2010年に5年振りのソロ・アルバム『pd』をリリースしたJimanicaが、Band SetでのLIVEを収録したDSD音源をリリース。ここ数年はフルカワミキへのリミックス曲の提供や、やくしまるえつこのシングル曲のアレンジなど、コンポーザーとしても活躍し、また、DE DE MOUSEWorld’s End Girlfriend、蓮沼執太などのバンドにも参加しているJimanica。その彼が昨年立ち上げたJimanica Band Setが、昨年11月に渋谷O-nestで行われたイベント「a place in the sun」に出演した際のライヴをDSDで収録。そのうち全6曲を配信すると共に、1曲目の「Free Me」を1/26からの1週間限定でフリー・ダウンロードを開始!

>>>「Free Me」のフリー・ダウンロードはこちらから(期間 : 2/2 15:00まで)

Jimanica Band Set / Show at Nest


【配信形態】
1) DSD+MP3
2) HQD

【価格】
各1200円(まとめ購入のみ)

【トラック・リスト】
01. Free Me
02. Enzo
03. Mr. C side
04. 76 Diplomas
05. White Neighbor 〜 Fu La Da Di Da

<member>
Jimanica(ds)、前田紗希 / Saki Maeda(ds)、田中啓介 / Keisuke Tanaka(bs)、河内肇 / Hajime Kawauchi(key)、ノンパレイユ / Nonpareille(cho)、山田杏奈 / Anna Yamada(cho)

【ダウンロードに関して】
windowsをご利用のお客さまは、標準の解凍設定、もしくは解凍ソフトによっては正常にファイルを解凍できない可能性がございます。その場合、お手数ですが別の解凍ツールを使用し、再度解凍をお試しくださるようお願い致します。7-zip(フリー・ソフト)での解凍を推奨しています。
※7-zip http://sevenzip.sourceforge.jp/
また、ファイル名が長く操作出来ない場合や、ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。

解凍ソフト7-zipの詳しい使い方はこちらから

Jimanicaの新しい側面を発見する

即興的かつ緻密なドラム、温もりを感じさせる電子音のテクスチャー、透明感があるようでどことなく垢抜けない声でハーモニーを織りなすヴォーカル/コーラス、そして地を這うように鳴らされるベース。閉じられた生態系の文脈に存在するこれら一つひとつの生命体が、ライヴという空間で交錯するとき、そこにはある現象が起きる。それはJimanica Band Setでのライヴでしか起こり得ない体験となる。誤解を恐れずに言う。それはファンクであると。2011年11月20日に渋谷O-nestで開催された「a place in the sun vol.14」で披露されたJimanica Band Setのライヴを瞬間密封したこのライヴ音源から感じられるのは、ミニマルにも関わらず、腰を直撃するようなファンクの躍動感、そして、ポップ・ミュージックにも通ずる親近感なのである。

このライヴの大部分を構成しているのは、2010年にリリースされた『pd』からの楽曲である。この『pd』は、新たに女性ヴォーカリストの山田杏奈を起用し、生演奏と電子音にヴォーカルという要素を融合させることによって、リズムに幅が増え、実験的ではありながらも、より生々しい体温を持ったポップ・ミュージックにフォーカスした作品であった。それはJimanica流の音楽におけるハーモニーへの新しいアプローチであったようにも思える。そして、そのリリース・ツアーを兼ねて編成されたバンド・セットによるライヴが収録されたこの音源にこそ、その『pd』という作品に、ひいてはJimanicaという人間が紡ぎだす楽曲に込められた秘密を解く鍵があるように思えて仕方がない。そして、その秘密を解き明かす鍵こそが、本作から聴こえてくるファンクのグルーヴに他ならない。あるいはこのような言い方も可能かもしれない。このグルーヴこそがJImanicaの楽曲を呼吸させている最たる要因であると。

そして、それを最も私に印象づけてくれたのがこの本作最後に収録されている「Fu La Da Di Da」である。一曲前の「White Neighbor」から連鎖するように始まるこの曲は、四つ打ちから変則的、即興的に万華鏡のように変化するドラムとリズミカルなコーラスに彩られ、ピーク・タイムへと進行していく。そして曲終盤にさらにカラフルな電子音が加わることによって、そのランダムなようで極めて反復的なリズムは加速し続ける。その電子音が加わってから、曲が終わるまでのわずか40~50秒の間がこのライヴ・アルバムの肝であるといっても過言ではないであろう。なぜならば、そこに彼の楽曲がより一層新鮮に聴こえる秘密、すなわち、グルーヴの源が隠されているからだ。

私はこのライヴ・アルバムこそがJimanicaの最新作であると位置づける。それは文字通りの最新作ではなく、このライヴ・アルバムというフィルターをさらに通すことによって、彼の音楽をまた違った、そして新しい側面から聴くことができる、という意味合いにおいてである。もちろん、だからこそ本当の最新作も待ち遠しい限りではあるのだ。(text by 坂本哲哉)

>>>Jimanicaの『pd』配信時のインタビューはこちら

Jimanica Works

RECOMMEND


V.A / Songs of Twilight

「世界を最も美しくする時間」夕暮れをドラマチックにするコンピレーション『songs of twilight -ソングス・オブ・トワイライト-』「songs of seven colors」と「Variations of Silence」に続くエレクトロニカ最強のコンピレーション・シリーズ第3弾! "Twilight 夕暮れ"をテーマにAmetsub、マトリョーシカ、alep-1(Alva Noto)の未発表曲を収録した美しくも儚い刹那の輝き。エレクトロニカを世間に大きく広める事となったコンピレーション「songs of seven colors」。


COMBOPIANO-1+HAIR STYLISTICS / COMBOPIANO-1+HAIR STYLISTICS

渡邊琢磨(COMBOPIANO、Sighboat)、中原昌也(Hair Stylistics)、千住宗臣(COMBOPIANO、ウリチパン群、PARA)によるブルース・バンド(あえてこう呼ぼう)のデビュー・アルバム!


V.A / PROGRESSIVE FOrM

2001年のレーベル発足以降、2012年に設立11周年目を迎えるPROGRESSIVE FOrM、歴史を築いてきた希代の名曲群によりコンパイルされた初のレーベル・ベスト盤が完成! 青木孝允の1stアルバム『SILICOM』に収録された「Kes.」、V.A.『Forma.2.03』に収録されたAmetsubのデビュー曲「Sahsanoha」等現在では流通されていない傑作曲がリマスタリングで甦る。「どれから手をつければ良いだろう? 」というビギナーのリスナーにも、エレクトロニック・ミュージックのマニアにも、電子音響の歴史を語る上で一家に1枚と言える内容。

LIVE INFORMATION

SPIRAL RECORDS presents FIND MUSIC vol.1
2012年1月29日(日)@青山sprial
Shuta Hasunuma Spiral set

Shuta Hasunuma@渋谷Tower Records
2012年2月11日(土)@渋谷Tower Records
Shuta Hasunuma

Impact unknown vol.2
2012年2月17日(金)@Iriya Natteru House
Teruyuki Ohshima + Tsuneyasu Inoue + Jimanica

TPAM performing arts meeting in Yokohama
2012年2月19日(日)@KANAGAWA ARTS THEATRE、Middle Studio
Shuta Hasunuma × Ryouta Yamada

Tomohiko Gondoh produce "Euphobia001"
2012年2月23日(木)@SARAVAH Tokyo
Tomohiko Gondoh + Kan Takano、Kumorina and more

WEATHER presents Anna Yamada 1st album"Colourful"release party!!
2012年2月25日(土)@渋谷O-nest
Anna Yamada band set(Jimanica(dr) / Hajime Kawauchi(key) / Saki Maeda(key) / Keisuke Tanaka(bass) / Taro Sukegawa(g) / nonpareil(cho) / meilling(cho)) / ANIMA with Tatsuki Masuko(ROVO))、DJ : Taro Acida(DUB SQUAD)

L.E.D. presents "in the universe"
2012年3月4日(日)@渋谷O-NEST
DUB SQUAD、Jimanica Band Set、NINGEN OK(6F Floor Live)、 L.E.D.、ゆるマクロビ屋台"naturemian"

polylis 1st Release Party
2012年3月30日(金)@六本木SuperDeluxe
Jimanica band Set、GROUP、HB、polylis

PROFILE

Jimanica
15才よりドラムを始める。武蔵野美術大学映像学科卒業後、渡米。NYでフリーランス・ドラマーとしてマンハッタン、ニュージャージーを中心に数々のジャム・バンドやR&B、ヒップ・ホップのセッションに参加し、数枚のレコーディング作品を残す。2000年の帰国後、自身のユニットを結成し、クラブや野外フェスなど東京を中心に活動を開始。2005年ドラム・ソロ・アルバム『Entomophonic』(mao)をリリース。以降、ドラム+PCでのソロ・ライヴの他、多数アーティストと共演。2006年にd.v.dを結成、日本のみならずヨーロッパ、韓国、オーストラリアなど各地で公演を重ね、活動の場を再び海外にも広げる。2007年にAmetsub(PROGRESSIVE FOrM)とのデュオ・ユニットJimanica : Ametsubを結成。ミニ・アルバム『Surge』をリリース。近年はDE DE MOUSEやWorld's end Girlfriend、蓮沼執太などのバンドに参加。また古くからミシシッピ出身のブルース・シンガーSteve Gardnerのドラマーも務めるなど、まさにルーツ〜ダンス・ミュージック〜即興エレクトロニカまでを横断する。

Jimanica official HP

o

はてブに追加
 
 
"freedl"の最新アーカイヴ
ナショヲナル、「変なダンス」を先行フリー・ダウンロード!!
[FREEDL]・2014年04月10日・【ハイレゾ先行配信】変なダンスを踊れ!! 元々人間なんて変な生き物なんだから――ナショヲナル、アルバムからフリー・ダウンロード開始 "レトロ・フューチャー・ミュージック"と自身を表する彼ら。それは、少しチープだけど、とんでもなく夢があって奇天烈。いまとなると、懐かしく感じつつも、なんだかまぶしい。そんな5人組バンド、ナショヲナルが6年目にして初の全国流通盤となる1stアルバムをリリースする。 これまで「完全会場限定バンド」として活動してきた彼らのターニング・ポイントとなる今作。OTOTOYでは来週4月16日より24bit/48kHzのハイレゾ音源で配信する。今回はアルバムに先行してリード曲「変なダンス」をフリー・ダウンロードにてお届け!! もちろん、こちらもハイレゾです。さらに、これまで表舞台に出ていない上、まるで宇宙人のようにも見えるキツネのお面を被って登場した、謎めく彼らに話を訊いた。 >>「変なダンス」のフリー・ダウンロードはこちらから
ゆうなり、1ndアルバムを先行配信&1曲フリー・ダウンロード
[FREEDL]・2014年04月10日・【2週間先行配信】ラブリーでハートウォームな激ポップ作ーー男女混成デュオ・ゆうなりの1stアルバムを先行リリース&フリー・ダウンロード 2010年夏に結成された男女混成デュオ、ゆうなりが7曲入りの1stアルバムをリリース! しいねはるか(GORO GOLO)、勝原大策(かせきさいだぁ&ハグトーンズ)など多数のゲストも参加し、ライヴでもお馴染みのナンバーから新曲まで、バンド・サウンドとアコースティック・サウンドでまとめ上げた激ポップ版!! ラブリーでハートウォームなメロディーとハーモニーは、あなたの毎日に寄り添うこと間違いなし。それでいて、ときには涙腺を緩ますセンチメンタルなポップ・サウンドと等身大に何気ない日常を唄った歌詞も魅力的。どうしても聴いてほしいので、アルバムから1曲先行フリー・ダウンロードでお届けします。さらにアルバムも2週間先行で配信スタート!! 春の季節とともに、ゆうなりをあなたに贈ります。 >>>「10PMOP」のフリー・ダウンロードはこちら 待望の1stアルバムを2週間先行配信!!ゆうなり / CATASTROPHE!【配信価格】 wav 単曲 200円 / まとめ価格 1,400円mp
by もり
RIDDIMATES、ニュー・アルバムをハイレゾ音源で先行配信&フリー・ダウンロード開始
[FREEDL]・2014年04月02日・先行&ハイレゾ配信!! スカ発アフロビート経由のブラス・ロック・アンサンブル、RIDDIMATESの新作 うねるアフログルーヴと灼熱のブラス・アンサンブル――RIDDIMATESの最新作の勢いはなみなみならぬ“風”が吹いている! 2004年から活動を続け、つねに変化を続ける彼らの現在形はコレだ。 ホーンやリズム隊のダイナミックな絡み合いは、ぜひともOTOTOY独占先行配信の24bit/48kHzのハレイゾ音源で。グルーヴを生み出す、リズムの繊細なせめぎ合い、ホーンから吐き出される熱き吐息はぜひとも、高い解像度でさらなる勢いを感じれるはず。また、ヒサシ the KIDを迎えた1曲もフリー・ダウンロードにて展開。まずは1曲じっくり聴いてみるのも手だ。この熱量豊かな新作をリリースしたばかりのRIDDIMATESに、気鋭のライター、大石始が迫る。 最新作『JOY』をハイレゾ音源で先行配信スタート!! RIDDIMATES / JOY '【Track List】01. FRONTIER / 02. HOT SONG / 03. CINEMA CLUB / 04.サングラスとボルサリーノ (feat.ヒサシ the
by 大石 始
huenica、新作『あざやかなとうめい』をハイレゾ配信&インタヴュー
[FREEDL]・2014年03月27日・光が集まり、透明になる――huenica、新作『あざやかなとうめい』をハイレゾ配信 ギタリストの榎本聖貴(ex. LOST IN TIME)とシンガー・ソングライターの伊藤サチコ。ふたりの優しいハーモニーが美しいユニット、huenica(フエニカ)が、『あざやかなとうめい』を先行配信中です。いくつもの光が集まって透明になる様子をイメージしたというこのアルバムは、ぜひ、24bit/48kHzのハイレゾでお楽しみください。しかも、収録曲の中から1曲、「ドノバン」をフリー・ダウンロードでお届け。huenicaの活動を丁寧に追いかけたインタヴューとともにどうぞ。 >>「ドノバン」のフリー・ダウンロードはこちら huenica / あざやかなとうめい 【配信フォーマット / 価格】WAV(24bit/48kHz、ハイレゾ) : 2,500円mp3 : 2,000円【収録曲】01. image02. wataridori03. ドノバン04. 星川通り05. 朝の森06. spring07. 緑の砂浜08. 夜の森09. 街の案内人10. IBARA11. こどもたち12. 忘れ物 INTERVIEW : huenic
by 渡辺 裕也
【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始
[FREEDL]・2014年03月19日・”最高音響”極太ベースをハイレゾでーーHONDUB HIROAKI、ファースト・アルバムをリリース姫路を拠点に活動をするサウンドシステム集団“最高音響”。サウンドシステムとは、ジャマイカでレゲエを育んだ移動型の巨大なPAシステム、そしてそれをオペレートするクルーを示す(ときにそこに所属するDJやMCも)。巨大な音響機器の集合体というサウンドシステムの特徴もあって、基本的にはローカルな存在であることが多いが、この最高音響は姫路に拠点を置きながら関西地区はもちろん、東京やその他のライヴ、フェスなどにも招聘されるほど全国規模で活躍している類い稀なるサウンドシステムだ。もちろん、そうした活動の源泉は、彼らの音へのこだわりへの高い評価と言えるだろう。 この最高音響がこのたび、音楽レーベル〈Saiko-Onkyo Label〉発足させた。その第一弾はHONDUB HIROAKI。そのサウンドは直球のデジタル・ニュー・ルーツ・ダブとなっている。まさにその低音はサウンドシステムとともに育まれてきたからこそ、生み出されたバランス感で存在感を示している。 今回、OTOTOYではその音源をハイレゾ、24bit音源で配信。またアルバ
by ?
山形発、硬派なポストロック!! dinner、新たな編成で臨んだ4thアルバム
[FREEDL]・2014年02月27日・地方から音楽を届けること――dinner、新作を2週間先行ハイレゾ配信!! 地方から刺激的な音楽が届けられることが多くなった。今回、OTOTOYが注目したのは、山形県を拠点に活動するインストゥルメンタル・ロック・バンド、dinnerだ。そのサウンドの基礎は、toeやLITEを思わせる硬派なポストロック。ミニマルかつアグレッシヴなギター・リフ、変幻自在のビート・チェンジ、そしてその裏側に、繊細な抒情性が見え隠れする。 そんな彼らの新作『time to share it』を、OTOTOYでは24bit/48kHzのハイレゾ、しかも2週間先行で配信中。今作から取り入れたという鍵盤により、より洗練され、研ぎ澄まされた印象を与えるdinnerのサウンド。配信開始を記念したフリー・ダウンロード曲「building」、そしてメールでの取材を通したレヴューとともに、お楽しみください。 >>「building」のフリー・ダウンロードはこちら>特集ページはこちら mouse on the keys / machinic phylum (24bit/48kHz wav) ピアノ2人とドラム。最小限のメンバーが鳴らす、高度に洗練
by 渡辺 裕也
ときめく魑魅魍魎!? 世界のオモチレコード大特集!!
[FREEDL]・2014年02月20日・バビロン東京に殴り込み!! 珍獣レーベル、オモチレコードの大進撃!!! 「イベントに行くと脱臼したり骨折したり… でも、最後はなぜか大団円!!」と巷で大評判のオモチレコード、ついにオトトイで大特集を組むことになりました!! そこで一気に秘蔵音源を大放出!! また、お得なフリー音源ダウンロードも実施しているので、インタヴューと一緒に楽しんでほしい。 >>オモチレコード・サンプラーのフリー・ダウンロードはこちら オモチレコード・カタログ一挙大公開!!Have a Nice Day! / BLACK EMMANUELLE EP ブっといベースにウネるシンセ、ごきげんなサンプリング、そして、気だる~く放たれる容赦なくも無意味かつ底抜けに暴力的間抜けさを備えたリリック。既存のヒップホップ、クラブシーンで一切名前を見かけぬこの門外漢グループが市井のヘッズやクラバーに投げかける問題作!【配信フォーマット / 価格】WAV、mp3ともに : 1,000円 (単曲は各200円)【Track List】01. Are You Ready_(suck my dick)02. crazy surf03. a girl say I'm
by 西澤 裕郎
ハマの愚連DJユニットLEF!!!CREW!!! 入魂ミックスをフリーダウンロード開始!!
[FREEDL]・2014年02月13日・浜のいなせなDJユニット、LEF!!!CREW!!!の侠気フリー・ミックスをフリー・ダウンロード!! ロック・バンドのような激しいノリ、高い熱量を放つDJパフォーマンスで会場を揺らしまくるユニット、LEF!!!CREW!!!。横浜を拠点としながらありとあらゆる音楽シーンを行き来し、インディー・ロックからテクノ、ジュークなどの先端クラブ・ミュージックまでジャンルレスかつ超クイックに掛けまくるスタイルは唯一無二。聴いていただけなきゃ理解不能ということでOTOTOY限定ミックス音源をフリーでお届けします! また3月5日に彼らの初オフィシャル・ミックスCD『THIS IS HARDCORE』発売を記念してOTOTOYでは同日にエクスクルーシブ・トラック集をリリース! そして本日からMJ MAYAKUの『EP2』に収録されている好評曲「DanceWithWolves feat. SOCCERBOY」のインスト音源販売開始! >>「LEF!!!CREW!!!Teaser Mix」のフリー・ダウンロードはこちら LEF!!!CREW!!! / DanceWithWolves(instrumental)'【配信価格
by JJ
 
筆者について
同じ筆者による他の記事