GANG PARADE インタヴュー、ユイ・ガ・ドクソン編「どれだけ自分を超えられるかがすべて」

POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、ギャンパレの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタル・トレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第4回は、ユイ・ガ・ドクソン編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の4回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!!

>>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.4 はこちら<<

GANG PARADE、現体制2ndシングルを配信スタート

GANG PARADE / FOUL

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 800円(税込)

【Track List】
1. FOUL
2. Close your eyes
3. FOUL(inst)
4. Close your eyes(inst)



GANG PARADE「FOUL」MUSIC VIDEO


INTERVIEW : ユイ・ガ・ドクソン

ココ・パーティン・ココ、テラシマユウカとともに、2016年9月に行われた新生BiS合宿オーディションの落選メンバーで結成されたグループ「SiS」のメンバーとして活動をはじめるも、初ライヴをもってグループは活動休止に。絶望ともいえる状況に陥るも、プロデューサーでマネージャーの渡辺淳之介が社長を務める事務所・WACKで活動したいという強い気持ちで、GANG PARADEへの加入を決めたユイ・ガ・ドクソン。眉毛を丸くした麻呂のスタイルや、独特のお笑いセンスでふざけたりする一面があるものの、特徴的な歌声はギャンパレのひとつの色となっている。実は何かに焦っていることも多いというが、その焦りを原動力に、よりよい自分を目指し日々活動を続けているともいう。毎回ラーメン連載のミッションもクリアし、コツコツ努力を積み上げているドクソンに話を訊いた。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎
写真 : Jumpei Yamada

私は格好よくなりたい

ーーお店への取材交渉からレポートまで、ドクソンがすべてを1人で行うラーメン連載「Fueled by Ramen」がスタートしました。Twitter上では「食べたくなった」とか「文章がうまい」と言ったつぶやきが多く、すごく評判がいいですね。

ユイ・ガ・ドクソン(以下、ドクソン) : 実際に読んだ人がお店に行ってくれているみたいで、すごく嬉しいです! 私は文章があまり上手くなくて、ちゃんとした文章をWebに載せたこともなかったんですけど、意外と普通に文章を書けていることにびっくりしています(笑)。

ーー毎回、書くのに時間はかかっている?

ドクソン : 何回も書き直して完成させています。文字を見ただけじゃ「美味しい、食べたい!」ってなかなかならないじゃないですか? 写真があるので助けれらているんですけど(笑)。

ーーお店選びはどういう基準でしているんですか?

ドクソン : 自分の中に「いつか行きたいお店リスト」があって、そこから選んでいます。普段は同じお店ばかりにいって食べちゃうんですけど、この連載を機に、行ったことのなかった店にも行ってみようと思っています。

ーーちなみに「ラーメン屋の店主と写真を撮れなかったら連載打ち切り」という厳しいルールもあります。そこも醍醐味の1つというか見所でもありますよね。

ドクソン : そうなんですよー! ラーメン屋さんって、超忙しいじゃないですか? だから「写真はダメ」って言われる可能性もあるんですけど、それでもラーメンだけは食べるって自分の中で決めていて。実際、めっちゃ忙しそうで聞くに聞けないときもあるので、おどおどしながら「あのー…」って聞いています(笑)。

ーーこれまでギャンパレはライヴがメインでした。こうやって連載もできるくらい、ゆとりは出てきたのかなとも思うんですけど。

ドクソン : えー、それは思わないです。むしろ焦っています。

ーー何に焦っている?

ドクソン : 自分と周りとの関係性。

ーーメンバーとの関係性ってことですか?

ドクソン : いや、観る人の期待とか、自分自身に対してもっと格好よくなりたいっていうことです。そういうことを考えて、毎日焦っています。

ーーそれはギャンパレに入ったときの焦りとはまた違うものなんですか?

ドクソン : んー、似ています。最近、油断していたなと思って。私はダンスが苦手だったので、最初のころは振りを覚えるのもめっちゃ大変だったんです。でも、ある程度覚えて自然に体が動くようになってきてからは慣れてきちゃって。最近、自分がどうなりたいか前よりもわかってきたので、まだまだ理想には遠いってことも踏まえて、より焦ってます。

ーードクソンはどうなりたいと考えている?

ドクソン : 私は格好よくなりたいです。

ーー具体的な目標だったり参考にしている人はいますか?

ドクソン : いっぱいいます。

ーー例えば?

ドクソン : えー、秘密です。真似したらバレてわかるじゃないですか(笑)。

単純に強くなった気はします

ーー(笑)。少し遡りますけど、4月2日に行われた所属事務所・WACKのフリー・ライヴ〈WACK EXHiBiTiON〉で、カミヤサキとアヤ・エイトプリンスのレンタルトレードが発表され、5月1日よりアヤが加入しました。新生BiSの合宿オーディションで一緒に競ったアヤの加入に対して、ドクソンはどんな気持ちでしたか。

ドクソン : 正直、アヤの人となりをあまり知らなかったんですよ。インタヴューは読んでいたけど、実際どういう子かっていうのは接さないとわからないじゃないですか?

ーーコミュニケーションをとってみて、どんな印象を持ちましたか。

ドクソン : 想像より、頑張り屋さん(笑)。

ーー合宿オーディションでBiSに受かった人っていう境界線みたいなものは感じなかった?

ドクソン : アヤも何かを変えなきゃいけなくてGANG PARADEに来たと思うんですよ。だから、違う世界の人って感じはしなかったです。むしろ、同じ世界の人だと思った。懐かしい同級生に会った感じというか(笑)。合宿オーディションの3泊4日は本当にあっという間だったし、私は合宿の時あまり人としゃべっていなくて。人見知りをして、あまり前に前に出れなかったんです。

ーードクソンは人見知りなんですか?

ドクソン : 一応、人見知りです。西澤(インタヴュアー)さんにも人見知りしていました(笑)。

ーーあははは。カミヤサキが加入したBiS、初のライヴが〈ギュウ農フェス 春のSP〉(2017年5月4日、新木場スタジオコーストにて開催)でした。BiSのライヴを見て、どういうことを思いました?

ドクソン : すごかった。悔しかったのと、切なかったのと、焦ったのと全部の感情があった。

ーー何が1番すごかった?

ドクソン : 1番すごいと思ったのは、研究員(※BiSファンの呼称)の人たちと1つになっていたこと。1つになる強さがあったし、それが私はライヴで1番大事だと思っていることなんです。あの日のBiSは、圧倒的にそうなっていた。自分が理想とするライヴだったし、私もやりたいと思ってるライヴに近かった。

ーー切ないっていうのは、どういう感情だったんですか?

ドクソン : サキちゃんがピチピチ跳ねていてBiS感があったのが切なかった。もともとBiSのメンバーだったわけで当たり前だと思うんですけど、楽しさが爆発してる瞬間みたいなのが見えたんです。BiSは個々のその時その時の個人のパワーがおもしろかったりすると思っていて、そういう場になった時のサキちゃんを見て、おーって思いました。

ーーそのあとのギャンパレの楽屋は、お通夜のようにどんよりしていました。ドクソンはどのようなことを考えていたんでしょう?

ドクソン : どんよりしすぎて、それがちょっと嫌だなと思って。冷静に考えると、今のメンバーなら立ち直れないってことはないんですけど、このまましばらくこの空気を引きずることは避けなきゃ! と思って。ポジティヴな雰囲気を出さなきゃと思って、切り替えたかったんですよ。ただ、その時はそういう場ではなかったし、無理やりそういうふうにしようとしちゃったので、失敗しました…(笑)。

ーーBiSを観たことによって、ドクソン自身も練習や気持ちに変化があったんじゃないですか。

ドクソン : 練習内容そのものと、気持ち自体は変わったわけではないんですけど、単純に強くなった気はします。死ぬ気でやらなきゃ後はないぞっていうのが本当にわかった。

ーーBiSのリキッドルーム・ワンマン(2017年5月30日)を観た時はどういうふうに思いました?

ドクソン : 盗めるところは盗もうという気持ちで観ていたんですよ。だから、冷静に観れました。自分がいいなと思ったり気になったところが、なんでそう思ったのかを考えながら観れました。

ーーそのなかで、どういうところ盗めると思いました?

ドクソン : やっぱりサキちゃんのパフォーマンスがすごかったし、かっこいいと思ったんですよ。もしかしたら「ギャンパレ脳」みたいなものができあがっているからなのかもしれないんですけど、指先まで集中してパキパキパキってなっているのが格好よかった。それを盗みたいし、自分もそうしたい。サキちゃんと一緒にいたときはピンクの坊主にばかり目がいってたんですけど、存在感というかインパクトが大きいんだなと改めて思いました。ピンクの坊主に引けを取らないくらい、インパクトのあるパフォーマンスだった。

ーードクソンも麻呂の眉毛でライヴをしたり、「FOUL」の振り付けでは仏様的な部分があったり、インパクトあると思いますよ。コントだったり話している感じもコミカルな感じも持っているというか。

ドクソン : コミカルなのかどうか、自分ではよくわからないんですよね。たぶん、コミカルに感じるのはちょっとギャグみたいな顔だからじゃないですか(笑)? 怒られているときもすごく真剣に聞いてるんですけど、ふざけてると思われるような顔をしているらしくて。

ーーそれはギャンパレとか関係なく、ずっと言われてきたことなんですか?

ドクソン : 人生でずっとです。そんなつもりないんですけどね(笑)。だから前からそんなに変わらないです。逆にキャラが作れない!

ずっと何かに焦っている

ーーさっきのポジティヴな雰囲気にしたいって発言もそうですけど、暗い雰囲気とかは好きじゃないのかなって感じますけど。

ドクソン : 暗いほうが多いですよ。ふざけるのは好きですけど、1人でいるのも好きなんです。

ーー1人でいる時は何していることが多い?

ドクソン : 寝ています(笑)。寝るのが好きで、休みの日は1日全部寝るんです。ご飯を食べる以外全部寝ています。

ーーラーメンを食べるか、寝るか(笑)?

ドクソン : 普段は、寝て、パンを食べて、寝る(笑)。私、どんな時間でも寝れるし、いつも夢を見るんですよ。だから楽しいです。

ーーどういう夢を見ることが多いんですか?

ドクソン : 私、心が敏感らしくてワンマンの前日は、ライヴで焦る夢を見ることが多いんですよ。「Plastic 2 Mercy」の振りがわからなくなっちゃったみたいな夢を見る。追いかけられる夢もよく見るんですけど、そのときは空を飛んで逃げます(笑)。

ーー逃げたり焦ったりする夢が多いんですか。

ドクソン : 昨日はライヴの後だったからメンバーの夢を見ました。だから、そんなに焦らなかったです。これが夢だってわかるときもあるので、そのときは好きにできるんです。デパートのお菓子とか食べ物を食べたりする。夢ってわかってるんで大丈夫なんです(笑)。

ーー僕は夢の中でもルールを敗れない小心者なので、うやらましいです。

ドクソン : でもやっぱり警察は来るんです。そこは思い通りにはできない(笑)。そして、また逃げる。

ーーあははは。普段、不安なこととか心配なこととかがあるのかもしれないですね。

ドクソン : あるんだと思います。よくよく考えてみると、ずっと何かに焦っている。締め切りギリギリまでやらなかったりする自分が原因なんですけど…。ずっと焦っているから、そういうのがあるのかなあって思います。

ーーそういう自分を直したいと思う?

ドクソン : いや、意外と気に入っているんです(笑)。むしろ焦らなくなったほうが怖いなと思っていて。さっき話したみたいにちょっと慣れてきたくらいのときが1番ダメなんです。最初、毎回ライヴが怖くて、イヤだなと思っていたんですよ。でも、いつからか楽しいと思えるようになって。それからは楽しいなーと思っていたんですけど、楽しいなーっていうのだけじゃよくないなと焦るようになって。

ーーそういう意味では、いい意味での緊張感がでてきたのかもしれないですね。

ドクソン : もっともっと、よくならないとまずいなと焦っています。

前回のツアーを超えることは絶対条件

ーー7月8日からは全国5箇所を巡るワンマン・ツアーが始まります。どんな気持ちでツアーに臨もうと思いますか。

ドクソン : また1つ越えなきゃいけない山が出てきて… まさに「ビヨンド・ザ・マウンテン」(※7月25日発売のシングル・タイトル)ですね(笑)。中野heavysick ZEROで4daysワンマン(※2017年2月12日(日)から15日(水)にかけて4日間連続で開催したワンマン・ライヴ〈GANG PARADE 4days!!〉)をしたときも、観てくれた人から「昨日より今日のがよかった」って言ってもらえたので、このツアーでもそれをやらなきゃいけないと思っています。前回のツアーを超えることは絶対条件なので。


GANG PARADE「Beyond the Mountain」MUSIC VIDEO

ーーさらに気を引き締めて臨まないとですね。

ドクソン : そうですね。7人が鉄人にならなきゃですね!

ーーアヤが入った7人でのギャンパレの形も見えてきたんじゃないですか?

ドクソン : どうなんですかね? 私的には、サキちゃんがいたギャンパレも、アヤがいるギャンパレも、そんなに違いがないというか。わからないですね。それぞれの個々がどれだけ自分を超えられるかがすべてだから。

ーーそれじゃあ、ドクソンは自分のどういうところを超えたい?

ドクソン : バキバキになりたいです!! 成長していたら、観てくれた人が絶対にわかると思うので。なにかが変わったと思わせるようなツアーにしたいです。

>>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.1 はこちら<<
>>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.2 はこちら<<
>>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.3 はこちら<<
>>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.4 はこちら<<

これまでの記事もチェックしておこう!!

個別インタヴュー ココ・パーティン・ココ編



>>>「みんなの気持ちを繋げる役割になりたい」
個別インタヴュー テラシマユウカ編



>>>「闘志は持ちつつ、落ち着いて自分らしく」
個別インタヴュー アヤ・エイトプリンス編



>>>「今までで1番のギャンパレを絶対に作る」
7人体制での2ndシングル『FOUL』リリース時 インタヴュー



>>>カミヤ、ヤママチ、マイカ、ココ、ドクソンのインタヴューはこちら
>>>ユメノユア、テラシマユウカのインタヴューはこちら
7人体制での1stシングル『Plastic 2 Mercy』リリース時 インタヴュー



>>>カミヤサキ、ユメノユア、ヤママチミキへのインタヴューはこちら
>>>キャン・マイカへのインタヴューはこちら
>>>ココ・パーティン・ココ、ユイ・ガ・ドクソン、テラシマユウカへのインタヴューはこちら
新メンバー、テラシマユウカ 初インタヴュー



>>>テラシマユウカ「いつか死ぬけど、なあなあなまま生きていたくない」

新メンバー、ユイ・ガ・ドクソン 初インタヴュー



>>>ユイ・ガ・ドクソン「期待は越えられなくても想像は越えたい」

新メンバー、ココ・パーティン・ココ 初インタヴュー



>>>ココ・パーティン・ココ「自分たち3人が入った理由を証明したい」

新メンバー、キャン・マイカ 初インタヴュー



>>>キャン・マイカ「私が消極的になったら入る意味がない」

GANG PARADE 第1章を振り返るドキュメンタリー・レポート



>>>5人で駆け抜けた416日の青春ーーGANG PARADE、密着ドキュメンタリー・レポート
シグサワアオ脱退インタヴュー



>>>GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー
POPのデビュー舞台となった200km対抗駅伝をレポート



>>>BiSHとPOPの200km対抗駅伝はなにを生み出したのか?

はじめてのPOPイタンヴュー



>>>POP、デビュー・アルバムを配信スタート&メンバー初インタヴュー

カミヤサキ活動休止中の4ヶ月を経た4人へのインタヴュー



>>>「100kmマラソン前に4人で過ごしたPOPを振り返る」インタヴュー

密着ドキュメンタリー・レポート



>>>4人で過ごしたPOPの4ヶ月、カミヤサキ100kmマラソン

初のメンバー個別インタヴュー



>>>カミヤサキ編「今は1番目立ちたいし、棟梁みたいな感じでいたい」
>>>イヌカイマアヤ編「続けることで見えてくることもあるのかなって」
>>>ユメノユア編「POPは自分の中ですごい大事な存在だから」
>>>ヤママチミキ編「プラニメがあったからこそ、POPができた」
>>>シグサワアオ編「人生の中での第三次性徴期っていうのかな」

GANG PARADEの音源をまとめてチェック!!

GANG PARADE改名後、初アルバムをハイレゾ配信中

GANG PARADE / Barely Last

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 2,000円(税込)

【Track List】
1. sugar
2. crazy night
3. Barely Last
4. don't forget me not
5. ISSIN ITTAI
6. QUEEN OF POP
7. テヲノバス
8. this is love song
9. WE ARE the IDOL
10. Happy Lucky Kirakira Lucky

GANG PARADE改名後、初シングルを配信スタート!

GANG PARADE / WE ARE the IDOL

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 800円(税込)

【Track List】
1. WE ARE the IDOL
2. これはきっとaventure
3. WE ARE the IDOL(inst)
4. これはきっとaventure(inst)


GANG PARADE「WE ARE the IDOL」MUSIC VIDEO


POPの2ndシングルを配信スタート!

POP / QUEEN OF POP

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 800円(税込)

【Track List】
1. QUEEN OF POP
2. 走る!!
3. QUEEN OF POP(inst)
4. 走る!!(inst)


POP「QUEEN OF POP」MUSIC VIDEO


POPの1stシングルを配信スタート!

POP / Happy Lucky Kirakira Lucky

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3 単曲 200円 / まとめ 800円

【Track List】
1. Happy Lucky Kirakira Lucky
2. Alarm
3. Happy Lucky Kirakira Lucky(inst)
4. Alarm(inst)


POP「Happy Lucky Kirakira Lucky」PV


POP-Period Of Plastic2Mercy-の1stアルバム、堂々のリリース!!

POP / P.O.P

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3 単曲 200円 / まとめ 2,000円

【Track List】
1. Plastic 2 mercy(POP ver.)
2. pretty pretty good
3. fly away
4. who am I ?
5. UNIT(POP ver.)
6. NEON
7. Lonely lonely lonely
8. 3rd FLOOR BOYFRIEND
9. Daydream
10. Letter


POP「pretty pretty good」PV


プラニメ時代のシングルもチェック!!

>>>カミヤサキ(プラニメ)へのインタビューはこちら
>>>ミズタマリ(プラニメ)へのインタビューはこちら

PROFILE

GANG PARADE

2014年にプラニメとして活動開始。2015年、カミヤサキを中心にイヌカイマアヤ、ヤママチミキ、シグサワアオ、ユメノユアの4名を新メンバーとして迎え、ユニット名をプラニメから“POP”(ピーオーピー)に改名。ロック色の強かったプラニメ時代の楽曲から、POPとしての活動を経てアイドル然とした楽曲へと路線を変更。2016年6月、グループ名をGANG PARADEに再度改名。バリエーションに富んだ活動を行う。

GANG PARADE Official HP