ハイレゾで生々しく蘇る、どんと活動初期の歌声──ローザ・ルクセンブルグの過去作リマスタリング再発!!

ローザ・ルクセンブルグ

どんと(Vo.Gt)、玉城宏志(Gt)、永井利充(Ba)、三原重夫(Dr)からなる伝説のロック・バンド、ローザ・ルクセンブルグ。短い活動期間ながら強烈なインパクトを残したそのバンドは後にボ・ガンボスをはじめとしたバンドへと枝分かれしていく。そんな彼らが残したオリジナル・アルバム2枚とラスト・ライヴを収録したライブ盤がこの度ハイレゾ配信用にオリジナルのアナログ・マスター・テープからリマスタリングが施された。中でもラスト・ライヴを収録した『LIVE AUGUST』に関しては、アナログLP3枚組の当時の構成を完全再現するため、CD再発以降の同タイトルのものと比較するとフェードアウトのタイミングなどの変更が施されるなど、今までこのアルバムを楽しんで来た人も改めてこのアルバムの魅力に気付けるような仕様となっている。OTOTOYでは今作を24bit/96kHz及びDSD 5.6MHz/1bitの2つのフォーマットで配信がスタート。レヴューと共に改めて、彼らが残したそのサウンドに触れてみてください。


86年リリースのデビュー・アルバム

ぷりぷり

【Track List】
01. おもちゃの血
02. 在中国的少年
03. 原宿エブリデイ〜ブルーライトヨコハマ〜
04. 北京犬
05. 大きなたまご
06. アイスクリン
07. バカボンの国のポンパラスの種
08. だけどジュリー
09. ニカラグアの星
10. 毬絵
11. 少女の夢

【配信形態 / 価格】
【左】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC
単曲購入 378円(税込) まとめ購入 3,240円(税込)
【右】DSD(5.6MHz/1bit)
まとめ購入のみ 4,860円(税込)


更なるオリジナリティを追求したセカンド・アルバム

ROSA LUXEMBURG II

【Track List】
01. さいあいあい
02. あらはちょちんちょちん
03. フォークの神様
04. デリックさん物語
05. かかしの王様ボン
06. さわるだけのおっぱい
07. シビーシビー
08. テレビ28
09. まったくいかしたやつらだぜ
10. 橋の下
11. 眠る君の足もとで

【配信形態 / 価格】
【左】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC
単曲購入 378円(税込) まとめ購入 3,240円(税込)
【右】DSD(5.6MHz/1bit)
まとめ購入のみ 4,860円(税込)


解散ツアーのラスト・ライヴを完全収録した名盤

LIVE AUGUST

【Track List】
(Disc1)
01. さいあいあい
02. あらはちょちんちょちん
03. おいなり少年コン
04. フォークの神様
05. かべ
(Disc2)
01. 虹のまりちゃん
02. 北京犬
03. モンゴル放送局
04. 不思議だが本当だ
(Disc3)
01. デリックさん物語
02. くちゃ
03. ひなたぼっこ
04. だけどジュリー 他全25曲収録

※曲順、ディスク番号はオリジナルのLPに準拠したものとなっております

【配信形態 / 価格】
【左】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC
単曲購入 270円(税込) まとめ購入 3,780円(税込)
【右】DSD(5.6MHz/1bit)
まとめ購入のみ 5,400円(税込)

※DSD作品(特に『LIVE AUGUST』)に関してはファイル・サイズが大変大きいため、1度に複数アルバムの購入はお控えください
※Windowsをご利用のお客さまへ
今作はファイル・サイズが大変大きいため、Windowsに標準搭載された解凍ツールでは正常に展開できない場合がございます。その場合、お手数ですが、Explzhという解凍ソフトをお試しください。
>>解凍ソフト「Explzh」を使った解答の仕方

“ボ・ガンボスの前身バンド”とは言い切れない…ローザ・ルクセンブルグだけが持っていた世界

1986年2月にデビュー、1987年8月にラスト・ライヴを行い、わずか1年半という短い活動期間で解散したローザ・ルクセンブルグ。ラスト・ライヴからちょうど30年となる8月6日に、1stアルバム『ぷりぷり』2ndアルバム『II』ラスト・ライヴの模様を収録した『LIVE AUGUST』がハイレゾ(24bit/96kHz及びDSD 5.6MHz/1bit)配信された。2013年発売のCD BOXのリマスターの音源とは異なり、あらためてオリジナル・アナログ・マスター・テープからハイレゾ配信のためにDSDマスタリングをやり直し、当時のサウンドに限りなく忠実に仕上げた作品となっている。

どんと(Vo.Gt)、玉城宏志(Gt)、永井利充(Ba)、三原重夫(Dr)により結成され、京都の音楽シーンから登場したローザ・ルクセンブルグを知る上で最もわかりやすいのは、デビューのきっかけとなったNHKのコンテスト「YOUNG MUSIC FESTIVAL」で「在中国的少年」を演奏する映像だ。中国雑技団のごときビジュアルとオリエンタルかつキャッチーなギターリフに「なんだこのバンドは!?」と一発で気を引かれることだろう。そして、ローザ・ルクセンブルグはのちにボ・ガンボスを結成することとなるどんとと永井が在籍していたことでも知られている。


NHK ヤングミュージックフェスティバル 84

序盤からいきなりボ・ガンボスの話から書きだしてしまうと、「順番が逆だろうがこのボケナス! 」と思われるかもしれないが、バンド・ブーム真っ只中に大成功を収めたBO GUMBOSに比べるとローザ・ルクセンブルグはあまり熱心に聴いたことがないという音楽ファンも少なくないのではないだろうか。正直、筆者もその一人である。というのも、デビュー盤からニュー・オリンズに出向きボ・ディドリーをゲストに迎えたレコーディングを実現させ、敢然とアメリカのルーツ・ミュージックの沼地へとずんずん進んで行きこれまでにない日本語のロック・ポップスを創り上げたボ・ガンボスに対し、ローザ・ルクセンブルグをその「前身バンド」と呼ぶには明らかな音楽性の違いを感じたからだ。故に、ボ・ガンボスのデビュー盤にやられてすかさずローザ・ルクセンブルグの作品を聴いた際に「あれ? 何か違うな」という温度差を感じてハマらなかったのだと思う。今回、3枚のアルバムを改めて聴いてみて、その浅はかな姿勢を反省している。ローザ・ルクセンブルグ、最高じゃないか。

“おもちゃのチャチャチャ”がフィーチャーされた「おもちゃの血」、昭和歌謡曲の濡れたマイナー加減を糸口にスカ・テイストも感じさせるサウンドへと昇華させた「原宿エブリデイ〜ブルーライトヨコハマ〜」等、デビュー・アルバム『ぷりぷり』に収録された楽曲に顕著なように、ローザ・ルクセンブルグの音楽はハチャメチャな遊び心と雑多な音楽的要素がないまぜになったもの。ヴォーカル・どんとのあまりにも独特すぎる言語感覚とブリティッシュ・ロックを根っこに持ったリーダー玉城宏志の変幻自在なギター・リフ、脇役扱いされがちだったベースの概念を変えたのではないかと思えるほどサウンドの核となる永井のクリアでぶっといフレーズ、それらの豪胆な弦楽器を束ねるタイトかつ繊細な三原のドラム・プレイ。その神髄が発揮される「アイスクリン」「ニカラグアの星」で聴ける4つの個性のぶつかり合い、玉城のササクレだったギターや永井のスペイシーな音像も、ハイレゾ音源化でより臨場感を増しており興奮がとまらない。

2ndアルバム『ROSA LUXEMBURG II』では冒頭から「さいあいあい」「あらはちょちんちょちん」と、どんとはますます常人を越えた言語感覚を発揮している。このあたりは1stアルバムからメッセージ性もあり明確な意味のある歌詞が歌われることが多かったボ・ガンボスとの違いの1つだ。もろにGSサウンドの「フォークの神様」、永井の作詞・作曲・ヴォーカルによるファンク「デリックさん物語」、ビートルズばりのコーラスも楽しめるマージービート「シビーシビー」、アコースティック・ギターの音色も美しい名曲「橋の下」等々、その色とりどりな楽曲たちは良い意味でひっちゃかめっちゃかでもある。そのフリーキーな独自の世界があったからこそ面白かったのだろうが、どんとと玉城という2つの際立った個性ゆえに袂を分かつこととなるのも頷ける気もするのだ。最後のライヴとなった1987年8月6日渋谷エッグマンの模様を25曲の大ボリュームで収録した『LIVE AUGUST』のド迫力で駆け抜けるバンドサウンドは圧巻で、いかに各々がミュージシャンとして貪欲に音楽を突き詰めている中で解散していったかがわかるスリリングなものとなっている。

それにしてもどんとの声の存在感はすごい。これまで当たり前のように聴いていたが、こうして聴いてみるとなんと耳に残る声質を持ち表現力豊かなヴォーカリストなんだろう。自由奔放でアバンギャルド、ピースフルであることに最大の攻撃力を持っているその歌声は時代を経てもまったく色あせるところがないどころか、ますます輝きを放っているではないか。

惜しくもこの世を去ってから17年、存命であれば配信開始前日の8月5日に55歳を迎えたことになるどんとと、現在もギタリストとして活動を続ける玉城宏志。2人の異才が出会い日本が新しいロックの時代へと進む上で重要な役割を果たしつつ短期間でその役目を終えたローザ・ルクセンブルク。彼らが残したあまりにもインパクトの強い曲の数々をイキイキと蘇らせるハイレゾ配信で存分に楽しんでもらいたい。

(Text By 岡本貴之)

未公開秘蔵音源集「お蔵だし」シリーズ第1弾をハイレゾ配信中!

ローザ・ルクセンブルグ / お蔵だし Vol.1(24bit/96kHz)

倉庫から発掘されたローザ・ルクセンブルグのスタジオ・リハーサル、ライヴ未公開秘蔵音源集。26、27、28曲目は配信限定の楽曲となっております。過去の特集記事はこちら→http://ototoy.jp/feature/20140528001

PROFILE

ローザ・ルクセンブルグ

どんと(Vo, Gt)、玉城宏志(Gt, Vo)、永井利充(Ba, Vo)、三原重夫(Dr)の4人からなるロック・バンド。1983年、玉城とどんとを中心に結成、1986年2月にミディからデビューを果たし、1987年8月に解散。ロック・サウンドとカルトなポップ・センスを融合させ、強烈なインパクトを残した。TVコマーシャルに出演するなど、当時は音楽シーンだけでなく、お茶の間への露出も。その後、どんとと永井はBO GUMBOS(ボ・ガンボス)を結成。玉城はマチルダロドリゲス、三原はTHE ROOSTERSなどで活躍する。ユニークかつソリッドなサウンドとライヴ・パフォーマンスで、現在もその存在感を示しつづける伝説的なバンド。

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】生活を彩る音楽隊、フィクションに誘い込むトイ・ポップ──Ribet towns『フラッシュフィクション』
[CLOSEUP]・2017年10月11日・フィクションに誘い込むトイ・ポップ──生活を彩る音楽隊・Ribet townsの『フラッシュフィクション』 渋谷系や北欧音楽への憧憬を、京都という街から鳴らす12人組ポップ・バンド、Ribet towns。今年2月にファースト・ミニ・アルバム『ショートショート』を発売したばかりの彼らが、配信限定となるEP作品『フラッシュフィクション」をリリース。前作に収録されていた「メトロ」「ショートシネマ」のリアレンジと新曲2曲の全4曲を収録した今作を、OTOTOYでは発売日に先駆け、先日より配信スタート。ハイレゾでの配信もOTOTOYのみということで、これから要注目となるであろう彼らのサウンドをぜひ良い音で楽しんでいただくとともに、レヴューを掲載。カラフルなフィクションの世界へどうぞ。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!Ribet towns / フラッシュフィクション'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 185円(税込) / アルバム 750円(税込)【収録曲】01. ベッドタウン02. ショートシネマ03. caravan04.
by 中の人
原稿ライオット2017結果発表!!ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年10月12日・原稿ライオット2017結果発表ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! そして、本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」の結果を発表する!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、数多くの応募作の中から選ばれたグランプリのレビューをお楽しみください。 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円(税込
峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!
[CLOSEUP]・2017年10月12日・青春に別れを告げた峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZの3ヶ月連続リリースを読み解く! 日本武道館での公演を目前に控えたバンド活動はもちろん、連続テレビ小説「ひよっこ」への出演などで、お茶の間の幅広い世代にもその存在感を示した銀杏BOYZ・峯田和伸。そんな銀杏BOYZが「恋とロック」をテーマとして3ヶ月連続で「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」というシングルをリリースした。今回の3ヶ月連続リリース第1弾の「エンジェルベイビー」で〈ロックンロールは世界を変えて〉と叫んだ銀杏BOYZ、そして峯田和伸は、きっとこれからもぼくらの世界を変え続けてくれるはず! あなたの世界を変えるかもしれない3作品を、「岡村詩野音楽ライター講座」講座生によるクロス・レヴューとともにお届けします。 3ヶ月連続リリース、3部作配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】それぞれ 単曲 200円 / まとめ購入 400円 REVIEW : 銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」 峯田和伸の、変わらないピュアネス(額田大志)ノイジーなバンド・サウンドの上
『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース
・2017年10月13日・【REVIEW】『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース メンバーの大幅な更新を経て昨年リリースされたアルバム『23区』で、その表現をネオ・ソウル〜R&Bのグルーヴへとシフトさせたbonobos。その長いキャリアのなかで大きな転換となったアルバムから1年、ここに新たなシングル『FOLK CITY FOLK .ep』を発表した。先行ですでにリリースされている、彼らの代表曲「THANK YOU FOR THE MUSIC」のリアレンジ・ヴァージョンも含む6曲は、まさに彼らの『23区』以降の現在の勢いを感じさせるものだ。端的にいえば『23区』でバンドが獲得した表現をさらに一歩推し進めた作品となっている。OTOTOYでは本作を、DSD、そしてハイレゾ版にて配信中。そしてレヴューにてその内容を紹介します。 bonobos / FOLK CITY FOLK .ep'【配信形態 / 価格】'【左パッケージ】DSD(5.6MHz) + MP3データ付きシングルまとめ購入のみ 1,800円(税込)【右パッケージ】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALACAAC単曲購入 3
聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』をハイレゾ配信!! 南波一海によるレビュー掲載
[REVIEW]・2017年10月04日・南波一海によるレビュー掲載ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! 南波一海のレビューを掲載する。さらに本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」も引き続き絶賛開催中!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、応募は自由。本作を隅から隅まで味わいつくそう!! 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円
【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年10月04日・【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の鮮明な登場──1stソロをハイレゾ配信開始 2枚のアルバムをリリースし、2015年に突如解散をした“森は生きている”の岡田拓郎が、2017年10月4日、ソロ名義“Okada Takuro”としてのデビュー・アルバム 『ノスタルジア』をリリースする。マルチ楽器奏者であり、作曲家であり、更に“森は生きている”ではミキシングやジャケット写真までも手がけた、いわば芸術的創造力の塊ともいえる、岡田拓郎。そんな彼のデヴュー・アルバムは、ボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビがマスタリングを担当。さらに、増村和彦(ex. 森は生きている)、谷口雄(ex. 森は生きてい る)、大久保淳也(ex. 森は生きている)の他に、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno 他)、優河、石若駿など彼と繋がりのある様々なアーティストも参加。多様な楽器が紡ぐ音、静かに漂う歌声がすっと心に沁み込む傑作『ノスタ
by ai
【REVIEW】大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年09月27日・ジャズ・ピアノの奥深さにハマる秋! 大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信 2017年は大野雄二特別活動年といっても過言ではないでしょう。今年に入ってなんと3作目となる作品は、5年ぶりとなるトリオ名義でのジャズ・アルバム! 現編成のトリオでのリリースは初でもある。スタンダード・ジャズナンバーから、もちろんルパンの曲まで12曲収録。これから深まる秋の夜長にハイレゾ音質でじっくり耳を傾けてはいかがでしょうか。 YUJI OHNO TRIO / LET'S FALL IN JAZZ'【Track List】01. LET’S FALL IN JAZZ feat.Lyn02. SWEET SUE, JUST YOU03. MISTY TWILIGHT04. LET’S FALL IN LOVE05. LOVE SQUALL06. LET’S FALL IN JAZZ -interlude-07. MY ONE AND ONLY LOVE08. LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE09. A FOGGY DAY10. LOVE THEME11. THEME FROM LUPI
【REVIEW】最高傑作の呼び声高い、ホラーズの新作をハイレゾ配信
・2017年09月26日・【REVIEW】バンドの実験性の歴史を内包、そして新たなる質感も備えたホラーズの新作──ハイレゾ配信 リリースから約1週間、UKの『The Gardian』誌では満点のレヴューが掲載されるなど、すでに海外メディアでは大きな話題となっているザ・ホラーズの5thアルバム『V』。作品ごとにさまざまな方向性へと、その音楽性を変え、その登場以来、高い評価を受けてきたUKのバンド。デビューから10周年目の作品となる『V』ではこれまで挑戦してきたさまざまな音楽性を内包し、さらなる新たな一歩へと進み、バンドのポテンシャルそのものがさらに一段高い位置にあることを知らしめた、そんな作品となっている。OTOTOYではハイレゾ配信と、若干お得な、CDと同等音質のデータにて配信中(1500円!)。 ハイレゾ版&お得なCDと同様音質のWAV / FLAC / ALAC版を配信中The Horrors / V'【左パッケージ : ハイレゾ版】'【右パッケージ : CD音質版】'【Track List】01. Hologram02. Press Enter To Exit03. Machine04. Ghost05. Point Of N
by 尾野 泰幸
筆者について
同じ筆者による他の記事