絡み合うショローの日常──芳垣安洋、大友良英、不破大輔による超強力トリオの音源をハイレゾ独占配信!!

ショローCLUB(左より、芳垣安洋、大友良英、不破大輔)

日本が誇る超巨大ジャズ・バンド、渋さ知らズを率いる不破大輔、ROVOやオルケスタ・リブレなどで活躍するドラマー・芳垣安洋、フリー・ジャズ / 即興音楽界の鬼才としてはもちろん、近年では朝ドラ『あまちゃん』の音楽も担当した大友良英の3人がバンド・ショローCLUBを結成!! 数え切れないほどのセッションを現在も続けている3人ですが、この3人”だけ”で音を出すのは意外にも初めてだったとのこと。今回リリースされる音源『from 1959』はそんな3人のスリリングな演奏を収めたライヴ盤となっており、盟友・山本精一氏もゲスト参加した超強力な作品に仕上がっています。今作の配信はOTOTOYのみ、しかもハイレゾ、CDよりも安い!! そ・し・て!! ショローCLUBのお三方のインタヴューも掲載!! 音源と共にぜひともチェックを!!


ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!

ショローCLUB / from 1959

【Track List】
01. Lonely Woman
02. ラジオのように (原題:Comme à la radio)
03. Session 2016
04. First Song
05. ひこうき
06. SORA

【配信形態 / 価格】
WAV,ALAC,FLAC(24bit/48kHz) / AAC
単曲購入 378円(税込) まとめ購入 1,944円(税込)


INTERVIEW : ショローCLUB

「3人の絶妙な何かがあるんですよね。」そう語る、フリー・ジャズ/即興音楽界を常にリードしてきた3人。それぞれがそれぞれのバンドやソロで長く音楽界を引っ張ってきたこの3人からは、新結成に対する力みや貪欲さは感じられず、感じるのは純粋に「楽しい」を追求する、演奏家として最も原理的な欲求だった。思春期からフリー・ジャズを中心にロックまで幅広く聴いていたという3人。昔から現在まで同じものを吸収していた彼らにしてみれば、発信したい音楽が共通のものであったことは必然だったのかもしれない。芳垣安洋、大友良英、不破大輔という3人だからこそ鳴らせる即興音楽がこのアルバムには詰まっている。阿吽の呼吸で成り立つ3人の親密度が伺える貴重なインタヴュー、必見です。

インタヴュー : 飯田仁一郎
構成 : 高橋秀実
写真 : 大橋祐希

付き合いが20年以上あるせいか、新結成という意識は全く無い

──ショローCLUBが生まれたきっかけを教えて下さい。

芳垣安洋(ds,per)(以下、芳垣) : 名古屋に住む脇田(妙子)さんという方が、年齢が同じこの3人でライヴをやってくださいと。正確には学年は俺が1つ上だけど。

大友良英(el-g)(以下、大友) : しかも、名前を考えたのはテニスコーツの植野(隆司)君だから著しく自主性がない(笑)。

──最初、ショローCLUBという名前を聞いたときはどうでした?

不破大輔(cb,el-b)(以下、不破) : 感想は特に持ってないです(笑)。

大友 : 否定するのも野暮かなと思ってるうちに決まっちゃいました。Choro Clubが嫌って言わなきゃ良いやと。

芳垣 : Choro Clubのみんな知り合いなので、それぞれに確認は取りましたよ。ギターの笹子(重治)さんには光栄ですと言われました。ベースの沢田(穣治)さんにはしょうもないことするなと(笑)。

不破 : そう思うよね。

芳垣 : でも「なんでその名前にしたのか」とか「良いんですか?」みたいに絶対引っかかるでしょ。それで良いんです。それだけのためだから(笑)。

芳垣安洋

──結成する上で「この3人がせっかく集まったからこんなのやってやるぞ」という明確なヴィジョンがあったのか、それとも日常の延長線上なのかどちらだったんですか?

芳垣 : 日常ですよ。今までこの3人だけでやったことがなかっただけ。

不破 : 付き合いが20年以上あるせいか、新結成という意識は全く無いんだよね。

──付き合いが始まったのはいつですか?

不破 : 年表でいうと、最初期の渋さ知らズで大友さんと90年頃に麻布で一緒にやったんですよ。まな板ギターで飛び入り参加してもらって。芳垣さんとは、1992年に京都の西部講堂でサーブリーンというパレスチナのバンドの来日ライヴで共演して。俺らがFEDAYIENとして対バンをしたときに、芳垣さんがALTERED STATESとして出てきたと思う。

芳垣 : あれが不破と最初に会ったときか。

不破 : それで芳垣さん観て、ぜひご一緒したいなと。結局一緒にやったのは93年くらい。

芳垣 : うん。渋さ知らズの関西ツアーがあるので入ってくれないか、と言われて。俺と大友が1番最初に一緒にやったのが92年とかだよね。確か難波BEARS。

不破 : それってまだGROUND ZEROやる前?

大友 : いや、もうやってた。GROUND ZEROも90年結成だからほぼ同時期に始めてて。ALTERED STATESはもう少し前からやってたのかな。

芳垣 : ALTERED STATESは89年かな。


Ground Zero - Opening / Rush Capture - Live in Tokyo 1995

──整理すると不破さんが、90年頃に大友さんと渋さ知らズで共演して、92年頃に芳垣さんと大友さんが共演。93年頃に関西で不破さんと芳垣さんと共演したと。

大友 : そうだね、関西には俺行ってないもん。

不破 : その頃にはもう大友さんは辞めてました。

──皆さんが出会った当時のジャズ・シーンはどんな状況だったんですか?

芳垣 : それぞれジャズをやるという意味合いではやっていなかったと思う。実際、いわゆるメインストリーム的なジャズの仕事を別にしながら、全く違うものとして即興的なものとかALTERED STATESをやってたから。それは区別してやってたね。

──ジャズではないというのは、ジャンルで括るとすればどんな音楽を?

大友 : 名前なかったよね。でも当時、ジャズでもロックでもない、両方にルーツを持った新しい音楽が同世代でもいっぱい生まれていて。

──なぜ当時、そういったムーブメントが勃興したんですか?

大友 : 俺は最初フリー・ジャズにインパクト受けたんだけど、先輩の音楽じゃないですか。その後、『NO NEW YORK』あたりのアルバムが入ってきて、これは俺たちの音楽かもって思った。だからといってフリー・ジャズがダメだと思ったわけでもなく、両方やりたかった。そういうムーブメントが当時ニューヨークでもヨーロッパでもあった。ジョン・ゾーンとかフレッド・フリスとか。ヨーロッパで言えばハイナー・ゲッベルスとか。そのシーンには影響受けたかな。80年代前半の日本にはそういうのはあんまりなかったような気がする。でも気づいてみたら、同世代で、俺と同じような感じで影響を受けたのが実は結構いて。フリー・ジャズが大好きであるのを前提に、パンクも好きな人がやっぱりいる。

不破 : 『NO NEW YORK』は影響を受けたよね。俺らに共通してたのが、ラジオとかから聴こえてくるのがプログレッシヴ・ロックとか、フリー・ミュージックとか、現代音楽とかだったんだよね。


No New York (Antilles) 1979 producer Brian Eno.

大友 : 子供の頃にラジオを聴いて、吸収してたのは大きいよね。NHKのFMなんて特にアルバムまるごととか、レコードの片面まるごとかけてくれるんだよ。レコードなんて買えないから、カセットでみんな録音するの。FM Fan(※1966年創刊のFM情報誌。現在は休刊。)とかで情報を仕入れて。インターネットもないから、ラジオからいろんな音楽を学んだね。あとは同級生で「これ聴いた? 」とか言う友達いるじゃない?

不破 : 俺も1人いたよ。ジョン・コルトレーンの『Ascension』買ってきて聴かされるわけ。でも当時、こんな汚い音楽は嫌だって思った。

芳垣 : 俺にも『Ascension』が良いから聴けっていう友達がいてさ、『Live at Village Vanguard Again』とかの2枚組のLPを高校生のくせに買うんですよ。俺らには買えなかったから、みんなで集まって正座して聴くんだけど、さっぱり良さがわからなくて。

不破 : あとマイルス・デイビスの『Agharta』とか。

大友 : 『Agharta』ね! 『Agharta』は聴いてすぐ盛り上がったな。マイルスは「キュウウウ」っていうワウワウ・ミュートの音を聴くだけで、“血中ワウワウ濃度”が上がったもん(笑)。

ロックだけだったら、絶対いまこうなってない

──その原体験が中学、高校くらい?

大友 : 中高だね。それは土台にあると思う。でももちろん同時に、ニール・ヤングとかビートルズも聴いてるし。

不破 : うん。俺1976年のニール・ヤングの武道館に行ったよ。『Like A Hurricane』を直に見たよ。あと札幌の中島スポーツセンターのピンク・フロイドも観た。あと邦楽で言えば日本のロックも良かったしね。四人囃子とか。


おまつり/四人囃子

大友 : ジェフ・ベックが病気で仙台と京都公演に出れなくなった内田裕也さん主催のワールドロック・フェスティバルってのがあって。俺はそれ後楽園球場に観に行ったんだけど。

不破 : 俺も行きました。

芳垣 : 俺も京都の丸山公園に行ったな。そのときジェフ・ベックの代わりにニューヨーク・ドールズがやって。「どういうことだそれは! 」と(笑)。

大友 : 忘れられないんだけど、後楽園球場にいったら最初ガッカリしたの。遠くて。風が吹くと当時PAも大きくないから、音もちょっと流れるの。懐かしい。高1だったかな。

──原体験の高校生頃の感覚が今でも地続きで繋がってるんですか?

大友 : 続いてるね。みんなも続いてると思うよ。俺は高校の頃に年中、阿部薫が福島に来てたのが大きかった。パスタンってジャズ喫茶に毎月のように来ていた。お客さんなんて3、4人だよいつも。俺がギター持ってたら、俺のギターをステージで弾いてくれたりして。10分くらいフィードバックやるわけ。その頃、全然意味わかんなくて。でも、たまたまその音源が残ってて、聴くと今俺がやってるような感じなんだよね(笑)


阿部薫 1977.9.24 福島「パスタン」

不破 : いま思えばフリー・ジャズが中高から好きだったのは大きかったと思う。アート・アンサンブル・オブ・シカゴやフランク・ザッパ、ICP・オーケストラとかを聴いたりしつつ、ロックン・ロールもちゃんと聴いてた。

大友 : それはほんとに思う。フリー・ジャズが好きだったから、いろんな音楽を吸収できたのかもしれない。ロックだけだったら、絶対いまこうなってない。

──その地続きで生まれた、まさにタイトル通りの『from 1959』ですが、制作過程は益子(樹)(※ROVOのシンセ担当)さんがPA兼でレコーディングされてたんですか?

芳垣 :いやいや。録ってたのはライヴ・ハウス得三のオペレーターの河野(悟)くんで。その音源を益子くんに渡して。その日だけ、通常のライヴ・レコーディングみたいにマルチで録れたので、他のライヴからピックアップすることもなく。

──その選出された曲たちは誰が選んだんですか?

大友 : 芳垣さんには誰も逆らえないので(笑)。

芳垣 : 最終的には俺が決めた(笑)。

大友良英

一同 : あはははは(笑)。

芳垣 : 同じ3人で即興だとどうしても似たような感じになるから似た色を省いて、いろんな色合いが出ているバランスが取れた曲を選んだつもりです。それで「曲はこれが良いんじゃない?」「曲順はこれが良いんじゃない?」と最終的に俺が意見を言ったかな。

──実際、この3人でやってみて、この3人だからこの音が鳴ったんだというのはどこでしょう?

芳垣 : それはこのレコーディング全てがそうかな。やっぱりこの2人と一緒にやるという前提からスタートしてるので。人にもよるとは思うけど音楽をやるときは、誰と一緒にやるか、どういうシチュエーションでやるか、というのはすごい大切で。それがもしも、俺が勝手にやってれば良いんだよ、みたいにやってたら、別に人とやる必要ないし、誰とやっても同じことしかできない。この2人とやるという前提から始まってる音楽だとは思ってます。

それぞれがそれぞれのままで、全ての音楽の何かに介入できる

──なるほど。例えばROVOとショローCLUBではライヴをするときの気持ちの部分で違うところがありますか?

芳垣 : そうですね。例えばROVOでは俺の曲はやってないし、みんなでアイデアを出し合ったりはするけど、勝井(祐二)くんなり、山本精一なりがつくった曲をアレンジしていく形なので。ROVOは演奏は全て決まってるんですよね。それをいかに再現するかというバンドなんです。つまり、俺がこんな気分だからライヴではこれやってみよう、みたいな即興はできないわけですよ。そういうバンドじゃないから。ROVOはお客さんが踊るために、伝わりやすく提供するスタイルなので。ライヴでのこの方法は、俺のなかの本筋とは違うところにあるんです。そういう意味では、この2人と一緒にやってるほうが、俺は俺らしいと思ってる。

2016年『XI (eleven)』リリース時の山本精一インタヴューはこちら

http://ototoy.jp/feature/20161027

──なるほど。決めない、決まらない音楽にこそ自分の本筋があると。

芳垣 : 決める、決めないということよりも、自分の意志がどれだけ反映できるか、なんだよね。ROVOのときは自分の意志を反映するために音を出しているのではなくて、ROVOのライヴにおいては、自分の技術なり、自分が持っているものを提供するという形なので。

──大友さんにとってこの即興バンドのおもしろさはどこにあると思いますか?

大友 : 自分がリーダー・バンドをやっていると、どうしてもプロデューサー的になってギター弾きの部分の割合がグッと減るんですよ。

芳垣 : 自分でやるときはそうだよね。

大友 : どうしてもそうなるよね。プロデューサー比率が高くて、演奏家比率をどうしても減らさざるを得ない。でも、このバンドだとプロデューサー比率がゼロになるわけではないんだけど、演奏家比率がすごい高い。それはどういうことかと言うと、さっき芳垣さんが言ったとおりで、段取り通りの状況じゃないところでかなり自由にできるのが大きいかな。それはやっぱりおもしろいもん。

不破 : 各自が自立してる。それは信頼でもあるし、それを聴き合うってことでもあって。それができるのは人と演奏する上ですごく光栄で幸せなことだね。

大友 : ほんとに3者が絡み合って、3人って人数がちょうど良いのかもしれない。デュオとかも違うし、4人以上とも全然違う。3人の絶妙な何かがあるんですよね。

不破大輔

──その絶妙な何かとは?

大友 : 3人だと、それぞれがそれぞれのままで、全ての音楽の何かに介入できる。でも介入しすぎることにはならない。人数が増えれば増えるほど、ヴィジョン的なものを”シェア”しないといけないことが当然出てくる。当たり前だけど、人数が多いほど”シェア”は高度なものになっていく。デュオだと1対1になるから、勝負みたいな感じになる。でも、3人だとそこがすごく身体的な反応というか、運動神経みたいなもので立体が出来て来る感じがする。

芳垣 : 最近アート・アンサンブル・オブ・シカゴと全く同じ5人編成で自分のバンドを始めたんだけど、それは”シェア”の仕方をちゃんとしていかないと、やっぱり進めていくのは難しいんだよね。でも3人だと”シェア”が、ステージで同時発生的にできる。お互いのバックグラウンドとかいままでやってきたことに共感できる相手だと、”シェア”しやすいことはあるかもね。

大友 : 事前に3人で話し合って”シェア”してるわけじゃない。というか、話し合ったら上手くいかない気もするんだよね。あのね、言葉に置き換えた段階で何か変わっちゃう気がする。

──その”シェア”がしやすい3人のなかに最後に山本精一さんがゲスト参加することでどういう変化がありましたか?

大友 : そうですね。また全然違う要素が入るので、おもしろかったな。山本さんの場合は僕ら以上にロック側のルーツが強いし、ヴォーカルでもあるから。全然世界が変わるね。みんな長いよね、山本さんとも。だから、歌モノにしてもみんなが”シェア”できてたと思う。

OTOTOY限定! 芳垣安洋、大友良英が参加している貴重なライヴ音源はこちら

芳垣安洋 × おおはた雄一 / LIVE at 新宿PIT INN 2011.06.21

左がDSD音源、右がハイレゾ音源となっています

例年恒例となっている、新宿PIT INNでの芳垣安洋4DAYS。こちらは2011年の6月21日に行われた、シンガー・ソング・ライターのおおはた雄一を迎えてのセッション音源をライヴ・レコーディング。

フェルナンド・カブサッキ & 大友良英 / PHON vol.1- Improvised Session 20110501 part1&2

上段がDSD音源、下段がハイレゾ音源となっています

“アルゼンチン音響派”を代表するギタリスト、フェルナンド・カブサッキと大友良英によるセッション。ライヴのダイジェスト映像とフォト・ブックレットも付属します。

PROFILE

ショローCLUB

渋さ知らズを率いる不破大輔、ROVOやアルタード・ステイツ等で強靭なリズムを支えてきた芳垣安洋、フリー・ジャズ / 即興音楽界の鬼才・大友良英、1959年生まれの3人による最強のトリオ・バンド。

2016年結成、11月に京都、大阪、名古屋を「ショローCLUBの回春行脚2016」」という名の下にツアーを行い、各地で満員となる。

2017年、初となる作品『from 1959』をリリース。この作品は2016年のツアー最終日・名古屋・今池得三にて録音されたライヴ盤となっており、ゲストに1958年生まれの盟友・山本精一が参加、3人の演奏に彩りを与えている。

芳垣安洋 Official HP : http://y-yoshigaki.com/

大友良英 Official HP : http://otomoyoshihide.com/

不破大輔 Twitter : https://twitter.com/28poi

地底レコード Official HP : http://chitei-records.jp/blog/

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

絡み合うショローの日常──芳垣安洋、大友良英、不破大輔による超強力トリオ、ショローCLUBの音源をハイレゾ独占配信!!
[POWERPUSH]・2017年06月15日・絡み合うショローの日常──芳垣安洋、大友良英、不破大輔による超強力トリオの音源をハイレゾ独占配信!! 日本が誇る超巨大ジャズ・バンド、渋さ知らズを率いる不破大輔、ROVOやオルケスタ・リブレなどで活躍するドラマー・芳垣安洋、フリー・ジャズ / 即興音楽界の鬼才としてはもちろん、近年では朝ドラ『あまちゃん』の音楽も担当した大友良英の3人がバンド・ショローCLUBを結成!! 数え切れないほどのセッションを現在も続けている3人ですが、この3人”だけ”で音を出すのは意外にも初めてだったとのこと。今回リリースされる音源『from 1959』はそんな3人のスリリングな演奏を収めたライヴ盤となっており、盟友・山本精一氏もゲスト参加した超強力な作品に仕上がっています。今作の配信はOTOTOYのみ、しかもハイレゾ、CDよりも安い!! そ・し・て!! ショローCLUBのお三方のインタヴューも掲載!! 音源と共にぜひともチェックを!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!ショローCLUB / from 1959'【Track List】01. Lonely Woman02. ラジオのように (原題:Comme à la radio
すべての音楽家に希望を与える新作リリース──8ottoが提示する音楽活動のかたち
[POWERPUSH]・2017年06月09日・すべての音楽家に希望を与える新作リリース──8ottoが提示する音楽活動のかたち 8otto is back!! 2004年の結成から各種フェス出演や海外アーティストとの共演、ドラム・ヴォーカル、4ピースという個性的な編成から鳴らされるグルーヴで多くのロック・ファンを魅了しているバンド・8otto(オットー)。この度2011年リリースの『Ashes To Ashes』以来、約6年ぶりとなるアルバムのリリースが控えている彼らがアルバムに先駆け、先行シングル「Ganges-Fox」を配信開始。ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文がプロデュースを担当した今作は、彼らの新章を感じさせるエモーショナルなロック・ナンバー。リリースから1ヶ月間はハイレゾ版配信はOTOTOYのみ!! 記事の公開と同タイミングでPVも公開されたのでそちらもマスト・チェック!! 1ヶ月ハイレゾ独占配信!!8otto / Ganges-Fox'【Track List】01. Ganges-Fox【配信形態 / 価格】''WAV,ALAC,FLAC(24bit/48kHz) / AAC 単曲 250円(税込) 8ottoの
CAR10 最新作発売記念!!CAR10 × NOT WONK × SEVENTEEN AGAiNによる〈KiliKiliVilla〉3バンド・フロントマン対談!!
[POWERPUSH]・2017年05月31日・CAR10×NOT WONK×SEVENTEEN AGAiNによる〈KiliKiliVilla〉3バンド・フロントマン対談!! 元銀杏BOYZの安孫子真哉を中心に、土地や年代、ジャンルを飛び越えて素晴らしいリリースが続く〈KiliKiliVilla〉を初期から支え、インディー・ロック、ガレージ、パンク、ハードコアと様々なシーンを越境しつつ、栃木・足利を拠点に精力的な活動を続けている3ピース・バンド、CAR10が3rdアルバムをリリース。OTOTOYでは本作の1週間の先行配信を実施中。自身のバンド名をアルバム名に冠したところからも本人たちの自信を伺うことのできる会心の1枚を是非ともチェックしていただきたいと同時に、CAR10のベース、ヴォーカルを務める川田晋也と同じく〈KiliKiliVilla〉よりリリースをしているSEVENTEEN AGAiN・ヤブユウタ、NOT WONK・加藤修平、そしてCAR10・川田晋也の各バンドのフロントマンによる対談を掲載。CAR10の最新作とともに、こちらも楽しんでいただきたい。 24bit/48kHzの高音質音源にて1週間先行配信中!!CAR10 / CAR10'【Trac
Yasei Collective、最新作『FINE PRODUCTS』をリリース!!&アルバムより1曲を2週間独占先行配信!!
[POWERPUSH]・2017年05月10日・本当の意味での新たな”ヤセイ”──Yasei Collectiveの次なるステージを示す最新作より1曲独占先行配信!! 中毒性の高い楽曲と突出した演奏技術で音楽ファンはもちろん、多くの演者たちをも唸らせるバンド、Yasei Collectiveがこの度、最新作『FINE PRODUCTS』をリリースする。メンバーそれぞれがcero、KID FRESINO、Keishi Tanaka、福原美穂などジャンルも様々なアーティストのライヴのサポートやレコーディングに積極的に参加するなど課外活動的な動きが多かった彼らだが、今作ではそれらがバンド自体にも良い方向にフィードバックされた快作に仕上がった。OTOTOYではそんな今作より、ラスト・ナンバーである「Quinty」をアルバムの発売より2週間独占先行配信開始。メンバー全員のインタヴューと共にお楽しみください。 5/24のアルバム発売に先駆け、M-09 「Quinty」を2週間先行配信!!!Yasei Collective / FINE PRODUCTS'【Track List】01. HELLO02. Interlude-103. Shinkado04. Inter
老害と若作りはどっちが恥ずかしい?──谷ぐち順(LessThanTV)×増子真二(DMBQ)×吉田肇(PANICSMILE)によるアラフィフ対談!!
[POWERPUSH]・2017年05月03日・老害と若作りはどっちが恥ずかしい?──谷ぐち順 × 増子真二 × 吉田肇によるアラフィフ対談!! 日本のアンダーグラウンド・シーン最重要レーベル〈Less Than TV〉主宰、そして現在はフォーク・シンガー・FUCKERとして活動する谷ぐち順、日本、果ては世界で轟音を鳴らし続けてきたDMBQのリーダーとしてはもちろん、BOREDOMSへの参加やエンジニアとしても活動をする増子真二、幾度に渡ってメンバーチェンジを繰り返しながらオルタナティヴ・ロックの地平を切り拓いてきたPANICSMILEのギター、ヴォーカル・吉田肇。そんな泣く子も黙る日本のオルタナティブ・シーンの重要人物3人も、思えば50歳目前。今回、谷ぐちが現在ベースを担当するLimited Express(has gone?)企画「LIVE JUNK」にDMBQとPANICSMILEが出演することを記念し、3人によるSkype対談が行われた。谷ぐちと増子は同郷、初期の〈Less Than TV〉を築いてきた2人であるが、増子と吉田は意外にも初めてのコンタクトということで、もちろんこの3人が集まることは初めての貴重な対談となった。アラフィフ3人の同世代
8bitから、より自由に──歌うDTMガール・谷本早也歌の最新作ハイレゾ配信&期間限定フリーDLスタート!!
[POWERPUSH]・2017年05月02日・8bitから、より自由に──歌うDTMガール・谷本早也歌の最新作ハイレゾ配信&期間限定フリーDLスタート!! 作詞・作曲・歌唱を全て自分で務め、チップチューンをベースに独自の世界観を持つ楽曲を収録した『まほうのおんがく』にてデビューを果たした谷本早也歌。愛知のバンド、H△Gとのスプリット・アルバムやアイドル・グループ、ハッピーくるくるへの楽曲提供、NHK Eテレ「シャキーン! 」へのコラボ・ソング参加など各方面で目覚ましい活躍を見せてきた彼女が1年半ぶりとなる新作『箱の中の少女』をこの度リリースした。前作に比べると8bitサウンドは影潜めたものの、彼女の素晴らしい感性が冴え渡る今作をハイレゾにて配信するとともに、彼女へのインタヴューを掲載。また、リリースを記念してタイトル・ナンバーの「箱の中の少女」の2週間限定フリー・ダウンロードも始まっているのでそちらも是非チェックを。 谷本早也歌 / 箱の中の少女'【Track List】01. 箱の中の少女02. クモリノチハレ03. あわいこい04. 水辺にて05. PALPITO06. 待ちぼうけ07. a piacere08. Mysterious Cave09
『うたわれるもの SUPER LIVE 2016』32bit floatで独占配信&Suaraインタヴュー
[POWERPUSH]・2017年04月26日・『うたわれるもの SUPER LIVE 2016』Suaraインタヴュー&32bitOTOTOY独占配信開始 2016年12月19日CLUB CITTA’ KAWASAKIにて行われた『うたわれるもの SUPER LIVE 2016』。Blu-rayでのリリースに続き、ハイレゾでの音源も到着した。OTOTOYでは32bit floatで独占配信とアルバム購入特典で歌詞データが同梱(M.4以外)。「うたわれるもの」シリーズのアニメ、ゲーム楽曲のみで構成され、クロウ役の小山剛志、エルルゥ役の柚木涼香もゲスト・ヴォーカルで出演した記念すべきライヴについて、「うたわれ」とともに歩んできたSuaraにインタヴュー。 アルバム購入者から抽選で1名にメッセージ入りミニ・サイン色紙プレゼント!Suara / うたわれるもの SUPER LIVE 2016'【Track List】01. 不安定な神様 / 02. 君だけの旅路 / 03. adamant faith / 04. まどろみの輪廻 / 05. 夢想歌2016 / 06. 恋夢 / 07. 永久に2016 / 08. 麗しき世界 / 09. 運命-SADAME-
LEF!!! CREW!!! は迎合しない──転機の2017年、パンクとしてのダンス・ミュージックを極めるWSZ80決意表明インタヴュー
[POWERPUSH]・2017年03月17日・LEF!!! CREW!!! は迎合しない──転機の2017年、パンクとしてのダンス・ミュージックを極めるWSZ80決意表明インタヴュー UKやUSのアンダーグラウンド・ミュージックに触発されたパンク・ロッカー、WSZ80(ワシズ・エイティ)によるダンス・ミュージック・ユニットLEF!!! CREW!!! 。彼らの高い熱量を持って繰り広げるDJパフォーマンスとフロアの狂乱ぶりは東京のアンダーグラウンド・カルチャーを語る上で欠かせない物語を生んできた。この度、2016年よりWSZ80のみのワンマン体制となったLEF!!!CREW!!! が転機のEPをリリース。OTOTOYではそのニューEPを、WSZ80へのインタヴューを付してお届けする。 LEF!!! CREW!!! のNEW EPをハイレゾ配信LEF!!! CREW!!! / BOOTLEF 001: STANCE'【収録曲】1. K.I.L.L (short) 2. I Love James Dance, Right? (How To Make A Punk Rock Song)【配信形態】24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC /