【新メンバー募集】Lo-Fiドリームポップ・アイドル、SAKA-SAMA、コンセプトを作らず進む自由な3人

日本唯一のトラッシュ・カルチャー・マガジン「TRASH-UP!!」が立ち上げたレーベル、TRASH-UP!! RECORDSがプロデュースするLo-Fiドリームポップ・アイドル、SAKA-SAMA。2016年12月26日にデビューを果たし、2017年3月19日に新メンバー・あいうえまし子が加入、4月末に四ッ葉かぐやが脱退を発表し、現在3人で活動している。OTOTOYでは、まだ謎に包まれた部分の多いSAKA-SAMAの初インタヴューを敢行、さらに代表曲「うぃんたー・まりん・すのー」をフリー・ダウンロードでお届けする。現在新メンバーも募集中。興味を持った人は思い切って応募してみてはいかがだろう。

TRASH-UP!! 主宰アイドルSAKA-SAMA、新メンバー募集

■応募資格
・年齢16〜22才くらいまでの女性。
・特定のレコード会社、プロダクションと契約のない人
・応募時点でアイドルグループとして活動を行っていない人
・都内で行われるレッスン、ライブ等の活動に参加できる人

■応募方法
メールにて、件名を「SAKA-SAMAオーディション」として、必要事項を記入の上、送信。

<必要事項>
・名前(ふりがな)
・生年月日
・SNS ID (Twitter、インスタなど)
・最寄り駅
・メールアドレス
・プロフィール文(自己PR)
・写真2枚(全身・バストアップ各1枚。3ヶ月以内に撮影したもの)

■応募アドレス hello@trash-up.com

■応募締切
2017年5月12日(金) 24:00まで

■選考
第1次審査=書類審査
*合格者のみ通知。PCアドレスからのメールを受信できるように設定しておいてください。

第2次審査=面接審査

■備考■
合否に関する問合せ不可。オーディション中の交通費は各自負担。

詳細は公式ホームページにて

SAKA-SAMA / うぃんたー・まりん・すのー

【価格】0円

【収録曲】
1. うぃんたー・まりん・すのー


SAKA-SAMA 「うぃんたー・まりん・すのー」@鹿鳴館(2017.3.25)


INTERVIEW : SAKA-SAMA

特定のジャンルの映画や音楽や漫画が好きで好きで仕方ない。そんなカルチャーに対して強い愛情を持っている人たちによる記事を集めた雑誌「TRASH-UP!!」。当初音楽はノイズやパンクを取り上げることが多かったが、2013年1月に発行されたvol.14でBiSの特集をし、まだ誰も知らなかった地下アイドルたちを取り上げると、独自の視点と愛情で様々なアイドルを切り取りってきた。2015年には音楽レーベル「TRASH-UP!! RECORDS」を立ち上げ、あヴぁんだんど、少女閣下のインターナショナル、えんがわといったアイドル・グループたちの音源をリリース。そして2016年、自らアイドルをプロデュースすることになりスタートしたのがSAKA-SAMAというグループだ。「コンセプトは作らない」というテーマのもと、集まったのは全員がネガティヴと口を揃えて自己評価をするメンバーたち。果たして彼女たちは、SAKA-SAMAを通しなにを見出しているのか。そしてどこへ向かっていこうとしているのか。まだベールに包まれている3人の初インタヴューをお届けする。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎
写真 : 大橋祐希

運命かな(笑)、直感です

ーーまずは自己紹介からお願いします。

Dr.まひるん : SAKA-SAMAの白色担当、Dr.まひるんです。好きなものは映画とラジオです。ラジオはバカリズムと三四郎のオールナイトニッポンが好きです。

Dr.まひるん

ーーなんで名前にDr.がついているんですか?

Dr.まひるん : 私、頭のいい人がやるバカなことやおもしろいことがすごく好きで、Dr.ってつけたら頭いいっぽいかなと思ったのと、逆にバカっぽさもあるから「ちょうどいい!」なと思ってつけました。

寿々木ここね(以下、ここね) : 桃色担当の寿々木ここねです。好きなものはプリパラです。

ーー特技には高速三つ編みって書いてありますけど…。

ここね : 速いんですよ、三つ編みをするのが。披露はしないですけど。

ーー(笑)。

寿々木ここね

あいうえまし子(以下、まし子) : 緑色担当の、あいうえまし子と申します。新メンバーです。

ーーあいうえまし子ってすごい名前ですね。好きなものはなんですか?

まし子 : 好きなもの… ギターを弾いて歌ったりはするんですけど、別に好きなわけではなくて… 趣味とも特技とも言えないので…。お菓子を食べるために生きています。ご飯よりお菓子を摂取してる時間の方が多いです。

あいうえまし子

ーーSAKA-SAMAはTRASH-UP!! が手がけるアイドルですけど、雑誌のTRASH-UP!! は読んだことはあったんですか。

Dr.まひるん : 私は1冊だけ持っていて。BiSHのモモコちゃん(モモコグミカンパニー)のインタヴューを読むために買いました。

ここね : 私は私はじゅじゅのねうちゃんさんが連載されてるので知っていたんですけど、読んだことはなかったです…。

ーーそもそも2人はなんでこのオーディションに応募しようと思ったんですか?

ここね : 応募はしてないんですよ…。なんて言ったらいいんだろう… ご縁があって(笑)。自己満のためにインスタで自撮りを載せていたら、中野にあるカオスマーケットのスタッフさんに声をかけていただいて。それでモデルとか頼まれたのと同時に…。

Dr.まひるん : TRASH-UP!! に紹介してもらった。

ここね : そんな感じです。

ーーまひるんさんはどうして応募しようと思ったんですか?

Dr.まひるん : 私はベルハーさんの公開オーディションを受けたんですけど、それをTRASH-UP!! 関係者の方々が観てくれていたんです。その後、TRASH-UP!! 主催のイベント〈遅れてゴメンネ!〉に遊びに行ったらお知り合いになって、SAKA-SAMAの公開オーディションやるよってことを聞いたので、行ったらたぶん受かるなと思って受けたら受かりました(笑)。

ーーあははは。まし子さんはどうしてSAKA-SAMAのオーディションを受けたんでしょう。

まし子 : 私は学校に行けていなくて。このままじゃ自分が腐ってしまうと思ったのと、前からアイドルに興味あったので応募しました。その前までもアイドルを探してはいたんですけどピンとくるグループがなくて。たまたま見つけたSAKA-SAMAの募集を見て、これだ!! と思って応募したら受かってしまいました。

ーーなんでSAKA-SAMAはピンと来たんでしょうね?

まし子 : うーん、わからない。ホームページがちゃんとしていると思ったのもそうなんですけど、それだけじゃない気もします。運命かな(笑)。直感です。

とにかく心の中がすごい暇だったんです

ーーSAKA-SAMAが活動をはじめて約4ヶ月間経ちますが、1番印象に残ってる出来事を教えてもらえますか。

Dr.まひるん : WEEKENDの火山さんと柴崎さん主催で、高円寺のはやとちりギャラリーで〈ヤバラブ! サイリウムプラネタリウム〉っていう展示イベントを2日間やったんですけど、私が作品を出展させていただいたんです。その2日目の最後の時間に、まだお披露目してない新曲をゲリラ・ライヴでお披露目して、それが楽しかったです。

ーーゲリラ・ライヴはどんな感じでやったんですか?

Dr.まひるん : 展示に来てくれたお客さんが外にいたから「ライヴやるよ」って4畳半くらいのところに集めて。そこが全部銀色ですごく素敵な空間だったんですよ。3人とも格好が変で防災のギラギラしたやつを着てやりました。 私がセーラー服姿で聖子ちゃんヘアーのカツラをかぶって、神っていう設定で、異色な感じでライヴしました。楽しかった。

ーー(笑)。ここねさんが1番印象的だったことはなんですか?

ここね : (私の)生誕祭です。私は1人でステージに出るのが苦手で、できないなと思っていてめっちゃ嫌だったんですけど、結果楽しかった。プリパラの曲とか、誰も知らないだろうなって曲しか歌えなかったんですけど。あとラブリーサマーちゃんが同じ日に渋谷でワンマンしてたので新宿でやってやろうと思ってカバーしました。よく生誕祭でオタクにサプライズされて嬉しくて泣くみたいなのあるじゃないですか? 私の場合、出番が嫌すぎて泣いて、ステージに出たときには枯れていた。だから泣けなくて、めっちゃ強烈な印象があります(笑)。

ーー出る前に涙を出し尽くしちゃったんですね(笑)。まし子さんは入って1ヶ月ですけど、1番思い出に残ってることってなんですか?

まし子 : この前のDJイベントです。グループで1時間持ち時間があって、それぞれ好きなことをやることになっていて、私は暗い曲を流して自分のことを語ったんです。私は考えがネガティヴなので、アイドルになる前に周りの人にそれを言ってたらすごく嫌がられたんですけど、DJイベントでやったら反応がよくて。自分のことを大勢の人の前で話すっていうのが夢だったので、できてすごくよかったです。また聞きたいって言ってくれたりしたのですごく嬉しかった。

ーーこれまで嫌がられてたことが、この世界だと特技になったりしますからね。

まし子 : それもアイドルになりたいと思った理由だったような気がします。今まで誰も話を聞いてくれなかったので、人の前に立てば話を聞いてくれるかなって。

ーーまひるんさんも、自分の趣味を話す機会が増えてきたんじゃないですか。

Dr.まひるん : SAKA-SAMAに入る前は、映画を観たあとに「何観てきたの?」って聞かれるのがすごい嫌だったんですよ。周りの人が知らないような映画が好きだから。あと、「好きなアイドルは誰?」って聞かれるのも嫌だった。いまはそういうのを言っても絶対みんな知っていたり、好きなもの一緒だったりする人がいて。これは絶対に言ったらダメだろうなってことも言っても大丈夫だし、他の人に言ったら引かれるだろうなってことも個性としてで捉えられるからよかったなと思います。

ーー今、なんでも受け入れてくれるとしたら、どんなことを話したい?

Dr.まひるん : そしたらすべてネガティヴなことになっちゃう(笑)。

ーーすべてネガティヴなことになってしまうっていうのはどういうこと?

Dr.まひるん : ネガティヴというか、自分の中だけの悩みです。これは本当に誰にも言っちゃダメ。大体が見た目の悩みだから言えない(笑)。

ーーそういえば、Twitterで「19歳の時が1番中2病だった」って書いてましたよね。

Dr.まひるん : えーー、そんなのメモしてあるんですか(笑)。

ーーあと「アイドル活動が始まって、覚えておきたかった感覚も全部忘れちゃった」って書いてありましたよね。

Dr.まひるん : 大学1年生の時が1番こじれていたんです。生活がバイトの忙しさで埋め尽くされて。物理的には埋め尽くされているんだけど、心の中は空っぽというか。とにかく心の中がすごい暇だったんですよ。自分の生活には芯がないと思って暇で死にそうだった。暇が苦しかったです(苦笑)。そういうことを、ずっと日記にぐわーって書いていて。今のアイドル活動の中で楽しいこととかがあると、そういう悩みとか中2病的要素だったり心の乾きも忘れちゃうじゃないですか。私は結構忘れやすくて、今あんまりそのときのことを覚えてないなと思って悲しくなりました。忘れるべきでなかったことも忘れてしまったんです。

ーー身体は忙しいけど心の中が暇っていうのはすごくリアルな表現ですね。

Dr.まひるん : 暇というか、空っぽでした。なんでこんなバイトしてるんだろみたいに思ってました。

ーー2人ともわりとネガティヴなところがあるって話でしたけど、ここねさんはどうですか?

ここね : 私もめちゃくちゃネガティヴだし、メンバーといる時はずっと暗いんですけど、活動中は言わないようにしてます。

ーー言わないようにしてるのはどうしてですか?

ここね : かっこよくなりたいんですよ。弱音とか言った方が支えてあげなきゃっていうオタクが多いじゃないですか。でも、言ったらダメな気がして…。 「ここねんは弱音とか言わない子なんだ」と思ってほしいから、いつも元気で笑顔の絵とか描くんです。ほんわか幸せ空間みたいなものを完成させたくて。それで弱音を言わないようにしてるんですけど、本当は言える人の方が強いなって思います。

ーー自分を変えたいって気持ちがあるんですね。

ここね : 私、暗い気持ちのときとかに、Tumblrにめっちゃ気持ち悪い文章を書いてたんですけど、あるときそれがダサいと思って。私は明るい人になりたいし強い人になりたい。今はまったくかっこよくないから、かっこよくなりたいです。

「コンセプトを作らない」

ーーそういう意味だと、TRASH-UP!! って様々なカルチャーをすくい上げてきたメディアだから、自分の抱えてるものとかやりたいことを表現できる場所だと思うんですよ。最初、運営の屑山さんと嶋田さんからは、SAKA-SAMAをどんなグループにしようってことを言われたんですか?

Dr.まひるん : 「コンセプトを作らない」って言われました。あえて作らない方が自由にできるみたいな。

ーー最初はどういうふうにしたらいいか迷わなかったですか?

Dr.まひるん : それはありました。コンセプトがないってなんだろう? って。

ーー初めてのライヴはどういうライヴにしようと思って臨んだんですか?

ここね : 間違えないようにって必死だった。

Dr.まひるん : 今も意識低いけど、前の方がもっと意識低かったと思わない?

ここね : 思う。

Dr.まひるん : こういうふうにしようっていうのじゃなくて、やらなきゃって感じだったし、そんなに意識も高くなかったので、何も考えずにやってたかもしれない。

ーーでも徐々に意識が変わってきた、と。

Dr.まひるん : 前よりは、ほんのちょこっとくらい(笑)。

ーー今はどういう気持ちでやっていますか。

Dr.まひるん : 今(オリジナル)曲が4曲あるんですけど、全部違う雰囲気の曲で褒められることが多くて。新曲もとっても素敵なんです。ただ、曲はほめられるけど、中の人たちはどうなんだろうと思って。曲がよくても、私たちも曲がいいっていう中に含まれないといけないから。もっと歌とかダンスとか、それぞれの人間性とかをちゃんとしないといけないと思ったし、せっかく素敵な曲があるから、自分たち次第できっともっと人気になれると思う。だから、私は中の人をしっかりしたい自分がいます。

ーーここねさんも自分は変わったと思う?

ここね : そうですね。していいことが増えたっていうか。

Dr.まひるん : あーわかる! そこは、ましが入って変わったと思うな。

ここね : 思う!

ーーどういうふうに変わったの?

Dr.まひるん : 前もそれぞれ好きなことやりたいっていうのはあったけど…。ましに初めて会った鹿鳴館の時に、グループの目標を決めようって言われなかった?

ここね : あ、言われた。

Dr.まひるん : でさ、結局、なかったよね。

ここね : なかったね。

ーーなかったんだ(笑)。

Dr.まひるん : ましがSAKA-SAMAでデビューする前はグループの目標みたいなのがなくて。今もあるのかどうなのかってわからないんですけど、私的には前よりは同じ方向を向けてるのかなって感じます。

みんなが思い浮かべるような正統派アイドルとはかけ離れてる

ーーまし子さんが入って雰囲気が変わったんですね。

Dr.まひるん : 変わった感じする?

ここね : うん。

Dr.まひるん : 私もすると思う。ましは最初から意識が高かったと思うし。

まし子 : 好きなことしたかったから。

ーーまし子さんは、SAKA-SAMAに入ってどんなことをしたかったんですか?

まし子 : SAKA-SAMAがコンセプトを決めないとか、それぞれ好きなことをっていうことは知らなかったんですけど、自分も自分のままでいいんだと思って。好きなことするぞーと思って入りました。

ーー好きなことっていうのは?

まし子 : どんなことをしたいっていうのがはっきりなくて、何をやりたいのかわからないんですけど、自分を偽りたくない。アイドルって、アイドルじゃないですか? いい意味でSAKA-SAMAは(他のアイドルと)違うから、そういうアイドル像を私はぶっ壊したい。でもそれは自分だけでいいと思っていて。アイドルだからましもこうなんでしょ? じゃなくて、私は私って感じです。

ーーそれができると直感で思って応募したんですね。

まし子 : 直感の中身はたぶんそれだと思います。

ーー2人はSAKA-SAMAってどんなアイドル・グループだと思いますか?

Dr.まひるん : 他のアイドルみたいに、全員女の子らしい感じでぶりっこじゃないし、曲の幅が広いのも多いし… わからない(笑)。

まし子 : 普通のアイドルってなんだろうね?

Dr.まひるん : でも、みんなが思い浮かべるような正統派アイドルとはかけ離れてるよね。

ここね : 入ってなかったらできなかったこととか、他のアイドルになってたらできなかったことができるとは思います。

ーーSAKA-SAMAに入ったことで自分がこれできてよかったなってことありますか?

ここね : 私、お裁縫が好きなんです。苦手なんですけど。この間、”まくらちゃん”ってマスコットを作ってDJイベントで販売できたんですよ。それがよかったです。

Twitterのプロフィールに書かれている1番上にいきたい

ーー今、新メンバーの募集も始まっています。新メンバーが増えることに対してはどんな気持ちでいるんでしょう。

ここね : こわい。

ーーこわいっていうのは?

ここね : なんかガツガツ。バキバキ(笑)。

Dr.まひるん : ましの時も怖かったけど、今は入ってくれて本当によかったと思っている。それはオタクの人も思ってるはずなんです。人数的に4人になって、ユニゾン・パートを歌った時に隙間が埋まった感じがしたんですよ。だから、新メンバーが入って、ユニゾン・パートは埋まったりすると思うけど… えーどうなんだろう、こわい… どんな人がくるのかこわいです。ましちゃんでよかったー。

ーーものすごいガツガツ、ギラギラした人がくる可能性もありますもんね。

Dr.まひるん : でも、ましは水面下でギラギラ、ガツガツしてると思う。

ここね : わかる!!

まし子 : 水面下ってなにー?

Dr.まひるん : じゃあ教えない(笑)。ましが1番強そうってこと(笑)。

ここね : リアルが充実していて、友だちがいる。

Dr.まひるん : ましは人生に葛藤しつつも、楽しんでいそうだよね(笑)。

ーーまし子さんは、新しいメンバーが入ってくるのは、どんな気持ちですか?

まし子 : アイドルにはメンバーの入れ替えはつきものだと思います。

Dr.まひるん : そこは割り切るしかないよね。

ーー逆にどんな子が入ってきたらいいなと思っていますか?

Dr.まひるん : 性格がいい人(笑)。

ここね : 優しい人。

ーー他はなんかある?

まし子 : 被らない。

Dr.まひるん : 猫を被らないってこと? それともキャラ?

まし子 : キャラかな。でも同じ世界で暮らしてるけど、違う属性の人間というか、並んでいる感はあるけど同じではないっていうのがいいなと思います。

ーー今のSAKA-SAMAの目標はありますか?

まし子 : SAKA-SAMAのファンがほしい。あっちもこっちも好きじゃなくて。一筋じゃなくていいんですけど、やっぱりなんかついでみたいなのは嫌かな(笑)。

Dr.まひるん : あー、わかる。

まし子 : すごい細かい話になってしまうんですけど、Twitterのプロフィールに書かれている1番上にいきたいです(笑)。

Dr.まひるん : それ、心の中で思ってた(笑)!

ここね : わかるー(笑)!!

まし子 : 5番目くらいとかが多いから。

ここね : 最後に付け足したとかね(笑)。

ーー大きい会場でやりたいとかそういう気持ちはありますか?

Dr.まひるん : 私はそんなにない。ましあるって言ってなかったっけ?

まし子 : あるけど、有名になれば大きい会場に出るじゃないですか。大きい会場っていうのは通り道かなと思います。もちろん大きい会場にも出たいし、みんなにも観てもらいたいけど、ただ人がいて観てるだけじゃ意味がないと思っています。

ーーたしかにTwitterの1番に来る人がたくさんいれば、必然的に大きい会場にも人集まりますもんね。ここねさんは大きい会場でやってみたいですか?

ここね : やりたいです。でも、たまにキャパが大きめのライブハウスとかのライヴに出させていただいても、お客さんが全然集まらないから、大きい会場でやるだけじゃダメなんだなって思います。ちゃんと見たい人がいるなかでやりたいです。

RECOMMEND

Summer Rocket / さくらハレーション / プールサイドのイルカ

「夏」をテーマにしたアイドル・グループ、Summer Rocketが2ndシングルをリリース。ライヴの定番「さくらハレーション」「プールサイドのイルカ」の2曲。今回は楽曲制作者の永原真夏と工藤歩里がレコーディングにも立ち会い歌唱指導、徹底的にサマロケの世界観を作り上げた渾身作となっている。

あヴぁんだんど / ヴぁんでぃっつ!!!/オンナノコヤマイ

新メンバー小島こたおが加入して初のシングル。2曲ともに作詞・作曲・編曲は、前作「Magical Symphonic Girl」を手がけたつるうちはなが担当。今回も女の子の強さや複雑な思いをキュートに表現した、前向きで元気なポップソングに仕上がっている。

>>特集ページはこちら

えんがわ / おばざいTOKYO(24bit/48kHz)

カイじいちゃん、べにばあちゃん、石川くんが織りなす、ちょっと不思議なほんわか世界。記念すべき1stシングルは、カイ&宇佐蔵べにが作詞を手がけた「おばんざいTOKYO」、そしてシャンソンの名曲「オー・シャンゼリゼ」のカバー。

LIVE SCHEDULE

遅れてゴメンネ!vol.41
2017年4月29日(土)@新宿Motion
時間 : 開場 10:30 / 開演 11:00
料金 : 前売 2,000円 / 当日 2,400円 ※D代別途
出演 : SAKA-SAMA / てるてるてるてる / the name 「TWICE」 / HAMIDASYSTEM、xoxo(Kiss&Hug) EXTREME / SummerRocket / みんなのこどもちゃん / 電影と少年CQ

Sunday Lunch Time Parade Vol.3
2017年4月30日(日)@恵比寿BATICA
時間 : 開場 11:30 / 開演 12:00
料金 : 前売 1,500円 / 当日 2,000円 ※D代別途
出演 : O'CHAWANZ / SE$IMON DIAZ / Farewell, MY L.u.v / 963 / ルクパ / 真奈 / SAKA-SAMA

TRASH-UP!! RECORDS FESTIVAL
2017年5月19日(金)@渋谷WWW
時間 : OPEN 18:15 / START 18:45
料金 : 前売 2,500円 当日 3,000円(D別)
出演 : あヴぁんだんど / えんがわ / おとといフライデー / 里咲りさ / じゅじゅ / ・・・・・・・・ / MIGMASHELTER / SAKA-SAMA

SAKA-SAMA主催ライヴ ローファイ・ハイスクール!
2017年5月27日(土)
時間 : OPEN 10:30 / START 11:00予定
料金 : 1,000円(D別)
出演 : SAKA-SAMA / 丸山夕佳

PROFILE

SAKA-SAMA

TRASH-UP!! RECORDSがプロデュースするLo-Fiドリームポップ・アイドル

Official HP

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事