2010年に5年振りのソロ・アルバム『pd』をリリースしたJimanicaが、Band SetでのLIVEを収録したDSD音源をリリース。ここ数年はフルカワミキへのリミックス曲の提供や、やくしまるえつこのシングル曲のアレンジなど、コンポーザーとしても活躍し、また、DE DE MOUSEWorld’s End Girlfriend、蓮沼執太などのバンドにも参加しているJimanica。その彼が昨年立ち上げたJimanica Band Setが、昨年11月に渋谷O-nestで行われたイベント「a place in the sun」に出演した際のライヴをDSDで収録。そのうち全6曲を配信すると共に、1曲目の「Free Me」を1/26からの1週間限定でフリー・ダウンロードを開始!

>>>「Free Me」のフリー・ダウンロードはこちらから(期間 : 2/2 15:00まで)

Jimanica Band Set / Show at Nest


【配信形態】
1) DSD+MP3
2) HQD

【価格】
各1200円(まとめ購入のみ)

【トラック・リスト】
01. Free Me
02. Enzo
03. Mr. C side
04. 76 Diplomas
05. White Neighbor 〜 Fu La Da Di Da

<member>
Jimanica(ds)、前田紗希 / Saki Maeda(ds)、田中啓介 / Keisuke Tanaka(bs)、河内肇 / Hajime Kawauchi(key)、ノンパレイユ / Nonpareille(cho)、山田杏奈 / Anna Yamada(cho)

【ダウンロードに関して】
windowsをご利用のお客さまは、標準の解凍設定、もしくは解凍ソフトによっては正常にファイルを解凍できない可能性がございます。その場合、お手数ですが別の解凍ツールを使用し、再度解凍をお試しくださるようお願い致します。7-zip(フリー・ソフト)での解凍を推奨しています。
※7-zip http://sevenzip.sourceforge.jp/
また、ファイル名が長く操作出来ない場合や、ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。

解凍ソフト7-zipの詳しい使い方はこちらから

Jimanicaの新しい側面を発見する

即興的かつ緻密なドラム、温もりを感じさせる電子音のテクスチャー、透明感があるようでどことなく垢抜けない声でハーモニーを織りなすヴォーカル/コーラス、そして地を這うように鳴らされるベース。閉じられた生態系の文脈に存在するこれら一つひとつの生命体が、ライヴという空間で交錯するとき、そこにはある現象が起きる。それはJimanica Band Setでのライヴでしか起こり得ない体験となる。誤解を恐れずに言う。それはファンクであると。2011年11月20日に渋谷O-nestで開催された「a place in the sun vol.14」で披露されたJimanica Band Setのライヴを瞬間密封したこのライヴ音源から感じられるのは、ミニマルにも関わらず、腰を直撃するようなファンクの躍動感、そして、ポップ・ミュージックにも通ずる親近感なのである。

このライヴの大部分を構成しているのは、2010年にリリースされた『pd』からの楽曲である。この『pd』は、新たに女性ヴォーカリストの山田杏奈を起用し、生演奏と電子音にヴォーカルという要素を融合させることによって、リズムに幅が増え、実験的ではありながらも、より生々しい体温を持ったポップ・ミュージックにフォーカスした作品であった。それはJimanica流の音楽におけるハーモニーへの新しいアプローチであったようにも思える。そして、そのリリース・ツアーを兼ねて編成されたバンド・セットによるライヴが収録されたこの音源にこそ、その『pd』という作品に、ひいてはJimanicaという人間が紡ぎだす楽曲に込められた秘密を解く鍵があるように思えて仕方がない。そして、その秘密を解き明かす鍵こそが、本作から聴こえてくるファンクのグルーヴに他ならない。あるいはこのような言い方も可能かもしれない。このグルーヴこそがJImanicaの楽曲を呼吸させている最たる要因であると。

そして、それを最も私に印象づけてくれたのがこの本作最後に収録されている「Fu La Da Di Da」である。一曲前の「White Neighbor」から連鎖するように始まるこの曲は、四つ打ちから変則的、即興的に万華鏡のように変化するドラムとリズミカルなコーラスに彩られ、ピーク・タイムへと進行していく。そして曲終盤にさらにカラフルな電子音が加わることによって、そのランダムなようで極めて反復的なリズムは加速し続ける。その電子音が加わってから、曲が終わるまでのわずか40~50秒の間がこのライヴ・アルバムの肝であるといっても過言ではないであろう。なぜならば、そこに彼の楽曲がより一層新鮮に聴こえる秘密、すなわち、グルーヴの源が隠されているからだ。

私はこのライヴ・アルバムこそがJimanicaの最新作であると位置づける。それは文字通りの最新作ではなく、このライヴ・アルバムというフィルターをさらに通すことによって、彼の音楽をまた違った、そして新しい側面から聴くことができる、という意味合いにおいてである。もちろん、だからこそ本当の最新作も待ち遠しい限りではあるのだ。(text by 坂本哲哉)

>>>Jimanicaの『pd』配信時のインタビューはこちら

Jimanica Works

RECOMMEND


V.A / Songs of Twilight

「世界を最も美しくする時間」夕暮れをドラマチックにするコンピレーション『songs of twilight -ソングス・オブ・トワイライト-』「songs of seven colors」と「Variations of Silence」に続くエレクトロニカ最強のコンピレーション・シリーズ第3弾! "Twilight 夕暮れ"をテーマにAmetsub、マトリョーシカ、alep-1(Alva Noto)の未発表曲を収録した美しくも儚い刹那の輝き。エレクトロニカを世間に大きく広める事となったコンピレーション「songs of seven colors」。


COMBOPIANO-1+HAIR STYLISTICS / COMBOPIANO-1+HAIR STYLISTICS

渡邊琢磨(COMBOPIANO、Sighboat)、中原昌也(Hair Stylistics)、千住宗臣(COMBOPIANO、ウリチパン群、PARA)によるブルース・バンド(あえてこう呼ぼう)のデビュー・アルバム!


V.A / PROGRESSIVE FOrM

2001年のレーベル発足以降、2012年に設立11周年目を迎えるPROGRESSIVE FOrM、歴史を築いてきた希代の名曲群によりコンパイルされた初のレーベル・ベスト盤が完成! 青木孝允の1stアルバム『SILICOM』に収録された「Kes.」、V.A.『Forma.2.03』に収録されたAmetsubのデビュー曲「Sahsanoha」等現在では流通されていない傑作曲がリマスタリングで甦る。「どれから手をつければ良いだろう? 」というビギナーのリスナーにも、エレクトロニック・ミュージックのマニアにも、電子音響の歴史を語る上で一家に1枚と言える内容。

LIVE INFORMATION

SPIRAL RECORDS presents FIND MUSIC vol.1
2012年1月29日(日)@青山sprial
Shuta Hasunuma Spiral set

Shuta Hasunuma@渋谷Tower Records
2012年2月11日(土)@渋谷Tower Records
Shuta Hasunuma

Impact unknown vol.2
2012年2月17日(金)@Iriya Natteru House
Teruyuki Ohshima + Tsuneyasu Inoue + Jimanica

TPAM performing arts meeting in Yokohama
2012年2月19日(日)@KANAGAWA ARTS THEATRE、Middle Studio
Shuta Hasunuma × Ryouta Yamada

Tomohiko Gondoh produce "Euphobia001"
2012年2月23日(木)@SARAVAH Tokyo
Tomohiko Gondoh + Kan Takano、Kumorina and more

WEATHER presents Anna Yamada 1st album"Colourful"release party!!
2012年2月25日(土)@渋谷O-nest
Anna Yamada band set(Jimanica(dr) / Hajime Kawauchi(key) / Saki Maeda(key) / Keisuke Tanaka(bass) / Taro Sukegawa(g) / nonpareil(cho) / meilling(cho)) / ANIMA with Tatsuki Masuko(ROVO))、DJ : Taro Acida(DUB SQUAD)

L.E.D. presents "in the universe"
2012年3月4日(日)@渋谷O-NEST
DUB SQUAD、Jimanica Band Set、NINGEN OK(6F Floor Live)、 L.E.D.、ゆるマクロビ屋台"naturemian"

polylis 1st Release Party
2012年3月30日(金)@六本木SuperDeluxe
Jimanica band Set、GROUP、HB、polylis

PROFILE

Jimanica
15才よりドラムを始める。武蔵野美術大学映像学科卒業後、渡米。NYでフリーランス・ドラマーとしてマンハッタン、ニュージャージーを中心に数々のジャム・バンドやR&B、ヒップ・ホップのセッションに参加し、数枚のレコーディング作品を残す。2000年の帰国後、自身のユニットを結成し、クラブや野外フェスなど東京を中心に活動を開始。2005年ドラム・ソロ・アルバム『Entomophonic』(mao)をリリース。以降、ドラム+PCでのソロ・ライヴの他、多数アーティストと共演。2006年にd.v.dを結成、日本のみならずヨーロッパ、韓国、オーストラリアなど各地で公演を重ね、活動の場を再び海外にも広げる。2007年にAmetsub(PROGRESSIVE FOrM)とのデュオ・ユニットJimanica : Ametsubを結成。ミニ・アルバム『Surge』をリリース。近年はDE DE MOUSEやWorld's end Girlfriend、蓮沼執太などのバンドに参加。また古くからミシシッピ出身のブルース・シンガーSteve Gardnerのドラマーも務めるなど、まさにルーツ〜ダンス・ミュージック〜即興エレクトロニカまでを横断する。

Jimanica official HP

o

はてブに追加
 
 
"freedl"の最新アーカイヴ
タナカ マサヤ&ワキマル・ジュンイチ、尺八×ピアノが織りなす幽玄世界をハイレゾ配信
[FREEDL]・2015年04月03日・尺八とピアノ、2つの"音"が織りなす幽玄世界——タナカ マサヤ&ワキマル・ジュンイチの新作をハイレゾ配信!! 尺八奏者のタナカ マサヤ、そして作曲家 / ピアニストのワキマル・ジュンイチがタッグを組み、満を持して初アルバム『cloud, misty, sun』を発表した。「和」と「洋」、2つを代表するような音色が溶け合い、静寂のなかで美しく響き合う。そこにはまるで水墨画のような、簡素で余白をたっぷりと感じさせる世界が立ち上がる…。OTOTOYでは、この作品を24bit/192kHzのハイレゾで独占配信中。空気の音を多分に含んだ尺八のサウンド、そして繊細に配置されたピアノの響きは、まさにハイレゾで楽しむのにぴったりだ。さらに、収録曲から「光琳」「Life」の2曲を、本日より1週間のみフリー・ダウンロードでお届けする。 さて、そんなアルバムの聴きどころを伝えるべく、音楽ライターの白沢達生が、本作について丁寧に解きほぐしてくれた。尺八とピアノの相性は? そして多くの楽曲を手掛けたワキマルのルーツとは? 音源とあわせてお楽しみいただきたい。 まずは聴いてみよう! アルバムから2曲を無料配信※試聴音源の音質はmp3で
camellia、バンド初のライヴ音源をハイレゾ&ワンコイン配信!!
[FREEDL]・2015年02月24日・ワンコインでハイレゾ!! 変則リズム×暴走する轟音!! camellia、バンド初のライヴ音源をリリース 2013年に待望の1stフル・アルバムを発表し、その実験的かつストイックなスタイルで高く評価されたcamelliaが、バンド初のライヴ音源をリリース。昨年10月に大宮ヒソミネで行われたライヴの模様を、当日の熱量そのままにパッケージした。変拍子、奇数拍、ポリリズムを多用した一筋縄ではいかないアレンジ、それでいてダンス・フロアにも対応する高揚感に溢れたサウンドは、彼らにしか鳴らせないものに他ならない。OTOTOYでは、この音源を24bit/48kHzのハイレゾで独占配信。しかも、収録曲の中から「“13'27” part2」をフリー・ダウンロードでお届けする。camelliaらしい計算しつくされた構築美とライヴならではの迸る熱量を体感せよ!! 「“13'27” part2」のフリー・ダウンロードはこちら!!(2015年3月3日 23:59まで) 計算された構築美とライヴならではの熱量が融合!!!camellia初のライヴ音源をハイレゾ配信!!!camellia / show at 大宮ヒソミネ 2014/1
by 渡辺 裕也
SSW大野紗々によるユニット、かえる王国を無料配信!
[FREEDL]・2015年02月12日・“かえる”が描く、偽りのないポップ・ソングの世界——SSW大野紗々によるソロ・プロジェクト、かえる王国を無料配信! すーっと体に馴染むような伸びのある歌声と、ピアノ・ポップスを展開しているシンガー・ソングライター、大野紗々。彼女による、思わず二度見してしまいそうな名前のソロ・プロジェクト、かえる王国をご紹介。これまでにリリースされてきたファースト・ミニ・アルバム『Kaerunouta』、全国デビュー作『新しくなったら』の2作を一挙配信いたします! そして、彼女の魅力を多くの方に知っていただくべく、どちらも週違いで各アルバム収録曲を無料でお届け! 一度聴いたら忘れられない、キャッチーなメロディー・センスと楽曲、まずはフリー・ダウンロードでお楽しみあれ!! 「かえるのうた」のフリー・ダウンロードはこちらから!(2015年2月12日(木)17:00から2015年2月18日(水)23:59まで) 「ペギーレイン」のフリー・ダウンロードはこちらから!(2015年2月19日(木)17:00から2015年2月25日(水)23:59まで) 全国デビュー作をハイレゾで配信かえる王国 / 新しくなったら(24bit/48kHz
一人シンセポップ・ユニットOii、アルバム先行でリード曲をフリーDL配信!
[FREEDL]・2015年02月16日・テン年代に現れたひとりスーパーカー? 気鋭のサウンド・クリエイター、Oii(オー・アイ・アイ)始動! リード曲をフリーDL配信 「一人スーパーカー、10年代のCornelius」、レーベルの自信と期待が伺えるキャッチコピー。事実、届いた音源はアンビエント、エレクトロを基調としながらもポップでキャッチーな歌モノとしても開けた、ファースト・アルバムらしい瑞々しさと、それに反したクオリティの高さを併せ持っていました。Oii––2011年より活動する横浜在住のCota Nacaoによる一人シンセポップ・ユニットが、今年始動します。「聴いてもらえればわかる」という確固なる思いのもと、ファースト・アルバム発売に先駆けてリード曲「Puddle Talking with You」をフリー・ダウンロードで、そしてハイレゾでお届け!! 3月にはアルバム全曲のハイレゾ配信と共に、今回レビューを書いてくれたライター・金子厚武によるインタヴューを公開予定。しばしのあいだ、この曲をお楽しみください。 「Puddle Talking with You」のフリー・ダウンロードはこちらから期間 : 2015年2月16日(月)〜2015年
by 金子 厚武
天才バンドSundayカミデ率いるワンダフルボーイズ、全作品を期間限定無料配信!!
[FREEDL]・2015年02月13日・ハッピー・バレンタイン!! ワンダフルボーイズが全作品を無料で全ボーイズ&ガールズにプレゼント! 浮かれている人もそうでない人もご注目!! ハッピーなパフォーマンスで盛り上げながら「マジであったことポップ・ミュージック」を鳴らして人の心の奥を見透かす6人組バンド、ワンダフルボーイズからバレンタイン・プレゼントが届きました。そう!! タイトルの通り、全作品の無料配信です!! というのも、バレンタインの1週間後、2月21日(土)に下北沢CLUB Queでワンマンライヴを行う彼ら。その一足先からワンダフルボーイズを楽しんでほしいとこんな企画になりました。 ワンダフルボーイズを率いるSundayカミデといえば、奇妙礼太郎とテシマコージとのバンド"天才バンド"で作曲・鍵盤を手がけ、3月からはソロ・ツアーも始まる多忙さですが、やっぱり彼の原点は"ワンダフルボーイズ"。その楽曲の良さを所属レーベルWaikiki Recordのオーナー、サカモトヨウイチ(ELEKIBASE)から、そしてワンダフルボーイズの良さをファンの方からいただきました! 彼らの周りにも溢れる大きな愛とともに、全3作を受け取っちゃってください!! 無料
コッテルが作ったコッテリアンカレーを食べてみた。
[FREEDL]・2015年02月12日・コッテルのコッテリアンカレーを食べてみた。 "覚醒"したコッテルが次に挑むのが、インディ・ミュージック界のカレー王を決めるカレーの祭典 その名も…★☆★コッテリアンカレーナイト★☆★ 噂を聞きつけたOTOTOY編集長が、コッテルの家でコッテリアンカレーを食べてきました し・か・も!!今なら新曲「コッテリアンカレーナイト」をフリーで♪さらに「ポッピーパンツ」もハイレゾで配信中☆ 開催!!! コッテリアンカレーナイト!!!2015年3月21日(土) @大宮ヒソミネ'開場 / 開演 : 15:00 / 15:30前売 / 当日 : 2,500円(+1D) / 3,000円(+1D) (※2種のカレー付きチケット)出演 : [ライヴアクト]コッテル / peachonfuse / AJYSYTZ / TREKKIE TRAX / サトウトモミ / valows / Magnolia / AARHNND / テンパレイ / uminism / [カレーアクト]コッテル / パラソルキッチン(by AJYSYTZ Ba.平泉 佑真) / テニスカレー部(by AARHNND/夜聴の会 田畑猛) / 久(KUON
by JJ
elrevig、1stミニ・アルバム『Red』をハイレゾで配信!!
[FREEDL]・2015年01月08日・これが今年最初に聴くべきオルタナだ!! elrevig、デビュー作をハイレゾ配信 & 期間限定フリーDL & フル試聴!! perfect piano lessonのドラマーであるカツヤクニゾウがVo & Gtとして参加するelrevig(エルレヴィグ)が、1stミニ・アルバム『Red』をリリースした。これまでデモ1枚を発表したのみにも関わらず、すでにCOCOBATやTHE CREATOR OFと共演を果たすなど、多くの支持を集めているバンドだ。渋みのあるサウンド、歪んだギターの音、独特の心地よさを持つカツヤの声。時にグランジを思わせるようなノイジーさを持ちつつも、キャッチーかつ味わい深いメロディがそこにはある。まるで短編フィルムのような歌詞にも注目してほしい。 そんな本作を、OTOTOYでは24bit/96kHzのハイレゾで配信開始。さらに、収録曲から「Look at my Karen」をフリー・ダウンロードでお届けするほか、なんとアルバム全曲のフル試聴を実施中だ。結成の経緯やメンバーそれぞれのルーツ、そして本作の魅力に迫ったインタヴューとともにどうぞ。 >>「Look at my Karen」のフリー
by 金子 厚武
Libera Cielo、多国籍サウンドが絡み合う新作をハイレゾで配信
[FREEDL]・2014年12月19日・アラブ、ロマ、アイリッシュ… 世界の響きがここにある!!Libera Cielo、変拍子を駆使したワールド・フュージョンをハイレゾで!! Libera Cielo(リベラ・シエロ)——。エスペラント語で「自由な空」を意味するその名からもわかる通り、音楽的なボーダーを軽々と飛び越えたサウンドを奏でる7人編成のアコースティック・ユニットだ。クラシックやジャズをベースに、アラブの響き、ロマの香り、そしてアイリッシュの音色を融合=フュージョンさせた、唯一無二のアンサンブル。その音楽は、決して耳馴染みのいいワールド・ミュージックに留まらない。というのも、全編にわたって変拍子が多用され、緊張感に満ちたインタープレイがふんだんに盛り込まれているのだ。 OTOTOYでは、今のところライヴ会場でしか手に入らない本作を、なんと24bit/96kHzのハイレゾで配信開始。しかも、収録曲から「眼筋の踊り」を2週間限定のフリー・ダウンロードでお届けする。ヴァイオリン、ギター、トランペット、マリンバ、ウッドベース、アコーディオン、ドラム & パーカッション…。無数のアコースティック楽器が複雑に絡み合う様子は、まさにハイレゾで聴くのにぴ
by 大石 始
 
筆者について
同じ筆者による他の記事