2010年に5年振りのソロ・アルバム『pd』をリリースしたJimanicaが、Band SetでのLIVEを収録したDSD音源をリリース。ここ数年はフルカワミキへのリミックス曲の提供や、やくしまるえつこのシングル曲のアレンジなど、コンポーザーとしても活躍し、また、DE DE MOUSEWorld’s End Girlfriend、蓮沼執太などのバンドにも参加しているJimanica。その彼が昨年立ち上げたJimanica Band Setが、昨年11月に渋谷O-nestで行われたイベント「a place in the sun」に出演した際のライヴをDSDで収録。そのうち全6曲を配信すると共に、1曲目の「Free Me」を1/26からの1週間限定でフリー・ダウンロードを開始!

>>>「Free Me」のフリー・ダウンロードはこちらから(期間 : 2/2 15:00まで)

Jimanica Band Set / Show at Nest


【配信形態】
1) DSD+MP3
2) HQD

【価格】
各1200円(まとめ購入のみ)

【トラック・リスト】
01. Free Me
02. Enzo
03. Mr. C side
04. 76 Diplomas
05. White Neighbor 〜 Fu La Da Di Da

<member>
Jimanica(ds)、前田紗希 / Saki Maeda(ds)、田中啓介 / Keisuke Tanaka(bs)、河内肇 / Hajime Kawauchi(key)、ノンパレイユ / Nonpareille(cho)、山田杏奈 / Anna Yamada(cho)

【ダウンロードに関して】
windowsをご利用のお客さまは、標準の解凍設定、もしくは解凍ソフトによっては正常にファイルを解凍できない可能性がございます。その場合、お手数ですが別の解凍ツールを使用し、再度解凍をお試しくださるようお願い致します。7-zip(フリー・ソフト)での解凍を推奨しています。
※7-zip http://sevenzip.sourceforge.jp/
また、ファイル名が長く操作出来ない場合や、ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。

解凍ソフト7-zipの詳しい使い方はこちらから

Jimanicaの新しい側面を発見する

即興的かつ緻密なドラム、温もりを感じさせる電子音のテクスチャー、透明感があるようでどことなく垢抜けない声でハーモニーを織りなすヴォーカル/コーラス、そして地を這うように鳴らされるベース。閉じられた生態系の文脈に存在するこれら一つひとつの生命体が、ライヴという空間で交錯するとき、そこにはある現象が起きる。それはJimanica Band Setでのライヴでしか起こり得ない体験となる。誤解を恐れずに言う。それはファンクであると。2011年11月20日に渋谷O-nestで開催された「a place in the sun vol.14」で披露されたJimanica Band Setのライヴを瞬間密封したこのライヴ音源から感じられるのは、ミニマルにも関わらず、腰を直撃するようなファンクの躍動感、そして、ポップ・ミュージックにも通ずる親近感なのである。

このライヴの大部分を構成しているのは、2010年にリリースされた『pd』からの楽曲である。この『pd』は、新たに女性ヴォーカリストの山田杏奈を起用し、生演奏と電子音にヴォーカルという要素を融合させることによって、リズムに幅が増え、実験的ではありながらも、より生々しい体温を持ったポップ・ミュージックにフォーカスした作品であった。それはJimanica流の音楽におけるハーモニーへの新しいアプローチであったようにも思える。そして、そのリリース・ツアーを兼ねて編成されたバンド・セットによるライヴが収録されたこの音源にこそ、その『pd』という作品に、ひいてはJimanicaという人間が紡ぎだす楽曲に込められた秘密を解く鍵があるように思えて仕方がない。そして、その秘密を解き明かす鍵こそが、本作から聴こえてくるファンクのグルーヴに他ならない。あるいはこのような言い方も可能かもしれない。このグルーヴこそがJImanicaの楽曲を呼吸させている最たる要因であると。

そして、それを最も私に印象づけてくれたのがこの本作最後に収録されている「Fu La Da Di Da」である。一曲前の「White Neighbor」から連鎖するように始まるこの曲は、四つ打ちから変則的、即興的に万華鏡のように変化するドラムとリズミカルなコーラスに彩られ、ピーク・タイムへと進行していく。そして曲終盤にさらにカラフルな電子音が加わることによって、そのランダムなようで極めて反復的なリズムは加速し続ける。その電子音が加わってから、曲が終わるまでのわずか40~50秒の間がこのライヴ・アルバムの肝であるといっても過言ではないであろう。なぜならば、そこに彼の楽曲がより一層新鮮に聴こえる秘密、すなわち、グルーヴの源が隠されているからだ。

私はこのライヴ・アルバムこそがJimanicaの最新作であると位置づける。それは文字通りの最新作ではなく、このライヴ・アルバムというフィルターをさらに通すことによって、彼の音楽をまた違った、そして新しい側面から聴くことができる、という意味合いにおいてである。もちろん、だからこそ本当の最新作も待ち遠しい限りではあるのだ。(text by 坂本哲哉)

>>>Jimanicaの『pd』配信時のインタビューはこちら

Jimanica Works

RECOMMEND


V.A / Songs of Twilight

「世界を最も美しくする時間」夕暮れをドラマチックにするコンピレーション『songs of twilight -ソングス・オブ・トワイライト-』「songs of seven colors」と「Variations of Silence」に続くエレクトロニカ最強のコンピレーション・シリーズ第3弾! "Twilight 夕暮れ"をテーマにAmetsub、マトリョーシカ、alep-1(Alva Noto)の未発表曲を収録した美しくも儚い刹那の輝き。エレクトロニカを世間に大きく広める事となったコンピレーション「songs of seven colors」。


COMBOPIANO-1+HAIR STYLISTICS / COMBOPIANO-1+HAIR STYLISTICS

渡邊琢磨(COMBOPIANO、Sighboat)、中原昌也(Hair Stylistics)、千住宗臣(COMBOPIANO、ウリチパン群、PARA)によるブルース・バンド(あえてこう呼ぼう)のデビュー・アルバム!


V.A / PROGRESSIVE FOrM

2001年のレーベル発足以降、2012年に設立11周年目を迎えるPROGRESSIVE FOrM、歴史を築いてきた希代の名曲群によりコンパイルされた初のレーベル・ベスト盤が完成! 青木孝允の1stアルバム『SILICOM』に収録された「Kes.」、V.A.『Forma.2.03』に収録されたAmetsubのデビュー曲「Sahsanoha」等現在では流通されていない傑作曲がリマスタリングで甦る。「どれから手をつければ良いだろう? 」というビギナーのリスナーにも、エレクトロニック・ミュージックのマニアにも、電子音響の歴史を語る上で一家に1枚と言える内容。

LIVE INFORMATION

SPIRAL RECORDS presents FIND MUSIC vol.1
2012年1月29日(日)@青山sprial
Shuta Hasunuma Spiral set

Shuta Hasunuma@渋谷Tower Records
2012年2月11日(土)@渋谷Tower Records
Shuta Hasunuma

Impact unknown vol.2
2012年2月17日(金)@Iriya Natteru House
Teruyuki Ohshima + Tsuneyasu Inoue + Jimanica

TPAM performing arts meeting in Yokohama
2012年2月19日(日)@KANAGAWA ARTS THEATRE、Middle Studio
Shuta Hasunuma × Ryouta Yamada

Tomohiko Gondoh produce "Euphobia001"
2012年2月23日(木)@SARAVAH Tokyo
Tomohiko Gondoh + Kan Takano、Kumorina and more

WEATHER presents Anna Yamada 1st album"Colourful"release party!!
2012年2月25日(土)@渋谷O-nest
Anna Yamada band set(Jimanica(dr) / Hajime Kawauchi(key) / Saki Maeda(key) / Keisuke Tanaka(bass) / Taro Sukegawa(g) / nonpareil(cho) / meilling(cho)) / ANIMA with Tatsuki Masuko(ROVO))、DJ : Taro Acida(DUB SQUAD)

L.E.D. presents "in the universe"
2012年3月4日(日)@渋谷O-NEST
DUB SQUAD、Jimanica Band Set、NINGEN OK(6F Floor Live)、 L.E.D.、ゆるマクロビ屋台"naturemian"

polylis 1st Release Party
2012年3月30日(金)@六本木SuperDeluxe
Jimanica band Set、GROUP、HB、polylis

PROFILE

Jimanica
15才よりドラムを始める。武蔵野美術大学映像学科卒業後、渡米。NYでフリーランス・ドラマーとしてマンハッタン、ニュージャージーを中心に数々のジャム・バンドやR&B、ヒップ・ホップのセッションに参加し、数枚のレコーディング作品を残す。2000年の帰国後、自身のユニットを結成し、クラブや野外フェスなど東京を中心に活動を開始。2005年ドラム・ソロ・アルバム『Entomophonic』(mao)をリリース。以降、ドラム+PCでのソロ・ライヴの他、多数アーティストと共演。2006年にd.v.dを結成、日本のみならずヨーロッパ、韓国、オーストラリアなど各地で公演を重ね、活動の場を再び海外にも広げる。2007年にAmetsub(PROGRESSIVE FOrM)とのデュオ・ユニットJimanica : Ametsubを結成。ミニ・アルバム『Surge』をリリース。近年はDE DE MOUSEやWorld's end Girlfriend、蓮沼執太などのバンドに参加。また古くからミシシッピ出身のブルース・シンガーSteve Gardnerのドラマーも務めるなど、まさにルーツ〜ダンス・ミュージック〜即興エレクトロニカまでを横断する。

Jimanica official HP

o

はてブに追加
 
 
"freedl"の最新アーカイヴ
LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード
[FREEDL]・2014年09月11日・やり続けることの先に何かがあると信じてーーLIFESHOP、メンバー脱退を乗り越えニュー・アルバムを完成&期間限定フリー・ダウンロード 2012年に全国流通盤をリリースし、そのツアー終了後、メンバーの脱退により2年がかりで再スタートを切ったLIFESHOP。「バンドをやり続けることの大事さとつらさ」を感じ、逆境を見事に乗り越えて一から作り上げていった最新アルバム『FREE MODERN INFORMATION』は、聴いてくるこちらに突き刺さってくるほど疾走感のあるビートに、これまでの経験や苦悩を昇華させ、未来へと繋げていくような、寸分も迷いのない見事な作品に仕上がった。 9月17日にリリースされるアルバム『FREE MODERN INFORMATION』からのリード曲「FREE MODERN INFORMATION」をOTOTOYでは無料配信。華やかすぎる再スタートを最大限でぜひ感じて欲しい。 >>「FREE MODERN INFORMATION」の無料配信はこちら
by 岡本 貴之
フレデリック、メジャー・デビュー・アルバムからリード曲「オドループ」を無料配信
[FREEDL]・2014年09月10日・フレデリックのまま、無限大に大きくなっていく――ついにメジャー・デビュー!! キラー・チューン「オドループ」を無料配信!!! 彼らがメジャーにいったら、それはおもしろいことになるに違いありません。「MUSICA」「A-Sketch」「SPACE SHOWER TV」「HIP LAND MUSIC」4社合同オーディション"MASH A&R"で初年度の特別賞を受賞した彼らは、初期からすでに、いわゆる"インディーズ・シーン"とは違う場所にいました。しかし彼らの音楽性というのは、OTOTOYで初登場となったインタヴューのとおり、ハードコアやグラインドコア、アシッド・ジャズ、ファンク、フュージョンと連なり、60〜70年代のフォークから80年代の歌謡ロック、そして90年代のJ-ROCKがベースにある。そのなかでも"たま"に影響を受けたというのが印象的でしたが、そこから生まれるユーモアな音楽は確かにメジャー・シーンに蔓延る音楽とも違っていました。 そんな彼らがメジャー・デビューを飾るミニ・アルバム『oddloop』は、まだどちらとも言えない異端児だった彼らが"メジャーにいった"ということを強く感じさせる、一皮むけたアルバ
by JJ
ルイス・ナヌークのTsutomu Satachiによる9年ぶりのアルバムをハイレゾで
[FREEDL]・2014年09月09日・日常世界を切り取った、儚きフォーキー・ソウル——SSW、Tsutomu Satachiの新作をハイレゾでリリース&フリー・ダウンロード ブルース、カントリーと電子音楽の融合による、新たな音楽を提示してきた2人組ユニット、ルイス・ナヌーク。その1人であり、甘くもどこかドライな歌声とアコースティック・ギターで魅了してきたSSW、佐立努による新作を24bit/48kHzのハイレゾ音源で配信。およそ9年ぶりとなる今作『The Beginning』は、ルイス・ナヌークなどでの実験的な表現を影を薄めた反面、音や歌詞、なにより歌にフォーカスがあてられた、素朴でありつつも、きらびやかなルーツ・ミュージック・アルバムとなった。また本作の魅力を知ってもらうべく、『The Beginning』から1曲を期間限定のフリー・ダウンロードでお届け。彼にしか生み出せない、フォーキー・ソウルをインタヴューとともにお楽しみください。 >>『The Beginning』収録曲「Corn Sketch」のフリー・ダウンロードはこちらから(2014年9月2日〜2014年9月16日 24:00まで) Tsutomu Satachi / The B
by 佐藤 優太
Emeraldによる、初のフル・アルバムを配信&期間限定フリー・ダウンロード
[FREEDL]・2014年08月28日・最先端のビートと甘いメロディーが織りなす、新たなポップスの提示——Emerald、初のフル・アルバムをリリース&インタヴュー ロバート・グラスパー・エクスペリメンツなどの現代ジャズ、R&Bから聴ける、ヒップホップ発信のレイドバックしたリズムと空間を生かした甘いコードのレイヤー。もはや、新たなスタンダードであるこの要素と、ジャパニーズ・インディー独特の歌唱表現、空気感を同時にパッケージした5人組バンド、Emerald。その異色でありスムースなグルーヴが詰まった待望の初アルバム『Nostalgical Parade』がついに登場。最新のビート・シーンに直結したグルーヴをポップスに取り込んだサウンドは、本当に新しい。そして、このフレッシュな音を知っていただくべく、今作から1曲をフリー・ダウンロードでお届け。本人達がインタヴューで語る、こだわりのサウンド・メイク、そしてバンド・アンサンブルと歌との新しいバランスをぜひご堪能あれ。 >>Emerald「Cryin'Climbing」のフリー・ダウンロードはこちらから(2014年9月5日 24:00まで) Emerald / Nostalgical Parade【配信フ
by 金子 厚武
僕とモンスター『かたち』をハイレゾ配信&インタヴュー
[FREEDL]・2014年08月28日・こんなロック・バンドいるんだ!ーーアコギをメインにした2人組が放つ、僕とモンスターによる1stアルバムを2週間先行ハイレゾ配信 その名前を見て、ふんわりとした弾き語りユニットと思ったなら大間違いである。大阪出身の島子勇一(Vo / AG)と福島県南相馬出身のほし“おずま”なおきの二人組、僕とモンスター。アコギをメインに男の切なさをしんみりと歌う場面があるかと思ったら、アコギとエレキという編成にも関わらず、ライヴでの星の暴れ具合はハードコア・バンド顔負けだったりもする。それでいて、日常の生活と旅から生まれた鋭くも暖かい描写が心の隙間に染み入っていく。そんな彼らが9月10日にノーマディック・レコードより発売する1stアルバム『かたち』を、OTOTOYでは2週間先行、しかもハイレゾで同作を配信開始!! さらに、メンバー2人にライターの渡辺裕也が取材し掘り下げた原稿を掲載する。挙げ句の果てには、アルバム冒頭曲「id」をフリー・ダウンロードで配信。どうしても聴いてほしい。その想いがつまった僕とモンスターにぜひ触れてみていただきたい。 「id(24bit/48kHz)」のフリー・ダウンロードはこちら どうしても聴いて
by 渡辺 裕也
ハレルヤ、15年目のセカンド・アルバムを2週間先行配信!!
[POWERPUSH]・2014年08月14日・《2週間先行配信!!》“90年代から今にいたるまでのインディ・ポップをここまで自らのものとして、さらっと鳴らせているバンドはおりません” 彼らの自主レーベル"POP STANDARD RECORDS"のとおり、まさにこれがポップのスタンダード!! ハレルヤのセカンド・アルバム『Hallelism 2 Harmony』がリリースです。結成から15年を歩み、その間メンバーが入れ替わることなく3人で続けてきた音は"成熟"はもちろんのこと、そのキャリアにして希有な"瑞々しさ"を放っています。OTOTOYでは2週間の先行配信とともに、いま一度彼らの音に触れてもらうべく、アルバムの中から1曲、フリー・ダウンロードでお届けします!! 彼らの15年を知る関西在住のライター、田中亮太によるインタヴューとともにお楽しみください。 「フルムーン」のフリー・ダウンロードはこちら (2014年8月14日(木)〜21日(木)まで) ハレルヤ / Hallelism 2 Harmony'【配信価格】alac / flac / wav(16bit/44.1kHz)、mp3 : 単曲 150円 / まとめ購入 1,500円【Track Li
臼井ミトン、錚々たる大御所が参加した2ndミニ・アルバムをハイレゾ配信
[FREEDL]・2014年07月31日・アメリカン・ルーツ・ミュージックの伝説を訪ねて"宅録"!? 旅するシンガー、臼井ミトンの新作をハイレゾで ジョン・レノンやボブ・ディランのドラマーとして70年代のロックを牽引したジム・ケルトナー。B.B.キングから山下達郎まで、無数の名盤にその名を刻むベーシスト、ウィル・リー。ニューオリンズを代表する伝説的なピアニスト、ヘンリー・バトラー…。錚々たる大御所ミュージシャンにバックを任せ、自身2作目となるミニ・アルバムを完成させた日本人シンガー・ソングライターがいる。彼の名は臼井ミトン。今年30歳になるアーティストで、グラフィック・デザイナーとして働きながら、マイペースに音楽活動を続ける存在だ。彼はいかにしてビッグ・ネームたちをみずからの作品に参加させることに成功したのか。その答えは、レコーディング機材をリュックに詰めて現地に渡り、それぞれのミュージシャンと直接コンタクトを取りながら、各地で"宅録"をしてしまうというスタイルにあった。 OTOTOYでは、この臼井ミトンが完成させた2ndミニ・アルバム『真夜中のランブル』をハイレゾで配信開始。しかも、収録曲から「ロンサムジョージ」をフリー・ダウンロードでお届けする
by Reviewed by Kentaro Takahashi
アンドロメルト『子供と動物』をハイレゾ配信&インタヴュー
[FREEDL]・2014年07月24日・佐久間正英と共にレコーディングし、学び、創造したものとは?ーーアンドロメルト、渾身のデビュー作を先行ハイレゾ配信 Myspaceを通じて送った音源が、音楽プロデューサーの佐久間正英の耳にとまり、共にレコーディングをするなどじっくり楽曲制作に励んできた才能たちが、バンド名をアンドロメルトにし世の中に放たれる。ソリッドなギター・カッティングとともに疾走感あふれる楽曲で幕をあける『子供と動物』は、電子サウンドが組み合わさることで、その野性味溢れる生々しさが際立っていく。それでいて、青木凛のヴォーカルとメロディが相まって、キャッチーさも持ち合わせた好作となっている。そんな本作をハイレゾで先行配信。さらに、そのなかから1曲フリー・ダウンロード、そしてメンバーへのインタヴューで彼らの魅力をお伝えしていく。御託は置いておいて、聴いて判断してみてほしい。 「さよならスパイダー」のフリー・ダウンロードはこちら 佐久間正英レコーディングの7曲を中心に完成させた1stアルバムアンドロメルト / 子供と動物(24bit/48kHz)販売形式 : ALAC / FLAC / WAV販売価格 : 単曲 194円 まとめ購入 1,29
by 渡辺 裕也
 
筆者について
同じ筆者による他の記事