前作から約6年、F.I.X.RECORDSがおくる『Pure』シリーズ最新作をDSD配信開始

F.I.X.RECORDSがおくる高音質CDプロジェクト「Project Pure」シリーズの第3弾となる『Pure3 Feel Classics -Naoya Shimokawa-』が、SACDハイブリッド盤とアナログ盤のリリースに続き、配信でも販売開始された。2007年に第1弾『Pure AQUAPLUS LEGEND OF ACOUSTICS』、2011年に第2弾『Pure2 Ultimate Cool Japan Jazz』が発売。どちらもアニソン・ファンだけでなくオーディオ・ファンの間でも高評価を獲得、ロングセラーとなった。また続編の制作は早くからアナウンスされていたこともあり、前作から約6年を経て満を持して発表された今作を、心待ちにしていた人も多いのではないだろうか。


Pure3 Feel Classics -Naoya Shimokawa-

【配信価格】
(左)DSD(2.8MHz)+mp3 まとめ購入のみ 3,240円
(右)WAV / ALAC / FLAC(24bit/96kHz) 単曲 324円 / まとめ購入 3,240円

【Track List】
01. FeelingHear / 02. 心はいつもあなたのそばに / 03. ありがとう / 04. 時の魔法 / 05. POWDERSNOW / 06. FreeandDream / 07. 君をのせて / 08. ヒトリ / 09. さよならのこと / 10. キミガタメ / 11. Closing / 12. FeelingHeart

プロデューサー下川直哉による全曲解説(F.I.X.RECORDS内ページ)

壮大なファンタジー映画の世界に迷い込んでしまったかのような気分

AQUAPLUSの代表を努め、自ら多くの楽曲制作にも携わり、このシリーズのプロデューサーでもある下川直哉は、コンセプトとして「僕たちが作っている音楽に慣れ親しんでいる人たちに、いい環境で聴けるような最高の音とトッププレイヤーの演奏を知ってもらいたい」、そして「アニメ・ゲームサウンドの分野のリファレンスになれるようなものが創りたかった」と語っていた。第1弾発売から10年が経ち、彼の言葉どおり、このシリーズはリファレンスとしての役割を果たし、アニメ・ゲーム音楽シーンにおいてハイレゾは現在、多くの人に浸透してきた。

それぞれのタイトルにあるように、第1弾『Pure』はアコースティック、第2弾『Pure2』はジャズがキーワードだった。3作目となる今作はクラシック。さらに下川自身が作曲したものだけを集め、シリーズではじめてヴォーカルを入れないインストゥルメンタル楽曲のみで構成されているのも、今作の大きな特徴だろう。レコーディングされたのは2012年と2013年の夏で、場所もホールやスタジオなどいくつかの場所にわけて行われたという。これまで同様、トップ・クオリティの作品を作るために注がれた多くの時間と手間が垣間見える。

そんな『Pure3』は、同シリーズのなかでもっとも感情豊かで、ドラマチックな印象を受けた。アレンジも多彩で、前半はチェロとピアノという編成で奏でられるM3「ありがとう」、繊細なピアノの音のみで聴かせるM4「時の魔法」など、シンプルな構成で演奏された楽曲が並ぶ。後半は音数が増え、M10「キミガタメ」、M11「closing」はゴージャスなオーケストラ・アレンジでクライマックスを演出。さらにアルバムの最初と最後は同じ「Feeling Heart」のミックス違いが収録されており、まるで物語が繰り返されるように何度でもループして聴くことができてしまう。

序盤で心を奪われたのは、バイオリンを主役に添えたM2「心はいつもあなたのそばに」。下川が音楽監督を努めたTVアニメ『WHITE ALBUM2』で使用されていたこともあり、曲の展開にあわせて移りゆく風景が脳裏をよぎる。弦楽器が紡ぐ繊細な音色は、最後の音が途切れる瞬間まで聴き入ってしまう。同アニメで流れた「さよならのこと」をはじめ、実際にゲームやアニメの劇伴として使用されている楽曲もいくつか収録されているためか、ほかの曲も聴いているとさまざまな景色が浮かんでくる。

今作のなかでは少し異色ともいえるM6「Free and Dream」は疾走感のあるチェロの演奏が印象的。細かく刻まれるリズムに思わず胸が踊りだすような同曲は、アルバムのなかでほど良いアクセントとなって、後半へと繋がっていく。こんな楽曲が中盤に配置されていることも、今作の幅広さを物語っている。一方で、「アルパ」というハープのような楽器を中心に奏でられるM8「ヒトリ」は、ひときわ大きな安らぎを感じさせてくれる。ストリングスの隙間を自由に飛び回るように奏でられる優しくも不思議な音色は、聴くたびに新たな発見がある。

そして特に強烈な存在感を放っていたのは「キミガタメ」。実はこの曲はシリーズで唯一、全作に収録されている楽曲でもある。『Pure』『Pure2』ではともにオリジナル・ヴァージョンを歌っているSuaraのヴォーカル入りで収録されていた。今回は楽曲をとおして、オーケストラならではの抑揚がもっとも激しく表現されており、圧倒的な立体感を演出。要となる歌をあえて抜いたことで、次々と主役となる楽器が入れ替わり、まるで壮大なファンタジー映画の世界に迷い込んでしまったかのような気分にさせられてしまった。

すべてをインストゥルメンタルで表現することで、これまで生み出してきたひとつひとつの楽曲、メロディの良質さがより改めて浮き彫りになっていくようだった。今回収録された楽曲をはじめといて、下川やF.I.X.RECORDSが手がけてきた音楽が多くの人に長く、そして深く愛されている理由を実感させてくれるような作品。BGMとしてはもちろんのこと、時間を作ってヘッドフォンやスピーカーで贅沢にとおして味わいたくなるような聴きどころ満載のアルバムであり、きっと今作も、手にした人たちに長く愛されていくことだろう。(text by 前田将博)

DISCOGRAPHY

Pure2 Ultimate Cool Japan Jazz

アクアプラス作品の名曲を中心に厳選した楽曲(アクアプラス以外のカバー2曲を含む)をジャズアレンジ。一流ジャズミュージシャンの演奏によるピュア・サウンド・アルバム。“和でJAZZでROCKなサウンド”を名に冠した気鋭のピアノ・トリオWaJaRo(ワジャロ)のメンバー、Pf:Shuntaro(シュンタロウ)、Dr:Shirane(シラネ)、B:SutMaru(ストマル)を中心に、元クライズラー&カンパニーの竹下欣伸(BASS)、元キンモクセイの後藤秀人(GTR)、オルケスタ・デ・ラ・ルスのホーンセクションのメンバーなどが参加。

Pure AQUAPLUS LEGEND OF ACOUSTICS

「Leaf/AQUAPLUS」と「Elements Garden」とのコラボレーションが遂に実現!一流スタジオミュージシャンの演奏による「Leaf/AQUAPLUS」の名曲をアコースティックアレンジしたピュアサウンドアルバム。音楽プロデュース・アレンジには「Elements Garden」の上松範康・藤田淳平・藤間仁が参加。ボーカルにSuaraをフィーチャリングし、セルカバー等4曲のボーカル曲を収録。

特集ページ

F.I.X.RECORDS他タイトルは、こちらから

F.I.X.RECORDS

o

 
 

"review"の最新アーカイヴ

虹色に輝く個性派ダンス&ヴォーカル! 大阪☆春夏秋冬、ニューシングルを独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年06月20日・虹色に輝く個性派ダンス&ヴォーカル! 大阪☆春夏秋冬、ニューシングルを独占ハイレゾ配信 大阪出身、平均年齢18歳の6人からなるアイドル・ユニット、大阪☆春夏秋冬(通称しゅかしゅん)。パワフルなステージングでアイドル界を魅了してきた彼女たちの楽曲がついにOTOTOYで配信開始! し・か・もー、ハイレゾはOTOTOY限定(まとめ購入でブックレットpdfもつきます)。記念すべきしゅかしゅん初ハイレゾを夏の到来とともにお聴きください。 アルバム購入でブックレットpdfつき!大阪☆春夏秋冬 / レインボーカラー'【収録曲】1. レインボーカラー2. What you gonna do3. レインボーカラー -Instrumental-4. What you gonna do -Instrumental-【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】''単曲 250円(税込) / まとめ価格 1,000円(税込) しゅかしゅんは成長し続ける 大阪☆春夏秋冬というと、パワフルでソウルフル、そしてダンサブルなイメージが強いが、ニュー・シングル『レインボーカラー』では、もとも
HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第5回
[REVIEW]・2017年06月10日・HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第5回 関東地方は梅雨入り、気温も上がったり下がったりと不安定な気候ですが皆様いかがお過ごしでしょうか? HIP HOPライター・斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」も今月で5回目。前回は名古屋を中心に活躍するラッパー、SOCKSがリリースしたアルバム『JAPANESE THAN PARADISE』より「KUTABARE feat.般若」を取り上げましたが、今月は「#超WAVYでごめんね」というワードが話題を集めている新世代、JP THE WAVYと来日を間もなくに控えるワシントンD.C.出身のラッパー、GoldLinkの特集です! そして今月も取り上げた作品がOTOTOYで配信してないんです...すみません! OTOTOYでも配信出来るようがんばりますので、コラムと同じくOTOTOYも引き続きよろしくお願いします! 第5回 JP THE WAVYとGoldlink 今月は、既に話題になっていますが自分もコレに反応せずにはいられなかった! JP THE WAVYの「Cho Wavy
by 斎井 直史
【REVIEW】もやもやをぶっとばす、ナードマグネットの新作『MISS YOU』を聴いてみろ!
[REVIEW]・2017年06月09日・【REVIEW】もやもやをぶっとばす、ナードマグネットの新作『MISS YOU』を聴いてみろ! 昨年フル・アルバム『CRAZY,STUPID,LOVE』をリリースし、彼らの本拠地でもある大阪から全国にその名を広げつつあるナードマグネット。パワフルなポップソングかつエモーショナルなサウンドと、その音に乗せられるどこか少年っぽさのある須田の歌声が魅力であるナードマグネットから、またもや甘酸っぱい儚くもポップな1枚が届いた。フレンズの三浦太郎との共作曲や、今年2月にツーマン企画〈渡り廊下で先輩殴るツーマン〉で共演したGOING UNDER GROUND「グラフティー」のカヴァー、1stシングル『AFTER SCHOOL』に収録されている「グッバイ」の再録などを含む全6曲。ナードマグネットの新しい代名詞になりそうな本作をレヴューとともにお届けする。 約1年ぶり新作ナードマグネット / MISS YOU '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) : 単曲 300円(税込) / アルバム
by せんだ
F.I.X.RECORDSがおくる『Pure』シリーズ最新作をDSD配信
[REVIEW]・2017年06月01日・前作から約6年、F.I.X.RECORDSがおくる『Pure』シリーズ最新作をDSD配信開始 F.I.X.RECORDSがおくる高音質CDプロジェクト「Project Pure」シリーズの第3弾となる『Pure3 Feel Classics -Naoya Shimokawa-』が、SACDハイブリッド盤とアナログ盤のリリースに続き、配信でも販売開始された。2007年に第1弾『Pure AQUAPLUS LEGEND OF ACOUSTICS』、2011年に第2弾『Pure2 Ultimate Cool Japan Jazz』が発売。どちらもアニソン・ファンだけでなくオーディオ・ファンの間でも高評価を獲得、ロングセラーとなった。また続編の制作は早くからアナウンスされていたこともあり、前作から約6年を経て満を持して発表された今作を、心待ちにしていた人も多いのではないだろうか。 Pure3 Feel Classics -Naoya Shimokawa-'【配信価格】(左)DSD(2.8MHz)+mp3 まとめ購入のみ 3,240円(右)WAV / ALAC / FLAC(24bit/96kHz) 単曲 324
by 純三
【REVIEW】【REVIEW】大人になったSALUが描く藍色の世界とは?──過去最高傑作『INDIGO』のハイレゾ配信がスタート!!
[REVIEW]・2017年05月25日・大人になったSALUが描く藍色の世界とは?──過去最高傑作『INDIGO』のハイレゾ配信がスタート!! 香取慎吾、尾崎豊の息子である尾崎裕哉、湘南乃風の若旦那、韓国のラップ・グループiKON等からの作詞オファーやSKY-HI(AAA・日高光啓)との共作アルバムなど、自身のクリエイティヴのみならず多方面で活躍を続けるラッパー・SALU。前作『Good Morning』はゲストにSalyuや中島美嘉、トラックにtofubeatsやケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)などを招き製作された意欲作でしたが、4枚目のアルバムとなる今作『INDIGO』はよりポップに重きを置いた1枚に。気になる客演には漢 a.k.a GAMI、D.O、そして今話題沸騰中のゆるふわギャングらが参加しており、そちらにも要注目。OTOTOYではハイレゾ配信とともに、レヴューを公開。SALUが描く藍色の世界とは? SALU / INDIGO'【Track List】01. WALK THIS WAY02. LIFE STYLE feat. 漢 a.k.a. GAMI, D.O03. TOKYO04. SPACE05. Dear My Frien
【REVIEW】ぱいぱいでか美 ”愛に溢れた”新シングルOTOTOY配信スタート! 
[REVIEW]・2017年05月18日・【REVIEW】ぱいぱいでか美、”愛に溢れた”新シングル ライヴ活動やテレビ・ラジオ番組出演、グラビア、コラム執筆などマルチに活躍の幅を広げるぱいぱいでか美。そんな彼女が約1年半ぶりに新作をリリースした。自身初のラップに挑戦した曲や、彼女が大ファンであるももちこと嗣永桃子へ向けて綴った曲など、バラエティー豊かな渾身の1作である。OTOTOYで配信されるにあたり、でか美ヲタ歴2年の女子インターンによるレヴューを掲載! 約1年半ぶりダブルA面シングルぱいぱいでか美 / PPDKM/桃色の人生! 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 756円 (税込)【収録曲】1. PPDKM 2. 桃色の人生!3. 言いたいことはありません REVIEW : でか美なりの”愛”が詰まった全力の3曲 友人に「ぱいぱいでか美が超好きで~」と言ったら「あ~あのぱいぱいでか美ね」と軽く頷いてくれるようになった。インパクト大の芸名を、すんなり受け入れられつつあると感じるここ最近。日本テレビ「有吉反省会」での博多大吉との、”愛人関係である”とい
by せんだ
野外ライヴ3連戦中のベイビーレイズJAPAN、13枚目のシングルをリリース
[REVIEW]・2017年05月25日・スマホがテーマの新曲に、メモリアルなあの曲まで! ベイビーレイズJAPAN、13thシングルをリリース 5人組アイドル・グループ、ベイビーレイズJAPANが5月24日に13枚目のシングル『バキバキ』をリリースした。エモーショナルなライヴに定評のある彼女たちのライブラリに新たに加わったのは、「バキバキ」「よきよき」「2years」と、テーマが異なる3曲のラインナップだ。 ベイビーレイズJAPAN / バキバキ'【収録曲】1. バキバキ2. よきよき3. 2years4. バキバキ(Inst.)5. よきよき(Inst.)6. 2years(Inst.)【配信形態】WAV / FLAC / ALAC 【配信価格】''単曲 257円(税込) / まとめ価格 1,234円(税込) 3曲3様、ベビレの世界 ベイビーレイズJAPANは現在「野外ワンマン3連戦」を開催中で、第1戦目は、2017年4月9日(日)に日比谷野外音楽堂にて行われた(2戦目は6月24日に稲毛海浜公園 野外音楽堂で開催)。第1戦目について、詳しくはライヴレポートを読んでいただくとして、この時にも披露された表題曲「バキバキ」のテーマは、なんと"スマー
髭、新アルバム『すげーすげー』をリリース──沈黙を破る、変容の先のグッド・メロディー
[REVIEW]・2017年05月24日・髭、新アルバム『すげーすげー』をリリース──沈黙を破る、変容の先のグッド・メロディー 2006年のデビュー以来、サイケデリックかつロマンチックな世界観で、シーンを魅了し続けているロック・バンド“髭”。10年代に入り、邦楽シーンが盛り上がりを見せるなか、ガレージやサイケといったスタイルから、シンプルでストレートな王道のロックに変容を遂げてきた。髭のプリティ・サイケなスタイルはそのままに、どこかトリップ感のある楽曲が並び、新たなモード感を提示することとなった前作『ねむらない』から約1年半。沈黙を破り、新アルバム『すげーすげー』がリリース! ギターロックへの回帰ともいえる今作だが、その先にあるものとは? 待望の新アルバムを、レヴューとともにお届けします。 ギターロックへ「回帰」した新アルバム! 髭 / すげーすげー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム価格 2,469円(税込)【収録曲】''01. もっとすげーすげー02. ヘルシンキ03. S.O.D.A.04. TOMATO05. スターマイン06. CLASH! LAOC
by 中の人
筆者について
前田 将博 (純三)

V系生まれハロプロ育ち、aikoは俺のファムファタル。 Twitterは @junzo99 です。

同じ筆者による他の記事