HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第4回

SOCKS『JAPANESE THAN PARADISE』

桜咲く4月もあっという間過ぎ去り、早くも5月。夏に向かってじわじわと気温も上がってきている今日この頃ですが、今月もHIP HOPライター・斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」いきますよ〜! 先月は『So Sophisticated』をリリースしたFla$hBackS、DOGGIESのFebbを迎えての本人解説によるパンチ・ライン特集ですが、今月は名古屋を中心に活躍するラッパー、SOCKSがリリースしたアルバム『JAPANESE THAN PARADISE』より「KUTABARE feat.般若」をピックアップ! 残念ながら今作はOTOTOYでの扱いは無いのですが、ページの下の方に名古屋産・ヒップホップをいくつかチョイスしたのでコラムと共にそちらも是非。では今月もいきましょ〜!!

第3回 SOCKS 「KUTABARE feat.般若」

平日は忙しくてもニュースを観るのに、連休中は時間があってもニュースはそんな観ない。これって自分だけですかね。とはいえGW中にニュースを観なくとも、隣国のミサイル発射騒動に関しては大なり小なり皆が不安を抱いていることかと思います。

さて、今月紹介するのは3月22日に2ndアルバム『JAPANESE THAN PARADISE』をリリースした名古屋を代表するラッパー、SOCKSの曲からです。とはいえ、先月ピックアップしたFebb『So Sophisticated』よりも前なのに、今月は何故この話をするのか。実は既にビデオをリリースしているリード曲「KUTABARE feat.般若」についてver.嗜として4月末に再度ビデオを録り直したものを公開しているからです。先に、浅草寺ver.として公開した方のビデオだって十分のクオリティなのに。


SOCKS『KUTABARE feat. 般若』Ver. 楽【Music Video Short Ver.】


SOCKS『KUTABARE feat. 般若』Ver. 嗜【Music Video Short Ver.】

上がその「KUTABARE feat.般若」なのですが聞き流してしまうと「死ぬほど頑張っても本当に死ぬなよ」、という程度に思ってしまう。ここからはちょっと自分の勘ぐりの域も入るのですが、気になる点は次のラインです。

タメ年の最高指導者胸中察する お疲れ 担がれ けなされてもこだわれ 刈り上げ

これって、金正恩の事を言ってるようにしか思えませんか? 金正恩が33歳、SOCKSはインタビューによると17歳の頃にM.O.S.A.D.(※1)を見ていたというので、タメ年の可能性は高い。というか、"タメ年"を検証せずとも”最高責任者”と”刈り上げ”をくっつければ金正恩しか思い浮かばないのですけどね。

そうに考えて聴くと、最初は特に意味がないと思った部分が急に活きてくるんですね。金正恩の事を話していると思えてくるところばかり。特に続くオリンピックの下りや、フックの般若のギラギラした「くたばれ! 」すらも北の指導者へ向けてるようにすら聴こえてくる。どこまでこの想像が当たっているのかは答え合わせができないのですが、SOCKSはインタビューにて「曲にはサード・ミーニングくらいまで考えてリリックを書く」と答えているので、あながち間違いではなさそう。

にしても、何故このタイミングでわざわざビデオを撮影し直し、字幕を付けたのか。その意図に色々考えを巡らせるとも面白いものっす。

※1 : TOKONA-Xが所属していたグループ。2000年に結成し、2002年に『THE GREAT SENSATION』をリリース。

斎井直史

今昔、名古屋のヒップホップが分かる諸作品はこちら!!

ILLMARIACHI /
THA MASTA BLUSTA:20th ANNIVERSARY EDITION

名古屋のヒップホップを語る上でこのアルバムを抜きにすることは出来ないでしょう。コラムにも登場しましたM.O.S.A.D.のMCでもあるTOKONA-Xと、トラックメイカー刃頭による伝説的なユニット、ILLMARIACHI!! 1997年に発表したデビュー・アルバムの発売20周年記念して当時お蔵入りとなっていたオリジナルのリリックを使用し、さらに全曲新たにミックス&マスタリング!!

YUKSTA-ILL / NEO TOKAI ON THE LINE

tha BOSS(ILL-BOSSTINO)やDJ RYOWらとのコラボで、その名を広めたNEO TOKAI / TOKAI DOPENESSを代表するラッパー、YUKSTA-ILLによるセカンド・アルバム。ゲストには今回のコラムに出てきたSOCKS、そしてCampanellaが参加し、Olive OilやMASS-HOLE、そして現在各地で引っ張りだことなっているPUNPEEなどがトラックを提供している。現在の名古屋のヒップホップ・シーンを語る上で外せない人物の重要な1枚。

Campanella / PEASTA

こちらも現在の名古屋のヒップホップを語る上で外せない人物、Campanellaによる2016年作。トラックを手掛けるのは名古屋の最重要ビートメイカーであるRamzaとFree Babyronia。ゲストは同郷のC.O.S.A.とNERO IMAIのみとまさに純名古屋産で作られている今作。RamzaとFree Babyroniaのオルタナティヴなトラックの上で、タイトにスピットするCampanellaのラップ。カッコいいってのはこういうことだと教えてくれる1枚だと思います。

C.O.S.A. × KID FRESINO / Somewhere

こちらは愛知県知立市出身のラッパー/トラックメイカーのC.O.S.A.とFla$hBackSのメンバー、そしてシングル『Salve』が絶賛を受けているKID FRESINOが、イベントでの共演をきっかけに制作されたコラボ盤。2015年にC.O.S.A.がリリースした1stアルバム『Chiryu-Yonkers』(現在入手困難)でのハードなリリックとはまた一味違うC.O.S.A.の顔を知ることが出来る1枚。JJJのトラックによる「LOVE」は必聴で。

「パンチ・ライン of The Month」バック・ナンバー

第1回 SuchmosとMigos
http://ototoy.jp/feature/2017021001/

第2回 JJJ『HIKARI』
http://ototoy.jp/feature/2017031001/

第3回 Febb's 7 Remarkable Punchlines
http://ototoy.jp/feature/2017041001/

斎井直史による連載「INTERSECTION」バック・ナンバー

Vol.6 哀愁あるラップ、東京下町・北千住のムードメーカーpiz?
http://ototoy.jp/feature/2015090208

Vol.5 千葉県柏市出身の2MCのHIPHOPデュオ、GAMEBOYS
http://ototoy.jp/feature/2015073000

Vol.4 LA在住のフューチャー・ソウルなトラックメイカー、starRo
http://ototoy.jp/feature/20150628

Vol.3 東京の湿っぽい地下室がよく似合う突然変異、ZOMG
http://ototoy.jp/feature/2015022605

Vol.2 ロサンゼルスの新鋭レーベル、Soulection
http://ototoy.jp/feature/2014121306

Vol.1 ガチンコ連載「Intersection」始動!! 第1弾特集アーティストは、MUTA
http://ototoy.jp/feature/20140413

o

 
 

"review"の最新アーカイヴ

【REVIEW】【REVIEW】大人になったSALUが描く藍色の世界とは?──過去最高傑作『INDIGO』のハイレゾ配信がスタート!!
[REVIEW]・2017年05月25日・大人になったSALUが描く藍色の世界とは?──過去最高傑作『INDIGO』のハイレゾ配信がスタート!! 香取慎吾、尾崎豊の息子である尾崎裕哉、湘南乃風の若旦那、韓国のラップ・グループiKON等からの作詞オファーやSKY-HI(AAA・日高光啓)との共作アルバムなど、自身のクリエイティヴのみならず多方面で活躍を続けるラッパー・SALU。前作『Good Morning』はゲストにSalyuや中島美嘉、トラックにtofubeatsやケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)などを招き製作された意欲作でしたが、4枚目のアルバムとなる今作『INDIGO』はよりポップに重きを置いた1枚に。気になる客演には漢 a.k.a GAMI、D.O、そして今話題沸騰中のゆるふわギャングらが参加しており、そちらにも要注目。OTOTOYではハイレゾ配信とともに、レヴューを公開。SALUが描く藍色の世界とは? SALU / INDIGO'【Track List】01. WALK THIS WAY02. LIFE STYLE feat. 漢 a.k.a. GAMI, D.O03. TOKYO04. SPACE05. Dear My Frien
野外ライヴ3連戦中のベイビーレイズJAPAN、13枚目のシングルをリリース
[REVIEW]・2017年05月25日・スマホがテーマの新曲に、メモリアルなあの曲まで! ベイビーレイズJAPAN、13thシングルをリリース 5人組アイドル・グループ、ベイビーレイズJAPANが5月24日に13枚目のシングル『バキバキ』をリリースした。エモーショナルなライヴに定評のある彼女たちのライブラリに新たに加わったのは、「バキバキ」「よきよき」「2years」と、テーマが異なる3曲のラインナップだ。 ベイビーレイズJAPAN / バキバキ'【収録曲】1. バキバキ2. よきよき3. 2years4. バキバキ(Inst.)5. よきよき(Inst.)6. 2years(Inst.)【配信形態】WAV / FLAC / ALAC 【配信価格】''単曲 257円(税込) / まとめ価格 1,234円(税込) 3曲3様、ベビレの世界 ベイビーレイズJAPANは現在「野外ワンマン3連戦」を開催中で、第1戦目は、2017年4月9日(日)に日比谷野外音楽堂にて行われた(2戦目は6月24日に稲毛海浜公園 野外音楽堂で開催)。第1戦目について、詳しくはライヴレポートを読んでいただくとして、この時にも披露された表題曲「バキバキ」のテーマは、なんと"スマー
髭、新アルバム『すげーすげー』をリリース──沈黙を破る、変容の先のグッド・メロディー
[REVIEW]・2017年05月24日・髭、新アルバム『すげーすげー』をリリース──沈黙を破る、変容の先のグッド・メロディー 2006年のデビュー以来、サイケデリックかつロマンチックな世界観で、シーンを魅了し続けているロック・バンド“髭”。10年代に入り、邦楽シーンが盛り上がりを見せるなか、ガレージやサイケといったスタイルから、シンプルでストレートな王道のロックに変容を遂げてきた。髭のプリティ・サイケなスタイルはそのままに、どこかトリップ感のある楽曲が並び、新たなモード感を提示することとなった前作『ねむらない』から約1年半。沈黙を破り、新アルバム『すげーすげー』がリリース! ギターロックへの回帰ともいえる今作だが、その先にあるものとは? 待望の新アルバムを、レヴューとともにお届けします。 ギターロックへ「回帰」した新アルバム! 髭 / すげーすげー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム価格 2,469円(税込)【収録曲】''01. もっとすげーすげー02. ヘルシンキ03. S.O.D.A.04. TOMATO05. スターマイン06. CLASH! LAOC
by 中の人
【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画》──goodtimes、聞き逃せない第2弾フリー音源到着
[REVIEW]・2017年04月20日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画》──goodtimes、聞き逃せないフリー音源到着 突如、アーティスト写真もなく素性のいまいち知れない2人組のギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。バンド名にポエム調なものが多く見受けられる昨今、なかなか潔い名前だという印象だった。彼らは前代未聞の《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYにて予定している。そんなぶっ飛んだ企画をスタートさせた彼ら、前作「beyond」が好評な中、期待の第2弾「sunny」が届いた。 goodtimes無料配信、第2弾(只今無料配信は終了し、有料配信中)goodtimes / sunny '【配信形態】24bit/48kHz WAV、ALAC、FLAC / AAC 【収録曲】''1. sunny REVIEW : 細身で髪型はマッシュ・ベースのセンターわけ。身長はそんなに高くなくてもいいけど、ご飯の食べ方が綺麗で、子供と映画と池脇千鶴が好きな男の子。あと、自分の家族に優しくて私の家族にもおどおどしなくて、それから…。付き合う前にも理想はたくさんあるし、付き合ってからもああだったらな、こうだ
by 宮尾茉実
【REVIEW】ISSUGI & GRADIS NICE、昨年リリースのアルバム 『DAY and NITE』のリミックス盤をリリース!!
[REVIEW]・2017年05月18日・【REVIEW】ISSUGI & GRADIS NICE、昨年リリース『DAY and NITE』のリミックス盤をリリース!! MONJU、SICKTEAM、DOWN NORTH CAMPのメンバーであり、東京を代表するラッパー、ISSUGI。そしてニューヨーク・ ブルックリンを拠点とし、5lackの『5 sence』や、C.O.S.A.×KID FRESINOの『Somewhere』など近年の日本のヒップホップの名盤にいくつも参加しているプロデューサーGRADIS NICE。この2人がタッグを組み、昨年2016年アルバム『DAY and NITE』をリリース。今作はそのリミックス盤ということで国内外を問わず彼らと親交のあるプロデューサーたちが集結。さらに、長野県松本市を中心に活動するラッパー、トラック・メイカーであるMASS-HOLEのプロデュースによる新曲も収録。こちらにはセカンド・アルバム『So Sophisticated』をリリースしたばかりのFEBBがゲストとして参加しており、FEBBのビートによる新曲「RHYZMIK & POET」も収められている。2曲の新曲とまた別の顔を見せるリミックス楽曲。
【REVIEW】再び火のついた初期衝動──アット・ザ・ドライヴ・イン、実に17年ぶりとなるアルバムをリリース!!
[REVIEW]・2017年05月05日・再び火のついた初期衝動──アット・ザ・ドライヴ・イン、17年ぶり(!!)となるアルバムをリリース!! アメリカを代表するエモ、ポスト・ハードコア・バンド、アット・ザ・ドライヴ・イン。2001年に無期限の活動休止を宣言し、以降はマーズ・ヴォルタ、スパルタなどで精力的に活動を続けていた彼らですが、突如として2012年活動再開。海外フェスであるコーチェラやロラパルーザにヘッドライナーとして出演し、日本でもフジロックに出演した。その後はしばらく沈黙が続いたものの、2016年には活動休止後は初となる大規模なワールド・ツアーを実施。圧巻のライヴを世界各地で見せつけた彼らは今年2017年、満を持して17年ぶりとなるアルバム『in∙ter a∙li∙a』をドロップ。伝説となっていたバンドを再びその前線へと引き戻す快作。是非ともハイレゾで。 At The Drive-In / in∙ter a∙li∙a'【Track List】01. NO WOLF LIKE THE PRESENT02. CONTINUUM03. TILTING AT THE UNIVENDOR04. GOVERNED BY CONTAGIONS05. P
HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第4回
[REVIEW]・2017年05月11日・HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第4回 桜咲く4月もあっという間過ぎ去り、早くも5月。夏に向かってじわじわと気温も上がってきている今日この頃ですが、今月もHIP HOPライター・斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」いきますよ〜! 先月は『So Sophisticated』をリリースしたFla$hBackS、DOGGIESのFebbを迎えての本人解説によるパンチ・ライン特集ですが、今月は名古屋を中心に活躍するラッパー、SOCKSがリリースしたアルバム『JAPANESE THAN PARADISE』より「KUTABARE feat.般若」をピックアップ! 残念ながら今作はOTOTOYでの扱いは無いのですが、ページの下の方に名古屋産・ヒップホップをいくつかチョイスしたのでコラムと共にそちらも是非。では今月もいきましょ〜!! 第3回 SOCKS 「KUTABARE feat.般若」 平日は忙しくてもニュースを観るのに、連休中は時間があってもニュースはそんな観ない。これって自分だけですかね。とはいえGW中にニュースを観なく
by 斎井 直史
【REVIEW】新たな扉を開いたTOTALFAT、8枚目のフル・アルバムリリース!
[REVIEW]・2017年05月04日・【REVIEW】新たな扉を開いたTOTALFAT、8枚目のフル・アルバムリリース! TOTALFATが約2年振りに8枚目のフル・アルバム『FAT』をリリースした。TOTALFATというバンドの身体の一部である言葉を切り取り「FAT」と名付けられたアルバム、そのタイトルの中にTOTALFATの歩んできた17年間が垣間見えるデザインになっている。そんな想いが詰まった今作を紹介しよう。 TOTALFAT / FAT'【配信形態】alac,flac,wav【配信価格】単曲 200円(税込) / アルバム価格 1,650円(税込)【収録曲】''01. R.E.P02. スクランブル03. Delight feat. J-REXXX04. 晴天05. Chanse06. Wanna Be07. Revenge of Underdogs08. 宴の合図09. マエニマエニ10. Eyes11. CALLING YOU faet. LIBRO12. ONE FOR THE DREAMS 【REVIEW】TOTALFAT『FAT』これまでTOTALFATのアルバムは疾走感のあるメロディックなサウンドが魅力的で、何よりも全神経
筆者について
斎井 直史 (斎井 直史)

音楽業界をおもしろくしようとOTOTOYに詰め寄ったところ、今では色々調教されて悦んでいる。大学生活をキック・ボクシングに投げ打った反動で、今、文科系男子への衝動がと・ま・ら・な・い!ヒップホップが好きです。ニュートラルに音楽を捉えて、「一般ピープル視点を失いたくない!」と思ってる一般ピープル。

同じ筆者による他の記事