『risu作品のエンジニアリング行程を通して自身のエンジニアリング哲学を肯定するハンサムは私だ。』

こんにちは、テクマ! です。今回はこちらに文章を書く機会をいただきましたので、私がトラック作成やミックスを手掛け、ototoyからリリースされるrisuさんの音源の製作についての解説を、Twitterにおける「〜ハンサムは私だ。」の文体とは違う、サンレコの機材レビュー調の文体にて、やんわりかつ一方的かつ各方面に配慮しつつ書かせていただきます。

まず今回の音源でトピックになるのはいまみちともたかさんの参加だと思います。ご存知、バービーボーイズのギタリストでありソングライターであり、ししゃもを食べまくったおかげで顔が長くなったという逸話も持つ、自称:ギターも得意なホラ吹き、です。近年では、椎名林檎さんの『ありあまる富』への参加で彼を知っている方も多いのではないのでしょうか。実はいまみちさんの参加については私がキッカケになっています。私の友人であるmusic from the marsの藤井友信君がいまみちさんと接点を持つようになり、ツイッターを薦め、そのツイッター上で私といまみちさんがだんだん交流するようになり、私が前作のミックスを手掛けたrisuさんにも興味を持つようになり、彼女主催で私も出演したイベント『ホンモノのニューウェーヴ』(他にはYorz In The Sky、ロマンポルシェ。、DJとして花形ハヤシさんも出演。)に来場してくれたのが、昨年の9月25日のこと。

その翌日、いまみちさんから私とrisuさんに「おとなげないことをします」というメールがあり、突然いまみちさん作詞・作曲のデモ曲が送られて来たのでした。「これはスゴイ!曲もメチャクチャカッコイイ!」ということで、メールでやりとりし、私がベーシックトラックを作成し、いまみちさんのギターをダビング、risuさんの歌もダビングして私がミックスする、という製作の段取りを決めました。

最初に私が行った作業は、BPMを測定して、送られたデモを愛用のLogic Expressに張ってリズムを組む、というものでした。ちなみにいまみちさんのデモはギター数本とオートチューン(ヴォコーダー?)がかけられた歌数本、というものでしたので、リズムは組みやすかったです。デモで使用されていたメトロノームの音が良かったので、これだけのデータをもらい、それと噛み合うようにリズムを組み、ベースライン、シンセパートなどを打ち込んで、risuさんにmp3を送ったところ「ベースがハネててやだ。こういうのがいい。」というお言葉と共にTelexのYouTubeのURLが送られてきましたので、それを参考にハネていたベースラインを8分音符のみの世界で再構築し、また、元のデモのデータともども構成をエディットして全体の長さを伸ばし(この時点で最終版とサイズは同じになっています。)、risuさんの確認の後いまみちさんに送付しました。

キーを変更することがメールのやりとりで決定され、昨年の某月某日、risuさんといまみちさんがテクノポップ研究所(私の自宅スタジオです)に来て、いまみちさんのギターのダビングが行われました。それからはrisuさん自身によるシンセのダビングと歌のレコーディング、いまみちさん自身によるギターのダビング、最終版の歌のダビング、をメールとファイル交換でやりとりし、私がミックス、いまみちさんがマスタリングして出来上がったのが、いま皆様の前にある『Cover Me』となります。

最近私が得意とするノーEQ、ではさすがに全てのミックス作業をやりきることはできませんでしたが、ギターの各種トラックはノーEQノーオートメーションで一曲を通して成立するバランスをギリギリまで追い込み、それでも演出としてどうしても強調したい場所だけリージョンを切る、という手法でミックスしたため、いまみちさんのプレイを活かした、整えられすぎていない音像になっているのではないか、と自負しています。また、作業途中でキーが変わったため、新しいキーで綺麗に鳴るシンセベースにするために、ネース用シンセのフィルターとエンベロープのエディットを行ったのも、興味深い思い出ですね。そうだ、私アナログモノシンセのSH-101も所有していますが、今回はLogic Express付属のソフト音源しか使用していないことも報告しておきます。

一方、『Space X』は元々risuさんがライヴでやっていた曲でして、これについてはファイル交換でrisuさんのマルチデータ(risuさんもLogicユーザーですのでプロジェクトファイルごともらいました。)といまみちさんがダビングしたギターのデータを送ってもらい、私がミックスしました。8ビートの曲というのは、全体の重心をどこに置くかでスピード感がガラっと変わってしまうものです。『Cover Me』はかなりズシっとした重心になっていましたが、こちらは重心を上げないとスピード感が削がれるけれどかといって軽い音場になってしまってもなぁ、、、といった方針決めでかなり悩みました。また、ノーアクセントで16分音譜で鳴るハイハットといまみちさんのリズムギターがどのぐらいの割合で耳に聞こえるといちばん機械的かつ人間的で、言うならばrisuさんの世界観に合うのか、という部分の方針決めにもかなり神経を使いましたね。『Cover Me』で得たノウハウでかけたトータルコンプレッサーがこちらには合わず、結局トータルコンプは無しにして、いまみちさんによるマスタリングに音圧出しはぜんぶ任せたことも報告しておきます。

といった具合で製作しましたこの2曲、末永く皆様にお楽しみ頂けますと幸いです。とはいえ、今度は、モア・ベターよ!テクマ! でした。

 
 

インタヴュー

HARCO、20年の集大成 HARCO名義ラスト・アルバムをハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年06月21日・HARCO、祝20周年! そして、HARCO名義ラスト・アルバム! 独占ハイレゾ配信&メール・インタヴュー 活動20周年を迎えたシンガー・ソングライターのHARCOが、約2年ぶりのソロ・アルバム、ならびにHARCO名義ラスト・アルバムでもある『あらたな方角へ』をリリースした。OTOTOYではハイレゾで独占配信開始。山崎ゆかり(空気公団)、山田稔明、伊藤俊吾、早瀬直久(ベベチオ)、田中潤(ゲントウキ)、平野航、安田寿之、Adi Nada、石本大介、伊藤健太、榊原大祐ほかのゲスト・ミュージシャンが参加し、色とりどりの華を添えている。来年、2018年からは本名で活動を新たに開始するHARCOに、本作のこと、未来にむけての思いなどをメールでインタヴュー。 HARCO / あらたな方角へ'【配信形態】(24bit/96kHz) ALAC / FLAC / WAV / aac : 単曲 300円(税込) まとめ購入 2,700円(税込)【Track List】1. Monday Mornings / 2. 東京テレポート / 3. 春のセオリー / 4. 北斗七星 / 5. TOKIO -平野航&HARCO REM
これぞパティロケ!な音づくり! Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年06月23日・これぞパティロケ! な音づくり── Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信 仙台出身5人組ガールズ・ユニット、Party Rockets GT(通称パティロケ)。先月5月17日にリリースされた『START!!』をOTOTOY独占ハイレゾ配信開始! 南波一海によるサウンド・プロデューサー・三宅英明へのインタヴューとともにお楽しみください。 Party Rockets GT / START!!'【収録曲】1. START!!2. Beyond3. 01 -ゼロイチ-4. キミと見た空5. START!! (Instrumental)6. Beyond (Instrumental)7. 01 -ゼロイチ- (Instrumental)8. キミと見た空 (Instrumental)【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】''単曲 324円(税込) / まとめ価格 2,592円(税込) INTERVIEW : 三宅英明 6月25日にグループ史上最大規模の赤坂BLITZ単独公演を控えるParty Rockets GT。彼女たちの最新シン
絡み合うショローの日常──芳垣安洋、大友良英、不破大輔による超強力トリオ、ショローCLUBの音源をハイレゾ独占配信!!
[POWERPUSH]・2017年06月15日・絡み合うショローの日常──芳垣安洋、大友良英、不破大輔による超強力トリオの音源をハイレゾ独占配信!! 日本が誇る超巨大ジャズ・バンド、渋さ知らズを率いる不破大輔、ROVOやオルケスタ・リブレなどで活躍するドラマー・芳垣安洋、フリー・ジャズ / 即興音楽界の鬼才としてはもちろん、近年では朝ドラ『あまちゃん』の音楽も担当した大友良英の3人がバンド・ショローCLUBを結成!! 数え切れないほどのセッションを現在も続けている3人ですが、この3人”だけ”で音を出すのは意外にも初めてだったとのこと。今回リリースされる音源『from 1959』はそんな3人のスリリングな演奏を収めたライヴ盤となっており、盟友・山本精一氏もゲスト参加した超強力な作品に仕上がっています。今作の配信はOTOTOYのみ、しかもハイレゾ、CDよりも安い!! そ・し・て!! ショローCLUBのお三方のインタヴューも掲載!! 音源と共にぜひともチェックを!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!ショローCLUB / from 1959'【Track List】01. Lonely Woman02. ラジオのように (原題:Comme à la radio
diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星
[CLOSEUP]・2017年06月14日・diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星 2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉。数多くの応募を勝ち抜き選ばれたのは、unizzz…、ペドラザ、東京塩麹という実力者3バンド。合格者はCD、レコードのWリリースが約束されており、6月から8月まで3ヶ月連続で音源が全国流通される。OTOTOYでも順次配信をスタート、各バンドへのインタヴューを掲載していく。 第1弾となる今回は、京都発男女ツイン・ヴォーカルのニューウェイヴ・バンド“unizzz… (ウニズ)”を特集。2016年の〈りんご音楽祭〉出演や今回のオーディション合格など、結成して1年足らずで多くの注目を集めつつある彼ら。ディスクユニオン内の新レーベル〈dim up〉からの第1弾リリースとなる今作『hello』を、OTOTOYでは1週間先行として6月14日より配信を開始。ステレオラブやテーム・インパラなど海外オルタナから、ゴダイゴやユーミンなどの70年代J-POPまで、さまざまな音楽から影
by 岡本 貴之
すべての音楽家に希望を与える新作リリース──8ottoが提示する音楽活動のかたち
[POWERPUSH]・2017年06月09日・すべての音楽家に希望を与える新作リリース──8ottoが提示する音楽活動のかたち 8otto is back!! 2004年の結成から各種フェス出演や海外アーティストとの共演、ドラム・ヴォーカル、4ピースという個性的な編成から鳴らされるグルーヴで多くのロック・ファンを魅了しているバンド・8otto(オットー)。この度2011年リリースの『Ashes To Ashes』以来、約6年ぶりとなるアルバムのリリースが控えている彼らがアルバムに先駆け、先行シングル「Ganges-Fox」を配信開始。ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文がプロデュースを担当した今作は、彼らの新章を感じさせるエモーショナルなロック・ナンバー。リリースから1ヶ月間はハイレゾ版配信はOTOTOYのみ!! 記事の公開と同タイミングでPVも公開されたのでそちらもマスト・チェック!! 1ヶ月ハイレゾ独占配信!!8otto / Ganges-Fox'【Track List】01. Ganges-Fox【配信形態 / 価格】''WAV,ALAC,FLAC(24bit/48kHz) / AAC 単曲 250円(税込) 8ottoの
宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月09日・宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース バンド・かろうじて人間のギタリストとしても活躍する電子音楽家・宮田涼介。アンビエントやエレクトロニカを好み、バンド活動とは打って変わってノスタルジックな音を響かせている。OTOTOYではそんな彼の"空想・絵空事"を描いた5thアルバムを配信中。今回はピアノソロに焦点を当て、聴いているだけで情景が浮かぶような抒情的なトラックを集めた作品集となった。アルバムのテーマにも繋がる「幼少時代」について迫った対談と共にお楽しみください。 宮田涼介の5thアルバムを配信中!宮田涼介 / films'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 220円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. sorrow 2. condolences3. umbre 4. ank 5. waffle caramel ice cream6. oborodukiyo7. leafe 8. at eventide 9. hitohuta 10. orion 1
by 鈴木 雄希
さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月14日・さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ!! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース テレビCMや、リオデジャネイロ・オリンピック閉会式にて楽曲が使われ、お茶の間にもその音楽が浸透してきたH ZETTRIO。そのバンドマスター、H ZETT Mが4年ぶりとなるピアノ・ソロ・アルバム『共鳴する音楽』をリリース。OTOTOYでは今作を1週間先行で配信を開始! 誰しも耳にしたであろう「あしたのワルツ」のソロ・バージョンのほか、名曲揃いの26曲を収録。今回のインタヴューでは、新アルバム『共鳴する音楽』の制作に関する話のほか、彼のインスピレーションの源についても語ってくれた。ぜひ新作『共鳴する音楽』と共にお楽しみください。 4年ぶりとなるソロ・アルバムがリリースH ZETT M / 共鳴する音楽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / アルバム 3,240円(税込)【収録曲】''disk11. ショーがはじまる2. 極秘現代3. 踏み出すニュー4. すました日常5. 水の流れ6. 高貴な連帯7. 果てしないカーブ8. 争う
by 岡本 貴之
いわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバムをハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年06月07日・このメンバーじゃなきゃやりたくないーーいわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバム完成 2007年に結成された、いわきを拠点に活動する4人組ロック・バンド、notice it。尖ったポップ感覚とロックのダイナミズムを、ポストパンク、ダンス・ロック、オルタナティヴなどの音楽を通過し昇華させている。津波から生還したヴォーカル政井大樹を中心に福島を代表するバンドとして活動を続け、約5年ぶりとなる2ndアルバムをリリースし全国に発信する。アルバム・タイトルの『lamp』は、過去戦争や震災の被害から幾度も復活し周りを照らし続ける地元の塩屋崎灯台からインスピレーションされ、自身もそういう音楽を発信したいという想いからつけられたという。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、1曲フリー・ダウンロードするとともにメンバー4人へのSkypeインタヴューを掲載する。 >>「Symbol」のフリー・ダウンロードはこちらから
by 渡辺 裕也
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事