『Play for Japan Vol.1』参加アーティストのコメント

◎音源のダウンロードはこちら◎

number0

自分たちの非力さを痛感しながらも、何か少しでも出来ることを探しました。
この想いが一人でも多くの人の希望に繋がることを祈って。

クラムボン

この小さな息づかいも遠い誰かにつながるように・・・愛をこめて(原田郁子)
被災したみなさんに、ぼくらが届けられる全てを、願いを(ミト)
ドラムたたく時と同じ真っ直ぐな気持ちで...応援しています!!!(伊藤大助)

MODLUNG

再会した時には、ともに酒を酌み交わし、歌いましょう。亡くなった方々には心よりご冥福をお祈りいたします。

holiday in tampere club、ハレルヤ × あたりめ、TREMORELA

震災当日、メディアを通して見る映像や情報に目を疑いました。
数日が経ち、明らかになる状況に驚かされました。
自然の大きさを改めて気付かされました。
そして阪神大震災から復興している人間の力を思い出しました。
震災で被災された方々にお見舞い、ご冥福をお祈りいたします。
そして、一日でも早い復興を心から願っております。
(MONOTONE代表 清水英載)

elekibass

普段から「ハッピー」を旗印に活動してて、こんなときにハッピーを届けられなかったら、うそでしょ!! 愛なのか愛じゃないのかどうかよくわからないけど「愛だろ」とおもいます

FLEET

被災地の皆様、辛く不安なことが沢山あると思います。
いま、東京にいるぼくや日本全国の人々も、さらに世界中の人々が、この悲劇を受け止め、応援しております。
心を一つにしてこの悲劇を克服する強さが人間にはあると信じています。頑張って下さい!

sgt.

僕らの音楽が少しでも皆様の力になって頂きたいです。

MONO

失望を希望と勇気に!

Aureole

被災者の方々にお悔やみとお見舞いを申しあげます。
このアルバムの販売が被災者の方々の助けとなれれば最高です。
辛い出来事には変わりありませんが、この曲名の通り、これから取り戻せる事も沢山あるはずです。
少しずつでいいので復興していける事を心よりお祈りしております。

clams

どうか時間があなたに優しくありますように。音楽があなたの心を少しでも癒しますように。希望を持って。阪神淡路大震災被災者より底力をこめて

Parts&Labor

一刻も早く皆さんが元通り笑顔で音楽を楽しめる日がくることを祈りつつ、
音楽情報を発信していきます。

the chef cooks me BAND

点と点と点と点と点と…×無限 強く強く繋がり続けましょう。どこまでもどこまでも。

ウミネコサウンズ

東北地方太平洋沖地震の各地の被害を報道をみて知り、大津波で流されていく建物をみて涙がでてきました。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。そしてご遺族の皆様に心からお悔やみ申し上げます。自分の実家、青森八戸でも被害があったようで、駆けつけたいと思ってるところです。各地で家を失ったり被害にあった方々は、これからどうしたらいいのかと精神的に弱っている方が多いと思いますが、命があるならば、どうかひとりだと思わないでもらいたい。人は支えあって生きてるんだよと子供の頃母親が教えてくれたことを思い出し、微力ではありますが東北地方太平洋沖地震救済コンピに参加させて下さい。どうかあきらめずに、生きて頑張りましょう。
(古里おさむ)

フラバルス

日本の復興を力を合わせてやり遂げましょう。音楽でも、それ以外でも。

Asohgi

このような状況の中ですが、ほんの少しでも皆さんの心身が落ち着きますように。どうかご無事であり続けられますように。京都よりお祈りし続けております。

world's end girlfriend

抵抗と祝福を。
どんなに姿形を変えながらでもあなたの夢がいつかきっと叶いますように。

オガサワラヒロユキ

音楽を通じて具体的に力になれる方法はないか、と考えました。
被災地の方々の健康と安全を心よりお祈りしています。
一日も早く安らかな気持ちで音楽を聴けますように。

名倉剛志

被災者の方々をはじめ、それを支援する方々に勇気または安らぎを与えることのできる音楽。
それってきっと人の温もりや繋がりを感じられるからだと思うんです。

ニュースの中の炊き出しにあった、手づくりのおむすびは美味しそうでした。
きっと人の温もりがなによりも食べた人を元気づけているんだと思う。
そうやって人の心と心を結んだあの“おむすび”こそ、
このコンピレーションのアイコンだと思い、デザインしました。

このコンピレーションを聞いて、あのおむすびのような温かい気持ちを被災地へ届けよう。
なによりこのコンピレーションが聞いた人のおむすびになるように祈ります。

『Play for Japan』特集ページへ戻る