いまヤツらから目を離すな! The ManRay、待望の1stシングルを独占ハイレゾ配信&期間限定フル試聴

新たな才能が、またこの国のインディ・ロック・シーンに現れた。The ManRayというこのバンドは、各所のライヴハウスなどで活躍し、じわりじわりとその名前を広げつつある。最近では、いま最も勢いのあるバンドが集まる人気のイベントとなっている〈BLOCK PARTY〉のコンピにも楽曲を提供するなど、さらなる活動の場を広げている。なにより写真をみていただきたい。そのただずまいもなんだかいい。そんな注目が集まるなかで、このたび待望の1stシングル『You will be mine』をリリースする。そのクールなロックンロール・サウンドは、なるほど資料でリバティーンズや00年代中頃のガレージ・ロック・リヴァイヴァルが引き合いに出されることも納得のサウンドだ。本シングルでさらに広く、その名前が知れ渡ることになるだろう。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信。さらには期間限定(6月21日(水)19時終了)のフル試聴を開始する。そして、まだまだ謎の多い彼らにインタヴューを行なう。間違いなく、ネクスト・ブレイクが目前に迫っているバンドとして、絶対にチェックを漏らさない方がいい(あ、もう知ってるって?)。


24bit/88.1kHzハイレゾ独占配信&期間限定フル試聴!
フル試聴は6月14日(水)19時開始〜6月21日(水)19時終了

The ManRay / You will be mine(24bit/88.2kHz)

【Track List】
01. Brown sugar
02. You will be mine
03. Alright Man
04. Life goes on

【配信形態 / 価格】
WAV, ALAC, FLAC(24bit/88.2kHz) / AAC
単曲 300円(税込) / アルバムまとめ購入 1,000円(税込)

こちらパッケージページで全曲期間限定フル試聴中配信中
#各曲タイトル、頭にある再生ボタンを押すとフル試聴が可能です。

OTOTOYアプリでも期間限定全曲フル試聴配信中

INTERVIEW : The ManRay

左からRyuji Ooshiro(Dr)、今回はインタヴュー欠席のTenshiro(Gt), Takuro Asato(Gt / Vo), Ko Koga(Ba), Moris(Syn)

The ManRayの音楽から匂い立つ男臭く、硬派な感じは何なのだろう……。今、人気のノレる音とは間違いなく一線を画している。とにかく聴いていて、シビれる。今回、The ManRayのメンバーがインタヴューを受けるのは初ということで、彼らのバンド結成の成り立ちから、今の音楽シーンに対してどう立ち向かっていくのかなど、根掘り葉掘りと探っていきます。

インタヴュー & 文 : 真貝 聡
写真 : 大橋祐希(キャプション付きのアーティスト写真を除く)

話題のバンドはどこからきたのか?


──The ManRayは、大学時代の同級生を中心に結成したそうですね。

Ryuji Ooshiro(以下、Ryuji) : そうです。Takuro(Takuro Asato)、Ko(Ko Koga)、Morrisの3人が中央大学の同級生で、シェアハウスをしてたんです。自分はTakuroとMorrisは知り合いだったので、ちょこちょこ家へ遊びに行くうちにKoとも仲良くなりました。

──そもそも、シェアハウスはどんなきっかけで始めたんですか?

Ko Koga(以下、Ko) : 中央大学って、すごく田舎なので「つまんねぇな、都会へ出たいな」って。それで明大前に3人で家を借りました。なんで、そこを選んだのかは分からないけど。

──バンドを結成するきっかけは何だったんですか?

Ryuji : Takuroがロンドンの留学から帰ってきたタイミングで「バンドをやろっか」って。最初はもう1人メンバーがいたですけど、 その人が抜けて…… いまのメンバーになりました。

Ko : Takuroはロンドンにいる時、趣味で打ち込み系の音楽を作ってたんですよ。

──じゃあ、Asatoさんは1人で音楽活動をしていたんですね。

Takuro : そうっす。当時はエレクトロにハマってて、シンセとドラムマシーンで曲を作ってました。まあ、あんまり良くなかったですけど。

──その頃はライヴもやってたんですか?

Takuro : ライヴっていうよりは、とりあえず1人で作ってただけですね。その曲をバンドの形に落としてこんでみたら、やっぱり1人よりも生の方が面白いなって気付いて。

──The ManRayとして、最初にライヴを始めたのはいつでした?

Takuro : 3年前の10月くらいだった気がします。自分たちでライヴハウスを調べて、渋谷7th FLOORで演奏をしたのが最初ですね。4回ぐらい出たような…… そこで同年代の音楽をやっている人たちと仲良くなって。

──その頃から音楽性は今のままですか?

Takuro : わりと変わってないのかな。あの頃はトゥルー・レイヴみたいな音が流行ってて、そんな感じをやろうかなって思ってたんですけど、もっとロック寄りというか、激しめなやつをバンドでやった方が楽しいんじゃないかなってシフトチェンジしていきました。

さまざまな音楽的背景

──せっかくなので、音楽のルーツについても教えて下さい。まず、Asatoさんは過去のインタヴューでハイスタとかゴイステを挙げてましたよね。

Takuro : あははは、よく知ってますね(笑)。多分、沖縄って都会と比べて流行っている音楽が違ってて…… イケてるヤツらは、ハードコアとかヒップホップを聴いてたんですけど、僕は逆にそういうマジョリティな感じが嫌だったので、あえてメロコア系の土臭い音楽を聴いてました。

──じゃあ、Asatoさんに影響を与えた決定的な音楽は?

Takuro : レッチリはずっと好きですね。俺らが英語っぽく歌っているのはレッチリの存在が大きいです。

──と、いうことは一番影響を受けたのはレッチリだと。

Takuro : 一概には言えないですけどね。初めて衝撃を受けたバンドとして、真っ先に浮かぶのはレッチリ。メロディ重視のノリが好きなのは、その影響があるのかなって思います。

Ko : 自分は世代的なものもあってストロークス、リバティーンズをすごく聴いてましたけど……一番って聞かれるとやっぱジョン・レノンですね。アルバムだったら、「ジョンの魂」かな。ちゃんとヤバイなって思ったのは、ここ1年くらいのことで、改めてカッコイイなと思って。

──ジョン・レノンが「ヤバイな」っていうのは、どんなところに感じたんですか?

Ko : 楽器も少ないし、派手なことはやってないんですけど、曲の持っている力が凄くて。どんな時に聴いても引き込まれるみたいな。

Morris : 俺がハマったのはレイ・チャールズですかね。あと、聴いててグッとくる瞬間が多いのはマーヴィン・ゲイ。そっち系の人が好きだと思います。

Ryuji : 初めて衝撃を受けたのはアークティック・モンキーズですね。

Ko : え! そうなんだ。

Ryuji : あははは、今頃(笑)? ジャンルで一番好きなのはカントリー・ミュージック。ジョニ・ミッチェルのような、女の人がヴォカールをしてるのが好きです。母性を感じて…… そういうのが好きっすね。

さまざまな音楽的背景

──サウンド面についても話しを聞きたいんですけど、資料を読むと「00年代ガレージロックリバイバルの影響を感じさせる」と書いてますが、これはバンドのコンセプトですか?

Ko : それは俺らじゃなくて、The ManRayを聴いた第三者が客観的な目線で書いてますからね。特にそういうバンドを再現しようっていうのはなくて。少なからず、ガレージロックは全員が聴いているから、意識せずに出ていることもあると思いますけど。

──ご自身たちとしてはThe ManRayの音楽をジャンル分けすると、何になると思います?

Takuro : ジャンルとしては、ロックンロールに分類したいと思うんですけどね。

Ko : 俺たちの音楽はレンジが広くて、BECKみたいな感じに捉えてます。どんなジャンルでも消化してるし、良い具合のポップスさもあって…… って感じですかね。

──今作の4曲を聴いたら、音楽の情報量が多くて驚きました。きっと、音楽IQの高い人たちが作ってるんだろうなって。先ほどは1人1人に影響を受けた音楽を聞きましたけど、バンドとしては何年代の音楽に影響を受けているのでしょうか?

Takuro : 5人の共通としては60年代の音楽かな。ビートルズぐらいクラシックな音楽が好きなので、そこが影響してるんじゃないですかね。あんまり1つのジャンルに偏って共通してるっていうのはないですかね。

──ビートルズが好きというように、歌詞はあえて分かりやすい言葉を選んでいますね。

Takuro : 英語で歌ってますけど、あんまり難しい単語とか歌い回しとか知らないので、そこは割とシンプルな言葉をするしかないっていうのと、あえて難しくする必要はないかなと思ってて。曲によって歌詞のテーマが決まってる、みたいなのはないんですよね。同じようなことをずっと言ってますよ。

──「同じようなこと」っていうのは、具体的にどう言うことですか?

Takuro : えー…… なんすかね。ん〜…… 喜びとか怒りの感情を表現する時、オーヴァーな方が聴いてる人は分かりやすいのかなっていう意味で、意識して書いてます。曲として面白くありつつも、どんな感情の歌か分かってもらうことで強調するポイントを作ってます。

1stシングル「You will be mine」

──ちなみに、今回はどんな1枚になってるんでしょうか?

Ryuji : ポップって感じですかね。

──短かっ! 記念すべき1st.EPなんだから、もっと色々あるじゃないですか(笑)。

Ko : あははは! コンセプトがあって、この4曲を選んだというよりは無作為的に選んだ感じはあリます。4曲通してって言うより、1曲1曲が曲の中で爆発できるような感覚を目指してる感じ。

Takuro : A面、B面じゃないですけど、「Brown sugar」と「You will be mine」のビートを重視した感じと、「Alright Man」と「Life goes on」の王道な感じの2面性があるので、一応「どっちもやってまっせ」みたいな感じですかね。

──今作は一面性じゃなくてバンドの多様性を感じられる1枚になったと。

Takuro : そうですね。一貫した感じにはなっていかないのかなって思いますね。

──ちなみに、5人のルックスを見た時にファッションに統一性があると思いました。みなさん洋服の趣味が合致してるなって。

Takuro : 多分、好きなファッションの系統は似てると思います。渋谷を歩いてると、ギャル男みたいなにピタピタピタした服装に金のネックレスの人がいるじゃないですか、アレはアレでカッコイイと思いまけど…… 。

Ko : そういう話じゃないだろ(笑)。

Asato : いやいや、俺たちは好きなものが似てるなって話。そういうファッションを(俺らは)しないから。

──—80’Sのロカビリーっぽさもあるし、ルードっぽさもあるなって。

Ko : ルード…… 。結果論としてルードだったら良いと思いますけど、そこを狙ってルードっていうのは嫌だなって思います。

Ryuji : とりあえず、みんな古着が結構好きですね。

「やっちまえ! 」みたいな気持ちをロックンロールって言葉に置き換えて

──プライベートでも5人でいるんですか?

Ko : 自分とRyujiは一緒に住んでますけど、5人で集まるのはスタジオ練習とかライヴくらいっすね。

Takuro : 週1でスタジオに入ってるので、それ以上、一緒にいても気持ち悪いなって(笑)。

Ko : かといって、他の人と遊んでいるかって言ったらそんなことなくて。結局、この5人で過ごしてる。

──スタジオ練習やライヴ以外で、5人が集まっているときはどうやって過ごしてるんですか?

Ko : 酒を飲んで映画を観たり、スケボーしたり…… うん。「女! 女!」って感じではなくて、男遊びをしてますね。

Takuro : 大学生みたいなことをしてるっすね。好きなものはみんな一緒なので、スケボーとかキッズがやってそうなことをやるっちゅう。


──男子だけで成立する遊びをしてるんですね。

Ko : 感じっすね。そんな酒池肉林みたいなことはないです(笑)。

Takuro : 本当? 俺はなかったけど…… 。

Ko : 俺も違うよ(笑)。「女、欲しいな〜」って話題が酒の肴みたいな。

Takuro : しょっぱいよね。

Ko : そうだね。意外にしょっぱいヤツらなのかもしれない。

──その男っぽい感じは音にも表れてる気がしますよ。

Takuro : 多分、そうだと思います。やっぱり5人でいるのが楽しいし割と熱いヤツの集まりなんで、音楽も自然とそうなったのかな。

──最後に今の音楽シーンをどう見てて、それに対してどう戦っていくのか教えて下さい。

Ko : ネバヤン(never young beach)とかイイ感じにユルい感じのバンドって売れてるじゃないですか? その対比になったら…… でも、難しいですかね? そういう暑苦しいのを周りが求めてるかって言ったら分からないし。まあ、とりあえずパッション全開で行きたいかな。

Ryuji : 男臭いバンドでありたいですね。

Ko : 確かに。今って、逆にいないよね。

Ryuji : ここまで5人の顔が濃ゆくて、こんなビジュアルだったら、やっぱり煙草と酒とロックみたいな男臭い感じでいきたいなって。

Takuro : 僕はロックンロールみたいなことを普通にやりたいかな。「やらかしたい」じゃないけど、そんなのがもうちょっとあっていいんじゃないかなって思いますね。風穴じゃないけど、暴れまわってちょうど良いくらいの精神でやった方が気持ち良いと思う。英語で歌ってるんですけど、それもシンプルに気持ち良いことをバシッと言う方向性で行こうかなと思ってます。「やっちまえ! 」みたいな気持ちをロックンロールって言葉に置き換えて、それをやろうかなって。それが分かりやすいし、一番芯が通ってるんじゃないかなって思いますね。

RECOMMEND

DYGL / Say Goodbye to Memory Den

まさにシーン待望の1枚となったDYGLの1stフル・アルバム。プロデューサーにザ・ストロークスのギタリスト、アルバート・ハモンドJr.を迎え、NYで制作。

V.A. / BLOCK PARTY

The ManRayのリリース・パーティも6月16日(木)に行われる、下北沢〈下北沢スリー〉の名物企画。The ManRayもライヴにて参戦、こちらの楽曲にも楽曲を提供している。

Jappers / formulas and libra

メンバーのTenshiroも在籍、〈BLOCK PARTY〉常連バンド、Jappers。そのリスナーとしてのディープなディガー感が示す芳醇な音楽性を漂わせるバンド。

CAR10 / CAR10

こちらも〈BLOCK PARTY〉常連バンド、CAR10の2ndアルバム。インディー、ギター・ポップそしてパンク、ハードコアなどのジャンルやカテゴリーを超えどこのシーン、コミュニティーともアクセスしている、その存在感が詰まったアルバム。

SCHEDULE

Block Party presents
“The ManRay-You will be mine-”Release Party
2017年6月16日(金)@下北沢THREEフリーエントランス
19:00スタート
The ManRayのライヴは21:00予定
イベント情報はコチラ

PROFILE

The ManRay

The ManRay are a Japanese rock band formed in Tokyo City in 2014.

Takuro Asato(Gt / Vo)Birth.1989 / From Okinawa
Tenshiro(Gt) Birth.1991 / From Nara
Ko Koga(Ba)Birth.1989 / From Fukuoka
Ryuji Ooshiro(Dr)Birth.1989 / From Okinawa
Moris(Syn)Birth.1989 / From Okinawa

2014年、都内にて結成した5人組ロックバンド。
00年代ガレージロックリバイバルの影響を感じさせつつ、ダークでエッジの効いたギターサウンドとブラックフィーリング溢れるリズムグルーヴが絡みつく独自のサウンド。そしてディストピアな価値観から書かれる英詩リリックを、クールでルードな佇まいで響かせるリアルなロックバンド。

ハーレーダビッドソン主催のイベント『BLUE SKY HEAVEN』などにも出演を果たし、また音楽ストリーミングサービス「Spotify」のチャート、【バイラルトップ50(日本)】ではOASISのリアムギャラガーに次ぐ2位(6.14日付)まで駆け上がり、そのサウンドは世界中から注目を集める。
そして2017年6月14日初の全国流通作となるデビューEP.『You will be mine』をリリース。

>>The ManRay アーティスト・ページ
>>The ManRay Facebookページ
>>The ManRay Twitterページ
>>The ManRay Instagramページ

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

HARCO、20年の集大成 HARCO名義ラスト・アルバムをハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年06月21日・HARCO、祝20周年! そして、HARCO名義ラスト・アルバム! 独占ハイレゾ配信&メール・インタヴュー 活動20周年を迎えたシンガー・ソングライターのHARCOが、約2年ぶりのソロ・アルバム、ならびにHARCO名義ラスト・アルバムでもある『あらたな方角へ』をリリースした。OTOTOYではハイレゾで独占配信開始。山崎ゆかり(空気公団)、山田稔明、伊藤俊吾、早瀬直久(ベベチオ)、田中潤(ゲントウキ)、平野航、安田寿之、Adi Nada、石本大介、伊藤健太、榊原大祐ほかのゲスト・ミュージシャンが参加し、色とりどりの華を添えている。来年、2018年からは本名で活動を新たに開始するHARCOに、本作のこと、未来にむけての思いなどをメールでインタヴュー。 HARCO / あらたな方角へ'【配信形態】(24bit/96kHz) ALAC / FLAC / WAV / aac : 単曲 300円(税込) まとめ購入 2,700円(税込)【Track List】1. Monday Mornings / 2. 東京テレポート / 3. 春のセオリー / 4. 北斗七星 / 5. TOKIO -平野航&HARCO REM
これぞパティロケ!な音づくり! Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年06月23日・これぞパティロケ! な音づくり── Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信 仙台出身5人組ガールズ・ユニット、Party Rockets GT(通称パティロケ)。先月5月17日にリリースされた『START!!』をOTOTOY独占ハイレゾ配信開始! 南波一海によるサウンド・プロデューサー・三宅英明へのインタヴューとともにお楽しみください。 Party Rockets GT / START!!'【収録曲】1. START!!2. Beyond3. 01 -ゼロイチ-4. キミと見た空5. START!! (Instrumental)6. Beyond (Instrumental)7. 01 -ゼロイチ- (Instrumental)8. キミと見た空 (Instrumental)【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】''単曲 324円(税込) / まとめ価格 2,592円(税込) INTERVIEW : 三宅英明 6月25日にグループ史上最大規模の赤坂BLITZ単独公演を控えるParty Rockets GT。彼女たちの最新シン
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.2 テラシマユウカ&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」vol.2掲載!!
[CLOSEUP]・2017年06月15日・GANG PARADE 連続インタヴュー、テラシマユウカ編「闘志は持ちつつ、落ち着いて自分らしく」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタルトレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第2回は、テラシマユウカ編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の2回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェックだ!! >>新連載!! GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.2 はこちらから>
by 西澤 裕郎
diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星
[CLOSEUP]・2017年06月14日・diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星 2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉。数多くの応募を勝ち抜き選ばれたのは、unizzz…、ペドラザ、東京塩麹という実力者3バンド。合格者はCD、レコードのWリリースが約束されており、6月から8月まで3ヶ月連続で音源が全国流通される。OTOTOYでも順次配信をスタート、各バンドへのインタヴューを掲載していく。 第1弾となる今回は、京都発男女ツイン・ヴォーカルのニューウェイヴ・バンド“unizzz… (ウニズ)”を特集。2016年の〈りんご音楽祭〉出演や今回のオーディション合格など、結成して1年足らずで多くの注目を集めつつある彼ら。ディスクユニオン内の新レーベル〈dim up〉からの第1弾リリースとなる今作『hello』を、OTOTOYでは1週間先行として6月14日より配信を開始。ステレオラブやテーム・インパラなど海外オルタナから、ゴダイゴやユーミンなどの70年代J-POPまで、さまざまな音楽から影
by 岡本 貴之
宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月09日・宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース バンド・かろうじて人間のギタリストとしても活躍する電子音楽家・宮田涼介。アンビエントやエレクトロニカを好み、バンド活動とは打って変わってノスタルジックな音を響かせている。OTOTOYではそんな彼の"空想・絵空事"を描いた5thアルバムを配信中。今回はピアノソロに焦点を当て、聴いているだけで情景が浮かぶような抒情的なトラックを集めた作品集となった。アルバムのテーマにも繋がる「幼少時代」について迫った対談と共にお楽しみください。 宮田涼介の5thアルバムを配信中!宮田涼介 / films'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 220円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. sorrow 2. condolences3. umbre 4. ank 5. waffle caramel ice cream6. oborodukiyo7. leafe 8. at eventide 9. hitohuta 10. orion 1
by 鈴木 雄希
さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月14日・さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ!! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース テレビCMや、リオデジャネイロ・オリンピック閉会式にて楽曲が使われ、お茶の間にもその音楽が浸透してきたH ZETTRIO。そのバンドマスター、H ZETT Mが4年ぶりとなるピアノ・ソロ・アルバム『共鳴する音楽』をリリース。OTOTOYでは今作を1週間先行で配信を開始! 誰しも耳にしたであろう「あしたのワルツ」のソロ・バージョンのほか、名曲揃いの26曲を収録。今回のインタヴューでは、新アルバム『共鳴する音楽』の制作に関する話のほか、彼のインスピレーションの源についても語ってくれた。ぜひ新作『共鳴する音楽』と共にお楽しみください。 4年ぶりとなるソロ・アルバムがリリースH ZETT M / 共鳴する音楽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / アルバム 3,240円(税込)【収録曲】''disk11. ショーがはじまる2. 極秘現代3. 踏み出すニュー4. すました日常5. 水の流れ6. 高貴な連帯7. 果てしないカーブ8. 争う
by 岡本 貴之
いわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバムをハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年06月07日・このメンバーじゃなきゃやりたくないーーいわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバム完成 2007年に結成された、いわきを拠点に活動する4人組ロック・バンド、notice it。尖ったポップ感覚とロックのダイナミズムを、ポストパンク、ダンス・ロック、オルタナティヴなどの音楽を通過し昇華させている。津波から生還したヴォーカル政井大樹を中心に福島を代表するバンドとして活動を続け、約5年ぶりとなる2ndアルバムをリリースし全国に発信する。アルバム・タイトルの『lamp』は、過去戦争や震災の被害から幾度も復活し周りを照らし続ける地元の塩屋崎灯台からインスピレーションされ、自身もそういう音楽を発信したいという想いからつけられたという。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、1曲フリー・ダウンロードするとともにメンバー4人へのSkypeインタヴューを掲載する。 >>「Symbol」のフリー・ダウンロードはこちらから
by 渡辺 裕也
パンドラの匣の底に眠っていた希望──LOST IN TIME、節目となる10枚目のアルバムをリリース!!
[CLOSEUP]・2017年06月08日・パンドラの匣の底に眠っていた希望──LOST IN TIME、節目となる10枚目のアルバムをリリース!! 「パンドラ」...そうあの有名な「箱」のエピソードで多くの人が耳にしたことがある言葉だと思うが、この言葉の意味はご存知だろうか? 正解は「すべてのおくりもの」。シンプルながら骨太なサウンドと、ヴォーカル・海北大輔の聴く人の心を掴んで離さない歌声と歌詞で、日本のギター・ロックの良心として止まることなく歩みを続けてきたバンド・LOST IN TIMEはファースト・アルバム『冬空と君の手』から丸15年、そして10枚目となるアルバムにそう名付けた。アルバムの名前の通り、バンドを支えてきた仲間、友人、そしてファンに捧げる”おくりもの”のような1枚となった今作。「シンプルにLOST IN TIMEというバンドが好き」と力強く話してくれたに彼にとっての”バンド”とは? ヴォーカル・海北大輔のインタヴューと共にお楽しみください。 リード曲「ライラック」を含む渾身の全12曲!!LOST IN TIME / すべてのおくりもの'【Track List】01. ライラック02. 蹲る人03. アンカー04. Iris05.