GANG PARADE 連続インタヴュー、アヤ・エイトプリンス編「今までで1番のギャンパレを絶対に作る」

POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタルトレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第1回は、アヤ・エイトプリンス編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」がスタート!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェックだ!!

>>新連載!! GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.1 はこちらから<<

GANG PARADE、現体制2ndシングルを配信スタート

GANG PARADE / FOUL

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 800円(税込)

【Track List】
1. FOUL
2. Close your eyes
3. FOUL(inst)
4. Close your eyes(inst)



GANG PARADE「FOUL」MUSIC VIDEO


INTERVIEW : アヤ・エイトプリンス(GANG PARADE)

5月1日よりGANG PARADE(以下、ギャンパレ)のメンバーとしての活動をスタートさせたアヤ・エイトプリンス。2016年9月に行われた合宿オーディションでBiSのメンバーとして選ばれ、美人担当として活動してきた彼女だが、2017年4月に開催された所属事務所WACKのフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、突如カミヤサキとのレンタル移籍が発表された。5人でのBiSを愛して止まなかったアヤは、ギャンパレ加入にあたりどのようなことを思い、なにを考えたのか。そして、どのような気持ちでギャンパレのメンバーとして活動しているのか。1人で抱えていた想いについて語ってくれた。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎
写真 : Jumpei Yamada

一言で言うと、超つらかったです

ーー5月1日からGANG PARADE(以下、ギャンパレ)としての活動がスタートしました。今はどんな気持ちで活動に臨んでいますか?

アヤ・エイトプリンス(以下、アヤ) : 今はポジティヴな気持ちで活動できていると思います。〈WACK EXHiBiTiON〉のステージでレンタル移籍が発表されたとき、パニックで泣いてしまって。そのことをすごく後悔しているんです。

ーー後悔?

アヤ : 泣くのはギャンパレのみんなにすごく失礼なことだから。あのときの涙はびっくりした涙なんですけど、できることならあの瞬間をやり直したいです。

ーー今振り返ってみて、5泊6日の合宿オーディションはどんな日々でしたか?

アヤ : 一言で言うと、超つらかったです。BiSの合宿オーディションもつらかったんですけど、今回の合宿は私にとって2回目だったし、立場も違ったから。曲を奪い合うのも初めてだったし、メンタル面がありえないくらいボロボロでした。あと、プーちゃんが合宿前のインタヴューで「合宿は戦場なのでアヤを殺します(笑)」って言っていたじゃないですか? だから1人で闘っている気持ちになるときもあったし、私自身が何かを残さなくちゃということをすごく考えていました。

ーーアヤ・エイトプリンスとして何かを残さなくちゃいけない。そんなプレッシャーがあったんですね。

アヤ : これは私が一皮むけるための合宿でもあったし、BiSのための合宿でもあったんです。だから、がむしゃらにやるしかなかった。徹夜で「レリビ」の歌詞を書いたり、どうしたら合宿がおもしろくなるのかをずっと考えて行動していました。

ーー合宿前まで、ギャンパレに対してどんなイメージを持っていましたか?

アヤ : 軍隊(笑)。

ーーあははは。

アヤ : すごい勢いとパワーとエネルギーがあったし、WACKの3グループの中で「負けない!!」という気持ちが1番強いなと思っていました。

ーーそれはライヴを見て思ったんですか?

アヤ : ライヴ・パフォーマンスの出来もそうだし、みんなの表情とかもそうかな。ココとユユとドクソンとは、ほぼ同期じゃないですか? 3人のまとまりからして、(BiSとは)全然違うなと思って観ていました。

ーー合宿でユアちゃんの行動を観たりしゃべってみた印象はどうでしたか。

アヤ : とにかくすごかった。絶対に負けないっていう気持ちが滲み出ていた。行動もそうなんですけど、その気持ちが顔からも滲み出ていて隙がまったくなくて。すごい努力家というのが伝わってきた。自分はまだまだだなって思っちゃいました。

ーーそんな合宿を経て、BiSでのライヴを行った直後、レンタル移籍の発表が行われました。そのとき、アヤはどんなことを考えていたんでしょう。

アヤ : 単純に私が一皮むけることができなかったからなのかなって。

ーーそこから約1ヶ月間、練習期間がありましたけど、なぜギャンパレにレンタル移籍になるのか、その後も1人で考えていたって言ってましたよね。

アヤ : これは私の憶測なんですけど、今のBiSにはサキさんみたいにダンスをちゃんとできるポジションの人がいないんです。だから、私がサキさんのようなポジションになって、BiSに帰ってからはフォーメーションやダンスをやるべき存在にならなきゃいけないんだろうなって。そういうことをたくさん考えました。

頭ではわかっているんですけど、孤独感がありました

ーーBiSの活動をしながらギャンパレの練習をおこなっていた1ヶ月間は、身体的にも大変だったんじゃないかと思います。

アヤ : 正直言うと、メンタルが1番しんどかったです。サキさんのインタヴューで「BiSのときはBiS、ギャンパレのときはギャンパレ」って仰っていたんですけど、私は1つのことしかできないタイプだから、切り替えができずに感情がごちゃまぜになっていて。「私は今誰なんだろう…」と思うことも多かったし、正直早く4月が終わってほしかった。移行するんだったら早く移行したいって実は思っていました。

ーーBiSのライヴ中も完全にBiSになりきれていなかった?

アヤ : いや、BiSのときはBiSなんです。あの時期、私だけじゃなく、ギャンパレもBiSもメンバーみんなつらかったと思うんですよ。新体制のフォーメーション練習をしながらライヴは5人でやっていたし、サキさんはサキさんで大変だったと思う。ギャンパレのメンバーもサキさんとあまり練習できなくて大変だったと思うんです。BiSは「SOCiALiSM」のヴォイトレや練習もしていたんですけど、私は歌割りがないから「休んでいて」みたいな感じで。頭ではわかっているんですけど、孤独感がありました。練習もほとんどが個人練だし、4月はほとんどBiSのメンバーとは練習をしていなくて。孤独が大きかったなって。

ーーそれは誰とも共有できない悩みですもんね。

アヤ : 本当にそうなんですよ。誰かに言ってどうにかなる問題じゃないから、1人で抱えるしかないのが1番つらかった。もちろん、そういう状況だっていうのはわかっているから、4月は耐えるしかないと考えてずっと練習していました。

ーーそんな中で公開された「ロミオの心臓」は、新生BiS初期メンバー5人にとって最後のMVとなります。ハッピーな内容で、新生BiSの第1期がここに詰まってるなと思いました。

アヤ : ほんと、その通りですね。新生BiSにおける5人の章が終わったんだなっていうMVだなと思いました。


ロミオの心臓 / BiS-新生アイドル研究会-

ーーそして、アヤは5月1日からギャンパレになりました。

アヤ : 気持ちが楽になりました。やっと1つになったと思って(笑)。1つのことだけ考えて生きていけたらいいと思えたことが1番すっきりしました。

ーーギャンパレのメンバーになることが決まって、初めてギャンパレのメンバーと会ったときは、どんなことを話したんでしょう。

アヤ : まだサキさんがギャンパレにいたときのインタヴューで「サキちゃんはもう帰ってこなくていいから」っていう話があったじゃないですか? そのインタヴューが掲載される前から、メンバーたちの気持ちは聞いていて。サキさんが戻ってくるとか考えないで、アヤを入れた7人で売れるんだって気持ちでやっていくからって話をしました。私もいまはBiSに戻ったらとか考えていなくて。実際、渡辺さんもどうするかわからないし、私もそのときどういう心境なのかもわからないから。

ーーサキちゃんは元BiSのメンバーだから必然性があるけど、アヤはBiSオーディションを勝ち抜いてBiSになっているわけじゃないですか。しかも合宿オーディションでも「私がBiSなんだ」っていう強い気持ちを見せていたので、心のどこかに私はBiSだった気持ちはあるんじゃないかと思うんですけど。

アヤ : 意外とそんなことなくて。それを思っていたらギャンパレになれないし、なによりもギャンパレのみんなに失礼じゃないですか。だから私は今、BiSに戻ったらとかってことは一切考えていないです。それに本当に戻るかもわからないし…。「そういえば、前BiSだったね」ってなっているかもしれないじゃないですか(笑)。

自分がいないBiSを見て本当にすごいなと思っちゃった

ーーまあ、先のことはわからないですからね(笑)。じゃあ、いまは完全にギャンパレのアヤ・エイトプリンスとして活動しているわけですね。初ライヴとなった〈ギュウ農フェス〉には、どんな気持ちで臨んだんでしょう?

アヤ : 舞台慣れしてるから大丈夫だろうとかまったく思わなかったし、本当に初心の気持ちでステージに立ちました。本当に怖かったんですけど、やってやる!! 楽しもう!! と思っていました。見せつけるではないですけど、今自分ができる全部をみんなに観てほしいっていう気持ちで臨みました。

ーーイベント後半に出演したBiSのライヴを2階席から観ていましたよね。どんなことを感じましたか。

アヤ : 外から観たらBiSってこういうふうに見えるんだって思いました。私がBiSにいた頃は、BiSはギャンパレに負けていると私は思っていたんです。だけどサキさんが入ったBiSを観てヤバいと思いました。パフォーマンスもすごく変わっていたし、BiSが持っている力ってすごいなと思った。感じませんでした?

ーー正直、BiSの眠っていた力が解き放たれた感じがしました。かつてBiSが持っていたエネルギーがそこにあった。

アヤ : たぶん、私がBiSにいるときもそういう瞬間があったのかもしれないんですけど、自分がいないBiSを見て本当にすごいなと思っちゃったんです。それに対する悔しさもあるし。だから最近、感情がすごく忙しいんですよ(笑)。悔しさもあったし、負けてられないなっていう気持ちもありました。

ーーライヴを観たあとの楽屋で、ユアちゃん、ミキちゃん、マイカちゃんとメンバーたちは涙を流していましたよね。ギャンパレ全員、思うところがあったのかなと思うんですけど、アヤはあのなかでどういうことを思っていたんでしょう。

アヤ : 私はBiSとギャンパレの両方にいたのでわかるんですけど、あの時期、BiSは練習量が私たちと全然違ったんですよ。サキさんがリードをとって、暇さえあれば練習していた。朝から夜まで休憩もないくらいカツカツに練習を入れていたのを知っていたんですよ。なので、ギャンパレも悪くなかったって仰ってくださる方も多かったんですけど、私は申し訳ない気持ちでいっぱいで。努力の量が単純に違ったから、こういう結果になったのも当然だと思ったし、みんなまだ絶対にできたと思うから悔しかった。私はダンスもみんなのように上手くできないし、習得するのにも時間かかっちゃうし、すごく悩んじゃっていてポジティヴに練習できない日とかもあって。そういうことも含めて申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

ーーその日以降、ギャンパレとして変えたことはありますか?

アヤ : それまでは練習中にコミュニケーションをすることも大事かなと思って、普通にみんなとしゃべっちゃっていたんですけど、そういうのもよくないねってことを話して。練習は練習できちっとやろうってなったり、もっと細かいところを合わせたり、1回言われたことはできるようにしようとか変わりました。私は余裕がないので、余裕を作れるようにやらないとダメだなって。

とにかくギャンパレを広めたい

ーーBiS時代、アヤはプー・ルイと2トップになりたいって言っていましたよね。ギャンパレにおいて、どんな存在になりたいですか?

アヤ : 私が引っ張っていくぞ!! ってくらいの存在になりたい。今は全然そんな状況じゃないけど、それぐらい成長しないといけない。BiSに戻るかはわからないけど、みんなが「あいつは化けたな」と思うくらい歌もダンスも上手くなりたい。ギャンパレは個性が強いので、私もどう個性を出していくかまだ悩んでいるんですけど、サキさんがいなくなったからギャンパレの勢いが落ちたって言われたくない。私が入ったから、ギャンパレがもっとよくなったねって言われたいです。

ーーBiS合宿オーディションを一緒に戦ったココとドクソンとユウカが、いま一緒のグループにいるわけじゃないですか。合宿のときと比べて変わったなと思う部分が多いんじゃないかと思います。

アヤ : 私を含めたBiSの新メンバー4人よりも明らかに成長してると思います。それはSISをやったり、何度か負けてきたわけじゃないですか。その反骨心がやっぱり強いから、やってやるぞ感が最初から強かったと思う。勝ったことが悪いことではないと思うんですけど、BiSのメンバーとはやってやるぞ感だったり食らいついてく感はやっぱり違うなと思います。

ーーギャンパレに入ったことで、BiSのことを客観的にどう思いますか。

アヤ : 今思うと、新メンバー4人とプーちゃんって感じだったので、ぬるま湯につかってる感があったなと思います。新メンバー4人はみんな初心者っていうのもあるし、オーディションで勝ったっていうもあるし、ぬるかったなって。

ーーとはいえ、アヤにはアヤのよさだったり輝くところがたくさんあると思いますよ。

アヤ : 最近、わからないんですよ(笑)。いろんなことをたくさん考えすぎて。でも、美人キャラは突き通すつもりです!!

ーー美人キャラとともに、おばかキャラもありましたよね(笑)。

アヤ : そこは頑張っても変えられない部分だし、たぶん直らないから(笑)。

ーーあははは。7月からは全国ツアー〈Beyond the Mountain TOUR〉が始まります。どんな気持ちでツアーに臨もうと思いますか。

アヤ : 最強のものを見せたいです。サキさんがいたときよりもダンスが揃っていたとか、パフォーマンス面にしてもそうですけど、とにかくギャンパレを広めたい。ギャンパレに入ってグループのいいところをたくさん知ったんですよ。曲もそうだし、メンバーもそうだし、1つのチームであるってところがすごく好きになりました。そこをめっちゃ広めたい。私にはBiSにいた時の研究員のファンの方もいるので、その人たちをかっさらって、どんどんギャンパレを大きくしたいと思います!!

ーーいま言ってくれたギャンパレのいいところってどういうところですか。

アヤ : 1番思ったのは、1人1人が違っていても、意見を言えるところがすごく素敵だなってところ。BiSにいたときは、プーちゃんが1番渡辺さんのこととか業界のことを知っているから、言い合いがあんまりできなかったときもあって。ギャンパレでは「そこはそうしよっか?」「おっけー!」って感じでポジティヴな言い合いができているし、みんなが対等なんです。もしかしたらサキさんがいたときとはまた違うのかもしれないですけど、そういうところがすごく素敵だなと思いました。

ーー最後に、ギャンパレのアヤ・エイトプリンスとしての意気込みを聞かせてもらえますか。

アヤ : 今までの中で1番のギャンパレを絶対に作ります!

>>新連載!! GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.1 はこちらから<<

これまでの記事もチェックしておこう!!

7人体制での2ndシングル『FOUL』リリース時 インタヴュー



>>>カミヤ、ヤママチ、マイカ、ココ、ドクソンのインタヴューはこちら
>>>ユメノユア、テラシマユウカのインタヴューはこちら
7人体制での1stシングル『Plastic 2 Mercy』リリース時 インタヴュー



>>>カミヤサキ、ユメノユア、ヤママチミキへのインタヴューはこちら
>>>キャン・マイカへのインタヴューはこちら
>>>ココ・パーティン・ココ、ユイ・ガ・ドクソン、テラシマユウカへのインタヴューはこちら
新メンバー、テラシマユウカ 初インタヴュー



>>>テラシマユウカ「いつか死ぬけど、なあなあなまま生きていたくない」

新メンバー、ユイ・ガ・ドクソン 初インタヴュー



>>>ユイ・ガ・ドクソン「期待は越えられなくても想像は越えたい」

新メンバー、ココ・パーティン・ココ 初インタヴュー



>>>ココ・パーティン・ココ「自分たち3人が入った理由を証明したい」

新メンバー、キャン・マイカ 初インタヴュー



>>>キャン・マイカ「私が消極的になったら入る意味がない」

GANG PARADE 第1章を振り返るドキュメンタリー・レポート



>>>5人で駆け抜けた416日の青春ーーGANG PARADE、密着ドキュメンタリー・レポート
シグサワアオ脱退インタヴュー



>>>GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー
POPのデビュー舞台となった200km対抗駅伝をレポート



>>>BiSHとPOPの200km対抗駅伝はなにを生み出したのか?

はじめてのPOPイタンヴュー



>>>POP、デビュー・アルバムを配信スタート&メンバー初インタヴュー

カミヤサキ活動休止中の4ヶ月を経た4人へのインタヴュー



>>>「100kmマラソン前に4人で過ごしたPOPを振り返る」インタヴュー

密着ドキュメンタリー・レポート



>>>4人で過ごしたPOPの4ヶ月、カミヤサキ100kmマラソン

初のメンバー個別インタヴュー



>>>カミヤサキ編「今は1番目立ちたいし、棟梁みたいな感じでいたい」
>>>イヌカイマアヤ編「続けることで見えてくることもあるのかなって」
>>>ユメノユア編「POPは自分の中ですごい大事な存在だから」
>>>ヤママチミキ編「プラニメがあったからこそ、POPができた」
>>>シグサワアオ編「人生の中での第三次性徴期っていうのかな」

GANG PARADEの音源をまとめてチェック!!

GANG PARADE改名後、初アルバムをハイレゾ配信中

GANG PARADE / Barely Last

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 2,000円(税込)

【Track List】
1. sugar
2. crazy night
3. Barely Last
4. don't forget me not
5. ISSIN ITTAI
6. QUEEN OF POP
7. テヲノバス
8. this is love song
9. WE ARE the IDOL
10. Happy Lucky Kirakira Lucky

GANG PARADE改名後、初シングルを配信スタート!

GANG PARADE / WE ARE the IDOL

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 800円(税込)

【Track List】
1. WE ARE the IDOL
2. これはきっとaventure
3. WE ARE the IDOL(inst)
4. これはきっとaventure(inst)


GANG PARADE「WE ARE the IDOL」MUSIC VIDEO


POPの2ndシングルを配信スタート!

POP / QUEEN OF POP

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 800円(税込)

【Track List】
1. QUEEN OF POP
2. 走る!!
3. QUEEN OF POP(inst)
4. 走る!!(inst)


POP「QUEEN OF POP」MUSIC VIDEO


POPの1stシングルを配信スタート!

POP / Happy Lucky Kirakira Lucky

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3 単曲 200円 / まとめ 800円

【Track List】
1. Happy Lucky Kirakira Lucky
2. Alarm
3. Happy Lucky Kirakira Lucky(inst)
4. Alarm(inst)


POP「Happy Lucky Kirakira Lucky」PV


POP-Period Of Plastic2Mercy-の1stアルバム、堂々のリリース!!

POP / P.O.P

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3 単曲 200円 / まとめ 2,000円

【Track List】
1. Plastic 2 mercy(POP ver.)
2. pretty pretty good
3. fly away
4. who am I ?
5. UNIT(POP ver.)
6. NEON
7. Lonely lonely lonely
8. 3rd FLOOR BOYFRIEND
9. Daydream
10. Letter


POP「pretty pretty good」PV


プラニメ時代のシングルもチェック!!

>>>カミヤサキ(プラニメ)へのインタビューはこちら
>>>ミズタマリ(プラニメ)へのインタビューはこちら

PROFILE

GANG PARADE

2014年にプラニメとして活動開始。2015年、カミヤサキを中心にイヌカイマアヤ、ヤママチミキ、シグサワアオ、ユメノユアの4名を新メンバーとして迎え、ユニット名をプラニメから“POP”(ピーオーピー)に改名。ロック色の強かったプラニメ時代の楽曲から、POPとしての活動を経てアイドル然とした楽曲へと路線を変更。2016年6月、グループ名をGANG PARADEに再度改名。バリエーションに富んだ活動を行う。

GANG PARADE Official HP