『risu作品のエンジニアリング行程を通して自身のエンジニアリング哲学を肯定するハンサムは私だ。』

こんにちは、テクマ! です。今回はこちらに文章を書く機会をいただきましたので、私がトラック作成やミックスを手掛け、ototoyからリリースされるrisuさんの音源の製作についての解説を、Twitterにおける「〜ハンサムは私だ。」の文体とは違う、サンレコの機材レビュー調の文体にて、やんわりかつ一方的かつ各方面に配慮しつつ書かせていただきます。

まず今回の音源でトピックになるのはいまみちともたかさんの参加だと思います。ご存知、バービーボーイズのギタリストでありソングライターであり、ししゃもを食べまくったおかげで顔が長くなったという逸話も持つ、自称:ギターも得意なホラ吹き、です。近年では、椎名林檎さんの『ありあまる富』への参加で彼を知っている方も多いのではないのでしょうか。実はいまみちさんの参加については私がキッカケになっています。私の友人であるmusic from the marsの藤井友信君がいまみちさんと接点を持つようになり、ツイッターを薦め、そのツイッター上で私といまみちさんがだんだん交流するようになり、私が前作のミックスを手掛けたrisuさんにも興味を持つようになり、彼女主催で私も出演したイベント『ホンモノのニューウェーヴ』(他にはYorz In The Sky、ロマンポルシェ。、DJとして花形ハヤシさんも出演。)に来場してくれたのが、昨年の9月25日のこと。

その翌日、いまみちさんから私とrisuさんに「おとなげないことをします」というメールがあり、突然いまみちさん作詞・作曲のデモ曲が送られて来たのでした。「これはスゴイ!曲もメチャクチャカッコイイ!」ということで、メールでやりとりし、私がベーシックトラックを作成し、いまみちさんのギターをダビング、risuさんの歌もダビングして私がミックスする、という製作の段取りを決めました。

最初に私が行った作業は、BPMを測定して、送られたデモを愛用のLogic Expressに張ってリズムを組む、というものでした。ちなみにいまみちさんのデモはギター数本とオートチューン(ヴォコーダー?)がかけられた歌数本、というものでしたので、リズムは組みやすかったです。デモで使用されていたメトロノームの音が良かったので、これだけのデータをもらい、それと噛み合うようにリズムを組み、ベースライン、シンセパートなどを打ち込んで、risuさんにmp3を送ったところ「ベースがハネててやだ。こういうのがいい。」というお言葉と共にTelexのYouTubeのURLが送られてきましたので、それを参考にハネていたベースラインを8分音符のみの世界で再構築し、また、元のデモのデータともども構成をエディットして全体の長さを伸ばし(この時点で最終版とサイズは同じになっています。)、risuさんの確認の後いまみちさんに送付しました。

キーを変更することがメールのやりとりで決定され、昨年の某月某日、risuさんといまみちさんがテクノポップ研究所(私の自宅スタジオです)に来て、いまみちさんのギターのダビングが行われました。それからはrisuさん自身によるシンセのダビングと歌のレコーディング、いまみちさん自身によるギターのダビング、最終版の歌のダビング、をメールとファイル交換でやりとりし、私がミックス、いまみちさんがマスタリングして出来上がったのが、いま皆様の前にある『Cover Me』となります。

最近私が得意とするノーEQ、ではさすがに全てのミックス作業をやりきることはできませんでしたが、ギターの各種トラックはノーEQノーオートメーションで一曲を通して成立するバランスをギリギリまで追い込み、それでも演出としてどうしても強調したい場所だけリージョンを切る、という手法でミックスしたため、いまみちさんのプレイを活かした、整えられすぎていない音像になっているのではないか、と自負しています。また、作業途中でキーが変わったため、新しいキーで綺麗に鳴るシンセベースにするために、ネース用シンセのフィルターとエンベロープのエディットを行ったのも、興味深い思い出ですね。そうだ、私アナログモノシンセのSH-101も所有していますが、今回はLogic Express付属のソフト音源しか使用していないことも報告しておきます。

一方、『Space X』は元々risuさんがライヴでやっていた曲でして、これについてはファイル交換でrisuさんのマルチデータ(risuさんもLogicユーザーですのでプロジェクトファイルごともらいました。)といまみちさんがダビングしたギターのデータを送ってもらい、私がミックスしました。8ビートの曲というのは、全体の重心をどこに置くかでスピード感がガラっと変わってしまうものです。『Cover Me』はかなりズシっとした重心になっていましたが、こちらは重心を上げないとスピード感が削がれるけれどかといって軽い音場になってしまってもなぁ、、、といった方針決めでかなり悩みました。また、ノーアクセントで16分音譜で鳴るハイハットといまみちさんのリズムギターがどのぐらいの割合で耳に聞こえるといちばん機械的かつ人間的で、言うならばrisuさんの世界観に合うのか、という部分の方針決めにもかなり神経を使いましたね。『Cover Me』で得たノウハウでかけたトータルコンプレッサーがこちらには合わず、結局トータルコンプは無しにして、いまみちさんによるマスタリングに音圧出しはぜんぶ任せたことも報告しておきます。

といった具合で製作しましたこの2曲、末永く皆様にお楽しみ頂けますと幸いです。とはいえ、今度は、モア・ベターよ!テクマ! でした。

 
 

インタヴュー

原点回帰と追い求める理想──自分達の歩幅で進み始めたgoodtimes、待望の初インタヴュー!
[INTERVIEW]・2017年10月18日・原点回帰と追い求める理想──自分達の歩幅で進み始めたgoodtimes、待望の初インタヴュー! 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼ら。この度、第8弾「みにくいいきもの」の配信を記念し、goodtimes初インタヴューを掲載する。彼らの過去の配信作もおさらいしながら楽しめる記事となっているので、楽曲と照らし合わせながら読み進めていただきたい。 goodtimes 「鈍感なふりを続ける心」に突き刺さる第8弾goodtimes / みにくいいきもの'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. みにくいいきもの INTERVIEW : 音楽を始めようって思ったきっかけは歌いたくなる曲だった 1度聴いたら耳から離れないキャッチーなメロディーと、無自覚になるまで心の奥底に沈めた本心を、いとも簡単に突くことで、着実に名を
by JJ
[CLOSEUP]・2017年10月19日・まさに“NEW”な魅力まみれ?! ──つしまみれ&つしまげる、メンバー4人インタヴュー! つしまみれが新アルバム『NEW』をリリースした。約2年ぶりとなる今作は、これまで17年半活動をともにしてきたメンバー、みずえ(Dr)脱退を乗り超え、そして新ドラマー・まいこ加入後初となる作品となる。まさに“NEW”なつしまみれの、新たな物語のはじまりを告げる1枚となっている。OTOTOYでは今作の1週間先行配信を実施、さらにアルバム購入者には、新アルバム『NEW』についてメンバーが語った『『NEW』-帰ってきた副音声まみれ-』をはじめ豪華特典もご用意。さらに、新生「つしまみれ」のスタートに華を添えるべく誕生した、まり、やよい、元・嘘つきバービーのドラム・しげるによる遊び心満載の新バンド、“つしまげる”のデビュー・アルバム『つしまげる』も配信開始。OTOTOYでは“つしまみれ”と“つしまげる”のメンバー4人へのインタヴューをお届け! およそ2年ぶりの新アルバムをハイレゾ配信! OTOTOYだけの豪華特典も! つしまみれ / NEW (24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kH
by 純三
8ottoの新たな旅立ち──ゴッチ・プロデュースによる6年ぶりの新作『Dawn On』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年10月18日・8ottoの新たな旅立ち──ゴッチ・プロデュースによる6年ぶりの新作『Dawn On』をハイレゾ配信 2004年の結成から、ドラム・ヴォーカルを含む4ピースという個性的な編成で活動、そこから鳴らされるグルーヴで多くのロック・ファンを魅了しているバンド、8otto(オットー)。各種フェス出演や海外アーティストとも多く共演するなど、もはやベテランの風格も備えたベテランといっていいだろう。 このたびASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文をプロデューサーに迎え、なんと6年ぶりの新アルバム『Dawn On』をリリース! OTOTOYでは今作のハイレゾ配信も実施中。このインタヴューと合わせてお楽しみください。 8ottoがついに本格再始動! 6年ぶりの新アルバム! 8otto / Dawn On'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,800円(税込)【収録曲】1. Ganges-Fox2. SRKEEN3. Romance4. It's All Right5. 赤と黒6. Rollin
by 鈴木 雄希
fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月13日・fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載! 雑多な音楽性をポップにまとめあげ、耳にする人の心と体を踊らせる4人組、fula。2016年にギター・石川、ベース・安本、ドラム・髙木が脱退し、それまでのメンバーと作りあげた「楽しい音楽」「踊れる演奏」「情熱」を受け継ぎ、新たにドラム・遠藤、ベース・馬場、ギター・ピギーが加入し。再出発を始めた彼らの新体制1発目となるアルバム『ノート』の発売を記念し、インタヴューを敢行。新譜とともにお楽しみ下さい。 新体制初となるアルバムをドロップfula / ノート'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit / 44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''01. Circle of Flame02. スターショア03. のあ 04. Catwalk 05. 航海日誌06. グレイヴダンス 07. よあけ08. クラップユアハンズ09. 散歩道10. 夕焼け 11. 恋のスーパーケイデンス INTERVIEW : fula 突然メンバー3人の脱退
【INTERVIEW】朝も夜も、あなたの心にドッコイセ──Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ
[CLOSEUP]・2017年10月11日・Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ──先行&フリー曲配信開始 cero、そしてSuchmosらの登場によってシティ・ポップの一大ムーブメントが巻き起こった2015~16年。その隆盛を経て、一旦落ち着きつつあるライヴ・シーンのなかで、一層際立つバンドがいる。それがDokkoise House。シティ・ポップを都市から郊外に移したグッド・ミュージックは、都会的な側面と土着性を兼ね備え、HOLIDAY!RECORDSやモナレコードから一気に火が着いた。早耳のリスナーを虜にするその音楽性は、果たしてどこが源流となっているか。また、そのユニークなバンド名の由来は? ジャケットに込められた意味とは? バンド初となるインタヴュー。結成から音楽的なルーツ、そして現状と未来。Dokkoise Houseのそのすべてを露わにする。OTOTOYでは本作を1週間先行で配信するとともに、まずは最初の名刺とも言える彼らのリード曲「Trolly」をなんとフリーで期間限定配信。 毎日の生活にそっと寄り添う郊外型シティ・ポップを1週間先行配信!Dokkoise House / Pilotis Grow'【配
by 中の人
祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!
[CLOSEUP]・2017年10月11日・祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜にする! いま日本で1番ソウルフルでファンクなロック・バンドといえば…… そう、BRADIO! 今年の夏には〈ROCK IN JAPAN FES〉をはじめ、〈SUMMER SONIC〉、〈SWEET LOVE SHOWER〉など数多くのフェスに出演、さらに4月に行われた中野サンプラザワンマン公演をソールドアウトさせるなどその勢いはとどまることを知らない! そして〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たし、その勢いはさらに加速するばかり。メジャー1作目となる今作『LA PA PARADISE』は、桑田佳祐や、玉置浩二、布袋寅泰を手掛けた藤井丈司をプロデューサーに起用し、BRADIOの力を最大まで引き出した作品となっている。OTOTOYでは今作の配信開始とともに、メンバー4人へのインタヴューを掲載。メジャー・デビューを果たした、いまの彼らに迫った。 祝! メジャー・デビュー! 初シングルをハイレゾ配信開始 BRADIO / LA PA PARADISE(24bit/96kHz)'【配信形
by 岡本 貴之
コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年10月09日・コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載 2017年6月、Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来11年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースした。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作をハイレゾ配信開始する。それを記念し、22歳でフリッパーズ・ギターのレコーディング・エンジニアを務め、今作でもミックス、マスタリングを担当しているエンジニア・高山徹にインタヴューを敢行した。本インタヴューとともに、この大傑作をハイレゾでご堪能ください。 2017年を代表する作品を待望のハイレゾ配信スタートCornelius / Mellow Waves (24bit/96kHz)【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】アルバム価格 : 2,571円【収録曲】1. あなたがい
「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年10月04日・さぁ、やつらの復讐劇のはじまりだ! ──エピソード「2」の幕開けを告げる『VIRGIN』を配信開始! 現在無期限活動休止中のThe SALOVERSのヴォーカリスト、そして最近では俳優として連続テレビ小説『ひよっこ』への出演など、多岐にわたって活躍をする古舘佑太郎。そして銀杏BOYZとしても活動をしている加藤綾太。このふたりを中心に結成された4人組ロック・バンド「2」が〈Youth Records〉より1stアルバム『VIRGIN』をリリース。初期衝動的でありながらストーリーテリングな古舘の歌と、それを彩る、加藤綾太(Gt.)、yucco(dr.)、赤坂真之介(ba.)が織りなすキレ味抜群のオルタナティヴかつ疾走感満載のサウンドは、聴いたものの心にストレートに突き刺さるだろう。さまざまなことがあった過去はもう振り返らない! 4人の若者が紡ぎ出す新たな物語のはじまりを見逃すな! 2(ツー)として初の音源を配信中! 2 / VIRGIN'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 207円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. A
by ?
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事