『Play for Japan Vol.10』参加アーティストのコメント

◎音源のダウンロードはこちら◎

sominica

東京で活動しておりますsominicaの橋本裕弥です。
震災の影響でバンドでのレコーディングは困難となりましたので弾き語りでの参加と相成りました。
私が現在住む福島県二本松市は幸いにも地震の被害は少なく、多くの被災者の方々の避難場所が設けられております。
しかし、原発の問題、放射線とその風評被害によりまだまだ予断を許さない状況です。
街灯、表札、店々の看板、そして沢山の人たちの生活が溢れる街の暮らしが、一日でも早く戻るのを心から願っております。
スペシャルサンクス 二本松に避難している浪江の子供たちの笑い声 「元気?」 「元気。」

PADOK

たった3週間前の平穏な暮らしに戻るためにあと何週間かかるかはわかりませんが戻ることを願う他ありません。

有明け

僕は被災地の事を語るに足りません。
だから、一生懸命自分のために自分のやるべき事をやって、一生懸命誰かのために自分のやるべき事をしていこうと思います。

中村好伸

音楽によって、皆様の心が少しでも休まり平穏な時が過せるのであれば、僕は何時間でも何日でも奏で続けようと思います。一刻も早い復興を祈るばかりです。

Shinsaku Moriyama from PETSET

少しでも被災地の方の力になれればと、ギターを手に取りました。1日でも早い復興を心よりお祈りします。

4 bonjour's parties

このコンピに参加するにあたり、メンバーで伝えたい想いや願いを出し合いましたが、いろいろな気持ちが溢れすぎて、なかなかまとまりません。。。自分たちが今出来る事を模索していた中、機会を与えてくださったOTOTOYと、義援に参加してくださった音楽を愛する方々に本当に感謝します。一刻も早く、被災地の方々が、笑顔や元気や安らぎを取り戻せますように。。。

Harp On Mouth Sextet

言葉にできない思いを音で表現しました。少しでもお力になればと。

Gak Sato

こんな音を楽しめる小さな余裕が生まれれば本当に良いなと思います。

グリンフィールドのアフターダーク

被災地の皆様のもとへ一日も早く心の平穏と暮らしの安定が訪れますように。

imaginion + Tyme.

家も無く、食事も無く、夜を明かす術も無い方々にとって、恐らく音楽は無力だと思います。
ですから、今はそれをお金に替えることで、一日でも早く、最低限の安心を取り戻して頂けるよう、その手助けの一つになれたらと思い、微力ながら参加させて頂きました。

minamo

前に進む力と、時に立ち止まり耐える勇気のために。様々な支援のあり方を考え、長く実行していきたいと思います。

monocism

僕らに出来る何かを探して頑張ります。
少しでも早く平穏な日々が訪れますように。

uka

震災から数日間、イギリスで日本のニュースを見ては涙が止まりませんでした。
この曲はその中で、日本や被災地のことを思いながらできた曲です。
一曲の音楽で何が変わるかは分かりませんが、一瞬でも、誰かの悲しみを和らげることができればと思います。
美しくやさしい日々が戻ってきますよう。

Polar Chalors (HATA from Dachambo & SINSUKE FUJIEDA)

1.被災地の方々へのお見舞いと、亡くなった方へのお悔やみを申し上げます。
私たちの音楽が少しでも力になる事が出来たら幸いです。
また今回の震災で明らかになった人災である原発に、我々は強く反対を訴えて行きたいと思います。
日本を子供を育てられない土地にしてはなりません。共に立ち上がろう。

夢中夢

希望と確信を。Hope

坂本美雨 with 中島ノブユキ+高田漣

あたりまえの日常が
こんなにもかけがえのない、
愛しいものだったと身に染みた今、
この曲をもう一度、歌いたくなりました。
小さいときから大好きだったこの曲を、
中島ノブユキさんと高田漣さんと一緒に
おうちで録音しました。
とても、穏やかな時間でした。
(坂本美雨)

enami Taisuke 江南泰佐

被害にあわれた方々のことを無視せず、忘れることなく微力ながらも出来ることをしていきます。

綾戸智恵

今、世界中がみなさんを見守っています。
そして、手を差し伸べています。
私のこの歌がみなさんの心に寄り添い、少しでも支えになればと願っています。

多田玲子(Kiiiiiii)

どうぞ悲しいことが少しづつでも減り、
どうぞ楽しいことが少しづつでも増えますように。
少しづつ、長く、頑張ろう。

 
 

"special"の最新アーカイヴ

素晴らしきメランコリーの世界 〜南米の音楽の現在〜
[SPECIAL]・2010年10月23日・ 石郷岡 学(山ブラ会長) × 花田 勝暁 スペシャル対談 〜素晴らしきメランコリーの世界〜 10月某日。今回、OTOTOYさんから、「得体の知れない盛り上がりを見せ始めている南米の音楽についてざっくりと語ってほしい」という依頼があって、山ブラこと「山形ブラジル音楽普及協会」の会長である石郷岡さんを、山形県山形市まで訪ねてきました。紅葉と旅気分が相まって気分高揚! ! ! マックス・ハイ・テンション(by AKB48)な状態で、市内の某ホテルで石郷岡さんをつかまえました。いざ突撃〜〜ぃっ! インタビュー&文 : 花田 勝暁 国境やジャンルや時代そんな制約から自由で純粋な美しさを追求する音楽そんな美しい音楽への共感の輪が繋がった2010年の空気感を、もし言葉にするなら、そんな風に言えるかもしれないです。(山ブラ会長:石郷岡 学) 山ブラって? 石郷岡 学(以下I) : 東京から山形まで、思ったより時間かかんなかったですよね? 新幹線で3時間。今度はイベントの時にもいらして下さいよ。この前のカルロス・アギーレのコンサートも評判良かったし、来る価値ありますから! 花田 勝暁(以下H) : 確か...... 山ブ
OTOTOY DSD SHOP 2014開催!! - Point of No Return
[SPECIAL]・2014年11月18日・Point of No Return - OTOTOY DSD SHOP 2014 12/9(火)12:00〜12/15(月)19:00@ヒカリエ8Fですよ! OTOTOY DSD SHOP2014とは? OTOTOYでは、近年巷で話題の“ハイレゾ(Hi-Resolution)”という、CDよりも高音質のデジタル・オーディオ・データを精力的に取り扱っております。そのハイレゾや、ハイレゾのなかでも最高峰の音質と謳われるデジタル・オーディオ・フォーマット、DSD(Direct-Stream-Digital)をご紹介するイヴェントです。 2010年よりDSD音源の配信を始め、様々な形でハイレゾひいてはDSDを提案し続けてきたOTOTOYが、実際にユーザーがその音を体感出来る「場」を作ろうと考え、協賛各社にご賛同いただいて実現したのがこのOTOTOY DSD SHOP。“SHOP”と銘打ちながらも、販売をする場ではなく、展示やライヴ、トークなど様々な形で「ハイレゾを知る」、「ハイレゾを聴く」、「DSDを知る」、「DSDを聴く」ことが出来る場所を提供します。 OTOTOY DSD SHOP 2014、3つの特徴fo
OTOTOY DSD SHOP 2013
[SPECIAL]・2013年10月30日・ やります、OTOTOY DSD SHOP 2013!DSDのサウンドは一度、体験したら、忘れられません。昨年の暮れ、OTOTOY は渋谷ヒカリエで最初のOTOTOY DSD SHOPを開催しました。2012年には数多くのオーディオメーカーが、DSDを再生するプロダクツを発表したからです。OTOTOYでは2010年からDSDによる高音質配信を進めてきましたが、いよいよ、時代がそれに追いついてきた。そして、2013年にはさらに多くのオーディオメーカーがDSD再生のためのプロダクツを発表。DSDを楽しむ環境は整った。もう後戻りはありえない=POINT OF NO RETURNをコンセプトに開かれるのが、今年のOTOTOY DSD SHOPです。 昨年のOTOTOY DSD SHOPでは各社のDSD DACやDSD対応のCDプレイヤー、ヘッドフォンなどを自由に触り、試聴できるスペースを作るとともに、様々なトーク・イヴェント、ライヴ&レコーディング・イヴェントなどを開催しました。今年はそれをさらにパワーアップ。メイン会場の渋谷ヒカリエ以外でも、DSDの魅力を体験できるイヴェントを予定しています。OTOTOYやe-on
OTOTOY LIVE REC ARCHIVES
[SPECIAL]・2011年12月03日・ 一度きりの名演を高音質で! ライヴ・ハウス等で毎日行われている熱演を出来るだけ早く、良い音で、そして生々しく録音し配信する事を目的として始めたOTOTOYのLIVE RECシリーズ。アーティストだけでなく、Sound & Recording Magazineやeast worksの協力もあり、たった2年でなんと40以上ものタイトルが生み出された。ライヴ・レコーディングが始まってから1年後には、最高音質のDSDで録音出来るKORG MR-2000と言うレコーディング機器も導入され、OTOTOYのライヴ・レコーディングは、新たな展開に突入。ライヴ・ハウスだけでなく、プラネタリウムやフェス、名門BLUE NOTE等、録音場所は多岐にわたる。本ページでは、そんなOTOTOYやSound & Recording Magazineが行ったLIVE RECシリーズをまとめてみた。アーティスト、エンジニアと編集部の汗と涙の軌跡を、最高の音質でどうぞご堪能下さいませ。 【ダウンロードに関して】windowsをご利用のお客さまは、標準の解凍設定、もしくは解凍ソフトによっては正常にファイルを解凍できない可能性がございます。その
by オトトイ
recommuni パワー・プッシュ!! Fuji rock出演アーティスト特集
[SPECIAL]・2009年07月14日・ 2008年7月にレコミュニがリニューアルして1年。これまでに邦楽、洋楽、有名、無名、老若男女を問わず、レコミュニ・スタッフの感度抜群のアンテナに、ビビッと反応したアーティストをいち早く紹介してきました。その中から、日本最大のフェスティバルであるFUJI ROCK FESTIVALに、たくさんのアーティストが出演します! どうやら、レコミュニ・スタッフには先見の明があるようです(笑) そして、この機会にレコミュニが大プッシュしてきたアーティストを、ステージごとに一気に紹介しちゃいます。インタビューや、レビュー、podcast対談など、色々な企画があるので、開催まで残り一週間。これを見て楽しんでください!! FIELD OF HEAVEN 出演アーティストクラムボン (7/24 20:00〜) 1995年に始動。1999年シングル「はなればなれ」でメジャーデビュー。当初よりライヴやレコーディングなどにおいて他のアーティストとのコラボレーションや楽曲提供、プロデュースなど多岐に渡る活動を続けながら、独自のスタンスを築き上げている。2007年7枚目となるオリジナル・アルバム『Musical』をリリース。そ
サウンドポタージュ diskunion × CR-J tokyo
[SPECIAL]・2009年04月29日・ 「サウンド・ポタージュ」selected by diskunion CRJ-tokyo 去年からなにやらインディーズ・シーンが騒がしい。リリースが相次ぎ、多くの自主企画が開催され、どこかしらでインディーズ・バンドが大騒ぎを繰り返しているのだ。そんな中、幅広い音楽の知識と20年以上続く伝統を持ち、信頼のおけるチャートを制作しているCRJ-tokyoと、CD-Rであろうと自主盤であろうと、とにかく質の高い音楽を棚に面チンし続けるdisk unionが、協力してインディーズの未来を予見するコンピレーション・アルバムを制作した。 あるインディーズ・バンドの中から10組のアーティストを選ぶという難解な決断を行うことができたのは、アーティストとリスナーの両方から信頼を受ける二組だからこそだ。そんなCRJとdisk unionの首謀者に話を聞きつつ、「サウンドポタージュ」収録アーティストを中心にした独断と偏見の2009年インディーズ相関図を制作してみた! 小さな断片だけれど、とても重要な記録である。 インタビュー —サウンド・ポタージュを制作するきっかけを教えてください。 disk union 亀山直幸(以下 :
ダンス・ロック特集
[SPECIAL]・2009年04月18日・ ダンス・ロックはどこへ向かうのか? 噂のシーンを解き明かせ! 音楽シーンを、「ダンス・ロック」という言葉が賑わせている。跳ねるリズムとハンド・クラップで満員のフロアをカラフルに染め上げるthe telephones、MONICA URANGLASS。あるいは中毒性に満ちたリズムと突き刺すようなサウンドで襲いかかるPILLS EMPIRE、The Brixton Academy。さらにはガレージ・ロックをダンサブルに仕立てたBuffalo' 3なども含め、ダンス・ロックと呼ばれるバンドが未曾有の盛り上がりをみせているのだ。シーンの経緯や動向、これからについて、ライヴ・DJ複合型パーティー"Free Throw"のオーガナイザー兼DJであり、新宿のライヴ・ハウスMARZの店長でもある、ダンス・ロック・シーンの立役者、タイラダイスケ氏に話を伺った。 インタビュー&文 : 榎山朝彦 INTERVIEW (ニューウェイヴ・リバイバルの)楽しさを、the telephonesが初めてちゃんとポップ・シーンに投げかけた —もともとタイラさんは、地元である茨城の水戸で、イベンターとして活躍されていたんですよね? タイラダ
by 榎山 朝彦
recommuni Recommy Award 2008
[SPECIAL]・2008年12月12日・ Recommy Award 2008 受賞式 2009年1月12日、ウリチパン郡にレコミー賞のトロフィーを渡してきました! イベントは、岸野雄一率いるワッツタワーズ主催の『FUCK & TOWN』@o-west。リハーサルとライブの忙しい時間にも関わらず、快く受け入れてくれたメンバーは、とてもとてもピースフル! イベントには話題の相対性理論も出演するとの事で解放された二階席までも超満員! そこに一番手で登場したウリチパン郡のサウンドは、パワフルで原始的なビートに人懐っこいメロディがミックスされ、とてもとても心地良いもの。架空の街をイメージしているというバンド名の通り、いつの間にか会場は一つの街になったような雰囲気に。 ベスト・テイクは「ゼノン」でした。独特のアフロ・ビートに印象的なシンセが重なると、お目当てのバンド関係なしに自然と体をゆらして踊る人が続出! そんな中『この日が現編成でのラスト・ライブ』とオールタイチがMCで突然の告白をし、場内にはざわめきが。けれど、その幅広いバック・グラウンドと色彩豊かなアイデアで、次回のライブでは更に進化したポップ・ミュージックを聴かせてくれるでしょう