2011.12.16 SATORU WONO MOODCORE SQUAD@音楽実験室・新世界

年の瀬も押し迫った12月の週末、日本屈指の繁華街、六本木は忘年会のグループやパーティー・ピープルで賑わっている。この街の繁栄を象徴するようなランドマーク、六本木ヒルズを間近に臨む「西麻布新世界」も、カジュアルだがどこか洗練された観客で溢れかえっていた。

本日の主役、ヲノサトル ムードコア・スカッドは明和電機の「経理のヲノさん」としても知られているキーボーディスト、ヲノサトルを中心に、2011年にブレイクしたファンク・バンド、在日ファンクの後関好弘、コールド・フィートの中心人物Watsuiなど、実力と人気を兼ね備えたミュージシャンが集結したスーパー・グループ。2011年の結成以降、メンバーを変えながらステージを重ね、「ハードコアなムード・ミュージック」を追求している。

そんな彼らの2011年を締めくくるステージは、重厚な音響処理が心地よいダブのビートの上で、環境音楽のようなしっとりとしたエレクトリック・ピアノのメロディが鳴り響く「サイレンス・トゥ・グッドバイ」で始まった。なるほど、ムード・ミュージックなのにどこかハードコアだから「ムードコア」ということか、と思わず頷いてしまう。その後も、哀愁を帯びたメロディと爽やかなアレンジで知られている映画「ティファニーで朝食を」のテーマ曲の妖艶なカヴァー、森の中の小川のような、みずみずしいシンセサイザーの音色が印象的なアンビエント系ナンバー「フラジャイル」などを立て続けに披露する。「ムード・ミュージック」と名乗りつつも、MPBやエレクトロなどのエッセンスを盛り込んだポップ・ミュージックは、前衛音楽家であるヲノをはじめ、様々なジャンルで活躍するミュージシャンが集まったバンドならではのものだろう。

だが、この日のハイライトはヲノや高橋幸宏の作品でキュートな歌声を聴かせてくれるBE THE VOICEの和田純子女史が加わったヴォーカル曲だろう。ミニー・リパートンのような可憐さと強靭さが同居した歌声は、上品だけどどこか毒のあるムードコア スカットの音楽と相性が良いようだ。和田のウィスパー・ボイスがアダルティな雰囲気を醸し出すミディアム・バラード「アフタヌーン・ウェザー」、ボサノバっぽい上品なパーカッションがアクセントになっているR&Bナンバー「彼方へ」、ムーディーだけどどこか攻撃的な「ロスト・フューチャー」など、「ムードコア」の名にふさわしい楽曲を披露していた。

休憩時間を挟んだ第二部は、MCも控えめに、ダンサブルなナンバーを次々と繰り出した。ラテン音楽の要素を取り入れたハウス・ビートの上で、メロウなギターとポップなサックスが踊る「リターン・トゥ・トラブル」や、ファンクやジャズのエッセンスを盛り込んだブレイク・ビーツ「アルマス・イシマス」、ダンス・ホール・レゲエのビートを使ったムード音楽「キャシー」などが続く。クラブ・ジャズやヒップホップの要素を取り込みつつも、ムード・ミュージックらしさを失わないのは音の職人、ヲノサトルの本領発揮というところか? スペーシーなサンバ・ビートとファンクっぽい大胆なサックスのリフが印象的な「ドルフィン」などは、さまざまな音楽のエッセンスを吸収しながら枠に嵌らない、彼らならではのものだろう。

アンコールでは再び和田を迎え、ヲノのデビュー・アルバムから「ビキニを着て月へ行こう」を披露。ドラムンベースのビートとピチカート・ファイヴっぽい都会的なメロディが同居したポップ・チューンは、ムーディーな音楽の中で良い意味で異彩を放っていた。

2時間半を超える長丁場をしっかりとこなしてくれたヲノサトル。このライヴの興奮をあなたも体験してほしい。(text by 高野裕介)

 
 

その他

オトトイの学校
[SCHOOL]・2017年07月13日・ 音楽評論家として活躍する岡村詩野のもと、音楽への造詣を深め、「表現」の方法を学ぶ「岡村詩野音楽ライター講座」。プロのライターを目指す人から、ライティングの経験はないけれど音楽が好きで、表現の幅を広げたい! という人まで大歓迎です! 昨年開催し、ご好評をいただいた夏期集中講習を今年も開催します。短期集中講座ならではの、より丁寧で濃度の高い授業を行い、音楽を表現するための基本的な部分から応用までを、2日間でみっちり学んできます。ライティング経験者はもちろん、初心者の方も大歓迎です! 「音楽ライターになりたい」「好きなアーティストを素敵な文章で人に伝えたい」「自分が聴いている音楽に対する造詣を深めたい!」「夏休みになにかはじめたい」…… 動機は何でも構いません! この機会にあなたも、メディアやアーティストから信頼される音楽ライターを目指す第一歩を踏み出してみませんか? 岡村詩野音楽ライター講座 夏期集中講座 詳細はこちら
3776が5月14日にamiinAとThere There Theresを迎えてライヴをやるよ! その名も『3776514』(みななろこいよ)
[CLOSEUP]・2017年02月28日・3776が5月14日にamiinAとThere There Theresを迎えてライヴをやるよ! その名も『3776514』(みななろこいよ)!!!! 今はちょっとお休み中の富士山ご当地アイドル、3776とOTOTOYが、5月14日(こいよ)にイベント開催決定! そうです、下北→渋谷→新宿と伝説のワンマンを撒き散らしている3776×OTOTOY企画のvol.4 復活ライブ東京編! タイトルはズバリ『3776514』(みななろこいよ)。 3776の盟友、そして今ノリにノってるamiinAと、BELLRING少女ハートから改名した話題沸騰中のThere There Theresを迎えてo-nestで開催です。ちょっと豪華過ぎなので、チケット即日完売必至の予感… みんな、こいよーーーー!!! さらには、『3776514』(みななろこいよ)開催記念として(?)、3776の名作『序曲』がハイレゾでリリース決定。3776のハイレゾで、石田Pのこだわりを堪能してください! 5月14日はo-nestに集合!3776×OTOTOY企画 vol.4 3776復活ライブ東京編『3776514』(みななろ来いよ)'【日時】2017
OTOTOYとATFが全力で作るほんとうにドキドキするイベント vol.4!!
[CLOSEUP]・2015年10月22日・OTOTOYとATFが全力で作るほんとうにドキドキするイベント vol.4 オトトイのススメ! vol.4日時 : 2015年11月25日(水)@TSUTAYA o-nest開場 : 18:30 / 開演 : 19:00料金 : 前売 : 2,500円 / 当日 : 3,000円(1drink別)出演 : BELLRING 少女ハート / 0.8秒と衝撃。 / カネコアヤノ 問い合わせ : o-nest主催・企画制作 : オトトイ株式会社 / ATFIELD.inc.連絡先 : ticket@ototoy.jp(担当 : 西澤) OTOTOY先行実施中!!タイトルを「オトトイのススメ! vol.4 先行予約希望」にしていただき、'本文に、お名前、電話番号、メールアドレス、希望予約枚数をご記入のうえ、'ticket@ototoy.jpまで、メールをお送りください。'オフィシャル先行受付 10/24(土)18:00~10/31(土) http://w.pia.jp/t/osusume/プレオーダー'' 10/31(土)~11/3(水) 記念すべき第4回目の出演者たち ◎BELLRING 少女ハート
・2014年01月14日・テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、であ
WHITE ASH、ロック・シーンの王めざす、全身全霊の2ndアルバムをリリース
[POWERPUSH]・2013年12月20日・ 全身全霊、そんな言葉がふさわしいロックが到着した。WHITE ASHの約1年半ぶりとなる2ndフル・アルバムは、今年リリースされた3枚のシングルを一切収録せず、全11曲すべてが録り下ろしという気合いの入った一枚。前作までに見せた攻撃的かつヘヴィなサウンドはそのままに、さらに勢いとヴァラエティを増したパワー・ポップを聴かせてくれる。『Ciao, Fake Kings』(さらば、ニセモノの王たちよ)というアルバム・タイトルに込められているのは、ロック・シーンの新たな王になろうという決意表明か。そんな彼らの並々ならぬエモーションを感じる作品。WHITE ASHの放つ熱量を、ぜひ受け止めてほしい。 WHITE ASH / Ciao, Fake Kings'【価格】まとめ購入(mp3) 2,000円 / 単曲(mp3) 250円【Track List】''1. Casablanca / 2. Number Ninety Nine / 3. Zodiac Syndrome / 4. Vain Promises / 5. Long Time No See / 6. Bacardi Avenue / 7. Delaye
オーディエンス参加型イベント〈GODO presents EXPRESSION vol.2〉のライヴ音源を配信開始!!
[CLOSEUP]・2013年11月19日・ 音楽iPhoneアプリGODOとOTOTOYがタッグを組んだ、オーディエンス参加型ライヴ・イベント〈EXPRESSION〉の第2回が、2013年10月26日(日)に下北沢THREEで開催された。〈EXPRESSION〉は、当日演奏された曲目から、音源化して欲しい曲を来場者がその場で投票、その投票結果1位の曲に加え、出演アーティストが選出した曲をまとめ、ライヴ・オムニバスとして後日音源化するというイベントだ。 今回は静カニ潜ム日々、ボロキチ、DIRTY SATELLITES、MANGA SHOCK、blue friend、ふくろの6組が参戦。エモ、ハードコア寄りの熱いラインナップとなったこのライヴは、台風の接近による悪天候すら吹き飛ばし、下北沢の地下を煮えたぎる大釜のような空間に変えた。 OTOTOYでは、当日の様子をDSD 2.8MHzという超高音質で音源化し、いよいよ配信をスタートする。来場者の投票で選ばれた楽曲と、各アーティスト一押しの楽曲をまとめ、会場の熱気とともにパッケージしたライヴ・オムニバスを楽しんでいただきたい。現場の興奮を伝えるライヴ・レポとともにどうぞ!! GODOとは? iPhone
by もり
SHIMOKITAZAWA HANAUTA CRUISING、下北沢の夜を彩る企画!
[POWERPUSH]・2013年05月13日・ 2013年5月25日、下北沢に点在するライヴハウス各所を結んで開催される下北沢発サーキット・イベント「Shimokitazawa SOUND CRUISING」。今年は複数会場でのライヴ・パフォーマンスに加えて、サーキット・イベントならではの、下北沢の街中を使った企画を実施することが決定しました! その名も「Shimokitazawa HANAUTA CRUISING」! 「はなうた」がキーワードの本企画、その内容はいかに? Shimokitazawa HANAUTA CRUISINGとは? 2012年より始まった周遊型オールナイト音楽フェスティバルShimokitazawa SOUND CRUISINGに、UK発のあるプラットフォーム(18日発表!)が協力してお送りする参加型企画。下北沢の5つの場所に行きスマートフォンで本イベントの特設サイトにアクセスすると、その場所でしか聴けない楽曲を聴くことができます。その楽曲とは、なんとShimokitazawa SOUND CRUISINGに出演する5組のアーティストたちによる「はなうた」。自由気ままに歌ってもらった各曲を、是非聴いてみてください。 さらに、そ
feat. 女性ボーカル特集
[POWERPUSH]・2012年07月03日・ feat.女性ボーカル特集 サディスティック・ミカ・バンドやシュガーベイブを始め、いつの時代も、先鋭的なミュージシャンは女性ボーカルを求める。女性の声には、その音域や声質、フェロモンだけでは説明出来ないような、代えの効かない魅力が含まれている。彼女たちの歌によって、楽曲に新たな命が吹き込まれ、音楽は飛翔する。今回の「feat.女性ボーカル特集」では、日本の先鋭的なミュージシャンと女性ボーカルのコラボレーションによって生まれた楽曲を集めた。ハードな電子音や柔らかくオーガニックなサウンド、狂騒的なダンスビートなど、女性ボーカルの乗る下地は様々。サウンドと女声の交わりによって生まれる反応をご堪能下さい。 女性ボーカルをフィーチャーした貴重な音源を集めました。 YAMP KOLT / yes(HQD Ver.) ヤンプコルト自身がプロデュースした1stアルバム。豪華な8人の女性シンガー達(UA、やくしまるえつこ、原田郁子、一十三十一、さや、ピカ、ACO、リクルマイ)が、ポップで神秘的な森を舞台に、太陽に恋する。 L.E.D / I'll [feat.Ikuko Harada] バンド初のヴォーカル・トラ