このメンバーじゃなきゃやりたくないーーいわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバム完成

2007年に結成された、いわきを拠点に活動する4人組ロック・バンド、notice it。尖ったポップ感覚とロックのダイナミズムを、ポストパンク、ダンス・ロック、オルタナティヴなどの音楽を通過し昇華させている。津波から生還したヴォーカル政井大樹を中心に福島を代表するバンドとして活動を続け、約5年ぶりとなる2ndアルバムをリリースし全国に発信する。アルバム・タイトルの『lamp』は、過去戦争や震災の被害から幾度も復活し周りを照らし続ける地元の塩屋崎灯台からインスピレーションされ、自身もそういう音楽を発信したいという想いからつけられたという。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、1曲フリー・ダウンロードするとともにメンバー4人へのSkypeインタヴューを掲載する。

>>「Symbol」のフリー・ダウンロードはこちらから<<

約5年ぶりとなる2ndアルバムをハイレゾ配信

notice it / lamp
【配信形態】
WAV / ALAC / FLAC(24bit/48kHz) / AAC

【価格】
単曲 216円(税込) アルバム 1,944円(税込)

【収録曲】
1. 銀河
2. weekend
3. Symbol
4. 三日月
5. 僕らの明日
6. night run
7. 記憶
8. LANDROUND
9. REPRESENT


Symbol / notice it


INTERVIEW : notice it

福島県いわき市を拠点とするロック・バンド、notice itのニュー・アルバム『lamp』が届いた。東日本大震災の爪痕がまだはっきりと残るなかでレコーディングされた前作『綴る光 夜を游ぐ』から、約5年。いまや地元いわきのシーンを背負って立つバンドとなった彼らの成長と覚悟が、このセカンド・アルバムには刻まれている。ここからはそんな新作『lamp』の全容に迫るべく、notice itの4人に話を訊いてみたいと思う。

インタヴュー&文 : 渡辺裕也

簡単には説明できないような感情があの頃は渦巻いていた

ーーまずは前作『綴る光 夜を游ぐ』を発表した5年前のことを訊かせてください。当時は震災からまだ1年も経っていない頃で、その影響が作品にも強く表れていましたね。

高橋力(以下、高橋 / ギター) : そうですね。震災前のことを振り返ると、あの頃はここにいるメンバーの他にも、ギターとシンセサイザーがいて。その5人編成で初ライヴをやるぞっていうタイミングで、あの震災があったんです。それでちょっとバンド活動の見通しが立たなくなっちゃったんですけど、平山さん(平山勉 / ノーマディック・レコーズ主宰)のおかげで、行き詰まりかけた活動がまた動き出して。あと、こういう言い方はよくないんですけど、やっぱり大樹が生き残ったことで、僕らのなかにも使命感が生まれたんですよね(*震災時、ヴォーカルの政井大樹は大津波に遭遇し、一命を取り留めている)。「これは、やれってことなんだな」みたいに感じたというか。でも、よく思い出せないな。とにかくあの時は必死だったんで。

政井大樹(以下、政井 / ヴォーカル、ベース) : うん。まだ何もわかってない状況だった。

高橋 : 「自分たちはこれがやりたいんだ!」ってことを確かめてるような感覚だったよね。そこで「isansi」という曲が生まれて、ようやく歯車が合ったというか。

ーーまさにその「isansi」は、震災直後にみなさんが感じていたことを克明に刻んだ曲で。

高橋 : あの曲がアルバム全体を締めてくれたと思います。僕らのなかには地方のシーンで活動しているバンドとしての反骨精神みたいなものが渦巻いていて、それがアルバムの最後で「isansi」にたどり着くっていう。そういう流れのアルバムだったと思う。

政井 : 僕らにとってはものすごく意義のある曲でしたね。

ーーその反骨精神とは、たとえば何に向けられていたものなんですか。

高橋 : 社会とか、大人ですね。あと、今はそんなことないけど、やっぱり東京に対するコンプレックスとかもあったし。そういう、簡単には説明できないような感情があの頃は渦巻いていて、「とにかく何かを伝えなきゃ」っていう感じでした。

ーー歌詞は主に力さんが書いてるんですか。

高橋 : 以前は僕がよく書いてました。でも、やっぱりそれを歌うのは大樹ですからね。その大樹の人柄っていうのが、僕からすれば眩しいくらいにまっすぐなんですよ。だから、彼がもっと気持ちを乗せて歌えるようにしたかったので、今回のアルバムは共同制作で進めたものが多くて。

政井 : こう言ってくれてますけど、実際はほとんど力くんが書いてくれてますからね(笑)。僕はただ細かいところを修正しただけっていうか。あと、今は5年前とちがって、メンバーそれぞれ仕事をしながらやってるんです。なかには家庭をもった人間もいるし、今はそういう限りある時間のなかでバンドをやっているから。

ーーなるほど。そういえば、力さんはいま軽音部の顧問もされているんだとか?

高橋 : そうなんですよ。このバンドを結成した軽音部で、今はそういうこともやらせてもらってて。ただ、いま軽音部にくる大学生は「とにかくデカい音を出したい」とか、そういう感じではないみたいですね。どんなバンドのコピーがやりたいかって訊くと、SEKAI NO OWARIと返ってきたり、弾き語りがやりたいと言ってる女の子の待ち受けが三代目 J Soul Brothersだったりするんで、ちょっとよくわかんないっす(笑)。

やっぱり大樹の歌がnotice itらしさ

ーーあはは(笑)。前作を出したあと、メンバー・チェンジもあったようですね。

高橋 : はい。前作のツアーを終えた時点で、ギターがひとり抜けることになって。でも、そのときはまだ踏ん張りがきいたというか、まだ若かったんで(笑)。4人でもぜんぜんやれるし、これからまた新しいnotice itをやっていこうと。そう思っていたら、今度はシンセのやつが辞めることになって。どっちも結婚して子供ができたっていうのが理由なんですけど、これはどうしようかと。もしかするとこのバンドは終わるのかもしれないっていう雰囲気も、一時はちょっとあったんです。

政井 : その頃に杉下が入ったんだよね?

杉下潤(以下、杉下 / ドラム) : シンセのひとが抜けると決まったとき、いちばんバンドの近くにいたのが僕だったんです。それでドラムだった力くんがギター担当になって、その代わりに僕がドラムとして加わるっていう。

高橋 : これに関しては以前からいろんな人によく相談してたんですよ。僕はドラムというパートにこだわっていたわけでもないし、むしろ一向に上手くならなかったんで(笑)。杉下が叩いてくれるなら、ぜひそうしてほしいなと。あとはもう、(シンセサイザーが)なければないでしょうがないというか。とにかくストレートにやりたかったし、逆にロックっぽくなってよかったかなって。

杉下 : 今回のアルバムでも、あとから鍵盤を重ねたりはしてますからね。そこまでカラーは変わってないんじゃないかな。

片寄悠葵(以下、片寄 / ギター) : すっきりした感じはするよね? 以前は鍵盤とギターの音がぶつかってガチャガチャしがちだったから、個人的にそこはやりやすくなったかな。

高橋 : あと、やっぱり大樹の歌がnotice itらしさだからね。そこがしっかりしていれば、編成が変わっても大丈夫なんです。

ーー杉下さんは現在、ライヴハウス〈いわきソニック〉のPAもやられているそうですね。notice itとは元々どういう関係性だったんですか。

杉下 : 元々はその〈いわきソニック〉でよく対バンさせてもらっていた先輩バンドですね。notice itが前作を出した頃、僕はまだ高校生だったんですけど、彼らがツアーを回るときは一緒に付いていったりもしてたので、その流れのままメンバーになった感じなんです。で、その頃にはもうソニックで働いていたので、次はPAとして関わろうと思ってたんですけど、いつの間にかドラマーとして参加するようになったっていう。

1人でも欠けるようなことがあったら、そのときはもう解散すると思う

ーーこうしてメンバーが変わったり、なかには家庭を持った方もいるとなれば、音楽活動との向き合い方にもおのずと変化はでてきそうですけど、そのへんはいかがでしたか。

片寄 : どうだろう? 僕はそこまで変わってないかな。個人的に好きなものも変わってないので、あとはメンバーが用意してきた曲にどう向き合おうかなって感じですね。

高橋 : ただでさえ僕らはひねくれてるところがあるし、誰かひとりに他のメンバーが付いていくようなタイプのバンドでもないんで、そうやって各メンバーの個性を持ち込んでいくってことはこれからも大事にしていきたいんです。あと、曲とか歌詞に関しては、正直でたとこ勝負なところもあるので。

政井 : このバンド、今年で10年になるんですよ。俺と力くんは20歳の頃にこのバンドを組んだんですけど、やっぱり20代前半くらいの頃は尖ってるから、当時は「対バンはみんなぶっ飛ばす!」くらいの気持ちだったし、それこそ前作はそういう感じだったと思う(笑)。そんな僕らも今年で30歳になって、ちょっと大人になったというか。で、そんなバンドにこうして杉下が加わったことは、やっぱりデカいですね。杉下はいまライヴハウスで働いてるから、日々いろんなバンドを見てるし、そこで得た経験を俺らに伝えてくれてるんです。僕らはいわきを盛り上げていくために何が出来るかってことを常々考えているから、杉下がいま伝えてくれてることはホント大きくて。

高橋 : それに、俺とか大樹は感覚でやっちゃうところがあるので、そのときに何を考えてたのかわかんなくなっちゃうんですよ。でも、今はそこを杉下がまとめてくれるから。

ーー今では最年少メンバーがまとめ役だと。

杉下 : (笑)。僕はただ自分たちの納得いくものが作りたいだけなんですけど、たしかに前作は情報量の多いところがあったので、そこをもう少しシュッとさせたいなって気持ちはありました。今回のアルバムで、そこはうまく形にできたかなと思ってます。前作よりも前を向いた内容になってるし、このアルバム・タイトルも今の方向性をうまく伝えてると思う。

ーーこの『lamp』というタイトルは、地元いわきの灯台に由来しているんだとか?

高橋 : そうなんです。このタイトルはいわきの塩屋埼灯台からきてるんですけど、その灯台は歴史的になんども悲惨な目に遭っていて。でも、そのたびに復活してきたんですよね。そして今も夜の海を照らし続けてる。僕らの地元にはそういう誇らしい灯台があって、それがすごくかっこいいと思ったし、僕らもそういうバンドになりたいんですよね。僕らもなにが起きようが、諦めずにこうしてバンドをやってこれたし、そうやって経験を積んできたからこそ、人の痛みなんかも少しずつわかるようになってきたので、これからもそういう音楽をやっていけたらなって。そういう感じだよね?

政井 : うん。でも俺、別に使命感とかは全然ないんですよ。特になにも考えてないし。ただ、このメンバーじゃなきゃやりたくないっていう。それだけ。

高橋 : そうだね。僕らは「こういう音楽がやりたい」ってことで集まってるわけじゃなくて、友達同士のつながりが発展していくなかで、今こうしてバンドをやってるから。

政井 : そう。だから、もしここから1人でも欠けるようなことがあったら、そのときはもう解散すると思う。このメンバーがいるから、俺は今でもこうしてやってるんです。

RECOMMEND

notice it / 綴る光 夜を游ぐ

福島県いわきをベースに活動するnotice itが、同じく福島県をベースとするノーマディック・レコードよりファースト・アルバムをリリース。この作品は福島の未来を映し出すとともに、地方から新たな個性を情報発信するという意味でも、来るべき時代のキー・ポイントとなるべき作品。彼らの独特な尖ったポップ感覚と、スパイシーなロックのダイナミズムがパワフルに、時にセンチに炸裂する。ゲストに地元アーチスト参加!

>>特集ページはこちら

雨ニモ負ケズ / 結い

エモーショナル・ピアノ・ロック・バンドとして仙台を中心に活動を続ける雨ニモ負ケズが、4年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。風刺や悲哀、人生を歌う文学的歌詞と、破天荒なライヴ・パフォーマンスで話題を呼んできた彼らが辿り着いた新作は、2015年の社会を切り取り、聴き手に考えることを喚起させるような作品であった。

>>特集ページはこちら

Chano / この世界(24bit/48kHz)

17歳からライヴ活動をスタートし、東京での活動やフランス留学を経て、2013年より福島に拠点を置いて活動しているシンガー・ソングライターChano(チャノ)。その柔らかなフィンガー・ピッキングによるギターと、芯のある叙情的なピアノが生み出すオーガニックで透明感のある歌声は、聴くものの心を強く打つ。OTOTOYではハイレゾ配信をスタート。

>>特集ページはこちら

LIVE SCHEDULE

notice it 2nd album "lamp" Release Tour
2017年6月9日(金)@厚木THUNDER SNAKE
2017年6月17日(土)@酒田hope
2017年6月28日(水)@仙台MACANA
2017年7月8日(土)@奈良NEVERLAND
2017年7月9日(日)@町田 SDR
2017年7月15日(土)@福島OUTLINE
2017年8月12日(土)@club SONIC iwaki
2017年9月1日(金)@吉祥寺 WARP
2017年9月16日(土)@club SONIC iwaki

PROFILE

notice it

2007年に結成されたいわきを拠点に活動する4人組ロック・バンド。尖ったポップ感覚と、スパイシーなロックのダイナミズムをパワフルに、時にセンチに表現し、ポストパンク、ダンス・ロック、オルタナティヴ等の影響を鋭く昇華させている。津波から生還したヴォーカル政井大樹を中心に、福島を代表するバンドに大きくスケールアップ。今回、約5年ぶりとなる2ndアルバムをリリースし、再び全国に発信する。アルバム・タイトルの『lamp』は、過去戦争や震災の被害からも幾度も復活し、周りを照らし続ける地元の塩屋崎灯台からインスピレーションされ、そういう音楽を発信したいという想いからつけられた。

Official HP

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信──世間に向けて“バケモノ”が牙をむく新作ミニ・アルバム
[CLOSEUP]・2017年07月26日・世間に向けて“バケモノ”が牙をむく──Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信 いま、Age Factoryにとって大きなターニング・ポイントである。前作『LOVE』のリリース以降、“破壊的”とも称されるライヴでの圧倒的なパフォーマンスと、強烈なメッセージ性を含んだ彼らの楽曲は、多くの人に伝わることとなった。そんな彼らから、全曲セルフ・プロデュースで制作されたミニ・アルバム『RIVER』が届いた。OTOTOYでは今作を、7月26日より2週間のハイレゾ独占配信をスタート、そしてこのタイミングでメンバーへのインタヴューを敢行した。前作『LOVE』を超越するために、Age Factoryが選んだ答えは、ストレートでよりシンプルな作品をつくることだった。バンドにとっての転機とも言えるいま、そのような選択をくだし、『RIVER』をリリースした意味はなんだったんだろうか。インタヴューとともに紐解いていく。 “ストレート”をテーマにした全曲セルフ・プロデュース作品 Age Factory / RIVER'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは
by ?
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事