ジプシー・ミュージシャン 世武裕子

アカデミー賞作品も手掛ける作曲家ガブリエル・ヤレドが賞賛し、くるりの二人がその類まれなる才能に惚れ込み、即刻自身のレーベルからのリリースを決めたという、作曲家・世武裕子。作り込まれた楽曲は繊細で瑞々しく、彼女の感性が、強く、鮮やかに表現されている。「色んな音楽に影響を受けながらも、自分らしさは変わらない」と語る彼女の、ルーツや今後の展望について話を伺った。

インタヴュー:高橋健太郎
構成:井上沙織

INTERVIEW

自分が昔からやってた音楽は、何をやっても出てくる

—聴いてびっくりしました。素晴らしかったです。

「ありがとうございます」

—音楽はどのようにして勉強されたんですか?

「昔から映画が好きで、ずっと映画の何かがやりたいと思っていて。初めは監督になりたかったんですけどカリスマ性に欠けるし無理やなと思って。で、ずっと音楽やってるし、音楽が一番貢献できるかもしれないと思ったんですね。それでパリで4年弱くらい、クラシックを学びつつ、ジャズと民族音楽をかじったりしてました。音楽やってるなら、音楽シーンが強いドイツに行ったほうがいいってみんな言ってたんですけど、フランスは映画シーンが強くて。そのときは映画音楽がやりたかったので、そりゃ映画の強い国に行ったほうがいいだろうと思ってフランスに行きました」

—今のような作品というか、コンポジションはいつごろから?

「高校生のときにアイルランド民族音楽にはまって、本当にコテコテのトラディショナルなアイルランド音楽ばかりを作っていたことがあって。あと当時リバーダンスが流行っていて、来日公演を観に行ったんですけど、それもすごく良くて。当時はそればっかりやってアイルランドに永住しようと思ってました。でも結局、昔からスタイルは影響されている音楽で変わったりしてるんですけど、『自分っぽさ』みたいなものは変わっていないんですね。そのとき習ってた先生にも、「それはもったいない。自分が昔からやってた音楽は、何をやっても出てくるものだから、民族音楽に限らずもっと幅広くやって、作曲家としてちゃんとやったら?」って勧められて。考え直して、もっと幅広くやろうかなって思いました」

—アイリッシュの音楽以外で自分の中でインパクトがあったものは?

「アラブとか…モロッコあたりの音楽とか。モロッコに実際に行って、現地の音楽探求みたいなことをしてました。あとは、トニーガ・トリュフの映画にでてくるような音楽なんですけど、アルジェリアとかの音楽だったり。あと現代音楽はあんまり聴かないですけど、近代音楽はすごく好きです。バルトークとか、東ヨーロッパの近代の感じとか。ロックも好きですね」

—割と血の気の多いものが好きなんですね?

「そうですね。キレイな音楽ってあんまり心惹かれないんですよ。やっぱりちょっと面白かったり、変だったり、あとはどこから沸いてるのかわからないパワーのある音楽はすごく好きです。でもそれだけじゃ面白くないから、そのためにラベルとかのキレイな音楽があっても、それはそれで好きです」

—曲は反復が多いですよね。

「それは多分民族音楽にもかなり影響されてると思います。またこのフレーズ!みたいな、しつこいのが好きなんですよね。大体ぱっと出てきた短いフレーズがあって、その出てきたものからインスピレーションが沸いて、脚本書いたりカメラ・ワークを考えたりして。そうすると次はその映像のイメージで曲を続ける、っていう同時進行なのが多いです。だから曲も結構ストーリーがあります」

自分の今までを整理するために選んだ曲

—アルバム制作の経緯を教えて下さい。

「曲はフランスに行く年くらいから書きためていて、歌も歌い始めていたんです。東京に帰ってきてからは弾き歌いでライブをしてたんですけど、ほとんど友達とか知り合いばかりが来る感じで、友達呼んでやるんだったら別にお金払ってきてもらわなくても、タダで友達の前で歌ったらいいしって思っていて。かといってこのままずっと趣味で音楽やっていても仕方ないですから。いいんですけど、それならそれでちゃんとした職に就くとか、そういう風に考えなきゃダメだなと思って。それで今まで作った曲の中で自分の今までを整理するために選んだのがあの曲です。自主制作で作る予定だったので、録音を友達に頼み、その友達の友達のアーティストの子に頼んで演奏してもらいました」

—じゃあ、あの音源自体は完全に自主制作で作ったものなんですか。

「そうですね。一日で録りました。学校のスタジオを借りたんですけど、かなり時間がなくて。最後のほうは「なんとなく反復やから、なんとなく!」ってやってました(笑) ピアノは自分だけなので、別にスタジオ借りて一発録りして。後でエンジニアの方に声を足してもらいました」

—日本のミュージシャンってリズム的につまらなかったり、グルーヴというか譜面にならない部分を表現してもらうのが結構難しかったりすると思うんですけど、そういう部分も含めてすごくグルーヴがあるなあと感じました。ノリがいいというか。それは曲自体のフレーズの反復なり、そういうものからでてきているところもあると思うんですけど、演奏もキレイ過ぎない肉感的な感じがあって凄くいいなあと思いました。

「そこが一番苦労しました。クラシックのキレイな演奏というのを求めているわけじゃないので、もっと土臭い感じにしたいなと。練習してる間も「優等生っぽい感じじゃなくて、もっと荒々しく!」とか言ったり、楽譜にも演劇的な要素を書いたりして。アーティストの人に「よくわからないんですけど…これはスタッカートなんですか?」とか言われても「いや、スタッカートとか技術的な問題じゃなくて、心理的なんですよ」とかいって。そういうところを一番出していきたいなって思って」

—京都的な風土みたいなものは自分の中にあると思いますか?

「京都は高校生とかの大事な時期を過ごしていたので思い入れが深いですね。あとは小学生のときからずっと京都に音楽を習いに通っていたので、景色としての京都はすごく断片的に覚えています。そういう意味では下手したら滋賀県よりも色んなものが心に残っている街かなあと思ってます」

—京都の音楽風土はどうですか? 京都だとロックとかクラブ・ミュージックとかクラシックとかジャズとか、あんまり分かれてない気がしますけれど。

「ああ、そうですね。あんまりジャンルは目立たないかもしれないです。京都のアーティストは面白い人が多いんじゃないかなと思います。音楽とは関係ないんですけど、お笑いの人とかでも好きな人は京都の人が多いんですよね。そういう京都のテンポ感ってあるんじゃないのかなって」

—クラシックの世界とそれ以外の世界は、最近近くなった気はしますか?

「クラシックの人の活躍は確かに前より目に付くことは多くなったかな、とは思います。若い人がクラシックやってたり、のだめ(カンタービレ)があったりとか。でもクラシックを知ってもらうのにポップス的にクラシックをやってしまうのは、あまり私の好きな広め方じゃないというか…。クラシックって堅いイメージがあるから、それもひとつの有効な方法だとは思うんですけど、やっぱり大作の凄いものは大作の凄いもの、と私は思っているので、そういう堅さを残したまま一般の人も聴けたらいいのになって思います」

—これからの活動について、聞かせて下さい。

「ライブをすごくやりたいですね。今回のCDに入っていない、レコーディング後にできた曲とかもありますし。でもリズム的にコロコロ変わる曲が多いから、アーティストを集めても、みんな通しては弾けないんですよね。レコーディングは細かく断片的に録って、編集していけますけど、ライブでちゃんと一曲として演奏するとなると、なかなか難しいんですよね。それから、歌ものを書くのも好きなので、2枚目は歌を中心に作ろうと考えています。最近は日本語で歌もちゃんと書いたりもしていて。元々散文とか書くのが好きで、歌と関係なく文を書いたりしてたので、そういうのをちゃんと歌に出来るようにしたいですね」

LINK

世武裕子 MySpace http://www.myspace.com/sebumusique

NOISE McCARTNEY RECORDS website http://www.quruli.net/nmr/cgi-bin/index.cgi

せぶひろこ。滋賀生まれ、京都育ち。5歳で初めて曲を書く。02年、音楽を学ぶためにフランスへ渡る。パリ・エコールノルマル音楽院映画音楽作曲科へ入学。在学中、96年公開アカデミー賞受賞作品「イングリッシュ・ペイシェント」のスコアを手掛けたことで有名な作曲家"ガブリエル・ヤレド"と、ジャン=リュック・ゴダール監督「気狂いピエロ」を手掛けた作曲家"アントワーヌ・ドュアメル"と知り合い、その作曲能力 に賞賛を得る。民族音楽への造詣も深い世武はモロッコ、アイルランドへ数週間渡り、民族音楽を学んだ。05年、同校を首席で卒業、活動拠点を東京へと移し、作曲活動を開始。08年、デビュー・アルバムとなる『おうちはどこ?』をNMRよりタワー・レコード限定でリリース。現在、今作あまり見せていない、ボーカルとしての高い才能を発揮した2ndアルバムを来春リリースに向けて制作中。

CLOSE UP:大橋トリオ

CLOSE UP:SAKEROCK

CLOSE UP:朝日美穂

CLOSE UP:MOONRIDERS

o

 
 

インタヴュー

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが新体制初となる音源を先行配信 & インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月26日・自分たちだけで完結しない「+何か」──東京のハードコア・バンド“V/ACATION”、新体制初音源をリリース! 東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが2年ぶりとなる音源『Your Name Here』をドロップ。2010年に〈Less Than TV〉より1stアルバム『with vacation』、2015年に自主でカセットテープ『Vacant or Action』をリリースしてきた彼らですが、その間に2度のメンバー・チェンジを経て現在はメロディック・パンク・バンド、Shipyardsでギター / ヴォーカルを務める篠沢がベースで加入し、今作はその体制で初となる音源。リリースは彼らとも古くから親交があり、海外バンドの招聘なども手がける〈imakinn records〉。OTOTOYでは11月に7インチで発売予定の今作を発売に先駆けて配信開始するとともに、メンバー・チェンジなどを経た今のV/ACATIONに話を訊いた。 11月のリリースに先駆け、先行配信開始!!V/ACATION / Your Name Here'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
筆者について
BB (Reviewed by Kentaro Takahashi)

本名:高橋健太郎プロデューサー、ジャーナリスト、選曲家など。高橋健太郎 文筆家/音楽制作者 評論集「ポップミュージックのゆくえ〜音楽の未来に蘇るもの」がアルテスパブリッシングから発売中。http://tinyurl.com/2g72u5e twitterアカウントは@kentarotakahash

同じ筆者による他の記事