FBY新章のキーワード“健康的な音楽”って?──2人体制初のアルバム『THE GARDEN』を先行リリース

「ミュージシャンズ・オブ・ミュージシャン」としてもバンドマンからリスペクトされ続けているFRONTIER BACKYARDが、2人体制としては初のフル・アルバムとなる『THE GARDEN』を2017年9月6日にリリースする。ギターレスながらアッパーかつグルーヴ感満載のサウンドをNARI(Sax)(WUJA BIN BIN / HEAVENLY BOYS / SCAFULL KING)、マイ(Tp)(THE REDEMPTION)、コイチ(Key)(Sawagi) などのサポート・メンバーを迎えて作り上げた今作。OTOTOYではこの『THE GARDEN』を発売日に先駆けて、8月30日より1週間先行配信を開始。思わずココロカラダ踊ってしまう、自分たちに正直につくりあげられた今作『THE GARDEN』を、インタヴューと共にお楽しみください。

9月6日のアルバム発売に先駆け、1週間先行配信!!


FRONTIER BACKYARD / THE GARDEN

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 257円(税込) / アルバム 2,160円(税込)


【収録曲】
1. higher
2. sauté
3. One boom,One bap
4. Fun summer ends
5. NO RACE
6. Season
7. Memories
8. ephemeral Invincible
9. In past time
10. We can't end it
11. Stand Stock Still




INTERVIEW : FRONTIER BACKYARD

FRONTIER BACKYARDの2人が「いままでで、1番やりたいことを詰め込んだ作品」と、語るようにTGMXと福田“TDC"忠章の好きな音楽を存分に注入された、快作が生まれた。今作が2人体制になってはじめてのアルバムということで、制作経緯やこれまでの活動についても存分に語ってもらった。

インタヴュー&文 : 真貝聡
写真 : 作永裕範

何も考えずにやりたいことっていう

左から福田“TDC”忠章、TGMX

──フル・アルバムとしては4年ぶりのリリースですね。バンドとしてはいろいろなドラマがあったと思います。

TGMX : 4年の間に10周年を迎えて。いろいろと一通りやってきたので、また新しいところへ向かおうと思っていた矢先にギター(KENZI MASUBUCHI)が抜けて。そこからちょっと立て直さなきゃいけないなってことで、今回のアルバムに繋がってますね。

──アルバム制作を始めたのはいつ頃ですか?

TGMX : ギターが脱退してから、去年ミニ・アルバムを挟んでるんですけど。その時からアルバムをつくる想定はしていたんですよ。ライヴのスタイルや編成も変わったので。ギターがいない状態で、管楽器とか鍵盤のサポート・メンバーも入れて、もっと大人数でやって、今回のアルバムはこのセットでやろうと決めて。そういう意味では1年半前からですね。

──FRONTIER BACKYARD(以下、FBY)にとっては新章の1枚なのかなと思います。

福田“TDC"忠章(以下、福田) : いまやりたいことが素直に出た感じだと思います。ファンクとかブラックミュージックが2人とも好きなんですけど。その辺が色濃く出せたかなって感じがします。

TGMX : 何も考えずにやりたいことっていう。ジャケットの野菜みたいに“健全で健康的な音楽”をつくろうって目標がありました。そういう意味では嘘1つないというか…… いままでも嘘をついていたわけじゃないんですけど(笑)。メンバーが自分達しかいないので、割と自由な発想が出てきたなと。もしかしたら「2人の音楽が濃すぎて、よくわからない」って言われるかもしれないって、不安もあったんですが。インタヴューしていただいたり、HPでいろんな友達のバンドからコメントをいただくと、自分たちのやり方は合っていたんだなって。結構、浮世離れしてるかもなって思っていたので(笑)。

福田 : そうっすね。2人の趣味的なことが結構出ちゃったというか、出したというか。そんな感じなので。

──いままでの作り方と違うんですか?

TGMX : 概ね変わってないですけど、2人だと「どう思う?」って聞いて、イエスかノーしかないじゃないですか。なので、より一層、濃いものになるんだろうなって。これが3人だったらバランスをとらないといけない部分があるから。

──折衷案というか……。

TGMX : そうですね。中間を取ろうってなるんですけど。2人だと、どっちかがノーだったらないなって感じなので。そうは言っても、あんまりノーってものもなかったよね。

福田 : そんなになかったですね。

TGMX : 高校からの同級生なので。聴いている音楽のバックボーンもほぼ近いし、作業的にはやりやすいですね。

いま(バンドを)やれていることが幸せだなっていう。

左から福田“TDC”忠章、TGMX

──先ほど、TGMXさんがお話ししてた「健全で健康的な音楽」っていうのはどういうことですか?

TGMX : 年齢的に健康じゃないとバンドができないっていうのもあるんですけど。あとは「こういう音楽を作ればウケるだろうな」とか、そういう邪念を持たずにつくれました。

福田 : あとはライヴに合わせた曲とか。

TGMX : そうそう。それも、ある種の邪念じゃないですか。そうじゃなくて良い曲をつくるってことだけしか考えていないので。そういう意味で健全で、健康的で、ピュアで、みたいな。

──僕はリスナーとして1stアルバムからお聴きしてますが、いままで邪念を持ってる感じが一切しなかったです。そんな時期もあったんですか?

TGMX : 曲をつくったら、それなりに「良い」って言われたいじゃないですか。かといって「とにかくチャートに入って」とか「どこでワンマンするから、どんな手を使ってでも集客を伸ばしたい!」みたいなことは思わないですが。ギターが抜けて「バンドを続けていけないかもしれない……」ってところまで行っちゃったので。そういう意味では、いま(バンドを)やれていることが幸せなだなっていう。全く邪念を持たずにただ出せることが嬉しいです。

左から福田“TDC”忠章

──サウンドとしては、どんなテーマがありましたか?

福田 : すごい具体的になっちゃうんですけど「明るいファンクを作りたいね」って話をしてました。ただ、僕はそっち系がなかなか出来なくて、暗い曲が多くなっちゃったんですけど。もっと突き抜けた曲をつくりたかったなって、ちょっと心残りがありますね。

TGMX : 音楽のジャンルとして、Pファンクのようなちょっとドロっとした音楽を取り入れてはいるんですけど。なかでも黒人がノリノリで演奏をしてるとか、物凄いアッパーに踊ってるようなイメージを結構大切にしたかもしれないですね。スローな曲もありますけど、かといって「静かに聴いてくれ」っていうのでもなくて。心も体も踊れる感じというか、それは意識したかもしれないですね。

──確かに。抽象的な言い方ですけど、FBYの楽曲はいつも明るい印象があります。

TGMX : 「暗い曲をつくろう」っていうのはあんまりないよね。

福田 : ないですね、それは。

TGMX : 前にSCAFULL KINGってバンドをやっていた時は、スカッとした明るい音楽をやっていたので。そうじゃない、暗い音楽をつくってやってみようというのは1stアルバムをつくった時はありました。それ以降はあんまり狙ってはいないよね。どっちかといったらテンションの上がるもの。かといって「みんなの気持ちを上げてあげるぜ」と思ってつくっているわけじゃないですけど、そういうのが好きなんでしょうね。

──ファンクにもアッパーやダウナーなどありますけど、そっちがルーツなんですかね?

TGMX : テンションの高いスライ(Sly & The Family Stone)とか、アッパーなものが好きだよな。

福田 : そうですね。「ファンカデリック」よりも「パーラメント」な方が好きです。

TGMX : たとえば感動して涙が出そうになるっていうのは、切ない曲を聴いてっていうのが1つあるじゃないですか。あとは凄いカッコよくて、ワァって感極まるみたいな。僕は後者の方が好きなので、たとえばですけどコード進行も明るめでグッと寄せるのが好きなんですよね。「なんだコレ、カッコイイな」みたいな感じで踊れる方が良いんですよ。

左からTGMX

──なるほど。今作を制作するにあたって、ヒントになった音楽はありますか?

TGMX : 音楽は日々よく聴くので。スタジオに2人で入った時にYouTubeを観たり、新しい音源を聴かせあったりとか。全然関係ない世間話から作曲のモードになっていくというか。「どうしようか」みたいな。急に集まって、この曲を作りましょうみたいな感じで真面目につくる、というよりはダラっとしてます。割と相談の時間を長くとって、たまに遊びながらとか、時には食事をしながら。そういう風にワザとしていますね。

福田 : 1日スティックを持たない時ありますもん。で、終わっちゃう。

TGMX : 共有項が多いので「ビートはこのくらいで、BPMはこのくらいで、あのアーティストのあのAメロみたいに」って言えば、言葉だけである程度はつくれるんですよ。そういう意味では具体的に音を出さなくても、曲の輪郭が読めるとこはあるよね。

──付き合いの長いお2人だからこそ、共通言語が多いんですね。

TGMX : そうだと思います。まあ、単純に長いので。

──知り合って何年経つんですか?

福田 : 高1から。

TGMX : 高1って何歳だっけ、15歳? だから30年ですね。親と住んでいるよりも長いんで。毎日のように会ってますよね。

──スゴイですね…! ちなみに曲の候補は11曲以外にもあったんですか?

TGMX : そうですね。ストックはずーっと持ってる感じなんですよ。で、テーマにあった時に「こういう曲があったな」みたいな感じで引っ張りだしてきて。

──ストックしていた曲の中で、今作に入れたのはどういう意図があったのでしょうか?

TGMX : なんだろうね…… まずは主軸になる曲が決まってからだよね。Pファンクで、アッパーで、明るくて踊れる曲が出来た時に、その周りの肉付けとして「ああ、こういう曲あったな」って。アルバムとしても今、1番打ち出したい曲はあった方がいいじゃないですか? そういう意味では主となる曲が2、3曲できたらアルバムの完成がちょっとずつ見えてくる感じです。

──今作の主軸となる曲はなんですか?

福田 : 僕は「sauté」ですね。明るめのこういう曲がつくりたかった。まさしく!

TGMX : 僕が書いたんですけど、たまたま出来ましたね。(福田“TDC")忠章の曲だと「We can't end it」はニュー・ソウルのような、ロック・バラードのようなやったことのない精度の曲だったから、かなり武器になるなと思った覚えはありますね。

──「sauté」はTGMXさんが三宿webでDJをした時に披露したとか?

TGMX : そうです。バンアパ(the band apart)の木暮くんとDJパーティをやったんですけど。誰にも言わないでこっそり自分の曲をかけて「いまの新曲だよ」って教えたら、あまりにも普段の僕らの感じじゃなかったから、みんなビックリしてて。お客さんも気づかなったみたいな。

福田 : そうなんだ。聴かせても気がつかないよね。

TGMX : そういう意味では、DJでかけてもイイなって。クラブの音楽も好きなので、特に今回はそういう風に寄せていけたら、と思ってます。ライヴハウスでも、クラブでも活動できるようなバンドがイイですよね。

──今作を聴いた人から意外なリアクションはありました?

TGMX : 結構やりすぎたかなぐらいに思っていたし、自分たちも不安だったんですよ。これは、もしかしたら本当にどっちらけか…… みたいな(笑)。いざ蓋を開けてみたら「イイ!」って言ってくれるのが、いままででも特に多くて。

福田 : 友達からメールをもらったりね。

TGMX : アルバムが良くてメールくれるってあんまないよね。それが嬉しかったです。僕も友達の新作を聴いて、あまりにも良い時はメールしちゃったりとか、会った時に「良かったよ」なんて話をしますけど、逆だと嬉しいですよね。しかも狙ってなくて、僕らの自然なものを良いって言ってくれたのは凄い嬉しいなって。

──先ほどの「健全で健康的な音楽」に立ち返って。邪念なく自分たちの好きな音楽を出したら、周りから評価されるって最高の状況ですよね。

TGMX : そうですね。2人の本当に濃い世界観なので、僕らにしか分からないっちゃ分からないことなんでね。音楽の境遇が一緒の人なんてほとんどいないと思うし、世代も違ければ、住んでる場所も、音楽を聴いてきた環境も違うだろうから。ここはほぼ一緒で、体験も一緒だし、きっかけも一緒なので濃いなあとは思うんですけどね。それをお客さんが理解して聴いてくれたりとか、反応してくれるのは本当にありがたいなって。

自分たちを興奮させたいっていうのはあったんですよね。

──活動についてもお聞きしたいんですけど。アルバム制作やライヴ活動はもちろんですけど、写真集の発売もしましたよね。アレはどういう想いなのかなって。

TGMX : 橋本塁というカメラマンがいるんですけど、その方に13年間ずっと写真を撮ってもらってて。ただなかなか、(撮ってもらった写真を)見せるタイミングがあんまりなくて。ネットで垂れ流しにしても良いんですけど、それもなぁっていう。彼も本気でアートだと思ってやってるし、僕らもあんまり、ただ流れていってしまうのは寂しいし。写真は写真の良さがあるので、だったら写真集を作ろうと。自分たちにとっては初めての写真集だし、なるべくやってない活動で自分たちを興奮させたいっていうのはあったんですよね。あんまり長くバンドをしていると同じになってきちゃう可能性があるので。新鮮でいるために新しいテーマをつくろう、というか。

──「自分を興奮させるため」っていうのはTGMXさんっぽいなと思うし、その向上心は見ていて凄く勇気をもらえます。

TGMX : つまらないと思ってやることじゃないじゃないですか。僕らはレーベルと何か契約があって、やらなければいけないって立場じゃないんですよ。自由にやりたくて〈NIW!Records〉から出しているところもあるので。おもしろく、かつ、意味のあることをやろうと思ったら、やってないことをやるのが1番じゃないですか。いつもそういうのは探してますけどね。「わあ、コレおもしろいな」って興奮出来ることを。

──その攻めの姿勢がカッコイイです。ちなみに、今後はレコ発ライヴも控えていますね。

TGMX : 全国16箇所かな。「今回はいっぱいやりましょう」ということで年甲斐もなく(笑)。

──上は北海道から下は香川まで、本当に全国を周りますね。

TGMX : もっとやっても良いかなと思ったんですけど(笑)。

福田 : 青森とかはじめて行きますね。

TGMX : 岩手県沿岸もバンドではじめて行きます。そういうはじめて行く街も入れつつ、いつも行ってる街と。ギターの脱退以降、こんなに長いツアーは初めてなので。ステージ上だけじゃなくて、移動して、ライヴして、打ち上げをするまでのバンド・ライフみたいなのを全てひっくるめて楽しかった! っていうのが良いですね。その過程を観に来て欲しいと思います。どこの街も楽しみですね! だいたい、友達のバンドをお誘いしてるので、僕らはどこに行っても楽しいだろうなと思います。


FRONTIER BACKYARD/Fun summer ends

──最後は雑談なんですけど、最近1番笑ったことは何ですか?

TGMX : 逆に「笑ってねえなー」ってことがないですね。2人でも飲み行きますし。

福田 : 笑ったこと…… そう言われると思い出せないですね。

TGMX : しょっちゅう笑ってるからかもしれないね。

──2人だけで飲みに行くことが驚きです。

TGMX : 割と多いかもしれないですね。

──ベテランになればなるほど、メンバー同士で過ごすって……。

福田 : ないですよね(笑)。

TGMX : バンドの会議も込みで、酒を飲んでるっていう。毎回2軒くらいハシゴするもんね。

福田 : ライヴを観に行って、空いた時間に「ちょっと行きますか?」は結構ありますね。

TGMX : 2人になってから増えた気がしますけどね。まあ、僕らが話さなくなったら何も進まなくなっちゃうもんね。

福田 : そうですね。

──だけど、2人組みのバンドマンは「2人っきりになると何を話して良いか分からない」ってよく言いますよね。

福田 : スタジオに2人だけってこともありますからね。恥ずかしがってたら何もできないですから。

TGMX : もちろん音楽っていう共通項がありますからね。やることもそうだし、聴くこともそうだし、好きな音楽も似てるから「あれ、聴いた?」、「聴いてない」、「じゃあ、今度聴かせるよ」みたいなことを話したり。

──そういう関係が30年も続いてるんですよね。

TGMX : そうですね。分からないですけど忠章とは、ずっとこういう感じになるのかもしれないです(笑)。

過去作もチェック!

FRONTIER BACKYARD / Backyard Sessions #002

eiichi kogrey(the band apart)、Takeshi Iwamoto(QUATTRO)、イルリメ、KOICHI(Sawagi)、玉屋2060%(Wienners)、フルカワユタカという現在活躍中のミュージシャン、そしてプロデューサーとしても定評がある6人の音楽家を迎え制作された1枚。既存のイメージをいい意味で崩し、新たな一面が垣間見れるちょっとしたドキドキと魅力を放つ意欲作!


FRONTIER BACKYARD / BEST SELECTIONS

メンバー自ら厳選したFBY ARMYのためのベストアルバム。彼らの代表曲はもちろんのこと、2006年にthe band apart 荒井岳史をフューチャリングした「wish」などレアな楽曲も収録。ファンマスト、そして初心者の方にもより良く知っていただける作品となっている。

>>その他FRONTIER BACKYARDの作品はこちらから

RECOMMEND

KONCOS / Colors & Scale

ソウル、パンク、インディ、ディスコ…ジャンルは”ライヴハウス”⁉ なバンドKONCOSの傑作。究極のダンスチューンである「Parallel World」は必聴!

この作品に関する特集ページは こちら


riddim saunter / CURRENT

クラブとライヴハウスを往来し、革新的で音楽への愛情に溢れたごった煮のパーティー・サウンドを奏でるriddim saunterの1STフル・アルバム。お洒落ででもハッピーで。そんな幸せな楽曲たちに心鷲掴みにされること間違いなしな1枚。

LIVE SCHEDULE

〈FRONTIER BACKYARD 6th album『THE GARDEN』Release Tour〉
2017年10月15日(日)@千葉県 千葉LOOK
GUEST : COMEBACK MY DAUGHTERS

2017年10月20日(金)@香川県 高松TOONICE
GUEST : 荒井岳史

2017年10月21日(土)@広島県 SECOND CRUTCH
GUEST : 荒井岳史

2017年10月22日(日)@福岡県 Queblick
GUEST : 荒井岳史

2017年11月5日(日)@富山県 MAIRO
GUEST : ASPARAGUS

2017年11月6日(月)@新潟県 GOLDEN PIGS BLACK STAGE
GUEST : ASPARAGUS

2017年11月10日(金)@宮城県 LIVE HOUSE enn 2nd
GUEST : ASPARAGUS / フルカワユタカ

2017年11月11日(土)@岩手県 大船渡KESEN ROCK FREAKS
GUEST : ASPARAGUS / the band apart / フルカワユタカ

2017年11月12日(日)@岩手県 KLUB COUNTER ACTION MIYAKO
GUEST : ASPARAGUS / the band apart / フルカワユタカ

2017年11月14日(火)@北海道 BESSIE HALL
GUEST : ASPARAGUS / フルカワユタカ

2017年11月16日(木)@青森県 aomori SUBLIME
GUEST : フルカワユタカ

2017年11月17日(金)@宮城県 石巻BLUE RESISTANCE
GUEST : フルカワユタカ

2017年11月18日(土)@栃木県 HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2
GUEST : CALENDARS / フルカワユタカ

2017年11月23日(木・祝)@東京都 TSUTAYA O-WEST
GUEST : NEIL AND IRAIZA

2017年11月25日(土)@大阪府 Shangri-La
GUEST : NEIL AND IRAIZA

2017年11月26日(日)@愛知県 RAD HALL
GUEST : NEIL AND IRAIZA

TICKETは2017年8月5日(土)より一般発売
ADV 3,800 yen (+ドリンク代別途) ※全席自由

INFOSMASH: 03-3444-6751 / http://smash-jpn.com

その他

〈BAYCAMP 2017〉
9月9日(土) @神奈川県・川崎市東扇島東公園・特設会場

PROFILE

FRONTIER BACKYARD

TGMX aka SYUTA-LOW TAGAMI(Vo)、福田“TDC”忠章(Dr)のSCAFULL KINGでも共に活動する2人が2004年より組んだバンド。サポートメンバーを含めた編成でのライヴをおこなっており、2016年からは7人編成で活動をスタート。2004年に1stアルバム『FRONTIER BACKYARD』発売以降、5枚のオリジナル・アルバムをリリース。〈FUJI ROCK FESTIVAL〉、〈RUSH BALL〉、〈ROCK IN JAPAN〉、〈COUNTDOWN JAPAN〉、〈RISING SUN ROCK FESTIVAL〉、〈KESEN ROCK FESTIVAL〉など多数の大型フェスにも出演。2014年には、CDデビュー10周年を記念したベスト・アルバム『BEST SELECTIONS』とリミックス・アルバム『gladness』をリリース。2015年には10周年の軌跡と12月14日新木場スタジオコーストのライヴを収めたDVD『surroundings』をリリースしている。最新作としては、タワーレコード限定ミニ・アルバム『FUN BOY'S YELL』を新生FBYとしてリリースし、待望のフル・アルバム『THE GARDEN』に期待が高まる。

アーティスト公式HPはこちら

o

 
 

インタヴュー

すべてにフラットに向き合った1stアルバム──CHIIO『toc toc』を先行配信
[CLOSEUP]・2017年09月20日・すべてにフラットに向き合った1stアルバム──オルタナ界の新星、CHIIO『toc toc』を先行配信 男女混成4人組オルタナティヴ・ロック・バンド、CHIIOが、初の全国流通盤として〈3P3B〉より1stアルバム『toc toc』をリリースした。曲にひろがりと深みをもたせるメンバー全員でのコーラスと、オルタナ、シューゲイザー、そしてUSインディ・シーンをも取り入れる幅広い音楽性を独自のポップ・センスで昇華した楽曲が魅力の彼ら。このたびOTOTOYでは新作『toc toc』の1週間配信の開始とともに、フロントマンである中村太勇(Tao Nakamura)へのインタヴューを掲載。バンドの成り立ちや楽曲へのこだわりを訊いた。 1stアルバムを1週間先行配信開始! CHIIO / toc toc'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 1,994円(税込)【収録曲】''1. 077342. who3. safari4. march5. chapter 26. pupils7. hibi8. child9. blue10
by ?
FINLANDSにとっての「LOVE」とは? 最新作『LOVE』をハイレゾ独占配信!
・2017年09月15日・バンドはサービス業じゃない──FINLANDSにとっての「LOVE」は? 最新作『LOVE』をハイレゾ独占配信 オリコン・インディーズ・チャート2位ランクインや、数々のサーキット・イベントやフェスに出演し、着々と全国にリスナーを増やしているFINLANDS。そんな彼女たちから1年ぶり最新アルバムが届いた。塩入冬湖(Vo. / Gt.)の1度聴いたら忘れない、一瞬で空気を支配するような歌声に、コシミズカヨ(Ba.)を筆頭につくり出す骨太なサウンド。そして言葉選びが秀逸でまるで小説を読んでいるような、塩入の作り出す歌詞がFINLANDSの魅力だろう。今作『LOVE』にはどのような思いが込められたのか。塩入にインタビューを敢行し語ってもらった。『LOVE』のハイレゾ配信はOTOTOYのみ! インタビューと共にFINLANDSの音楽に堕ちてみませんか? FINLANDSの1年ぶり新作。OTOTOYでハイレゾ配信スタート!FINLANDS / LOVE (24bit/96kHz)'【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】単曲:25
by 渡辺 裕也
ゆるくキャッチーな音に潜むトゲ──キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、現在絶版の1st EPを配信開始
[CLOSEUP]・2017年09月14日・ゆるくキャッチーな音に潜むトゲ──キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、現在絶版の1st EPを配信開始 フェスのオーディション枠を勝ち取り〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017〉や〈SUMMER SONIC 2017〉に出演を果たすなど、耳の早い音楽好きから大きな注目を集めているバンド、キイチビール&ザ・ホーリーティッツ。そんな彼らが1000枚限定でリリースし、現在は絶版となっている1st EP『俺もハイライト』が待望の配信スタート。さらに、OTOTOYではアルバム購入でボーナス・トラック「レガエ」がダウンロード可能!! 同作の配信を記念し、ヴォーカルのキイチビールにインタヴューを敢行。バンドの結成から楽曲制作の裏側についてまで、メディア初となるロング・インタヴューを掲載する。 現在絶版中の1st EPがボーナストラック付きで配信スタートキイチビール&ザ・ホーリーティッツ / 俺もハイライト【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 900円(税込) 【収録曲】1. キイチビールのテーマ2. ホーリーティッツ
by 西澤 裕郎
暗闇を照らす、温かみのあるひかり──Nozomi Nobodyが「歌」にこだわった新作をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年09月13日・暗闇を照らす、温かみのあるひかり──Nozomi Nobodyが「歌」にこだわった新作をハイレゾ配信 透明な歌声と、ループステーションを巧みに用いたコーラス・ワーク、そして様々な情景が浮かぶ楽曲が魅力のシンガー・ソングライター、Nozomi Nobody。昨年アレンジ、演奏、録音、ミックスまでを自身で手がけ、細部までこだわり抜いたセルフ・プロデュース作品『We Are Always a Bit Lonely』をつくりだした。全国流通盤としては第2弾のリリースとなる今作は、レコーディング、ミックスにGEZANや柴田聡子を手がける君島結が、そしてマスタリングにU2やザ・ローリングストーンズなどを手がけるピート・マーハーが参加。前作よりもアレンジ面での幅が広がり、彼女の歌声がより際立って耳に入ってくるように思う。OTOTOYでは本作『Everything Goes Back to You』のハイレゾ配信をスタートするとともに1ヶ月の期間限定で全曲フル視聴を実施。ぜひ楽曲を聴きながらテキストをおたのしみください。 新作をハイレゾ配信&期間限定全曲フル視聴 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44
by 鈴木 雄希
JYOCHO、2ndミニアルバム『碧い家で僕ら暮らす』配信開始&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年09月13日・今作がJYOCHOとしての始まりーーテクニックと情緒が共存する、日本初世界レベルの2ndミニALに迫る ”だいじろー”こと中川大二朗によるプロジェクト、JYOCHO(読み : じょうちょ)が、2ndミニ・アルバム『碧い家で僕ら暮らす』をリリース。プログレッシヴ~マスロック~ポップスなど様々なジャンルを通過した音楽性に、テクニカルなトラック、温かみ、激情をふんだんに盛り込んだ、情緒感たっぷりな、だいじろーにしかできない独自の世界観を構築した充実作。メンバーにはドラムにhatch(ex DUG OUT)、ベースにシンディ(空きっ腹に酒、LOW-PASS)、フルートにはち(JWE)、そして新たなボーカルとして猫田ねたこを迎えて完成させた本作について、だいじろーにロング・インタヴューで迫った。 世界へ飛び出す2ndミニ・アルバムを配信開始JYOCHO / 碧い家で僕ら暮らす'【Track List】1. Lucky Mother2. 碧い家3. hills4. tree,stone5. ほんとうのかたち6. 三つに分けること7. グラスの底は、夜 【配信形態 / 価格】''WAV / ALAC / FLAC /
by 西澤 裕郎
【ハイレゾ配信】カーネーションが光を当てる退屈な「郊外」のおもしろさ
[CLOSEUP]・2017年09月13日・直枝政広が光を当てる退屈な「郊外」のおもしろさ──カーネーション17thアルバムをハイレゾ配信 来年結成35年目を迎えるカーネーションが、アニバーサリーを目前に快作を完成させた。今作『Suburban Baroque』の魅力は…… いみじくも下記の文章で岡村詩野が書き表しているのでそちらを読んでいただきたい。ただ、今回注目すべきところは何と言ってもハイレゾ24bit/96kHz用にマスタリングをした"High Resolution Unlimited Version”で配信をするということだろう。制作段階からハイレゾを意識してレコーディングをしていることで、彼らの奏でるグルーヴをより感じることができる。OTOTOYでももちろんハイレゾ配信を実施中。そんな今作には、2009年にカーネーションを脱退した矢部浩志をはじめ、張替智広(HALIFANIE、キンモクセイ)や、岡本啓佑(黒猫チェルシー)、浦朋恵、佐藤優介(カメラ=万年筆)、田村玄一(KIRINJI)、 徳澤青弦、張替智広、藤井学(TheMiceteeth)、松江潤、矢部浩志、吉澤嘉代子などアルバムを彩る多くのゲストが参加。多彩なゲスト・ミュージシャンを迎
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源がマンスリーで続々配信開始
・2017年09月11日・渋谷慶一郎、ATAK過去作品をマンスリーで配信開始! 渋谷慶一郎主宰レーベル、ATAK。2002年に設立され、国内外の電子音楽を中心にカッティング・エッジなサウンドをリリースし続けたきたレーベルだ。本レーベルにてこれまでリリースされてきたカタログをこのたびOTOTOYでは、毎月3作品づつ、来年の2月まで約半年に渡って配信します。また過去作の配信とともにライター、八木皓平による渋谷慶一郎への配信作品の解説的なインタヴューを掲載。 2017年9月11日配信開始タイトル 第1弾となるリリースは、初のピアノ作品として渋谷慶一郎のキャリアを語る上でも欠かすことのできない『ATAK015 for maria』。しかも、その制作の起点となったDSDオリジナル・ヴァージョンを世界初配信。さらにレーベル初期のリリースとなる『ATAK001 slipped disc』。そして高橋悠治との『ATAK002 keiichiro shibuya + yuji takahashi』を配信開始!第1弾配信作品の解説インタヴューはコチラDSD版のリリースは世界初配信Keiichiro Shibuya / ATAK015 for maria
by 八木 皓平
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第1弾
・2017年09月11日・渋谷慶一郎、『ATAK015 for maria』DSD版を含む過去作配信第1弾 ということで、今月から毎月11日に、半年に渡ってATAK過去作品を配信リリースしていきます。毎回、ライター、八木皓平によるインタヴューにて解説をお送りします。第1弾は過去作…… と言っても今回初めて世にでる注目音源を含む3作品。まずは初のピアノ作品として渋谷慶一郎のキャリアを語る上でも欠かすことのできない『ATAK015 for maria』。こちらはなんとその制作の起点ともなったDSDヴァージョンが初めての配信。こちらはCD音質版も配信。さらにレーベル初期の作品、『ATAK001 slipped disc』。さらに現代音楽の巨星、高橋悠治とのスリリングなセッション『ATAK002 keiichiro shibuya + yuji takahashi』を配信します。インタヴュー : 八木皓平 要するにすごく僕を取り巻く環境が変わった──『ATAK015 for maria』 ──この定期連載のためにATAK作品をここしばらく色々聴き返していて、ふと思い出したんですけど…… 。 当時から聴いてたんだっけ? ──リアルタイムで聴い
by 八木 皓平
筆者について
同じ筆者による他の記事