未来を自由な色で描こう! Yun*chi、『Canvas*』リリース記念リミックス・コンテスト開催

2年ぶりのミニ・アルバム「Canvas*」をリリースしたYun*chi。ナチュラルな雰囲気を身にまとった新ビジュアルにも注目です。OTOTOYでは本作のリリースを記念してリード曲「今僕のいる場所が理想と違っても」のリミックス・コンテストを開催! 本日から8月30日(水)まで作品を募集します。グランプリはOTOTOYで期間限定フリーDLをおこないます。詳しくは応募要項をチェック!

2年ぶりのミニ・アルバム!
Yun*chi / Canvas*
【配信形態】
WAV / ALAC / FLAC / AAC

【配信価格】(税込)
単曲 257円 まとめ購入 1500円

【Track List】
01. 今僕のいる場所が理想と違っても / 02. HIMAWARI* / 03. Trendy Night* / 04. Kare Kano* / 05. Again* / 06. Seaside In Dream* / 07. Thank U*

「Canvas*」リリース記念リミックス・コンテスト応募要項

応募用素材はこちら
Yun*chi / 今僕のいる場所が理想と違っても(padadata)

応募頂いた全てのリミックス音源はYun*chi本人が直接聴き、審査を行います。
グランプリを獲得した作品は、OTOTOYにて期間限定のフリー・ダウンロードを、また優秀作として選出された作品は、Yun*chi本人のコメントつきで楽曲を公開いたします。※素材音源のダウンロードは無料です(OTOTOYの会員登録が必要)。


■スケジュール
・素材音源 : 無料配信期間:2017年8月2日(水)~8月30日(木)
・応募期間 : 2017年8月2日(水)~8月30日(水)
・結果発表 : 2017年10月4日(水)
・グランプリ作品無料配信期間 : 2017年10月4日(木)~12月31日(日)

■審査員
Yun*chi
日本クラウン・酒井理
アソビシステム・中脇雅裕、アソビシステム・佐竹ひかり
OTOTOY代表取締役・竹中直純

■作品の応募方法
・「今僕のいる場所が理想と違っても」素材音源をダウンロードしてください。
・各パート音源を使用したリミックス楽曲をお作り頂き、
ストレージ・サービス(gigafile便やfirestrage)にアップロードのうえ、
こちらから「その他」を選択し、

本文に
・応募アーティスト名(あれば)、
・応募楽曲名(リミックス名)、
・ご住所、
・本名、
・お電話番号、
・メールアドレス、
・音源のダウンロードURL
を記載の上ご応募ください。
※音源のフォーマットはWAVにてお送りください。

■応募作品について

・作品のアーティスト名はご自身のお名前(筆名も可)を、作品のタイトルはご自由におつけください。

・応募作品の審査後、グランプリ作品については上記の期間限定でOTOTOYより無料配信をいたします。また、OTOTOYのYun*chi特設サイトにてYun*chi本人のコメントつきで楽曲公開を行います。

・グランプリ以外の優秀作品についても同様に、後日OTOTOYにてYun*chi本人のコメントつきで楽曲公開を行います。

・上記の無料配信及び特設サイトでの楽曲公開に際し、楽曲使用料等の対価は一切発生いたしませんので、予めご了承ください。

■応募にあたっての注意事項

・本コンテストに応募されたリミックス作品に関する一切の権利は主催者である日本クラウン(株)及びアソビシステム(株)に帰属します。

・リミックス制作の際しては、応募者ご自身で独自に制作した音源やトラックまたは音素材を使用し、第三者が権利を有する楽曲や音源等を、サンプリング、弾き直し、アレンジ、引用等の形で使用しないように十分ご留意下さい。

・応募作品が第三者の権利を侵害しているまたはその可能性が高いと判断される場合、コンテストの応募資格を失う他、当該権利侵害について主催者は一切責任を負いません。

・制作された音源は各自でSoundCloudやYouTube等にアップして、拡散して頂いて結構です。その際には下記のクレジットをご表記ください。

Basic Track by 木下陽介 (SUPA LOVE) (C)(P)2017 NIPPON CROWN Co.,Ltd.

Yun*chi メール・インタヴュー

──約2年ぶりのミニ・アルバム『Canvas*』は、これまでの作品とは違った自然体なビジュアルイメージが新鮮ですね。この作品に込められた全体的なテーマ・思いを聞かせてください。

Yun*chi : 自分の未来を自由な色で自由に描いていこう!という意味を込めて、絵を描くためのキャンバスというタイトルにしました。繊細な時も、はみ出ちゃうくらい大胆になれる時も、全部ひっくるめて生きてるなーって感じるのです。

──リード曲「今僕のいる場所が理想と違っても」は、迷いを希望に変えていくメッセージが胸を打つ壮大なバラードですね。これまでYun*chiさんの曲には*(アスタリスク)が付いていましたが、初めて、*がついていない、そして日本語のタイトルになっています。


Yun*chi「今僕のいる場所が理想と違っても」

Yun*chi : リード曲の「今僕」は思入れが強いです。ネガティヴな考えはできるだけ言葉にしたくないタイプですが、デビューしてから2年もリリースが開いてしまう事が今までなかったので、内心不安な日々を送っていました。歌を今の形で続けていくべきか葛藤する日々でしたが、そんな中、ファンや仲間がかけてくれた言葉が心に響いて、とても励まされました。この気持ちを大切にしたいなと思って「今僕」が生まれたし、この歌を歌う事で頑張っている人の背中を少しでも押せたらいいなと思います。*(アスタリスク)には“小さな星”という意味があります。Yun*chiが作った小さな星達(曲)を集めたアルバムという意味を込めて毎回タイトルには*を付けていたのですが、今年の11月でメジャーデビューをして5周年という事もあり、曲に乗せた思いをリスナーに届きやすい物にしたいなと思いました。自分のルールに囚われ過ぎず、自由な気持ちで大切に作れたので、新しいYun*chiに出会えたような気がします。

──「今僕のいる場所が理想と違っても」がリミックス・コンテストの対象曲になりますが、応募される方へのメッセージ、期待していることなどお願いします。

Yun*chi : 音源を自由に使えるという事らしいので、裸を見られるようで少し恥ずかしいですが、この曲のルールに囚われる事なく、自由にremixしてもらえると嬉しいです。色んな意味でビックリさせて欲しいです。楽しみにしています!

旧譜も一挙配信開始!

PROFILE

Yun*chi

ポップスとアニソンからクリエイティヴ・シーンまでを繋ぐ、注目の新世代ポップ・アイコン。

幼少期より音楽好きな両親の影響でヴォーカリストに憧れて育ち、デビュー前から様々なアーティスト作品やコンピレーション・アルバムに参加するようになる。

2012年11月のメジャーデビュー発表時には、Yahoo!急上昇アクセスランキング2位(9/14)をマーク、デビューミニアルバム「Yun*chi」が「ミュージック・ジャケット大賞2013」にて「大賞」を受賞。

「KOKESHI GIRL」と呼ばれるオリエンタルなルックスを活かし、JulieWataiの作品集「はーどうぇあ・がーるず」に被写体として参加、「VANQUISH VENUS」「ちんかめ」「Zippo girl」「グラフィックガール」などモデルとしての活動も行っている。

2013年、2014年とロンドンで開催された「HYPER JAPAN」に2年連続で登場。

その後もコケティッシュな歌声に磨きをかけ、アメリカ・テキサス州オースティンにて開催された世界最大のビジネスとコンテンツの祭典「SXSW2016」への出演を始め、ミャンマー、ジャカルタ、NY、マレーシアなど、世界のステージを魅了。

TVアニメ「ログ・ホライズン」エンディング・テーマ「Your song*」「Wonderful Wonder World*」と第1・2シリーズと担当し、2シリーズではサフィールの少女役で声優としても出演。

2015年7月15日にTVアニメ「うーさーのその日暮らし 夢幻編」主題歌「Lucky Girl*」、続けて同年9月9日には2nd full album「Pixie dust*」をリリース。

アーティスト名についている記号「Asterisk」は、妖精が空を飛んだ時の軌跡「pixie dust」から由来しており、キラキラと輝いていけるようにという目印で「小さな星」という意味を持つ。

>>HP

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信──世間に向けて“バケモノ”が牙をむく新作ミニ・アルバム
[CLOSEUP]・2017年07月26日・世間に向けて“バケモノ”が牙をむく──Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信 いま、Age Factoryにとって大きなターニング・ポイントである。前作『LOVE』のリリース以降、“破壊的”とも称されるライヴでの圧倒的なパフォーマンスと、強烈なメッセージ性を含んだ彼らの楽曲は、多くの人に伝わることとなった。そんな彼らから、全曲セルフ・プロデュースで制作されたミニ・アルバム『RIVER』が届いた。OTOTOYでは今作を、7月26日より2週間のハイレゾ独占配信をスタート、そしてこのタイミングでメンバーへのインタヴューを敢行した。前作『LOVE』を超越するために、Age Factoryが選んだ答えは、ストレートでよりシンプルな作品をつくることだった。バンドにとっての転機とも言えるいま、そのような選択をくだし、『RIVER』をリリースした意味はなんだったんだろうか。インタヴューとともに紐解いていく。 “ストレート”をテーマにした全曲セルフ・プロデュース作品 Age Factory / RIVER'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは
by ?