いまの若者ってなにを聴いてるの?──OTOTOY〈若者座談会〉を開催

OTOTOYインターンによる〈若者座談会〉が帰ってきた! いままで数回開催され、その時どんなものがキテいて、音楽をどのように楽しんでいる若者がいるのか話し合われてきた〈若者座談会〉。いまの若者は一体どんな音楽に注目しているのか気になりませんか? OTOTOYでインターンをしている大学生6人に、注目のアーティストを、そして聴き方が多様化する現在どのように音楽を楽しみ、どんな風に新しい音楽と出会っているのかなどなど…… 根掘り葉掘り聞いてみました! ぜひこの座談会を読んであなたの知らない素敵な音楽と出会うことができればうれしいです。さぁいってみましょー!

進行&文 : 鈴木雄希
構成 : 高橋秀実

集え! 音楽好きの若者たち!

──まずは順に自己紹介をお願いします。

高橋 : 23歳の高橋秀実です。CDショップでバイトしてます。好きなバンドはHomecomingsです。

千田 : 大学3年21歳の千田祥子です。レコード・ショップでバイトしてます。1番好きなバンドはFINLANDSです。この世で1番私がFINLANDS好きだと思います(笑)。

高柳 : 大学3年の高柳圭佑です。雑貨屋でバイトしてます。1番好きなアーティストはマーヴィン・ゲイですかね。

阿部 : 阿部文香、大学3年の20歳です。バイト先は出版社で、1番好きなアーティストはクウチュウ戦です。

東原 : 東原春菜です。専門2年の20歳です。レンタル・ショップでバイトしています。いま好きなのはBiSHです。

福田 : 福田あいです。大学4年の22歳で、好きなアーティストはLAMPです。ライヴハウスでバイトしています。

──いまってネットとか雑誌とか、いろんなところで音楽の情報を集められると思うんですけど、みんなどういうところで新しい音楽の情報を得てるんですか?

福田 : 好きなバンドやレーベルをSNSで片っ端からフォローして、対バンで知らないバンドがいたらYoutubeで調べたりします。

高橋 : 僕も全く同じです。ニュース・サイトだけだと足りない。

千田 : 私も一緒です。とりあえずTwitterで検索して、リンク飛んでみる。

福田 : だからフォロワーはあんまりいないけど、フォロー数がめちゃくちゃ多いすごい悲しいアカウントになってます(笑)。

千田 : そうそう(笑)。

阿部 : 私はTwitterだけじゃなくてSoundCloudも使ってます。好きなバンドがLikeしてるバンドを聴いたり。そこでたまたま出会うアーティストが結構いるんです。

──SNSが主流になって、ニュース・メディアに頼らなくてもSNSだけで簡単に情報が手に入れられるようになりましたよね。

高柳 : 僕はSNSが主じゃなくて、結構ふらっとCDショップに行くことが多いです。邦楽のバンドだとSNSで簡単に情報集められるけど、洋楽の場合そうもいかなくて。CDショップの方が展開を見れば何が流行ってるのかがわかりやすい。

東原 : 私は音楽系の専門学校なので友達に詳しい人がいて。あとはフェスに行って知ることが多いです。

千田 : 割と多いのは、4、5バンドが出る対バン・イベントでひとつかふたつくらいははすごい好きで知ってるけど、その他は名前は知ってるけど曲は知らないとき。音源を聴かずにライヴを観て好きになることが結構あって。それで音源買って、次はそのバンドを目当てにライブに行って、また違うバンドを好きになる。好きなバンドを軸に広がっていくことが多いです。

阿部 : 私もそうですね。好きなバンドを観に行くと、だいたい対バンも良かったりするので。あとは〈exPoP!!!!!〉や下北沢THREEで開催されている〈Block party〉とかの無料イベントに行きますね。

exPoP!!!!!
CINRA主催の無料企画〈exPoP!!!!!〉8月20日には第100回の開催を記念して、日比谷野外音楽堂にて入場無料で開催
>>exPoP!!!!! HP
Block party
毎週末金曜日と平日月曜日に下北沢threeにて行われる、入場完全無料のフリー・パーティー
>>Block party at Three twitter

福田 : 大学で企画団体がやってるのも無料なイベントが多いので、行きやすいですよね。カネコアヤノさんが法政に来たりとか。嬉しいですよね。

高橋 : 法政と早稲田はサークルから良いイメージありますよね。

福田 : 結構インディーで活躍してる人も多くて、主催する側もセンス良いですよね。今年もそうですけど、毎年Waseda Music Recordsはすごい良いメンツでコンピ出しますよね。

──コンピにはどんなアーティストが?

福田 : SUPER SHANGHAI BANDとか。あとはLaura day romanceもすごく良いです。

高橋 : メロウ・イエロー・バナナムーン、水入らずも良いですよね。

──高柳くんは、CDショップに洋楽の情報を集めに行くと言っていたけど、邦楽だとどんなもの聴いたりするの?

高柳 : あまり活動してないですけど、〈ENNDISC〉ってレーベルの、ampelはずっと好きで聴いてます。Yogee New Wavesのギターの竹村郁哉さんも所属してて、SuchmosとかD.A.N.とも対バンしてるんですけど、めちゃくちゃカッコ良いのにあまり知られてない。あともうひとつ、最近だとevening cinemaが好きです。もともと山下達郎がめちゃくちゃ好きで。山下達郎ってかなりブラック寄りじゃないですか。その遺伝子を受け継いでる感じがする。


ampel / MODE

──オシャレでカッコ良いですね~。阿部さんは気になってるバンドいる?

阿部 : 渦、みなさんどうですか?

千田 : CD買いました。

福田 : めっちゃ好き。というか〈HOLIDAY! RECORDS(以下、ホリデイ)〉全部好き。

HOLIDAY! RECORDS
2014年8月にオープンした音楽と服のネットショップ。関西を中心に国内の様々なバンドのデモ音源、自主制作音源を販売。
>>HOLIDAY! RECORDS HP

HOLIDAY! RECORDSは最強

──ディストロ兼レーベルのホリデイの名前はよく聞きますよね! ホリデイはやっぱり強いですか?

福田 : 最強。

千田 : ホリデイのアーティストほぼ持ってる気がする。

高橋 : ホリデイは若手のフックアップがすごいですよね。僕も2、3年くらい前から使わさせてもらってて。いま人気あるバレーボウイズとか台風クラブ、すばらしか、SUNNY CAR WASH、ナードマグネット、Easycome、ベランダ……。挙げればキリがないですけど、すべてホリデイから火が着いてる印象がある。それでホリデイの名前も注目されるし、バンドとディストロで好循環ができてますよね。

──東原さんは気になってるバンドあります?

東原 : お姉ちゃんから教えてもらったバンドでaintという福岡のバンドが気になってます。ギター・ロックで、ギターが3人いるんです。あと、ギター・ロックに近いところで言えば、最近もう1つ好きなバンドがあって。THE BOYS&GIRLSというバンドなんですけど。ボイガルって呼ばれてて。

千田 : なんか最近BOYとGIRLがつくバンドがいっぱいありすぎませんか(笑)。THE BOY MEETS GIRLSとかBOYS END SWING GIRLとか。海外にもBoys Like Girlsがいる(笑)。


BOYS END SWING GIRL / 或る恋文

Boys Like Girls / Love Drunk

福田 : でもTHE BOYS&GIRLS良いですね。

若者のグッきたライヴバンドとは

──さっきライヴで気になったバンドをチェックしてみるなんて話が出てましたが、ライヴがすごかったバンドなんかも聞いてみましょう。

福田 : ライヴハウスで働いているときに衝撃を受けたのがOOPS! PIG PALE ALE INC.。女性ボーカルなんですけど、音源と全然違う。ライヴで聴いてると音圧がすごいなか、ヴォーカルだけふわっと浮いて聴こえてくる感じがして。ちなみに頭文字とると、「OPPAI」なんです(笑)。


OOPS! PIG PALE ALE INC. / Nijinski

──ライヴがすごいバンドですが、他にありますか?

阿部 : 事前知識全くなしで楽しめたのはthe twenties。クウチュウ戦の対バンで知ったんですけど、ライヴがめちゃくちゃ楽しくて。


the twenties / keiki hAppy

──カッコ良いですね〜!

東原 : あと、いまtetoが友達との間で流行ってます。

一同 : あぁ〜!

福田 : MVずっと観ちゃう。暴れ方が印象的ですよね。

東原 : いいですよね。

千田 : ライヴ観たことあるんですけど、弦が切れても関係なくライヴしててカッコ良かった。

福田 : 私がみたときライヴハウス壊してましたもん。ぶら下がろうとして天井破壊してました(笑)。


teto / 36.4

──他にライヴが初見ですごかったバンドいますか?

高柳 : 最近、バンドだとあんまりいないですね。知ってるバンドを観ているってこともあるんでしょうけど。ヒップホップとかどうですか? 〈SUMMIT〉系とかKANDYTOWNとか。個人的にバンドというよりかは、ヒップホップのライヴのほうが最近だとよく観るんですけど。

──なるほど。たとえば『フリースタイルダンジョン』とか高校生ラップ選手権で盛り上がってきたヒップホップにも、そことはまた違う括りのPUNPEEとかが地上波に出たりフジロックに出演したりして、若者にとってヒップホップが身近なものになってるのかなって思うんですけど……。実際みなさん以前と比べてヒップホップを聴くようになりましたか?

高橋 : 『フリースタイルダンジョン』の功績は大きいと思います。芸人さんも真似するようになったし、「ヒップホップが流行ってる」ということは誰でも知ってると思います。最近でいえば〈OMAKE-CLUB〉はよく聴きますね。その前から〈術ノ穴〉も好きですけど、でもなぜかライヴにはあんまり行けてないんですよね。

OMAKE-CLUB
TOKYO HEALTH CLUBやJABBA DA HUTT FOOTBALL CLUBらが所属する、ミュージシャンの、ミュージシャンによる、ミュージシャンのための、著作権フリーのインターネット踏み台レーベル。 聞く人も、作る人も、入りたい人も、すべて自由。So、 そんなレーベルがOMAKE-CLUB。たかが、オマケ。
>>OMAKE-CLUB HP
術ノ穴
Music / Art レーベル〈術ノ穴〉。〈ササクレフェス〉を主催し、型にはまらず個性的な作品をリリースしている。居場所のない人の新たな場所。『フリースタイルダンジョン』で活躍するDOTAMA、女性の間で話題沸騰中の泉まくらが所属。
>>術ノ穴 HP

千田 : ドープすぎるのは、うっ! となるけど、Enjoy Music ClubやChelmico、ZEN-LA-ROCKや〈OMAKE-CLUB〉のちょっと軽くてポップな感じが好きです。TOKYO HEALTH CLUB、JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUBとか。ライヴは私もあんまり行かないですね。

福田 : 対バンなら行きますけど、ヒップホップ主体のイベントには行かないですね。嫌いなわけじゃないんですけど。

高橋 : ヒップホップは韓国とか中国もアツいですよね。tofubeatsがテレビで88risingと中国のHigher Brothersを紹介してバズったりしてましたし。

東原 : 私は海外だと14歳でラッパーのMattyBを最近知りました。Youtubeの再生回数がすごいんです。7歳から活動してて、YoutubeとかiTunesに音源上げてるんですけど日本でCDがリリースされてなくて。


MattyBRaps / Gone

──海外のヒップホップの話しになりましたけど、「若者、邦楽しか聴かない問題」もありますよね(笑)。最近だとDYGLやミツメらがイベントを通して洋楽との接近を図って、国内と海外とインディー・ロックが同時代的に関わりだしてきてると思うんですが、洋楽は聴きますか?

福田 : 一時期ちょこっとだけ。いまはあんまり聴けてないです。

千田 : 洋楽にも絶対好きなバンドいるんだろうけど、どこから入ればいいのかわからなくて掘れてないです。好きなバンドのルーツを探っていって好きになることもあるんですけど。

高橋 : 僕は家では聴きますよ。ホムカミのメンバーが紹介してる音楽を漁りまくって、レコード探して。

──やっぱり邦楽のバンドを軸に洋楽を知っていく?

千田 : そうですね。あとはインディーで長く活躍してて、名前をみかけることが多いYumi Zoumaとか、ikkubaruとかは勝手に耳に入ってくるんですけど。

高橋 : ikkubaruもそうですけど、最近アジア全体でインディ・ロックの機運が高まってる気がする。台湾が特に。ミツメとかDYGLとかシャムキャッツと交流して台湾でライヴしたり、逆に台湾から四枝筆樂團Four Pensとか雀斑frecklesとか洪申豪が来日したり。代々木公園で台湾フェスタもやったりしてるし。

──みなさんは音楽は何で聴きますか? CDなのか、配信なのか、レコードなのか、Apple MusicやSpotifyとかのストリーミング・サービスなのか。

千田 : 私は収集癖があるので、CD買います。ライヴ会場で買ったりするし。それが面倒だったらiTunesで買っちゃう。あとは7インチが好き。軽いので(笑)。

阿部 : 私はCD買います。でもApple Musicをはじめてからはかなり買う量も減りました。いまでは買うCDは自主制作ばっかり。

高柳 : 僕はストリーミングとかレコードとかより圧倒的にCD中心ですね。中古ショップにもよく行きます。

高橋 : 僕は外だとApple Musicで、家だとレコードです。洋楽はレコードで聴くことが多くて邦楽は外で聴くことが多いです。なんか外ではわかりやすい音楽というか、簡単に気分を上げてくれたり、落ち着かせてくれる音楽を求めてるというか。CDはあまり買わないですね。自主制作のものは別ですけど。

東原 : あとはYoutubeとかストリーミング。

Wi-Fiがないと音楽も好きに聴けない時代!!?

──やっぱり主にネット環境があるなかで音楽を聴く?

東原 : そうですね。

──でもストリーミングだとWi-Fiがないと通信料が気になって聴けないこともあると思うんだけど。

東原 : そうなんです。だからダウンロードした同じものばっかりとか、ちょっと気になる程度のものを移動中とかにあんまり聴けない。SNSでいいね! だけして、Wi-Fi環境あるときに聴くみたいな。

千田 : Apple Musicで気になったとしてもダウンロードするときはWi-Fiがあるかどうか気になりますよね。音楽に辿りつくためにいままでとは違ったハードルが出来てきた感じがする。

──Wi-Fiがないと音楽も好きに聴けない時代だと。

高橋 : それはあると思います。あとみなさんSpotifyとApple Musicどっち使ってます? 僕はApple Music使ってて、周りもApple Music使ってる人が多いんですけど。

──基本的には僕はApple Musicかな。

福田 : Spotifyは洋楽にハマってたときによく使ってました。アーティストをクリックすると出身国とか、国で音楽を選べたりできるのは驚きで。いままでフランスの音楽とか何もわからなかったけど、入り口ができた気がする。北欧とか良い音楽多いのに入ってくる情報が少ないじゃないですか。そのときにSpotify良いなとは思いました。でも、結局いま使ってるのはApple Musicなんですけど。

──いまSpotifyがすごい、黒船だ! みたいな記事あるけど、でもやっぱりまだApple Music?

千田 : 多分新しいところに向かってないだけ。本当はSpotifyのほうが良いのかもしれないですけど、フォーマット的に馴染みのあるのは大きいですよね。

──なるほど。じゃあ今回はこんな感じで! ありがとうございました!

〈若者座談会〉参加者のおすすめ音源まとめ

CDショップでバイトをしている、高橋くんのおすすめ


レコード・ショップでバイトをしている、千田さんのおすすめ


山下達郎が大好きという、高柳くんのおすすめ


出版社でバイトをしている、阿部さんのおすすめ


音楽系専門学生、東原さんのおすすめ


ライヴハウスでバイトをしている、福田さんのおすすめ

過去に開催された〈若者座談会〉も要チェック!

>>〈若者座談会〉vol.1<<
>>〈若者座談会〉vol.2<<

o

 
 

コラム

〈りんご音楽祭2017〉開催直前!! オーガナイザー・ 古川陽介と巡る「松本」の激オススメスポット
[CLOSEUP]・2017年09月15日・〈りんご音楽祭2017〉開催直前!! オーガナイザー・ 古川陽介と巡る「松本」の激オススメスポット 2017年9月23日(土)、24日(日)、長野県松本市にて〈りんご音楽祭2017〉が開催される。松本市の古民家を改造したパーティーハウス〈瓦RECORD〉に集う地元地域のスタッフたちが作り上げている地域密着型の野外フェスティバル〈りんご音楽祭〉。9年目となる今年は、日本全国各所からポップ・ミュージックとアンダーグラウンドの垣根を越えた186組のアーティストが出演!! トークブースも加わり、よりおもしろみと挑戦に満ちた今年の開催を目前に、〈瓦RECORD〉オーナーで主催者であるdj sleeperこと古川陽介に松本のオススメスポットを案内してもらった。さらに、毎年恒例の「RINGOOO A GO-GO 2017」出演者のコンピレーション・アルバムを期間限定で無料ダウンロード!! 7ステージ・全186組による夢の2日間が長野県松本で開催りんご音楽祭20172017年9月23日(土)、24日(日)@長野県松本市アルプス公園時間 : 9月23日 10:00 / 9月24日 9:00料金(税込)■通し券 13,800
by 西澤 裕郎
いまの若者ってなにを聴いてるの?──OTOTOY〈若者座談会〉を開催
[CLOSEUP]・2017年08月22日・いまの若者ってなにを聴いてるの?──OTOTOY〈若者座談会〉を開催 OTOTOYインターンによる〈若者座談会〉が帰ってきた! いままで数回開催され、その時どんなものがキテいて、音楽をどのように楽しんでいる若者がいるのか話し合われてきた〈若者座談会〉。いまの若者は一体どんな音楽に注目しているのか気になりませんか? OTOTOYでインターンをしている大学生6人に、注目のアーティストを、そして聴き方が多様化する現在どのように音楽を楽しみ、どんな風に新しい音楽と出会っているのかなどなど…… 根掘り葉掘り聞いてみました! ぜひこの座談会を読んであなたの知らない素敵な音楽と出会うことができればうれしいです。さぁいってみましょー! 進行&文 : 鈴木雄希構成 : 高橋秀実 集え! 音楽好きの若者たち! ──まずは順に自己紹介をお願いします。 高橋 : 23歳の高橋秀実です。CDショップでバイトしてます。好きなバンドはHomecomingsです。 千田 : 大学3年21歳の千田祥子です。レコード・ショップでバイトしてます。1番好きなバンドはFINLANDSです。この世で1番私がFINLANDS好きだと思います(笑)
【新世代参上! 】ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線
[CLOSEUP]・2017年08月09日・特集 : 新世代参上! ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線 暑い! そして熱い! この国のインディ・ロック・シーンのなかで、いま最も注目すべきサウンドはこれだ、キーワードはガレージ・ロックだ。ガレージ・ロックといえば…… 1990年代のあのバンドたち? なんていうのはもう昔の昔、2010年代も終わりですよ。今回紹介するのは8月9日に1stフル・アルバムをリリースしたばかりのTENDOUJIを中心に、とにかくスペシャルに活きの良いバンドたちを紹介していきますよ〜! グイーンとギターをかき鳴らして、ドカドカかっこいい、ロウなロックンロールを勢いよく奏でているかっちょいいバンドがいっぱいいるんです。シティポップもいいけど、こういうストレートに熱い、ロック・サウンドも聴きたくなってきた頃じゃないですか? いまこのガレージ・ロックの波に乗らなきゃ、2017年の夏は終われないですよ! インディ・ガレージ・ロックを語る上でこのバンドは忘れられない! 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,200円
by 鈴木 雄希
OTOTOYサマー・キャンペーン2017──約100タイトルが500円にプライスオフ! 初回購入で500円ポイント還元
・2017年08月01日・【サマー・キャンペーン2017】約100タイトルが500円にプライスオフ! 初回購入で500円ポイント還元 はじめてのお買い物で500円ポイント還元、つまり実質ゼロ円!! OTOTOYでは、2017年8月1日(火)12時〜8月31日(木)23時59分までの間、「OTOTOYサマーキャンペーン」を開催いたします。 1 : OTOTOYに会員登録し初めてお買い物をされた方に500円分のポイント還元。OTOTOYに会員登録されたお客様で、期間中にはじめて有料商品の購入(クレジットカード、PayPal、OTOTOYポイント / おとぷり、BitCash、モリタポなど各種決済どれでも)をされたお客様全員に、OTOTOYポイント500円分(5000ポイント)を贈呈。次回のお買い物時に、その他の決済と組み合わせてポイントをご利用になられます。 2 : 100作品を超える作品が500円にプライスオフ。注目の作品も含む100タイトル以上の作品が500円にプライスオフ、1のポイントキャッシュバックと組み合わせれば実質0円で作品が手に入ります。ハイレゾ、DSD作品も多く含まれています。ぜひともこの機会にお試しください。 キャンペ
【最大45パーセント・オフ】“ハイキュー!!”や“弱ペダ”も──東宝アニメ作品のサントラを期間限定プライス・オフ
[CLOSEUP]・2017年07月10日・【最大45%オフ】“ハイキュー!!”や“弱ペダ”も──東宝アニメ作品のサントラを期間限定プライス・オフ 日本における最大の映画配給を誇るとも言える東宝内のアニメ・レーベル〈TOHO animation〉。OTOTOYでは7月10日(月)より、〈TOHO animation〉の音楽レーベル〈TOHO animation RECORDS〉からリリースされたTVアニメ、アニメ映画のサウンドトラックのプライス・オフを実施! 『ハイキュー!!』や『弱虫ペダル』、『僕のヒーローアカデミア』などをはじめとする大人気12作品を、ご購入いただきやすい価格にてご用意しております! こちら7月31日(月)までの期間限定となっています。最大45%オフでご購入いただけるこの機会を見逃すな! 期間 : 2017年7月10日(月)〜2017年7月31日(月) ご購入の際の注意点プライス・オフ価格は期間内(2017年7月31日(月)まで)に決済した商品まで適応されます。割引期間内にカート挿入しただけでは適応されません。決済のタイミングが上記時間から外れた場合は通常の価格が適応されますのでご注意ください(12:01以降の決済では割引価格
祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!
・2017年07月07日・フジロックいく人も、行かない人、これぐらい聴かなきゃ! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始! え、エイフェックス・ツインったら、コレでコレもんでしょう、え、聴いたことないの? とか言われちゃうマスト音源満載の過去音源が一挙OTOTOYでも配信開始です。具体的に言うと名門〈WARP〉に残してきたエイフェックス・ツイン名義の1990年代から2000年代初頭にかけての作品群。しかも、7月に行われるフジロックでは、2日目、7月29日(土)のヘッドライナーとしてひさびさの来日ライヴ! ということで、この作品群とともに、かなりの駆け足でそのキャリアでおさらいします。また今回の過去作配信開始に合わせて、これまでOTOTOYで配信していた2010年代の作品(ハイレゾ配信)にライナーPDFが付属するようになりました(すでに購入済みという方はアプリや再ダウンロードでどうぞ)。そして今回配信を開始した過去アルバム4作品もライナーPDF付きでお届けします。またアルバム未収録の、1990年代のシングルたちもロスレス形式で配信開始です。 WARP移籍までのエイフェックス・ツイン(面倒なら読み飛ばしちゃっても!)とりあえず抑えて
by 河村 祐介
はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておこう
[CLOSEUP]・2017年04月07日・はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし おかげさまで、OTOTOYでは女性アイドル&グループを取り上げることが増えました。きっかけになったのは新生アイドル研究会ことBiSの存在。当時、インディ・ロックのツボを押さえたエモーショナルな楽曲は新鮮で、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、Especia、Negicco、おやすみホログラムをはじめ、3776、KOTO、amiinAなど、バラエティ豊かなアイドルたちを特集してきました。いまなお、ヤなことそっとミュートや新しいアイドルたちが登場しており、ワクワクした状況が続いています。 そんな折、OTOTOYでは男性アイドル&グループをほとんど取り上げていないことに気がつきました。BiSをきっかけにいろいろなグループに魅了されたように、男性アイドルやグループにも、たくさんの魅力があるんじゃないか。そう思い立ち、一度男性アイドル&グループ特集を組んでみることにしました。男性アイドル・グループを愛してやまない音楽関係者Mr.Kに話を聴きながら、これは押さえておいたほうがいいというグループをまとめてみました。こんなの常識でしょ? と思われる方もい
by 西澤 裕郎
特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド
[CLOSEUP]・2017年02月03日・特集 : 選ばれたグルーヴ──この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド ここ数年の、この国のインディ・ロックのシーンにインディR&Bやネオ・ソウル、現代ジャズといった音楽のグルーヴを援用したバンドたちが人気を集めている。本特集では、「選ばれたグルーヴ」と題して、現在OTOTOYでは配信中で、こうしたサウンドへと接続する音源を紹介するとともに、『Jazz The New Chapter』監修者 / ライターの柳樂光隆と、OTOTOYプロデューサー、高橋健太郎のふたりの識者の対談なども交えてお届けしよう。また、ここで、こうした流れの注目のバンドで昨年リリースされ話題を呼んだ、WONKの『Sphere』も配信開始する。文・選盤・構成 : 河村祐介 イントロ──選ばれたグルーヴ 2015年から、そして2016年にかけて、この国のインディ・ロック・シーンのサウンド面で新たにキーワードとして出てきたのは、インディR&B、ロバート・グラスパー以降の現代ジャズやアシッド・ジャズ……ざっくりと言ってこういったものだろう。こうした見方で言えば、さきほどリリースされたSuchmosのアルバム『THE KIDS』は、そう
by 河村 祐介