中でこの曲は生まれました。
<大地よ眠れ 皆の手で その怒りをしずめたまえ 大地よ眠れ 皆の手で この祈りを受け入れたまえ>

KYOHEI

災害派遣にてukeyが感じた、悲しみの中にある希望、そして絆をメインに。 実際咲いていた桜を重ね歌詞が完成。 この歌詞に、救援物資を集めたりと活動をしていたKYOHEIの想いがつまったメロディーが付き、 そしてWEB-MIXにて希望や前向きな想いをアレンジで表現。
3人の想いが1曲になりました。
東北の春が少しでも早く訪れることを願ってます。

レ・ロマネスク

愛と平和で、
やるせない悲しみを、上手投げ、寄り切り、突き落とし、はたき込み、うっちゃり!
みんなが、力強く笑顔で生きて行けますように。

rimacona

自分たちに出来る支援を、少しずつでもこれからも継続して行いたいと思っています。

ムーン♀ママ

拝啓3月11日 へ 生きることは、創ること、守ること。笑うこと、泣くこと、怒ること、踊ること、歌うこと。そして残すこと。わたしはみんなとめちゃめちゃ生きたい。祈りと想像と喜びと共に。PLAY FOR JAPAN.

画家

続けることが、一番しんどいけどデカいことだと思います。沢山売れて欲しいアルバムです。

コンノタツキ

福島に大切なひとがいます。それだけです。

『Play for Japan 2012』特集ページへ戻る