GANG PARADE 連続インタヴュー、テラシマユウカ編「闘志は持ちつつ、落ち着いて自分らしく」

POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタルトレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第2回は、テラシマユウカ編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の2回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェックだ!!

>>新連載!! GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.2 はこちらから<<

GANG PARADE、現体制2ndシングルを配信スタート

GANG PARADE / FOUL

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 800円(税込)

【Track List】
1. FOUL
2. Close your eyes
3. FOUL(inst)
4. Close your eyes(inst)



GANG PARADE「FOUL」MUSIC VIDEO


INTERVIEW : テラシマユウカ

2016年9月の新生BiS合宿オーディションに参加し、落選メンバーで結成されたSiSとしての活動をはじめるも、お披露目直後にグループは前代未聞の活動休止。それでも諦めずに同事務所WACKの手がけるGANG PARADEのメンバーとして同年11月に新宿BLAZEワンマンで初ライヴを披露、そこから強いギャンパレへの溢れる愛を持ちながら活動中である。2017年3月末から5泊6日で開催されたGANG PARADE、BiS、BiSHの合同オーディションに、ユメノユアとともにギャンパレ代表として参加、強い気持ちや感情、闘志を全面に出して戦いきった。その経験を通し、マイナスな感情を反骨心に変えていた考え方に変化があったという。マイペースで自分らしくいたい。そんなテラシマユウカに話を訊いた。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎
写真 : Jumpei Yamada

自分に自信があるとかないとかどうでもいいやと思うようになった

ーー5月1日より、カミヤサキがBiSへ、アヤ・エイトプリンスがギャンパレにレンタル移籍し7人で活動中ですが、現在のギャンパレをどのように捉えていますか?

テラシマユウカ(以下、ユウカ) : 違和感はないけど、パンチは効いていないのかなって。

ーー悪くないけど、よくもない?

ユウカ : うーん… ピンクの坊主(カミヤサキ)って見た目だけでインパクトがあるじゃないですか? それがなくなって安定しているって言ったらちょっとあれなんですけど、収まっている感じはあるのかなって。

ーーそもそも、ユウカとアヤは2016年9月に行われた新生BiSの合宿オーディションを一緒に受けた仲間ですよね。同オーディションでアヤは合格、ユウカは不合格という結果でしたが、巡り巡って同じグループで一緒に活動することになりました。それを初めて聞いたときは、どんな気持ちだったんでしょう?

ユウカ : トレードが発表されたときは「は?」って思いましたけど、「なんでBiSに受かったのにこっちに来るねん」とかは思わなかったです。私は最初の頃、BiSに対する悔しさとか嫉妬がすごかったんですよ。それもあってライヴも悔しさをバネにやっていたんですけど、最近はもっと前を見ていかないとと思うようになって。前はライヴ前にBiSとかBiSHの曲を聴いて「くそっ!!」と思ってやっていたのが、ライヴ前に聴く曲も変えたんです。

ーー最近はライヴ前に何を聴いているんですか?

ユウカ : 今は「魔女の宅急便」のサントラを聴いています(笑)。

ーー大きく変わりましたね(笑)。

ユウカ : 別にメラメラした気持ちが消えたわけではないんですけど、穏やかな気持ちでライヴができるようになったんです。足並みを揃えないといけないところは揃えるべきだと思うんですけど、その他の部分で無理にやろうとしんどかったところは、もっと自分のペースでやっていいのかなって。

ーー以前のインタヴューで「変にはみ出ないように生きてきた」ってことを話してくれましたけど、そのスタンスが変わってきたということ?

ユウカ : もっとマイペースにやろうと思うようになったんです。それまでは人に合わせたり、気づいても気づかないフリをしていたというか。空気が悪いなと思っていても気づかないフリしてたりしたんです。

ーーそれが変わってきたのはなぜなんでしょう?

ユウカ : 合宿に行ったことがすごく大きいです。合宿直後に横浜赤レンガ倉庫で行われた(事務所WACKのフリー・ライヴ)〈WACK EXHiBiTION〉で、あれだけたくさんの人の前に立ったことも大きい。それ以前からステージに立つことはすごく楽しかったんですけど、人から見られている感じが嫌だなと思うときもあって。MCでどこを見たらいいのかわからなくなったり、挙動不審になりそうになっていたんですよね。でも〈WACK EXHiBiTION〉で歌ったときすごく気持ちよくて、そこからもっと見られたいなと思うようになりました。

ーーそれは自信がついたってことなんですかね?

ユウカ : 自信がついたんですかね…? むしろ、自分に自信があるとかないとかどうでもいいやと思うようになったんです。今までコンプレックスを抱えすぎていたというか、そういうのはいいやと思えるようになった。

ーーそれまでは何がコンプレックスだったんですか?

ユウカ : 自分の全部が嫌だったんです。ないものねだりなんでしょうけど、人と比べて自分はここができないとか、あの人はいいものを持ってるのに自分にはないからとか。そういうことを考えてしまっていたんです。

合宿のときはみんな正常じゃなかった

ーーサキちゃんがBiSに加入して初ステージとなった〈ギュウ農フェス〉は、どういうことを思いながら観ていたんでしょう?

ユウカ : あのときは、サキちゃんにしか目がいかなくて。他の人がまったく見えなくなるくらいすごいパワーだなと思ったし、シンプルに悔しかったです。私たちの出番が先だったんですけど、明らかにBiSの方が練習量が多いのが伝わってきた。BiSには新メンバー2人が入る時期でもあったけど、私たちだってもっと練習ができたはずだってことが悔しかった。

ーーBiSを見終わったあとのギャンパレの楽屋は、お通夜みたいな感じでしたよね。

ユウカ : お通夜みたいでしたね…(笑)。

ーーあの後、メンバーでどんなことを話しあったんでしょう?

ユウカ : 練習の詰めの甘さとかを反省して、頑張ろうってなりました。

ーーユウカ自身、自分のパフォーマンスの強みはどこにあると思っていますか。

ユウカ : 2016年11月13日に新宿BLAZEでやったお披露目ライヴの前に、佐藤さん(KMミュージック / ギャンパレ、BiS、BiSHのライヴ制作を手がけている)から、「身長が高いのは才能だから」って言われたんですよ。それまでは背が高いことがコンプレックスだったんです。女の子ってちっちゃいほうがかわいいじゃないですか? でも身長が高いことはどうしようもできないことから、それを活かすしかないと思うようになって。ステージが低かったときは有利だし、どれだけ人の目につくかっていうところや、他の人にはできないものをやろうと思ってやっています。

ーー身長が高いことを活かして臨んでいるわけですね。

ユウカ : 私は力強い系じゃないから、綺麗に踊りたい。あと安定していたいんです。私はココ(・パーティン・ココ)と全部真逆なんですよね。ココは、ずっと何かしら考えていると思うし、何かミスをしたときにすごくテンパるんですよ。私はそれがないから、冷めて見られたりするんですけど、本当は安定していたい。

ーー芸能界という、安定とは真逆の世界に入ってきちゃいましたね(笑)。

ユウカ : そうなんですよ(笑)。でも、その中でも安定した方にいたい。いい意味でも悪い意味でもココはすごく目につくじゃないですか? 私にはそれができないから、別の方向でやっていかないとっていう気持ちもあります。

ーー基本的にマイペースだけど、合宿オーディションのように一般の子たちの中に入ると、すごいWACKイズムみたいなものが見えますよね。

ユウカ : たしかに、あのときは自分でもびっくりしました(笑)。普通の子って、こんな感じなんだというか、私も昔こうだったのかなって。

ーーギャンパレってあんなにガツガツしているんだって、初めて認識しました。

ユウカ : 合宿のときはみんな正常じゃなかったというか、極限の状態だったので。あまり記憶にないんですよね。〈WACK EXHiBiTION〉の翌日もライヴだったんですけど身体が重かったし、後はデスソースのせいですっごく肌荒れしました(笑)。デスソースを飲んで走ったらダメですよね(笑)。本当に意識が遠くなっちゃう。

ーーあははは。はるか昔のことのようですけど、合宿オーディションから2ヶ月くらいしか経っていないんですよね。

ユウカ : もっと昔のことみたいですね。合宿はもういいです(笑)。

アヤはアヤなりに悩んでると思う

ーーBiSのリキッドルーム・ワンマンも、ギャンパレ・メンバー全員で観にきていいましたけど、どのように感じましたか。

ユウカ : 〈ギュウ農フェス〉のような落ち込みはなかったです。私が受けたBiS合宿で生まれたBiSとは違うものだなと思った。それは新メンバーが入ったってこともあるし、私自身吹っ切れたところがあるのかなと思って。正直、観る前はどんなものがくるのかなってすごく怖かったんですよ。でも観終わった後は、BiSはBiSだし、ギャンパレはギャンパレだから、こっちはこっちでやってやるぞ!! って思いました。

ーー〈ギュウ農フェス〉のときから、ギャンパレ内で何が変わったんでしょうね。

ユウカ : 練習で1個1個気になっているところを詰めていっているんですけど、そういうところから自信がついているのかなって。ギャンパレ自身が何か大きく変わったっていうのはないんですけど、少しずつコツコツやっているから。

ーーダンスやフォーメーションがしっかり揃っているところがギャンパレのよさって言われますけど、自分でもそう思いますか。

ユウカ : BiSを観て、ギャンパレはやっぱりそういうところを揃えていくことが強みだなと思いました。全然違うからこそ吹っ切れた。前まで持っていたモヤモヤした気持ちだったり、自分が落ちたことに対する悔しさがなくなったわけではないけど、いい方向に向いたっていう感じですね。あとは、アヤがどういう気持ちなんだろうなと思います。自分がアヤの立場だったら、結構苦しい時期かなって。

ーーアヤは苦しそうに見えますか?

ユウカ : アヤはあまりそういう部分を出さないんですけど、いろいろと考えていると思います。Twitterもハッピーっぽくはあるけど変わったなと思うし。アヤはアヤなりに悩んでると思うし、考えているのかなって。

ーーサキちゃんは元々いたBiSに戻るという意味合いがありますけど、アヤは純粋に移籍という形で、本人にしかわからない悩みもあるでしょうからね。

ユウカ : そう。わからないから口出しができないし、アヤも悩みを話すタイプでもないから。ギャンパレとしていい方向に引っ張っていってあげたらなと思います。最近、私とアヤの背の高い組2人で踊ったりしているんですけど、みんなと同じやり方をしてたら手の長さとかで私たちは動くが遅く見えちゃうんですよ。そこを教えたり、ライヴ映像を観返して、こう動いたらいいよっていうことを伝えています。

ーーアヤが入った7人だからこそできることもあると思います。今のギャンパレの可能性は、どういうところにあると思いますか?

ユウカ : 最近、すごく考えるんですよ。アヤが入ってから「今のギャンパレどう?」ってことをよく訊かれるんですけど、正直わからないんですよね。収まっている感じがいい方向にいけばいいんですけど、無難になっちゃったと思われてるのかなとも感じることがあって。いまは、サキちゃんがやっていたことを私たち7人でわけないといけないんです。今までサキちゃんに任せていたことを自分たちでやることに意味があると思うから。それによって前まで考えなかったことをみんな考えるようになったと思うので、そこで何かしら成長していけたらなと思います。

「魔女の宅急便」を聴いて穏やかな気持ちになる

ーーこれから全国ツアー、音源リリース、そして渋谷WWWでツアー・ファイナルが開催されます。どういう気持ちで臨もうと思いますか?

ユウカ : 前のワンマンで短いMCを任せてもらったんですけど、それがすごい難しくて。任せられた人しかしゃべれないし、それが7人の総意だと思われるから、7人の気持ちを汲み取らないといけないじゃないですか? それでいろいろ考えて「FOUL」のことを混ぜてMCをしたんですけど、最初は機械的にやってしまって。回を重ねるごとに自分の思いも重ねられるようになったんですけど、MCにとらわれて、終わるまでちょっとふわっとしたところがあったので、次のツアーでは何がきても全部に全力を注げるようにしたいです。人の前でしゃべるのは苦手だけど、任せてもらったことによって、あ、できるんだと思ったし、次、MCを任せられるかはわからないんですけど、できるようになったことを完成させたいなって。

ーーライヴの途中でやっているコントは、すごくいい感じになってきましたね。

ユウカ : コントは慣れてきました(笑)。下北沢シェルターでやったワンマンでのコントが明らかよかったんですよ。自分たちの中でもなんかピンときた(笑)。中野heavy sickで初めてやったときはガッチガチで全然楽しくなかったんですよ。やっとコントが終わったーって感じ。でも、シェルターのときはリズムよくぽんぽんぽんってできたので、それを次もやっていけたらなって思います。全部うまくやりたいです。100%の力でいいものができたって思えるようになりたいですね。

ーー次のコントがどんなになるか楽しみです(笑)。

ユウカ : アヤが入って変わるかもしれないですしね(笑)。

ーーそれにしてもライヴ前に聴いている音楽が「魔女の宅急便」だったとは思いませんでした(笑)。あれだけ激しいライヴをしているので。

ユウカ : 「魔女の宅急便」を聴いて穏やかな気持ちになるんです。もちろん闘志は持ちつつ、落ち着いて自分らしくやろうと思って臨んでいます。

ーーこの7人のGANG PARADEにしかできない形ができていくのが楽しみですね。

ユウカ : ギャンパレは着実にじわじわいきますから。そういうタイプなんで!

>>新連載!! GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.1 はこちらから<<
>>新連載!! GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.2 はこちらから<<

これまでの記事もチェックしておこう!!

個別インタヴュー アヤ・エイトプリンス編



>>>「今までで1番のギャンパレを絶対に作る」
7人体制での2ndシングル『FOUL』リリース時 インタヴュー



>>>カミヤ、ヤママチ、マイカ、ココ、ドクソンのインタヴューはこちら
>>>ユメノユア、テラシマユウカのインタヴューはこちら
7人体制での1stシングル『Plastic 2 Mercy』リリース時 インタヴュー



>>>カミヤサキ、ユメノユア、ヤママチミキへのインタヴューはこちら
>>>キャン・マイカへのインタヴューはこちら
>>>ココ・パーティン・ココ、ユイ・ガ・ドクソン、テラシマユウカへのインタヴューはこちら
新メンバー、テラシマユウカ 初インタヴュー



>>>テラシマユウカ「いつか死ぬけど、なあなあなまま生きていたくない」

新メンバー、ユイ・ガ・ドクソン 初インタヴュー



>>>ユイ・ガ・ドクソン「期待は越えられなくても想像は越えたい」

新メンバー、ココ・パーティン・ココ 初インタヴュー



>>>ココ・パーティン・ココ「自分たち3人が入った理由を証明したい」

新メンバー、キャン・マイカ 初インタヴュー



>>>キャン・マイカ「私が消極的になったら入る意味がない」

GANG PARADE 第1章を振り返るドキュメンタリー・レポート



>>>5人で駆け抜けた416日の青春ーーGANG PARADE、密着ドキュメンタリー・レポート
シグサワアオ脱退インタヴュー



>>>GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー
POPのデビュー舞台となった200km対抗駅伝をレポート



>>>BiSHとPOPの200km対抗駅伝はなにを生み出したのか?

はじめてのPOPイタンヴュー



>>>POP、デビュー・アルバムを配信スタート&メンバー初インタヴュー

カミヤサキ活動休止中の4ヶ月を経た4人へのインタヴュー



>>>「100kmマラソン前に4人で過ごしたPOPを振り返る」インタヴュー

密着ドキュメンタリー・レポート



>>>4人で過ごしたPOPの4ヶ月、カミヤサキ100kmマラソン

初のメンバー個別インタヴュー



>>>カミヤサキ編「今は1番目立ちたいし、棟梁みたいな感じでいたい」
>>>イヌカイマアヤ編「続けることで見えてくることもあるのかなって」
>>>ユメノユア編「POPは自分の中ですごい大事な存在だから」
>>>ヤママチミキ編「プラニメがあったからこそ、POPができた」
>>>シグサワアオ編「人生の中での第三次性徴期っていうのかな」

GANG PARADEの音源をまとめてチェック!!

GANG PARADE改名後、初アルバムをハイレゾ配信中

GANG PARADE / Barely Last

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 2,000円(税込)

【Track List】
1. sugar
2. crazy night
3. Barely Last
4. don't forget me not
5. ISSIN ITTAI
6. QUEEN OF POP
7. テヲノバス
8. this is love song
9. WE ARE the IDOL
10. Happy Lucky Kirakira Lucky

GANG PARADE改名後、初シングルを配信スタート!

GANG PARADE / WE ARE the IDOL

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 800円(税込)

【Track List】
1. WE ARE the IDOL
2. これはきっとaventure
3. WE ARE the IDOL(inst)
4. これはきっとaventure(inst)


GANG PARADE「WE ARE the IDOL」MUSIC VIDEO


POPの2ndシングルを配信スタート!

POP / QUEEN OF POP

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 800円(税込)

【Track List】
1. QUEEN OF POP
2. 走る!!
3. QUEEN OF POP(inst)
4. 走る!!(inst)


POP「QUEEN OF POP」MUSIC VIDEO


POPの1stシングルを配信スタート!

POP / Happy Lucky Kirakira Lucky

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3 単曲 200円 / まとめ 800円

【Track List】
1. Happy Lucky Kirakira Lucky
2. Alarm
3. Happy Lucky Kirakira Lucky(inst)
4. Alarm(inst)


POP「Happy Lucky Kirakira Lucky」PV


POP-Period Of Plastic2Mercy-の1stアルバム、堂々のリリース!!

POP / P.O.P

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3 単曲 200円 / まとめ 2,000円

【Track List】
1. Plastic 2 mercy(POP ver.)
2. pretty pretty good
3. fly away
4. who am I ?
5. UNIT(POP ver.)
6. NEON
7. Lonely lonely lonely
8. 3rd FLOOR BOYFRIEND
9. Daydream
10. Letter


POP「pretty pretty good」PV


プラニメ時代のシングルもチェック!!

>>>カミヤサキ(プラニメ)へのインタビューはこちら
>>>ミズタマリ(プラニメ)へのインタビューはこちら

PROFILE

GANG PARADE

2014年にプラニメとして活動開始。2015年、カミヤサキを中心にイヌカイマアヤ、ヤママチミキ、シグサワアオ、ユメノユアの4名を新メンバーとして迎え、ユニット名をプラニメから“POP”(ピーオーピー)に改名。ロック色の強かったプラニメ時代の楽曲から、POPとしての活動を経てアイドル然とした楽曲へと路線を変更。2016年6月、グループ名をGANG PARADEに再度改名。バリエーションに富んだ活動を行う。

GANG PARADE Official HP