【独占配信】え? ライヴにロボ? すごい名前! 愛はズボーンってどんなバンド?──インタヴューで丸裸に

「大阪はアメリカ村からやってきました。愛はズボーン」自主企画イベントをはじめ、ツアーやフェスで各地を周り、大阪のバンドでありながらも着実に全国にファンを増やしている人気急上昇中のバンド、愛はズボーン。4月に限定枚数で生産された2ndシングル『ゆ〜らめりか』をなんとOTOTOYにて独占配信開始! それと同時に、彼らにインタヴューを行うことに成功。今や先輩バンドたちとライヴをしても引けを取らない勢いと、実力を兼ね備えている彼らに、結成秘話から最新作『ゆ〜らめりか』に込めたメッセージについて語ってもらった。

愛はズボーンの新機軸を記した待望の2nd Single!


愛はズボーン / ゆ〜らめりか

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC
単曲 200円(税込) / まとめ 600円(税込)

【収録曲】
1. ゆ〜らめりか
2. へんなの
3. 恋のスーパーオレンジ


愛はズボーンのサインを1名様にプレゼント!!



応募方法は、こちらからプレゼントの応募を選択し、
・OTOTOYに登録のメールアドレス、もしくはOTOTOYに登録のTwitterアカウント名
・お名前
・インタヴューの感想
をご記入の上お申し込みください。
※締切 : 2017年6月15日(木)23時59分まで
※OTOTOYへの登録はこちらから
※プレゼントの当選者さまにはメールにてご連絡させていただきます。

INTERVIEW : カネシロ&白井達也(愛はズボーン)

2ndシングル『ゆ〜らめりか』の配信開始と同時にOTOTOYは愛はズボーンのカネシロ(Gt.&Vo.)と白井(Ba.)へ初インタヴューを敢行。今作に込めたメッセージはもちろんのこと、彼らの出会いや結成のエピソード、音楽のルーツ。そして、次のステージに移行する覚悟を持っている彼らの見据える景色。それはどんなものなのかを語ってもらった。コミカルに映し出されがちな彼らの音楽性の奥にある、力強い想いと情熱を是非新譜と共に感じて欲しい。

インタヴュー : 飯田仁一郎
構成 : 宮尾茉実
写真 : 雷(ライヴ写真)、又野一輝(アーティスト写真)

GIMAくんの性格がぶっ飛んでいたところに魅力を感じたんです

左から白井(Ba.)GIMA(Vo.)カネシロ(Gt.&Vo.)富永(Dr.)

——まずは愛はズボーンが結成するまでの経緯を教えてください。

カネシロ(Gt.&Vo.) : 愛はズボーンは、2011年に結成しました。僕と白井くん(Ba.)と富永(Dr.)は前身バンド江坂キューティーリップスってバンドを組んでいたんですけど、解散することになって。その時に1番仲が良かったGIMAくん(Vo.)とバンドを組みたいと思ってすぐにバンドを始めて、それが愛はズボーンになりました。

白井(Ba.) : 最初僕は入ってなかったんですよ。

——なるほど。カネシロくんが言い出しっぺなんですね。GIMAくんってあの男前で面白い方ですよね。

カネシロ : そうです。彼はその時モデルのオーディションを受けていました。

——そのGIMAくんとやりたかった理由はなんですか? パートもヴォーカルで同じなのに。

カネシロ : パートを探すというよりは、GIMAくんと話が盛り上がりすぎていたからですね。音楽的な魅力というより、あの見た目と身長を持っているのに性格がぶっ飛んでいたところに魅力を感じました。当時は付き合いたてのカップルくらい一緒にいましたね。

白井 : ギター弾けないのに1人でライヴしていましたね、彼は。

カネシロ : ギターも弾けないし、アンプも触った事がないのに、僕が「GIMAくんはライヴハウスに出てみたら面白いと思う」って言ったら、1人で30分の尺ででてたんですよ。

——彼はステージの上でなにをしてたんですか?

カネシロ : ギター弾けないのに青いストラトを持ってマーシャルに繋いで、オリジナルの歌を歌ってました。最後プライマル・スクリームをCDで流して盛り上げてましたよ。

白井 : ちゃんと盛り上げてたとこが凄いよな。

GIMA(Vo.)のライヴ裏での一枚

——当時からぶっ飛んでいたんですね。白井さん、富永さんはいつのタイミングで参加したんですか?

カネシロ : 白井くんはサポートでもいいからってかたちで、喧嘩して解散したわけでもなかったから僕が誘いました。とにかくライヴがしたかったのと、曲も作っていかなくちゃいけなかったので。白井くんはサポートでやるくらいなら入るって言ってくれたけど、富永はウジウジしていたなぁ。

白井 : ははは(笑)

——ウジウジ?

カネシロ : 富永は自分からはあまり発言しないタイプなんです。こっちが誘ってくるのを待っている感じはありましたね(笑)。

自分たちを人に説明出来る音源にしようっていう意識はしました

——結成当時は今の音楽スタイルを既に確立していたんですか?

カネシロ : 初期に作った音源が今回の3曲目になっているので、途中で大幅な路線変更とかはなかったと思います。

——どんな音楽をやりたかったとかってありましたか?

白井 : その時ハマってるやつとかじゃなかった?

カネシロ : そうやな。その都度ハマっている音楽を反映させる感じやったんで、それこそ今作の『ゆ〜らめりか』のシングルは自分たちを人に説明出来る音源にしようっていう意識はしましたね。

——それは具体的に言うと?

カネシロ : 今まで出していた3枚の音源(下記にリンクがあるので是非チェックを)は自分らのやりたいことをやってきているつもりではあったんですけど、周りの人に「愛はズボーンってどういうバンドなの?」って聞かれたら、それを言葉で表現できない音源ばかりを作っていたんです。当時はそれがかっこいいと思ってやってたんですけど、言葉にできた方が得だって最近気付いたんです。だから今回は、この曲は何の曲からインスピレーションをもらってるかを自分たちで話せるように作りました。

——そうだったんですね。例えばどんな曲からインスピレーションを受けているんですか?

カネシロ : M1「ゆ〜らめりか」はThe Flaming Lipsの「Race for The Prize」です。やりたい音楽のもとになるものが個性的すぎるから、一回フィルター通しちゃうと全然良いものに昇華できないんです。それをわざとフィルターをかけないで、これが元になっているんだと言えるものを作りました。


M1「ゆ〜らめりか」を制作する際に意識されたという、The Flaming Lipsの「Race for The Prize」

——いいですね!

カネシロ : 僕らとしてもやってよかったなと思っています。エンジニアさんとかとも話が早かったですね。僕らの知らないドラムの録り方とかっていっぱいあると思うので、そういうことを教えてもらって勉強になりました。

——まったくThe Flaming Lipsだと思いませんでしたよ。そういう意識的なことってメンバー間で共有していたことなんですか?

白井 : 最初にThe Flaming Lipsのドラムの感じがいいってことは話していたので、イメージは何となくはわかっていました。でもほとんどフレーズとかはカネシロが作ってきてくれていましたね。

——なるほど。メンバーとエンジニアで目指す音像が見えていたっていうことですよね。ちなみにM2「へんなの」とM3「恋のスーパーオレンジ」は何を意識されたんでしょうか?

カネシロ : M2「へんなの」は坂本慎太郎さんの曲と雰囲気、そこに四つ打ちと裏打ちを混ぜたらどうなんねやろって感じですね。ギターソロに関してはTheDoorsの「Light My Fire」をそのまま弾きました。M3「恋のスーパーオレンジ」はPixiesとCOWPERSのギターの音ですね。入りだしのスネアの一発目はPixiesの「Where Is My Mind?」です。

——ああー確かに! ということは90年代のオルタナティヴが愛はズボーンのルーツなんですか?

カネシロ : 完全にそこが元になっていると思います。

白井 : 僕はカネシロくんに影響を受けたバンドが多いので、あまり変わらないですね。ドラムの富ちゃんとかは全然違くて、ハードコアとかメタルが多いですね。

カネシロ : GIMAくんは忌野清志郎だったかな。

——今作のシングル『ゆ〜らめりか』にはコンセプトがあったんですか?

カネシロ : 曲を聴いたらその時期のことを思い出すことってあるじゃないですか。愛はズが一番出させていただいてるライヴハウス、心斎橋pangeaの店長吉條さん(愛はズボーンの所属するレーヴェルのオーナーでもある)と毎週毎週ミーティングしているんです。吉條さんといつか別々になるとは考えていないんですけど、いつかバリくそ売れた時に、この『ゆ〜らめりか』を再生して「あの頃のpangeaの感じやばかったな」って思い出せるセーブポイントのイメージで僕は作りました。

抱き合う白井(Ba.)富永(Dr.)の様子

——なるほど。この3曲を聴いた時に、愛はズボーン出来上がってきているな、良い調子だなっていうのを感じたんです。この作品って、ぶっちゃけ愛はズボーンとしては次のフィールドを狙っている感じでしょうか?

カネシロ : もちろんそうですね。次のステップに行くためのシングルっていうのは考えていました。

——なるほど。みんな、音楽で食べて行きたいっていうのがあるんですね。

カネシロ : そこに関してはあんまり疑ったことないですね。それこそ1回解散したバンドが集まっているのもありますし。

いろんな人と出会ってきたけど、やっぱり周りにおるやつらがかっこいい

——愛はズボーンで貫いているこだわりとかってありますか?

カネシロ : ふざけたバンドに思われがちですけど、1回も僕らはふざけたことつもりはないってところですかね。バンド名もかっこいいと思ってつけているし、ライヴとかもふざけてると思われがちだけど、かっこええと思ってふざけています。ダウンタウンがかっこいいのと一緒というか。自分を売って集客を得ようとしてふざけているわけじゃなくて、全部かっこええと思ってふざけているっていうのがもうちょっと周りに伝わってほしいですね(笑)。

——登場とかMCで、自然に「愛はズボーン、面白いな」って思ってしまうんですけど、大阪のお笑いみたいな感じってことですよね。意図的ではなく自然にでてくる面白さ=かっこよさ。

カネシロ : そうですね、僕とGIMAくんが特にそうだと思うんですけど、大きい集団の中にいる時って、どれだけかっこよく見せられるかより、どれだけ面白いかが大事だと考えているんです。バンドとしてかっこよくなって売れていくには、面白いっていうのが必要だと思ってます。

愛はズボーンのライヴ演出で登場するロボ

——なるほど。客観的に見ても愛はズボーンは今盛り上がってきていると思うんですけど、本人たちはどう捉えていますか?

カネシロ : 僕たちはそう思ってはいないですね。油断したら一撃で飛ばされるって危機感があります。バンドの状況が変わることに、メンバー全員自覚を持ち始めたところです。前まではそれぞれが自分のテンションのタイミングで本気になっていたけど、本気じゃないっていう顔を周りに見られるとやばいぞっていうのが、今はバンドの中にある気がしますね。

——それが変わってきた理由は、具体的にどういったところなのでしょう?

カネシロ : 去年1年かけて自主開催のサーキットやワンマンを成功させたり、RADIO CRAZYに出させてもらったりして人の目に触れることが増えたっていうのがありますね。メディアとか、関西ローカルのラジオとかの影響でメジャーまで行っている方たちや業界の人と接する機会が増えて自覚が生まれてきているところです。

——愛はズボーンは、比較的多くの自主企画を行っているイメージがありますが、自分たちで自主企画をする理由はどこにあるのでしょうか?

カネシロ : 周りの人が全然持ち上げてくれないから、自分たちで持ち上げるしかないからですかね(笑)。情報が途絶えてしまったらいないのと同じだと思うので、自分たちで発信しないとって気持ちがあります。

——なるほど。そういったところで出会ったバンドで、こいつらすげえなって思ったバンドはありますか?

カネシロ : この前の〈ゆ〜らめりかツアー〉の名古屋に出演してくれたTempalayってバンドなんですけど、今まで何回も対バンしたり、お互いのライヴを見たりはしていたんです。でも久しぶりにツアーに来てもらったら、ライヴ中のオーラが今までの100倍くらい凄くなっていて、もう修行積んだんちゃうかってくらい研ぎ澄まされていたんです。キャリアを積んできた方達と会うことは多くなりましたけど、結局最近で1番ビビったのは同年代のずっと一緒にやってるTempalayのヴォーカルの小原綾斗でしたね。

白井 : あの日は確かにTempalayやばかった。僕はずっとドミコが好きで、あのへんのナチュラルに音楽だけやってる彼らは俺らと人種が違う感じがあるんですよね。愛はズボーンは内に向きながらヲタクっぽく曲を作る感じだから劣等感なのかもしれないけど。

カネシロ : 酒飲んで喋ってたら同じなんだけど、カッコよく見せるのがうまいと思う。いろんな人に出会ったけどやっぱり周りにおるやつらがかっこいいな。

カネシロ(Gt.&Vo.)

——刺激がもらえるバンドが同年代にいるのは素晴らしいことですよね。では、バンドとして大きい目標というのはありますか?

カネシロ : フジロックとかの大きいフェスに出るとしたら嬉しいけど、「やったー!」って泣けるかって言ったらそんなことはないなぁ。

白井 : せやな。

カネシロ : ひねくれてるんですかね(笑)

——逆に泣けるようなこととかってあるんですか?

カネシロ : 作品づくりの瞬間じゃないですかね。曲ができた瞬間にメンバー全員が「これやばいな!!」って自然に言えてたら俺ら売れると思うんです。「この曲良いな!」って全員が口を揃えて言うまでにいつも3ヶ月はかかる気がするので。そう感じる時にはもう次に追われて忙しくてっていうのもあるから、そういうものを凌駕した凄い空気の中でバンド4人で曲を作り上げる瞬間に立ちあってみたいですね。大きいステージじゃなくて、大阪の安い地下のスタジオでその瞬間は迎えれるのかもしれないです。

——白井さんはありますか?

白井 : 僕は楽器を始めるきっかけ自体が誰かに憧れてとか音楽が凄く好きで、ってわけじゃなかったんです。だからこそ、泣くほどのことが想像できないんですよね。でも企画をして、それが成功した時がいままでやと一番感動しました。だから自分たち主催の企画が大きくなっていったら更なる感動が訪れるのかもしれませんね。

過去作品もチェック!!

愛はズボーン / IWZBN

ド派手でパワフルなライブパフォーマンスと、一度聞いたら忘れられないキャッチ-な言葉遊び、愛はズボーン待望のファースト全国流通音源です。

愛はズボーン / MAGMAそれは太陽のデジャヴュ

順調に活動を全国に広げた愛はズボーン(愛称:愛はズ)が満を持して放つ2nd mini ALBUM、その名も「MAGMAそれは太陽のデジャヴュ」

愛はズボーン / RIKAKO

愛はズボーンのツインボーカルの一人「GIMA☆KENTA」をフィーチャーした今回の作品は全曲メインボーカルと作詞を担当。

RECOMMEND

Tempalay / 『5曲』

その名の通り『5曲』全推し!Tempalay約1年ぶりとなる新作EP『5曲』発売!USツアーで訪れた都市の情景をモチーフに創られた遊び心と中毒性に溢れたポップ・ワールドが完成!2017年はTempalayにドハマりしそう!!

ドミコ / Delivery Songs

川越発サイケデリック・ポップ2ピースバンド!ドミコ 至極のキラーチューン完成! 2nd mini アルバムをリリース!

LIVE INFORMATION

〈D.N.A〉
2017年6月24日(土)@下北沢SHELTER
時間 : Open 18:30 / Start 19:00
出演 : 愛はズボーン / DENIMS / ナードマグネット

〈SUMMERズボップくん2017〉
2017年7月23日(日)@名村造船所跡地
時間 : Open 11:30 / Start 12:30
出演 : 愛はズボーン / プププランド / THE BOSSS / DENIMS / ドミコ / ナードマグネット / 神頼みレコード / Tempalay / TENDOUJI / キイチビール&ザ・ホーリーティッツ

〈奇天烈大発火!!-スリーマンスペシャル-〉
2017年7月26日(火)@新宿レッドクロス
時間 : Open 19:00 / Start 19:30
出演 : 愛はズボーン / モノブライト / ザ・ラヂオカセッツ

>>more live information

PROFILE

愛はズボーン

2011年7月、 金城昌秀(Gt.&Vo.)、白井達也(Ba.)、富永遼右(Dr.)、儀間建太(Vo.&Gt.)の不動の4人で結成。バンド名は 「日本人にしか付ける事の出来ない名前」 をテーマに命名。 語感は英語 「I was born」

>>愛はズボーン official site

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信──世間に向けて“バケモノ”が牙をむく新作ミニ・アルバム
[CLOSEUP]・2017年07月26日・世間に向けて“バケモノ”が牙をむく──Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信 いま、Age Factoryにとって大きなターニング・ポイントである。前作『LOVE』のリリース以降、“破壊的”とも称されるライヴでの圧倒的なパフォーマンスと、強烈なメッセージ性を含んだ彼らの楽曲は、多くの人に伝わることとなった。そんな彼らから、全曲セルフ・プロデュースで制作されたミニ・アルバム『RIVER』が届いた。OTOTOYでは今作を、7月26日より2週間のハイレゾ独占配信をスタート、そしてこのタイミングでメンバーへのインタヴューを敢行した。前作『LOVE』を超越するために、Age Factoryが選んだ答えは、ストレートでよりシンプルな作品をつくることだった。バンドにとっての転機とも言えるいま、そのような選択をくだし、『RIVER』をリリースした意味はなんだったんだろうか。インタヴューとともに紐解いていく。 “ストレート”をテーマにした全曲セルフ・プロデュース作品 Age Factory / RIVER'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは
by ?
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事